複屈折イメージングシステム


  • Measurements of Retardance and Azimuth (Fast Axis Orientation) in Flat Samples
  • Stress- and Strain-Induced Birefringence Imaging
  • Measure Ø20 mm Field of View in <20 s
  • Additional Sample Mounting Accessories Available

LCC7201B

Birefringence Imaging System

(Laptop Not Included)

Sample Measurement Results Using the LCC7201B Software

Related Items


Please Wait

Feedback?
Questions?
Need a Quote?

ご質問やお見積りのご要望は
お気軽に当社まで
ご連絡ください。

Contact Us

特長

  • 633 nm LED光源内蔵
  • 試料のリターダンスは最大1/2波長(316 nm)まで、ファスト軸角度(Azimuth)は最大±90°まで測定
  • 視野Ø20 mm
  • 複屈折イメージングシステムLCC7201Bには以下の製品が付属
    • サンプルホルダMLS203P2
    • Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、50 mm~50.8 mm(2インチ)角の光学素子に対応するサンプルホルダ用アダプタ
    • ソフトウェア(「ソフトウェア」タブ参照)
  • その他の試料取付け用アクセサリもご用意
    • ブレッドボードMSB2328/M
    • スライドホルダーインサートMPSHA1またはレコーディングチャンバ用アダプタ
    • スライドホルダーインサートMPSH2およびMPSH2SS
    • 高速XY走査ステージMLS203-1
  • 動作波長はカスタマイズ可能です。当社までお問い合わせください。

複屈折イメージングシステムLCC7201Bは、材料や生物学の研究から製品の保証に至るまで、さまざまな用途に使用されるフラットな試料に生じる、応力および歪みに伴う複屈折の測定にご使用いただけます(使用例については「用途」タブをご覧ください)。こちらのシステムは学術研究、医療診断、工業生産、製品品質保証などの用途向けに設計されています。液晶デバイスをベースにしており、内部での機械的動作が無いため、非常に安定した振動の無いシステムになっています。

標準的なイメージングシステムにおける照射光の波長は633 nmです。 この波長は488 nm~780 nmの範囲内でカスタマイズが可能です。 カスタマイズをご希望の場合には当社までご連絡ください。システムの視野はØ20 mmで、リターダンスは最大1/2波長(316 nm)まで、ファスト軸角度(方位角、Azimuth)は最大±90°まで測定できます。「仕様」タブでシステムLCC7201Bの仕様の概要がご覧いただけます。

LCC7201Bには、システム制御からデータ取得までのすべてを行うことができるWindows®ベースのソフトウェアパッケージが付属します。ソフトウェアの情報と測定例については「ソフトウェア」タブをご覧ください。

より高い空間分解能でのイメージングを必要とする用途向けには、Cerna®複屈折イメージング顕微鏡CM50xをご用意しています。この顕微鏡で付属の倍率10倍の対物レンズを使用すると、リターダンスとファスト軸角度(Azimuth)については同等の測定範囲と精度が得られ、空間分解能としては1.055 μmが得られます。

試料取付け
試料の観察用として、システムLCC7201BにはサンプルホルダMLS203P2が付属します。その他、Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、および50 mm~50.8 mm(2インチ)角の光学素子の保持用として、3種類のサンプルホルダ用アダプタも付属しています。サンプルホルダMLS203P2はX方向の調整を手動でできるため、Ø20 mmの視野より大きい試料を扱うときに有用です。試料を回転させたいときには、標準的なサンプルステージをブレッドボードMSB2328/MおよびアダプタMPSHA1に交換することができます。また高速XY走査ステージMLS203-1を取り付けてシステムをアップグレードすれば、さらに大きい試料を走査することができます。この場合には、XY両方向に手動でも電動でも調整できます。試料の取付け例については下の写真をご覧ください。


Click to Enlarge

電動走査ステージMLS203-1(付属しません)とサンプルホルダMLS203P2(付属しています)を取り付けた複屈折イメージングシステムLCC7201B

Click to Enlarge

アルミニウム製ブレッドボードMSB2328/M、スライドホルダーインサート用アダプタMPSHA1、スライドホルダーインサートMPSH2を取付けた複屈折イメージングシステムLCC7201B。ブレッドボード、アダプタおよびインサートはイメージングシステムに付属しません。

