クイック接続型(アリ溝付き)回転ステージ、クロスローラーベアリング


  • Continuous 360° Manual Rotation with ±5° Fine Adjustment
  • Vernier Scale Provides 5 arcmin Resolution
  • Low Axial Wobble and High Load Capacity
  • Integrated 3" Dovetails for Quick-Connect Construction

Rotation
Locking Screw

Fine Adjuster
Engagement Screw

Fine Adjuster

Dovetail
Locking Screw

XRR1

Rotation Stage

Application Idea

The XRR1 Rotation Stage is directly compatible with our XR25 and XR50 Series Translation Stages. Here it is shown mounted on an XR25P stage with a dispersing prism and PM5 Clamping Arm.

Related Items


Please Wait
Specifications
Item #XRR1(/M)
Coarse Rotation Range360°, Continuous
Fine Adjustment Range±5°
Fine Adjustment
Resolution (Nominal)
5.78 mrad/rev (0.331°/rev)
Axial Wobble< 500 µrad (0.028°)
Horizontal
Load Capacity
Overall: 50 lbs (22.7 kg)
Fine Adjustment: 15 lbs (6.80 kg)
Vertical Torque Capacitya9 lb-in (1.02 N·m)
Platform SizeØ3.19" (Ø81.0 mm)
Platform Mounting
Holes
1/4"-20 (M6 x 1.0) (13 Places)
8-32 (M4 x 0.7) (4 Places)
6-32 (M4 x 0.7) (4 Places)
Mounted
Platform Height
On Breadboard: 0.91" (23.0 mm)b
Dovetail Stacked: 0.83" (21.1 mm)
Base Dimensions4.33" x 3.58" (110.0 mm x 91.0 mm)
Base Mounting Features3" Quick Connect Dovetails
Mounting Slot for 1/4"-20 (M6 x 1.0)
Cap Screws (4 Places)
  • ステージのベースを垂直面に取り付ける際に、回転軸に直交する軸方向に加えられる最大トルク。質量の中心は、回転の中心にできる限り近くなければなりません。
  • ステージをネジスロットで取り付けた場合、75.7 mmアリ溝を使用して他のステージまたはアクセサリに重ねて取り付けた場合よりも高くなります。

Click to Enlarge

ステージ底部(写真では上側)の幅75.7 mmのメス型アリ溝と、別のステージのオス型アリ溝を結合して、多軸ステージを構築できます。写真左側のメス型アリ溝は、後方に引き込めるタイプのクランプアーム上にあるので、ステージを適当な位置にはめ込むことができます。

回転ステージXRR1/Mは360°の連続粗動回転と±5°の微調整を行います。各ステージの上部プレートと底部プレートには幅75.7 mmのアリ溝が付いており、多軸システムを素早く構築できます。上のステージはアリ溝に沿ってどの場所でも固定できるので、粗い位置決めができます。ステージ底部にはザグリ穴が付いており、光学ブレッドボードに直接取付けが可能です。

特長

  • 360°の連続粗動回転と±5°の微調整
  • 分解能5 arcminのバーニヤ目盛
  • 半径方向のクロスローラーベアリングが高耐荷重を実現し、軸のふらつきを低減
  • ステージ円周には1°単位で目盛が刻印
  • 幅75.7 mmのアリ溝を使用してXR25またはXR50シリーズの移動ステージやアクセサリを素早く接続
  • 標準的なオプトメカニクスおよびクランプアーム用のタップ穴
  • オプションのアクセサリを使用した機能の追加

当社の回転ステージXRR1/Mによって、360°の手動による連続回転が可能です。また、側面のネジを使用して微調整が可能です。さらに、半径方向のクロスローラーベアリングが高耐荷重を実現し、軸のふらつきを低減します。このゼロクリアランス型のベアリング機構によって、回転部分を軸方向へ拘束する力が働くため、ほかのタイプに比べて優れた剛性を有します。上部および底部プレートは、内部応力を最小化して安定性を向上させるためにアルミニウム鋳造材(Cast Tool and Jig Aluminum)から加工しています。回転部には取付穴の配列と幅75.7 mmのオス型アリ溝があり、XR25またはXR50シリーズ移動ステージや下記のアクセサリを取り付けられるようになっています。当社では幅50.7 mmのオス型アリ溝付きの小型回転ステージXRNR1/Mもご用意しております。

