小型安定化広帯域光源


  • Stabilized Light Sources for 360 - 2600 nm, 450 - 5500 nm, or 500 - 9000 nm
  • Stabilized Color Temperature and Output Power
  • Long Lifespan: 10 000 Hours (Average)

SLS202L

Broadband 450 - 5500 nm Source with SLS202C Collimation Package (Sold Separately)

SLS201L

Broadband 360 - 2600 nm Source with Included SMA Fiber Patch Cable Connected to the Output

SLS252

Replacement Bulb for the
SLS202L(/M) Stabilized Light Source

SLS203L

Broadband 500 - 9000 nm Source with Free Space Output

Related Items


Please Wait
Key Specificationsa
Item #SLS201L(/M)SLS202L(/M)SLS203L(/M)
Wavelength Range360 - 2600 nm450 - 5500 nm500 - 9000 nm
Peak Wavelengthb1000 nm1500 nm2400 nm
Bulb Electrical Power9 W7.2 W24 W
Output CouplingFiber Coupled (SMA) and
Free Space
Free Space
Coupled Optical Power10 mWc1.5 mWd> 1.5 We
Included Fiber Patch CableSMA to SMA,
1 m Long
Not IncludedfN/A
Output Power Stabilityg< 0.05%
Output Power Drift per Hour0.01%0.03%
Output Power Drift per °C0.1%
Color Temperature2796 K1900 K1500 K
Color Temperature Stability±15 K
Included Power Supply12 V, 100 - 240 VAC
(Replacement Item # DS12h)
24 V,
90 - 264 VAC
  • 仕様の詳細は「仕様」タブをご覧ください。
  • 黒体放射に基づいた理論値
  • ライトバルブの使用開始直後、付属のファイバーパッチケーブルで測定
  • ライトバルブの使用開始直後、当社のZrF4 MIRパッチケーブルMZ41L1で測定
  • 前面のレンズチューブを取り外し、出力ポートで直接測定
  • この光源には中赤外域用フッ化物ファイバーパッチケーブルまたはファイバーバンドルのご使用をお勧めいたします。
  • 45分のウォームアップ後、室温にて1 Hzのサンプリングレートで1時間測定した光パワーの標準偏差。 安定性の試験結果については「グラフ」 タブをご参照ください。
  • 2019年以前の製品用電源はDS12とは異なります。詳細は当社までお問い合わせください
アクセサリ
  • コリメーターユニット
  • 交換用ライトバルブモジュール
  • 追加のフィルターホルダ
  • ブランクインサート
  • 可変減衰インサート

特長

  • 可視域~赤外域波長用広帯域光源
  • 一定かつ安定した出力強度
    • 0.1%/°C
    • 0.01%/hr (SLS201L/M & SLS202L/M)
    • 0.03%/hr (SLS203L/M)
  • 閉ループ制御により高安定を実現
    • 出力の安定性:<0.05%
    • 色温度安定性:±15 K
  • 平均寿命:10 000時間
  • SMAファイバ接続または自由空間出力
  • 取外し可能なØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)のフィルタ用ホルダ
  • 30 mmケージシステムに取付け可能
  • 低ノイズファン冷却

当社の安定化光源は一定の強度で360~2600 nm、450~5500 nm、500~9000 nmの黒体放射スペクトルを供給します。 内部のフィードバック制御システムにより、安定性の高い光出力を可能にしています。 当社の安定化光源は、透過率や反射率測定など高い確度と安定性が求められる実験に適しています。

各光源はフィルターホルダを内蔵し、SMAコネクタ接続によるファイバ出力(型番: SLS201L/M&SLS202L/M)または自由空間出力(型番:SLS203L/M)をお選びいただけます。 ファイバ出力光源のファイバ出力ユニットは、自由空間出力用コリメーターユニット(別売り)と交換することも可能です。ファイバ出力ユニットの取付けに使用する簡単脱着機構によって、ファイバ出力ユニットに交換しても結合効率は持続します。各光源の前面には、簡単脱着アダプタSM1QAM(カスタム仕様の光学系用)を使用して、内ネジ付きのレンズチューブも直接取り付けることができます。 コンパクトな設計(「仕様」タブ参照)なので、部品が多く配置されている光学テーブルでも柔軟に配置することができます。 各光源は、底部の2つのM6タップ穴とØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)ポストを使用してポストに取り付けることが可能です。

前面にはØ6 mmケージロッド用の4個の#4-40タップ穴が付いているので(左の写真参照)、当社の30 mmケージシステムを取り付けることができます。 背面にはON/OFFトグルスイッチ、通電表示ランプ(LED)、電源接続があります(右下の写真参照)。 各ランプにはフィルターホルダが1つ付属しています。 フィルターホルダは、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)で厚さが 8.0 mmまでの光学素子を取付けられるので、特定の波長で一定強度の照度が必要な用途の場合、光路上にバンドパスフィルタを取付けることも可能です。 さらに、フィルターホルダ内に2枚のガラスプレートとその間に試料を置くことにより、この光源を材料分析に利用することもできます。 光学素子をホルダ内に固定するには付属の固定リングSM1RRを使用します。 光学素子を傷つけずに固定リングを取り付けるには、スパナレンチSPW602のご使用をお勧めします。 フィルターホルダは付属の六角レンチと装置の横に付いている止めネジ(セットスクリュ)を用いて固定することができます(下の写真参照)。 この光源はフィルターホルダCFH2-F(下記にて別売り)をお使いいただくことができるので、フィルタや試料を素早く交換することが可能です。

これらの3種類の安定化光源には 交換用ライトバルブもご用意しています。 ライトバルブの交換方法の詳細は、「ライトバルブの交換」タブをご参照ください。 コリメーターユニットおよびバルブモジュールは、各ランプ専用の製品のみご使用可能となっておりますので、適切な製品をお選びください。 より高い色温度をご希望の場合には、色温度調整フィルタを使用し、光源からの青色の光を透過させながら赤色の光を減衰させることができます。 結果としてより高い色温度が得られますが、トータルの出力パワーは低下します。

