顕微鏡用XYZステージ


  • Ideal for use in 3D Imaging Applications
  • Z-Axis Resolution: 25 nm
  • Low-Profile, Compact Footprint
  • Compatible with Cerna®, Nikon, Olympus, and Zeiss Microscopes

Motorized XYZ Scanning

MZS500-E Z-Axis Stage and MLS203-1 XY
Stage Shown with the MZS500P2 Slide Holder

MZS500-E Z-Axis Stage Mounted
to an MLS203-1 XY Microscopy
Stage, Shown Attached to a Nikon
Eclipse Ti-U Microscope

Related Items


Please Wait
XYZ Scanning Stage
Click to Enlarge

View Product List
型番数量Description
LPXY11電動式XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
BSC20212軸ベンチトップ型ステッピングモーターコントローラ
MZS500-E1Z軸ピエゾステージ&コントローラーキット
MZS500P21MZS500用スライドガラス/ペトリ皿ホルダ
MJC212軸 USB HIDジョイスティック
MJC111軸 USB HIDジョイスティック
フル構成の走査ステージLPXY1/MZS500-Eと別売りのジョイスティックMJC1、MJC2。ステージLPXY1のフィンガーガードは取り外しています。

特長

  • 2種類の薄型XY走査ステージ、移動量110 mm x 75 mm
    • 当社のCerna®、およびNikon社、Olympus社、Zeiss社の各顕微鏡に対応する取付けブラケットをご用意
  • Z軸はピエゾステージ。垂直移動量:500 µm、分解能:25 nm
    • 対応するXY軸走査ステージに取り付けることにより顕微鏡用XYZステージを構成
  • 顕微鏡用XYZステージに使用可能な試料ホルダやアクセサリをご用意

顕微鏡用電動式XYZステージシステムMLS203/MZS500-EおよびLPXY1/MZS500-Eは、レーザ走査顕微鏡を含むZ軸スライスや3次元イメージングなどにおいて、3次元位置決め用としてご利用いただけます。MZS500-Eは閉ループのアクティブフィードバック制御を採用し、サブミクロンの繰り返し再現性と25 nmのZ軸分解能を実現しています。そのため、高精度のフォーカス制御が求められる用途に適しています。機能を完備した顕微鏡用電動式XYZステージシステムを構築するには、高速XY走査ステージMLS203または薄型XY走査ステージLPXY1とそれぞれに対応するコントローラ、Z軸ステージMZS500-EM、および適切な取付け用ブラケットが必要です。別売りのZ軸ステージ用アクセサリについては下記の製品紹介をご覧ください。また下表には、それぞれの顕微鏡に適したXYZステージシステムを構築するのに必要なコンポーネントが記載されています。

XY走査ステージ
顕微鏡用XYZステージを構築するためのコンポーネントとして、まずXY走査ステージが必要です。走査ステージMLS203は、Nikon、Olympus、Zeiss製顕微鏡用の手動式ステージを置き換えられる製品として、また当社のCerna顕微鏡にも使用可能な製品として設計されており、顕微鏡試料のXY位置を電動で調整することができます。この小型ステージは高速走査と3.0 µm未満の高い位置決め精度を特長としており、様々な分光法やイメージング技術を用いたアプリケーションにおいて、多様な標本や試料を手動または自動で位置決めするのに適しています。Nikon、Olympus製顕微鏡および当社のCerna顕微鏡用として、薄型XY走査ステージLPXY1もご用意しております。この小型のステージはステッピングモータを使用しているため、高い位置決め安定性を有する最適な低速動作が得られ、顕微鏡でのルーティン的な位置決めに適しています。 走査ステージLPXY1は、高速性が要求されない用途にご使用いただける堅牢でコスト効率が高い製品です。

顕微鏡イメージングシステムにこのステージを組み込む際には、下記のいずれかの取付け用ブラケットをご使用ください。適切なブラケットはご使用の顕微鏡によって異なります。また当社では、一般的なフォトニクス実験やカスタム仕様の顕微鏡のセットアップなどを行う際に、XY走査ステージを光学テーブルやブレッドボード上にボルトで固定するのに便利な、取付け用アダプタもご用意しております。

Z軸ピエゾステージ
Z軸ピエゾステージMZS500-Eは、顕微鏡用XYZステージの構築に必要なもう1つのコンポーネントです。このピエゾ駆動の薄型ステージの移動量は垂直方向(Z軸)に500 µmです。閉ループ用のピエゾコントローラが付属しており、コンピュータ制御によるZ軸位置決めとアクティブな位置のフィー ドバックが可能です。顕微鏡イメージングシステムにXYZステージを組み込む際は、まず付属のキャップスクリュを用いて、このZ軸ステージをXY走査ステージMLS203またはLPXY1に取り付けてください。Z軸ステージMZS500-Eの取付けが可能なXYステージは下表をご覧ください。XYステージを選択したら、顕微鏡イメージングシステムにXYZステージを組み込むために、対応するXYステージ取付け用ブラケットを選択してください。

試料ホルダおよびアクセサリ
当社では顕微鏡スライド、ペトリ皿、マウント済み金属試料などの位置決めができるように、様々なアダプタをご用意しています。ステージMLS203およびLPXY1用にはXY軸ジョイスティックMJC2を、またMZS500ステージ用にはZ軸ジョイスティックMJC1をご用意しています。詳細は下記の製品紹介をご覧ください。

顕微鏡用XYZステージアセンブリのご紹介

MicroscopeaXY Stage / ControllerXY Stage
Mounting Bracket
Z-Axis StagebOptional Specimen Holders and Accessoriesc
Thorlabs Cerna®MLS203-1 Stage / BBD302 Controllerd
or
LPXY1 Stage / BSC202 Controller
CSA1000MZS500-EC4SH01: Multi Slide Holder
MZS500P2: Slide/Petri Dish Holder
MZS500P3: Blank Adapter Plate
MZS500P5: 1/4"-20 Tapped Breadboard Plate
MZS500P4: M6-Tapped Breadboard Plate
MJC2: XY Microscopy Joystick
MJC1: Z-Axis Microscopy Joystick
Nikon 50i, 80i, 90i, and Ci-LMLSA06
Nikon TE2000 and Eclipse TiMLSA03
Nikon Eclipse FN1MLSA07
Olympus BX41, BX43, BX51, and BX61MLSA08
Olympus IX71, IX73, IX81, and IX83MLSA02
Olympus IX70MLSA09
Zeiss Axio Observer and Axiovert 40MLS203-2 Stage / BBD302 ControllerdNone Needed
Optical Breadboard / Custom ConfigurationMLS203-1 Stage / BBD302 Controllerd
or
LPXY1 Stage / BSC202 Controller
MLSA01 or MLSA04
MLS203-2 Stage / BBD302 ControllerdMLSA04
  • 当社では、Olympus、Nikon、Zeiss、Leica製のこれら以外の顕微鏡についても、特注にて取付け用ブラケットをご提供いたします。お手持ちの顕微鏡が上の表に記載されていない場合、対応可能なブラケットの入手可能性については当社までお問い合わせください。
  • コントローラはステージに付属。
  • XYステージ用のアクセサリについてはこちらをご覧ください。
  • こちらのステージは、19インチラック型モーションコントロール用シャーシMMR60x用に設計されたコントローラーモジュールMBD602もご用意しております。

