アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

USB閉ループピエゾコントローラ、150 V


  • 1-Channel and 3-Channel Options
  • Selectable High-Power Drive Outputs
  • Front Panel Controls

BPC303

BPC301

Full Suite of Software Support Tools Included

Related Items


Please Wait
BPC301 Rear Panel
Click to Enlarge

BPC301の背面パネル

特長

  • 出力は可変:75 V、100 V、150 V
  • 先端の制御アルゴリズム付き閉ループPID
  • 歪ゲージ、または容量フィードバックのオプション
  • 高分解能位置制御(極めて精密な位置決め用途)
  • ランプ電圧/波形生成可能(スキャニング用途)
  • 高帯域(10 kHz)なピエゾ素子の位置決め
  • ピエゾアクチュエータを備えた当社の装置類用に自動設定機能
  • お客様が制御できるデジタルI/Oポート
  • USB 接続で簡単にマルチタスク
  • モータ制御 I/Oポート(低速動作、インターロック)
  • 制御用パッケージソフトウェア付属
  • 直感的に使えるグラフィカル制御パネルのソフトウェア
  • 拡張ActiveX®プログラミングインターフェイス
  • 他のAPT™シリーズのコントローラとの完全統合(統合システムの開発)

この1チャンネルおよび3チャンネルの高出力(150 V)ベンチトップ型ピエゾコントローラで、開ループと閉ループでのナノメートルオーダの位置制御に使えます。当社の開ループや閉ループピエゾ素子を備えたピエゾナノポジショニングアクチュエータやステージを全範囲に渡って駆動するために設計されています。さらに、適応性の高いソフトウェアにより、高度な設定が可能で、他社の様々なピエゾ素子の駆動にも適しています。波形生成機能とトリガ出力により、ピエゾ掃引用途にも使えます。

フロントパネルから手動制御が可能で、ピエゾ素子の位置をデジタルエンコードした調整ポットを使って調整します。表示は見やすく、印加電圧、もしくはμm表示で位置を表します。開ループ、もしくは閉ループ制御、およびピエゾ素子の原点復帰は、フロントパネルからも選択できます。

USB接続により、接続して簡単にPC制御操作が可能です。多軸モーション制御向けに、複数のユニットを市販のUSBハブを介して1台のPCに接続することができます。使い易いAPT™ソフトウェアが付属していて、短い期間で、一連の動作を設定することができます。例えば、操作に関連するあらゆるパラメータは、当社のピエゾアクチュエータ製品用に、このソフトウェアによって自動的に設定されます。拡張ActiveX®プログラミング環境を使用すれば、より高度な独自のモーションコントロールやシーケンスカも可能です。ActiveX®プログラミング環境の詳細は、「モーションコントロールソフトウェア」タブに掲載されています。このActiveXのコントロールは、Labview、C++、Matlabなど幅広いソフトウェア開発環境に組み込むことが可能です。

Other Piezo Driver Controllers
K-Cube™ Single-Channel ControllerOpen Loop Benchtop Controller
1- and 3-Channel
Closed Loop Benchtop Controller
1- and 3-Channel
Modular 2-Channel Rack System Module

仕様(Per Channel)

Item #BPC301BPC303
Piezoelectric Output (SMC Male)
Voltage (Software Control)75 V, 100 V, or 150 VDC
Current500 mA Continuous (Max)1 A Continuous (Max)
Stability100 ppm Over 24 Hours (After 30 min Warm-Up Time)
Noise< 3 mV RMS
Piezo Capacitance1 to 10 µF (Typical)
Bandwidth10 kHz (1 µF Load, 1 Vp-p)
External Input (BNC)
Input TypeDifferential or Single Ended
Input Voltage for Full Range
(i.e. 75 V, 100 V or 150 V)
10 V ±2%
Max Output75 V Range: -10V to 90 V DC
100 V Range: -10V to 115 V DC
150 V Range: -10 V to 159 V DC
Position Feedback (PIEZO IN) (9-Pin D-Type Female)
Feedback Transducer TypeaStrain Gauge or Capacitive Sensor
Detection MethodAC Bridge (18 kHz Excitation)
Typical Resolution5 nm (for 20 µm Actuator e.g., PAZ005)
Auto ConfigureIdentification Resistor or Stage ID EEPROM in Actuator
User Input/Output (AUX IO) (15-Pin D-Type Female)
4 Digital InputsTTL Levels
4 Digital OutputsOpen Collector
Trigger Input/OutputTTL
Trigger Input FunctionalityTriggered Voltage Ramps/Waveforms
Trigger Output FunctionalityTrigger Generation During Voltage Ramp Output
User 5 V (with Ground)250 mA (Max)
  • コントローラはフィードバックセンサからの制御信号を測定します。電気回路についての詳細は当社までお問い合わせください。