着脱可能なフィルターホルダにより、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)の光学素子を挿入することが可能です(光学素子は別売り)。 光源の前面には4個の#4-40タップ穴があるため、30 mmケージシステムに組み込むことができます。

筐体の側面にあるフィルタ用止めネジを使用してフィルターホルダを位置固定することができます。 光源SLS201L(/M)およびSLS202L(/M)に付属しているファイバ出力ユニットは簡単に取り外し、コリメーターユニットと交換することができます。

各光源の背面にはon/offスイッチ、通電表示灯、電源接続があります。

Item #SLS201L(/M)SLS202L(/M)SLS203L(/M)
Wavelength Range360 - 2600 nm450 - 5500 nm500 - 9000 nm
Peak Wavelengtha1000 nm1500 nm2400 nm
Bulb Electrical Power9 W7.2 W24 W
Output CouplingFiber Coupled (SMA) and
Free Space
Free Space
Fiber-Coupled Optical Power10 mWb1.5 mWcN/A
Free-Space Optical Power500 mWd700 mWd> 1.5 W
Collimated Optical Powere60 mW15 mWN/A
Included Fiber Patch CableSMA to SMA,
1 m Long
Not Includedf
Beam Divergence without Fiber Couplerg8.2°13.8°
Beam Divergence with Optional Collimatorg1.4°
Beam Diameter with Optional Collimatorh24 mm10 mm
Output Power Stabilityi< 0.05%
Optical Power Drift per Hour0.01% (Typical)0.03% (Typical)
Optical Power Drift per °C0.1% (Typical)
Color Temperature2796 K1900 K1500 K
Color Temperature Stability±15 K
Lifespan10 000 Hours (Avg.)
Compatible Filter SizeØ1" and Ø25 mm up to 0.31" (8.0 mm) thick
Operating Temperature0 °C to 45 °C
Storage Temperature-15 °C to 70 °C
Included Power Supply12 V, 100 - 240 VAC
(Replacement Item # DS12)
24 V, 90 - 264 VAC at 47 - 63 Hz
Dimensions (L × W × H)216.4 mm × 55.0 mm x 57.5 mm
(8.52" × 2.17" x 2.26")
209.1 mm × 55.0 mm x 57.5 mm
(8.23" × 2.17" x 2.26")
  • 黒体放射に基づいた理論値
  • ライトバルブの使用開始直後、付属のファイバーパッチケーブルで測定
  • ライトバルブの使用開始直後、当社のZrF4 MIRパッチケーブルMZ41L1で測定
  • ファイバーカプラを取り外し、光源の出力ポートで測定
  • オプションのコリメーターユニットで測定
  • この光源には中赤外域用フッ化物ファイバーパッチケーブルまたはファイバーバンドルのご使用をお勧めいたします。
  • 発散半角、587 nmにおける設計値
  • コリメーターユニットから10 cm離れた位置で測定
  • 45分のウォームアップ後、室温にて1 Hzのサンプリングレートで1時間測定した光出力の標準偏差。当社の安定性試験の結果については「グラフ」タブをご参照ください。

下記の各スペクトルと、同等の色温度の黒体放射スペクトルを比較しました。 各曲線はピーク値で規格化されています。 SLS202LおよびSLS203Lのスペクトルの測定値は、測定器の検出範囲が限られているため5500 nmまでとなっています。 測定した光源のスペクトルに見られる構造は、H2OやCO2など、さまざまな分子からの吸収によるものです。 右下の安定性のグラフは、経時的な光源の安定性の比較と室温のデータを示しています。

Stabilized Light Source Spectrum
Click to Enlarge

生データはこちらをご覧ください。
Stabilized Light Source Spectrum
Click to Enlarge

生データはこちらをご覧ください。
Stabilized Light Source Spectrum
Click to Enlarge

生データはこちらをご覧ください。
Stabilized Light Source Comparison
Click to Enlarge

SLSシリーズの安定化光源の性能の長期的な比較と室温の変化。

安定化光源SLS201LとSLS202L用電源コネクタ

Pin Diagram
PinDescription
1No Connection
2No Connection
3+ 12 V
4Ground

安定化電源SLS203L用コネクタ

Pin Diagram
PinDescription
1Reserved
2Ground
3+ 24 V

ここでは安定化出力光源SLS201/M(交換用ライトバルブ 型番SLS251)、SLS202/M(交換用ライトバルブ 型番SLS252)、ならびにSLS203L/M(交換用ライトバルブ 型番SLS253)のライトバルブの交換方法を動画と共に記載しています。 なお、これらのライトバルブは互換性がなく、対応する各光源専用のため必ず正しいライトバルブを取り付けるようにしてください。

ライトバルブを交換する際には、皮脂がライトバルブに付着しないよう手袋をはめて実施することを強くお勧めします。 ライトバルブに汚れが付着している可能性がある場合には、電源を接続する前にアルコールで汚れを落としてください。


バルブの交換方法

キャビティを開けます。

  1. 2 mm六角レンチを使用してユニット左右の1番端のネジを外してください。 ファン用の通風孔に1番近いネジは外さないようご注意ください。
  2. 同じ2 mm六角レンチを使用し、ユニット底面にあるキャビティカバーを固定しているネジ4本を外します。