コントローラMZS500-E

Item #MZS500-E
Piezoelectric Output (SMC Male)
Voltage (Software Control)0 to 150 VDC
Voltage (External Input)-10 to +10 VDC
Current500 mA Max Continuous
Stability100 ppm Over 24 hours
(After 30 min Warm-Up Time)
Noise< 3 mV RMS
Typical Piezo Capacitance1 to 20 µF
Bandwidth1.0 kHz, Digital Closed Loop
Position Feedback (9-Pin D-Type Female)
Feedback Transducer TypeStrain Gauge and Capacitive Compatible
Detection MethodAC Bridge (18 kHz Excitation)
Typical Resolution5 nm (for 20 µm Actuator e.g. PAZ005)
Auto-ConfigureID Chip in Stage
User Input/Output (15-Pin D-type Female)
4 Digital InputsTTL Levels
4 Digital OutputsOpen Collector
Trigger Input/OutputTTL
Trigger Input FunctionalityTriggered Voltage Ramps/Waveforms
Trigger Output FunctionalityTrigger Generation During Voltage Ramp Output
User 5 V (with Ground)250 mA Max
Controller Specifications (Main Unit)
Front Panel Controls
Display5-Digit, 7-Segment
ButtonsVolts/Microns Select, Open/Closed Loop Select, Zero, Resolution
Display BrightnessAdjustable
ResolutionSwitchable Coarse and Fine Adjustment
OutputInfinite Turn Precision Digital Potentiometer (Encoder)
USB PortUSB 2 Full speed (12Mbps) Compatible
Input Power Requirements
Voltage85 - 264 VAC
Power150 W
Fuse3.15 A
General
Dimensions (W x D x H)152 mm x 244 mm x 104 mm (6" x 9.6" x 4.1")
Weight3.18 kg (7 lbs)

Z軸ステージMZS500-E

Item #MZS500-E
Drive Voltage0 to 150 V
Travel500 µm
Resolution25 nm
Minimum Step Size250 nm Typical
Feedback Transducer TypeCapacitive
Position Linearity Error< 0.05% over Full Travel
Typical Settling Time for 1 to 100 µm Step25 ms Typical
Max Travel Bandwidth10 Hz
Drive Signal ShapeSaw Tooth, Sinusoidal or Square Wave
Resonant Frequency (± 10%)155 Hz at No Load
130 Hz at 100 g Load
110 Hz at 200 g Load
100 Hz at 250 g Load
Maximum Loada250 g (0.5 lbs)
Tilt AngleX-Axis: ± 50 µrad
Y-Axis: ±30 µrad
Operating Temperature25° C
Dimensions (X, Y, Z)b8.9" x 5.9" x 0.98"
(226 mm x 150 mm x 25 mm)
Weight (with cables, no accessories fitted)850 g (1.85 lb)
Surface FinishBlack Anodized
  • ステージに対する全負荷を表しています。負荷の計算には、アクセサリープレートの重量なども全て含める必要があります。
  • Z方向の寸法はMLS203の上面からの距離を表しています。
XYZ Microscope Stage
Click to Enlarge

XY走査ステージMLS203とそれに取り付けられたZ軸ステージMZS500-Eの全体外形図

XY走査ステージMLS203

Item #MLS203-1/ML203-2
Travel Range110 mm x 75 mm (4.3" x 2.95")
Speed (Max)250 mm/s
Acceleration (Max)2000 mm/s2
Bidirectional Repeatability0.25 µm
Unidirectional Repeatability0.25 µm
BacklashaN/A
Load Capacity (Max)b1 kg (2.2 lb)
Incremental Movement (Min)0.1 µm
Absolute On-Axis Accuracy< 3 µm
Percentage Accuracy (Max)X-Axis: 0.0027%
Y-Axis: 0.004%
Flatness in X Axis±3 µm over full travel, ±1 µm over 10 mm
Flatness in Y Axis±2 µm over full travel, ±1 µm over 10 mm
Home Location Accuracy0.25 µm
Settling Time within 1 µm (600 g Load)0.1 s
Settling Time within 0.1 µm (600 g Load)0.6 s
Weight (Including Cables)3.2 kg (7.0 lbs)
Limit SwitchesX and Y as Standard
Bearing TypePrecision Linear Bearing
Motor TypeBrushless DC Linear Motor
Dimensions (Mid Travel)250 mm x 229.3 mm x 31 mm
(9.84" x 9.03" x 1.22")
Recommended ControllerBBD302
  • このステージは送りネジを使用していないため、バックラッシュは発生しません。
  • 用途によっては、重い負荷がステージの性能や安定性に影響する場合があります。

コントローラBBD302

Item #BBD302
Number of Channels2
Drive Connector8 Pin DIN, Round, Female
Feedback Connector15-Pin D-Type, Female
Brushless Continuous Output2.5 A per Channel, 5 A Max All-Channel Total Output
Brushless Peak Output4.0 A per Channel, 5 A Max All-Channel Total Output
PWM Frequency40 kHz
Operating ModesPosition and Velocity
Control Algorithm16-Bit Digital PID Servo Loop with Velocity and
Acceleration Feedforward
Velocity ProfileTrapezoidal/S-Curve
Position Count32 Bit
Position FeedbackIncremental Encoder
Encoder Bandwidth2.5 MHz (10 M Counts/sec)
Encoder Supply5 V
AUX Control Connector37-Pin D-Type Female (User Digital IO, 5 V O/P)
Front Panel Display4.3" Full-Color LCD, 480 x 272 Pixels
Input Power
Requirements
250 VA
Voltage: 100 to 240 VAC
Frequency: 47 to 63 Hz
Fuse: 3.15 A
Dimensions (W x D x H)250.0 mm x 279.1 mm x 108.8 mm
(9.84" x 10.99" x 4.28")
Mass (Weight)1.70 kg (3.75 lbs)
 

LPXY1 Stage
Travel Range110 mm x 75 mm (4.33" x 2.95")
Speed (Max)25 mm/s
Velocity Stability< 1.27 mm/s
Acceleration (Max)400 mm/s2
Bidirectional Repeatability< ±1.5 µm
Unidirectional Repeatability< ±1.5 µm
Minimum Repeatable Incremental Movement0.1 µm
Calibrated On-Axis Accuracy< ±5.0 µm
Home Location Accuracy< ±2.5 µm
Load Capacity (Max)a1 kg (2.2 lb)
Pitch Angular Deviation±150 µrad
Yaw Angular Deviation±150 µrad
Horizontal Straightness±3 µm
Vertical Straightness±3 µm
Limit SwitchesX and Y as Standard
Bearing TypeHigh Rigidity Recirculating Precision Linear Bearing
Motor TypeStepper Motor
Step Angle1.8° (200 Step Motor)
Step Accuracy5%
Microsteps per Full Step2048
Microsteps per Revolution of Motor409 600 (For 200 Step Motor)
Dimensions
(Mid Travel, Excluding Guards)
310.1 mm x 255.6 mm x 32.3 mm
(12.21" x 10.06" x 1.27")
Weight (Including Cables)3.0 kg (6.6 lbs)
Recommended ControllerBSC202b

