アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

DIY Cerna®システム用落射照明モジュール


  • Modular, User-Configurable Epi-Illuminator Modules
  • Breadboard Tops for Custom Illumination
  • Exchange Fluorescence Filter Sets
    Using a Turret or Cube

WFA2001

Single-Cube Epi-Illuminator Module

OPX2400

Breadboard Top with Two-Position Slider

CSE2100

Epi-Illuminator Module with Removable Filter Turret

Application Idea

Cerna® Microscope with
CSE2100 Epi-Illuminator Turret

CSE2000W

Extra Removable Filter Turret

MDFM-MF2

Filter Cube for Single-Cube Epi-Illuminator Modules

Related Items


Please Wait
Custom Epi-Illumination Building
Click to Enlarge

これらの部品でモジュール性の高い自作の顕微鏡が構築可能です。
Custom Epi-Illumination Building
Click to Enlarge

落射照明モジュールの代わり、もしくは補完するものとして当社のブレッドボードトップがご使用いただけます。
Custom Epi-Illumination Building
Click to Enlarge

このアリ溝により落射照明モジュールは顕微鏡の光路にアライメントされます。
Custom Epi-Illumination Building
Click to Enlarge

顕微鏡ボディの落射照明用アームにはボディから196.5 mmの位置にD1Nメス型アリ溝が付いています。
Unleashed

Share Your Work With Us!

当社では、Carnaコンポーネントで自作の顕微鏡を構築されたお客様からのお写真のご提供をお待ちしています。さまざまな構築例を教えていただくことで、今後の製品の開発や改良の参考とさせていただきたいと考えています。
●お写真のご送付・お問合せはこちらまで。

特長

  • 光学ポートはDIY Cerna®システムボディから196.5 mmの位置に配置
  • 光路設定済みの落射照明モジュール
    • フィルターキューブ用スロット1つまたは6つ、もしくは脱着式のフィルターセット(6枚)用ターレット
    • コリメート光源または非コリメート光源に対応
    • CSE2100およびCSE2200を使用すると側面にポートが追加
  • DIY落射照明モジュール
    • フィルターキューブ用スロット1つ、もしくはもしくは脱着式のフィルターセット(6枚)用ターレット
    • SM1SM230 mm ケージまたは60 mmケージに対応(下記セレクションガイド表参照)
  • ブレッドボードトップ
    • M6 x 1.0タップ穴
    • OPX2400には光路の結合または光路間の切り換え用2ポジションスライダ付き
  • 落射照明モジュールWFA200xおよびCSE1000用蛍光フィルターキューブ
  • 落射照明モジュールCSE2xxx用の追加の脱着式フィルターターレット
  • 液体ライトガイド(LLG)取付け用のコリメートアダプタ
  • 当社のレンズチューブおよびケージコンストラクションシステム用アリ溝式アダプタ

当社ではDIY Cernaシステム内で落射照明用光学系を構築するための、落射照明モジュールならびにアクセサリをご用意しております。これらの光学部品は対物レンズを通る光を適切にガイドし、視野全体を照射する強い照明光を生成します。

こちらの光路設定済みの落射照明は、試料面において視野全体を均等に照射するように入射光を調整します。WFA2001およびCSE1000は、当社のマウント付きLEDSolis™顕微鏡用高出力LED照明X-Cite®ランプなどの照明用光源にすぐに接続できる状態で出荷されます。CSE2100およびCSE2200は Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)レンズチューブØ50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ)レンズチューブ30 mmおよび60 mmケージシステムと結合したコリメート光源に対応しています。また、DIY落射照明モジュール、ブレッドボードトップ、2位置スライダ付きブレッドボードトップを使用して照明セットアップを自作することも可能です。詳細は下のセレクションガイドをご参照ください。

当社ではWFA2001、WFA2002、CSE1000の落射照明モジュール用に顕微鏡フィルターキューブを幅広くご用意しています。また、CSE2000、CSE2100、CSE2200の落射照明モジュールにはフィルターターレットCSE2000Wが付属しています。こちらは、フィルターキューブを別途必要とせず、最高6つのフィルターセットを直接取り付けることができます。

フィルターキューブおよびフィルターターレットにはØ25 mmの励起用ならびに吸収用フィルタや、25 mm x 36 mmのダイクロイックミラーを取り付けることができ、これによりすべての主要なメーカのフィルタに対応可能です。当社では落射照明を用いた白色光イメージング用の25 mm x 36 mmプレート型ビームスプリッタや、25 mm x 36 mm保護膜付き銀コーティングミラーも製造しております。

セレクションガイド

Item #WFA2001aWFA2002CSE2100aCSE2200aCSE2000CSE1000CSA3000(/M)CSA3010(/M)OPX2400(/M)
Epi-Illuminator
Module Type
Ready to UseDIYReady to UseDIYReady to UseBreadboard TopBreadboard Top with Two-Position Slider
Fluorescence
Filter Set
Mounting
One Filter Cube (Not Included)Turret for Six Filter Sets (Included)Up to Six Filter Cubes
(Not Included)
N/AN/AN/A
Compatible
Illumination
Source
UncollimatedUser-Constructed
Optical Pathb
Primary Path: Collimated
Additional Path: User-Constructed, Uncollimated
User-Constructed
Optical Pathb
CollimatedUser-Constructed Optical Pathb
Illumination Source
Mounting
SM1 Threads
Ø3 mm LLG
SM1 Threads
30 mm Cage System
D3T Dovetail
60 mm Cage System
60 mm Cage SystemFemale Nikon
Bayonet Mount
1/4"-20 (M6 x 1.0) Taps1/4"-20 (M6 x 1.0) Taps
30 mm Cage System
60 mm Cage System
1/4"-20 (M6 x 1.0) Taps
SM2 Threads
60 mm Cage System
Additional Optical Port:
SM1 Threads
30 mm Cage System
  • 光学図面」タブにはこれらの落射照明モジュールの光線の概略図が掲載されています。
  • これらのモジュールでは、照明光源接続用の光路はあらかじめ設定されておりません。自作の光路を設計されるお客様向けの製品となっております。
Epi-Illuminator Schematic
Click to Enlarge

落射照明モジュールWFA2001(光路設置済み)
WFA2001には視野絞り、開口絞り、そして視野に渡り均一な照明を生成する光学素子が含まれます。蛍光フィルターセットビームスプリッタ(直交する偏光子付き)、ミラーまたは偏光バンドパスフィルタを保持するフィルターキューブ用のスロットが1つ付いています。非コリメート照明光源に合わせた設計です。

CSE1000も同様の光学配置図ですが、ターレットで保持される6つのフィルターキューブ用スロットが付いており、またコリメート照明光源用の設計となっております。
Epi-Illuminator Schematic
Click for Details

落射照明モジュールCSE2100およびCSE2200 (光路設置済み)
こちらのモジュールには、視野絞りと視野に渡り均一な照明を生成する光学素子のほかに、追加光路用のサイドポートが付いています。主光路はコリメート照明光源用、副光路はモジュール本体から一定の距離で集光される光源用に設計されています(上の拡大図内のD1参照)。モジュール底部と対物レンズの後方焦点面の間の作動距離(拡大図内のD2参照)はCSE2100では50 mm、CSE2200では150 mmです。CSE2100ならびにCSE2000には、取り外し可能なフィルターターレットが付いており、最大で6個の蛍光フィルターセットビームスプリッタ(直交する偏光子付き)、ミラーまたは偏光バンドパスフィルタを取付け可能です。

WFA2001とは異なり、CSE2100およびCSE2000で使用しているレンズは現在当社では販売しておりません。

Cerna®顕微鏡は、落射蛍光、明視野照明、微分干渉法(DIC)、Dodtコントラスト法などの複数のイメージング手法をサポートしています。これらの照明法にはそれぞれ異なるアクセサリが必要となりますが、それぞれが下に示すような利点を顕微鏡ユーザにもたらします。

Onion Mitosis
Click to Enlarge

複数の蛍光色素で標識されたマウスの腎臓の落射蛍光イメージ

落射蛍光
落射蛍光は蛍光標識と内在蛍光を使用して試料の機能を特定します。落射蛍光イメージを得るには、励起フィルタを通過した光が対物レンズに入射し、試料に吸収されるようにします。この励起の結果、試料内の蛍光色素が、励起光より長い波長(つまり低いエネルギ)で光を放射します。放出された光の一部が対物レンズに集光されたのちカメラに光が導かれ、観察が可能になります。このイメージング手法についての詳細はこちらをご覧ください。

DIY Cernaシステムを用いた落射蛍光の測定向けには、ワイドフィールド観察および落射照明モジュール用のアクセサリや、一般的な蛍光体用の蛍光フィルターセットを取り揃えております。

 

Onion Mitosis
Click for Details

タマネギの有糸分裂の明視野イメージ

明視野照明
明視野照明は最も単純な透過照明法です。この手法においては、光源からの光はコンデンサで集光され、試料を透過します。その際に生じる光の強度差により像が観察されます。明視野照明に必要なのは光源(つまり照明キット)とDIY Cernaシステムに取り付けるコンデンサのみです。

