アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

K-Cube™およびT-Cube™用USBコントローラーハブ


  • Provide Power and Communication for up to Three or Six K-Cubes or T-Cubes
  • Install T-Cubes Using KAP101 or KAP102 Adapter Plate
  • USB 2.0 Interface

Application Idea

KCH301 Mounted Vertically with K-Cubes and T-Cubes Installed (KAP101 Adapter and AP90 Bracket Not Included)

KCH601

Controller Hub

Related Items


Please Wait
Item #KCH301KCH601
K-/T-Cube BaysaThreeSix
Housing Dimensions (without Mounting Brackets)193.5 mm x 70.0 mm x 24.0 mm
(7.62" x 2.76" x 0.94")
376.5 mm x 70.0 mm x 24.0 mm
(14.82" x 2.76" x 0.94")
Weight0.3 kg0.5 kg
Input Power Requirements15 V, 10 A (Max)
Output Power+15 V, 6 A (Max)
-15 V, 1 A (Max)
 +5 V, 5 A (Max) 
USB Hub CircuitFully Compliant USB 2.0 Hub
FinishBlack Anodized
  • 幅が2倍のT-Cubeは2つのベイ*を使用します(*「ベイ(bay)」は1台の通常サイズのCubeを取付けるポート)。

Click to Enlarge

コントローラーハブは、下記掲載の直角ブラケットAP90(/M)と2個のM6キャップスクリュ(別売り)を用いて垂直に設置できます。

特長

  • K-Cube™、T-Cube™、ならびにホストPC間での通信が可能
  • K-CubeまたはT-Cubeコントローラを3台(KCH301)または6台(KCH601)まで取付け可能
  • コンパクトなUSB 2.0プラットフォーム
  • 光学テーブルに水平および垂直方向の取付けが可能
  • 取付けられた全てのK-CubeおよびT-Cubeに対して、USBケーブル1本と電源ケーブル1本のみ必要
  • 複数のコントローラーハブを接続するためのUSB出力ポート
  • RoHS規格準拠

こちらのUSBコントローラーハブは、複数のK-CubeおよびT-Cubeを操作することを念頭に設計されています。ケーブル管理、電源供給用配線、複数のUSB接続機器との通信などをシンプルにすることができます。また、光学テーブル上で自動制御のオプトメカニクスシステムを構築する際に、同じテーブル上で各機構部品に隣接してそれらの電子ドライバを設置することができます。

USBコントローラーハブはスリムなベースプレート型の台で、その上面には電気接続用コネクタがあります。内部には全ての通信を行うためのUSB 2.0に完全対応したハブ回路があり、また1本の電源ケーブルで最大3台(KCH301)または6台(KCH601)のK-CubeまたはT-Cubeに電源を供給できます。ハブが供給できる最大電流は10 Aですので、お使いになるCubeの合計電流が10 A以上にならないことをご確認ください。出力電力の仕様については右の表をご覧ください。ハブは電源と水平取付け用ブラケットを付属して出荷されます。

このハブを使用することにより、複数のK-CubeおよびT-Cubeを使用する際にUSBならびに電源ケーブルの本数を大幅に削減できます。またUSB出力ポートから他のユニットのUSB入力ポートに接続できるため、ホストPCは1本のUSBケーブルで複数のコントローラーハブに接続することが可能です。さらに、K-CubeピエゾコントローラT-Cube APT歪ゲージリーダのように閉ループで動作させるデバイスと組み合わせて使用する場合に、ケーブルを追加せずに閉ループ制御を行うことができます。

T-Cubeをこのコントローラーハブ上で動作させるためには、1台のT-Cubeにつき1個のアダプタープレートKAP101もしくはKAP102(いずれも別売り、下記参照)が必要です。KAP101は幅60 mmのT-Cube、KAP102は幅120 mmのT-Cubeをハブに取り付ける際にお使いいただける設計です。