古いライトバルブの取り外し

  1. ライトバルブモジュールに付いている白いプラグを回路基板から引き抜きます。 ランプの出力開口部が右側を向いている場合、プラグは回路基板の1番奥にあります。
  2. 各交換用バルブに付属している1.5 mmボールポイント六角レンチを使用し、回路基板エリアとバルブエリアを隔てるアルミニウム製の仕切り板の真ん中あたりにあるキャップスクリュを外してください。
  3. ワイヤとワイヤに付いたプラグをアルミニウム製仕切り板の穴からそっと取り出すと古いライトバルブが取り外せます。
    : 写真に示しているライトバルブモジュール両側の2つのアルミニウム製位置決めピンはバルブを外す際、一緒に外れる可能性があります。 このピンは新しいバルブを取り付ける際に必要なので失くさないようご注意ください。

新しいライトバルブの取り付け

  1. 2つの位置決めピンを新しいライトバルブモジュールのそれぞれの穴に取り付けます。
  2. 新しいライトバルブモジュールを上向きにしてそっとバルブチャンバ内に置きます。 ワイヤとプラグを仕切り板の穴から通し、その後モジュールを挿入します。 2つの位置決めピンが仕切り板の穴にすっぽりとはまるように取り付けます。
  3. ライトバルブを仕切り板側に押し付けながら、付属の1.5 mmボールポイント六角レンチを使用してキャップスクリュを締め付けます。
  4. 白いプラグを回路基板に差し込み、キャビティカバーを固定します。

反射分光法の用途

このような広帯域光源は、当社の反射分光プローブCCD分光器、そしてプローブホルダとともに使用すれば、拡散反射、スペクトル反射、ならびに色の測定が可能です。

Reflection Spectroscopy Fiber Probe Bundle

分光器
当社では可視域、近赤外域、ならびにUV~近赤外域に使用できるCCD分光器を各種取り揃えております。CCS100/Mは、350~700 nmのスペクトル域で動作し、分解能は0.5 nmです。また、CCS175/Mのスペクトル域は500~1000 nm、分解能は0.6 nmです。 幅広い範囲に対応するCCS200/Mのスペクトル域は200~1000 nm、分解能は2.0 nmです。ただし、広帯域のスペクトル解析を行う場合、UV域が大幅に減衰される可能性があります。

光源
タングステンハロゲン広帯域ファイバ出力光源SLS201L/M(下記掲載)は、360~2600 nmで2796 Kの黒体放射型スペクトルを出力し、アクティブ型の電子的安定化によってスペクトルならびに強度の低ドリフト化を実現しています。 光源SLS202L/Mは、SLS201L/Mと同様の性能を備えていますが、色温度は1900 K、スペクトル範囲は450~5500 nmとなっています。また、SLS203L/Mは自由空間出力タイプで、色温度は1500 K、スペクトル範囲は500~9000 nmとなっています。 当社ではファイバ出力型LEDもご用意しており、ピーク波長を選択していただくか、あるいは広帯域白色発光スペクトルをお選びいただくことができます。また、ファイバ出力型レーザ光源のラインナップでは、強い単一波長照明のための製品を各種取り揃えております。

Diffuse Reflection Holder
Click to Enlarge

拡散の測定はホルダーブロックRPHを用いて45°で実施。

反射プローブファイバーバンドル
当社では、高OHマルチモードファイバでは250~1200 nm、低OHでは400~2400 nmの反射プローブファイバーバンドルをご用意しています。それぞれのプローブのタイプごとに、Ø6.35 mm(Ø1/4")プローブまたはコネクタSMA905を接続したサンプリング端末をご用意しています。また線形状ファイバーバンドルの分光器接続端にØ6.35 mm(Ø1/4インチ)プローブまたはSMAコネクタが付いた製品もございます。こちらは低反射の試料の場合に分光器の結合効率を上げることができます。

反射プローブバンドルによる同軸照明の必要性がない場合、照明ならびに信号の収集には別個のファイバーパッチケーブルまたはSMAコネクタ付きバンドルをご使用になることも可能です。当社の大径円形状マルチモードファイバーバンドルは照明強度を高めますが、1本のファイバから成るSMAマルチモードパッチケーブルは、精密な照明や、ファイバ出力型レーザに接続する際に便利です。当社では、分光器の信号強度を高める円形状-線形状変換ファイバーバンドルもご用意しています。

反射プローブホルダ
当社では、上の写真のようにファイバープローブを試料に対して精密かつ安定的に90°または45°の角度に位置決めするファイバープローブスタンドRPSおよびRPS-SMA(RPS-SMAは上図および右図参照)をご用意しております。 プローブホルダのアーム(別売りもあり)は、Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)ポストを使用して他のオプトメカニクスのセットアップに組み込むことも可能です。 また、プローブホルダーブロックRPHおよびRPH-SMAは、試料の上に直接置かれるため、ファイバの先端を表面近くに置くことができ、またテスト領域を周囲の明かりから遮断することができます。