 

Buttercup Root
Click to Enlarge

キンポウゲの根のDICイメージング

DICイメージ
微分干渉法(DIC)においては、試料を通過した光は何枚もの偏光素子により処理されます。光源からの光は偏光された後、試料に到達する前に直交する2つの偏光ビームに分光されます。これら2つの光の間に存在する光路長のわずかな違いにより、両者が再結合した際に干渉が起こり、明視野照明では透明な試料のコントラストが増強されます。DICイメージでは、光源とコンデンサに加えて以下の光学素子が必要です:DIC偏光子、コンデンサープリズム、対物プリズム、アナライザ。

 

Mouse Retina
Click to Enlarge

マウスの網膜のDodtコントラストイメージ

Dodtコントラスト
Dodt勾配コントラスト(またはシンプルにDodtコントラスト)は、斜光照明の発展版と捉えることができます。どちらの方法も照明勾配を得るためにマスクを使用しますが、Dodtコントラストではマスキングは光路のより手前側で行っています。この構成によりDICとよく似た画像コントラストを生み出すことができます。

Dodt勾配照明は特殊な形の1/4円環を使用して生成し、視野全域に渡って試料の厚みの変化を測定します。Dodtコントラストは明視野照明に比べて試料の解像度が高く、DICに比べてより厚みのある試料の観察に有利です。当社では、任意の勾配を発生させることができる組み立て済み、アライメント済みのDodtコントラスト用照明モジュールをご用意しております。このモジュールの駆動には照明光源とコンデンサが必要です。

 

Mouse Retina
Click to Enlarge

Laser Scanned Image of a Flower Bud

Laser Scanning
Like epi-fluorescence, laser scanning makes use of fluorescent labels and intrinsic fluorescence in a specimen to identify sample features. Unlike epi-fluorescence, laser scanning is able to resolve thin individual planes relatively deep into a thick sample, enabling 3D volumetric images and opening the door to in vivo studies.

Laser scanning techniques (e.g., multiphoton and confocal microscopy) rely upon the coherence of laser beams to provide significantly improved axial resolution. In confocal microscopy, a pinhole eliminates the out-of-focus light that would reduce the axial resolution (as it does in epi-fluorescence), while in multiphoton microscopy, the necessity of two- or three-photon absorption by the fluorophore, a low-probability event, effectively creates optical sections.

Additional details are available at our laser scanning microscopy tutorial.

Thorlabs Dovetail Referencea
TypeShapeOuter DimensionAngle
95 mmLinear95 mm45°
D1NCircularØ2.018"60°
D2NbCircularØ1.50"90°
D2NBbCircularØ1.50"90°
D3NCircularØ45 mm70°
D5NCircularØ1.58"90°
D6NCircularØ1.90"90°
D7NCircularØ2.05"90°
D3TCircularØ1.65"90°
D1YCircularØ107 mm60°
D2YCircularØ2.32"50°
D3YCircularØ1.75"90°
D4YCircularØ56 mm60°
D5YCircularØ46 mm60°
D6YCircularØ41.9 mm45°
D1ZCircularØ54 mm60°
D2ZCircularØ57 mm60°
D3ZCircularØ54 mm45°
  • これらのアリ溝の種類に対する呼称(Dxxなど)は当社の製品にのみ使用されているものです。当社以外の顕微鏡メーカでは使用されておりませんのでご注意ください。
  • D2NとD2NBの外径と角度は、下の図に定めるとおり同じです。D2Nには高さの定義はありません。D2NBにはアリ溝の高さの定義があり、10.2 mmとなっています。
Mating Circular Dovetails
Click to Enlarge

上側は三眼鏡筒のD1Nオス型アリ溝、下側は落射照明用アームのD1Nメス型アリ溝です。
Mating Linear Dovetails
Click to Enlarge

この写真では顕微鏡ボディの95 mmのオス型アリ溝と固定式アームCSA1002の95 mmメス型アリ溝を示しています。

顕微鏡のアリ溝

アリ溝は、顕微鏡コンポーネントの結合や、光学ポートのアライメント用に使用されています。結合するには、コンポーネントのアリ溝をもう1方のアリ溝に差し込み、メス型アリ溝のロック用止めネジを1つ以上締め付けます。アリ溝には、直線形状と円形状の2種類があります。直線形状のアリ溝は、取り付ける部品を固定する前にスライドさせることが可能です。不要な自由度を制限しながら柔軟に位置決めができます。円形状のアリ溝は、異なるコンポーネントの光学ポートの位置を合わせ、光軸確保に必要なお客様の作業を最小化します。

当社では、自社の部品や他社の部品と、アリ溝を用いて結合できるコンポーネントを多く製造しています。対応するアリ溝を簡単に確認いただけるように、当社の部品に付いているアリ溝の種類に呼称(Dxxなど)を付けさせていただいています。この呼称は当社独自のもので、他の顕微鏡メーカに共通する呼称ではありませんのご注意ください。当社のアリ溝の種類一覧と、その主な寸法は右表をご参照ください。

当社のCerna® 顕微鏡では、対応するコンポーネントのみが結合できるよう、顕微鏡のそれぞれの部分で異なる種類のアリ溝が使用されています。例えば落射照明モジュール WFA2002 のアリ溝はD1Nオス型で、顕微鏡ボディの落射照明用アームのD1Nメス型アリ溝と結合します。XY顕微鏡ステージCSS2001のアリ溝はD1Yメス型で、取付けアームCSA1051のD1Yオス型アリ溝と結合します。

それぞれのコンポーネントのアリ溝の種類については下記の赤いアイコン(Docs Icon)をクリックし、図をご覧ください。メス型アリ溝付きのアダプタの図では、ロック用止めネジに必要な六角レンチのサイズも記載されています。なお、機械的に結合しても必ずしも光学的に適合しているとは限りません。光学的適合性については当社のウェブサイトでご確認ください。

ご自身でアリ溝を機械加工したい場合には、右表にある各アリ溝の外径や角度(下の図で定義)をご参照ください。ただし、アリ溝の高さはご自身でお決めください。また、円形状のアリ溝では、内径および内孔径もご自身でお決めいただく必要があります。これらの値は同じ種類のアリ溝でも異なります。互いに適合するように設計された部品を使用すれば、確実に結合させることができます。

摩耗を低減し、かつ接続を容易にするために、多くのアリ溝では面取りや、窪み(リセス)などの機械加工が施されています。下の図はそのいくつかの例です。

Male Microscope Dovetails
Click to Enlarge

円形状のオス型アリ溝の加工方法の2例です。
Female Microscope Dovetails
Click to Enlarge

円形状のメス型アリ溝の加工方法の2例です。

DIY Cerna®コンポーネントの標準インターフェイス

下の表では、各DIY Cernaコンポーネントのアリ溝、光学部品のネジ規格、ケージシステム用インターフェイスをご覧いただけます。下表の項目にある標準的なインターフェイスを持たないDIY Cernaコンポーネントについては、表に掲載されていません。なお、機械的に結合しても必ずしも光学的に適合しているとは限りません。光学的適合性については当社のウェブサイトでご確認ください。

