アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

高速電動XY走査ステージ


  • Ultra Fast XY Scanning Up to 250 mm/s
  • Low-Profile, Compact Footprint
  • Compatible with Thorlabs' Cerna®, Nikon,
    Olympus, and Zeiss Microscopes

MLS203 Stage Shown Mounted to a Nikon
Eclipse Ti-U Microscope Equipped
with Thorlabs' Confocal Imaging System

MLS203-1

Shown with MLS203P2 Slide Holder.
Stage Dimensions: 260 mm x 230 mm x 31 mm

Related Items


Please Wait
XY Stage System
MLS203ステージ、XYステージ用コントローラBBD202、2軸ジョイスティックMJC001、Olympus製倒立顕微鏡で構成された一般的なXYステージ

特長

  • Nikon製、Olympus製、Zeiss製ならびに当社のCerna™の正立および倒立顕微鏡と統合
  • 様々なサンプルホルダをご用意
  • ブラシレスDCリニアサーボモーターアクチュエータ内蔵
  • 光学式リニアエンコーダ
  • 高品質、高精密な工業用リニアベアリング
  • 高い繰り返し精度(0.25 µm)と位置確度(<3.0 µm)
  • ソフトウェア: APT™、Molecular Devices社のMetaMorph、µManagerに互換性

当社のMLS203シリーズのステージは、Nikon製、Olympus製、Zeiss製ならびに当社のCerna顕微鏡の手動ステージを簡単に置き換えられるように設計されており、電動で試料のXY位置決めができます。ステージのアセンブリは、ステージ、コントローラ、取付けブラケット、その他のアクセサリで構成されますが、それぞれ個別にご購入いただく必要があります(右の写真は典型的なXYステージ例です)。下表は、顕微鏡によってご購入いただく必要のある製品のリストです。また、オプションのブラケット(MLSA01)はステージMLS203-1を光学テーブルやブレッドボード上にボルト締めして独自の顕微鏡セットアップの一部として、もしくは一般的なフォトニクスの用途に使用することも可能です。

高速走査機能と高い位置確度が特長の本ステージは、様々な種類の顕微鏡やイメージングのアプリケーションにおける標本や試料を手動、もしくは自動で位置決めするのに、非常に適しています。細胞レベルでの非常に精密な手動位置決めや制御は安定な閉ループ制御システムとジョイスティックにより、簡単に行えます。また、このステージは当社のZ軸ピエゾステージと組み合わせて、レーザ走査型顕微鏡にご使用いただけるXYZステージを構成することもできます。

コントローラのオプション
MLS203ステージ用の推奨コントローラは、2軸ブラシレスDCモーターコントローラBBD202です。これらのブラシレスDCモーターコントローラのプレゼンテーションはこちらをクリックしていただくか、下記の概要をご覧ください。コントローラにはAPT GUIインターフェイスが付いています。またこのステージは、顕微鏡や周辺装置の制御用オープンソースソフトウェアのμManagerや、自動で画像取得、制御、画像解析が可能なMolecular Devices社のMetaMorphと互換性があります。MLS203ステージとコントローラBBD202とMetaMorphを使用した詳細は、「MetaMorph」タブをご覧ください。

試料ホルダとアクセサリの取付け
様々なアクセサリのアダプタによって、一般的なスライドガラス、マルチウェルプレート、ペトリ皿や金属試料の位置決めが可能です。詳細については、下記をご覧ください。

 