Posted Comments:
Shree Krishnamoorthy  (posted 2021-09-20 12:22:26.143)
Dear Thorlabs team, I am interested in 2-2.5 um band. I wanted to know which of the 201/202 and 203 had the most power on that band. Also, if it was 203, could I fiber couple the same? Thanks Shree
Yohei Nagai  (posted 2021-07-16 14:19:23.17)
Lifespanに関して質問があります。 Lifespanが10000H(Average)と記載されていますが、10000H後の特性が知りたいです。 連続使用の場合、光源の初期強度を100%としたときに光源強度が90%まで劣化するまで何時間くらい掛かりますか? I have a question about Lifespan. Lifespan is described as 10000H (Average), but I would like to know the characteristics after 10000H. In the case of continuous use, how long does it take for the light source intensity to deteriorate to 90% when the initial intensity of the light source is 100%?
YLohia  (posted 2021-07-21 03:31:42.0)
Thank you for contacting Thorlabs. When the bulb is close to its end of life, the color temperature will be significantly lower (and thus, the spectrum will also be quite different). Unfortunately, we currently do not have sufficient data to empirically specify the end of life characteristics. A very rough estimation for a 10% intensity drop from its initial power is around 2000 to 3000 hours.
Guillermo Salceda Delgado  (posted 2019-08-08 11:40:18.83)
It is just a question, Is it possible to couple the light from this white source to a single mode fiber instead of multimode fiber?
YLohia  (posted 2019-08-08 01:57:05.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Unfortunately, since this cannot be considered a point source (and is highly divergent), the coupling efficiency into a few um core size single mode fiber is going to be very low (< 1%).
user  (posted 2019-03-26 12:59:16.753)
Hi, What a pinhole size is used in the SLS201C collimation package? Thanks.
YLohia  (posted 2019-03-26 02:59:28.0)
Hello, the pinhole diameter used is 1mm.
abc124771  (posted 2019-02-03 22:21:34.577)
Can you please tell the specs of the collimating lens that's inside the light source main body of SLS202L/M?
nbayconich  (posted 2019-02-06 11:20:07.0)
Thank you for contacting Thorlabs. The collimating lens in SLS202L/M is a calcium flouride lens, part number LA5370 while the focusing lens is LB5774. I will reach out to you directly.
abc124771  (posted 2018-12-03 09:01:14.84)
Could you please tell the coherence length of SLS202L/M and also how I could calculate it myself?
YLohia  (posted 2018-12-03 12:47:57.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. The SLS202L is an incoherent source so there is no coherence length and, thus, cannot be calculated.
iu  (posted 2018-09-20 10:40:52.67)
Hello, Can you please tell me which one from these sources has maximum output power in the range from 1 µm up to 2 µm? (Comparison between all 3 sources using the same outcoupling: lenses, filters, fibers, etc.)
YLohia  (posted 2018-09-20 10:10:43.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. This can be found by using the raw data supplied in the "Graphs" tab and finding the area under the curve after undoing the normalization using the specified total power output from the bulb. For the 1-2um region, the SLS203L will produce the most power, followed by the SLS201L producing slightly more than half of that.
jeremie.dain  (posted 2017-08-19 06:48:52.9)
Hi, Can you check the coupled power with M96L and M15L fibers?
tfrisch  (posted 2017-08-28 11:19:08.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. A very rough estimate would equate the power ratio to the core area ratio which would yield under 1mW coupling efficiency. I will reach out to you directly about how to better estimate the coupled power.
guillaume.paradis  (posted 2017-08-11 14:21:35.75)
Would it be possible to get a power spectral density for this product? (dBm/nm). Also is it possible to get other kind of fiber adapter (FC for example)
tfrisch  (posted 2017-08-16 06:40:11.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. The reason we use arbitrary units for the power is because it will depend on the core size of the fiber used or whether it is coupled to freespace. We list the raw data normalized, so to convert, you would just multiply every cell by the total power you measure through your fiber in mW and divide by the sum of the column with normalized units. You could then convert that to dBm. As for adapting to an FC fiber, the S120-SMA adapter can be unscrewed and replaced with S120-FC or another fiber adapter with internal SM1 threads. I will reach out to you directly to discuss this as well.
p.blasco  (posted 2017-02-07 04:51:45.357)
I have the SLS203 source. Since the source is until 9000 nm, does it is possible to have the measured spectrum until this wl?
tcampbell  (posted 2017-02-07 09:32:48.0)
Response from Tim at Thorlabs: the detector used to measure the spectral power data is only optimized for wavelengths up to 5500 nm. However, the SLS203L will behave similarly to a black body at 1500 K for wavelengths up to 9000 nm. The 1500 K black body spectral data is available by clicking the Raw Data link underneath the SLS203L Spectral Power Distribution plot in the Graphs tab.
samzlemieux  (posted 2016-09-27 16:18:41.753)
I have an SLS201. I wanted to download the spectral power distribution from the Thorlabs website, but the product was discontinued. Can you send me the spectral power distribution of the SLS201?
jlow  (posted 2016-09-29 11:36:37.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The SLS201 and SLS201L uses the same bulb and optic so you can use the spectral power distribution data for the SLS201L on the website.
tfrisch  (posted 2016-08-25 09:02:34.573)
Hello lleclair, thank you for contacting Thorlabs. The spectrum listed is for the bulb and a collimating lens necessary to use our Optical Spectrum Analyzer. I have contacted you with more details. -Tyler at Thorlabs USA
lleclair  (posted 2016-08-02 14:53:16.08)
The emission spectrum shown can't be correct for a quartz halogen lamp, H2O and CO2 alone in the air cannot account for the apparent spectral features. I think the emission spectrum shown must be after light has traveled though the fiber optic. Can you please provide an emission spectrum for the SLS201L that shows the output of the source only, without any attachments, fiber optics or collimator?
jonathan.rasson  (posted 2015-12-17 22:43:38.42)