Item #Microscope DovetailsOptical Component ThreadsaCage Systemsb
95 mmD1ND2ND2NBD3ND3TD5ND1YC-Mountc
(1.00"-32)
SM1d
(1.035"-40)
SM30
(M30.5x0.5)
SM2e
(2.035"-40)
30 mmd60 mme
2SCM1-DCInternal & ExternalInternalYesYes
BSA2000fFemale
CEA1350MaleFemaleYes
CEA1400MaleFemaleYes
CEA1500MaleFemaleYes
CEA1600MaleFemaleYes
CFB1500Male
CSA1000Female
CSA1001FemaleInternalYes
CSA1002FemaleInternalYes
CSA1003FemaleYes
CSA1051FemaleMale
CSA1100f,gYes
CSA1500f,h
CSA2000fFemaleInternalYes
CSA2001FemaleExternal
CSA2100fInternalYes
CSA3000(/M)Male
CSA3010(/M)MaleYesYes
CSC1001Male
CSC1002Male
CSC1003Male
CSC2001Male
CSD1001Male & FemaleFemale
CSD1002Male & FemaleExternal
CSE1000iMale & Female
CSE2000Male & FemaleYes
CSE2100Male & FemaleFemaleInternalYesYes
CSE2200Male & FemaleFemaleInternalYesYes
CSN1301gYes
CSS2001Female
LCPN1MaleInternalYesYes
LCPN2MaleInternalYesYes
Item #95 mmD1ND2ND2NBD3ND3TD5ND1YC-MountSM1SM30SM230 mm60 mm
OPX2400(/M)Male & FemaleInternalYes
SM1A58MaleMaleInternalExternalYes
SM2A56MaleExternal
WFA0150Female
WFA1000Yes
WFA1010InternalYes
WFA1020InternalYes
WFA1051InternalYes
WFA1100Yes
WFA2001Male & FemaleInternal & External
WFA2002Male & FemaleInternalYes
WFA4000MaleFemale
WFA4001MaleFemale
WFA4002MaleFemale
WFA4003MaleFemale
WFA4100MaleExternalInternal
WFA4101MaleExternalInternal
WFA4102MaleExternalInternal
WFA4105MaleExternal
WFA4106MaleExternal
WFA4107MaleExternal
WFA4108MaleExternal
WFA4109MaleExternal
WFA4110MaleExternal
WFA4111MaleExternal
WFA4112MaleExternal
XT95P11(/M)Female
XT95P12(/M)Female
ZFM1020Female
ZFM1030Female
ZFM2020Female
ZFM2030Female
  • 当社の光学部品用ネジ変換アダプタを使用して、Cマウントネジ、SM1ネジ、SM2ネジを、 他のネジ規格に対応させることができます。
  • 当社のケージシステム用アダプタおよびドロップイン式アダプタを使用して、16 mm、30 mm、60 mmケージシステムを異なるサイズのケージシステムに対応させることができます。
  • CマウントならびにCSマウントのネジ切り加工はいずれも1.00"-32ですが、Cマウントはフランジ- センサ間が5 mm長くなっております。
  • 当社の30 mmケージプレートを使用して、SM1レンズチューブを30 mmケージシステムに対応させることができます。
  • 当社の60 mmケージプレートを使用して、SM2レンズチューブを60 mmケージシステムに対応させることができます。
  • 照準モジュールZFMシリーズに取り付けるとメス型95 mmアリ溝を追加できます。
  • この2対物切換えレボルバは対物レンズのM32 x 0.75ネジを直接取り付けることが可能で、M25 x 0.75およびRMSネジ用の環状のネジアダプタが付属しています。
  • このブランクアームにはネジ穴は付いていないため、業界標準以外のコンポーネント、ネジ、内孔に合わせてご自身で機械加工が可能です。
  • この落射照明モジュールにはメス型のNikon製バヨネットマウントが付いています。このマウントは、ランプハウスポートアダプタを使用してSM1レンズチューブ、SM2レンズチューブ、30 mmケージシステムに接続することが可能です。

DIY Cerna®システムの構築

Cerna顕微鏡プラットフォームの広い作業スペースならびにアリ溝式システム(「顕微鏡のアリ溝」タブ参照)により、顕微鏡部品の接続や位置決めを容易に行えます。アリ溝によってシステムの柔軟性が高まり、セットアップ作業や後のアップグレードおよび改造も簡単に行えるようになっています。


Cerna顕微鏡Kit3の組み上げ
Cerna顕微鏡構成には、試料観察落射照明装置のアライメント用にD1NおよびD2Nアリ溝が付いています。95 mmのアリ溝は、対物レンズならびにコンデンサ取付け部品透過照明モジュールを接続する際に使用します。幅95 mmのアリ溝式レール面により、固定前の部品を垂直レール上でスライドさせることができます。

DIY Cerna装置の組み上げ
動画内のDIY Cerna装置は、ブレッドボードトップCSA3000(/M)、アリ溝対応アダプタCSA2001、固定式アームCSA1001およびCSA1002、その他の顕微鏡ボディ用アタッチメントおよび拡張部品を使用しています。これらの部品は当社のレンズチューブならびにケージシステムに取り付けられるため、DIY Cerna装置に独立した2つの透過照明モジュール、自作の落射照明光路、カスタム仕様の試料観察用光路などを取り付けることができます。

アクセサリの選定と取付け

組み立て済みのCernaモジュールは数多くの業界標準のインターフェイスに統合でき、当社およびサードパーティ製のサイエンティフィックカメラ照明光源などを取り付けられます。


サンプル装置のウォークスルー
動画内の装置はin vitro実験に用いる薄いサンプルの照射・観察用で、フィルターキューブターレット付きの落射照明モジュールCSE1000、ランプXCITE120LED、ダブルカメラポートCSD1002、ならびにノマルスキDIC用アクセサリを取り付けています。

カメラ、フィルターキューブならびに照明光源の取付け
当社の全てのカメラチューブは業界標準のカメラに対応できるよう、Cマウントネジが付いています。モジュールCSE1000は落射照明用途向けに、Nikon製品対応フィルターキューブ、そしてランプXCITE200DCのようなオス型のNikonバヨネットマウント付き照明光源を取付け可能です。

このCerna®マインドマップはDIY Cernaコンポーネントおよび関連アクセサリを包括したビジュアルツールです。当社Webサイトでご提供する情報の補足資料として作成いたしました。A3用紙1枚で印刷できるようレイアウトしてあります。

こちらまたは下記のイメージをクリックすると、印刷用PDFがダウンロードできます。こちらのページに掲載されている製品は、マインドマップのStep2、4、5にございます。

Cerna Mind Map


Posted Comments:
t.isaac  (posted 2018-02-20 15:54:41.667)
Are there any plans to make a dovetail adapter with a D3T female port and an external thread such as SM2? I would find this very useful for interchanging parts from the Cerna microscope inputs to other setups.
llamb  (posted 2018-03-31 02:18:56.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. While we currently have the SM2A56 adapter with a male D3T dovetail and external SM2 threads, we do not plan to release an adapter with a female D3T port and external SM2 threads soon. I will add this to our internal product forum.
parksj003  (posted 2017-03-31 09:35:00.697)
The The filter qube is working with a Nikon Eclipse Ti. Thanks Seongjun Park
tfrisch  (posted 2017-04-18 04:43:12.0)
Hello, thank you for this additional information.
parksj003  (posted 2017-03-31 09:27:15.397)
Hello, I am looking for a module for 9103 (filter qube mady by Chroma)to work with Thorlabs' cage components. (something like WFA2002). Would you let me know if there is any? Best, Seongjun Park
tfrisch  (posted 2017-04-18 04:24:20.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. I will reach out to you directly about your application. I will need more details on 9103.

顕微鏡の各部品をクリックするとそれぞれの機能がご覧いただけます。

Explore the Cerna MicroscopeSample Viewing/RecordingSample MountingIllumination SourcesIllumination SourcesObjectives and MountingEpi-IlluminationEpi-IlluminationTrans-IlluminationMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope Body

顕微鏡の原理

ここではCerna®顕微鏡の一般的な機能について説明しています。右にある顕微鏡の図の各部品をクリックいただくか、下記のリンクをクリックいただくとCerna顕微鏡を組み上げて試料を可視化する方法についてご覧いただけます。

 

用語

アーム:部品を顕微鏡の光路に合わせて保持。

バヨネットマウント:内ネジのL字型スロットとそれに嵌合する外ネジのタブを用いた機械的なマウント方式。

ベローズ(蛇腹):アコーディオン状のゴム製側面を持つチューブ。顕微鏡ボディと対物レンズとの間の光路を遮光しながら伸縮させることが可能です。

ブレッドボード:光学系の自作用に、タップ穴が等間隔に配列された平坦なボード。

アリ溝式:多数の顕微鏡部品に採用されている機械的な取付け方式。直線形状のアリ溝は、取り付ける部品を固定する前に一定の方向に沿って柔軟に位置決めができます。これに対し、円型アリ溝は部品を1箇所に固定します。詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。落射蛍光、反射型および共焦点顕微鏡は、落射照明で使用するイメージング手法の例です。

フィルターキューブ:フィルタやその他の光学素子を正確な位置で保持する顕微鏡用のキューブ。例えば、フィルターキューブは蛍光顕微鏡法および反射型顕微鏡法に不可欠です。

ケーラー照明:様々な光学素子を使用して試料面の視野内をデフォーカスしたり視野内における光の強度を平坦にしたりする手法。この手法にはコンデンサおよび光コリメータが必要です。

対物レンズ用レボルバ(ホルダ):顕微鏡の対物レンズを光路上に固定する際に使用するアーム。

光路:光が顕微鏡を透過する際にとる経路。

レール高:顕微鏡ボディのサポートレールの高さ。

懐深さ(作業空間の奥行き):光軸から顕微鏡ボディのサポートレールまでの間の距離。懐深さのサイズは、作業高さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します。

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明 明視野微分干渉法(DIC)Dodt勾配コントラスト、および暗視野顕微鏡法は、透過照明を利用したイメージング手法の例です。

作業高さ:顕微鏡ボディのサポートレール高にベース高を加えた高さ。作業高さのサイズは、懐深さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡のボディ
Body Height Comparison
Click to Enlarge

顕微鏡ボディの詳細

顕微鏡ボディ

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。 サポートレールに使用している95 mmレールは、厳しい角度公差が得られるよう加工されているため、光路のアライメントや光学テーブルへの垂直な設置が確実に行えます。サポートレールの高さは350~600 mmから選択できますが、この高さによって実験用・顕微鏡用部品を使用できる縦方向の空間の大きさが決まります。 光路からサポートレールまでの懐深さは196.5 mmあるため、広い実験用スペースが得られます。顕微鏡ボディに部品を取り付ける際はサポートレール上の直線的なアリ溝を使用しますが、部品によっては落射照明アーム上の円型アリ溝が使われます。 詳細については、「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡には、上から(黄色)または下から(オレンジ)照射するタイプの照明が使用可能です。どちらのタイプにも照明光源(緑)が付いています。

