アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

顕微鏡用小型コントローラ


  • Operate Motorized Microscopy Stages and Components
  • Peak Power Output up to 7 W
  • Hand-Operated Knobs for up to Three Channels

MCM3001

MCM3002 Used to Control the Cerna® Translating Platform

Controller Box

Knob Box

Related Items


Please Wait
Motorized Rigid Stand
Click to Enlarge

ステージPLS-XYと焦準モジュールZFM2020の両軸を制御するために使用しているMCM3001

Knob Box
Click to Enlarge

ノブボックス
Controller Front and Back Views
Click for Details

コントローラの前面
(画像をクリックすると背面もご覧いただけます)

特長

  • ノブで最大3軸までの手動制御
  • 各軸を個別に無効にし、予期しない動きの防止や位置保持が可能
  • 上面のノブで移動スピードを調整
  • スタンドアローン型ソフトウェアで遠隔操作による移動が可能(Windows® 7ならびに10 64ビット)

MCM3000シリーズコントローラにはコントローラ本体とは別に手動制御ノブボックスが付いています。ノブボックスの各面には回転式ノブと押しボタン式のスイッチが付いており、それぞれが1つの軸を制御します。押しボタン式のスイッチは制御の有効・無効を切り替えます。有効時は緑色に点灯しています。無効にすると各軸の位置を維持し、予期しない動きを防止できます。上面の小さなノブは、ノブ1回転ごとの移動量を調整します(詳細は「仕様」タブをご覧ください)。

各コントローラは、それぞれ異なるステージの操作用に設計されています。MCM3001は移動範囲が25.4 mmの電動式Cerna®コンポーネント用、MCM3002は移動範囲が50.8 mmの電動式Cernaコンポーネント用、そしてMCM3003はステッピングモータを使用するCernaシリーズ以外のステージ用です。

それぞれのコントローラにはチャンネルが3つあります。駆動するモジュールの軸の数に応じて、必要なチャンネル数に見合う台数をご購入ください。例えば、Cerna顕微鏡に電動式焦準モジュールZFM2020(1軸)と移動ステージPLS-XY(2軸)を装備した場合、コントローラMCM3001は1台で済みます。コントローラの互換性により、例えば移動プラットフォームPMP-2XYと焦準モジュールZFM2020を使用する場合、MCM3001とMCM3002の両方が必要となる場合があります。他のコントローラの構成をご希望の場合には当社までご連絡ください。

ソフトウェアを介して遠隔で軸移動の調整も可能です(詳細は「ソフトウェア」タブをご覧ください)。また、こちらのコントローラをカスタム仕様のイメージングソフトウェアと統合するためのLabVIEW™ソフトウェア開発キット(SDK)およびサポート文書もご用意しております。

Item #MCM3001MCM3002MCM3003
Compatible StagesPLS-X & PLS-XY Translation Stages for Rigid StandsPMP-2XY(/M) Translating PlatformLNR502(/M) Linear Translation Stage
ZFM2020 & ZFM2030 Focusing ModulesMMP-2XY Microscope Body TranslatorDRV250 Stepper Motor
Item #MCM3001MCM3002MCM3003
Motor Output
Motor Drive Voltage
24 V
Motor Drive Current7.0 A (Peak)
3.0 A (RMS)
Motor Drive Type12-Bit PWM Control
Control AlgorithmOpen-Loop Microstepping
Stepping64 Microsteps per Full Step128 Microsteps per Full Step128 Microsteps per Full Step
Encoder Resolution0.212 μm0.5 μmN/A
Total Steps per Revolution12,80025,60025,600
Maximum Stepping Velocity4577 steps/s793 steps/s793 steps/s
Position FeedbackQuadrature Encoder (QEP) Input
5 V
Encoder Feedback Bandwidth16 MHz
Position Counter32-Bit
Operating ModesPosition and Velocity
Velocity Profile
Trapezoid
Motor Drive Connector
Mechanical Specifications15 Position D-Type, Micro-D Plug, Male Pin Connector
Motor Drive Outputs200
Quadrature Encoder (QEP) Input
Single Ended
Limit Switch InputsForward, Reverse, Index
Encoder Supply5 V
Input Power Requirements
Voltage24 VDC
Current3.75 A (Peak)
General
Computer Connection
USB 2.0
Housing Dimensions
(W x D x H)
97.3 mm x 50.8 mm x 73.6 mm
(3.83" x 2.00" x 2.90")
Compatible Stages
MCM3001ZFM2020 & ZFM2030 Focusing Modules
PLS-X & PLS-XY
Translation Stages for Rigid Stands
MCM3002MMP-2XY Microscope Body Translator
PMP-2XY(/M) Translating Platform
MCM3003LNR502(/M) Linear Translation Stage
DRV250 Stepper Motor

