アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

イメージングシステム


イメージングシステム


Please Wait

研究用途に応じた専用イメージングプラットフォーム

当社の顕微鏡システムは、数十年にわたる専門知識が蓄積されたコンポーネントを統合して構成されており、プラットフォームとしての性能を余すことなく引き出します。 当社の科学者および技術者は、最先端のイメージングシステムを設計、開発、製造、サポートするための全ての主要な学問分野における経験を有しています。

当社のシステムは、お客様が意図する実験が遂行できるように、白紙の状態から設計されます。 豊富な社内の設計および製造能力を活用することで、設計上のトレードオフを最小限に抑え、困難な問題のソリューションを開発し、個々のシステムをお客様が 希望する仕様にカスタマイズすることが可能です。

 

Bergamo II Microscope
Click to Enlarge

回転式顕微鏡Bergamo II は、焦点面の回転(100°)が可能

 

多光子顕微鏡Bergamo® IIシリーズ

当社では、実験毎に構成の変更が可能なモジュール型顕微鏡の必要性を認識し、多光子顕微鏡の新しい標準品の開発に着手しました。 筐体、品揃えが豊富なイメージング周辺装置、検出器、モーションコントロール、およびレーザービーム制御などの選択次第で、構成の可能性は無限大に広がります。

詳細についてはBergamo II シリーズの製品ページをご参照ください。

 

EnVista Whole-Slide-Scanning Microscope
Click to Enlarge

明視野、蛍光イメージング用に構成されたスライド全域走査型顕微鏡(研究用)EnVista™

 

研究用スライド全域走査型顕微鏡EnVista™

当社のスライド全域走査型顕微鏡EnVistaは、高速かつ高精度な研究用途の顕微鏡です。明視野や蛍光用途の顕微鏡として、EnVistaは従来のイメージング技術「Stop and Stare」手法に対して、イメージングの高速化(>5倍) と、「スティッチ」を必要としないことにより、アライメントエラーの除去を実現しています。

詳細については、EnVistaの製品ページをご参照ください。

 

Bergamo II Microscope
Click to Enlarge

2光子メゾスコープはHHMI Janelia Research Campusから認可を取得した技術を使用

 

2光子メゾスコープ

Ø5 mmの極めて大きな視野(FOV)において高速機能イメージングが可能な2光子メゾスコープは、脳内の広い領域を解析するために開発されました。メゾスコープは、視野全体を走査、もしくは空間的に離れた複数の領域を高速にイメージングします。覚醒している試料の神経活動のin vivoイメージングをビデオフレームレートレベルの速度、細胞下レベルの分解能で行うことが可能です。

詳細については、2光子メゾスコープの製品紹介ページをご参照ください。

 

Cerna
Click to Enlarge

単一細胞記録用に構成されたCernaシリーズ顕微鏡

 

Cerna®シリーズ電気生理とワイドフィールド観察用イメージング装置

Cernaシリーズは、透過光によるワイドフィールド観察・撮像を必要とする電気生理学、光遺伝学(オプトジェネティクス)、DNAマイクロインジェクション、および他のアプリケーションのためのプラットフォームです。 その汎用性、拡張性、および操作性に優れたデザインは、他の当社製あるいは他社製の周辺機器と互換性があります。

詳細についてはCernaシリーズの製品ページをご参照ください。

 

Confocal Microscope
Click to Enlarge

共焦点スキャンヘッドを使用してアップグレードした倒立顕微鏡

 

共焦点顕微鏡システム

当社の走査型共焦点レーザ顕微鏡システムは、研究グレードの顕微鏡に共焦点イメージング機能を追加するために設計されています。 多光子励起顕微鏡と同じ400フレーム/秒のレゾナントスキャン技術を活用し、4波長励起と4チャネルの検出をサポートすることで、生きた細胞における多次元マルチカラーイメージングを可能にします。

詳細については共焦点顕微鏡の製品ページをご参照ください。

 

Confocal Microscope
Click to Enlarge

可変速度スペクトルドメインOCTシステムTelesto-II

 

スペクトルドメインOCTシステム

当社は、各アプリケーションにおける個別のニーズに対応するため、いくつかのスペクトルドメインOCTシステムを開発しました。 Telesto、CallistoおよびGanymedeシステムは、中心波長930 nmあるいは1325 nmのレーザの選択に加え、スキャン速度、感度、視野(field of view、FOV)、側方および深度方向の解像度について、可能な限り最高の組み合わせがご提供できるよう最適化されています。

スペクトルドメインOCTと波長掃引OCTシステムの比較はこちらをご覧ください。また、当社豊富なスペクトルドメインOCTシステムの一覧はこちらをご覧ください。

 

Tiberius Laser
Click to Enlarge

多光子イメージング用フェムト秒Ti:サファイアレーザ

 