 

仕様(Main Unit)

Item #BPC301BPC303
Front Panel Controls
Display5-Digit, 7-Segment
ButtonsChannel Select, Volts/Microns Select, Open/Closed Loop Select, Zero,
Resolution, Max Voltage
Display BrightnessAdjustable
ResolutionSwitchable Coarse and Fine Adjustment
OutputInfinite Turn Precision Digital Potentiometer (Encoder)
USB PortVersion 2.0 Full Speed Compatible
Input Power Requirements
Voltage85 - 264 VAC
Power150 VA250 VA
Fuse3.15 A3.15 A
General
Housing Dimensions (W x D x H)152 mm x 244 mm x 104 mm
(6" x 9.6" x 4.1")
240 mm x 360 mm x 133 mm
(9.5" x 14.2" x 5.2")
Weight3.18 kg (7 lbs)6.7 kg (14.75 lbs)

下のグラフは、BPC301およびBPC303に異なる容量性負荷を加えた場合の駆動電圧/周波数応答を示しています。

BPC301 Frequency Response
Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。

BPC303 Frequency Response
Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。

Piezo In
Dタイプメス型

--
PinDescriptionPinDescriptionPinDescription
1Strain Gauge Excitation4Ground7Actuator ID Signalb
2+15 V Outa5AC Feedback In8Reserved for Future Use
3-15 V Outa6Ground9Reserved for Future Use
  • ピエゾアクチュエーターフィードバック回路専用の電源です。他の回路やデバイスにはお使いいただけません。
  • この信号は、当社のアクチュエータにのみご利用になれます。この信号によって、システムはそのアクチュエータのピエゾ素子の変位量を特定することができます。

Interconnect
Dタイプオス型

--
PinDescriptionPinDescriptionPinDescription
1Not Connected4Not Connected7Not Connected
2RX (Controller Input)5Ground8Not Connected
3TX (Controller Output)6Not Connected9Not Connected


補助I/O 
Dタイプメス型

--
PinDescriptionReturnPinDescriptionReturnPinDescriptionReturn
1DIG O/P 15, 9, 106DIG I/P 15, 9, 1011For Future Use (Trigger OUT)5, 9, 10
2DIG O/P 25, 9, 107DIG I/P 25, 9, 1012For Future Use (Trigger IN)5, 9, 10
3DIG O/P 35, 9, 108DIG I/P 35, 9, 1013DIG I/P 45, 9, 10
4DIG O/P 45, 9, 109DIG Ground-145 V Supply Output5, 9, 10
5 DIG Ground-10DIG Ground-155 V Supply Output5, 9, 10

Handset In

--
PinDescriptionPinDescription
1RX (Controller Input)4+5 V, 100 mA Supply for Joystick
2Ground5TX (Controller Output)
3Ground6Ground

 

USB 
B型(メス型) 

