アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

動画:フォトニクス実験の方法


動画:フォトニクス実験の方法


Please Wait

 

 

フォトニクス実験のためのHow-To動画集

何かを学ぶ上で、誰かが行っているのを見ることが最良の方法である場合があります。ここではそのような動画を提供し、私たちが実験室でよく使用しているコツや秘訣、方法などを共有していきたいと考えています。ご質問等がございましたら当社までご連絡ください。

 

 

光学テーブルに対するレーザービームの高さ調整

 

  

レーザービームが光学テーブルの表面に水平に伝搬するようにアライメントする方法を2つご紹介します。

最初の方法では、レーザービームのあおり調整(チップ&チルト)を行い、ポインティング角度の調整を行います。ルーラを使用して、レーザービームの高さを調整するとともに、テーブルのタップ穴の列に沿うように向きを調整します。

2つ目の方法として、この調整済みのビームを用いて、固定されたレーザ光源からのビームの向きと高さの両方を変更する方法を実演します。異なる高さに設定された2つのミラーを用いて、ビームをテーブルの別のタップ穴の列に沿うように向けます。次に、2つのアイリスを用いて、ビームの高さを2つ目のミラーの高さに合わせます。

ここで使用しているコンポーネントは、レーザーモジュールPL202、キネマティックマウントKM100、アダプタAD11NT、ルーラBHM1、ミラーPF10-03-P01、アイリスIDA25です。

最終更新日:2020年9月8日

 

 

Set a Power Meter's Wavelength, Range, and Zero Offset Parameters for Improved Accuracy

 

  

A power meter should be configured specifically for the light incident on the power sensor. Three important power meter parameters to set are the center wavelength of the light, the maximum optical power the sensor will measure, and the zero offset resulting from the detection of ambient light.

The procedure for setting these three parameters, and some things to consider while configuring them, are demonstrated and discussed using a PM400 optical power meter, an S3FC520 fiber-coupled laser source, and an S120C optical power sensor.

Always follow your institution's laser safety guidelines. Unlike the low-power source used in this demonstration, other laser sources may be damaged by back reflections. Many stray reflections, which can endanger colleagues and the laser, can be avoided by blocking the laser beam when it is not needed. 

Date of Last Edit: Sept. 24, 2020

 

 

移動ステージの設置方法と電動アクチュエータの取付け方

 

  

ここでは、移動ステージに取付けられている手動アジャスタを電動アクチュエータに交換する方法を、2つの例で実演しています。ここでご紹介している方法を用いることで、ステージを傷つけることなくアジャスタを交換できます。

最初の例では、移動量12.7 mmのリニア移動ステージMT1B/Mを使用します。調整ネジをステッピングモーターアクチュエータZFS13Bに交換します。動画後半の2番目の例では、移動量25.4 mmのリニア移動ステージXR25P/Mのマイクロメータを、DCサーボモーターアクチュエータZ825Bに交換します。

また、これらのステージをテーブルやブレッドボードに取り付ける際の最適な方法や、ロッキングプレートの使用方法についてもご紹介しています。

最終更新日:2020年9月4日

 

 

Avoid Screw-Length Pitfalls When Securing a Post Holder to a Table or Base

 

  

A common, unfortunate result of securing a post holder to a base or optical table is threads poking up through the bottom of the post holder. These exposed threads limit the height adjustment range offered by the post holder. Additional frustrations can result after rotating the post in the post holder, since this can unintentionally screw the post onto the exposed threads.

The solution is to keep screw length in mind when selecting a setscrew or cap screw to secure a post holder. In this video, observe consequences unfold due to threads projecting up from the bottom of the post holder, and learn techniques for overcoming this problem. The options of securing a post holder to a base or directly to the table are also compared.

Components used in this demonstration include Ø1/2" post holders, a BA2 base, Ø1/2" posts, cap screws, setscrews, and an iris.

Date of Last Edit: Sept. 24, 2020

 

 

フリースペース型アイソレータのレーザ波長に応じた調整

 

  

ファラデーアイソレータを調整することで、光源からの光パワーを適切に透過させ、光源に向かって戻る反射光を効果的に抑えることができます。この実演では、動作波長範囲が510 nm~550 nmの偏光依存性を有するフリースペース型アイソレータIO-3-532-LP、ポスト用カラーR2T、520 nmのコリメート光を出力する直線偏光レーザ PL201、シリコンパワーセンサS120C、パワーメータPM400を使用しています。

これらの光学アイソレータからは直線偏光が出射され、また入射光が直線偏光のときに最良の性能が得られます。

必ず所属する研究機関等のレーザ安全ガイドラインに従ってください。この実演で使用されている低パワーの光源とは異なる他のレーザ光源を使用した場合は、後方反射によってレーザが損傷する可能性があります。人体やレーザに対して危険な迷光反射の影響は、不要なときにはレーザービームをブロックすることで軽減することができます。

最終更新日:2020年9月10日

 

 

Aligning a Linear Polarizer's Axis to be Perpendicular or Parallel to the Table

 

  

The beam paths through many optical setups are routed parallel to the optical table. When this is the case, the plane of incidence and the p-polarization are typically oriented parallel to the table's surface, while the s-polarization is perpendicular. Therefore, polarizers aligned to pass p- or s- polarized light effectively have their axes aligned to be parallel or perpendicular, respectively, to the table's surface.

A procedure for optically aligning the axis of a polarizer to be perpendicular to the optical table is discussed and demonstrated using optical power readings of light transmitted through the polarizer. Then, three options for aligning the axis of a polarizer to be parallel to the table are outlined. The method of crossed polarizers is demonstrated. Tips and tricks for obtaining more precise measurements are also shared.

Components used in this demonstration include a collimated laser, a polarizing beam splitter, linear polarizers, precision rotation mounts, an optical power sensor, and a power meter. There are also special appearances by a post collar and a ruler.

Date of Last Edit: Oct. 23, 2020

 


Posted Comments:
No Comments Posted
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image