取り付け方法の選択
USBコントローラーハブの底部に配置されている取付け穴により、様々な形態でテーブルに取り付けることができます。ハブは水平取付け用ブラケットを付属して出荷されます。このブラケットにより、単体のT‑Cube用取付けプレートと同じように、ハブを光学テーブルにフラットに取り付けることができます。

また、直角ブラケットAP90/M(別売り)を用いてハブを垂直に取り付け、光学テーブル上のスペースを有効活用することもできます。直角ブラケットをハブに取り付けるには、M6キャップスクリュが2個必要です。

ハブの底部には磁石が2つ(KCH301)または3つ(KCH601)付いており、テーブルに仮固定できるようになっています。

K-T Adapter
Click to Enlarge

幅60 mmのT-CubeをKCHシリーズのハブに取り付ける際はアダプタープレートKAP101(別売り、下記参照)が必要です。

Click to Enlarge

幅120 mmのT-CubeをKCHシリーズのハブに取り付ける際はアダプタープレートKAP102(別売り、下記参照)が必要です。
Horizontal Configuration
Click to Enlarge

各ハブには、光学テーブルまたはブレッドボードに固定するための水平取付け用ブラケットが付属しています。

電源コネクタ

Power Connector
PinDescriptionMinimumMaximumMax Operating Current
A15 V14 V16 V10 A
B15 V Return---
C15 V Return---
D15 V14 V16 V10 A

USB出力ポート

USB A flat

このポートから別のハブまたはUSBデバイスのUSB入力ポートに接続できます。複数のコントローラーハブが接続できるため、ホストPCからのUSBケーブルは1本だけで済みます。

USB入力ポート

USB A square

ホストPCに接続して通信を行います。

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、Kinesis® ソフトウェアパッケージと従来のAPT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージも小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-Cube™やT-Cube™など)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラをカバーするKinesisシリーズのデバイスを制御できます。

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEW™またはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

Kinesis Software
KinesisのGUIスクリーン
APT Software
APTのGUIスクリーン

当社従来のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるKinesisとAPTコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。シングルチャンネルシステムからマルチチャンネルシステムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンクからご覧いただけます。

ソフトウェア

Kinesis バージョン 1.14.24

このKinesisソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

APT バージョン 3.21.4

このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesisシステムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

Kinesis®ソフトウェアでは新しい.NETコントロールが使用でき、最新の最新のC#, Visual Basic, LabVIEW™、ほかの.NET対応言語を使用する開発者がカスタムにプログラムを作成することもできます。

C#
このプログラミング言語はマルチプログラミングパラダイムやマルチプログラミング言語が使用可能となるよう設計されているため、複雑な問題が簡単かつ効率的に解決できます。型付け、命令型、宣言型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向、そしてコンポーネント指向が含まれます。 この共通のソフトウェアプラットフォームにより、1セットのソフトウェアツールを習得するだけで、あらゆるKinesisコントローラを簡単に組み合わせることができます。このようにして1軸システムのコントローラから多軸システムのコントローラまで、様々なコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが可能となりました。

Kinesisシステムソフトウェアを使用するには2つの手段があります。コントローラを直接つないで制御を行なう付属のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティ、またはご希望の開発言語でカスタム仕様の位置決めやアライメントを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

Kinesisモーションコントロールライブラリの構築の参考となる実行可能なプロジェクト機能拡張例については下のリンクをクリックしてください。なお、Quick Startのプロジェクト例の実行には別の統合開発環境(IDE)(Microsoft Visual Studioなど)が必要です。C#のプロジェクト例はKinesisソフトウェアパッケージに付属する.NETコントロールで実行可能です(詳細は「Kinesisソフトウェア」タブをご覧ください)。

C Sharp IconClick Here for the Kinesis with C# Quick Start Guide
Click Here for C# Example Projects
Click Here for Quick Start Device Control Examples
C Sharp Icon

