アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

Cerna®顕微鏡、落射照明および透過照明付き


  • Equipped with Six-Position Epi-Illuminator and
    Trans-Illumination Modules
  • Ready to Accept Objectives, Cameras, Filters, and
    Illumination Sources

Cerna® Microscope Kit 4

(Optical Table Not Included)

Brightfield Image of Onion Mitosis

Related Items


Please Wait
Dodt Contrast Microscope
Click to Enlarge

側面から見たCerna顕微鏡Kit 4
(光学テーブルは付属しません)
Cerna®顕微鏡Kit4の概要説明

特長

  • 6キューブの落射照明および透過照明モジュール
  • 対物レンズの下に広々としたスペース
    • 試料装置、記録チャンバ、マイクロマニピュレータが使用可能
  • 当社および主要メーカの対物レンズ、サイエンティフィックカメラ、蛍光フィルタ、照明用光源に対応
  • 顕微鏡の光路の変更が可能なモジュール設計

Cerna®顕微鏡キットの構成は、落射蛍光や反射光、または明視野イメージングが必要な実験用途に適した光路となっています。 この落射照明モジュールにはフィルターキューブを最大6つまで取り付けられるのでスペクトル分離した蛍光物質をターゲティングするのに適しています。また、明視野照明モジュールには薄い試料を可視光で照射できる可視照明キットが付属しています。

5対物切換えレボルバにはM25 x 0.75ネジ付き対物レンズを装着することができ、同時に最大5つまでの対物レンズを保持できます。従って、低倍率の対物レンズで関心領域を特定してから、高倍率の対物レンズで画像化することが可能です。対物レンズとコンデンサの電動式焦準モジュールの作動距離はともに25.4 mmで、光軸に沿って精密な位置決めができます。

Cernaのプラットフォームは、同様の機能を持つ他社の顕微鏡と比べてモジュール性があるため、実験によって簡単に取り付けまたは取り外すことができ、利便性・制御性が高くなっています。 例えば、透過照明モジュールをインストールすれば、落射蛍光だけではなく、基本的な可視光および明視野照明法を用いてin vitroの試料を観察することができます。 大きな試料保定装置を使用する際は、この明視野照明モジュールを取り外して対物レンズの下にスペースを作りin vivoの観察を行うための光路を確保することができます。

当社では幅広い実験パラメータに取り組めるよう、下表のとおり8種類のCerna顕微鏡の構成をご用意しています。 お客様独自のニーズに応じた顕微鏡を共に構築することも可能です。 詳しくは当社までご連絡ください。 またお客様ご自身で顕微鏡を構築する際のCernaコンポーネントも個別にご提供しております。

Cerna MicroscopesKit 1Kit 2Kit 3Kit 4Kit 5Kit 6Kit 7Kit 8
Objective HolderSingleSingleSingleDualDualDualDualDual
Epi-Illumination1 CubeUp to 6 Filter Sets1 CubeUp to 6 Filter SetsUp to 6 Filter SetsUp to 6Filter SetsUp to 6 Filter SetsUp to 6 Filter Sets
Trans-Illumination--Brightfield
(Visible)
Brightfield
(Visible)
Dodt Contrast
and Brightfield
(Visible)
Dodt Contrast
and Brightfield
(Visible and NIR)
DIC Imaging
and Brightfield
(Visible and NIR)
DIC Imaging
and Brightfield
(Visible and NIR)
XY Motion-----Microscope
Translator
-Translating
Platform

Cerna®顕微鏡Kit 4

こちらのCerna顕微鏡キットは、すべて当社のモジュール式コンポーネントのラインナップから構築されており、下記に説明するとおり、イメージングにおいて利便性の高い特長を備えています。当社ではこの顕微鏡の構成に追加できる対物レンズ、カメラ、ならびに照明モジュールを豊富に取り揃えており、実験に合わせて顕微鏡をカスタマイズすることが可能です。詳細は「顕微鏡のアドオン」のタブをご覧ください。 「キット構成部品」のタブではこちらの顕微鏡に使用されている部品のほか、各部品の詳細(図面など)がご覧いただける製品ページへのリンクが詳しく記載されています。

落射照明

特長

  • 6ポジションの落射照明モジュール(フィルターセットは別売り)
  • 対応する光源
    • Solis™高出力LED(アダプタSM2A56が必要)
    • Ø3 mm液体ライトガイドに接続した光源(アダプタLLG3A6が必要)

この顕微鏡は6ポジションの落射照明モジュールを用いて複数の蛍光色素をターゲットとすることができます。6ポジションの落射照明モジュールは、光源からの光をイメージング光路に導入し、対物レンズを介して試料に照射します。試料から発生する蛍光がモジュール経由で接眼レンズやカメラに向かいます。顕微鏡の背面に付いているD3Tメス型アリ溝によって、多様な白色ランプを取り付けられます。照明用光路にはARコーティング付きのビーム調整用光学素子、視野絞り、シャッタが含まれています。


