イメージング用顕微鏡対物レンズ、ドライタイプ


  • Infinity-Corrected Microscope Objectives for UV, Visible, and NIR
  • Designed for Use with Air between Objective and Sample or Cover Glass
  • Magnifications Ranging from 1X to 100X
  • Super Apochromat, Plan Achromat, Plan Apochromat VIS+, Plan Apochromat, and Plan Fluorite Designs

RMS4X

4X Plan Achromat
for Visible Wavelengths

TL1X-SAP

1X Super Apochromat
for 420 to 700 nm

N60X-PF

60X Plan Fluorite
for UV to NIR Wavelengths

MY10X-803

10X Plan Apochromat
for 480 to 1800 nm

LMUL-50X-UVB

50X Plan Apochromat
for 240 to 360 nm

Related Items


Please Wait
Mounted Condenser

Did You Know?

システムの倍率は、顕微鏡対物レンズ、チューブレンズ、接眼レンズなど、複数の光学素子の組みわせによって決まります。詳細は「倍率&視野」タブをご参照ください。


Click for Details

ドライ対物レンズの設計例<
(顕微鏡用対物レンズの種類の詳細は「対物レンズチュートリアル」タブをご参照ください。)

当社では、当社製のドライ対物レンズのほかに、Olympus、Nikon、Mitutoyo製のレンズもご提供しています。スーパーアポクロマート、プランアクロマート、プランアポクロマートVIS+、プランアポクロマート、プランフルオール(セミアポクロマート、あるいはプランフルオリートとも呼ばれます)の対物レンズをご用意しています。これらの対物レンズの違いについては、「対物レンズチュートリアル」のタブをご参照ください。

対物レンズは特定のメーカの顕微鏡にのみ対応している場合があり、ネジのピッチや径、鏡筒長の違いにより交換できないことがありますので、お選びの際にはご注意ください。各対物レンズの詳しい仕様については「仕様」タブをご覧ください。尚、各対物レンズの性能は、異なるメーカの部品やシステムと組み合わせた場合、刻印されている性能と異なる可能性がありますのでご注意ください。詳細は、「倍率&視野」タブをご参照ください。

当社のドライ対物レンズは顕微鏡からファイバーカップリングまでご利用いただくことができ、UVから近赤外までの波長域で目的に最適なレンズを選択できるようにラインナップをご用意しております。それぞれの対物レンズの推奨される用途については下記をご覧ください。

このページでご紹介している全ての対物レンズは、RMS、M25 x 0.75、M32 x 0.75の各ネジに対応するDIY Cerna®システム対物レンズホルダやレボルバに取り付けてお使いいただけます。同焦点距離は、同焦点距離エクステンダを使用して整合させることができます。Olympus製顕微鏡用対物レンズは当社のファイバ入射システムに直接取り付けることができます。またポスト取付けも可能なRMSネジ付きケージプレートCP42/Mを用いて、当社の30 mmケージシステムに取り付けることもできます。RMSネジマウントHCS013を使用すると、多軸プラットフォーム移動ステージにも取り付けることができます。ただし、RMSネジマウントHCS013を取り付けるには、多軸プラットフォームや移動ステージの中心線に沿って3 mm幅のキー溝が必要です。

こちらの対物レンズを他のネジ規格でご使用の場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタをご覧ください。