微調整を行っていないときは、ステージを手動で連続的に滑らかに回転させることが可能で、マウント側面の1°単位の目盛を使って回転を測定することができます。微調整を行っている状態のときは、±5ºの微調整ネジにより微調整され、バーニヤ目盛りにより5 arcmin分解能で測定されます。調整ネジの端部には2.0 mmの六角穴があるため、スペースが制限された環境でも操作が可能です。アジャスターノブは六角レンチを使用して取り外すこともできます。詳細はキネマティックミラーマウントの製品ページ内の動画をご覧ください。回転プラットフォームは底部の端にある2.0 mm六角ネジでロックできます。各ステージの上部プレートには取付穴が配列されています。また、底部にある4つのM6ザグリ貫通スロットを用いて光学テーブルやブレッドボードに取り付けられます。

各ステージの上部と底部プレートにはそれぞれ幅75.7 mmのオス型とメス型のアリ溝が付いており(上の写真参照)、ほかの機構部品を使用することなく多軸システムを素早く構築できます。この仕組みを利用して多軸システムを素早く構築する方法は、下記の垂直組立てキットのセクションにある写真でご覧いただけます。回転ステージXRR1/Mの幅75.7 mmのアリ溝は、当社のXR25またはXR50シリーズ移動ステージのアリ溝に直接取り付けることができます。多軸アセンブリーキット、レールキャリア、ベースプレート、ステージ用ポジショナークランプなどのアクセサリのラインナップを豊富にご用意しており、様々な機能を追加することができます。幅50.7 mmのアリ溝の付いた小型25 mmステージに取り付け可能なアダプタープレートもございます。各アクセサリの詳細については下の表内のリンクをクリックしてご覧ください。

Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図1: バーニヤ目盛の読み方の例。 赤い矢印はポインタと呼ばれています。 バーニヤ目盛の10が主目盛の1つと一致しているので、このバーニヤ目盛は75.60と読み取れます(どの単位での測定でも同じです)。

バーニヤ目盛の読み方

バーニヤ目盛は、一般に物差しの精密さを向上させるために使用される、均一に分割された目盛(当社の回転マウントの目盛など)です。 バーニヤ目盛は多くの精密測定機器に使用されていますが、中でも良く知られているのはノギスやマイクロメータです。 順バーニヤ目盛では、主目盛とバーニヤ目盛の2つの目盛を並べて使用します。 バーニヤ目盛の間隔は若干(主目盛よりも10%)狭くなっています このため、主目盛上のラインはすべてのバーニヤ目盛上のラインとは一致しません。 バーニヤ目盛の1つのラインだけが主目盛の1つのラインとぴったり一致しますが、これがバーニヤ目盛を読むポイントとなります。

図1~3では、バーニヤ目盛の仕組みについて3つの例をあげて説明しています。 各図において、左側が主目盛で右側の小さい方がバーニヤ目盛です。 これらを読むときには、主目盛で大まかな数値を読み取り、バーニヤ目盛で精密な数値を読み取ります。 こうすることで、標準的なルーラやマイクロメータがより精密なものになります。

バーニヤ目盛の0は「ポインタ」(図1~3で赤い矢印で表示)で、主目盛での読取値を示します。 図1でポインタは75.6のラインで主目盛と一致しています。 これ以外に主目盛と一致しているバーニヤ目盛は10だけであることに注目してください。 バーニヤ目盛の0が主目盛の75.6と一致しているので、図1から読み取れる値は75.60となります(どの単位での測定でも同じです)。

これがバーニヤ目盛の読み方の概要です。 バーニヤ目盛を用いることで簡単に測定機器の精度を向上させることができます。 図2では更に詳しくご説明します。 ここではポインタは主目盛と一致しておらず、75.6のわずか上ですが75.7よりも下にあります。この場合の大まかな読取値は75.6です。 主目盛と初めに一致するバーニヤ目盛は5で、青い矢印で示されています。 バーニヤ目盛は精密に読み取れる最小桁を示し、図2では5が主目盛と一致しているので、精密な測定値は75.65となります。