Click to Enlarge

このCerna®顕微鏡キットには6ポジションのフィルターターレット付きの落射照明モジュールが付いています。フィルタの位置は刻み目付きのホイールに表示されています。このホイールでターレットを回転させます。
Cerna Epi-Illuminator
Click to Enlarge

回転式ターレットは、最大6個のフィルターセット(別売り)を収容できます。
Cerna Epi-Illuminator
Click to Enlarge

落射照明モジュールの背面にはD3Tメス型アリ溝があり、液体ライトガイドやLEDを取り付けることができます。
Brightfield Microscope
Click to Enlarge

白色LED付きの透過照明モジュール

透過照明(明視野イメージング)

特長

  • 可視および近赤外域における明視野照明をサポート
  • 当社の照明キットを取付け可能(可視LED照明キットが付属)
  • 作動距離25.4 mmの電動式コンデンサ焦準モジュール付き
  • NA 0.78の長作動距離コンデンサ

この顕微鏡キットには明視野イメージングモジュールが付属し、照明キットからの可視光と赤外光の両方またはいずれかをCerna顕微鏡の光路内に導きます。詳細はこちらの製品紹介ページをご覧ください。

明るい可視光照明を発生させるには、付属の照明キット(型番WFA1010)をご使用ください。このキットは当社のマウント済みLED(型番MWWHL4)を使用しています。このモジュールには追加ポートとフィルターキューブホルダが付いており、赤外域またはその他の波長のLEDを後から追加で取付けられるようになっています。詳細は当社までお問い合わせください。

Brightfield Microscope
Click to Enlarge

95 mm光学レールに基づいた顕微鏡ボディ

顕微鏡ボディ

特長

  • 広い作業スペース:光路からレール端までは196.6 mm
  • アリ溝付き取付け面にモジュールの取り付け、取り外しが可能
  • 高さ400 mmの本体には透過照明モジュールを取り付け可能
  • 作動距離25.4 mmの電動式対物レンズ焦準モジュール付き
  • 95 mmレールプラットフォームに対応

高さ400 mmの95 mm精密光学レールはこの顕微鏡の基幹部となっており、長期安定性と振動ダンピングに優れています。 アリ溝付き取付け面により、不要なモジュールが取り外せるので、作業スペースもカスタマイズの幅も広がります。レールの高さが異なる顕微鏡ボディもございます。詳細についてはこちらをご参照ください。

Cerna Objective Holder
Click to Enlarge

この顕微鏡にはワイドフィールド観察・撮像用に三眼鏡筒とカメラポートが付いています。

ワイドフィールド観察・撮像

アドオン:ワイドフィールド観察・撮像

特長

  • 固定倍率のCマウントネジ付きカメラポートがほとんどの業界標準カメラに対応
  • 接眼レンズの倍率は10倍、眼幅調整が可能

三眼鏡筒とカメラチューブによりワイドフィールド観察・撮像が可能です。接眼レンズは眼幅調整ができ、それぞれを回転させることで眼にあわせて焦点が粗調整できます。

付属のカメラチューブには対物レンズからの光をカメラセンサに結像するのに必要な光学素子すべてが入っています。カメラチューブの上部に付いているCマウント外ネジには、当社のサイエンティフィックカメラほか主要メーカのカメラを取り付けられます。カメラポートやカメラチューブのオプションについての詳細は、こちらをご参照ください。

Cerna Objective Holder
Click to Enlarge

こちらの顕微鏡キットには最大5つの対物レンズを保持できるレボルバが付属します。

対物レンズ用レボルバ(ホルダ)および対物レンズ

アドオン:対物レンズ

特長

  • 低倍率レンズで確認した関心領域(ROI)を高倍率レンズでイメージング
  • M25 x 0.75ネジ付き対物レンズ(Nikon社製)を直接取付け可能
  • 最大5つの対物レンズを保持 

回転式の5対物切換えレボルバは、M25 x 0.75ネジ付き対物レンズを直接取り付けることができます。他の対物レンズ取付け用製品につきましては、こちらをご参照ください。顕微鏡対物レンズは当社より別途ご購入いただけます。また、ご要望により、当社ウェブサイトに掲載されていない他社製の対物レンズにつきましても対応させていただきますので、当社までご連絡ください。尚、システム全体の倍率はお選びいただく対物レンズに依存します。詳細はこちらのページをご参照ください。