LabVIEW
LabVIEWは、.Netコントロールを介してKinesisまたはAPTベースのコントローラとの通信に使用できます。LabVIEWでは、ツールとオブジェクトでフロントパネルとして知られるユーザーインターフェイスを構築した後、グラフィカル表記の関数を使ってコードを追加し、フロントパネルのオブジェクトを制御します。下記のLabVIEWチュートリアルでは.Netコントロールを使用してLabVIEW内KinesisまたはAPT駆動デバイス用の制御GUIを作成するための情報をご提供しています。 LabVIEWでコントローラを制御する基本的な方法や、LabVIEW GUIを用いてデバイスを操作する前に行うべき設定の手順についても解説しています。

Labview IconClick Here to View the LabVIEW Guide
Click Here to View the Kinesis with LabVIEW Overview Page
Labview Icon

これらのビデオでは、プログラミングおよび非プログラミングの両方の点から、APTシステムソフトウェアの使用法の基礎をご説明しています。付属のAPTユーティリティの使用法を示したビデオもあるので、箱から出してすぐにAPTコントローラを制御できます。また、Visual Basic、LabView、Visual C++を使うカスタムソフトウェア用のプログラミングの基礎を説明した多くのビデオもありますのでご覧ください。

 Click here to view the video tutorial 

更に、プログラマの方のためにLabViewを用いてAPTソフトウェアをプログラムするためのガイドもございます。

Labview IconClick here to view the LabView guideLabview Icon

Posted Comments:
Len Ness  (posted 2019-05-30 16:12:00.473)
I am using the KCH301 with 2 T-cubs and 1 KDC101. When in trigger mode the T-cubes won't trigger. If I take them off of the KCH301 and power them separately they trigger fine. How can I correct this?
rmiron  (posted 2019-06-04 10:08:28.0)
Response for Radu at Thorlabs: This could be happening for a few different reasons. I will contact you directly in order to offer troubleshooting instructions.
evan.meyer.scott  (posted 2019-02-20 09:11:32.867)
Is it safe to use the main switch on the KCH601 to power down all connected K-Cubes? Or should each K-Cube be switched off individually first?
rmiron  (posted 2019-02-21 05:20:54.0)
Response from Radu at Thorlabs: Hello Evan. We advise you to switch off each cube individually before switching off the hub (and viceversa when switching on). That is the safest sequence because it minimises any transient effects. With that being said, if that is not an option for you, we think the risk of failure due to your planed course of action is low because the hub and its power supply were also designed to deal with transience.
fabrice.onofri  (posted 2018-05-18 13:40:36.953)
I have just received a KCH601 with KDC101 cubes. The cubes are recognized with direct USB connections and Kinesis +Windows 7 64 bits, but only but none of them is recognized when attached to the hub (which seems to be not working except for the power supply). Please help.
rmiron  (posted 2018-05-24 04:08:59.0)
Response from Radu at Thorlabs: I am sorry to read that. All of the hub's ports are inspected before packaging so this is a surprising occurrence. With that being said, it is possible that a conductive element was dislodged during shipping, creating an open circuit. We will send you a replacement straight away. We will also collect the hub you received in order to inspect it and learn how such issues can be prevented in the future. I will contact you directly to discuss the matter further.
james.david.good  (posted 2017-09-21 16:29:52.71)
I have a two KDC101 cubes with sequential serial numbers (xxx837 & xxx839), both are recognized in Windows 7 with direct USB connections but only one is recognized when attached to the hub.
AManickavasagam  (posted 2017-09-25 11:21:53.0)
Response from Arunthathi at Thorlabs: Thank you for your comment. I am sorry that you have difficulties here. I will be in direct contact with you to troubleshoot this issue.
james.ivory  (posted 2017-04-27 15:18:47.937)
I have a KCH601 with 3 cubes attached. When I am trying to identify hardware in the firmware update utility, the only thing that is found is a single cube. The two other cubes are powered and work manually, but will not be recognised by the PC. Please advise.
bwood  (posted 2017-05-02 09:43:54.0)
Response from Ben at Thorlabs: I am sorry to hear about your difficulties here. I will be in contact with you directly, to troubleshoot this issue further.
avize  (posted 2017-03-16 01:24:16.33)