バーニヤ目盛は主目盛よりも10%小さくなっているので、主目盛を1/10移動させると次のバーニヤ目盛が一致します。 ここで、測定値がバーニヤ目盛の1/10の間にきてしまった場合はどうするのか、という疑問が生じます。 図3ではこれについて説明しています。 上述の通り、ポインタのラインは75.6と75.7の間にあるので、大まかな読取値は75.6となります。 よく見ると、バーニヤ目盛の7(水色の矢印で表示)は、主目盛とほぼ一致しているので、精密な測定値は75.67となります。 しかし、バーニヤ目盛の7は主目盛よりもわずかに上にあり、8(7のすぐ上)は主目盛よりもわずかに下にあります。 このことから、図3の目盛は75.673 ± 0.002と読み取れます。 このツールにおいて、読取誤差としての0.002はほぼ適切な値と言えます。

このように、バーニヤ目盛は標準的なスケール測定の精密さを向上させます。 慣れるまでに少々時間がかかりますが、練習すれば非常に簡単に目盛を読めるようになります。 順バーニヤ、逆バーニヤにかかわらず、すべてのバーニヤ目盛は同様の方法で読み取ることができます。

Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図2: バーニヤ目盛の例。 赤い矢印はポインタを示し、青い矢印は主目盛と一致するバーニヤ目盛上のラインを示しています。 この目盛は75.65と読み取れます。
Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図3: バーニヤ目盛の例。 赤い矢印はポインタを示し、青い矢印は主目盛と一致するバーニヤ目盛上のラインを示しています。 これは75.67と読み取れますが、精密には75.673 ± 0.002となります。

Posted Comments:
user  (posted 2020-09-26 13:23:29.417)
Dear Sir/Madam, Is Your rotation stage XRR1/M compatible with the XR25N/M (Translation Stage Positioner) and XR25N1/M (Translation Stage Return Positioner)? Best Regards
llamb  (posted 2020-09-29 08:10:04.0)
Thank you for contacting Thorlabs. While these three products can certainly be mounted together onto our XR25DR- series dovetail rails for positioning, the XRR1/M stage's contact points for either the XR25N/M positioner or the XR25N1/M return positioner are not ideal. You'll either be contacting the curved side around the stage's fine adjuster screw, or otherwise contacting the bore on the other side of the stage for the fine adjustment clutch screw, so you would lose access to engaging/disengaging the fine adjustment screw.

回転マウント&回転ステージのセレクションガイド

当社では手動式および電動式の回転マウントと回転ステージを豊富にご用意しております。回転マウントの内孔はØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、またはØ50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ) の光学素子取付け用に設計されております*。また回転ステージには、様々な部品やシステムが取り付けられるようにタップ穴が配置されております。電動式は、DCサーボモータ、2相ステッピングモータ、あるいはElliptec™共振ピエゾモータにより駆動されます。いずれも360°の連続回転が可能です。 

*下表のマウントは、Ø12.7 mm、Ø25.4 mm、Ø50.8 mmの光学素子に対して最適設計されています。Ø12.0 mm、Ø25.0 mm、Ø50.0 mmなどの少し小さい光学素子に対してもご使用いただけますが、光学素子の偏心が重要ではない用途でのご使用をお勧めします。

手動回転マウント

Rotation Mounts for Ø1/2" Optics
Item #MRM05(/M)RSP05(/M)CRM05PRM05(/M)aSRM05KS05RSCT104
Click Photo
to Enlarge
FeaturesMini SeriesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Micrometer16 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationCompatible with 30 mm Cage Translation Stages and 1/4" Translation Stagesb
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM05GL5/M(回転マウントPRM05/Mと偏光プリズムマウントSM05PM5のセット)に含まれております。
  • CT104は当社のアダプタープレートMS103/Mを用いることで、移動量6.4 mm(1/4インチ)の移動ステージに取り付けられます。
  • CT104は30 mmケージシステム用移動ステージCT1A/M に対応します。