こちらのキットはすべて当社のモジュール式Cerna®コンポーネントで構築されています。このタブには顕微鏡で使用されている部品すべてが掲載されています。

Item #Qty.DescriptionPhoto
(Click to Enlarge)
Microscope Body
CEA14001Cerna Microscope Body with Epi-Illumination Arm, 400 mm TallCerna Microscope Body
Widefield Viewing
LAURE11Trinoculars with EyepiecesTrinoculars
TC1X11X Camera Tube with C-MountCamera Tube
Epi-Illumination
CSE21001Epi-Illuminator Module for Six Filter Sets (Filter Sets Not Included)Epi-Illuminator Module for Six Filter Sets (Filter Sets Not Included)
Condenser
CSC20011LWD Condenser, 0.78 NA
Objective & Condenser Mounting
CSN12021Dual-Objective NosepieceDual-Objective Nosepiece
CSA12001Mounting Arm for CSN1202 NosepieceMounting Arm for Dual-Objective Nosepiece
CSA20001Condenser Mounting Arm with ±2 mm Travel in X and YCondenser Mounting Arm
ZFM20201Motorized Focusing Module with 1" Travel for Edge-Mounted ArmsMotorized Focusing Module with 1 inch Travel
ZFM20301Motorized Focusing Module with 1" Travel for Middle-Mounted Arms
MCM300113-Axis Controller for Focus ControlFocus Controller
Trans-Illumination
WFA10001Brightfield Illumination / DIC Imaging ModuleBrightfield Illumination
WFA01501Transmitted Light Module Dovetail ClampTransmitted Light Module Dovetail Clamp
Illumination Kit
WFA10101Visible Illumination KitVisible Illumination Kit
LEDD1B1T-Cube™ LED Driver, 1200 mA Max Drive Current (Power Supply Not Included)T-Cube LED Driver
KPS101a115 V Power Supply Unit for a Single K-Cube™ or T-Cube™Power Supply for T-Cube
  • KPS101は現在販売準備中です。代わりに、対応する国内用電源を付属してお届けいたします。

実験用途に合わせたCerna顕微鏡の構築

Cerna顕微鏡のプラットフォームはモジュール式で柔軟性が高いため、さまざまな実験用途の厳しい要求に応えることが可能です。お客様独自の顕微鏡の設計・自作をご検討の際は、是非当社までご相談ください。

厳選されたアクセサリ

この顕微鏡を使用してイメージングを行うには、サイエンティフィックカメラ、落射照明用光源、フィルターセット、対物レンズおよびサンプルホルダが必要です。多くの場合、実験データの質はその実験に合ったアクセサリを厳選することにより向上させることができます。そのため、当社ではCerna®顕微鏡が様々なアクセサリに対応できるよう努めてきました。下記では当社が製造または販売するCerna顕微鏡の対応部品を比較しています。また、当社以外のメーカが設計する機器も可能な限り明記しています。

内容

Camera Port
Click to Enlarge

カメラポートは試料からの可視光用で倍率が固定されています。

ワイドフィールド観察・撮像用サイエンティフィックカメラ

  • 視野をPC上に可視化
  • あらゆるCマウントカメラをCerna顕微鏡に取り付け可能

当社では様々なイメージングのニーズに合わせて最適化されたサイエンティフィックカメラをご用意しております。カメラによりPC画面に視野を表示し、画像を保存して後から参照することができます。PC上で試料を観察できるので、当社のモーションコントロールアクセサリ(下記参照)を使用して試料の遠隔位置決めが可能です。そのため、感度の高いセットアップ内でも、手からの余計な振動を伝えることなく試料を動かすことができます。

このCerna顕微鏡キットにはカメラチューブが付いており、像面での倍率は固定されています。

この顕微鏡は、Cマウントネジ付きのあらゆるカメラに対応しています。下の表ではCernaシステムでよく使用されるカメラについてご覧いただけます。当社のサイエンティフィックカメラのラインナップには、高解像度のオプションもございます。

Item #DCU224M340M-USB1501M-USB
Product Photo
(Click to Enlarge)
DCU224M
340M-GE
1500M-GE
Primary FeatureLightweightFast Frame RateHigh Resolution and Dynamic Range
Sensor TypeSony ICX205ALOn Semi / Truesense KAI-0340 Monochrome CCDSony ICX285AL Monochrome CCD (Grade 0)
Sensor Format1/2" (7.62 mm Diagonal)1/3" Format (5.92 mm Diagonal)2/3" Format (11 mm Diagonal)
Resolution1280 x 1024 Pixels640 x 480 Pixels1392 x 1040 Pixels
Pixel Size4.65 µm x 4.65 µm7.4 μm x 7.4 μm6.45 µm x 6.45 µm
Frame Rate (Max)15 fps200.7 fps23 fps
Host PC InterfaceUSB 2.0 (Cable Included)USB 3.0 (Cable Included)
Digital Output8 Bits14 Bits14 Bits
96 g (0.21 lbs)750 g (1.65 lbs)

Epi-Illumination
Click to Enlarge

液体ライトガイド(LLG)取付け用D3Tアリ溝用アダプタで6ポジション落射照明モジュールにLLGを取り付け可能。

落射照明用光源

  • 白色光源が対物レンズを通して視野を照射
  • Solis™ LEDやØ3 mm液体ライトガイドを接続した光源をご使用可能
  • 特定の蛍光色素に応じたフィルターセットで光を調整