顕微鏡用ステージアセンブリ

MicroscopeaStageMounting BracketControllerOptional Specimen Holders and Accessories
Thorlabs Cerna™
MLS203-1CSA1000BBD202MLS203P1: Multiwell Plate Adapter
MLS203P2: Slide / Petri Dish Holder for Inverted Microscopes
C4SH01: Multi Slide Holder for Inverted Microscopes
MLS203P3: Blank Adapter Plate
MLS203P5: 1/4"-20 Tapped Breadboard Plate
MLS203P4: M6-Tapped Breadboard Plate
MLS203P10: Multiple Slide Holder for Upright and Inverted Microscopes
MLS203P11: Recessed Slide Holder for Upright Microscopes
MJC001: 2-Axis Joystick Controller
Nikon 50i, 80i, 90i and Ci-LMLS203-1MLSA06
Nikon TE2000 and Eclipse TiMLS203-1MLSA03
Nikon Eclipse FN1MLS203-1MLSA07
Olympus BX41, BX43, BX51, BX53 and BX61MLS203-1MLSA08
Olympus IX51, IX71, IX73, IX81, and IX83MLS203-1MLSA02
Olympus IX70MLS203-1MLSA09
Zeiss Axio Observer and Axiovert 40MLS203-2None Needed
Optical Breadboard / Custom ConfigurationMLS203-1MLSA01
  • 上記に該当する顕微鏡がない場合は、当社までお問い合わせください。当社では、Olympus、Nikon、Zeiss、Leica製顕微鏡に対応するカスタム仕様の取付けアダプタをご用意することも可能です。
MLS203 Stage
Travel Range110 mm x 75 mm (4.3" x 2.95")
Speed (Max)250 mm/s
Acceleration (Max)2000 mm/s2
Bidirectional Repeatability0.25 µm
Unidirectional Repeatability0.25 µm
BacklashaN/A
Load Capacity (Max)1 kg (2.2 lb)
Incremental Movement (Min)0.1 µm
Absolute On-Axis Accuracy<3 µm
Percentage Accuracy (Max)X-Axis: 0.0027%
Y-Axis: 0.004%
Flatness in X Axis±3 µm Over Full Travel , ±1 µm Over 10 mm
Flatness in Y Axis±2 µm Over Full Travel , ±1 µm Over 10 mm
Home Location Accuracy0.25 µm
Settling Time within 1 µm (600 g Load)0.1 s
Settling Time within 0.1 µm (600 g Load)0.6 s
Weight (Including Cables)3.2 kg (7.0 lbs)
Limit SwitchesX and Y as Standard
Bearing TypePrecision Linear Bearing
Motor TypeBrushless DC Linear Motor
Dimensions (Mid Travel, Excluding Guards)260.0 mm x 230.0 mm x 31.3 mm
(10.24" x 9.06" x 1.23")
Recommended ControllerBBD202
  • 親ネジがないためステージはバックラッシュがありません。
BBD202 Controller
Drive Connector8-Pin DIN, Round, Female
Feedback Connector15-Pin D-Type
Continuous Drive Output5 A
PWM Frequency40 kHz
Operating ModesPosition and Velocity
Control Algorithm16-Bit Digital PID Servo Loop with Velocity and Acceleration Feedforward
Velocity ProfileTrapezoidal/S-Curve
Position Count32 Bit
Position FeedbackIncremental Encoder
Encoder Bandwidth2.5 MHz
10 M Counts/s
Encoder Supply5 V
AUX Control Connector15-Pin D-Type
Input Power Requirements250 VA
Volt: 100 to 240 VAC
Freq: 47 to 63 Hz
Fuse: 3.15 A
Dimensions240 mm x 337.9 mm x 124.8 mm
(9.5" x 13.3" x 4.9")
Weight6.1 kg (13.42 lb)

MLS203シリーズ XY走査ステージのピン配列

Motor Drive

オス

Motor Drive

PinDescriptionPinDescription
1Motor Phase V5Stage ID
2GND6GND
3Thermistor (Not Used)7Motor Phase W
4Motor Phase U8Enable

Encoder Feedback

D型 オス

Encoder Feedback

PinDescriptionPinDescription
1Not Connected9GND
2GND10Limit Switch +
3Not Connected11Limit Switch -
4Enc Index -12Enc Index +
5QB -13QB +
6QA -14QA +
75 V15Not Connected
85 V

MLS203シリーズ用コントローラ(BBD202)のピン配列

Motor Drive

メス

BBD MOTOR DRIVE

PinDescriptionPinDescription
1Motor Phase V5Stage ID
2GND6GND
3Temp Sensor (Not Used)7Motor Phase W
4Motor Phase U8Enable