MCM3001

コントローラのI/O端子用モーターケーブルコネクタ
Micro-D 15ピンメス型

Micro D-Type Male

コンピュータ接続
USB 2.0 B型

USB Type B
USBのB型-A型変換ケーブルが付属します。

PinDescriptionPinDescription
1Stepper Motor Phase A+9Stepper Motor Phase B+
2Stepper Motor Phase A-10Stepper Motor Phase B-
3Not Used11Not Used
4Not Used12Ground
55 V135 V
6Ground14LL
7UL15Encoder Phase A+
8Encoder Phase B+ - -


MCM3002

コントローラI/O端子用アダプターケーブルコネクタ 
Micro-D 15ピンメス型

Micro-D 15 Pin Female

モータードライブ用アダプターケーブルコネクタ
D-Sub 15ピンオス型

D-Type Male

エンコーダードライブ用アダプターケーブルコネクタ
D-Sub 15ピンメス型

D-Sub 15 Female

PinDescription
1Stepper Motor Phase A+
2Stepper Motor Phase A-
3Not Used
4Not Used
55 V
6Ground
7UL
8Encoder Phase B+
9Stepper Motor Phase B+
10Stepper Motor Phase B-
11Not Used
12Ground
135 V
14LL
15Encoder Phase A+
PinDescription
1-6Not Used
7Stepper Motor Phase A+
8Stepper Motor Phase B+
9-13Not Used
14Stepper Motor Phase A-
15Stepper Motor Phase B-


コンピュータ接続 
USB 2.0 B型

USB Type B
USBのB型-A型変換ケーブルが付属します。

PinDescription
1Not Used
2Ground
3Not Used
4Not Used
5Encoder Phase B-
6Encoder Phase A-
75 V
85 V
9Ground
10LL
11UL
12Not Used
13Encoder Phase B+
14Encoder Phase A+
15Not Used


MCM3003

コントローラのI/O端子用アダプターケーブルコネクタ
Micro-D 15ピンメス型

Micro-D 15 Pin Female Connector

モータードライブ用アダプターケーブルコネクタ
 HD15 D-Subメス型

D-Type Female

コンピュータ接続
USB 2.0 B型

USB Type B
USBのB型-A型変換ケーブルが付属します。

PinDescriptionPinDescription
1Stepper Motor Phase A+9Stepper Motor Phase B+
2Stepper Motor Phase A-10Stepper Motor Phase B-
3Not Used11Not Used
4Not Used12Not Used
55 V135V
6Ground14LL
7UL15Encoder Phase A+
8Encoder Phase B+ - -
PinDescription
1Ground
2Counter-Clockwise Limit Switch Output
3Clockwise Limit Switch Output
4Stepper Motor Phase B-
5Stepper Motor Phase B+
6Stepper Motor Phase A-
7Stepper Motor Phase A+
8-14Not Used
15Not Used
MCM3000 Software Screenshot
Click to Enlarge

MCM3000コントローラのソフトウェア

下のリンクからMCM3000シリーズのコントローラ用ソフトウェアならびにファームウェアの最新バージョンをダウンロードいただけます。 ソフトウェアダウンロードページではGUIインターフェイスおよびドライバのダウンロードが可能です。また、カスタム仕様のイメージングソフトウェアを使用してコントローラを制御できるように、LabVIEW™ ソフトウェア開発キット(SDK)とサポート文書もご提供しています。

ソフトウェア

Version 4.0 (2019年8月8日)

ソフトウェアパッケージにはグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)のほか、ドライバ、SDK、サポート文書が含まれます。ソフトウェアはWindows® 7と10(64ビット)に対応しています。

Software Download

ファームウェアの更新

Version 1.3 (2019年8月8日)

MCM3000シリーズコントローラの最新のファームウェアです。インストール方法については、ユーザーマニュアルをご参照ください。

Software Download

MCM3001

MCM3001 Controller for 1" Cerna Stages
Click to Enlarge

MCM3001 製品内容

MCM3001には下記が含まれます。

  • ノブボックス
  • コントローラ、コントローラーケーブル付き
  • 電源、日本国内用電源コード付き
  • USBケーブル(A to B)
  • 長さ1/2インチの1/4"-20キャップスクリュ 2個
  • 長さ12 mmのM6キャップスクリュ 2個
  • ケーブルを固定する#4-40六角ナット 6個

MCM3002

MCM3001 Controller for 2" Cerna Stages
Click to Enlarge

MCM3002 製品内容

MCM3002には下記が含まれます。

  • ノブボックス
  • コントローラ、コントローラーケーブル付き
  • 電源、日本国内用電源コード付き
  • Cerna移動プラットフォーム用モーターアダプターケーブル 3本
  • USBケーブル(A to B)
  • 長さ1/2インチの1/4"-20キャップスクリュ 2個
  • 長さ12 mmのM6キャップスクリュ 2個
  • ケーブルを固定する#4-40六角ナット 12個

MCM3003

MCM3001 Controller for 2" non-Cerna Stages
Click to Enlarge

MCM3003 製品内容

MCM3003には下記が含まれます。

  • ノブボックス
  • コントローラ、コントローラーケーブル付き
  • 電源、日本国内用電源コード付き
  • Cernaシリーズ以外のステージ用モーターアダプターケーブル 3本
  • USBケーブル(A to B)
  • 長さ1/2インチの1/4"-20キャップスクリュ 2個
  • 長さ12 mmのM6キャップスクリュ 2個
  • ケーブルを固定する#4-40六角ナット 6個

Posted Comments:
Chia-Hsien Lin  (posted 2020-02-10 21:41:00.333)
Hi, I try to use Labview to control the MCM3002 control with the version 4.0 driver. Is it possible to control the motor speed in the Labview? On the other hand, even if I call the parameter "PARAM_X_VELOCITY_CURRENT" by the commend "GetParam()", the value will return zero. Best, Chia-Hsien
llamb  (posted 2020-02-21 08:12:59.0)
Thank you for your feedback. The software cannot adjust the speed of the connected stage. Only the Speed Control knob can adjust the speed of translation per rotation of each knob when using the 3-Axis Knob Box to manually control a connected stage, as speed control is hard-wired to this dial. I have reached out to you directly to discuss further.
Dmytro Toptunov  (posted 2019-08-05 08:26:43.31)
Good morning, Does MCM3003 work with LNR50SE/M stages? They are also built around DRV014 stepper motor, but not mentioned in the MCM3003 supported equipment list. Does MCM3003 support mixed configuration, e.g. 2 x LNR50S/M stages and 1 x LNR50SE/M stage? Finally, could you please send an LabVIEW SDK and manuals? Best regards, Dmytro
nbayconich  (posted 2019-08-16 08:43:31.0)
Thank you for conctacting Thorlabs. The MCM3003 controller can be used with the encoded LNR50SE stages, the only downside is that the encoder can not be used with the MCM3003 controller. You can use a combination of either the LNR50S or LNR50SE just be aware that the encoder cannot be used with this particular controller, in order to have access to the encoders feedback you would have to use a controller like the BSC203 with the LNR50SE stages. Our SDK can be downloaded directly from our webpage under the software download link below. https://www.thorlabs.us/software_pages/ViewSoftwarePage.cfm?Code=MCM3000 I will reach out to you directly.
Matthew Broome  (posted 2019-07-03 05:35:19.95)
Does the SDK for this controller support integration with MatLab?
asundararaj  (posted 2019-07-08 02:59:06.0)
Thank you for contacting Thorlabs. At the moment, we do not have dedicated documentation/support for integration with MATLAB. However, we do have documentation for serial communication which can be used to integrate with MATLAB. I have reached out to you directly for further discussion.
Seonho Shin  (posted 2019-05-27 00:30:41.94)
'MCM3001 and ZFS2020' seems to work only on Windows 7. It does not work well when run on Windows 10. When I ordered just '0.1mm' move, It keeps going until the upper limit. It there other version of application or SDK which is compatible for Windows 10?
YLohia  (posted 2019-06-13 08:51:25.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. We believe this to be a configuration issue rather than a software or hardware issue (and should not be dependent on the OS being used). Does the problem show up for any motion or just 0.1mm? What version of the software are you using? We reached out to you directly at the time of your original post to troubleshoot your issue. If you still have this problem, please send us an email with the screenshots of your GUI.
chris  (posted 2017-07-21 16:19:51.013)
+1 for adding the SDK/software/examples + manual to the website. Since it isn't there right now, could you send it to me directly?
tfrisch  (posted 2017-07-26 11:43:08.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. It looks like our previous attempt to send you this file was returned because it contained a zip attachment. I will reach out to you directly about posting this in a place you can download it directly.
craig  (posted 2017-01-11 12:30:26.1)
The product MCM3001 has no manual available online. It would also be helpful if the SDK and LAbview examples were available for direct download rather than by contacting tech support. Your main office does not have any information to support this product and I was directed to contact the imaging group.
tfrisch  (posted 2017-01-11 01:24:23.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. I will reach out to you directly about your application.