このCerna顕微鏡に付属する6ポジション落射蛍光照明モジュールには、可視領域で発光する広帯域の白色光源が必要です。広帯域発光は、スペクトル分離した吸収波長を有する蛍光色素に対して様々な光刺激を与えることができます。一般的な蛍光色素に対応するフィルターセットは下記をご参照ください。

Solis LED光源は、可視域全体の広いスペクトルを有するLEDを含め、複数の波長のLEDを取り揃えています。これらのLEDは、ドライバDC20もしくはDC2200を使用して制御できます。Solis LEDにはコリメートレンズが装備されています。また、アリ溝用アダプタSM2A56を使用して落射照明モジュールの背面に直接取り付けることができます。

Cerna顕微鏡には、コリメート可能でD3Tアリ溝に接続可能な照明であればすべてご使用いただけます。例えば、当社のアダプタLLG3A6を使用すると、Ø3 mmのすべての液体ライトガイド(LLG)をD3Tアリ溝に接続してコリメートすることが可能です。

SOLIS-A1
Click to Enlarge

SOLIS™ LEDの特長

  • 可視スペクトル域にわたり強い照明光を生成する広帯域LED
  • 最大出力パワー:3.1~7.1 W
  • LEDドライバDC20またはDC2200による光強度制御
  • 寿命: >10,000時間
  • コリメートレンズ内蔵
  • (別売り)が必要SM2A56(別売り)が必要
  • 製品ページへのリンク

Filter Transmission Spectraa
Item #Target FluorophoreTransmission Graph
(Click for Plot)
MDF-BFPBFP (Blue Fluorescent Protein)
MDF-GFP2Alexa Fluor® 488
MDF-MCHAbmCherry
MDF-MCHCbmCherry
MDF-TOMtdTomato
  • 当社がご用意している蛍光フィルターセットの全ラインナップはこちらからご覧いただけます。
  • どちらのフィルターセットもmCherryをターゲットにできますが、MDF-MCHCの励起フィルタの透過帯域はMDF-MCHAの励起フィルタよりも広くなっています。

Click to Enlarge

当社のフィルターセットMDF-GFP2

落射蛍光用フィルターセット

  • 特定の蛍光色素の励起や検知用に落射照明の調整
  • フィルターセットを6つまで同時に取付け可能
  • 当社の蛍光フィルターセットをご用意
  • 主要メーカの蛍光フィルターセットにも対応

この顕微鏡に付属する落射蛍光照明モジュールには、フィルターセットを6つまで同時に取り付けることができます。 ターレットを手動で回転させてフィルターセットを切り替えることができます。この顕微鏡に付属する落射照明モジュールCSE2100の特長についての詳細は、こちらをご参照ください。

当社のフィルターセットは励起フィルタ、吸収フィルタおよびダイクロイックミラーで構成されており、業界標準サイズでご用意しております。励起および吸収フィルタの標準的なサイズはØ25 mmで、ダイクロイックミラーの標準的なサイズは25 mm x 36 mmです。したがって、Cerna顕微鏡はすべての主要メーカのフィルタに対応しています。

右の表にはよく使用されるフィルターセットと対象となる蛍光色素が記載されています。当社のフィルターセットの全ラインナップについては、こちらをご参照ください。


Objective Adapter
Click to Enlarge

付属のネジアダプタRMSA1によってRMSネジをM25 x 0.75ネジに変換。

対物レンズ

  • M25 x 0.75ネジ付き対物レンズ(Nikon社製)を直接取り付け可能
  • Nikon社製対物レンズは微分干渉(DIC)に対応(偏光子、プリズム、アナライザなど適合するDIC用光学素子が付属)
  • アダプタRMSA1を用いてRMSネジ付き対物レンズ(Olympus社製)を取付け可能

この顕微鏡のレボルバには2ヵ所にM25 x 0.75ネジが付いているので、対物レンズを2個同時に保持できます。M25 x 0.75ネジはNikon社製対物レンズでよく使用されるネジ規格です。当社では、Cerna顕微鏡に使用されることの多いNikon社製の広視野対物レンズを数種類、標準品としてご用意しております(下表参照)。また、標準品以外の対物レンズも取り扱っております。こちらでご紹介している以外の対物レンズをご希望の場合は当社までご連絡ください。

この顕微鏡にRMSネジ付き対物レンズをご使用になる場合は、ネジアダプタRMSA1が必要になります。このアダプタを使用すると、右図のようにRMSネジをM25 x 0.75ネジに変換できます。RMSネジはOlympus製対物レンズでよく使用されています。

Item #N4X-PFN10X-PFN20X-PFN40X-PFN60X-PF
Photo
(Click to Enlarge)
Magnification4X10X20X40X60X
Numerical Aperture (NA)0.130.30.500.750.85
Working Distance (WD)17.2 mm16 mm2.1 mm0.66 mm0.31 - 0.4 mm
ThreadingM25 x 0.75