照明

Cerna顕微鏡では、試料を上から(落射照明、右図で黄色に色付けされた部品参照)または下から(透過照明、オレンジ色に色付けされた部品参照)の2方向から照射することができます。

落射照明は、観察装置と同じ側から試料を照らす照明です。したがって、照明光源(緑色に色付けされた部品参照)からの光と試料面からの光は部分的に光路を共有します。これは蛍光、共焦点および反射型顕微鏡に使用されます。落射照明モジュールは光を光路に沿って導き調節します。円型のD1Nアリ溝を使用して顕微鏡ボディの落射照明アームに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。複数の落射照明モジュールや、カスタマイズ用のタップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードトップを取り付けることができます。

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。 透過照明モジュールは光を調節し(一部のモデル)、光路に沿って光を導きます。直線的なアリ溝を使用して顕微鏡ボディのサポートレールに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。イメージング手法によっては、ビーム特性を変更するために追加の光学素子が必要となりますが、このような光学素子は、レンズチューブケージシステムを使用して光路に簡単に組み込むことができます。また、当社では、入射したコリメート光から最適なケーラー照明を生むために使用するコンデンサもご用意しています。コンデンサは取付けアームに装着し、サポートレールから一定の距離の光路上に固定します。このアームは、コンデンサを試料と透過照明モジュールにアライメントするための集光モジュールに取り付けます。

 

microscope bodyClick to Enlarge
試料面からの光は対物レンズ(右図で青色に色付けされた部品)によって集められ、三眼鏡筒または光学ポート(ピンク色に色付けされた部品)を使用して観察されます。

試料の観察/記録

照明ができたら、顕微鏡を使用して試料を観察します。顕微鏡には試料面に光を集光し(右図で青色に色付けされた部品参照)、生成した画像を可視化する(ピンク色に色付けされた部品参照)機能が必要です。

顕微鏡の対物レンズは、光を集め、試料面からの光を拡大してイメージングを行います。Cerna顕微鏡の対物レンズは対物レンズ用レボルバ(ホルダ)にネジ止めされ、顕微鏡ボディのサポートレールから一定の距離の光路上に固定します。対物レンズ用レボルバ(ホルダ)は電動式集光モジュールに固定し、対物レンズの焦点を合わせたり、試料を取り扱う際に対物レンズの位置をずらしたりすることができます。対物レンズとの間を遮光できるように、顕微鏡にはベローズが付いています(図には記載なし)。

試料観察およびデータ取得用に様々なモジュールをご用意しています。三眼鏡筒には視点が3箇所あり、カメラを使用した場合と同様に試料を直接観察できます。ダブルカメラポートが2つの観察チャンネル内で光路を変更または分岐します。カメラチューブの選択により像の倍率を低く、もしくは高くさせることができます。データ取得用に、当社ではカメラおよび光電子増倍管チューブ(PMT)をご用意しています。PMTは共焦点顕微鏡の蛍光信号を検出する際に必要です。ブレッドボードトップを使えばカスタム設計の撮像セットアップを構築できます。モジュールは円型アリ溝を使用して顕微鏡ボディに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。

 

microscope bodyClick to Enlarge
右図の高剛性スタンド(紫色)はご提供可能な試料取付けオプションの1例です。

試料/実験機器の取付け

様々な試料や機器の取付けオプションによって、顕微鏡システムの広い作業スペースを有効利用することができます。大きな試料および補助装置は取付けプラットフォームを使用して設置することができます。このプラットフォームは顕微鏡ボディの辺縁に置くことができ、タップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードに対応しています。小さな試料は高剛性スタンド(右図の紫色に色付けされた部品)に取り付けることができます。高剛性スタンドには多様な試料調製法やデータ取得手法に対応したホルダが付属しており、たとえばスライドやウェルプレート、ペトリ皿などに対応できます。一般的な試料マウント方法の場合は、手動XYステージを使用して試料スライドを顕微鏡ボディに直接取り付けることもできます。高剛性スタンドは電動ステージ(別売り)を用いて駆動できます。また可動型取付けプラットフォームには電動または手動移動用の機構が内蔵されています。顕微鏡で複数の実験を同時に行いたい場合は、高剛性スタンドを取付けプラットフォームの上部に取り付けて、複数の装置を個別にかつ同期させて動作させることができます。

Close

 

試料観察用に三眼鏡筒、ダブルカメラポートならびにカメラチューブをご用意しています。試料面からの光はカメラ、光電子増倍管(PMT)またはブレッドボードトップを用いたカスタム仕様のセットアップによって集光されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください。

Close

 

顕微鏡用対物レンズは、対物レンズ用レボルバ(ホルダ)によって顕微鏡の光路内に固定されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください。

Close

 

大型または小型の実験用取付けオプションを使用して、顕微鏡の広い作業スペースを有効利用することができます。Cerna顕微鏡を用いた試料取付けについての詳細はこちらをクリックしてください。

Close

 

落射照明用の様々な光源をご用意しています。Cerna顕微鏡プラットフォーム内での機能をご確認いただくには、各製品の説明ページをご覧ください。

Close

 

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。蛍光、共焦点および反射型顕微鏡などのイメージング手法で使用されます。落射照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細についてはこちらをクリックしてください。

Close

 

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。透過照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細についてはこちらをクリックしてください。

製品ラインおよび概要
Brightfield Web PresentationDIC Web PresentationDodt Web PresentationCondensers Web PresentationCondenser Mounting Web PresentationIllumination Kits Web PresentationOther Light Sources
BrightfieldDICDodtCondensersCondenser MountingIllumination KitsOther Light Sources

Close

 

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。ボディから対物レンズまでの距離は196.5 mmで、広い実験用スペースが確保できます。Cerna顕微鏡についての詳細はこちらをクリックしてください。

製品ラインおよび概要
Microscope Body Web PresentationMicroscope Body Translator
Microscope BodiesMicroscope Translator

落射照明モジュール、フィルターキューブ1個用

単一キューブの落射照明モジュールにフィルターセットと
フィルターキューブを取り付ける方法
  • WFA2001:コアØ3 mmの液体ライトガイドまたはSM1ネジ付きの非コリメート光源と接続された光路が設置済み
  • WFA2002:SM1ならびに30 mmケージ部品を使用し、自作の光路が構築可能
  • Olympus製フィルターキューブを保持する磁石付きのドアカバー
  • 上部にD1Nメス型、底部にD1Nオス型のアリ溝付き
  • フィルターキューブは落射照明モジュールとは別売りでご用意

落射照明モジュールは、Cernaシステムの落射照明路内に1個のフィルターキューブを保持します。上部にはD1Nメス型アリ溝、底部にはD1Nオス型アリ溝が付いていてCerna顕微鏡ボディの落射照明用アームのほか、同じ落射照明モジュールを積み重ねて取り付けできます。アリ溝についての詳細は「顕微鏡のアリ溝」タブをご覧ください。

落射照明モジュールWFA2001の入射ポートはSM1内ネジ付きです。このポート用に2つのアダプタが付属しています。1つはランプHPLS343XCITE200DCなどのコアØ3 mm液体ライトガイドに対応するアダプタ、もう1つは マウント付きLEDなど出力部がSM1内ネジ付きの非コリメート光源に対応するアダプタSM1T10です。コアØ3 mm液体ライトガイド用アダプタAD5LLGは別売りでご用意しております。モジュールに設置済みの光路には350~700 nm用ARコーティング付きのコリメート素子、そしてØ0.8 mm~Ø12.0 mmに調整可能な視野絞りと開口絞り(型番SM1D12D)が含まれます。落射照明モジュールの概略図は「光学図面」タブでご覧いただけます。

対して落射蛍光モジュールWFA2002は、WFA2001のような光路は予め構築されていません。下の写真のように光路が構築される前のモジュールの背面にはSM1内ネジと30 mmケージシステム対応のケージロッド用タップ穴が4つ付いています。これにより当社が豊富に取り揃えているSM1ならびに30 mmケージシステム部品を使用してカスタム仕様の落射照明路を構築することができます。

モジュールには上の動画でご覧いただけるようにフィルターキューブMDFM-MF2(別売り)を固定する磁石付きカバーが付いています。交換を素早く実施するためにフィルターキューブに予め取り付けておく予備のカバーもWFA2001Cとして販売しております。

なお、こちらの落射照明装置にはDICアナライザWFA3110を取り付けるスロットが付いていないため、カスタム仕様の取り付けが必要です。DICアナライザは下記の落射照明モジュールCSE1000、CSE2100ならびにCSE2000には直接取り付けが可能です。

