アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

K-Cube™およびT-Cube™用USBコントローラーハブ


  • Provide Power and Communication for up to Three or Six K-Cubes or T-Cubes
  • Install T-Cubes Using KAP101 or KAP102 Adapter Plate
  • USB 2.0 Interface

Application Idea

KCH301 Mounted Vertically with K-Cubes and T-Cubes Installed (KAP101 Adapter and AP90 Bracket Not Included)

KCH601

Controller Hub

Related Items


Please Wait
Item #KCH301KCH601
K-/T-Cube BaysaThreeSix
Housing Dimensions (without Mounting Brackets)193.5 mm x 70.0 mm x 24.0 mm
(7.62" x 2.76" x 0.94")
376.5 mm x 70.0 mm x 24.0 mm
(14.82" x 2.76" x 0.94")
Weight0.3 kg0.5 kg
Input Power Requirements15 V, 10 A (Max)
Output Power+15 V, 6 A (Max)
-15 V, 1 A (Max)
 +5 V, 5 A (Max) 
USB Hub CircuitFully Compliant USB 2.0 Hub
FinishBlack Anodized
  • 幅が2倍のT-Cubeは2つのベイ*を使用します(*「ベイ(bay)」は1台の通常サイズのCubeを取付けるポート)。

Click to Enlarge

コントローラーハブは、下記掲載の直角ブラケットAP90(/M)と2個のM6キャップスクリュ(別売り)を用いて垂直に設置できます。

特長

  • K-Cube™、T-Cube™、ならびにホストPC間での通信が可能
  • K-CubeまたはT-Cubeコントローラを3台(KCH301)または6台(KCH601)まで取付け可能
  • コンパクトなUSB 2.0プラットフォーム
  • 光学テーブルに水平および垂直方向の取付けが可能
  • 取付けられた全てのK-CubeおよびT-Cubeに対して、USBケーブル1本と電源ケーブル1本のみ必要
  • 複数のコントローラーハブを接続するためのUSB出力ポート
  • RoHS規格準拠

こちらのUSBコントローラーハブは、複数のK-CubeおよびT-Cubeを操作することを念頭に設計されています。ケーブル管理、電源供給用配線、複数のUSB接続機器との通信などをシンプルにすることができます。また、光学テーブル上で自動制御のオプトメカニクスシステムを構築する際に、同じテーブル上で各機構部品に隣接してそれらの電子ドライバを設置することができます。

USBコントローラーハブはスリムなベースプレート型の台で、その上面には電気接続用コネクタがあります。内部には全ての通信を行うためのUSB 2.0に完全対応したハブ回路があり、また1本の電源ケーブルで最大3台(KCH301)または6台(KCH601)のK-CubeまたはT-Cubeに電源を供給できます。ハブが供給できる最大電流は10 Aですので、お使いになるCubeの合計電流が10 A以上にならないことをご確認ください。出力電力の仕様については右の表をご覧ください。ハブは電源と水平取付け用ブラケットを付属して出荷されます。

このハブを使用することにより、複数のK-CubeおよびT-Cubeを使用する際にUSBならびに電源ケーブルの本数を大幅に削減できます。またUSB出力ポートから他のユニットのUSB入力ポートに接続できるため、ホストPCは1本のUSBケーブルで複数のコントローラーハブに接続することが可能です。さらに、K-CubeピエゾコントローラT-Cube APT歪ゲージリーダのように閉ループで動作させるデバイスと組み合わせて使用する場合に、ケーブルを追加せずに閉ループ制御を行うことができます。

T-Cubeをこのコントローラーハブ上で動作させるためには、1台のT-Cubeにつき1個のアダプタープレートKAP101もしくはKAP102(いずれも別売り、下記参照)が必要です。KAP101は幅60 mmのT-Cube、KAP102は幅120 mmのT-Cubeをハブに取り付ける際にお使いいただける設計です。

取り付け方法の選択
USBコントローラーハブの底部に配置されている取付け穴により、様々な形態でテーブルに取り付けることができます。ハブは水平取付け用ブラケットを付属して出荷されます。このブラケットにより、単体のT‑Cube用取付けプレートと同じように、ハブを光学テーブルにフラットに取り付けることができます。

また、直角ブラケットAP90/M(別売り)を用いてハブを垂直に取り付け、光学テーブル上のスペースを有効活用することもできます。直角ブラケットをハブに取り付けるには、M6キャップスクリュが2個必要です。

ハブの底部には磁石が2つ(KCH301)または3つ(KCH601)付いており、テーブルに仮固定できるようになっています。

K-T Adapter
Click to Enlarge

幅60 mmのT-CubeをKCHシリーズのハブに取り付ける際はアダプタープレートKAP101(別売り、下記参照)が必要です。

Click to Enlarge

幅120 mmのT-CubeをKCHシリーズのハブに取り付ける際はアダプタープレートKAP102(別売り、下記参照)が必要です。
Horizontal Configuration
Click to Enlarge