顕微鏡の各部品をクリックするとそれぞれの機能がご覧いただけます。

Explore the Cerna MicroscopeSample Viewing/RecordingSample MountingIllumination SourcesIllumination SourcesObjectives and MountingEpi-IlluminationEpi-IlluminationTrans-IlluminationMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope BodyMicroscope Body

顕微鏡の原理

ここではCerna®顕微鏡の一般的な機能について説明しています。右にある顕微鏡の図の各部品をクリックいただくか、下記のリンクをクリックいただくとCerna顕微鏡を組み上げて試料を可視化する方法についてご覧いただけます。

 

用語

アーム:部品を顕微鏡の光路に合わせて保持

バヨネットマウント:内ネジのL字型スロットとそれに嵌合する外ネジのタブを用いた機械的なマウント方式 

ベローズ(蛇腹):アコーディオン状のゴム製側面を持つチューブ。顕微鏡ボディと対物レンズとの間の光路を遮光しながら伸縮させることが可能です。

ブレッドボード:光学系の自作用に、タップ穴が等間隔に配列された平坦なボード

アリ溝式:多数の顕微鏡部品に採用されている機械的な取付け方式。直線形状のアリ溝は、取り付ける部品を固定する前に一定の方向に沿って柔軟に位置決めができます。これに対し、円型アリ溝は部品を1箇所に固定します。詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。落射蛍光、反射型および共焦点顕微鏡は、落射照明で使用するイメージング手法の例です。

フィルターキューブ:フィルタやその他の光学素子を正確な位置で保持する顕微鏡用のキューブ。例えば、フィルターキューブは蛍光顕微鏡法および反射型顕微鏡法に不可欠です。

ケーラー照明:様々な光学素子を使用して試料面の視野内をデフォーカスしたり視野内における光の強度を平坦にしたりする手法。この手法にはコンデンサおよび光コリメータが必要です。

対物レンズ用ホルダ(レボルバ):顕微鏡の対物レンズを光路上に固定する際に使用するアーム

光路:光が顕微鏡を透過する際にとる経路

レール高:顕微鏡ボディのサポートレールの高さ

懐深さ(作業空間の奥行き):光軸から顕微鏡ボディのサポートレールまでの間の距離。懐深さのサイズは、作業高さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明。明視野微分干渉法(DIC)Dodt勾配コントラスト、および暗視野顕微鏡法は、透過照明を利用したイメージング手法の例です。