Feedback

D型 メス

BBD FEEDBACK

PinDescriptionPinDescription
1Not Connected9GND
2GND10Limit Switch +
3Not Connected11Limit Switch -
4Index -12Index +
5QB -13QB +
6QA -14QA +
7a5 V15Not Connected
8a5 V
  • 7と8は内部短絡

User I/O

D型 オス

15 Oin DIN Male

PinDescriptionPinDescription
15 V9QA +
2Trigger IN10QA -
3Trigger OUT11QB+
4Ground12QB -
5Ground13Index/Ref +
6For Future Use14Index/Ref -
7For Future Use15Ground
8For Future Use

Aux I/O

D型 メス

BBD FEEDBACK

PinDescriptionPinDescription
1Digital O/P 19Digital Ground
2Digital O/P 210Digital Ground
3Digital O/P 311For Future Use
4Digital O/P 412For Future Use
5Digital Ground13Digital I/P 4
6Digital I/P 1145 V Supply O/P
7Digital I/P 2155 V Supply O/P
8Digital I/P 3
 

Handset

Mini DIN メス

Handset Connector

PinDescriptionPinDescription
1RX (controller intput)/RS2324Supply Voltage for Handset 5V
2Ground5TX (controller output)/RS232
3Ground6Ground

Interconnect

D型 オス

9Pin DIN Male

PinDescriptionPinDescription
1Not Connected6Not Connected
2RX (controller input)7Not Connected
3TX (controller output)8Not Connected
4Not Connected9Not Connected
5Ground
Molecular Devices

Meta Imaging Seriesを使用したXYステージMLS203の制御

XYステージMLS203のBBD202コントローラは、Molecular Devices社のMeta Imaging Seriesソフトに対応します。 Meta SeriesにはMetaMorph NX、MetaMorph、MetaFluor、MetaVueが含まれます。 下記(Meta Imaging Seriesバージョン7.8の画面イメージ)は、XYステージの制御設定方法です。

MetaMorph Configuration 1
Click to Enlarge

ステップ1:Meta Seriesのプログラムの中の1つからMeta Imaging Series Administratorを開きます。ステージを設定するには「Configure Hardware」をクリックします。
MetaMorph Configuration 2
Click to Enlarge

ステップ2:ステージを設定するには「Install System Devices」をクリックします。
MetaMorph Configuration 3
Click to Enlarge

ステップ3:左のリストの中から「Thorlabs」を探し出し、反転表示します。そして「Install」をクリックしてください。 右の「Installed Devices」のリストの中から「Thorlabs」を選び、「Settings」をクリックします。
MetaMorph Configuration 4
Click to Enlarge

ステップ4:「Included components」内に「Thorlabs X」ならびに「Thorlabs Y」が記載されていることを確認し、「Show Version Information」をクリックします。
MetaMorph Configuration 5
Click to Enlarge

ステップ5:上記のように内容が正しいことを確認してから「OK」をクリックします(複数のウィンドウが表示される場合にはその都度「OK」をクリックします)。 画面はステップ2の「Configure Hardware」の画面に戻ります。 「Configure Devices」をクリックします。
MetaMorph Configuration 8
Click to Enlarge

ステップ6:「Avilable Devices」内から「Thorlabs」を選択し、「Add」をクリックします。
MetaMorph Configuration 9
Click to Enlarge

ステップ7:「Claimed Devices」欄に「Thorlabs X」ならびに「Thorlabs Y」が記載されていることを確認し、全てのプログラムウィンドウが閉じるまで「OK」をクリックします。
MetaMorph Configuration 14
Click to Enlarge

ステップ8:パソコン画面の「スタート」のメニューから「すべてのプログラム」に行き、「Meta Imaging Series」を開きます。 「Devices」のメニューから「Stage」を選択すると様々な移動方法が可能となります。 下のスクリーンショットは左から、絶対位置移動、走査移動、そして相対位置移動の設定画面になります。
MetaMorph Configuration 15
Click to Enlarge