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #RSP1(/M)LRM1RSP1D(/M)DLM1(/M)CLR1(/M)RSP1X15(/M)RSP1X225(/M)PRM1(/M)a
Click Photo
to Enlarge
LRM1
FeaturesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Adjustable ZeroTwo Independently Rotating CarriagesRotates Optic Within
Fixed Lens Tube System
Continuous 360° Rotation
or 15° Increments
Continuous 360° Rotation
or 22.5° Increments
Micrometer
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM1GL10/M(回転マウントPRM1/Mと偏光プリズムマウントSM1PM10のセット)に含まれております。 

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #LM1-A &
LM1-B(/M)
CRM1(/M)CRM1L(/M)CRM1PT(/M)KS1RSK6XS
Click Photo
to Enlarge
FeaturesOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring30 mm Cage-Compatiblea30 mm Cage-Compatible
for Thick Opticsa
30 mm Cage-Compatible
with Micrometera
±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis
Kinematic Mounta
Additional Details
  • こちらのマウントには回転ダイヤルにM3穴が4つ付いており、プリズム取付け用プラットフォームK6A1/Mを取り付けられます。

Rotation Mounts for Ø2" Optics
Item #RSP2(/M)RSP2D(/M)PRM2(/M)LM2-A &
LM2-B(/M)
LCRM2(/M)KS2RSK6X2
Click Photo to Enlarge
FeaturesStandardAdjustable
Zero
MicrometerOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring60 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis Kinematic Mount
Additional Details

手動回転ステージ

Manual Rotation Stages
Item #RP005(/M)PR005(/M)MSRP01(/M)RP01(/M)RP03(/M)QRP02(/M)
Click Photo
to Enlarge
Continuous Rotation Mount
FeaturesStandardTwo Hard Stops
Additional Details

 

Manual Rotation Stages
Item #XRNR1(/M)XRR1(/M)PR01(/M)CR1(/M)XYR1(/M)OCT-XYR1(/M)
Click Photo
to Enlarge
FeaturesFine Rotation Adjuster and
2" Wide Dovetail Quick Connect
Fine Rotation Adjuster and
3" Wide Dovetail Quick Connect
Fine Rotation Adjuster and
SM1-Threaded Central Aperture
Fine Pitch Worm GearRotation and 1/2" Linear XY Translation
Additional Details
  • ステージをネジスロットで取り付けた場合、75.7 mmアリ溝を使用して他のステージまたはアクセサリに重ねて取り付けた場合よりも高くなります。
  • ステージOCT-XYR1/MにはプレートXYR1Aが付いています。このプレートを取り外すとステージXYR1/Mと同様の取付け機能となります。

電動回転マウント&ステージ

Motorized Rotation Mounts and Stages with Central Clear Apertures
Item #DDR25(/M)PDR1(/M)K10CR1(/M)PRM1Z8(/M)aDDR100(/M)ELL14HDR50(/M)
Click Photo
to Enlarge
ELL14
FeaturesCompatible with
SM05 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM05 Lens Tubes,
30 mm Cage System,
PD1(/M) and PDX1(/M) Linear Stages
Compatible with SM1 Lens Tubes &
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
Open Frame Design for OEM Applications
Compatible with
SM2 Lens Tubes
Additional Details
  • こちらのステージはKPRMTE/M(電動回転ステージPRMTZ8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101)に含まれております。
Motorized Rotation Mounts and Stages with Tapped Platforms
Item #PRMTZ8(/M)aELL18(/M)b
Click Photo
to Enlarge
FeaturesTapped Mounting Platform for Mounting Prisms or Other OpticsTapped Mounting Platform, Open Frame Design for OEM Applications
Additional Details
  • こちらのステージはKPRM1E/M(電動回転ステージPRMT1Z8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101などのセット)に含まれております。
  • こちらのステージはELL18K/M(インターフェイスボード、取付け用ブラケットならびにPC制御用コントローラがセット)に含まれております。