作業高さ:顕微鏡ボディのサポートレール高にベース高を加えた高さ。作業高さのサイズは、懐深さとともに、顕微鏡を使用する際の作業空間の大きさを決定します。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡のボディ
Body Height Comparison
Click to Enlarge

顕微鏡ボディの詳細

顕微鏡ボディ

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。 サポートレールに使用している95 mmレールは、厳しい角度公差が得られるよう加工されているため、光路のアライメントや光学テーブルへの垂直な設置が確実に行えます。サポートレールの高さは350~600 mmから選択できますが、この高さによって実験用・顕微鏡用部品を使用できる縦方向の空間の大きさが決まります。 光路からサポートレールまでの懐深さは196.5 mmあるため、広い実験用スペースが得られます。顕微鏡ボディに部品を取り付ける際はサポートレール上の直線的なアリ溝を使用しますが、部品によっては落射照明アーム上の円型アリ溝が使われます。 詳細については、「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください。

 

microscope bodyClick to Enlarge
Cerna顕微鏡には、上から(黄色)または下から(オレンジ)照射するタイプの照明が使用可能です。どちらのタイプにも照明光源(緑)が付いています。

照明

Cerna顕微鏡では、試料を上から(落射照明、右図で黄色に色付けされた部品参照)または下から(透過照明、オレンジ色に色付けされた部品参照)の2方向から照射することができます。

落射照明は、観察装置と同じ側から試料を照らす照明です。したがって、照明光源(緑色に色付けされた部品参照)からの光と試料面からの光は部分的に光路を共有します。これは蛍光、共焦点および反射型顕微鏡に使用されます。落射照明モジュールは光を光路に沿って導き調節します。円型のD1Nアリ溝を使用して顕微鏡ボディの落射照明アームに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。複数の落射照明モジュールや、カスタマイズ用のタップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードトップを取り付けることができます。

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。 透過照明モジュールは光を調節し(一部のモデル)、光路に沿って光を導きます。直線的なアリ溝を使用して顕微鏡ボディのサポートレールに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。イメージング手法によっては、ビーム特性を変更するために追加の光学素子が必要となりますが、このような光学素子は、レンズチューブケージシステムを使用して光路に簡単に組み込むことができます。また、当社では、入射したコリメート光から最適なケーラー照明を生むために使用するコンデンサもご用意しています。コンデンサは取付けアームに装着し、サポートレールから一定の距離の光路上に固定します。このアームは、コンデンサを試料と透過照明モジュールにアライメントするための集光モジュールに取り付けます。

 

microscope bodyClick to Enlarge
試料面からの光は対物レンズ(右図で青色に色付けされた部品)によって集められ、三眼鏡筒または光学ポート(ピンク色に色付けされた部品)を使用して観察されます。

試料の観察/記録

照明ができたら、顕微鏡を使用して試料を観察します。顕微鏡には試料面に光を集光し(右図で青色に色付けされた部品参照)、生成した画像を可視化する(ピンク色に色付けされた部品参照)機能が必要です。

顕微鏡の対物レンズは、光を集め、試料面からの光を拡大してイメージングを行います。Cerna顕微鏡の対物レンズは対物レンズ用レボルバ(ホルダ)にネジ止めされ、顕微鏡ボディのサポートレールから一定の距離の光路上に固定します。対物レンズ用レボルバ(ホルダ)は電動式集光モジュールに固定し、対物レンズの焦点を合わせたり、試料を取り扱う際に対物レンズの位置をずらしたりすることができます。対物レンズとの間を遮光できるように、顕微鏡にはベローズが付いています(図には記載なし)。

試料観察およびデータ取得用に様々なモジュールをご用意しています。三眼鏡筒には視点が3箇所あり、カメラを使用した場合と同様に試料を直接観察できます。ダブルカメラポートが2つの観察チャンネル内で光路を変更または分岐します。カメラチューブの選択により像の倍率を低く、もしくは高くさせることができます。データ取得用に、当社ではカメラおよび光電子増倍管チューブ(PMT)をご用意しています。PMTは共焦点顕微鏡の蛍光信号を検出する際に必要です。ブレッドボードトップを使えばカスタム設計の撮像セットアップを構築できます。モジュールは円型アリ溝を使用して顕微鏡ボディに取り付けます(詳細については「顕微鏡のアリ溝」タブまたはこちらをご覧ください)。