各ハブには、光学テーブルまたはブレッドボードに固定するための水平取付け用ブラケットが付属しています。

電源コネクタ

Power Connector
PinDescriptionMinimumMaximumMax Operating Current
A15 V14 V16 V10 A
B15 V Return---
C15 V Return---
D15 V14 V16 V10 A

USB出力ポート

USB A flat

このポートから別のハブまたはUSBデバイスのUSB入力ポートに接続できます。複数のコントローラーハブが接続できるため、ホストPCからのUSBケーブルは1本だけで済みます。

USB入力ポート

USB A square

ホストPCに接続して通信を行います。

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、Kinesis® ソフトウェアパッケージと従来のAPT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージも小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-Cube™やT-Cube™など)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラをカバーするKinesisシリーズのデバイスを制御できます。

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEW™またはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

Kinesis Software
KinesisのGUIスクリーン
APT Software
APTのGUIスクリーン

当社従来のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるKinesisとAPTコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。シングルチャンネルシステムからマルチチャンネルシステムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンクからご覧いただけます。

ソフトウェア

Kinesis バージョン 1.14.25

このKinesisソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

APT バージョン 3.21.4

このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesisシステムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

Kinesis®ソフトウェアでは新しい.NETコントロールが使用でき、最新の最新のC#, Visual Basic, LabVIEW™、ほかの.NET対応言語を使用する開発者がカスタムにプログラムを作成することもできます。

C#
このプログラミング言語はマルチプログラミングパラダイムやマルチプログラミング言語が使用可能となるよう設計されているため、複雑な問題が簡単かつ効率的に解決できます。型付け、命令型、宣言型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向、そしてコンポーネント指向が含まれます。 この共通のソフトウェアプラットフォームにより、1セットのソフトウェアツールを習得するだけで、あらゆるKinesisコントローラを簡単に組み合わせることができます。このようにして1軸システムのコントローラから多軸システムのコントローラまで、様々なコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが可能となりました。

Kinesisシステムソフトウェアを使用するには2つの手段があります。コントローラを直接つないで制御を行なう付属のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティ、またはご希望の開発言語でカスタム仕様の位置決めやアライメントを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

Kinesisモーションコントロールライブラリの構築の参考となる実行可能なプロジェクト機能拡張例については下のリンクをクリックしてください。なお、Quick Startのプロジェクト例の実行には別の統合開発環境(IDE)(Microsoft Visual Studioなど)が必要です。C#のプロジェクト例はKinesisソフトウェアパッケージに付属する.NETコントロールで実行可能です(詳細は「Kinesisソフトウェア」タブをご覧ください)。

C Sharp IconClick Here for the Kinesis with C# Quick Start Guide
Click Here for C# Example Projects
Click Here for Quick Start Device Control Examples
C Sharp Icon

LabVIEW
LabVIEWは、.Netコントロールを介してKinesisまたはAPTベースのコントローラとの通信に使用できます。LabVIEWでは、ツールとオブジェクトでフロントパネルとして知られるユーザーインターフェイスを構築した後、グラフィカル表記の関数を使ってコードを追加し、フロントパネルのオブジェクトを制御します。下記のLabVIEWチュートリアルでは.Netコントロールを使用してLabVIEW内KinesisまたはAPT駆動デバイス用の制御GUIを作成するための情報をご提供しています。 LabVIEWでコントローラを制御する基本的な方法や、LabVIEW GUIを用いてデバイスを操作する前に行うべき設定の手順についても解説しています。

Labview IconClick Here to View the LabVIEW Guide
Click Here to View the Kinesis with LabVIEW Overview Page
Labview Icon

これらのビデオでは、プログラミングおよび非プログラミングの両方の点から、APTシステムソフトウェアの使用法の基礎をご説明しています。付属のAPTユーティリティの使用法を示したビデオもあるので、箱から出してすぐにAPTコントローラを制御できます。また、Visual Basic、LabView、Visual C++を使うカスタムソフトウェア用のプログラミングの基礎を説明した多くのビデオもありますのでご覧ください。

 Click here to view the video tutorial 

更に、プログラマの方のためにLabViewを用いてAPTソフトウェアをプログラムするためのガイドもございます。

Labview IconClick here to view the LabView guideLabview Icon

Posted Comments:
arie faitelson  (posted 2021-01-26 23:29:31.207)
brick connected through USB. Kcube controllers are not recognized by kinesis. the controllers work directly connected.
cwright  (posted 2021-01-27 10:04:09.0)
Response from Charle