Slide Holder
Click for Details

Cerna顕微鏡に取り付けたスライドホルダMP100-RCH2
XY Stage on Fixed Arm
Click to Enlarge

固定式アームCSA1000、ステージMLS203-1とスライドホルダMLS203P2
Rigid Stand with Petri Dish Holder
Click to Enlarge

高剛性スタンドMP100-MLSHと
スライド/ペトリ皿ホルダMLS203P2

サンプルホルダ(試料ホルダ)

当社ではCerna顕微鏡の対物レンズ下に取り付ける試料用に様々な構成が可能なソリューションをご用意しております。高剛性スタンドには複数のプラットフォームがあり、スライド、ペトリ皿、記録チャンバ、マイクロマニピュレータ、そしてカスタムインサートが取付け可能です。カラーが付いているので、決められた高さや角度にロック可能です。当社では、この高剛性スタンド用に移動ステージも製造しており、試料を電動で水平移動させることができます。

固定式アームは顕微鏡本体の全長に沿って付いているアリ溝に直接取り付けられるため、サンプルステージを顕微鏡のどの高さにも設置可能です。また、試料を直接顕微鏡の光路上に位置させることができるため、顕微鏡の既存の設置面積を有効に利用できます。構成済みのサンプルホルダには固定式アームCSA1000に高速XY走査ステージMLS203-1をご使用ください。このステージは当社のピエゾ駆動インサートMZS500-Eを加えることにより、高分解能なZ軸調整も可能となります。また、固定式アームCSA1001ならびにCSA1002は当社のオプトメカニクス部品の幅広いラインナップに対応しているため、カスタム仕様のサンプルホルダの構成をこの顕微鏡に組み込むことができます。

対応可能なオプションを下に掲載しております。高剛性スタンドインサートの全製品やご提供可能なスタンドの高さについては、製品紹介ページをご参照ください。

高剛性スタンド
Rigid Stand
Click to Enlarge

スライドホルダMP150-RCH2

  • 標準的な76.2 mm x 25.4 mmの
    顕微鏡スライド用に設計
  • 高さ調整範囲:198.1~309.3 mm
  • 上記以外の高さもご提供可能
Rigid Stand
Click to Enlarge

インサートホルダMP150-MLSH

Rigid Stand
Click to Enlarge

記録チャンバーホルダMP150-RCH1

  • 記録チャンバ用の丸穴設計
  • 高さ調整範囲:198.1~309.3 mm
  • 上記以外の高さもご提供可能
Rigid Stand
Click to Enlarge

プラットフォーム付き高剛性スタンドMP150

Hyperspectral Imaging with Cerna
Click to Enlarge

ハイパースペクトルイメージングの概略図
Hyperspectral Imaging Cerna Microscope
Click to Enlarge

当社のCerna顕微鏡プラットフォーム、チューナブルバンドパスフィルタKURIOS-VB1(/M)、モノクロサイエンティフィックカメラ1501M-GEを使用してハイパースペクトルイメージングシステムを構築。写真内の部品には標準品の構成からカスタマイズされているものもあります。

使用例:ハイパースペクトルイメージング

ハイパースペクトルイメージングでは、スペクトル的に分離された2次元画像が取得できます。この手法は試料を素早く識別・分析できるため、顕微鏡法、生物学/生物医学イメージング、マシンビジョンの用途によく使用されています。

ハイパースペクトルイメージングで得られる画像のスペクトル分解能は、カラータイプのカメラを単独で使用した場合に比べて格段に優れています。カラータイプのカメラは3種類の比較的幅広のスペクトルチャンネル(赤、緑、青)を使用して、画像のスペクトル範囲全体を表示します。これに対し、ハイパースペクトルイメージングシステムには液晶チューナブルバンドパスフィルタや回折格子のような光学素子が内蔵されているため、非常に狭い帯域幅のスペクトルチャンネルを発生させることができます。

また、ハイパースペクトルイメージングシステムには当社のCerna®顕微鏡プラットフォーム、Kurios®チューナブルフィルタ、ならびにサイエンティフィックグレードカメラを容易に取り付けることができます。Cernaプラットフォームはモジュール式の顕微鏡システムです。当社のSMシリーズレンズチューブ構築システムと統合して透過光照明をサポートします。KuriosチューナブルフィルタはSMネジ付きで、Cernaプラットフォームや当社のカメラと接続可能です。また、Kuriosフィルタにはソフトウェアと外部トリガ付きのベンチトップ型コントローラが付属し、高速で自動および同期化された波長切り替えやイメージ取得が可能になっています。

画像集積の例
下の画像および動画内のデータはハイパースペクトルイメージング手法によるものです。図1は、成熟したナズナの胚の画像をKuriosフィルターセットを使用して中心波長500 nmおよび650 nmで取得しています。これら2つの画像は、それぞれのスペクトルチャンネル毎に得た視野全体を示しています。図2は、同じ試料の画像31枚から成る動画です。中心波長420 nm~730 nmで10 nm刻みで取得しています(10 nmはスペクトル分解能ではありません。スペクトル分解能は各波長毎のFWHM帯域幅によって決まります)。図3では、各スペクトルチャンネルの画像を使用してそれぞれのピクセルの色を決定し、1つの色画像に統合しています。また、各ピクセルにおける広帯域スペクトルを取得し、視野内の試料の異なる機能を分光学的に同定しています。