絶対位置移動設定画面
MetaMorph Configuration 16
Click to Enlarge

走査移動設定画面
MetaMorph Configuration 17
Click to Enlarge

相対位置移動設定画面

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、APT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージと新製品であるKinesisソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージもAPT™とKinesisシリーズのデバイスを制御できます。小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-CubeやT-Cubeなど)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラに対応しています。

当社のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、下記のリンクをクリックしてご覧いただけます。 このプラットフォームには、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

APTConfig
APT用GUIスクリーン

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、新しい.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるAPTとKinesisコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。低出力1軸システムから高出力多軸システムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンク、またはコントローラに付属するCDでご覧いただけます。

ソフトウェア

APTバージョン3.22.1
このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesis®システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

Kinesisバージョン 1.11.5
ソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております: 

  • 通信プロトコル
Software Download
APTConfig
KinesisのGUIスクリーン

これらのビデオから、プログラミングおよび非プログラミングの両方の点から、apt™ システムソフトウェアの使用法の基礎を学ぶことができます。付属のAPTユーティリティの使用法を示したビデオがあり、箱から出してすぐにAPTコントローラを制御できます。また、Visual Basic、LabView、Visual C++を使うカスタムソフトウェア用のプログラミングの基礎を説明した多くのビデオもありますのでご覧ください。

 Click here to view the video tutorial 

更に、プログラマの方のためにLabViewを用いてAPTソフトウェアをプログラムするためのガイドもございます。

Labview IconClick here to view the LabView guideLabview Icon

Please Give Us Your Feedback
 
Email Feedback On
(Optional)
Contact Me:
Your email address will NOT be displayed.
 
 
Please type the following key into the field to submit this form:
Click Here if you can not read the security code.
This code is to prevent automated spamming of our site
Thank you for your understanding.
  
 
Would this product be useful to you?   Little Use  1234Very Useful

Enter Comments Below:
 