DB9 Female

HV Out
SMCオス


--


出力電圧: 0~150 V 
電流:0~500 mA

Trig InおよびTrig Out  
BNCコネクタ 

BNC Female
Input Trig電圧: 0~7 V DC
Output Trig電圧: 0~5 V DC

EXT In (+)およびEXT In (-)
BNCメス型

BNC Female
入力電圧:0~10 V 
入力インピーダンス:20 kΩ

適応性

BPC301 GUI Panel

BPC300シリーズは、apt™モーションコントロール製品の最新版ピエゾコントローラです。 これらの製品は、ナノメートルレベルでの手動または自動モーションコントロールが要求される精密なアライメント用途での使用向けに設計されています。これらの高パワーかつ低ノイズのユニットは、1チャンネルにつき最大150 Vまでの電力を供給し、当社のピエゾ駆動ナノポジショニングアクチュエータ、およびステージ全製品に互換性があります。これらのコントローラでは、最新の高速デジタル信号プロセッサ(DSP)、低ノイズアナログエレクトロニクス、ActiveX® ソフトウェア技術を組み合わせて、簡単なソフトウェア制御のピエゾ移動が可能です。

幅広いピエゾアクチュエータをサポートするために、これらのapt™ ピエゾユニットは、ソフトウェアでアクセス可能なキーパラメータ設定を使って構成できます。直感的に使用できるソフトウェアグラフィカルパネルによって、ピエゾコントローラの操作の制御や視覚化をすぐに行なうことができます。多くのキーパラメータは、グラフィカルパネルで直接調整できます。開ループおよび閉ループの操作モードは、設定機能を使わずにダイレクトに選択でき、どちらのモードでもディスプレイは駆動電圧または位置を(ミクロン単位で)表示するように変更できます。閉ループ操作モードでは、フィードバック制御ループの P & I (比例および積分)成分は、サーボループ応答を調整するために変更できます。出力駆動電圧や位置は、ソフトウェア制御ノブを回転して調整します。

これらの設定やパラメータは、自動アライメントシーケンス用にプログラム可能なActiveX®インターフェイスからもアクセスが可能です。BPC300シリーズ用のapt™ソフトウェアサポートに関する詳細は「APTソフトウェア」のタブを参照ください。

波形出力/トリガ

開ループおよび閉ループでのピエゾ位置決めのためのBPC300シリーズ内のDSPコントローラは、さらに便利な機能性を備えています。 ソフトウェアで、ランプ電圧(または位置)や波形を表の値としてプログラムして、この表を「単発」、または連続して出力するようにコントローラに指示を出すことが可能です。また、ピエゾ電圧(位置)の機能として、他社製の製品を制御するために波形出力の間に特定のポイントでハードウェア出力トリガを発生させることもできます。また逆に、外部システムからの信号により、ピエゾ素子を起動することもできます。この機能性は、ピエゾによるスキャン用途で特に便利です。

ソフトウェアが完備(GUIコントロールセット & ActiveX® コントロールが付属)

ActiveX

BPC300コントローラには、ソフトウェアサポートセットが完備されています。 このセットには、複雑な構築が不要で箱から出してすぐに動作できる製品が多数含まれています。操作モードは、すべて手動でアクセスでき、動作パラメータは次の使用のために変更や保存が可能です。さらに、ActiveX®プログラミング環境を使用すれば、モーションコントロール用途やシーケンスのカスタマイズも可能になります。これらの設定やパラメータは、自動アライメントシーケンス用にプログラム可能なActiveX®インターフェイスからもアクセスが可能です。BPC300コントローラ用のapt™ソフトウェアサポートに関する詳細は「APTソフトウェア」タブを参照ください。ビデオに、apt™ソフトウェアのプログラムの仕方のデモもございます。

これらのユニットに付属のActiveX® apt™ システムソフトウェアは、多軸ラックベースシステムや光学テーブルに取付け可能なT-Cubeコントローラなどのapt™ コントローラ製品にも互換性があります。この統一されたソフトウェアは、1軸の位置決め用途で基本となるapt™ ベンチトップ、テーブルトップ、ラックベースのユニットをシームレスに統合することが可能です。 

apt™シリーズの制御機器や関連製品の革新性は、自動アライメントおよび位置決めシステムをハードウェアおよびソフトウェアレベルの両方で素早く簡単に加工できる点です。apt™シリーズのコントローラはすべてUSB接続です。「マルチドロップ」式USBバスにより、市販のUSBハブとケーブルを使用して複数のapt™ユニットを1つのPCに接続することができます。多軸用途では、必要なドライブチャネルのタイプと数量を加えて、対応する数のAPTコントローラに接続してください。