Hello, like hyunhuh I'm interest in data concerning the power density depending on the wavelength. Would it be possible to obtain any information about this?
besembeson  (posted 2015-12-21 06:33:43.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: We don't currently have this data, but we are working on this and will publish on the website once we complete the measurements.
hyunhuh  (posted 2015-11-09 15:22:02.347)
I wonder if you could get a graph, spectral power density (mW/nm) vs wavelength.
smcelwee  (posted 2015-11-16 11:25:34.0)
Response from Sean M at Thorlabs USA: Thank you for your inquiry. I'm currently looking into your request and will contact your directly to discuss this further.
cristina.roisorza  (posted 2015-09-25 12:38:45.94)
Hello. I contact again because we have not had any answer yet. we really need a broadband source for measuring fiber optic devices with an OSA (1200 - 1700 nm). Could you tell the energy level for the SLS201 if we work with a single mode fiber (G652D). Thank you very much CRO
cristina.roisorza  (posted 2015-09-11 14:31:32.833)
Hello. I need a broadband source for measuring fiber optic devices with an OSA (1200 - 1700 nm). The SLS201 is very promising, but could you tell the energy level for the mentioned interval if we use a single mode fiber (G652D). Thank you CRO
besembeson  (posted 2015-09-28 01:54:28.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: The SLS201 was designed for use with our OSA200 series with free space and multimode fiber coupling. In general, I expect that you would have very low coupling efficiency to a single mode fiber with a broadband source such as the SLS201 which may not be suitable for your OSA. We plan on doing some tests with our OSAs from SLS201 source coupled to a single mode fiber and I will follow-up with you once we have the data. For now, I would recommend our broadband SLDs if the wavelength span is enough for your application: http://www.thorlabs.hk/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=1760
malleblas  (posted 2015-08-11 00:12:41.99)
I am wondering if it is possible to vary the lamp temperature. I want to use this for a quick cross check verification of radiation thermometers in-situ against a calibrated reference radiation thermometer.
jlow  (posted 2015-08-25 03:22:35.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: Unfortunately the lamp temperature cannot be changed.
jma215  (posted 2015-06-02 11:53:06.63)
I am interested in the SLS201 with collimation package, and in my set up would need to narrow the beam to a diameter of about 2mm. What would you recommend to do this, while minimizing beam divergence?
besembeson  (posted 2015-08-28 12:24:34.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: After you collimate the beam using the SLSC1, you can use a beam expander in reverse to make diameter smaller but note that your divergence will be increased by same reduction factor. Our UK division will followup with you.
cbrideau  (posted 2014-12-02 20:36:07.73)
We had be struggling for months to find a good calibration standard for the imaging spectrometer on our Nikon A1 microscope. We just got the SLS201 and it seems to be working out fairly well. We did find the fiber coupled source a bit difficult to use with the imaging system in the microscope (loss from fiber and difficulty coupling light into microscope objective lowered signal too much) so I ended up with a direct-coupled system instead of the fiber. This worked well and gave ample signal.
cdaly  (posted 2014-12-04 02:54:28.0)
Response from Chris at Thorlabs: Thank you for your feedback. If you run into anything else, please do not hesitate to contact us at techsupport@thorlabs.com
steve  (posted 2014-11-17 08:58:25.92)
is SLS201 shot noise limited ?
jlow  (posted 2014-11-25 11:17:46.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The output of the SLS is monitored by a regular photodiode and the light source is stabilized according to the feedback from the photodiode. Since the the photodiode is not temperature controlled and it is operating near room temperature, the SLS series would not be shot noise limited.
yagor  (posted 2014-10-21 09:07:11.443)
Is it possible to purchase SLS201, and use SLS252 for making it SLS202 when needed?
jlow  (posted 2014-10-22 02:06:14.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The bulbs are not interchangeable and you cannot install the SLS252 in the SLS201.
peh  (posted 2014-08-08 11:33:49.46)
I am very interested in the SLS201 light source. I just want to know if it is possible to change the spectral output of the SLS201 by setting jumpers on the electrical drive board. In others words is it possible to change the lamp temperature?
jlow  (posted 2014-08-11 08:57:12.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: It's not possible to change the lamp temperature. The only way we recommend to change the spectral output would be to put filters in front.
laurent.remy  (posted 2014-06-25 09:13:12.43)
Hi, Can you please give me the same information as "juliusmadrid" about the coupled power with a SMF28e+ fiber ?
pbui  (posted 2014-06-27 09:45:54.0)
We will contact you to provide the experimental data.
juliusmadrid  (posted 2014-05-28 03:39:51.627)
Hi, Can you check the coupled power with a SM28e+ fiber? or with Nufern S405-XP? Theoretical calculation is fine.
pbui  (posted 2014-06-02 02:31:36.0)
We will contact you to provide the experimental data.
f95941056  (posted 2013-10-31 13:56:29.06)
Can you provide the typical output spectrum of SLS201 in dBm/nm scale with 50/125 MMF or SMF28e as the output fiber, so that we can compare with products from other vendors? Can users replace the bulb own their own?
jlow  (posted 2013-11-07 04:23:24.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We have not measured the output of the SLS201 with 50µm MM fiber and SMF28e+ fiber before. We will look into measuring this and will contact you directly about this.
thomas.ellis  (posted 2013-08-03 15:49:05.13)
I have the sls201 lamp source. I am using it with some 10nm filters and it is nice that those filters come with an excel file of the spectral bandpass. It would be nice if this lamp had a similar excel file. As it is I copied the displayed plot and digitized it by hand.
jlow  (posted 2013-08-07 14:44:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We will contact you directly to provide the Excel file.