Characters remaining  8000   
Posted Comments:
Poster:patrick.lu
Posted Date:2015-02-27 15:59:48.293
Sorry to clutter the thread, but we would also like the documentation for the low level serial communication. While we expect to use the ActiveX approach, I would like to explore both options.
Poster:msoulby
Posted Date:2015-03-02 04:00:35.0
Response from Mike at Thorlabs: The low level communications protocols can be freely downloaded from the following link http://www.thorlabs.de/software/apt/APT_Communications_Protocol_Rev_14.pdf however we will also send this document to you directly.
Poster:patrick.lu
Posted Date:2014-12-12 20:15:43.15
Is it possible to add a hardware limit switch to the stage? For instance, in our space-constrained setup, we will have collisions if the stage is allowed to move through its full 110mm range along the x-axis. We would rather limit it to 75mm of travel. Since we are planning to control the stage using LabVIEW, this will be possible in software, but I think for peace of mind it would be nice to constrain it through hardware as well.
Poster:msoulby
Posted Date:2014-12-15 06:55:10.0
Response from Mike at Thorlabs: The stage does have hardware limit switches at the extremes of travel to prevent the stage from driving into the edge as you would expect, however it is not possible to add a hardware limit switch in the middle of the travel. Therefore using a software platform such as Labview to implement a travel restriction is currently the only option that is currently feasible with the MLS203-1
Poster:rauer
Posted Date:2014-09-19 15:39:13.903
Is there a different way to programmtically (in C#) control this stage than using an activex control?
Poster:msoulby
Posted Date:2014-09-22 03:26:21.0
Reponses from Mike at Thorlabs: If you do not wish to use ActiveX one other option would be to make use of direct serial communication through a virtual COM port on the USB. We have documented all of the low level communications protocols that can be used with our controllers and have emailed you directly with this document and some brief instructions on using the protocols.
Poster:jaz22
Posted Date:2014-07-25 15:17:16.22
Can this stage also be mounted vertically if I would like to use it for an application other than microscopy?
Poster:msoulby
Posted Date:2014-07-29 04:46:23.0
Response from Mike at Thorlabs: The brushless DC motors in the MLS203 cannot be used in a vertical configuration. The stage would be able to operate vertically however as soon as the power is removed there is no braking on the moving world. The stage will fall rapidly to the bottom. This shock of the moving world and load hitting the end of the stage can potentially cause damage to the stage. You would need to use a lead screw driven stage for vertical configurations, for example the MTS50 or LNR50S.
Poster:yatang32
Posted Date:2014-06-23 14:24:33.647
If I want to use Labview to program MLS203-1, can I do it with the controller?
Poster:bhallewell
Posted Date:2014-06-23 06:14:39.0
Response from Ben at Thorlabs: Yes, you can! Our recommended BBD202 series controller can be controlled through LabVIEW. By installing our readily available APT Motion Control Software from the following link you can connect with ActiveX controls through LabVIEW to control the MLS203 stage. Please find support documentation available here also for guidance. http://www.thorlabs.de/software_pages/ViewSoftwarePage.cfm?Code=APT We have recently updated our software to be comptaible with both 64-bit & 32-bit versions of LabVIEW.
Poster:
Posted Date:2013-10-24 03:34:27.663
Dear Mr/Ms I'm Jaeduck Jang from Korea. According to the specs of MLS203-1, it can be adopted to IX71,81 Olympus Microscopes. As I know recent Olympus inverted microscopes are IX73 and 83. Should I use MSL203-1 with MLSA02 on IX83 platform?
Poster:msoulby
Posted Date:2013-11-21 11:31:33.0
Response from Mike at Thorlabs: Yes, the MLSA02 and MLS201-1 can be used with the Olympus IX83
Poster:cj
Posted Date:2013-02-13 12:47:11.367
Can I mount a heating insert onto this device? The link below is the insert I plan on using. http://www.pecon.biz/?page_id=765 Also is this device capable of with standing the hot/humid environment in an incubation chamber?
Poster:jlow
Posted Date:2013-02-18 11:56:00.0
Response from Jeremy at Thorlabs: We do not have specific operating temperature specs for this but the recommended temperature is <40°C. This device is not meant to be operated in a high humidity environment so I would NOT recommend using this in an incubation chamber.
Poster:
Posted Date:2013-02-13 20:40:54.45
Is MLS203-1 High speed motorized scanning stage controllable with Cellsens software from Olympus?
Poster:jlow
Posted Date:2013-02-18 11:53:00.0
Response from Jeremy at Thorlabs: Unfortunately the MLS203-1 is not compatible with Cellsens software from Olympus. It can be used in micromanager which is another popular microscopy suite. If you are interested in this, please let us know and we can send you details on the setup procedure.
Poster:bdada
Posted Date:2012-04-23 17:47:00.0
Response from Buki at Thorlabs to david: Thank you for your feedback. We only recommend that the MLS and other brushless stages are used with Thorlabs controllers because we cannot guarantee safe use with 3rd party controllers. Please consider using our BBD102 controller shown in the page linked below: http://www.thorlabs.de/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=5360 We have contacted you to discuss this further.
Poster:david.naylor
Posted Date:2012-04-19 06:20:42.0
Hi, I would like to use existing aerotech soloist controllers that we have http://www.aerotech.com/product-catalog/drives-and-drive-racks/soloist-mp.aspx to drive each axis of the MLS203-1. Could you tell me if you foresee any problems with this configuration. Thanks David
Poster:tcohen
Posted Date:2012-03-08 12:30:00.0
Response from Tim at Thorlabs: Thank you for your feedback. Yes, the stage can be used in µManager. You should be able to select the stage from the list of available devices in µManager when setting up the hardware configuration.
Poster:
Posted Date:2012-03-08 08:06:39.0
Compatible with µManager ?