BSC202 Controller
Input and Output
Motor Drive Connector
(15-Pin, D-Type Female)
2-Phase Bipolar Motor Drive Output
Differential Quadrature Encoder (QEP) Input
Forward, Reverse Limit Switch Inputs
Encoder 5 V (with Ground)
Control IO Connector
(15-Pin, D-Type Female)
Jog Forward/Back Input (TTL)
User Logic Input/Output (TTL)
Single-Ended Analog Input (0 - 10 V)
User 5 V (with Ground) 100 mA Max
Trigger Input/Output (TTL)
Motor Resolution
Microsteps per Full Step2048
For 200 Step Motor409 600 Microsteps/Rev
Motor Drive Voltage48 V
Motor Drive PowerUp to 50 W (Peak) / 25 W (Average)
Motor SpeedsUp to 3000 RPM (200 Full Step Motor)
Encoder Feedback Bandwidth500 KHz (500 000 Counts/s)
Input Power Requirementsa
Voltage85-264 VAC
Power200 W (Peak)
Fuse3.15 A
General
Housing Dimensions (W x D x H)240 mm x 360 mm x 133 mm (9.5" x 14.2" x 5.2")
Weight6.7 kg (14.75 lbs)
Compatible Motor Specifications
Peak Powers15 to 50 W
Average Power25 W (Max)
Step Angle Range20° to 1.8°
Coil Resistance (Typical)4 - 15 Ω
Coil Inductance (Typical)4 - 15 mH
Rated Phase Currents (Typical)0.1 - 1 A
  • 電源ケーブル(日本国内用)が付属。

ステージMZS500-Eのピン配列

フィードバック

オス型

Feedback

PinDescriptionPinDescription
1aSine +7Reserved for Future Use
2aSine -8+15 V Supply
3Ground9-15 V Supply
4Reserved for Future Use10Ground
5bPosition +11Ground
6bPosition -12Ground
  • 周波数20 kHz~35 kHzで使用時の、コントローラ(ピエゾIN)からステージへの差動正弦波信号
  • ステージのセンサから出力される差動信号 

アクチュエータ

SMCオス型

USER I/O
0 - 150 V
0 - 500 mA


コントローラMZS500-Eのピン配列

歪ゲージ

Strain Gauge

PinDescriptionPinDescription
1Strain Gauge Excitation5AC Feedback IN
2-15 Vouta6Ground
3+15 Vouta7Actuator ID Signalb
4Ground8Reserved For Future Use
9Reserved For Future Use
  • ピエゾアクチュエーターフィードバック回路専用の電源です。
    他の回路やデバイスにはお使いいただけません。
  • この信号は、当社のアクチュエータにのみご利用になれます。この信号によって、
    システムはアクチュエータに内蔵されたピエゾ素子の伸縮を識別することができます。

I/O

USER I/O

PinDescriptionReturnPinDescriptionReturn
1Digital O/P 15,9,109Digital Ground-
2Digital O/P 210Digital Ground
3Digital O/P 311Reserved for Future Use (Trigger OUT)5,9,10
4Digital O/P 412Reserved for Future Use (Trigger IN)
5Digital Ground-13Digital I/P 4
6Digital I/P 15,9,10145 V Supply Output
7Digital I/P 2155 V Supply Output
8Digital I/P 3

XY走査ステージMLS203のピン配列

モータードライバ

オス型

Motor Drive

PinDescriptionPinDescription
1Motor Phase V5Stage ID
2GND6GND
3Thermistor (Not Used)7Motor Phase W
4Motor Phase U8Enable

エンコーダーフィードバック

Dタイプオス型

Encoder Feedback

PinDescriptionPinDescription
1Reserved for Future Use9GND
2GND10Limit Switch +
3Reserved for Future Use11Limit Switch -
4Encoder Index -12Encoder Index +
5aQB -13aQB +
6aQA -14aQA +
75 V15Reserved for Future Use
85 V
  • 差動入力信号
 

コントローラBBD302のピン配列

モータードライバ

DINコネクタ、メス

BBD MOTOR DRIVE

PinDescriptionPinDescription
1Motor Phase V5Stage ID
2GND6GND
3Temp. Sensor (Not Used)7Motor Phase W
4Motor Phase U8Enable

フィードバック

D型コネクタ、メス

BBD FEEDBACK

PinDescriptionPinDescription
1Not Connected9GND
2GND10Limit Switch +
3Not Connected11Limit Switch -
4Index -12Index +
5QB -13QB +
6QA -14QA +
7a5 V15Not Connected
8a5 V
  • 7と8は内部短絡

ハンドセット

Mini DINコネクタ、メス

Handset Connector

PinDescriptionPinDescription
1RX
(Controller Input)
4Supply Voltage
for Handset 5 V
2Ground5TX (Controller Output)
3Ground6Ground

AUX I/O

D型コネクタ、メス

37-Pin DIN Male

PinDescriptionPinDescriptionPinDescriptionPinDescription
1RS232 TX11User Digital O/P 11+21+5 V31User Digital O/P 4+
2RS232 RX12User Digital O/P 10-22User Digital I/P 332User Digital O/P 4-
3Ground13User Digital O/P 10+23User Digital I/P 233User Digital O/P 5+
4Differential I/P 2+14User Digital O/P 9-24User Digital I/P 134User Digital O/P 5-
5Differential I/P 2-15User Digital O/P 9+25User Digital I/P 035User Digital O/P 6+
6Differential I/P 1-16User Digital O/P 8-26User Digital O/P 036User Digital O/P 6-
7Differential I/P 1+17User Digital O/P 8+27User Digital O/P 137Ground
8User Digital O/P 12-18User Digital O/P 7-28User Digital O/P 2--
9User Digital O/P 12+19User Digital O/P 7+29User Digital O/P 3
10User Digital O/P 11-20+5 V30Ground

USB

USB Type B、メス

USB Connector

I/O

BNCコネクタ、メス

I/O Connector

5 V TTL

 

電動走査ステージLPXY1のピン配列

15-Pin DB-Type Feedback Connector Diagram.
PinDescriptionPinDescription
1Not Connected9CW Limit Switch
2Not Connected10CCW Limit Switch
3Not Connected110 V User
4Not Connected12For Future Use
55 V User13For Future Use
6Identification14Motor Phase B+
7Motor Phase B-15Motor Phase A+
8Motor Phase A-