波長可変フェムト秒Ti:サファイアレーザ

波長可変フェムト秒Ti:サファイアレーザTiberius® は、社内のライフサイエンス・アプリケーション専門スタッフとともに設計され、2光子イメージ ングに適した製品です。この製品のチューニング速度は<100 msで最高200 nmと業界トップレベルで、また独自の縦型共振器構造により他社製品の半分の設置面積となっています。

詳細については、Tiberiusの製品紹介ページをご参照ください。

お客様のニーズに合わせたご提案を心掛けています。
ご意見・ご要望、またご質問などございましたら当社までお気軽にご連絡ください。

in vivo深部組織イメージング 

深部組織イメージングは多光子励起顕微鏡の特長です。Bergamo® IIシリーズの超高感度検出器は全視野ノンデスキャンGaAsP光電子増倍管検出器を用いており、サンプル深部で散乱した光子を最大限捉えることができます。 この効率的なデザインによって、組織を切り出すことなくサンプルの深部の形態学的特長を捉え再構成することが可能となります。

左の画像は、8週齢のthy1-YFP発現マウスの1次体性感覚野のXZプロジェクション画像で、サンプル厚は1.0 mmを超えています。 励起波長は960 nmで、Nikon Apo LWD 25倍対物レンズ(NA 1.10)を用いて画像を取得しました(データ提供:Dr. Hajime Hirase and Katsuya Ozawa, RIKEN Brain Science Institute, Wako, Japan)。

 

EnVista Whole Slide Image
Click Here for Enlarged View of Whole-Slide Image
Click Here for Enlarged View of Inset
ウシ肺動脈内皮(BPAE)細胞の高精細なスライド全域走査画像

スライド全域走査型蛍光イメージング

ウシ肺動脈内皮(BPAE)細胞の蛍光画像。ミトコンドリアはMitoTracker®Red CMXRos、F-アクチンはAlexa Fluor® 488ファロイジンで染色し、核はDAPIで対比染色しています。画像(走査領域15 mm x 15 mm)は20倍の倍率で取得しました(DICOM規格)。拡大画像はスライド全域画像のうちの604 µm x 627 µmの領域を示しています。

こちらの画像は当社のEnVista™全域スライド走査型システムで取得しました。励起波長は1300 nmです。

 

発生生物学

受精後48時間のゼブラフィッシュ胚における発達中のニューロンの最大値投影法(背側面および側面像)。 ニューロンはAlexa488ラベルしたアセチル化チューブリンに対する抗体で標識しました。

これらの画像は当社の共焦点顕微鏡を用いて撮影しました。 蛍光色素は488 nmのレーザで励起され、オリンパス20倍水浸対物レンズ(NA 1.0)を用いて画像化しました (データ提供: Aminah Giousoh and Dr. Robert Bryson-Richardson, School of Biological Sciences, Monash University, Victoria, Australia)。

 

Merged Image
Click to Enlarge

シグナルを組み合わせた画像 

非線形イメージングによる構造の洞察

蛍光タンパク質は厚いサンプルやin vivoサンプルの観察における制限をある程度克服しましたが、蛍光シグナルのそれらサンプルの透過は必ずしも容易ではなく、蛍光以外の手法による可視化が望まれる場合もあります。 2光子励起をはじめとする非線形顕微鏡は、構造を可視化するためのいくつかの補完的なコントラストを提供します。 コヒーレント反ストークスラマン散乱(CARS)、第2高調波発生(2光子蛍光)、および第3高調波発生(3光子蛍光)は、レーザと興味対象となる構造の直接的な相互作用によってコントラストを生じる非線形画像化技術です。 ある条件下において、これらの手法は蛍光(物質)を用いることなく、検出可能なシグナルを発生することができます。

右に示す図は、CARS、SHG、および和周波発生(SFG)のシグナルを組み合わせた画像で、下はそれぞれのイメージング手法で得られた像を示しています。 これら全ての画像は当社の多光子顕微鏡で取得しました。

 

High-Resolution Imaging
Click to Enlarge

赤色蛍光蛋白質tdTomatoを発現した樹状突起スパイン 

高解像イメージング

tdTomatoを発現するマウスにおける視覚野神経細胞の樹状突起スパイン拡大図。

この画像は当社の多光子顕微鏡で取得されました。 励起波長は1040 nmで、データはNA 1.0のOlympus 60倍対物レンズ(NA 1.0)を使用してデータを取得しました (画像提供: Dr. Tobias Rose, Max Planck Institute for Neurobiology, Martinsreid, Germany)。 

 

OCT Scan Control Screen Shot
Click to Enlarge

スズメバチのサンプル

深部3次元イメージング

スズメバチのサンプル画像。サンプルの光学像は、右下隅に見ることができます。 

この画像は当社のスペクトルドメインOCTシステムTELESTO-IIで撮影しました。励起波長は1300 nmです。

当社では、お客様のニーズに合わせたご提案を心掛けています。
ご意見・ご要望、またご質問などございましたら当社までお気軽にご連絡ください。

深部観察

 

神経のin vivo機能イメージング

Large FOV imaging at high spatiotemporal resolution is a necessary requirement for correlating neural activity of large brain volumes. This movie demonstrates the firing of neurons expressing GCaMP6f in behaving mice running on a spherical treadmill. The low magnification movie shows activity across multiple brain areas, including the somatosensory, parietal, and motor areas, at 4.3 Hz across a 6.3 mm x 5.4 mm FOV. The four non-contiguous regions were imaged at 9.6 Hz with 600 μm x 600 μm FOV, and fluorescence signals from individual neurons were sampled to cross-correlate their activity.