Quick Links
ManufacturerDesign Tube Lens Focal LengthAvailable Objective Classes
Thorlabs200 mmSuper ApochromaticAchromatic, Microspot®UV FocusingPlan Apochromatic VIS+
Olympus180 nmPlan AchromatPlan Fluorite
Nikon200 nmPlan Fluorite
Mitutoyo200 nmPlan Apochromat
1X - 4X Objective Specifications
Magnificationa1Xb2X4X
ManufacturerThorlabsThorlabsThorlabsOlympusNikon
Item #TL1X-SAPTL2X-SAPTL4X-SAPRMS4XRMS4X-PFN4X-PF
Objective ClassSuper ApochromatSuper ApochromatSuper ApochromatPlan AchromatPlan FluoritePlan Fluorite
Numerical Aperture (NA)0.030.100.200.100.130.13
Entrance Pupil Diameterc12 mm20 mm20 mm9.0 mm11.7 mm13 mm
Effective Focal Length (EFL)200 mm100 mm50 mm45 mm45 mm50 mm
Working Distance8.0 mm56.3 mm17.0 mm18.5 mm17 mm17.2 mm
Parfocal Length95.0 mm95.0 mm60.0 mm45.06 mm45.06 mm60 mm
Design Tube Lens Focal Length200 mm200 mm200 mm180 mm180 mm200 mm
Coverglass Thickness0 - 5.0 mm0 - 5.0 mm0 - 5.0 mm0 - 0.17 mm0 - 0.17 mm0 - 0.17 mm
Diameter32.6 mm
(Without Wave Plate)
30.5 mm30.5 mm24.0 mm24.0 mm30.0 mm
34.5 mm
(With Wave Plate)
Length85.5 mm
(Without Wave Plate)
43.5 mm46.4 mm30.9 mm32.4 mm46.6 mm
90.6 mm
(With Wave Plate)
ThreadingM25 x 0.75M25 x 0.75M25 x 0.75RMSRMSM25 x 0.75
Threading Depth3.8 mm3.2 mm3.6 mm4.5 mm4.5 mm3.6 mm
Wavelength Range420 - 700 nm350 - 700 nm350 - 700 nmVisibleVisible to NIRUV to NIR
Antireflection CoatingRavg < 0.5%
(420 - 700 nm)
Ravg < 0.5%
(350 - 700 nm)
Ravg < 0.5%
(350 - 700 nm)
ProprietaryProprietaryProprietary
Field of ViewØ22 mmØ11 mmØ5.5 mmØ5.5 mmØ6.625 mmØ6.25 mm
Optical Field Number2222222226.525
Coverslip Correction CollarNoNoNoNoNoNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 対物レンズTL1X-SAPの仕様は、特記の無い限り波長板を付けた状態での値です。
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。

5X - 7.5X Objective Specifications
Magnificationa5X7.5X
ManufacturerMitutoyoMitutoyo
Item #MY5X-802MY5X-822MY7X-807
Objective ClassPlan Apochromat
Numerical Aperture (NA)0.140.140.21
Entrance Pupil Diameterb11.2 mm11.2 mm11.2 mm
Effective Focal Length (EFL)40 mm40 mm26.7 mm
Working Distance34.0 mm37.5 mm35.0 mm
Parfocal Length95 mm95 mm95 mm
Design Tube Lens Focal Length200 mm200 mm200 mm
Coverglass Thickness0 mm0 mm0 mm
Diameter34.0 mm34.0 mm34.0 mm
Length66.0 mm62.5 mm65.0 mm
ThreadingM26 x 0.706M26 x 0.706M26 x 0.706
Threading Depth5.0 mm5.0 mm5.0 mm
Wavelength Range436 - 656 nm480 - 1800 nm436 - 656 nm
Antireflection CoatingProprietaryProprietaryProprietary
Field of ViewØ4.8 mmØ4.8 mmØ3.2 mm
Optical Field Number242424
Coverslip Correction CollarNoNoNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。