各軸用に、それぞれBSC200シリーズコントローラに接続するための15ピンD型コネクタが付いています。


BSC200シリーズコントローラのピン配列

制御I/Oコネクタ

15-Pin DB-Type Feedback Connector Diagram.
PinDescriptionReturnPinDescriptionReturn
1User 5 V I/O99User 0 V-
2Jog Forwardsa910Jog Forwardsa9
3Not Used911Analog Inb9
4Trigger In-12Trigger Out9
5User 0 V-13Not Used5
6Not Used-14Not Used6
7Digital (User) In-15Digital (User) Out9
8Keyed Pin-
  • ジョグ入力機能を有効にするにはUser 0 V(ピン9)に接続する必要があります。
  • Analog Inへの入力は、ピン9の0 Vを基準にして、0~5 Vです。

モータードライブコネクタ

PinDescriptionPinDescription
1Encoder A +ve9CW Limit Switch
2Encoder A -ve10CCW Limit Switch
3Encoder B +ve110 V User
4Encoder B -ve12For Future Use
55 V User13For Future Use
6For Future Use14Motor Phase B+
7Motor Phase B-15Motor Phase A+
8Motor Phase A-



PC接続

USB Type B

A-BタイプのUSBケーブルが付属します。

リモートハンドセット用コネクタ

ジョイスティックMJC2に対応


PinDescription
1RX (Controller Input)
2Ground
3Ground
4+5V, 100 mA Power Supply
5TX (Controller Output)
6Ground

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、Kinesis® ソフトウェアパッケージと従来のAPT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージも小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-Cube™やT-Cube™など)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラをカバーするKinesisシリーズのデバイスを制御できます。

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEW™またはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

Kinesis Software
KinesisのGUIスクリーン
APT Software
APTのGUIスクリーン

当社従来のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるKinesisとAPTコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。シングルチャンネルシステムからマルチチャンネルシステムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンクからご覧いただけます。

ソフトウェア

Kinesis バージョン 1.14.47

このKinesisソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

APT バージョン 3.21.6

このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesisシステムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

こちらのページでご覧いただくAPTビデオチュートリアルは、付属のATPユーティリティに関する説明と、いくつかのプログラミング環境におけるAPTシステムのプログラミングに関する説明の2つの部分から構成されています。

免責事項:これらの動画は、当初はAdobe Flashによって作成されました。2020年のAdobe Flashのサポート終了後、これらのチュートリアルは再録画されています。各動画の下にはFlash Playerの操作ボタンが見えますが、機能はしません。

APTコントローラには、APTUserユーティリティとAPTConfigユーティリティが付いています。APTUserを用いると、直感的操作が可能なグラフィック制御パネルを介して、APTで制御するハードウェアに素早く簡単に接続することができます。APTConfigは「オフライン」ユーティリティで、メカニカルステージのタイプを事前に選択し、それらを特定のモーションコントローラに対応付けるなど、システム全体のさまざまな設定を行うことができます。

APT Userユーティリティ

下の左側の動画では、APTUserユーティリティの操作概要について説明しています。シングルチャンネルコントローラのOptoDriverは、制御用のPCが無くても前面パネルのコントローラを介して操作できます。前面パネルのコントローラに保存されている操作に関する設定は、APTUserユーティリティを使用して変更することができます。そのプロセスは下の右側の動画でご覧いただけます。

APT User - 概要
APT User - OptoDriverの設定


APT Configユーティリティ

シミュレートされたハードウェア構成のセットアップや、メカニカルステージの特定のモータードライブチャンネルへの対応付けなど、APT Configユーティリティを使用してAPTシステム全体の様々な設定ができます。下の最初の動画ではAPT Configの概要をご覧いただけます。シミュレートされたハードウェア構成の作成方法やステージと対応付ける方法についての詳細は、その右側の2つの動画でご覧いただけます。

APT Config - 概要
APT Config - シミュレータのセットアップ
APT Config - ステージとの対応付け


APTのプログラミング

APTソフトウェアシステムは、ActiveXコントロールのコレクションとして実装されています。ActiveXコントロールは言語に依存しないソフトウェアモジュールで、グラフィカルユーザーインターフェイスとプログラミングインターフェイスの両方を提供します。ハードウェアユニットのタイプごとにActiveXコントロールのタイプがあります。例えば、Motor ActiveXコントロールはすべてのタイプのAPTモーターコントローラ(DCまたはステッパ)の操作に対応します。ActiveXコントロールは多くのWindowsソフトウェア開発環境やソフトウェア言語で直接サポートされており、そのようなコントロールがカスタムアプリケーションに組み込まれると、そこに含まれるすべての機能が即座にアプリケーションで利用できるようになります。下の動画では、LabVIEW、Visual Basic、Visual C++によるAPT ActiveXコントロールの基本的な使用方法について説明しています。これ以外に、LabWindows CVI、C++ Builder、VB.NET、C#.NET、Office VBA、Matlab、HPVEEなどの多数の言語でもActiveXはサポートされています。これらの言語環境についてはチュートリアルのビデオでは特に取り上げていませんが、動画内の考え方の多くは他の言語環境でも適切に使用できます。

Visual Basic

Part 1ではVisual Basicで動作するAPT ActiveXコントロールを設定する方法について説明しており、Part 2では独自の位置決めシーケンスをプログラミングする方法について説明しています。

Visual BasicによるAPTプログラミング:Part 1
Visual BasicによるAPTプログラミング:Part 2


LabVIEW

LabVIEWはActiveXをフルサポートしています。下の一連のチュートリアルビデオでは、APTによる独自のモーションコントロールシーケンスを作製する際の基本的な構成要素を示しています。まずソフトウェア開発中にオンラインヘルプを呼び出す方法をご紹介します。Part 2ではAPT ActiveXコントロールの作成方法をご紹介します。ActiveXコントロールではメソッド(機能)とプロパティ(数値設定)の両方を設定できます。Part 3と4では、ActiveXコントロールで示されたメソッドとプロパティを作成してワイヤで接続する方法をご紹介します。最後に、Part 5では全体をまとめて、独自の移動シーケンスを実行するLabVIEWのプログラム例をご紹介します。

LabVIEWによるAPTプログラミング -
Part 1:オンラインヘルプへのアクセス方法
LabVIEWによるAPTプログラミング -
Part 2:ActiveXコントロールの作成方法
LabVIEWによるAPTプログラミング -
Part 3:ActiveXのメソッドの作成方法
LabVIEWによるAPTプログラミング -
Part 4:ActiveXのプロパティの作成方法
LabVIEWによるAPTプログラミング -
Part 5:ActiveXコントロールの開始方法


下のチュートリアルビデオでは、メソッドおよびプロパティのノードを作成する別の方法について説明しています。

LabVIEWによるAPTプログラミング -
ActiveXメソッドの作成方法(別の方法)
LabVIEWによるAPTプログラミング -
ActiveXプロパティの作成方法(別の方法)


Visual C++

Part 1ではVisualC++で動作するAPT ActiveXコントロールを設定する方法について説明しており、Part 2では独自の位置決めシーケンスをプログラミングする方法について説明しています。