下記は、当社のすべての白色広帯域照明用光源(ランプ)のセレクションガイドです。これらの光源以外に、マウント無し白色LEDや5種類のマウント付き白色LED、2種類のファイバ出力型白色LED、3種類の Solis®高出力白色LEDもございます。

Broadband Light Source Selection Guide
Item #(Click to
Enlarge;
Not to Scale)
Emitter TypeWavelength
Range
(Click for Plot)
Output CouplingOutput PowerBulb
Electrical
Power
Color
Temperature
Bulb
Lifetime
Replacement
Bulb
SLS204Deuterium200 - 700 nmFree Space or
Fiber Coupled (SMA)
2 mWa
0.1 mWb
(Typ.)
30 WN/A2000 hcSLS254B
SLS205Xenon Arc240 - 1200 nmFree Space or
Fiber Coupled (SMA)
290 mWa
5.5 mWd
(Typ.)
75 W5800 Ka
5400 Kd
2000 hcSLS255B
SLS401Xenon Arc240 - 2400 nmFree Spacee>1.3 Wa150 W5800 K2000 hcSLS401Bf
or SLS402B
SLS402Mercury-Xenon Arc240 - 2400 nmFree Spacee>1.3 Wa150 W6000 K2000 hcSLS401B
or SLS402Bf
SLS302Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 2500 nmFree Spacee>10 Wa150 W3400 K1000 hgSLS301B
SLS201L(/M)Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 2600 nmFree Spacee or
Fiber Coupled (SMA)
500 mWa
10 mWh
9 W2796 K10 000 hSLS251
SLS301Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 3800 nmFree Spacee>1.6 Wa150 W3400 K1000 hgSLS301B
OSL2Quartz
Tungsten-Halogen
400 - 1600 nm
(Typical)
Fiber Bundle1.4 Wi150 W3200 K1000 hcOSL2Bf,
OSL2B2,
or OSL2BIR
OSL2IRQuartz
Tungsten-Halogen
400 - 1750 nm
(Typical)
Fiber Bundle3.8 Wi150 W3200 K200 hcOSL2B,
OSL2B2,
or OSL2BIRf
QTH10(/M)Quartz
Tungsten-Halogen
400 - 2200 nmFree Space50 mW (Typ.)10 W2800 Kj (Typ.)2000 hQTH10B
SLS202L(/M)Tungsten450 nm - 5.5 µmFree Spacee or
Fiber Coupled (SMA)
700 mWa
1.5 mWk
7.2 W1900 K10 000 hSLS252
SLS203L(/M)Silicon Carbide Globar500 nm - 9 µmFree Space>1.5 Wa24 W1500 K10 000 hSLS253
SLS303Silicon Nitride Globar550 nm - 15 µmFree Space4.5 Wa70 W1200 K5000 hgSLS303B
  • アダプタ無し、ライトバルブの使用開始直後測定された自由空間への光出力パワー 
  • ライトバルブの使用開始直後、耐ソラリゼーションパッチケーブルM114L01を接続して測定
  • 最大出力光パワーが使用開始時の50%に低下するまでの合計動作時間 
  • ライトバルブの使用開始直後、耐ソラリゼーションパッチケーブルM114L01を接続して測定
  • 自由空間出力を液体ライトガイド(LLG)に結合するアダプタ(別売り)をご用意しております。
  • このライトバルブは光源に付属するライトバルブと同じです。
  • コントローラがライトバルブの出力パワーを安定させるまでの合計動作時間
  • ライトバルブの使用開始直後、付属のファイバーパッチケーブルを接続して測定したファイバ出力光のパワー
  • 最大バルブ出力強度におけるファイバ端でのパワー 
  • 色温度はユニットにより異なります。
  • ライトバルブの使用開始直後、当社のZrF4 MIRパッチケーブルMZ41L1を接続して測定

安定化タングステンハロゲン光源、360~2600 nm

Simplified Optical Diagram of the SLS201L
Click to Enlarge

SLS201L(/M)には、黒体放射光をファイバに結合するために、N-BK7球面レンズLBF254-040およびB270非球面レンズACL2520Uが内蔵されています。
  • 360~2600 nm用安定化光源
  • ファイバーパッチケーブルおよび電源DS12が付属
  • 付属のパッチケーブルからの出力:>10 mW
  • 交換用ライトバルブモジュールは下記で別途ご用意

当社の安定化タングステンハロゲン光源は360~2600 nmで一定強度(10 mW)の黒体放射スペクトルを供給します。黒体放射スペクトルは可視域および近赤外域両方にわたるため、この光源は光測定装置への組込みに適しています。この安定化光源は、反射プローブと組み合わせたり、拡散反射や蛍光測定用に分光器と組み合わせたりして使用することができます。また、検出器の較正システムの一部としてテストターゲットの裏面照射にもご利用いただけます。さらに、表面構造のマッピングなどの用途に使用する白色干渉計の光源として使用することも可能です。付属のフィルターホルダの代わりにCFH2-F(下記参照)も取り付けられます。

付属のSMAマルチモードファイバーパッチケーブルを用いた時に光源SLS201L/Mから得られる出力は10 mWです。これよりも小さいコア径やNA、または長いファイバを用いると出力は小さくなり、これよりも大きいコア径や短いファイバを用いると出力は大きくなります。この光源の前面に付いているファイバーアダプタS120-SMAは脱着可能で、SM1内ネジ付きファイバーアダプタであれば交換することができます。特に、カプラSM1T1液体ライトガイド(LLG)コリメート用アダプタと組み合わせて使用すれば、LLGシリーズに対応させることができます。ただしLLGに800 nmより長波長の光を1時間以上透過させると、LLGの端部が恒久的に損傷する恐れがあります。長時間使用による損傷を軽減するには、赤外域光の透過を制限するフィルタを取り付けてください。

ファイバーアダプタは製造時にあらかじめ適切な位置に調整されているため、脱着する際にはご注意ください。アダプタは付属の30 mm六角レンチで緩めて調整することができます。また、このランプのファイバ出力ユニット全てをコリメーターユニットSLS201C(下記参照)と交換いただくと、自由空間用としてご使用いただけます。

内部にはファンが付いていて光源の温度を調節しています。このファンは低ノイズで、内部の温度が65 °Cを超えた時のみ作動します。SLS201L/Mには、電源DS12が付属しています。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS201L Support Documentation
SLS201L安定化ファイバ出力光源、電源アダプタ付き、360~2600 nm、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥142,082
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS201L/M Support Documentation
SLS201L/M安定化ファイバ出力光源、電源アダプタ付き、360~2600 nm、M6タップ穴(ミリ規格)
¥142,082
Today

安定化タングステン光源、450~5500 nm

Diagram Showing the internal optical elements of the SLS202LClick to Enlarge
SLS202L(/M)には、黒体放射光をファイバに結合するために、平凸レンズLA5370および両凸レンズLB5774が内蔵されています。どちらもフッ化カルシウム(CaF2)基板です。