Kuriosチューナブルフィルタはハイパースペクトルイメージングに多くの利点をもたらしています。角度調整タイプのフィルタを使用した場合や手動でフィルタ交換を行った場合とは異なり、Kuriosフィルタは可動部品を使用していないため、ミリ秒単位での振動の無い波長切り替えが可能です。これは、測定中にフィルタを動かしたり、交換したりしないため、画像を登録する際にデータが“画素ずれ”しないからです。当社のフィルタにはソフトウェアと外部トリガ付きのベンチトップ型コントローラも付属しており、データの取得および分析プログラムへの統合が容易です。

LCTF Spectrum
Click to Enlarge
図3: 各スペクトルチャンネルで取得した視野全体の画像を統合した、成熟したナズナの胚の色画像(図1参照)。画像内の各ピクセルのスペクトルを複数のチャンネルに渡って取得しています。
LCTF Spectrum
Click to Enlarge
図1: 2種類の異なる中心波長でそれぞれ取得した、成熟したナズナの胚の画像。各スペクトルチャンネルごとに視野全体の画像を取得しています。

図2: この動画はチューナブルフィルタKURIOS-WB1(/M)の中心波長ごとに取得した試料の画像です。420 nm~730 nmまでの中心波長を10 nm刻みで増加させています(10 nmはスペクトル分解能ではありません。スペクトル分解能は各波長毎のFWHM帯域幅によって決まります)。


Posted Comments:
No Comments Posted

顕微鏡の各部品をクリックするとそれぞれの機能がご覧いただけます。

Explore the Cerna MicroscopeSample Viewing/RecordingSample MountingIllumination SourcesIllumination SourcesObjectives and MountingEpi-IlluminationEpi-IlluminationTrans-IlluminationMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope Body

顕微鏡の原理

ここではCerna®顕微鏡の一般的な機能について説明しています。右にある顕微鏡の図の各部品をクリックいただくか、下記のリンクをクリックいただくとCerna顕微鏡を組み上げて試料を可視化する方法についてご覧いただけます。

 

用語

アーム:部品を顕微鏡の光路に合わせて保持

バヨネットマウント:内ネジのL字型スロットとそれに嵌合する外ネジのタブを用いた機械的なマウント方式 

ベローズ(蛇腹):アコーディオン状のゴム製側面を持つチューブ。顕微鏡ボディと対物レンズとの間の光路を遮光しながら伸縮させることが可能です。

ブレッドボード:光学系の自作用に、タップ穴が等間隔に配列された平坦なボード

アリ溝式:多数の顕微鏡部品に採用されている機械的な取付け方式。直線形状のアリ溝は、取り付ける部品を固定する前に一定の方向に沿って柔軟に位置決めができます。これに対し、円型アリ溝は部品を1箇所に固定します。詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。落射蛍光、反射型および共焦点顕微鏡は、落射照明で使用するイメージング手法の例です。

フィルターキューブ:フィルタやその他の光学素子を正確な位置で保持する顕微鏡用のキューブ。例えば、フィルターキューブは蛍光顕微鏡法および反射型顕微鏡法に不可欠です。

ケーラー照明:様々な光学素子を使用して試料面の視野内をデフォーカスしたり視野内における光の強度を平坦にしたりする手法。この手法にはコンデンサおよび光コリメータが必要です。

対物レンズ用ホルダ(レボルバ):顕微鏡の対物レンズを光路上に固定する際に使用するアーム

光路:光が顕微鏡を透過する際にとる経路

レール高:顕微鏡ボディのサポートレールの高さ

懐深さ(作業空間の奥行き):光軸から顕微鏡ボディのサポートレールまでの間の距離。懐深さのサイズは、作業高さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明。明視野微分干渉法(DIC)Dodt勾配コントラスト、および暗視野顕微鏡法は、透過照明を利用したイメージング手法の例です。

作業高さ:顕微鏡ボディのサポートレール高にベース高を加えた高さ。作業高さのサイズは、懐深さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡のボディ
Body Height Comparison
Click to Enlarge

顕微鏡ボディの詳細

顕微鏡ボディ

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。 サポートレールに使用している95 mmレールは、厳しい角度公差が得られるよう加工されているため、光路のアライメントや光学テーブルへの垂直な設置が確実に行えます。サポートレールの高さは350~600 mmから選択できますが、この高さによって実験用・顕微鏡用部品を使用できる縦方向の空間の大きさが決まります。 光路からサポートレールまでの懐深さは196.5 mmあるため、広い実験用スペースが得られます。顕微鏡ボディに部品を取り付ける際はサポートレール上の直線的なアリ溝を使用しますが、部品によっては落射照明アーム上の円型アリ溝が使われます。 詳細については、「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡には、上から(黄色)または下から(オレンジ)照射するタイプの照明が使用可能です。どちらのタイプにも照明光源(緑)が付いています。