Visual C++によるAPTプログラミング:Part 1
Visual C++によるAPTプログラミング:Part 2


MATLAB

当社のAPTポジショナにMATLABおよびActiveXコントロールを使用する場合は、こちらの資料をご覧ください。

プログラマー向けとして、LabVIEWでAPTソフトウェアをプログラミングする方法もこちらからご覧いただけます。

Kinesis®ソフトウェアでは新しい.NETコントロールが使用でき、最新の最新のC#, Visual Basic, LabVIEW™、ほかの.NET対応言語を使用する開発者がカスタムにプログラムを作成することもできます。

C#
このプログラミング言語はマルチプログラミングパラダイムやマルチプログラミング言語が使用可能となるよう設計されているため、複雑な問題が簡単かつ効率的に解決できます。型付け、命令型、宣言型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向、そしてコンポーネント指向が含まれます。 この共通のソフトウェアプラットフォームにより、1セットのソフトウェアツールを習得するだけで、あらゆるKinesisコントローラを簡単に組み合わせることができます。このようにして1軸システムのコントローラから多軸システムのコントローラまで、様々なコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが可能となりました。

Kinesisシステムソフトウェアを使用するには2つの手段があります。コントローラを直接つないで制御を行なう付属のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティ、またはご希望の開発言語でカスタム仕様の位置決めやアライメントを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

Kinesisモーションコントロールライブラリの構築の参考となる実行可能なプロジェクト機能拡張例については下のリンクをクリックしてください。なお、Quick Startのプロジェクト例の実行には別の統合開発環境(IDE)(Microsoft Visual Studioなど)が必要です。C#のプロジェクト例はKinesisソフトウェアパッケージに付属する.NETコントロールで実行可能です(詳細は「Kinesisソフトウェア」タブをご覧ください)。

C Sharp IconClick Here for the Kinesis with C# Quick Start Guide
Click Here for C# Example Projects
Click Here for Quick Start Device Control Examples
C Sharp Icon

LabVIEW
LabVIEWは、.Netコントロールを介してKinesisまたはAPTベースのコントローラとの通信に使用できます。LabVIEWでは、ツールとオブジェクトでフロントパネルとして知られるユーザーインターフェイスを構築した後、グラフィカル表記の関数を使ってコードを追加し、フロントパネルのオブジェクトを制御します。下記のLabVIEWチュートリアルでは.Netコントロールを使用してLabVIEW内KinesisまたはAPT駆動デバイス用の制御GUIを作成するための情報をご提供しています。 LabVIEWでコントローラを制御する基本的な方法や、LabVIEW GUIを用いてデバイスを操作する前に行うべき設定の手順についても解説しています。

Labview IconClick Here to View the LabVIEW Guide
Click Here to View the Kinesis with LabVIEW Overview Page
Labview Icon

Posted Comments:
Ik Hwan Kwon  (posted 2021-09-20 11:20:20.11)
Hello, Our MZS500-E has problem that it couldn't zero-positioning. When push the Zero positioning button, The position value is -35.2432 um and Maximum voltage I thought that this problem comes from positioning sensor calibration (green plate). But, It doesn't has any feedback even manual file :) How can I fix this problem?
DJayasuriya  (posted 2021-09-21 03:49:30.0)
Thank you for your inquiry. We will get in touch with you directly to troubleshoot.
jinjie pan  (posted 2021-06-01 10:52:56.903)
我们从你们这里购买了MZS500-E这器材,但是我们自己不小心将其附带的接线弄丢了,还希望你们可以提供一下这个器材和控制器的接线的型号,我们好在购买一下,一根电源线我们型号找到了,但是另一根反馈线我们型号找不到,还希望你们可以提供一下,谢谢,希望得到您的回复。
cwright  (posted 2021-06-02 09:20:55.0)
Response from Charles at Thorlabs: Thank you for your query. A member of your local technical support team will reach out to help provide the cables you have misplaced.
laura.waller  (posted 2014-01-07 18:47:01.677)
We can only get this working with matlab Active X if we use a 32 bit PC. Who uses 32 bits these days?!? Isn't there a 64 bit automation option that will interface with Matlab?
msoulby  (posted 2014-01-08 04:36:40.0)
Response from Mike at Thorlabs: We are currently developing a 64bit software platform to replace our now old APT software which will be 64bit compatible. We are currently in an alpha test phase but hope to have an advanced beta version in the near future that we can send to customers to use. However you can use direct serial communication over a virtual comm port in order to talk directly to the controller on a 64bit machine. I have contacted you directly with details of the USB communication protocols we use and more details on its use.
kelvin.wc.poon  (posted 2013-07-15 15:15:41.773)
This is a follow to the question below. Does the max load for the stage (250g) include the weight of the accessory plates? We have weighed the latter and they are around 200g, leaving only 50g for our samples. Another concern is the single spring/tension being the only point of contact for the plates. Any rapid XY movement makes the plate shift slightly. Is there a way to improve the stability?
pbui  (posted 2013-07-18 11:39:00.0)
Response from Phong at Thorlabs: Thank you for your feedback. The absolute weight limit of the stage is 250g, so your sample should be 50g or less. Regarding the stability, as we mention in a note in the manual on page 13, heavier loads may be unstable. We would recommend using a lower acceleration with a profiled stop to avoid this issue.
cbrideau  (posted 2013-06-24 21:08:06.623)
Does the 250g weight limit of the MZS500 stage include the weight of the inserts such as the MZS500P4?
bdada  (posted 2011-11-03 11:33:00.0)
Response from Buki at Thorlabs: We appreciate your interest in our microscopy stages and your positive feedback about our products. We can certainly arrange for you to test our products. We have contacted you to continue this conversation.
gcolarus  (posted 2011-11-02 22:39:11.0)
Hi, I am very interested in purchasing your automated microscope stage (both x,y and piezo z) products as well as your filter wheels/shutters. I notice that they are compatible with Micromanager from the Vale website. However, I can't seem to track down a group that is using your stages with MM. Can you comment on the compatibility with MM or put me in contact with groups that have these stage components running in their labs with MM? How about Volocity or Metamorph? If possible, we would greatly appreciate a loaner unit and we could prepare a complete report as we have lots of experience with imperfect automated stages (companies shall remain un-named for now). I am keen because I have been buying different components from Thor and have not been disappointed. Pina Colarusso Live Cell Imaging Facility UCalgary

電動式XY走査ステージ、XYZステージ構築用、高速ブラシレスDCモータ内蔵

Key Stage Specificationsa
Travel Range110 mm x 75 mm
(4.3" x 2.95")
Velocity (Max)250 mm/s
Acceleration (Max)2000 mm/s2
Bidirectional Repeatability0.25 µm
Unidirectional Repeatability0.25 µm
Horizontal Load Capacity (Max)b1.0 kg (2.2 lb)
Min Achievable Incremental Movement0.1 µm
Home Location Accuracy0.25 µm
Absolute On-Axis Accuracy< 3 µm
  • 仕様の詳細は「仕様」タブをご覧ください。
  • 用途によっては、重い負荷がステージの性能や安定性に影響する場合があります。
  • 顕微鏡用電動式XYZステージシステム構築のためのXY走査部コンポーネント
  • Cerna®顕微鏡のほか、Nikon製、Olympus製、Zeiss製の正立および倒立顕微鏡に組込み可能
  • 推奨コントローラ:2軸ブラシレスDCサーボモーターコントローラBBD302(別売り)
    • 別売りのジョイスティックMJC2は下でご紹介しております。
  • ブラシレスDCリニアサーボモーターアクチュエータを内蔵
  • 光学式リニアエンコーダ
  • 精密加工された高品質のリニアベアリング
  • 優れた再現性(0.25μm)と位置決め精度(<3 µm)