ソフトウェア開発者向けサポート用 CD

apt™シリーズのコントローラには開発者向けのキットが含まれています。このソフトウェアは、 apt™ 製品を組み込んだ大型システム用のソフトウェア開発のサポート用に製作されています。キットには便利なコードサンプルやビデオチュートリアル情報が含まれています。

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、Kinesis® ソフトウェアパッケージと従来のAPT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージも小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-Cube™やT-Cube™など)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラをカバーするKinesisシリーズのデバイスを制御できます。

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEW™またはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

Kinesis Software
KinesisのGUIスクリーン
APT Software
APTのGUIスクリーン

当社従来のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるKinesisとAPTコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。シングルチャンネルシステムからマルチチャンネルシステムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンクからご覧いただけます。

ソフトウェア

Kinesis バージョン 1.14.25

このKinesisソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

APT バージョン 3.21.4

このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesisシステムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

こちらのガイドはLabVIEWでAPTシステムソフトウェアを使用するための基礎をプログラミングの観点から説明しており、これにより製品到着後すぐにAPTコントローラを使用することができます。

Labview IconClick here to view the LabVIEW guideLabview Icon

ピエゾアクチュエータの帯域幅に関するチュートリアル

多くの高速用途では、ピエゾ素子の形状変化する速度を知ることが必須となります。 ピエゾコントローラとピエゾ積層の帯域幅は、下記の数値がわかることで、計算で求められるようになります。

  1. コントローラが供給可能な最大電流量。下記で例としてとりあげられているBPCシリーズのピエゾコントローラでは、この数値は0.5 Aです。
  2. ピエゾ素子の負荷容量。容量が大きいほどシステムは遅くなります。
  3. 信号振幅の最適値(V)。この振幅がピエゾ素子の伸長寸法を決定します。
  4. ドライバの最大帯域幅。この数値は駆動負荷に依存しません。

出力コンデンサを駆動する際には、帯電と放電にそれぞれ電流が必要です。 帯電電荷の変化dV/dtはスルーレートと呼ばれています。 静電容量が大きいほど、必要とされる電流量は大きくなります。

Piezo Equation 1

例えば100 µmのピエゾ積層において静電容量が20 µFで、最大電流量が0.5 AのBPCシリーズピエゾコントローラで駆動されるとき、スルーレートは下記の数式で求められます。

Piezo Equation 2

したがって電圧が瞬間的に0 V から75 Vに変化するとき、出力電圧が75 Vに達するには3 msかかります。

注記: これらの計算式においては、ドライバの最大帯域幅は計算によって得られる帯域幅よりもずっと大きな値であり、ドライバの帯域幅は制限要因とならないことを前提としています。 なおこれらの数式が、開ループシステムにしか適用できない点にご注意ください。 閉ループモードでは、フィードバックループの応答の遅延がさらに帯域幅を制限します。

正弦波信号

システムの帯域幅は、通常は所定の振幅の正弦信号に対するシステムの応答により規定します。 正弦信号のピーク振幅がA、ピーク‐ピーク電圧がVpp、そして周波数がfの条件で駆動されているピエゾ素子については、以下の数式が成立します。

Piezo Equation 3

右の図は、時間の経過とともに変化する電圧を表しています。 スルーレートの最大値、または電圧の最大の変化は、t = 2nπ, (n=0, 1, 2,...)が成立する時点となり、右図では点 aで示されています。

Piezo Equation 4

上記の数式から下記が導出できます:

Piezo Equation 5

それゆえに下記が成立します:
Piezo Equation 6

上記の例では最大電圧(75 V)での帯域幅は下記の値になることがわかります:

Piezo Equation 7

ピエゾが小さく、静電容量が1/10になると、結果は10倍向上して約1060 Hzとなります。 また、積層が100 µmのままであっても、ピーク‐ピーク電圧が7.5 V(10% の最大振幅値)であれば、結果は同様に10倍向上して約1060 Hzとなります。