Click to Enlarge

高剛性サンプルステージとサンプルホルダMLS203P2を取付けた複屈折イメージングシステムLCC7201B。ステージとサンプルホルダはイメージングシステムに付属しています。
LCC7201B Specifications
Light Source Wavelengtha633 nm
Measurement RangeRetardanceStandard Retardance Range: 0 nm to 316 nm
Low Retardance Range: 0 nm to 100 nm
Azimuth±90°
Measurement AccuracyRetardanceStandard Retardance Range: ±10 nm
Low Retardance Range: ±1 nm
AzimuthStandard Retardance Range: ±3°
Low Retardance Range: ±1°
Measurement Rate< 20 s (Based on Default Camera Settings)
Field of ViewØ20 mm
Spatial Resolution9.77 μm
InterfacesUSB 2.0 and USB 3.0
Imager Resolution2448 x 2048 Pixels
Dimensions (D x W x H)500.0 mm x 360.0 mm x 672.0 mm 
Weight25 kg (55.1 lbs)
Operating Temperature0 °C to 40 °C
Storage Temperature-15 °C to 65 °C
Included AccessoriesSample Holder Adapters,
Birefringent Resolution Target (Item # R3L1S1B)
  • カスタム波長でのご提供が可能です。詳細は当社までお問い合わせください。

ソフトウェア

バージョン2.2.5

ボタンをクリックして複屈折イメージングシステムLCC7201Bのソフトウェアページをご覧ください。

Software Download

システムLCC7201Bに付属しているWindows®ベースのソフトウェアパッケージにより、システム制御からデータ取得までのすべてを行うことができます。このシステム用の最新ソフトウェアをダウンロードするには、右のSoftwareボタンをクリックしてください。

特長

  • 標準モードおよび低ノイズモードでのリターダンス測定
  • 関心領域(ROI)は長方形または円形から選択可能
  • カメラの設定(ゲイン、露光時間、ブラックレベル)をダイナミックに調整可能
  • 過剰露光の検知
  • 光源の自動レベル調整
  • 測定結果の1次元、2次元、3次元での表示
  • バイナリ、CSV、画像(PNG、TIFF)形式でのデータ出力

LCC7201Bのソフトウェアによる試料のリターダンス測定には、標準モードと低ノイズモードの2つのモードがあります。標準(Standard)モードでは相対的に測定速度が速く、信号対雑音(S/N)比は低くなります。低ノイズ(Low Noise)モードでは、逆に測定速度は遅く、S/N比は高くなります。露光時間はデフォルトで10 msに設定されており、そのときの測定時間は標準モードで20秒以内、低ノイズモードで4分以内です。

2つのモードの測定範囲は、仕様表などではそれぞれStandard Retardance RangeとLow Retardance Rangeと表記されています。Standard Retardance Range:0~316 nmにおけるリターダンス測定の正確さは±10 nm、ファスト軸角度(Azimuth)測定の正確さは全測定範囲で±3°です。Low Retardance Range:0~100 nmにおけるリターダンス測定の正確さは±1 nmに向上し、ファスト軸角度(Azimuth)測定の正確さは全測定範囲で±1°に向上します。最小露光時間は0.021 msで、最大露光時間は7330 msです。

下の図は付属するユーザーインターフェイスのスクリーンショットです。様々な測定表示モードをご覧いただけます。1次元、2次元および3次元表示のプレビュー画面は、すべてm=2のゼロオーダ、1/2波長光渦リターダの測定結果です。


Click to Enlarge
1次元表示

Click to Enlarge
Cプラスチック定規端部のプレビューr

Click to Enlarge
ファスト軸角度(Azimuth)の3次元表示

Click to Enlarge
リターダンスの2次元表示とファスト軸角度(Azimuth)の2次元ベクトル表示

アプリケーション別イメージギャラリー

当社の複屈折イメージングシステムLCC7201Bは、様々な材料の複屈折特性を理解するうえで有用なツールです。迅速かつ容易に複屈折特性の測定ができるため、工業生産や生物学、医学などの研究分野でご利用いただけます。下記のタブをクリックすると、この複屈折イメージングシステムのアプリケーション例をご覧いただけます。

Birefringence Imaging System Publications

2022

 

Sergey I. Kudryashov, Pavel A. Danilov, Alexey E. Rupasov, Mikhail P. Smayev, Nikita A. Smirnov, Vladimir V. Kesaev, Andrey N. Putilin, Michael S. Kovalev, Roman A. Zakoldaev, and Sergey A. Gonchukov, "Direct laser writing regimes for bulk inscription of polarization-based spectral microfilters and fabrication of microfluidic bio/chemosensor in bulk fused silica," Laser Physics Letters 19, no. 6 (2022): 065602.