高速走査ステージMLS203は、Z軸ピエゾステージMZS500-Eと組み合わせてXYZステージを構築できるXY走査ステージの一つです。 ステージシステムMLS203/MZS500-Eを使用すると、試料をX、Y、Z軸に沿って高精度に走査できる汎用性の高い3D移動ステージを構築できます。XYステージMLS203-1は、当社のCerna正立顕微鏡のほか、Nikon製やOlympus製の倒立および正立顕微鏡に対応しています。ただし、取付けブラケットが別途必要です(下記参照)。 ステージMLS203 2は、Zeiss製顕微鏡のAxio ObserverおよびAxiovert 40に直接取り付けることができます。取付けブラケットは不要です。なお、XYZステージシステムを構築するためのXY走査ステージとして、薄型走査ステージLPXY1(下記参照)を使用することも可能です。MLS203-1が適合する顕微鏡には、LPXY1も適合します。

XY走査ステージMLS203のコントローラとしては、2チャンネルのコントローラであるBBD202をお勧めします。この製品には当社の制御ソフトウェアKinesis®とプログラミングインターフェイスが付いており、自動顕微鏡システムに簡単に組み込むことができます。このコントローラは、高速動作(数百mm/s)と高いエンコーダ分解能(<100 nm)が求められるアプリケーションに適しています。柔軟性を高めるために、USBまたはRS232インターフェイスによるPCとの通信をサポートしています。

コントローラにはソフトウェア開発キット(SDK)が付属しており、MLS203ステージのPCによる自動制御システムの構築もサポートしています。これは、このステージをほかの顕微鏡の自動制御用アクセサリと組み合わせて動作させることを求められるシステムインテグレータや自動化の専門家にとって大変有用です。SDKはWindowsで動作する主要な開発言語(LabVIEW、C++、MATLAB等)をサポートしており、ActiveXライブラリまたは標準的なダイナミックリンクライブラリ(DLL)の形式で提供されます。USBハブを介して多数のユニットを1台のPCに接続できます。例えば、XYステージMLS203用のコントローラBBD302と、Z軸ステージキットMZS500-Eに付属するコントローラを、1台のPCで制御することができます。ブラシレスDCモーターコントローラの詳しい製品説明はこちらをクリックしてご参照ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203-1 Support Documentation
MLS203-1電動式高速XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
¥1,132,709
7-10 Days
MLS203-2 Support Documentation
MLS203-2Zeiss製顕微鏡用電動式高速XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
¥1,132,709
Lead Time
BBD302 Support Documentation
BBD302Customer Inspired! 2チャンネルベンチトップ型3相ブラシレスDCサーボコントローラ
¥499,673
Today

電動式XY走査ステージ、XYZステージ構築用、ステッピングモータ内蔵

Key Stage Specificationsa
Travel Range110 mm x 75 mm (4.3" x 2.95")
Velocity (Max)25 mm/s
Acceleration (Max)400 mm/s2
Bidirectional Repeatability< ±1.5 µm
Unidirectional Repeatability< ±1.5 µm
Horizontal Load Capacity (Max)b1 kg (2.2 lb)
Min Achievable Incremental Movement0.1 µm
Home Location Accuracy< ±2.5 µm
Calibrated On-Axis Accuracy< ±5.0 µm
  • 仕様の詳細は「仕様」タブをご覧ください。
  • 用途によっては、重い負荷がステージの性能や安定性に影響する場合があります。
  • 顕微鏡用電動式XYZステージシステム構築のためのXY走査部コンポーネント
  • Cerna®顕微鏡のほか、Nikon製、Olympus製の正立および倒立顕微鏡に組込み可能
  • 推奨コントローラ:2チャンネルベンチトップ型ステッピングモーターコントローラBSC202(別売り)
    • 別売りのジョイスティックMJC2は下でご紹介しております。
  • 試料へのアクセスが容易な小型設計
  • 精密加工された高品質のリニアベアリング
  • 顕微鏡でのルーティン的な位置決めに好適

電動走査ステージLPXY1は、Z軸ピエゾステージMZS500-Eと組み合わせてXYZステージシステムを構築できるXY走査ステージの一つです。走査ステージLPXY1は開ループ制御のステッピングモータを使用しており、低速でXY位置決めを行うことができる、小型で信頼性とコスト効率の高い製品です。Z軸ピエゾステージMZS500-Eと組み合わせて使用すると、試料をX、Y、Z軸に沿って高精度に走査できる汎用性の高い3D移動ステージを構築できます。このステージは、当社のCerna正立顕微鏡のほか、Nikon製やOlympus製の倒立および正立顕微鏡に対応しています。ただし、取付けブラケットが別途必要です(下記参照)。なお、XYZステージシステムを構築するためのXY走査ステージとして、高速走査ステージMLS203を使用することも可能です。

走査ステージLPXY1のコントローラとしては、2チャンネルのベンチトップ型ステッピングモーターコントローラBSC202をお勧めします。このコントローラには、当社の制御ソフトウェアKinesis®とプログラミングインターフェイスが付いており、自動顕微鏡システムに簡単に組み込むことができます。また、USB接続やフル機能のグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)パネルに加え、ユーザを広範にサポートするソフトウェア一式も付属します。これにはすぐに使える多くのユーティリティが含まれており、細かな事前設定などをしなくても直ちに操作を開始することができます。さらに、これには全機能を備えたActiveX®プログラミング環境も含まれており、LabVIEW、C++、MATLABなどの様々なプログラミング環境でカスタム仕様のアプリケーションを開発できるようにサポートしています。 標準的なUSBハブを介して複数のユニットを1台のPCへ接続することができます。例えば、ステージLPXY1用のコントローラBSC202と、Z軸ピエゾステージキットMZS500-Eに付属するコントローラの両方を、1台のPCで同時に操作できます。 コントローラBSC202の詳細は、ベンチトップ型ステッピングモーターコントローラのページをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
LPXY1 Support Documentation
LPXY1電動式XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
¥656,778
7-10 Days
BSC202 Support Documentation
BSC202Customer Inspired! 2軸ベンチトップ型ステッピングモーターコントローラ
¥366,416
Today