照明

Cerna顕微鏡では、試料を上から(落射照明、右図で黄色に色付けされた部品参照)または下から(透過照明、オレンジ色に色付けされた部品参照)の2方向から照射することができます。

落射照明は、観察装置と同じ側から試料を照らす照明です。したがって、照明光源(緑色に色付けされた部品参照)からの光と試料面からの光は部分的に光路を共有します。これは蛍光、共焦点および反射型顕微鏡に使用されます。落射照明モジュールは光を光路に沿って導き調節します。円型のD1Nアリ溝を使用して顕微鏡ボディの落射照明アームに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。複数の落射照明モジュールや、カスタマイズ用のタップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードトップを取り付けることができます。

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。 透過照明モジュールは光を調節し(一部のモデル)、光路に沿って光を導きます。直線的なアリ溝を使用して顕微鏡ボディのサポートレールに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。イメージング手法によっては、ビーム特性を変更するために追加の光学素子が必要となりますが、このような光学素子は、レンズチューブケージシステムを使用して光路に簡単に組み込むことができます。また、当社では、入射したコリメート光から最適なケーラー照明を生むために使用するコンデンサもご用意しています。コンデンサは取付けアームに装着し、サポートレールから一定の距離の光路上に固定します。このアームは、コンデンサを試料と透過照明モジュールにアライメントするための集光モジュールに取り付けます。

 

microscope bodyClick to Enlarge
試料面からの光は対物レンズ(右図で青色に色付けされた部品)によって集められ、三眼鏡筒または光学ポート(ピンク色に色付けされた部品)を使用して観察されます。

試料の観察/記録

照明ができたら、顕微鏡を使用して試料を観察します。顕微鏡には試料面に光を集光し(右図で青色に色付けされた部品参照)、生成した画像を可視化する(ピンク色に色付けされた部品参照)機能が必要です。

顕微鏡の対物レンズは、光を集め、試料面からの光を拡大してイメージングを行います。Cerna顕微鏡の対物レンズは対物レンズ用レボルバ(ホルダ)にネジ止めされ、顕微鏡ボディのサポートレールから一定の距離の光路上に固定します。対物レンズ用レボルバ(ホルダ)は電動式集光モジュールに固定し、対物レンズの焦点を合わせたり、試料を取り扱う際に対物レンズの位置をずらしたりすることができます。対物レンズとの間を遮光できるように、顕微鏡にはベローズが付いています(図には記載なし)。

試料観察およびデータ取得用に様々なモジュールをご用意しています。三眼鏡筒には視点が3箇所あり、カメラを使用した場合と同様に試料を直接観察できます。ダブルカメラポートが2つの観察チャンネル内で光路を変更または分岐します。カメラチューブの選択により像の倍率を低く、もしくは高くさせることができます。データ取得用に、当社ではカメラおよび光電子増倍管チューブ(PMT)をご用意しています。PMTは共焦点顕微鏡の蛍光信号を検出する際に必要です。ブレッドボードトップを使えばカスタム設計の撮像セットアップを構築できます。モジュールは円型アリ溝を使用して顕微鏡ボディに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。

 

microscope bodyClick to Enlarge
右図の高剛性スタンド(紫色)はご提供可能な試料取付けオプションの1例です。

試料/実験機器の取付け

様々な試料や機器の取付けオプションによって、顕微鏡システムの広い作業スペースを有効利用することができます。大きな試料および補助装置は取付けプラットフォームを使用して設置することができます。このプラットフォームは顕微鏡ボディの辺縁に置くことができ、タップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードに対応しています。小さな試料は高剛性スタンド(右図の紫色に色付けされた部品)に取り付けることができます。高剛性スタンドには多様な試料調製法やデータ取得手法に対応したホルダが付属しており、たとえばスライドやウェルプレート、ペトリ皿などに対応できます。一般的な試料マウント方法の場合は、手動XYステージを使用して試料スライドを顕微鏡ボディに直接取り付けることもできます。高剛性スタンドは電動ステージ(別売り)を用いて駆動できます。また可動型取付けプラットフォームには電動または手動移動用の機構が内蔵されています。顕微鏡で複数の実験を同時に行いたい場合は、高剛性スタンドを取付けプラットフォームの上部に取り付けて、複数の装置を個別にかつ同期させて動作させることができます。

Close

 

試料観察用に三眼鏡筒、ダブルカメラポートならびにカメラチューブをご用意しています。試料面からの光はカメラ、光電子増倍管(PMT)またはブレッドボードトップを用いたカスタム仕様のセットアップによって集光されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Sample ViewingBreadboards
& Body Attachments
CamerasPMTs