落射照明モジュールWFA2002の背面にはSM1内ネジと30 mm ケージシステム対応のケージロッド用のタップ穴が4つあり、自作の落射照明構築に使用できます。


Click to Enlarge

落射照明モジュールWFA2001は、視野絞りや開口絞りなど光路がすでに設置済みで、マウント付きLED、ランプHPLS343などのSM1ネジ付きの非コリメート光源や、Ø3 mm液体ライトガイドを組み込み可能です。
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
WFA2001 Support Documentation
WFA2001落射照明モジュール用筐体、1キューブ用、ビーム調整素子付き、D1Nオス&メス型アリ溝付き
¥225,287
3-5 Days
WFA2002 Support Documentation
WFA2002落射照明モジュール、1キューブ用、D1Nオス&メス型アリ溝付き
¥51,350
3-5 Days
WFA2001C Support Documentation
WFA2001C追加用フィルターキューブカバー、WFA2001&WFA2002用
¥23,072
3-5 Days

落射照明モジュール、フィルターセット用ターレット(取外し可能)付き

ターレット位置センサ用ソフトウェア

Version 3.2 (2017年12月27日)

ソフトウェアパッケージにはグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)、ドライバ、SDK、サポート文書のインストールファイルが含まれます。ソフトウェアはWindows®7(64ビット)に対応しています。

Software Download

Click to Enlarge

落射照明モジュールCSE2000には60 mmケージシステム取付け用#4-40タップ穴が付いています。
  • 取外し可能なターレットは最大6つのフィルターセットを保持
  • 上部にD1Nメス型、底部にD1Nオス型のアリ溝付き
  • DICアナライザWFA3110を直接取付け可能
  • 付属のソフトウェアパッケージでフィルターターレットの位置をPC上でモニタ
  • 光路設置済みの落射照明モジュール(ビーム調整素子内蔵)
  • DIY落射照明モジュールCSE2000(ビーム調整素子無し)
  • CSE2100およびCSE2200には副光路用サイドポート

こちらの落射照明モジュールは、DIY顕微鏡システムの落射照明光路内に回転式で取外し可能なターレットを保持する設計です。落射照明モジュールにはそれぞれターレットが1個付属します。このターレットは別途追加でもお買い求めいただけます(型番CSE2000W)。ターレットには、フィルターキューブを使用することなく、蛍光フィルターセット、ビームスプリッタミラー偏光バンドパスフィルタを直接取り付けることができます。すべてのモデルで、付属のソフトウェアを使用してPC上でターレットの位置をモニタすることができます(PCは付属しておりません)。右上のSoftwareボタンからGUIインストールファイルをダウンロードいただけます。また、つまみで開閉可能なシャッタが、励起フィルタに向かう光路を遮断します。

落射照明モジュールCSE2000、CSE2100、CSE2200には、上記のWFA2001やWFA2002とは異なり、DICアナライザWFA3110を直接取り付けるスロットが付いています。

顕微鏡への取付け
こちらのモジュールは、上部にはD1Nメス型アリ溝、底部にはD1Nオス型アリ溝が付いているので、Cerna顕微鏡ボディの落射照明アーム、当社の共焦点顕微鏡、下記のブレッドボードトップ、そしてその他の落射照明モジュール、ワイドフィールド観察用アクセサリを取り付けることができます。アリ溝についての詳細は「顕微鏡のアリ溝」タブをご覧ください。

光路設置済み落射照明モジュール
CSE2100およびCSE2200には試料面で均一な照明が得られるよう最適化されたビーム調整素子が付いています。CSE2100はモジュールの底部と対物レンズの後方焦点面の間で50 mmの作動距離で照明の均一性が最適化されるよう設計されています。落射照明モジュールCSE2200は、より長い150 mmの作動距離で使用する設計で、 モジュールと対物レンズの間に追加の光学素子が必要な当社の共焦点顕微鏡やCerna顕微鏡とお使いいただけます。詳細は、右下の光学図面をご参照ください。

落射照明モジュールCSE2100およびCSE2200は、365~700 nmで均一な照明設計のARコーティング付き光学素子と視野絞りにより落射照明光源用の光路がすでに設置されており、すぐにお使いいただけます。Solis高出力LEDなどのコリメート照明光源は、モジュール後部のD3Tメス型アリ溝を使用して取付け可能です(アダプタSM2A56ならびにLLGコリメート用アダプタは下記をご参照ください)。または、その部品を取り外すと現れる#4-40タップ穴を利用し、60 mmケージシステムで取り付けることも可能です。

ビームスプリッタまたはダイクロイックミラー(30 mm x 42 mm、厚さ2.0 ± 0.1 mm)をモジュールに挿入することで追加の光路も設置可能です。対応するダイクロイックミラーやビームスプリッタについては当社までお問い合わせください。このサイドポートにはSM1内ネジと30 mmケージシステム用#4-40タップ穴が付いています。

DIY落射照明モジュール
CSE2100やCSE2200とは異なり(下記参照)、落射照明モジュールCSE2000にはビーム調整素子は内蔵されていません。このスタンドアローン型のモジュールの背面には60 mmケージシステム用の#4-40タップ穴が4つ付いています。これにより当社が豊富に取り揃えている60 mmケージシステム部品を使用してカスタム仕様の落射照明路を構築することができます。 異なるアリ溝が付いたお手持ちの顕微鏡にCSE2000をお使いになりたい場合は、特注でのご対応となります。詳細は当社までお問い合わせください。

Epi-Illuminator Schematic
Click for Details

CSE2100およびCSE2200の光学図面

Click to Enlarge

CSE2100およびCSE2200では、光路が設置済みのため、光源を後部のD3Tアリ溝から取り付けるか、アリ溝付きの部品を取り外し、60 mmケージシステム用の#4-40タップ穴を利用して取り付けることができます。D3Tアリ溝はアダプタSM2A56を使用してSM2ネジに変換することができます。

Click for Details

落射照明モジュールCSE2100(写真)およびCSE2200には、主光路用に視野絞りとビーム調整素子、さらに副光路用のサイドポートも付いています。

Specifications
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
CSE2100 Support Documentation
CSE2100落射照明モジュール、ターレット(フィルターセット×6用)、ビーム調整素子、副光路用ポート付き、WD=50 mm
¥568,854
3-5 Days
CSE2200 Support Documentation
CSE2200落射照明モジュール、ターレット(フィルターセット×6用)、ビーム調整素子、副光路用ポート付き、WD=150 mm
¥568,854
3-5 Days
CSE2000 Support Documentation
CSE2000落射照明モジュール、ターレット(フィルターセット×6用)付き
¥396,872
3-5 Days

落射照明モジュール、最大6個のフィルターキューブ用


Click for Details

落射照明モジュールCSE1000には視野絞りや開口絞りが設置済みの光路があり、Nikon製バヨネットマウントに接続されたコリメート光源にすぐご使用いただけます。
  • Nikon製バヨネットマウント付きのコリメート光源に対応する光路
  • 回転式ターレットで最大6個のNikon製品対応フィルターキューブを保持
  • 上部にD1Nメス型、底部にD1Nオス型のアリ溝付き
  • DICイメージング用のアナライザWFA3110が直接取り付け可能
  • 試料への照明を制御するNDフィルタならびにシャッタ
  • フィルターキューブは落射照明モジュールとは別売りでご用意

落射照明モジュールCSE1000には、Cernaシステムの落射照明路内にフィルターキューブ6個のスロット付き回転式ターレットがあります。上部にはD1Nメス型アリ溝、底部にはD1Nオス型アリ溝が付いていて、上記のWFA2001ならびにWFA2002と同じように下記のブレッドボードを使用し、Cerna顕微鏡ボディの落射照明用アームに取り付けられる設計です。アリ溝についての詳細は「顕微鏡のアリ溝」タブをご覧ください。

右の写真でご覧いただけるように、ターレットのフィルターキューブ用のスロットは取り外し可能なドアの向こうにあります。ターレットは最大6個のフィルターキューブTLV-TE2000またはMDFM-TE2000(別売り)を取り付け可能です。フィルターキューブは窪みで位置固定されます。落射照明モジュール内に複数のフィルターキューブを取り付けられることにより、蛍光フィルターセット、反射光イメージング用ビームスプリッタ(直交する 偏光子付き)ならびにミラー間の切り替えが簡単です。

メス型のNikonバヨネットマウントはXCITE120LEDまたはXCITE200DCのランプに対応します。また当社ではオス型のNikonバヨネットマウントアダプタを製造していますので、落射照明モジュールは高出力Solis™顕微鏡用LEDや、SM1レンズチューブSM2レンズチューブまたは30 mmケージシステムと結合したコリメート光源にも適用可能です。

落射照明光源用の光路はビーム調整素子ならびに視野絞り、開口絞りにより形成されており、すぐに使用可能です。それぞれ独立して可動するスライダに取り付けた3つのNDフィルタ(ND 4、ND 8、ND 16)は、左上の写真が示す光路の位置に挿入できます。また落射照明モジュールの底部のポートを塞ぐシャッタは、ノブにより開閉します。

落射照明モジュールCSE1000には、上記のWFA2001やWFA2002とは異なり、DICアナライザWFA3110を直接取り付けるスロットが付いています。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
CSE1000 Support Documentation
CSE1000落射照明モジュール、最大6個のフィルターキューブ用、D1Nオス&メス型アリ溝付き
¥375,656
3-5 Days