In these image sets, taken with the Multiphoton Mesoscope, the excitation wavelength was 970 nm. The data set is courtesy of Nicholas James Sofroniew, Daniel Flickinger, Jonathan King, and Karel Svoboda; Janelia Research Campus and Vidrio Technologies, Virginia, USA (video taken from https://elifesciences.org/content/5/e14472/article-data and used here under a Creative Commons Attribution license).

 

生体イメージング

腸間膜のような薄い組織以外にも、生きた動物の実質臓器イメージングへと可能性が広がった事実に代表されるように、生体顕微鏡は大きな進歩を遂げたと言えます。 この動画では血液灌流をモニターすることができています。 血液は尾静脈から注入された赤色蛍光微粒子を含むFITCデキストランで標識されており、微粒子の追跡により血流速度を求めることができます。 また赤血球は、緑の血管内の暗い影として見ることができます。

これらの画像は当社の多光子励起顕微鏡で取得しました。 励起波長は780 nmで、Olympus XLUMPLFLN 20倍対物レンズ(NA 1.0)を用いております(画像ご提供: Dr. Simon Rhodes, IUPUI School of Medicine, Indianapolis, Indiana)。

脳深部のイメージング

深部組織イメージングは多光子励起顕微鏡の核心的な特長といえます。Bergamo®Ⅱシリーズの超高感度検出器は全視野ノンデスキャンGaAsP PMT検出器を用いており、サンプル深部で散乱した光子を最大限捉えることができます。 その効率的なデザインによって、組織を切り出すことなくサンプルの深部の形態学的特長を捉え、再構成することが可能となります。

上の画像は、8週齢のthy1-YFP発現マウスの1次体性感覚野のXZプロジェクション画像で、サンプル厚は1.0 mmを超えています。 励起波長は960 nmで、Nikon Apo LWD 25倍対物レンズ(NA 1.10)を用いて画像を取得しました(データご提供:Dr. Hajime Hirase and Katsuya Ozawa, RIKEN Brain Science Institute, Wako, Japan)。

 

共焦点反射顕微鏡

全てのサンプルが外因性の造影剤(この場合蛍光色素)で標識することができるわけではありません。 共焦点反射顕微鏡は、反射したレーザ光を観察することによって、光学切片を画像化できます。 この動画はナシヒメシンクイ(Grapholita molesta, Oriental Fruit Worm、Peach Worm)のZスタックを表しています。

これらの画像は当社の共焦点顕微鏡で撮影しました。 励起波長は488 nmで、Olympus UPlanFl 20倍対物レンズ(NA 0.50)を用いて撮影しました。

当社では、お客様のニーズに合わせたご提案を心掛けています。
ご意見・ご要望、またご質問などございましたら当社までお気軽にご連絡ください。

ソーラボジャパンでは、お客様の実験用途に適したイメージングシステムをお選びいただくために、当社の顕微鏡システムなどを無償でお試しいただけるデモルームをご用意しています。

ご希望のシステムに関するご質問やデモのご予約など、お気軽に当社までお問い合わせください。

Showroom Icon

デモルームのご案内

 

所在地
〒170-0013
東京都豊島区東池袋2-23-2 いちご池袋イーストビル1階** (受付は2階になります。)

デモルーム常設顕微鏡システム*

*上記以外の顕微鏡システム、もしくは顕微鏡以外のイメージングシステム
デモをご希望の場合は下記までご相談ください。
**2017年1月1日よりビル名が変更になりました。

お問い合わせ先:

  • Tel: 03-5979-8889
  • E-mail: sales@thorlabs.jp
  • 営業時間: 9:00~17:30 (土・日曜日、祝日の他、弊社定休日を除く毎日)

当社では、用途ごとのさまざまなご要望にお応えできるように、お客様のニーズに合わせた
ご提案を心掛けています。
ご意見・ご要望、またご質問などございましたら当社までお気軽にご連絡ください。


Please Give Us Your Feedback
 
Email Feedback On
(Optional)
Contact Me:
Your email address will NOT be displayed.
 
 
Please type the following key into the field to submit this form:
Click Here if you can not read the security code.
This code is to prevent automated spamming of our site
Thank you for your understanding.
  
 
Would this product be useful to you?   Little Use  1234Very Useful

Enter Comments Below:
 
Characters remaining  8000   
Posted Comments:
No Comments Posted
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   Home  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2017 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-5979-8889
Tech Support: +81-3-5979-8889


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image

Last Edited: Nov 08, 2013 Author: Dan Daranciang