Close

 

顕微鏡用対物レンズは、対物レンズ用レボルバ(ホルダ)によって顕微鏡の光路内に固定されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください

Close

 

大型または小型の実験用取付けオプションを使用して、顕微鏡の広い作業スペースを有効利用することができます。Cerna顕微鏡を用いた試料取付けについての詳細はこちらをクリックしてください。

Close

 

落射照明用の様々な光源をご用意しています。Cerna顕微鏡プラットフォーム内での機能をご確認いただくには、各製品の説明ページをご覧ください。

Close

 

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。蛍光、共焦点および反射型顕微鏡などのイメージング手法で使用されます。落射照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細については こちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Epi-Illumination Web PresentationBody Attachments Light Sources
Epi-IlluminationBody AttachmentsLight Sources

Close

 

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。透過照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細についてはこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Brightfield Web PresentationDIC Web PresentationDodt Web PresentationCondensers Web PresentationCondenser Mounting Web PresentationIllumination Kits Web PresentationOther Light Sources
BrightfieldDICDodtCondensersCondenser MountingIllumination KitsOther Light Sources

Close

 

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。ボディから対物レンズまでの距離は196.5 mmで、広い実験用スペースが確保できます。Cerna顕微鏡についての詳細はこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Microscope Body Web PresentationMicroscope Body Translator
Microscope BodiesMicroscope Translator

Cerna顕微鏡キット(カスタマイズ可能): Kit 4

Cerna顕微鏡の構成は、ご希望に合わせてカスタマイズすることが可能です。下記にはKit 4を構成する全てのコンポーネントが掲載されています。 数量の欄にはデフォルトで数字が記入されていますが、こちらの数量をご希望に応じて追加もしくは削除した上で、「Add Kit」ボタンをクリックいただくと、そのままお見積り依頼にお進みいただけます。 また、DIY Cernaコンポーネントから製品を追加して顕微鏡の構成を更にカスタマイズすることも可能です。 Kit 4の各コンポーネントについての詳細は「キット構成部品」タブをご参照ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CEA1400 Support Documentation
CEA1400Cerna顕微鏡ボディ、落射照明用アーム付き、レール高さ400 mm
¥117,745
3-5 Days
LAURE1 Support Documentation
LAURE1NEW!Cerna三眼鏡筒、10倍接眼レンズ、正立像、IRフィルタ付き
¥462,150
3-5 Days
TC1X Support Documentation
TC1XNEW!カメラチューブ、1倍、三眼鏡筒LAURE1 & LAURE2用、Cマウントネジ&オス型D2Nアリ溝付き
¥52,195
3-5 Days
CSE2100 Support Documentation
CSE2100落射照明モジュール、ターレット(フィルターセット×6用)、ビーム調整素子、副光路用ポート付き、WD=50 mm
¥603,496
3-5 Days
CSC2001 Support Documentation
CSC2001顕微鏡用コンデンサ、NA0.78、D3Nオス型アリ溝、400~850 nm、C32 1個付属
¥177,224
3-5 Days
CSN500 Support Documentation
CSN5005対物切換えレボルバ、M25 x 0.75ネジ
¥135,158
3-5 Days
CSA1400 Support Documentation
CSA1400取付けアーム、CSN200&CSN500シリーズ対物レンズホルダ用
¥40,686
Today
CSA2000 Support Documentation
CSA2000コンデンサーアーム、移動量±2 mm(XY)、D3Nメス型アリ溝付き、60 mmケージシステム対応
¥97,348
3-5 Days
MCM3001 Support Documentation
MCM3001Cernaコンポーネント用3軸コントローラ&ノブボックス、移動量25.4 mm用
¥437,923
Today
WFA1000 Support Documentation
WFA1000透過照明/DICイメージングモジュール、30 mmケージシステム対応
¥583,803
3-5 Days
WFA0150 Support Documentation
WFA015095 mmアリ溝式クランプ、WFA1000&WFA1100用
¥44,823
3-5 Days
WFA1010 Support Documentation
WFA1010温白色照明キット
¥110,468
3-5 Days
ZFM2020 Support Documentation
ZFM2020電動式焦準モジュール、移動量25.4 mm、端面部アーム固定
¥261,353
Today
ZFM2030 Support Documentation
ZFM2030電動式焦準モジュール、移動量25.4 mm、中央部アーム固定
¥261,353
3-5 Days
LEDD1B Support Documentation
LEDD1BT-Cube LEDドライバ、最大駆動電流1200 mA (電源別売り)
¥42,062
Today
KPS101 Support Documentation
KPS101販売準備中 K-Cube&T-Cube単体用電源、15 V、2.4 A

*TPS001/TPS003は販売を継続しています。ご要望の場合は、KPS101をカートへ追加いただき、お見積り・ご注文の際にコメント欄等で「TPS001希望」または「TPS003希望」のご要望をお知らせください。
¥4,597
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2019 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image