当社の安定化タングステン光源は450~5500 nmで一定強度の黒体放射スペクトルを供給します。 黒体放射スペクトルは可視域ならびに中赤外域両方に及ぶため、この光源は中赤外光の測定ならびに分析システムへの組み込みに適しています。 この光源の前面に付いているファイバーアダプタS120-SMAは、脱着が可能で、あらゆるSM1内ネジ付きファイバーアダプタと取り替えることができます。 このファイバーアダプタは、製造時にあらかじめ適切な位置に調整されていますが、付属の30 mm六角レンチを用いて緩めて調整することも可能です。 また、このランプのファイバ出力ユニットをコリメーターユニットSLS202C(下記参照)と交換いただくと、自由空間用途でのご使用も可能になります。 この光源には、中赤外フッ化物ファイバもしくはファイバーバンドルのご使用をお勧めいたします。 付属のフィルターホルダの代わりにCFH2-F(下記参照)も取り付けられます。

内部にはファンが付いていて光源の温度を調節します。 このファンは低ノイズで内部の温度が65 °Cを超えた時のみ作動します。 SLS202L/Mには、電源DS12が付属しています。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS202L Support Documentation
SLS202L安定化ファイバ出力光源、電源アダプタ付き、450~5500 nm、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥165,435
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS202L/M Support Documentation
SLS202L/M安定化ファイバ出力光源、電源アダプタ付き、450~5500 nm、M6タップ穴(ミリ規格)
¥165,435
Today

安定化グローバ光源、500~9000 nm

Simplified Optical Diagram of the SLS203L
Click to Enlarge

SLS203L(/M)には、黒体放射光をコリメートするために、フッ化カルシウム(CaF2)基板の平凸レンズLA5370が内蔵されてます。
Halogen Lamp Collimated Output
Click to Enlarge

安定化グローバ光源SLS203L(/M)からの出力角度分布
  • 500~9000 nmの安定化光源
  • コリメート光、自由空間出力
  • 出力ポートで測定される出力:>1.5 W
  • AC電源(日本国内対応)が付属

当社の安定化グローバ光源は500~9000 nmで1.5 W以上の一定強度の黒体放射スペクトルを供給します。黒体放射スペクトルは可視域ならびに中赤外域両方に及ぶため、この光源は中赤外光の測定ならびに分析システムへの組み込みに適しています。シリコンカーバイドのグローバを使用し、楕円形のリフレクタ内に取り付けることで光出力を上げています。平凸レンズLA5370が光源から出力された光をコリメートします。出力ビームの角度分布は右のグラフでご覧いただけます。このフィルターホルダの代わりにCFH2-F(下記参照)も取り付けられます。

また光源の出力部にはSM1内ネジ付きのレンズチューブが付いています。レンズチューブは取り外しが可能です。固定リングSM1RRが付属しており、厚さ18 mmまでのØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子を中に取り付けられます。光源に内蔵された低ノイズのファンは、温度が65 °Cを超えると作動し、温度の調節を行います。SLS203L/Mには、日本国内で使用できるAC電源が付属しています(90~264 VAC、47~63 Hzで対応可能)。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS203L Support Documentation
SLS203LCustomer Inspired! 安定化自由空間出力光源、電源アダプタ付き、500~9000 nm、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥220,158
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS203L/M Support Documentation
SLS203L/MCustomer Inspired! 安定化自由空間出力光源、電源アダプタ付き、500~9000 nm、M6タップ穴(ミリ規格)
¥220,158
5-8 Days

コリメーターユニット


Click to Enlarge

コリメータSLS201Cを取付けた光源SLS201L(/M)

Click for Details

SLS201Lのビームプロファイル
(A) コリメータSLS201Cのみ装着
(B) SLS201Cと拡散板DG10-600-MDを装着
  • SLS201C: 安定化タングステンハロゲン光源SLS201L/M用コリメータ
  • SLS202C: 安定化タングステン赤外光源SLS202L/M用コリメータ
  • 旧型光源SLSシリーズ用コリメーターユニット

SLS201CならびにSLS202Cは、それぞれ安定化タングステンハロゲン光源SLS201L/M用、安定化タングステン赤外光源SLS202L/M用のコリメーターユニットです。各ユニットは、簡単脱着式SM1内ネジ付きレンズチューブの内部に収められた2枚のコリメート用レンズとピンホールから構成されており、識別が簡単なように型番が刻印されています。SLS201Cには、コーティング無しの非球面コンデンサーレンズが2枚、SLS202Cにはコーティング無しのフッ化カルシウム両凸レンズ2枚ががそれぞれ内蔵されています。

また、当社では旧型光源SLS201/MおよびSLS202/M用に、それぞれSLSC1およびSLSC2のコリメーターユニットもご提供しております。コリメータSLSC1およびSLSC2は、上記掲載の光源には対応していません。

取り付けるには、ネジを緩めて光源出力部からファイバーアダプタを取り外し、コリメーターユニットを簡単脱着式アダプタがランプ側に来るようにしてネジ止めしてください。 なお、コリメーターユニットには互換性がないため、光源に合ったユニットを取り付けるようにしてください。

ハロゲンランプの発光はインコヒーレントであるため、出力光を完全にはコリメートできないことに注意ください。コリメーターユニットSLS201CならびにSLS202Cは、対応するハロゲン光源に直接取り付ける(右写真A参照、コリメーターユニット端からの距離は25 cm)ことも、Ø25.4 mm(Ø1インチ)マウント付きの拡散板(上写真B参照)と併用することも可能です。 拡散板を使用することで、ビーム広がり角を増加させる一方で、ビームプロファイルを均一にすることができます。