三角波信号

ピエゾアクチュエータが三角波で駆動される場合、最大電圧がVpeakで、最小電圧が 0の時、スルーレートは勾配もしくは下記に等しくなります:

Piezo Equation 8

あるいはf = 1/Tであるので、下記が導出できます:

Equation 9

 

矩形波信号

ピエゾアクチュエータが矩形波で駆動される場合、最大電圧がVpeakで、最小電圧が 0の時、スルーレートが最小の立ち上がりと立ち下がりの数値を制限します: この条件では、信号の立ち上がりまたは立ち下がりの途中では、スルーレートは勾配に等しくなります。 trが最小立ち上がり時間であるとき、下記の数式が成り立ちます:

Equation 11

この式により、下記の数式が成立することもわかります。

Equation 12

 ピエゾの動作や理論についてはピエゾ素子のチュートリアルをご参照ください。


Posted Comments:
user  (posted 2020-10-14 17:35:59.51)
Excuse me,could i change the output voltage frequency when i use the BPC301, and output a high frequency voltage?
cwright  (posted 2020-10-14 08:23:59.0)
Response from Charles at Thorlabs: Hello and thank you for contacting us. The output voltage (open loop) or position of the piezo actuator(closed loop) can be controlled from an external source via the EXT IN (+) and EXT IN (-) BNC connectors on the rear panel. The exact bandwidth achievable is dependent on a variety of factors, such as the load capacitance but in general is a few kHz in open loop mode and about 200 Hz in closed loop. For more details on configuring the EXT IN connections please see section 3.3 of the manual and the Piezo Bandwidth tutorial on the website: https://www.thorlabs.com/NewGroupPage9.cfm?ObjectGroup_ID=1912&tabname=Piezo%20Bandwidth
agarciat  (posted 2017-09-08 14:07:34.203)
Dear Thorlabs. We have got your BPC 301 controller . The problem is that the controller does not change the voltage and the position neither by the front panel nor by the software.I keep getting an internal error#16510403/Error; [Code=1252] power supply error. The front panel shows 0.60V and when turned onto closed it continues to oscillate +/-0.05 or so. As it oscillates, in the APT User window I get a new window every second with the same error. How do I increase the voltage? Please advise on possible solution.
bwood  (posted 2017-09-26 04:37:04.0)
Response from Ben at Thorlabs: I am sorry to hear about your issues here. I believe this may be a fault with your device, and we will be in contact to troubleshoot this issue further.
jedd  (posted 2017-08-11 12:23:55.113)
Is it possible to use this PZT controller to specify applied force over time instead of displacement over time?
bwood  (posted 2017-08-18 05:17:13.0)
Response from Ben at Thorlabs: Thank you for your question. The BPC has a force sensing mode, based on the the strain gauge feedback. You can configure the device for this in APT/Kinesis. One example of this functionality is with the FSC102. There is no way to directly output the force output by the piezo, but you could calculate it, see the piezo tutorial here: https://www.thorlabs.com/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=5030
user  (posted 2016-04-13 12:48:12.44)
Is it possible to use this controller in closed loop (piezo stage+strain gauge) to eliminate hysteresis and at the same scan the stage with an external function generator?
besembeson  (posted 2016-04-14 01:41:46.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: Yes this is possible. Note that the bandwidth will be lower under this condition.
g.w.steen  (posted 2015-07-23 09:02:01.35)
While the controller works perfectly fine manual and with the delivered APT software, we have some difficulties using Labview. The correct ActiveX control for the ThorLabs BPC303 APT Piezo Contoller is used ('MGPiezo') and we used the SN given by the APT software. The Labview is configured as given by examples files. However still Labview returnes the error: "Control HW Communications Disabled " We also try selecting user interface as preferred execution stystem under File >> VI Properties >>Execution tab. Are we missing something obvious?
msoulby  (posted 2015-07-28 07:01:10.0)
Response from Mike at Thorlabs: We will contact you directly to trouble shoot your problem further.
sylvain.girard  (posted 2014-12-05 12:30:14.847)
I am currently using a BPC 203 controller with Nanomax 311 and also with APB 301 translation stages. However, I would like to purchase a new 3 axis translation stage with larger scale (and possibly a better linearity). No piezo stage with large range are available anymore in Thorlabs catalogue (with a dynamic range up to 100-300µm). Therefore, I wonder if it would be possible to use third party translation stages (for example from PI or PiezoJena or others...) while keeping the Thorlabs controller beacause I already spend a lot of time developping LabVIEW software for BPC203 controller. If I need a BPC303 (150V) that could be possible...
msoulby  (posted 2014-12-08 03:52:54.0)
Response from Mike at Thorlabs: At this time Thorlabs does not have a 3 axis stage with 100-300um of piezo travel. However there is no reason why the controller would not work with a third party piezo providing the piezo falls within the drive voltage specification of the controller, which is 0-75V and 500mA per channel for the BPC203. However please bear in mind that Thorlabs piezo stages that have strain gauge feedback use an auto ID resistor to tell the controller how much travel the piezo stack has and selects the correct voltage range accordingly (not applicable to open loop control and piezos) this may not be available on a third party stage so it may need to be configured manually. Also as any thir party stage will not have been tested by Thorlabs we would be unable to guarantee the stage will operate to the spec that the competitor claims and would not be responsible for any damage caused by using such a third party stage.
palmada  (posted 2013-01-28 02:39:04.603)
Hello, we are interested in getting this controller to drive the piezos on the nanoMax300. Will this work with MicroManager 64bits? Best, Pedro Almada
jlow  (posted 2013-01-18 12:25:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We do not have a comprehensive tutorial for VB 2010 at the moment. I will get in touch with you directly with some instructions and screenshots on using the APT software with VB 2010.