回転ステージ、クロスローラーベアリング、75.7 mmアリ溝式取付け面


Click for Details

XRR1/Mの回転部の概略図

Click for Details

XRR1の回転部の概略図
  • 手動式粗回転および±5°の微調整
  • 2.0 mm六角穴付き回転ロックネジ
  • M6 ×1.0ネジでブレッドボードに取り付け可能な穴が4つ
  • 幅75.7 mmのアリ溝を使用してXR25およびXR50シリーズの移動ステージに直接取り付け可能
    • アリ溝固定用ネジの最大トルクは1.69 N・m
  • アダプタXRN-A1(別売り)を使用してXRN25シリーズの小型移動ステージに取り付け可能。

回転ステージXRR1/Mは360°の手動による連続回転が可能です。側面にある微調整ネジが1回転あたりプラットフォームを5.78 mradで回転させます。各ステージの上部プレートには取付け穴が配列されています(右図参照)。

こちらのステージには幅75.7 mmのアリ溝があり、同じ機構を有する当社のほかのステージと積み重ねて固定できます。ステージは、5 mm六角レンチを用いて、アリ溝式ロック機構により固定します。このアリ溝を利用してステージに様々なアクセサリ(下記参照)を取り付けることができます。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XRR1 Support Documentation
XRR1Ø3.19インチ回転ステージ、75.7 mmアリ溝式取付け面(インチ規格)
¥58,330
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XRR1/M Support Documentation
XRR1/MØ81.0 mm回転ステージ、75.7 mmアリ溝式取付け面(ミリ規格)
¥58,330
7-10 Days

垂直ステージアセンブリ用キット

Vertical Rotation Translation Stage
Click for Details

キットXR25-YZ(/M)を使用して移動ステージXR25P(/M)に取り付けた回転ステージXRR1(/M)
Vertical Rotation Translation Stage
Click for Details

キットXR25-XZ(/M)を使用して移動ステージXR25P(/M)に取り付けた回転ステージXRR1(/M)
Vertical Rotation Stage
Click for Details

キットXR25-XZ(/M)とベースプレートXR25-B1(/M)を使用して垂直方向に取り付けた回転ステージXRR1(/M)
  • 直角ブラケットならびに取付プレートのキット
  • 垂直方向の取り付け用途
  • 幅75.7 mmのアリ溝付きステージに対応
    • アリ溝固定用ネジの最大トルクは1.69 N・m

アセンブリ用キットXR25-XZ/MおよびXR25-YZ/Mを使用して回転ステージXRR1/Mを垂直方向に取り付けることができます。こちらのキットはベースプレートや、XR25またはXR50シリーズの移動ステージに直接取り付けることができます。回転ステージを直線移動ステージに垂直に取り付ける場合、XR25-XZ/Mキットは直線移動方向と平行に回転ステージの表面に取り付けます。これに対し、XR25-YZ/Mキットは移動方向と垂直に回転ステージのプラットフォームに取り付けます(右写真参照)。

各キットには直角ブラケットと取付プレートが付属します。取り付ける際は、まず回転ステージのメス型アリ溝を取付けプレートの片側に取り付けます。次に取付プレートの反対側に直角ブラケットの一方のアームを取り付けます。そして、直角ブラケットのもう一方のアームをベースプレートまたは移動ステージに取り付けます。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XR25-XZ Support Documentation
XR25-XZXZステージアセンブリ用キット、幅3インチアリ溝付きステージ用、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥20,136
7-10 Days
XR25-YZ Support Documentation
XR25-YZYZステージアセンブリ用キット、幅3インチアリ溝付きステージ用、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥17,866
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XR25-XZ/M Support Documentation
XR25-XZ/MXZステージアセンブリ用キット、幅75.7 mmアリ溝付きステージ用、M6 x 1.0タップ穴(ミリ規格)
¥20,136
Today
XR25-YZ/M Support Documentation
XR25-YZ/MYZステージアセンブリ用キット、幅75.7 mmアリ溝付きステージ用、M6 x 1.0タップ穴(ミリ規格)
¥17,866
Today