 

microscope bodyClick to Enlarge
右図の高剛性スタンド(紫色)はご提供可能な試料取付けオプションの1例です。

試料/実験機器の取付け

様々な試料や機器の取付けオプションによって、顕微鏡システムの広い作業スペースを有効利用することができます。大きな試料および補助装置は取付けプラットフォームを使用して設置することができます。このプラットフォームは顕微鏡ボディの辺縁に置くことができ、タップ穴が等間隔で配列されたブレッドボードに対応しています。小さな試料は高剛性スタンド(右図の紫色に色付けされた部品)に取り付けることができます。高剛性スタンドには多様な試料調製法やデータ取得手法に対応したホルダが付属しており、たとえばスライドやウェルプレート、ペトリ皿などに対応できます。一般的な試料マウント方法の場合は、手動XYステージを使用して試料スライドを顕微鏡ボディに直接取り付けることもできます。高剛性スタンドは電動ステージ(別売り)を用いて駆動できます。また可動型取付けプラットフォームには電動または手動移動用の機構が内蔵されています。顕微鏡で複数の実験を同時に行いたい場合は、高剛性スタンドを取付けプラットフォームの上部に取り付けて、複数の装置を個別にかつ同期させて動作させることができます。

Close

 

試料観察用に三眼鏡筒、ダブルカメラポートならびにカメラチューブをご用意しています。試料面からの光はカメラ、光電子増倍管(PMT)またはブレッドボードトップを用いたカスタム仕様のセットアップによって集光されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Sample ViewingBreadboards
& Body Attachments
CamerasPMTs

Close

 

顕微鏡用対物レンズは、対物レンズ用レボルバ(ホルダ)によって顕微鏡の光路内に固定されます。Cerna顕微鏡を用いた試料観察についての詳細はこちらをクリックしてください

Close

 

大型または小型の実験用取付けオプションを使用して、顕微鏡の広い作業スペースを有効利用することができます。Cerna顕微鏡を用いた試料取付けについての詳細はこちらをクリックしてください。

Close

 

落射照明用の様々な光源をご用意しています。Cerna顕微鏡プラットフォーム内での機能をご確認いただくには、各製品の説明ページをご覧ください。

Close

 

落射照明:観察装置と同じ向きから試料を照らす照明。蛍光、共焦点および反射型顕微鏡などのイメージング手法で使用されます。落射照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細については こちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Epi-Illumination Web PresentationBody Attachments Light Sources
Epi-IlluminationBody AttachmentsLight Sources

Close

 

透過照明:観察装置に対して反対側の面から試料を照らす照明です。明視野、微分干渉法(DIC)、Dodt勾配コントラスト、斜光および暗視野顕微鏡法などのイメージング手法に使用されます。透過照明をCerna顕微鏡に用いる際の詳細についてはこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Brightfield Web PresentationDIC Web PresentationDodt Web PresentationCondensers Web PresentationCondenser Mounting Web PresentationIllumination Kits Web PresentationOther Light Sources
BrightfieldDICDodtCondensersCondenser MountingIllumination KitsOther Light Sources

Close

 

顕微鏡ボディはあらゆるCerna顕微鏡の土台となります。ボディから対物レンズまでの距離は196.5 mmで、広い実験用スペースが確保できます。Cerna顕微鏡についての詳細はこちらをクリックしてください。

Product Families & Web Presentations
Microscope Body Web PresentationMicroscope Body Translator
Microscope BodiesMicroscope Translator
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MCM3001 Support Documentation
MCM3001Cernaコンポーネント用3軸コントローラ&ノブボックス、移動量25.4 mm用
¥437,923
Today
MCM3002 Support Documentation
MCM3002Cernaコンポーネント用3軸コントローラ&ノブボックス、移動量50.8 mm用
¥506,150
3-5 Days
MCM3003 Support Documentation
MCM3003モータDRV014付きステージ用3軸コントローラ&ノブボックス、移動量50.8 mm用
¥549,197
3-5 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image