顕微鏡ボディ用ブレッドボード


Click for Details

カスタム仕様の落射照明ならびにワイドフィールド観察用装置取り付けに使用されているCSA3000(/M)

Click for Details

カスタム仕様の落射照明ならびにワイドフィールド観察用装置取り付けに使用されているCSA3010(/M)
  • 底部にはCerna顕微鏡ボディに取り付けるためのD1Nオス型アリ溝
  • 2種類のサイズでご用意:350.0 mm x 275.0 mm、450.0 mm x 116.8 mm
  • M6×1.0取付け穴
Male D1N Dovetail
Click to Enlarge

ブレッドボード底部にはD1Nオス型アリ溝

こちらの黒アルマイト加工アルミニウム製ブレッドボードは、Cerna正立顕微鏡の上にカスタム設計のワイドフィールド観察用装置や落射照明路を構築する際にご使用いただけます。ブレッドボードのD1Nオス型アリ溝の中心にはØ38.1 mm(Ø1.5インチ)の孔が貫通しています。アリ溝によりブレッドボードを直接顕微鏡ボディの落射蛍光照明アームに取り付けることが可能です。またアリ溝を使用して落射照明モジュールの上にブレッドボードを重ねることもできます。アリ溝について詳細は「顕微鏡のアリ溝」タブをご覧ください。

ブレッドボードのサイズは2種類ご用意しております。大きいサイズ(型番CSA3000/M)は作業面は大きくなりますが、落射照明用アームの幅からはみ出るため、マイクロマニピュレータ使用時の対物レンズ周りのアプローチ角度を制限する場合があります。小さいサイズ(型番CSA3010/M)はアプローチ角度を制限することはありません。またØ38.1 mm(Ø1.5インチ)の貫通穴の周りに30 mmケージシステムならびに60 mmケージシステムロッド接続用のタップ穴が8つあります。

ブレッドボードを落射照明用アームの上に直接取り付けた場合、4つのM4ザグリ穴を使用しネジ止めすれば取り付けがさらに安定します。

Item #CSA3000CSA3000/MCSA3010CSA3010/M
Dimensions (L x W)14.00" x 11.00"350.0 mm x 275.0 mm18.00" x 4.60"450.0 mm x 116.8 mm
Breadboard Thickness1/2"12.7 mm1/2"12.7 mm
Hole Size and Spacing1/4"-20 Tapped Holes
on 1" Centers
M6 x 1.0 Tapped Holes
on 25 mm Centers
1/4"-20 Tapped Holes
on 1" Centers
M6 x 1.0 Tapped Holes
on 25 mm Centers
Number of Tapped Holes
1541548789
Cage System Compatibility-Four 4-40 Taps for 30 mm Cage Systems
Four 4-40 Taps for 60 mm Cage Systems
Click for Mechanical Drawing
DovetailMale D1N
MaterialMatte Black Anodized Aluminum
+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
CSA3000 Support Documentation
CSA3000ブレッドボードトップ、14.00インチ x 11.00インチ、1/4”-20タップ穴、D1Nオス型アリ溝付き(インチ規格)
¥90,350
3-5 Days
CSA3010 Support Documentation
CSA3010ブレッドボードトップ、18.00インチ x 4.60インチ、1/4”-20タップ穴、D1Nオス型アリ溝付き(インチ規格)
¥109,850
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
CSA3000/M Support Documentation
CSA3000/Mブレッドボードトップ、350.0 mm x 275.0 mm、M6 x 1.0タップ穴、D1Nオス型アリ溝付き(ミリ規格)
¥90,350
3-5 Days
CSA3010/M Support Documentation
CSA3010/Mブレッドボードトップ、450.0 mm x 116.8 mm、M6 x 1.0タップ穴、D1Nオス型アリ溝付き(ミリ規格)
¥109,850
3-5 Days

ブレッドボードトップ、2ポジションスライダ付き

Two Independent Epi-Illumination Paths
Click to Enlarge

View Imperial Product List
型番数量Description
Items on Microscope Body
CEA14001Cerna顕微鏡ボディ、落射照明用アーム付き、レール高さ400 mm
ZFM20201Motorized Module with 1" Travel for Edge-Mounted Arms
CSA12001Mounting Arm for CSN1201 and CSN1202 Nosepieces
CSN120212対物切換えレボルバ、M25 x 0.75ネジ
MCM30011Three-Channel Controller and Knob Box for 1" Cerna Travel Stages (Not Pictured)
Items on Bottom Optical Path
OPX24001スライダ付きブレッドボードトップ、1/4"-20タップ穴、D1Nオス型&メス型アリ溝付き(インチ規格)
PFR14-P021保護膜付き銀ミラー、35 mm x 52 mm
LCP01360 mmネジ付きケージプレート、厚さ0.5インチ、固定リングSM2RR 2個付属(インチ規格)
LA14012N-BK7平凸レンズ -Ø50.8mm -f =60mm (コーティングなし)
LA13011N-BK7 Plano-Convex Lens, Ø2", f = 250.0 mm, Uncoated
LCP50S160 mmケージシステム用アイリス、最大開口Ø50.0 mm
LCFW5160 mmケージフィルターホイール、Ø50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ)フィルタ5枚用
NE2R03B1Ø2インチ吸収型NDフィルター (取付なし) -OD=0.3
NE2R13B1Ø2インチ吸収型NDフィルター (取付なし) -OD=1.3
FGT202001Ø2" Temperature-Balancing Filter, -160 mireds
SLSLLG11広帯域光源用液体ライトガイドアダプタ、185 nm~2.1 µm
HPLS3451高出力プラズマ光源、Ø5 mm液体ライトガイド付き 
TRP0572Ø0.47インチ 台座付きポスト、#8-32止めネジ、1/4”-20タップ穴、L = 0.568インチ (インチ規格)
MSC22ミニシリーズクランプフォーク、M6キャップスクリュ用
ER8-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 203.2 mm、4個入り
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入り
Items on Top Optical Path
WFA20021落射照明モジュール、1キューブ用、D1Nオス&メス型アリ溝付き
TLV-U-MF21Olympus AX、BX2、IX2顕微鏡用キューブアセンブリ
DMLP490R125 mm x 36 mm Longpass Dichroic Mirror, 490 nm Cutoff
CP02F2SM1ネジ切付き30 mmケージプレート、厚さ0.35インチ、固定リング2個付属(インチ規格)
LA1172-A1N-BK7平凸レンズ -Ø25.4mm -f=400mm (ARコーティング:350-700nm)
LA1461-A1N-BK7平凸レンズ -Ø25.4mm -f=250mm (ARコーティング:350-700nm)
CP12130 mm ケージプレート、SM1およびCマウントレンズチューブ用、Ø30.5 mm(Ø1.2インチ)2重穴構造
M455L31455 nm, 900 mW (Min) Mounted LED, 1000 mA
WFA40011三眼鏡筒、10倍接眼レンズ、倒立像、IRフィルタ無し
View Metric Product List
型番数量Description
Items on Microscope Body
CEA14001Cerna顕微鏡ボディ、落射照明用アーム付き、レール高さ400 mm
ZFM20201Motorized Module with 1" Travel for Edge-Mounted Arms
CSA12001Mounting Arm for CSN1201 and CSN1202 Nosepieces
CSN120212対物切換えレボルバ、M25 x 0.75ネジ
MCM30011Three-Channel Controller and Knob Box for 1" Cerna Travel Stages (Not Pictured)
Items on Bottom Optical Path
OPX2400/M1スライダ付きブレッドボードトップ、M6 x 1.0タップ穴、D1Nオス型&メス型アリ溝付き(ミリ規格)
PFR14-P021保護膜付き銀ミラー、35 mm x 52 mm
LCP01/M360 mmネジ付きケージプレート、厚さ12.7 mm、固定リングSM2RR 2個付属 (ミリ規格)
LA14012N-BK7平凸レンズ -Ø50.8mm -f =60mm (コーティングなし)
LA13011N-BK7 Plano-Convex Lens, Ø2", f = 250.0 mm, Uncoated
LCP50S160 mmケージシステム用アイリス、最大開口Ø50.0 mm
LCFW5160 mmケージフィルターホイール、Ø50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ)フィルタ5枚用
NE2R03B1Ø2インチ吸収型NDフィルター (取付なし) -OD=0.3
NE2R13B1Ø2インチ吸収型NDフィルター (取付なし) -OD=1.3
FGT202001Ø2" Temperature-Balancing Filter, -160 mireds
SLSLLG11広帯域光源用液体ライトガイドアダプタ、185 nm~2.1 µm
HPLS3451高出力プラズマ光源、Ø5 mm液体ライトガイド付き 
TRP14/M2Ø12 mm 台座付きポスト、M4止めネジ、M6タップ穴、L = 14.4 mm (ミリ規格)
MSC22ミニシリーズクランプフォーク、M6キャップスクリュ用
ER8-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 203.2 mm、4個入り
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入り
Items on Top Optical Path
WFA20021落射照明モジュール、1キューブ用、D1Nオス&メス型アリ溝付き
TLV-U-MF21Olympus AX、BX2、IX2顕微鏡用キューブアセンブリ
DMLP490R125 mm x 36 mm Longpass Dichroic Mirror, 490 nm Cutoff
CP02F/M2SM1ネジ切付き30 mmケージプレート、厚さ8.9 mm、固定リング2個付属(ミリ規格)
LA1172-A1N-BK7平凸レンズ -Ø25.4mm -f=400mm (ARコーティング:350-700nm)
LA1461-A1N-BK7平凸レンズ -Ø25.4mm -f=250mm (ARコーティング:350-700nm)
CP12130 mm ケージプレート、SM1およびCマウントレンズチューブ用、Ø30.5 mm(Ø1.2インチ)2重穴構造
M455L31455 nm, 900 mW (Min) Mounted LED, 1000 mA
WFA40011三眼鏡筒、10倍接眼レンズ、倒立像、IRフィルタ無し
ここでは当社の60 mmケージシステムを使用して白色照明路をOPX2400(/M)に接続し、また落射照明モジュールWFA2002を介してGFP蛍光路をOPX2400(/M)の上に取り付けています。
  • DIYの光路の結合や切り替えが可能な2ポジションスライダ
  • スライダはSM2内ネジ付きで、35 mm x 52 mm x 3 mmの光学素子1個を保持
  • 背面ポートにはSM2内ネジと、当社の60 mmケージシステム用#4-40タップ穴が4つ
  • ミリ規格
    • OPX2400/M:258 mm x 100 mmブレッドボード、穴密度が2倍のM6 x 1.0タップ穴付き
  • 上部にD1Nメス型、底部にD1Nオス型のアリ溝付き
Two Independent Epi-Illumination Paths
Click to Enlarge