取付けアダプタ

  • アダプタXRN-A1:幅50.7 mmのアリ溝付き部品を、幅75.7 mmのアリ溝付き部品の上に垂直方向に取り付けます。
  • アダプタXR25-A2:幅75.7 mmのアリ溝付き部品同士を、平行方向に取り付けます。
  • アダプタにより部品の高さが7.0 mm高くなります。

こちらのアダプタは、当社の着脱が容易なクロスローラーベアリングステージにさらに取付け機能を追加するものです。アダプタXRN-A1は、幅50.7 mmのメス型アリ溝付き部品を、幅75.7 mmのオス型アリ溝付き部品に垂直の向きに取り付けます(下の写真参照)。アダプタXR25-A2は、幅75.7 mmの部品同士を平行の向きに取り付けることができます。右下の写真の構成では、平行に取り付けているため設置面積が小さくなっています。

組み立てるには、まず上側のステージやアクセサリの端にあるアリ溝の固定ネジを緩めます。下側のステージまたはベースプレート上にアダプタをセットし(下の写真参照)、さらにアダプタ上に上側のステージをセットします。最後に上側のステージの端にあるアリ溝固定ネジ(最大トルク:1.69 N・m)を、アセンブリ全体が固定されるまで締め付けます。なお、アダプタの側面の奥深くに付いているネジは調整可能なネジではありませんのでご注意ください。

XRR1 Stage and Extended Baseplate
Click to Enlarge

アダプタXR25-A2を使用してベースプレートXR25DRに取り付けたステージXRR1(/M)
XRR1 and XRN25P Stages
Click to Enlarge

アダプタXR25-A1を使用して回転ステージXRR1(/M)に取り付けた移動ステージXRN25P(/M)
Mounting Adapter Compatibility
Item #OrientationTop ComponentBottom Component
XRN-A1PerpendicularXRN25 Series
XRNR1 Stages
XR25 Series
XR50 Stages
XRR1 Stages
XR25-A2ParallelXR25 Series
XR50 Stages
XRR1 Stages
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
XRN-A1 Support Documentation
XRN-A1取付けアダプタ、幅50.7 mmアリ溝付き部品(オス)と幅75.7 mmアリ溝付き部品(メス)の垂直方向取付け用
¥7,069
7-10 Days
XR25-A2 Support Documentation
XR25-A2取付けアダプタ、幅75.7 mmアリ溝付き部品同士(オス-メス)の平行方向取付け用
¥14,691
7-10 Days

回転調整機能付きベースプレート


Click to Enlarge

垂直アセンブリキットおよびベースプレートXR25-B1(/M)を使用すると、ステージを垂直に取り付けることができます。
Translation Stage Swivel Baseplate
Click for Details

円弧状スロットと中央のザグリ穴により、ベースプレートをテーブルの穴の配列に合わせて回転調整することができます。2つのスロットと直交する取付用ダブテールにより360°の調整ができます。
  • ステージをテーブルの穴の配列に合わせて粗動回転ならびに粗移動可能
  • 直交するオス型アリ溝によりステージを2方向に取り付け
  • 幅75.7 mmのアリ溝付きステージに対応

ベースプレートXR25-B1/Mを使用することで、回転ステージXRR1/Mを光学テーブルに取り付ける際のオプションが広がります。ベースプレートには直交するオス型アリ溝が2つ付いており、ステージを2方向に取り付けることができます。 中央のM6ザグリ穴と円弧状の2つのザグリ穴スロットが、テーブルのM6穴の配列に対する角度の粗調整を可能にします。テーブルの穴配列の方向に合わせてステージを取り付ける場合、ベースプレートの両端にある長さ55.9 mmのザグリ穴スロットにより、テーブルに固定する前のベースの粗調整が行えます。

ステージの垂直方向への取り付け
回転ステージを垂直方向に取り付ける必要がある場合、直角ブラケットXR25-XZ/MまたはXR25-YZ/M(上記掲載)をベースプレートに直接固定することができます。この構成については右の写真でご覧いただけます。詳細については上の垂直ステージアセンブリ用キットのセクションをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XR25-B1 Support Documentation
XR25-B1ベースプレート、幅3インチアリ溝付きステージ用(インチ規格)
¥4,657
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
XR25-B1/M Support Documentation
XR25-B1/Mベースプレート、幅75.7 mmアリ溝付きステージ用(ミリ規格)
¥4,657
Today