高速電動XY走査ステージ

Key Specificationsa
Travel Range110 mm x 75 mm (4.3" x 2.95")
Velocity (Max)250 mm/s
Acceleration (Max)2000 mm/s2
Bidirectional Repeatability0.25 µm
Unidirectional Repeatability0.25 µm
Horizontal Load Capacity (Max)1.0 kg (2.2 lb)
Min. Achievable Incremental Movement0.1 µm
Home Location Accuracy0.25 µm
Absolute On-Axis Accuracy <3 µm
  • より詳しい仕様については、「仕様」タブをご参照ください。

これらのXY走査ステージは、いくつかの顕微鏡の手動ステージと容易に置換することができ、電動で顕微鏡試料のXY位置決めが可能になります。 MLS203-1は、Nikon製およびOlympus製の倒立顕微鏡や正立顕微鏡のほか当社のCerna顕微鏡に取り付ける事ができます(「概要」タブ参照)。アダプターブラケットは別売りで、特定の顕微鏡にステージを取り付けることができます。テーブルトップの取り付けブラケットMLSA01は、ステージを光学テーブルやブレッドボード上にボルト締めして独自の顕微鏡セットアップの一部として、もしくは一般的なフォトニクスの用途に使用できます。詳細は以下をご覧ください。

MLS203-2はZeiss社製の顕微鏡Axio Observer およびAxiovert 40に直接取り付けることができるので、ブラケットは必要ありません。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203-1 Support Documentation
MLS203-1高速XY走査ステージ
¥904,800
3-5 Days
MLS203-2 Support Documentation
MLS203-2Zeiss製顕微鏡用高速XY走査ステージ
¥904,800
3-5 Days

MLS203ステージ用コントローラ

2チャンネルコントローラBBD202には当社の標準 apt™ ソフトウェアとプログラミングインターフェイスが含まれており、自動顕微鏡用途に簡単に導入できます。高速動作(数百mm/s)と高いエンコーダ分解能(<100 nm)が求められる用途に適しています。柔軟性をより高くするため、PCとの通信にはUSBまたはRS232シリアルインターフェイスのいずれかをご使用いいただけます。このコントローラには、ステージの自動PC制御をサポートするためのソフトウェア開発キット(SDK)が同梱されています。このSDKは、他の顕微鏡自動制御アクセサリとステージ操作を連動させたい場合に役に立ちます。 SDKはLabView、 C++、およびMatlabのようなWindowsで起動する全ての主要な開発言語をサポートしており、ActiveXライブラリもしくは標準的なダイナミックリンクライブラリ(DLL)形式となっております。

USB 1.1接続によって簡単にPCによる操作が行えます。 複数のユニットも、標準のUSBハブを介して、1台のパソコンへ接続することができます。 例えば、XYステージMLS203用コントローラBBD202とZ軸ピエゾステージキットMZS500-Eを1台のPCで同時に操作することが可能です。 この特長と使いやすいapt™ ソフトウェアにより、短い時間で複雑な動作シーケンスをプログラムし、実行できます。 コントローラBBD202の詳細は、上の「仕様」タブ をご覧いただくか、ブラシレスDCコントローラのページをご参照ください。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
BBD202 Support Documentation
BBD2022軸-3相ブラシレスDCサーボコントローラ、ベンチトップ型
¥393,380
3-5 Days

MLS203シリーズステージ向け取付け用ブラケット

XY Stage on Fixed Arm
Click to Enlarge

スライドホルダMLS203P2を取り付けたステージMLS203-1をCerna顕微鏡ボディ取付け用に固定式アームCSA1000に搭載。 
(全て別売り)

当社では、ステージMLS203-1をNikon製やOlympus製、ならびに当社の正立、倒立顕微鏡に取付けるためのブラケットをご用意しています。 各顕微鏡に対応するブラケットについては下表をご参照ください。また、顕微鏡の自製やその他の一般的なフォトニクス用途に向けてステージMLS203-1 をブレッドボードに取り付けるためのブラケットもご用意しています。

各ブラケットにはステージの顕微鏡への取付け方法を説明した指示書が付属しています。なお、MLS203-2ステージはブラケットなしでZeiss社製の顕微鏡Axio Observer またはAxiovertに直接取り付けることができます。

Click Image
for Details
CSA1000MLSA02MLSA02MLSA05MLSA03MLSA06MLSA07MLSA01
Bracket Item #CSA1000MLSA02MLSA09MLSA08MLSA03MLSA06MLSA07MLSA01
Microscope BrandThorlabsOlympusNikonOptical Breadboard,
Custom Configuration
Microscope ModelCerna™
IX51, IX71, IX73,
IX81, IX83
IX70BX41, BX43, BX51,
BX53, BX61
TE2000,
Eclipse Ti
50i, 80i,
90i, Ci-L
Eclipse FN1N/A
Microscope TypeUprightInvertedInvertedUprightInvertedUprightUprightN/A
MLS203 Attached to a Breadboard
Click to Enlarge