branderson  (posted 2013-01-18 10:30:57.933)
Hi, I have a BPC301 and have been using labview to run it, but would now like to use visual basic. We have VB 2010, which is way different than VB6 so the tutorial isn't very helpful. Do you have updated programming instructions for use with VB 2010?
tcohen  (posted 2012-10-04 15:45:00.0)
Response from Tim at Thorlabs to Diego: Thank you for contacting us. We have a variety of 50mm travel stages. One example which may be of interest to you is the LNR50SE. This stage utilizes a submicron resolution optical encoder to provide a direct readout of the absolute position. I will contact you directly to discuss your application in more depth.
jlow  (posted 2012-09-27 09:13:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We will get in contact with you directly on troubleshooting this.
dgiraldo  (posted 2012-09-26 21:54:13.0)
Dear ThorLabs: I would like to get info about a XY stage (50 mm travel), with the maximun accuracy (nm), I will use the stage to measure parts metalic or plastic, I am offering dimensional metrology services in Costa Rica and I will like offer to my customers the maximun accuracy into a micron. I need to get the value of the stage trace in mm, micron, or nm oirectly to my PC!! Is it possible? Rgds, Diego Giraldo METRIX Costa Rica
leonid_krivitskiy  (posted 2012-09-21 03:00:19.0)
Dear Thorlabs. We have got your BPC 203 controller along with the Nanomax TS stage. The problem is that channel no.1 of the controller does not change the voltage and the position neither by the front panel nor by the software. The front panal shows -12.3 V irrespective of the position of turning knob and the zeroing button. Other two channels are okay. Please advise on possible solution.
jjurado  (posted 2011-06-15 09:02:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to last poster: Thank you very much for your feedback. We have added the piezo drive cables as related products to the pages for the BPC controllers and the NanoMax stages. We will also add a information on the Features section of these products to make it clear that the drive cables are not included with the controller, but are included with the stages. Please contact us at techsupport@thorlabs.com if you have any further questions or comments.
user  (posted 2011-06-14 10:18:32.0)
It would be useful to add the drive/feedback cables as a related product for either this page or the NanoMax pages. As of now, it is very unclear as to whether these are included with the controller, the stage, or not at all.
apalmentieri  (posted 2010-03-03 10:41:09.0)
A response to sylvain from Adam at Thorlabs: We have already responded to you via email, but wanted to update the response on our website as well. Since this feedback, We have looked into our supply of USB cables and have insured that they are all certified high speed USB cables. Currently, we do not have a complete software solution for non Active X users, but we do offer a low level comms protocol document for customer that want to program their own non Active X based software. We expect to add the piezo protocols to this document in the upcoming weeks.
sylvain.girard  (posted 2009-11-21 08:01:10.0)
I recently start using BPC203 with MAX313 to control scanning near field microscope and i have two comments: - first, the USB port of the controllers needs good quality USB A/USB B cable to avoid problems (I spent few times to discover that some troubles in the communication were due to the cable...) - it is sad that Thorlabs could not provide solutions other than Active X for programmers who prefer to develop their codes under Linux. Any solutions in this case?? Best regards
klee  (posted 2009-07-17 15:17:54.0)
A response from Ken at Thorlabs to noah: We do have some tutorial videos on APT Programming using Visual Basic. Simply click on the Video Tutorials tab on this page, click "here", then click on APT programming.
noah  (posted 2009-07-17 13:40:12.0)
Hi, I am new to visual basic, though I have extensive programming experience in other languages. I am having trouble writing vb6 code to control my BPC202 and my BPS 103. Structuring the code and calling procedures from the included libraries to create timing-sensitive & predictable object-oriented programs is rather difficult in VB, as I find myself having to guess how VB6 will sequentially execute a program, modify variables in "real time" etc. I would like from you, if possible, a version of the apt-server.hlp file compiled into a printable .pdf or something similar (rather than printing every topic individually). Better yet, a more descriptive yet concise introduction to scientific computing with VB (via Thorlabs APT products) would be a lifesaver. It would also be great if you had a repository of code that users could submit to and draw from as a learning tool; even if the code were not checked for bugs or vouched for by Thorlabs, it might help to see how others structure their programs. Any old help files or internally developed VB code snippets (the included examples are a good start) that youd be willing to share with me would be great, too.
Laurie  (posted 2009-02-05 17:18:02.0)
Response from Laurie at Thorlabs to melsscal: Thank you for your interest in our BPC203 controller. To control the piezos on the MAX313/M, you can use the BPC203 controller. Other options include the BNT001 and the TPZ001. Please let us know if you have additional questions.
melsscal  (posted 2009-02-05 03:47:58.0)
Can we use BPC203 with MAX313/M as Non Track Controller ?
acable  (posted 2007-10-18 07:47:11.0)
PHS101 remote control device is missing from this presenation (not even posted as a related product), i would add this right into the current presentation in summary with a link to the PHS01 product page. Ideally i would like to be able to order both products from this page.