取付けブラケット&アダプタ、XY走査ステージMLS203およびLPXY1用

MLS203 Attached to a Breadboard
Click to Enlarge

ブラケットセットMLSA01でブレッドボードに取付けられたステージMLS203-1

当社では、ステージMLS203-1またはLPXY1をNikon製、Olympus製、および当社の正立および倒立顕微鏡に取り付けるためのブラケットをご用意しています。各顕微鏡との適合性については下の表をご参照ください。各ブラケット(CSA1000を除く)には顕微鏡へのステージの取付け方法を記載した説明書が付いています。なお、ステージMLS203-2は、Zeiss製顕微鏡のAxio ObserverおよびAxiovert 40に直接取り付けることができます。取付けブラケットは不要です。

また、自作の顕微鏡や一般的なフォトニクス実験のサポート用として、ステージMLS203またはLPXY1をブレッドボードに取り付けるための製品を2種類ご用意しています。ライザープレートMLSA01はステージMLS203-1およびLPXY1に対応しており、これを使うとステージの高さが31.5 mm上がります。アダプタMLSA04はステージMLS203-1およびMLS203-2に対応しており、ステージ底部に取り付けます。中央開口部をブロックしてしまいますが、ステージの高さは0.7 mmしか上がらないため、高さが制限されている場合には適しています。

Click Image
for Details
CSA1000MLSA02MLSA02MLSA08MLSA03MLSA06MLSA07MLSA01MLSA04
Item #CSA1000MLSA02MLSA09MLSA08MLSA03MLSA06MLSA07MLSA01MLSA04
Stage Item #MLS203-1 or LPXY1MLS203-1 or LPXY1MLS203-1 or LPXY1MLS203-1 or LPXY1MLS203-1,
MLS203-2, or LPXY1
Microscope BrandThorlabsOlympusNikonOptical Breadboard,
Custom Configuration
Microscope ModelCerna®IX71, IX73,
IX81, IX83
IX70BX41, BX43, BX51,
BX53, BX61
TE2000,
Eclipse Ti
50i, 80i,
90i, Ci-L
Eclipse FN1N/A
Microscope TypeUprightInvertedInvertedUprightInvertedUprightUprightN/A
  • MLSA01は2枚のライザープレートで構成されています。各プレートにはM6ネジ用の貫通穴が2つあり、M6タップ穴が150 mm間隔で開いている面に取り付けることができます。MLSA04は4つのM6ネジ用貫通穴がある1枚のアダプタープレートで、M6タップ穴が75 mm x 75 mmの格子位置に開いている面に取り付けることができます。
当社ではOlympus社、Nikon社、Zeiss社、Leica社の顕微鏡に対応する製品をご用意しております。お手持ちの顕微鏡が上の表に記載されていない場合、対応するブラケットの入手可能性については当社までお問い合わせください。
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CSA1000 Support Documentation
CSA1000固定式アームホルダ、高速XY走査ステージMLS203-1用
¥110,891
7-10 Days
MLSA02 Support Documentation
MLSA02Olympus IX51、IX71、IX73、IX81、IX83用取付け用ブラケット、2個セット
¥17,576
7-10 Days
MLSA09 Support Documentation
MLSA09Olympus IX70用取付け用ブラケット、2個セット
¥19,306
7-10 Days
MLSA08 Support Documentation
MLSA08Olympus BX41、BX43、BX51、BX53、BX61用アダプタ
¥42,547
Today
MLSA03 Support Documentation
MLSA03Nikon TE2000&Eclipse Ti 用取付け用ブラケット、2個セット
¥21,482
7-10 Days
MLSA06 Support Documentation
MLSA06Nikon 50i、80i、90i、Ci-L用アダプタ
¥42,547
Today
MLSA07 Support Documentation
MLSA07Customer Inspired! Nikon Eclipse FN1用取付けアダプタ
¥58,100
7-10 Days
MLSA01 Support Documentation
MLSA01ブレッドボード取付け用ライザープレート、高さ31.5 mm、MLS203-1用、2個セット
¥25,877
7-10 Days
MLSA04 Support Documentation
MLSA04ブレッドボード取付け用アダプタ、MLS203シリーズ高速XY走査ステージ用
¥20,961
7-10 Days

XYZステージ構築用Z軸ピエゾステージならびにコントローラのセット

Z-Axis Piezo Stage with XY Scanning Stage
Click to Enlarge
電動式XY走査ステージに取付けたZ軸ピエゾステージMZS500-E
Z-Axis Stage with Multiwell Plate
Click to Enlarge
マルチウェルプレートが取り付けられたZ軸ピエゾステージMZS500-E
Key Stage Specifications
Travel Range500 µm
Resolution25 nm
Minimum Step Size250 nm (Typical)
Settling Time for 1 to 100 µm Step25 ms (Typical)
  • Z軸ピエゾステージならびにコントローラが付属
  • Z軸ピエゾステージ:
    • 電動式XYZ顕微鏡ステージシステム用Z軸ステージ
    • XYステージMLS203に取り付けてご使用ください(右の写真参照)。
    • 試料用プレートやジョイスティックMJC1などのアクセサリは下記にて別途ご用意しております。
  • コントローラ:
    • 静かな動作で、高分解能の位置制御
    • 高出力:150 V、500 mA 連続駆動
    • 制御用ソフトウェア一式が付属
    • ソフトウェアは他のAPT™ コントローラに組込み可能(統合システム開発)
    • 容量性フィードバック回路による閉ループPID位置決め
    • ランプ電圧/波形発生機能
      (走査用)
    • ユーザ制御のデジタルI/Oポート

Z軸ステージならびにコントローラのセットMZS500-Eには、Z軸ステージと閉ループのピエゾコントローラが含まれています。 ピエゾ駆動ステージの上下(Z軸)の移動量は500 µm、分解能は25 nm、そして最大許容荷重は0.25 kgです。 セットにはPC制御、Z軸位置決め、ならびにアクティブ位置フィードバックに必要な部品が全て付属します。 Z軸ピエゾステージの詳細については「仕様」タブをご参照ください。

Z軸ステージをシステムに組み込むためには、まずXYステージMLS203に取り付ける必要があります(1番右の写真をご覧ください)。 この2つの製品を組み合わせることで試料全体を長距離または精密に移動することが可能になり、多様な3次元イメージングを実現します。 ステージに直接マルチウェルプレートを取り付けることもできます(右から2番の写真参照)。別売りのアクセサリについては下記をご覧ください。

ステージに付属するコントローラは、シングルチャンネルの高出力(150 V、500 mA)ベンチトップ型ピエゾコントローラで、開ループもしくは閉ループによるナノメートルレベルの位置決め制御が可能です。 柔軟なソフトウェア設定が可能なので、他社製のピエゾ素子製品の駆動にも幅広くご使用いただけます。 ご使用の際にはUSB経由でPCに接続するだけの簡単設計です。また多軸モーションコントロールの用途にご使用の場合、USBハブを経由すれば複数のユニットを1台のPCに接続が可能です。 使いやすいAPT™ソフトウェアと組み合わせれば、起動、動作開始が短時間で行えます。 さらに広範囲に対応できるActiveX®プログラミング環境を使用し、高度なモーションコントロールと シーケンスのカスタマイズが可能です。 ActiveXコントロールは、Labview、C++ならびにMatlabを含む様々なソフトウェア開発環境に組み込みが可能です。Z軸ステージコントローラの詳細については「仕様」タブをご参照ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MZS500-E Support Documentation
MZS500-EZ軸ピエゾステージ&コントローラーキット
¥1,749,513
7-10 Days