ステージMLS203-1をブラケットMLSA01を用いてブレッドボードに固定

当社ではOlympus、Nikon、Zeiss、Leicaの顕微鏡に対応する製品をご用意しております。お手持ちの顕微鏡が上表に掲載されていない場合、対応するブラケットについては当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
CSA1000 Support Documentation
CSA1000固定式アームホルダ、高速XY走査ステージMLS203-1用
¥71,370
3-5 Days
MLSA02 Support Documentation
MLSA02Olympus IX51、IX71、IX73、IX81、IX83用取付け用ブラケット、2個セット
¥14,040
Today
MLSA09 Support Documentation
MLSA09Olympus IX70 Mounting Brackets, 2 Pieces
¥15,730
3-5 Days
MLSA08 Support Documentation
MLSA08Olympus BX41、BX43、BX51、BX53、BX61用アダプタ
¥46,410
3-5 Days
MLSA03 Support Documentation
MLSA03Nikon TE2000&Eclipse Ti 用取付け用ブラケット、2個セット
¥17,160
3-5 Days
MLSA06 Support Documentation
MLSA06Nikon 50i、80i、90i、Ci-L用アダプタ
¥46,410
Today
MLSA07 Support Documentation
MLSA07Customer Inspired!Nikon Eclipse FN1用取付けアダプタ
¥46,410
3-5 Days
MLSA01 Support Documentation
MLSA01ブレッドボード取付け用ブラケット、31.5 mm、MLS203用、2個セット
¥20,670
3-5 Days

ステージMLS203用スライドホルダ

MLS203P2
倒立顕微鏡用スライド/ペトリ皿ホルダ
MLS203_P2_L
Click to Enlarge

  • 幅25 mm~26.5 mmのスライドに対応
  • 直径30 mm~60 mmのペトリ皿に対応
MLS203_P2
Click to Enlarge

ステージMLS203とスライドガラス/ペトリ皿ホルダMLS203P2を組み合わせた構成
MLS203_P2
Click to Enlarge
倒立顕微鏡に取り付けられたステージMLS203とMLS203P2

 

C4SH01
倒立顕微鏡用マルチスライドホルダ
MLS203_P8_L
Click to Enlarge

  • プラスチックホルダは標準的な顕微鏡スライド(25 mm × 75 mm)を取り付け可能
  • 自動組織解析および組織マイクロアレイ解析用のスライドを4枚まで取り付け可能
  • マルチウェルプレート(127.6 mm × 85.5 mm)と同じサイズ
  • アダプタープレートMLS203P1(下記掲載)が必要
MLS203_P1_R_sm
Click to Enlarge

ステージMLS203とスライドホルダトレイC4SH01を組み合わせた構成(下記掲載のプレートアダプタMLS203P1が必要)
MLS203_P8
Click to Enlarge

倒立顕微鏡に取り付けられたステージMLS203、プレートアダプタMLS203P1付きC4SH01

 

MLS203P10
正立および倒立顕微鏡用マルチスライドホルダ

MLS203P10
Click to Enlarge

MLS203_P1_R_sm
Click to Enlarge

ステージMLS203とマルチスライドホルダMLS203P10を組み合わせて、4枚のスライドを取付け
MLS203P10
Click to Enlarge

倒立顕微鏡に取り付けられたステージMLS203とマルチスライドホルダMLS203P10

 

MLS203P11
正立顕微鏡用凹形スライドホルダ
MLS203_P11_L
Click to Enlarge

  • 26 mm x 76 mmまでの標準的な顕微鏡用スライドおよび18 mm x 18 mm 校正用ターゲットに対応
  • 顕微鏡のコンデンサレンズをスライドの表面から1.5 mm以内に設置可能
  • 25 mm x 75 mmおよび1インチx 3インチのスライドも使用可能
MLS203_P11_R_sm
Click to Enlarge