Item #Compatible Stabilized
Light Sourcea
Beam
Diameter
Half Divergence
Angle
Output Power
(Typ.)
Outer DimensionsThreads on
Output Port
Mechanical Drawing
(Click for Details)
SLS201CSLS201L(/M)24.0 mmb2.0° c60 mWØ30.5 mm x 97.6 mm
(Ø1.20" x 3.84")
Internal SM1
(1.035"-40)
SLS202CSLS202L(/M)10.0 mmb1.4° c15 mW
SLSC1dSLS201(/M)d22.4 mme1.3° f39 mWgØ30.5 mm x 35.0 mm
(Ø1.20" x 1.38")
SLSC2dSLS202(/M)d16.8 mme1.0° f19 mWg
  • コリメーターユニットは他の光源とは互換性がないため、専用の型番をお選びください。
  • コリメーターユニットのレンズから10 mmの位置で測定
  • 発散半角、587 nmにおける設計値
  • これらのコリメーターユニットは、当社の旧型光源SLSシリーズにのみ対応
  • コリメーターユニットのレンズから10 mmの位置でのRMSビーム径(理論値)
  • それぞれの光源の動作波長範囲での理論計算値。
  • コリメーターユニットの出力ポートにサーマルセンサを取り付けて測定
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS201C Support Documentation
SLS201Cコリメーターユニット、光源SLS201L/M用
¥25,884
Today
SLS202C Support Documentation
SLS202Cコリメーターユニット、光源SLS202L/M用
¥31,652
5-8 Days
SLSC1 Support Documentation
SLSC1Customer Inspired! コリメーターユニット、光源SLS201/M用
¥15,896
5-8 Days
SLSC2 Support Documentation
SLSC2Customer Inspired! コリメーターユニット、光源SLS202/M用
¥28,698
5-8 Days

交換用ライトバルブモジュール

Bulb
Item #
Compatible
Light Source
Bulb TypeBulb Electrical
Power
Color
Temperature
SLS251SLS201L(/M)Tungsten-
Halogen
9 W2796 K
SLS252SLS202L(/M)Tungsten IR7.2 W1900 K
SLS253SLS203L(/M)Globar24 W1500 K
  • SLS251:安定化光源SLS201L/Mの交換用タングステンハロゲンバルブ
  • SLS252:安定化光源SLS202L/Mの交換用タングステンIRバルブ
  • SLS253:安定化光源SLS203L/Mの交換用グローバーバルブ

交換用ライトバルブモジュールSLS251、SLS252、SLS253はそれぞれタングステンハロゲン光源SLS201L/M、タングステン赤外光源SLS202L/M、グローバ光源SLS203L/M用となっております。各ライトバルブモジュールには、取付方法説明書ならびに取り付けを行う際に使用する1.5 mmのボール(六角)ドライバ/六角レンチが付属します。ライトバルブの交換方法については「ライトバルブの交換」タブをご覧ください。なお、これらのライトバルブは互換性がないため、各光源に正しいライトバルブを取り付けるようにしてください。

注:安定化光源内のライトバルブを交換する際には、皮脂がライトバルブに付着しないよう手袋をはめて実施することを強くお勧めします。電球に汚れが付着している可能性がある場合には、電源を接続する前にアルコールで汚れを落としてください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS251 Support Documentation
SLS251Customer Inspired! 交換用ライトバルブモジュール、SLS201L/M用
¥17,303
5-8 Days
SLS252 Support Documentation
SLS252Customer Inspired! 交換用ライトバルブモジュール、SLS202L/M用
¥28,698
5-8 Days
SLS253 Support Documentation
SLS253Customer Inspired! 交換用ライトバルブモジュール、SLS203L/M用
¥28,698
5-8 Days

追加用フィルターホルダ、その他のインサート

app shot
Click to Enlarge
CFH2-V上部のアジャスタを押し下げるとシャッタが閉じます。
  • 当社の小型安定化光源に対応するインサート
  • SM1ネジ付きフィルターホルダーインサートは厚さ8.0 mmまでのØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子の取り付けが可能
  • ブランクプレートはカスタム仕様の光学素子の取付け用に加工可能
  • シャッタ位置の調整可能な減衰器インサート

フィルターホルダCFH2-Fは厚さ8.0 mmまでのØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子に対応し、上記の光源に付属するフィルターホルダの交換品としてご使用いただけます。複数のフィルターホルダがあれば、安定化光源に付けるフィルタを素早く交換することが可能です。光学素子は、付属の固定リングSM1RRでマウント後方の縁と挟んで固定します。 

ブランクプレートCFH2‑Bも別売りでご提供しています。このプレートは手動シャッタとして使用したり、用途に応じて機械加工したりすることができます。CFH2-FとCFH2-Bの上部プレートには、取り付けた光学素子の特定に使用できるラベリング用の枠が2か所あります。

CFH2-Vは可変減衰器インサートで、黒色酸化物のコーティングが施されたシングルブレードの可変シャッタが付いており、光の一部あるいは全てをブロックします。シャッタはØ13.7 mmの開口部を上から下に垂直に移動し、最大12.7 mmのビーム径が通る設計になっています。シャッタの位置は調整可能で、3/16"-120のアジャスタを1回転すると0.127 mm移動します。付属の5/64インチ六角レンチを使用して精密に調整ができます。急いでシャッタを閉じるときには、アジャスタを押し下げてください(右の写真参照)。アジャスタから手を放すとシャッタは設定位置に戻ります(設定位置からのズレ12.7 µm以内)。出力ビームのプロファイルが円形ではないため、最良の性能を得るには減衰器インサートから出た光を光ファイバーパッチケーブルに結合してください。開口部がビームサイズより小さい場合、ランプからの出射光は減衰器インサートでクリップされるため、シャッタが完全に開いている状態でも出力光は小さくなります。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CFH2-F Support Documentation
CFH2-FCustomer Inspired! 追加用フィルターホルダ、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子用、CFH2/M用 (ミリ&インチ共用)
¥8,301
Today
CFH2-B Support Documentation
CFH2-BCustomer Inspired! ブランクプレート、CFH2/M用 (ミリ&インチ共用)
¥7,561
Today
CFH2-V Support Documentation
CFH2-V可変減衰器インサート、CFH2/M&光ファイバーフィルターマウント用 (ミリ&インチ共用)
¥24,549
Today