クランプアーム

  • プラットフォームマウント用のクランプ
  • ポストの上部にM4ネジ穴、下部にM4ネジ付きスタッド
  • 保持できる光学素子の最大高さ:24.6 mm~41.8 mm
  • 保持できる光学素子の高さを拡大するためのエクステンションポストもご用意
    • PM3SP/M + PM3/M:高さ56.1 mmまでの光学素子を保持
    • PM4SP/M + PM4/M:高さ91.7 mmまでの光学素子を保持

Click to Enlarge

クランプアーム用エクステンションポスト。ミリ規格を示す溝が付いています。

こちらのクランプアームを用いると、キネマティックプラットフォームマウントやV字型クランプに光学素子を固定することができます。PM3/Mは高さ24.6 mmまでの光学素子を保持します。ポストと光学素子固定用のナイロン製先端付き止めネジとの中心間距離は17.5 mmです。PM4/Mは高さ40.9 mmまでの光学素子を保持でき、ポストとナイロン製先端付き止めネジとの中心間距離は29.3 mmです。クランプアームPM3/MならびにPM4/Mに、それぞれエクステンションポストPM3SP/MまたはPM4SP/Mを組み合わせると、保持できる光学素子の高さを拡大することが可能です。これらのエクステンションポストは、クランプアームの部品のポストと同一です。すべてのクランプアームにはM4 x 0.7ネジが付属します。

クランプアームPM5/Mはすべて熱処理済みのステンレススチールから作られているため、温度変動を伴う環境中でも安定した性能を維持し、真空にも対応します。M4 x 0.7タップ穴が1つ以上付いているすべてのプラットフォームマウントにお使いいただけますが、特にPOLARIS-K1M4/Mとのご使用をお勧めしています。PM5/Mは高さ41.8 mmまでの光学素子を保持することが可能で、ポストの中心から光学素子を保持する接触点までの距離は22.8 mmです。

各クランプアームはフレクシャ機構でポストに取り付けられますが、その固定には2 mmのボール(六角)ドライバまたは六角レンチを使用します。クランプアーム上部の止めネジで光学素子を固定する際も、2 mmのボールドライバまたは六角レンチを使用します。ポストにはトルクを加えてポストを締め付けるときに使用する貫通穴も付いています。詳細については上の図面をご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PM3 Support Documentation
PM3小型クランプアーム、調整機能付き、#6-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥2,653
7-10 Days
PM3SP Support Documentation
PM3SPCustomer Inspired! クランプアームPM3用エクステンションポスト、#6-32ネジ付き(インチ規格)
¥736
7-10 Days
PM4 Support Documentation
PM4大型クランプアーム、調整機能付き、#6-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥3,245
Today
PM4SP Support Documentation
PM4SPCustomer Inspired! クランプアームPM4用エクステンションポスト、#6-32ネジ付き(インチ規格)
¥736
7-10 Days
PM5 Support Documentation
PM5ステンレススチール製調整機能付きクランプアーム、#8-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥8,057
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PM3/M Support Documentation
PM3/M小型クランプアーム、調整機能付き、M4 x 0.7ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥2,653
Today
PM3SP/M Support Documentation
PM3SP/MCustomer Inspired! クランプアームPM3/M用エクステンションポスト、M4 x 0.7ネジ付き(ミリ規格)
¥736
Today
PM4/M Support Documentation
PM4/M大型クランプアーム、調整機能付き、M4 x 0.7ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥3,245
Today
PM4SP/M Support Documentation
PM4SP/MCustomer Inspired! クランプアームPM4/M用エクステンションポスト、M4 x 0.7ネジ付き(ミリ規格)
¥736
Today
PM5/M Support Documentation
PM5/Mステンレススチール製クランプアーム、調整機能付き、M4ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥8,057
Today