2021

 

Megan Lynn Morgan, Craig Brideau, Wulin Teo, Andrew Vincent Caprariello, Peter K. Stys, "Label-free assessment of myelin status using birefringence microscopy," Journal of Neuroscience Methods, Volume 360, p. 109226 (2021).


Posted Comments:
No Comments Posted

複屈折イメージングシステム


Click to Enlarge

LCC7201Bの背面パネルには、システムとPCを接続するためのUSB 2.0 Type-BポートおよびUSB 3.0マイクロBポート、サービススイッチ、電源入力端子、電源スイッチがあります。
  • 633 nm LED光源内蔵
  • 試料のリターダンスは最大1/2波長(316 nm)まで、ファスト軸角度(Azimuth)は最大±90°まで測定
  • 視野Ø20 mm
  • Windows®ベースのソフトウェアパッケージが付属(詳細は「ソフトウェア」タブ参照)
  • 付属するサンプルホルダ
    • サンプルホルダMLS203P2
    • Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、50 mm~50.8 mm(2インチ)角の光学素子に対応するサンプルホルダ用アダプタ

複屈折イメージングシステムLCC7201Bは、材料や生物学の研究から製品の保証に至るまでの様々な分野において、フラットな試料に生じる応力および歪みに伴う複屈折の測定にご利用いただけます(使用例については「用途」タブをご覧ください)。

システムには高剛性ステージと、Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、50 mm~50.8 mm(2インチ)角のサンプルを保持するためのアダプタが付属します。様々な形状の試料や、電動による走査や回転を必要とする用途にも対応できるよう、追加できるアクセサリをご用意しています(下記掲載)。

LCC7201Bには、サンプルホルダ用アダプタのほかに、12 VDC電源DS12、日本国内用の電源コード、ソフトウェアとマニュアルが入ったUSBドライブ、USB 2.0 Type-A - Type-Bケーブル、USB 3.0 A - Micro Bケーブル、NBS 1963A複屈折性分解能ターゲット R3L1S1Bが付属します。操作するにはWindows®ベースのPC(付属しません)が必要です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
LCC7201B Support Documentation
LCC7201BCustomer Inspired! 複屈折イメージングシステム
¥4,401,810
Lead Time

試料取付け用アクセサリ(オプション)

  • 柔軟性の高い取付け用プラットフォームとして利用できるブレッドボード
  • レコーディングチャンバとスライドホルダーインサートを保持するためのアダプタ
  • 顕微鏡用スライドを保持するためのスライドホルダーインサート

複屈折イメージングシステムLCC7201Bに試料を取付けるときに、回転や柔軟な取付け機構が必要な場合には、アルミニウム製ブレッドボードMSB2328/M、スライドホルダーインサートとレコーディングチャンバ用のアダプタMPSHA1、スライドホルダーインサートMPSH2(アルミニウム製)およびMPSH2SS(ステンレススチール製)をご使用いただくことができます。

ブレッドボードMSB2328/Mには、イメージングシステムLCC7201Bに取り付けるためのM5用ザグリ穴が4つ付いています。ブレッドボード中央の開口(Ø50.0 mm)は、イメージングシステムの光軸にアライメントされています。

アダプタMPSHA1は、LCC7201BにブレッドボードMSB2328/Mが取り付けられているときに、レコーディングチャンバをシステムの光軸に合わせて簡単に取り付けられるように設計されています。このアダプタは4本のM6ネジを使用してブレッドボードに取り付けます。プラットフォームの上面にはØ110 mmの開口部があり、レコーディングチャンバを光路内にしっかりと取り付けるために幅5 mmのリップ(縁)と4つのクランプが付いています。そのほか、顕微鏡スライド(大きさ26.0 mm x 76.2 mmまで)を取り付けるための、スライドホルダーインサートMPSH2およびMPSH2SSをご用意しております。スライドホルダーインサートMPSH2のベースプレートは非磁性のアルミニウム製です。一方、スライドホルダーインサートMPSH2SSはステンレススチール製で、磁性を有する面が必要な実験セットアップに適しています。