ステージMLS203とスライドホルダMLS203P11を組み合わせて、スライドと18 mmの正方形テストターゲットを取付け
MLS203_P11
Click to Enlarge

正立顕微鏡に取り付けられたステージMLS203と凹型スライドホルダMLS203P11
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203P2 Support Documentation
MLS203P2倒立顕微鏡用スライドガラス/ペトリ皿ホルダ
¥59,670
Today
C4SH01 Support Documentation
C4SH01顕微鏡用4ポジションスライドホルダ
¥10,530
3-5 Days
MLS203P10 Support Documentation
MLS203P10正立または倒立顕微鏡用マルチスライドホルダ
¥61,100
3-5 Days
MLS203P11 Support Documentation
MLS203P11正立顕微鏡用凹形スライドホルダ
¥52,390
3-5 Days

MLS203シリーズステージ用アクセサリープレート

MLS203ステージこちらのアクセサリープレートは光路周りの柔軟な配置に使用可能な高剛性スタンド にも取り付け可能です。

マルチウェルプレートアダプタMLS203P1
MLS203_P1_L
Click to Enlarge

  • C4SH01および標準ウェルプレートに対応
  • クリップホルダで試料を固定 

ブランクアダプタープレートMLS203P3 
MLS203_P3_L
Click to Enlarge

  • 特注仕様や特殊用途に使用可能 
  • 穴あけ、ネジ切り加工が容易 

ブレッドボードプレートMLS203P4とMLS203P5 
MLS203_P4_L
Click to Enlarge

  • 35個のミリ規格のネジ穴
  • MLS203P4(ミリ規格): 中心間隔25 mmにM6×1.0タップ穴
  • インチ規格は1インチの中心間隔に1/4"-20タップ穴

使用例1

MLS203_P1_R_sm
Click to Enlarge

マルチウェルプレートアダプタMLS203Pを取り付けたステージ

使用例 2

MLS203_P3_R_sm
Click to Enlarge

ブランクアダプタープレートMLS203P3を取り付けたステージ

使用例 3

MLS203_P4_R_sm
Click to Enlarge

ブレッドボードプレートMLS203Pを取り付けたステージ

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203P5 Support Documentation
MLS203P5ブレッドボードプレート、1/4”-20穴(インチ規格)
¥26,520
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203P1 Support Documentation
MLS203P1マルチウェルプレートアダプタ
¥53,040
3-5 Days
MLS203P3 Support Documentation
MLS203P3ブランクアダプタープレート
¥19,890
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203P4 Support Documentation
MLS203P4ブレッドボードプレート、M6穴(ミリ規格)
¥26,520
3-5 Days

2軸ジョイスティックコンソール

  • 高速移動または精密移動用の速度調整が可能
  • 感度調整用のスピードダイヤル
  • 人間工学に基づいた設計
  • 高品質加工のアルマイト加工アルミニウム製筺体
  • 信頼性の高いホール効果を利用したジョイスティック

ジョイスティック制御装置MJC001は、顕微鏡向けに設計されており、ステージを手動感覚で直感的に位置決めできます。このコンソールは、2軸ジョイスティックによりXY制御が可能です。ほとんどの用途では、コントローラにデフォルト値として保存されたパラメータの設定が利用できるので、ご自身による設定が必要ありません。したがってホストPCに接続する必要がなく、真のリモート操作を実現できます。

MJC001は当社のベンチトップ型ブラシレスコントローララックマウント型ブラシレスコントローラそしてステッピングモータ用コントローラに対応しています。ジョイスティックはこれらのコントローラに対応できるケーブルが付属しています。旧型のBBD10xシリーズとジョイスティックをお使いになる場合のケーブルについては当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
MJC001 Support Documentation
MJC0012軸顕微鏡用ジョイスティックコンソール
¥131,950
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   Home  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2017 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-5979-8889
Tech Support: +81-3-5979-8889


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image

Last Edited: Jul 17, 2013 Author: Sean Harrell