対物レンズ直上にスライダを置いた場合
Two Independent Epi-Illumination Paths
Click to Enlarge

対物レンズ直上の光路からスライダを外した場合

スライダの筐体の蓋は、4つのキャップスクリュを3 mmのボール(六角)ドライバで取り外すことにより開けられます。スライダとスライダの筐体にはSM2内ネジが付いています。2本のステンレススチール製のレールと戻り止め機構により、スライダ位置の再現性を向上させています。

2ポジションスライダ付きブレッドボードトップOPX2400/Mにより、Cerna顕微鏡ボディの落射照明アームに手動の光学スライダ機能を付加できます。ダイクロイックミラー、ビームスプリッタ、ミラーなどをスライダに取り付けることにより、ワイドフィールド観察、落射照明、レーザ走査などの光路の結合や切り替えができます。

光学素子用スライダの開口はØ41.9 mmで、板バネを使用して長方形の光学素子(最小34.9 mm x 51.9 mm x 2.8 mm、最大35.0 mm x 52.0 mm x 3.2 mm)を保持します。この大きな開口と光学素子のサイズにより、上記の走査レンズの全開口を利用することができます。SM2内ネジは動かない筐体の背面に面しているため、チューブレンズをダイクロイックミラーから一定の距離をおいて取り付けることが可能です。筐体の背面にもSM2内ネジが付いており、また60 mmケージシステムに対応する間隔で#4-40タップ穴も4つ付いています。

また、自作の光路をサポートできるよう、68個のM6 x 1.0タップ穴が2倍の穴密度で配列されたブレッドボードが組み合わされています。さらにブレッドボードの側面には18個のM6 x 1.0タップ穴が配列されています。ビームの高さはブレッドボードの上面から50.0 mmです。当社では、このビームの高さを有する多くの30 mmおよび60 mmケージプレートと中心を一致させることができるØ12 mm台座付きポストをご提供しています。これらは大型もしくは重量のあるセットアップを構造的に支えることができます(こちらをクリックすると写真をご覧いただけます)。

当社では750 nmショートパスダイクロイックミラー(型番DMSP750B)や保護膜付き銀ミラー(型番PFR14-P02)を標準品としてご用意しております。異なるカットオフ波長のビームスプリッタやダイクロイックミラーをお求めの場合には、当社までご連絡ください。光学素子の取り付け後は、2 mmボールドライバを使用してスライダのあおり調整(ピッチ&ヨー)用アジャスタを微調整することが可能です。スライダの位置は、付属の固定ネジを3/32インチボールドライバで締め付けることにより固定できます。右上の写真では、固定ネジは前方位置に取り付けられています。

Cernaを用いてレーザ走査システムを構築する際、チューブレンズはスライダ部のSM2内ネジに取り付けることをお勧めします。そうすることで、対物レンズやノンデスキャンディテクタなどを取り付ける筐体先端部までの懐深さ最大にできます。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
OPX2400 Support Documentation
OPX2400スライダ付きブレッドボードトップ、1/4"-20タップ穴、D1Nオス型&メス型アリ溝付き(インチ規格)
¥571,108
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
DMSP750B Support Documentation
DMSP750B35 mm x 52 mm Shortpass Dichroic Mirror, 750 nm Cutoff
¥132,600
3-5 Days
PFR14-P02 Support Documentation
PFR14-P0235 mm x 52 mm Protected Silver Mirror
¥65,000
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
OPX2400/M Support Documentation
OPX2400/Mスライダ付きブレッドボードトップ、M6 x 1.0タップ穴、D1Nオス型&メス型アリ溝付き(ミリ規格)
¥571,108
3-5 Days

顕微鏡用フィルターキューブ(OEM製)


キューブMDFM-MF2へのフィルタの取付方法
  • MDFM-MF2: 落射照明モジュールWFA2001ならびにWFA2002に対応
  • MDFM-TE2000: 落射照明モジュールCSE1000に対応
  • OlympusならびにNikon製OEMフィルターキューブ
  • 当社の顕微鏡キューブ(上記参照)と交換可能
  • 当社ならびにサードパーティの蛍光フィルターセット用として設計

こちらのOEMフィルターキューブはOlympusまたはNikon製です。 フィルターキューブは励起フィルタ(Ø25 mm、厚さ5 mmまで)、吸収フィルタ(Ø25 mm、厚さ3.5 mmまで)、そしてダイクロイックミラー(最大25.2 mm x 36.0 mm x 1.1 mm)で構成される蛍光フィルターセットを保持します。 右の動画の通り、光学素子の取り付け、アライメント、交換が簡単に行えます。 光学素子の取り付け、取り外しにはフィルターキューブ本体をプラスドライバで分解します。 組立方法の詳細については、下表内のマニュアルをご参照ください。

当社のフィルターキューブ(上記参照)は、こちらのOEMキューブと交換が可能です。取り付けが簡単で、ダイクロイックミラーへの負荷も低減される設計です。

多くのOEMフィルターキューブはプラスチックを使用していますが、当社のフィルターキューブはアルミニウム製です。 フィルターキューブターレットに使用する際には、重量のバランスが重要です。 電動式フィルターキューブターレットの寿命を維持し、不要な摩耗を防止するため、重量が同様のフィルターキューブを反対側に設置してバランスを保ってください。

Item #Manufacturer
Part #
Microscope
Manufacturer
Compatible MicroscopesAssembly Manual
MDFM-MF2Olympus U-MF2OlympusAX, BX2, and IX2 SeriesMDFM-MF2 Manual
ThorlabsCerna Epi-Fluorescence Microscopes with WFA2001 or WFA2002 Epi-Illuminator Module
MDFM-TE2000Nikon TE2000NikonTE2000, 50i, 55i, 80i, 90i, Eclipse Ti, and Epi-Fluor Illuminator ScopesMDFM-TE2000 Manual
ThorlabsCerna Epi-Fluorescence Microscopes with CSE1000 Epi-Illuminator Module

対応する他のキューブ製品、取り付け方法、フィルタの選択肢等については当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
MDFM-MF2 Support Documentation
MDFM-MF2Olympus AX、BX2、IX2、およびWFA2001またはWFA2002付きCerna顕微鏡用キューブアセンブリ(OEM製)
¥64,178
3-5 Days

フィルターターレット(フィルターセット×6 搭載可能)


Click for Details

ダイクロイックフィルタもしくはミラー取付け用に上部プレートを取り外した状態

Click to Enlarge

フィルタ用ターレットCSE2000W(上部プレート付き)
  • 落射照明モジュールCSE2100、CSE2000、CSE2200に対応する取り外し可能ターレット
  • 構成に合わせて複数のフィルターセットを簡単に取付け可能
  • 当社ならびにサードパーティの蛍光フィルターセットに使用可能