カスタム仕様のプレートインサートについては、当社までお問い合わせください。

Breadboard Specifications
Item #Top Surface DimensionsBreadboard ThicknessCentral Aperture DiameterHole Threading and SpacingDistance from Edge to First HoleNumber of Counterbored HolesMaterialFinishFlatness
MSB23289.06" x 11.02"0.37"1.97"8-32 Taps with 1/2" Spacing and 1/4"-20 Taps with 1" Spacinga0.51" from the Short Edges and 0.53" from the Long EdgesFour M5bAluminum PlateMatte Black Anodized±0.010" (0.25 mm) over Entire Surface
MSB2328/M230 mm x
280 mm
9.5 mm50.0 mmM4 Taps with 12.5 mm Spacing and M6 Taps with 25 mm Spacinga15 mm on All SidesFour M5bAluminum PlateMatte Black Anodized±0.010" (0.25 mm) over Entire Surface
  • M4およびM6は同じグリッド線上にあります。
  • 複屈折イメージングシステムLCC7201Bのタップ穴の位置と一致しています。
+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MSB2328 Support Documentation
MSB2328Customer Inspired! アルミニウム製ブレッドボード、LCC7201B用、230 mm x 280 mm x 9.5 mm、開口Ø50 mm、#8-32 and 1/4"-20タップ穴(インチ規格)
¥31,423
In Stock Overseas
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MPSHA1 Support Documentation
MPSHA1Customer Inspired! スライドホルダーインサート用アダプタ
¥38,883
Today
MPSH2 Support Documentation
MPSH2薄型スライドホルダーインサート、レコーディングチャンバーホルダ用、アルミニウム製
¥26,327
7-10 Days
MPSH2SS Support Documentation
MPSH2SS薄型スライドホルダーインサート、レコーディングチャンバーホルダ用、ステンレススチール製
¥70,423
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
MSB2328/M Support Documentation
MSB2328/MCustomer Inspired! アルミニウム製ブレッドボード、LCC7201B用、230 mm x 280 mm x 9.5 mm、開口Ø50 mm、M4&M6タップ穴(ミリ規格)
¥31,423
In Stock Overseas

高速電動XY走査ステージ

Key Specifications
Item #MLS203-1LPXY1
Travel Range110 mm x 75 mm (4.3" x 2.95")
Velocity (Max)250 mm/s25 mm/s
Acceleration (Max)2000 mm/s2400 mm/s2
Bidirectional Repeatability0.25 µm< ±1.5 µm
Unidirectional Repeatability0.25 µm< ±1.5 µm
Horizontal Load Capacity (Max)a1 kg (2.2 lb)
Min Achievable Incremental Movement0.1 µm
Home Location Accuracy0.25 µm< ±2.5 µm
On-Axis Accuracy< 3 µmc< ±5.0 µmb
Dimensions (Mid Travel, Excluding Guards)260.0 mm x 230.0 mm x 31.3 mm
(10.24" x 9.06" x 1.23")
310.1 mm x 255.6 mm x 32.3 mm
(12.21" x 10.06" x 1.27")
  • 用途によっては、重い負荷がステージの性能や安定性に影響する場合があります。
  • 校正ずみの正確さ(軸上)
  • 正確さ(軸上)の絶対値

XY走査ステージMLS203-1およびLPXY1は、 システムLCC7201Bの手動ステージの代替品としてご利用いただくことができ、それにより顕微鏡試料のXY位置決めを電動で行うことができるようになります。 当社では、標準的な顕微鏡スライド、マルチウェルプレート、ペトリ皿、マウント済み金属試料などの位置決め用としてご利用いただける、様々なスライドホルダもご用意しています。

ステージMLS203用のコントローラとしては、2軸ブラシレスDCモーターコントローラBBD302を推奨します。コントローラにはAPT用のGUIインターフェイスが付属します。このステージは、顕微鏡およびその周辺機器を制御するためのオープンソースソフトウェアであるµManagerや、自動画像取得、デバイス制御、および画像解析を行うためのソフトウェアであるMolecular Devices社のMetaMorphにも対応しています。 走査ステージLPXY1用コントローラとしては、2チャンネルのベンチトップ型ステッピングモーター用コントローラBSC202を推奨します。このコントローラでは、当社のKinesis®をソフトウェアによる制御およびプログラミングインターフェイスをご利用いただけます。

電動XY走査ステージの詳細やそのアクセサリについては、それぞれの製品紹介ページ(MLS203-1LPXY1)をご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MLS203-1 Support Documentation
MLS203-1電動式高速XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
¥1,132,709
Lead Time
LPXY1 Support Documentation
LPXY1電動式XY走査ステージ、薄型、移動量110 mm x 75 mm
¥656,778
7-10 Days