Z軸ステージ用アクセサリープレート

ブレッドボードMZS500P4およびMZS500P5
Breadboard Plate
Click to Enlarge

  • MZS500P4: 15 x M6、25 mm ピッチ
  • MZS500P5: 15 x 1/4"-20、1インチピッチ

マルチスライドホルダC4SH01
Slide Holder Tray
Click to Enlarge

  • プラスチックホルダには25 mm × 75 mm、厚み1.1 ± 0.2 mmの顕微鏡スライドを取り付け可能
  • 当社が販売する26 mm x 76 mmスライドには対応しません。
  • 自動組織解析および組織マイクロアレイ解析用のスライドを4枚まで取り付け可能
  • マルチウェルプレート(127.6 mm × 85.5 mm)と同じサイズ

スライドガラス/ペトリ皿ホルダMZS500P2
Slide/Petri Dish Holder
Click to Enlarge

  • 幅25 mm~25.4 mmの顕微鏡スライドに対応
  • 直径30 mm~60 mmのペトリ皿に対応
  • 当社が販売する26 mm x 76 mmスライドには対応しません。
  • ミリ規格またはインチ規格両方のアクセサリでご使用になれます。

ブランクアダプタープレートMZS500P3
Blank Adapter Plate
Click to Enlarge

  • カスタム用途に適した製品
  • 穴あけ、ネジ切り加工が容易

ブレッドボードプレート使用例
Breadboard Plate
Click to Enlarge

Z軸ステージMZS500-Eに取り付けられたMZS500P5

マルチスライドホルダ使用例 
Slide Holder Tray
Click to Enlarge

Z軸ステージMZS500-Eに取り付けられたスライドホルダトレイC4SH01

スライド/ペトリ皿使用例
Rotation Stage Threaded Adapter
Click to Enlarge

ステージ用マイクロメータ付きZ軸ステージMZS500-Eに取り付けられたスライド/ペトリ皿ホルダMZS500P2 

ブランクアダプタープレート使用例
Rotation Stage Grooved Adapter
Click to Enlarge

Z軸ステージMZS500-Eに取り付けられたMZS500P3

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MZS500P5 Support Documentation
MZS500P5MZS500用ブレッドボードプレート、1/4"-20タップ穴付き(インチ規格)
¥19,146
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
C4SH01 Support Documentation
C4SH01顕微鏡用4ポジションスライドホルダ
¥13,182
7-10 Days
MZS500P2 Support Documentation
MZS500P2MZS500用スライドガラス/ペトリ皿ホルダ
¥66,400
Today
MZS500P3 Support Documentation
MZS500P3MZS500用ブランクアダプタープレート
¥12,764
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MZS500P4 Support Documentation
MZS500P4MZS500用ブレッドボードプレート、M6タップ穴付き(ミリ規格)
¥19,146
7-10 Days

顕微鏡用2軸ジョイスティック、XY走査ステージ用

  • ステージMLS203とLPXY1との使用に適しています。
  • USB HIDプロトコルを使用した信頼性の高いジョイスティック
  • ジョイスティックノブによる2軸制御
  • 高速または高精度の動作を実現する2種類のモード
  • 感度調整のための速度ダイヤル
  • リモート手動操作が可能
  • PCを用いて再プログラム可能
  • 人間工学に基づいた設計

ジョイスティックコンソールMJC2は、顕微鏡向けに設計されており、ステージMLS203やLPXY1ほか、XY移動ステージを手動で直感的に位置決めできます。このコンソールはXY制御に便利な2軸ジョイスティックです。ほとんどの用途では、コントローラにデフォルト値として保存されたパラメータの設定が利用できるので、ユーザ自身による設定が不要です。したがってホストPCに接続する必要がない真のリモート操作が実現できます。PCを使用してパラメータを再設定したとき、それをペアリングしたコントローラにも保存できます。そのため、PCとの接続を外してもリモート操作を継続できます。

ジョイスティックMJC2は、当社のベンチトップ型ブラシレスDCモーターコントローララックマウント型ブラシレスコントローラブラシレスDCモーターコントローラーモジュールステッピングモーター用コントローラに対応します。これらのコントローラやUSB HIDクラスを使うセットアップと組み合わせて使用できるように、ジョイスティックにはMini-DINポートとUSB Type-Cポートの両方が付いています。また、6ピンMini-DINプラグ-プラグケーブルとUSB 3.1 Type-A - Type-Cケーブルの2本のケーブルが付属します。USB HIDを使用したジョイスティックの設定やセットアップの詳細は、型番横の赤いアイコン(Docs Icon)をクリックしてマニュアルをご覧ください。このジョイスティックをBBD10xシリーズと使用する場合の対応ケーブルについては当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MJC2 Support Documentation
MJC22軸 USB HIDジョイスティック
¥76,857
7-10 Days

顕微鏡用1軸ジョイスティック、Z軸ステージ用

  • ステージMZS500-E用に適した製品
  • USB HIDプロトコルを使用した信頼性の高いジョイスティック
  • エンコーダーノブを介した1軸制御
  • 高速動作または高精度動作の2種類のモード
  • 感度調整のための速度ダイヤル
  • リモート手動操作が可能
  • PCを用いて再プログラム可能
  • 人間工学に基づいた設計

ジョイスティックコンソールMJC1は、顕微鏡を使用する際に、ステージMZS500を手動で直感的に位置決めできるように設計されています。この製品は上記のコントローラMZS500-Eと組み合わせて使用します。コンソールには1軸制御用のエンコーダーノブ、高速動作と高精度動作を切り替えるためのプッシュボタン、および速度制御を微調整するための速度ダイヤルが付いています。ほとんどの用途では、対応するコントローラにデフォルト値として保存されているパラメータ設定のままでご利用いただくことができ、それ以上のセットアップ作業は必要ありません。従って、ホストPCに接続する必要もなく、真のリモート操作が実現できます。さらに、PCを使用してパラメータを再設定したときも、その設定値はコントローラに保存されるため、PCとの接続を外してもジョイスティックによるリモート操作を継続できます。

ジョイスティックMJC1は、コントローラMZS500-Eのような当社のBPC30xシリーズベンチトップ型ピエゾコントローラに対応します。これらのコントローラやUSB HIDクラスを使うセットアップと組み合わせて使用できるように、ジョイスティックにはMini-DINポートとUSB Type-Cポートの両方が付いています。また、6ピンMini-DINプラグ-プラグケーブルとUSB 3.1 Type-A - Type-Cケーブルの2本のケーブルが付属します。USB HIDを使用したジョイスティックの設定やセットアップの詳細は、型番横の赤いアイコン(Docs Icon)をクリックしてマニュアルをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MJC1 Support Documentation
MJC11軸 USB HIDジョイスティック
¥81,748
7-10 Days