150 V ピエゾコントローラ

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
BPC301 Support Documentation
BPC3011チャンネル 150 Vベンチトップ型ピエゾコントローラ、USB付き
¥294,996
Today
BPC303 Support Documentation
BPC3033チャンネル 150 Vベンチトップ型ピエゾコントローラ、USB付き
¥643,027
Today

ジョイスティックコンソール

  • 信頼性の高いホール効果を利用した、指先で操作できるジョイスティック
  • 高速移動または精密移動用の速度調整が可能
  • スピード調整ポットで感度調整
  • リモート手動操作が可能
  • ベンチトップ型コントローラとPCでプログラミング
  • 人間工学に基づいた設計
  • 高品質加工の陽極酸化アルミニウム製筺体

ジョイスティックコンソールMZF001により、ピエゾアクチュエータを使用したステージを手動で直感的に位置決めできます。この製品は上記で掲載されている1チャンネルまたは3チャンネルコントローラと合わせてお使いいただくことができて、動作対象のピエゾアクチュエータがコントローラから離れていても完全に制御できるので、アライメント状態をモニタしながら出力を簡単に調整できます。これは複雑な光学系で作業する際に便利で、前面パネルでの制御やPCでの調整が実際的ではない用途に適します。さらにパラメータ設定をコントローラに保存した場合、コントローラをホストPCに接続しない状態でリモート操作を行うことも可能です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MZF001 Support Documentation
MZF0011軸ジョイスティックコンソール
¥142,786
5-8 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2021 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image