I recently purchased the KCH301. The computer identifies a USB 2.0 MTT hub, but the Kinesis software does not recognize any device. Please advise.
bwood  (posted 2017-03-16 07:49:20.0)
Response from Ben at Thorlabs: I am sorry to hear about your issues here. I will be in contact directly to help troubleshoot the problem. However, in general a good way to assess the communications between Kinesis and any given controller is the Firmware Update Utility included with Kinesis. If the controller appears, then USB communications have been established with the computer, and if the drop down menu of the device can be opened, this means the controller and Kinesis are communicating.
user  (posted 2016-10-01 17:12:04.317)
What devices can be used by this "Kinesis" software? Is there a webpage that lists all compatible devices?
bwood  (posted 2016-10-03 03:50:31.0)
Response from Ben at Thorlabs: Thank you for your question. The Kinesis software is designed to be used with our range of motion control controllers, and certain complementary devices. More specifically, it is compatible with our K-cube, T-cube, Benchtop (for example the BSC201) and rack controllers. It is also compatible with certain devices with integrated controllers, including the LTS series stages, the K10CR1 and the MLJ050. The most notable exceptions to this are the LEDD1B, stages using Elliptec™ motors and the MDT series controllers. Usually, the compatible software for a given device can be found under the "Software" tab on its webpage. If you need further advice on a particular device, please contact your local technical support office, who will be happy to assist you.
user  (posted 2014-10-14 15:09:43.663)
I am using C# and an FTDI driver to communicate with a TQD001 (position 1) and TPZ001 (position 2) mounted on a TCH002 hub. When I send the IDENTIFY command (05 00 00 00 21 01) the TPZ001 LED's flash. It does not seem to matter which destination I specify, I can only get TPZ001 to flash. I have tried 0x20, 0x21, 0x22, 0x50, etc for the destination. The APT User software is able to flash both device's LED's. Thank-you for any help you can provide.
bhallewell  (posted 2014-10-30 10:15:10.0)
Response from Ben at Thorlabs: Thank you for your question here. It is important to view the TCH002 as a USB hub, containing a serial port for each mounted cube & not as a single USB device. With this in mind, it is not possible to ‘Identify’ the TQD001 if you are altering the destination byte through a single serial port in your program. You would instead be required to tailor your program to send the 23, 02, 00, 00, 50*, 01 Identify Command through each serial port corresponding to a designated T-cube controller. This could perhaps be done by establishing a VCP/Hyperlink terminal for each T-cube device. *‘50’ being the destination byte corresponding to ‘Generic USB Device)
jlow  (posted 2012-10-25 11:33:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The 4-pin connector type on the TCH002 is the Farnell 1007205.
zimm  (posted 2012-10-21 18:12:54.09)
What is the 4-pin power connector & part number for the power cable on the TCH002? I need to make an extension cable for it.

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
AP90 Support Documentation
AP90直角取付けプレート、1/4”-20対応(インチ規格)
¥11,219
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
KCH301 Support Documentation
KCH301USBコントローラーハブ&電源、K-CubeまたはT-Cube 3台用
¥68,228
Today
KCH601 Support Documentation
KCH601USBコントローラーハブ&電源、K-CubeまたはT-Cube 6台用
¥82,576
3-5 Days
KAP101 Support Documentation
KAP101アダプタープレート、KCHシリーズ&幅60 mm T-Cube用
¥7,913
Today
KAP102 Support Documentation
KAP102アダプタープレート、KCHシリーズ&幅120 mm T-Cube用
¥8,616
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
AP90/M Support Documentation
AP90/M直角取付けプレート、M6対応(ミリ規格)
¥11,219
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image