ターレットCSE2000Wは、フィルターセットを簡単に設置することができる製品です。フィルターキューブは必要なく、最大6つのフィルターセット、つまり6枚の励起フィルタ(Ø25.4 mm、厚さ<5.1 mm)、6枚の吸収フィルタ(Ø25.4 mm、厚さ<5.1 mm)、および6枚の長方形光学素子(25 mm x 36 mm、厚さ1 ± 0.1 mm)を取付け可能です。吸収フィルタは不要な後方反射を低減するために5°の角度で取り付けられます。ターレット内に複数のフィルターキューブを取り付ける、もしくは構成内に複数のターレットを取り付けることにより、蛍光フィルターセット、反射光イメージング用ビームスプリッタ(直交する偏光子付き)ならびにミラー間の切り替えが簡単です。落射照明モジュールCSE2000、CSE2100、CSE2200(上記参照)と使用する際は、付属のソフトウェアを使用してターレットの位置をPC上で遠隔モニタすることが可能です。

円形の開口部は、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子を簡単に取付け可能なSM1内ネジが付いています。各ターレットには円形フィルタを固定する固定リングSM1RRが12個付属します。長方形光学素子を取り付ける場合は、3つのM3ネジを緩めてターレットの上部プレートを外し、光学素子固定用の板バネも取り外してください。ターレットには、フィルターセット設置場所の両サイドに使いやすい握り穴が付いており、設置後に光学素子を手で触れる心配がないようになっています。落射照明モジュールに取り付け後は、刻み目付きのホイールを回すだけで光路のフィルターセットを簡単に切り替えることができます。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
CSE2000W Support Documentation
CSE2000Wターレット、フィルターセット×6用
¥266,128
3-5 Days

落射照明用コリメートアダプタ

Cutaway View of LLG Collimation Adapter
Click to Enlarge

コリメート用アダプタLLG3A6およびLLG5A6の断面図

当社の落射照明モジュールCSE2100、CSE1000に対応できるよう、Ø3 mmまたはØ5 mmの液体ライトガイド(LLG)の先端に取り付けるコリメート用アダプタをご用意しています。入力光を均一にコリメートするために、アダプタLLG3A6、LLG5A6、LLG3A7、LLG5A7ではアクロマティック複レンズと両凸レンズをペアにして用いていますが、LLG3A5-AおよびLLG5A5-Aでは非球面コンデンサーレンズを使用しています。詳細についは表をご参照ください。

液体ライトガイドはコリメータの裏側にネジで固定します。CSE2100に接続するとき、アダプタLLG3A6、LLG5A6、LLG3A7、LLG5A7はオス型D3Tアリ溝式アダプタを使用しますが、LLG3A5-AおよびLLG5A5-AはNikon製バヨネットマウントを使用します。

すべてのアダプタは、対応する落射照明モジュールと組み合わせて使用したときに、液体ライトガイドの出射光の像面が対物レンズの後方開口部にくるよう校正されています。LLG3A6、LLG5A6、LLG3A7、LLG5A7は、ネジアダプタ上のローレット付きリング(Knurled Ring)を用いて微調整することで、お手持ちの顕微鏡の照明の最適化、あるいは像面の再調整が可能です(右の図をご覧ください)。

Specifications
Item #LLG3A6LLG5A6LLG3A7LLG5A7LLG3A5-ALLG5A5-A
Compatible
Epi-Illuminator Module
CSE2100CSE2200CSE1000
Accepted LLG Diameter3 mm5 mm3 mm5 mm3 mm5 mm
LLG Retention ScrewThumbscrew4-40 Setscrew with 0.050" Hex
Mechanical ConnectionMale D3T DovetailNikon Bayonet Mount
Effective Focal Length40 mm70 mm40.00 mm ± 5%
Collimating OpticsAchromatic Doublet & Double Convex LensaACL5040-A Aspheric Condenser Lens
AR Coating350 nm - 650 nm
Ravg <0.5% at Each Surface
350 nm - 700 nm
Ravg <0.5% at Each Surface
Transmission GraphCerna collimation adapter transmission graph
Click Here for Raw Data
CSE1000 collimation adapter transmission graph
Click Here for Raw Datab
Numerical Aperture0.30.554
MagnificationInfiniteInfinite
  • クリックすると光路図がご覧いただけます。この図は、Cerna CSE2100を使用したときの、対物レンズ後方開口部における365 nm~650 nmの光路に関する理論的シミュレーションの結果です。
  • 透過率のデータはコーティング無しのレンズに対するものです。
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
LLG3A6 Support Documentation
LLG3A6Ø3 mm LLGコリメート用アダプタ、Cerna CSE2100用、ARC: 350~650 nm
¥58,500
3-5 Days
LLG5A6 Support Documentation
LLG5A6Ø5 mm LLGコリメート用アダプタ、Cerna CSE2100用、ARC: 350~650 nm
¥58,500
3-5 Days
LLG3A7 Support Documentation
LLG3A7Ø3 mm LLGコリメート用アダプタ、Cerna CSE2200用、ARC: 350~650 nm
¥58,500
3-5 Days
LLG5A7 Support Documentation
LLG5A7Ø5 mm LLGコリメート用アダプタ、Cerna CSE2200用、ARC: 350~650 nm
¥58,500
3-5 Days

落射照明モジュール用アダプタ

こちらのアダプタによって、当社のSolis™ LEDなどのコリメート照明をCerna顕微鏡の落射照明モジュールに取り付けることができます。落射照明モジュールCSE2100用にはアダプタSM2A56、 CSE1000用にはオス型のNikon製バヨネットマウント付きアダプタ各種をご用意しています。アダプタのネジや取付け可能なケージシステムについては下表をご参照ください。

Item #SM2A56SM1A26SM2A18LED4A5SM2A17
Click for Details
Compatible Epi-Illumination Module
Item # (Sold Above)
CSE2100CSE1000
Microscope ConnectionMale D3T DovetailMale Nikon Bayonet Mount
ThreadingExternal SM2 (2.035"-40)Internal SM1 (1.035"-40)Internal SM2 (2.035"-40)External SM2 (2.035"-40)External SM2 (2.035"-40)
Cage Compatibility
-30 mm Cage System
(4-40 Tap, 4 Places)
---
Clear ApertureØ1.40" (35.6 mm)Ø0.945" (24.0 mm)Ø1.69" (43.0 mm)Ø1.69" (43.0 mm)Ø1.69" (43.0 mm)
Adapter Profile
(Click for Drawing)
MaterialStainless SteelBlack-Anodized AluminumBlack-Anodized AluminumClear-Anodized AluminumBlack-Anodized Aluminum
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
SM2A56 Support Documentation
SM2A56D3Tオス型アリ溝&SM2外ネジ付きアダプタ
¥13,000
3-5 Days

アリ溝式アダプタ

Cerna Camera Port Adapter
Click for Details

ここでは、アリ溝式アダプタCSA1003を使用して60 mmケージシステムを落射照明モジュールWFA2002の底部に接続しています。

Click to Enlarge

ここではアダプタWFA4111を使用してSM2レンズチューブを落射照明モジュールの上に取り付けています。
  • レンズチューブやケージシステムをCernaシステムで使用するためのアダプタ
  • WFA4111:D1Nオス型アリ溝、SM2外ネジ
  • LCPN2: D1Nオス型アリ溝、SM30内ネジ、30 mmならびに60 mmケージシステム対応
  • CSA1003:D1Nメス型アリ溝、60 mmケージシステム対応

こちらのアリ溝式アダプタは落射照明モジュールに使用されているD1Nのアリ溝をSM30レンズチューブSM2レンズチューブ30 mmまたは60 mmケージシステムに取り付けます。

Item #WFA4111LCPN2CSA1003
DovetailaMale D1NMale D1NFemale D1N
ThreadingInternal M38 x 0.5b
External SM2
Internal SM30cNoned
Cage CompatibilityNoned30 mm Cage System
(4-40 Tape, 4 Places)
60 mm Cage System
(Ø6 mm Bore, 4 Places)
60 mm Cage System
(Ø6 mm Bore, 4 Places)
Clear ApertureØ1.47" (37.0 mm)Ø1.10" (27.9 mm)Ø1.50" (38.1 mm)
Adapter Profile
(Click for Drawing)
MaterialBlack-Anodized Aluminum
  • アリ溝についての詳細は「顕微鏡のアリ溝」タブをご覧ください。
  • M38 x 0.5内ネジは固定リングSM38RRに対応しています。
  • SM30内ネジは固定リングSM30RRに対応しています。製品には固定リングSM30RRが2個付属します。
  • SM2ネジ付きケージプレートを使用してSM2レンズチューブと60 mmケージシステムを接続できます。
  • アリ溝面とは反対側の面のみに付いています。
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
WFA4111 Support Documentation
WFA4111アダプタ、D1Nオス型アリ溝、SM2外ネジ、M38 x 0.5内ネジ付き
¥38,984
Today
LCPN2 Support Documentation
LCPN2Nikon製EclipseまたはCerna顕微鏡三眼鏡筒用アダプタ、D1Nオス型アリ溝、SM30内ネジ、30 mm&60 mmケージシステム対応
¥13,650
3-5 Days
CSA1003 Support Documentation
CSA1003アダプタ、D1Nメス型アリ溝&60 mmケージシステム用内孔付き
¥32,354
3-5 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   Home  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2018 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-5979-8889
Tech Support: +81-3-5979-8889


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image