10X Objective Specifications
Magnificationa10X
ManufacturerThorlabsOlympusNikonMitutoyo
Item #LMUL-10X-UVBTL10X-2PRMS10XRMS10X-PFN10X-PFMY10X-823MY10X-803
Objective ClassAchromatSuper ApochromatPlan AchromatPlan FluoritePlan FluoritePlan ApochromatPlan Apochromat
Numerical Aperture (NA)0.250.500.250.30.30.260.28
Entrance Pupil Diameterb10.0 mm20 mm9.0 mm10.8 mm12 mm10.4 mm11.2 mm
Effective Focal Length (EFL)20 mm20 mm18 mm18 mm20 mm20 mm20 mm
Working Distance20.0 mm7.77 mm10.6 mm10 mm16 mm30.5 mm34 mm
Parfocal Length95.0 mm95.0 mm45.06 mm45.06 mm60 mm95 mm95 mm
Design Tube Lens Focal Length200 mm200 mm180 mm180 mm200 mm200 mm200 mm
Cover Glass Thickness0 mm0 - 2.6 mm0 - 0.17 mm0 - 0.17 mm0.170 mm0 mm
Diameter34.0 mm40.6 mm24.0 mm24.0 mm30.0 mm34.0 mm34.0 mm
Length80.0 mm90.4 mm38.8 mm39.4 mm48.7 mm68.5 mm66.0 mm
ThreadingM26 x 0.706M32 x 0.75RMSRMSM25 x 0.75M26 x 0.706M26 x 0.706
Threading Depth5.0 mm3.2 mm4.5 mm4.5 mm5.0 mm5.0 mm5.0 mm
Wavelength Range240 - 360 nm400 - 1300 nmVisibleVisible to NIRUV to NIR480 - 1800 nm436 - 656 nm
Antireflection Coating< 1.5% per Surface
(240 - 360 nm)
Rabs < 2.5%
(400 - 450 nm)
Rabs < 1.75%
(450 - 1300 nm)
ProprietaryProprietaryProprietaryProprietaryProprietary
Field of ViewØ2.4 mmØ2.2 mmØ2.2 mmØ2.65 mmØ2.5 mmØ2.4 mmØ2.4 mm
Optical Field Number24222226.5252424
Coverslip Correction CollarNoYesNoNoNoNoNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。

20X Objective Specifications
Magnificationa20X
ManufacturerThorlabsOlympusNikonMitutoyo
Item #LMUL-20X-UVBRMS20XRMS20X-PFN20X-PFMY20X-804MY20X-824
Objective ClassAchromatPlan AchromatPlan FluoritePlan FluoritePlan ApochromatPlan Apochromat
Numerical Aperture (NA)0.360.40.50.50.420.40
Entrance Pupil Diameterb7.2 mm7.2 mm9.0 mm10 mm8.4 mm8.0 mm
Effective Focal Length (EFL)10 mm9 mm9 mm10 mm10 mm10 mm
Working Distance15.3 mm1.2 mm2.1 mm2.1 mm20.020.0 mm
Parfocal Length95.0 mm45.06 mm45.06 mm60 mm95.0 mm95.0 mm
Design Tube Lens Focal Length200 mm180 mm180 mm200 mm200 mm200 mm
Cover Glass Thickness0 mm0.17 mm0.17 mm0.17 mm0 mm0 mm
Diameter34.0 mm24.0 mm26.0 mm28.0 mm34.0 mm34.0 mm
Length84.7 mm48.5 mm47.3 mm63.5 mm80.0 mm80.0 mm
ThreadingM26 x 0.706RMSRMSM25 x 0.75M26 x 0.706M26 x 0.706
Threading Depth5.0 mm4.8 mm4.5 mm5.0 mm5.0 mm5.0 mm
Wavelength Range240 - 360 nmVisibleVisible to NIRUV to NIR436 - 656 nm480 - 1800 nm
Antireflection Coating< 1.5% per Surface
(240 - 360 nm)
ProprietaryProprietaryProprietaryProprietaryProprietary
Field of ViewØ1.2 mmØ1.1 mmØ1.325 mmProprietaryØ1.2 mmØ1.2 mm
Optical Field Number242226.5Proprietary2424
Coverslip Correction CollarNoNoNoNoNoNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。

40X - 50X Objective Specifications
Magnificationa40X50X
ManufacturerOlympusNikonThorlabsMitutoyo
Item #RMS40XRMS40X-PFN40X-PFLMUL-50X-UVBHPA50XABMY50X-805MY50X-825
Objective ClassPlan AchromatPlan FluoritePlan FluoriteAchromatPlan Apochromat VIS+bPlan ApochromatPlan Apochromat
Numerical Aperture (NA)0.650.750.750.420.750.550.42
Entrance Pupil Diameterc5.8 mm6.8 mm7.5 mm3.4 mm6.0 mm4.4 mm3.4 mm
Effective Focal Length (EFL)4.5 mm4.5 mm5.0 mm4 mm4 mm4.0 mm4.0 mm
Working Distance0.6 mm0.51 mm0.66 mm12.0 mm5.0 mm13.0 mm17.0 mm
Parfocal Length45.06 mm45.06 mm60 mm95.0 mm95.0 mm95 mm95 mm
Design Tube Lens Focal Length180 mm180 mm200 mm200 mm200 mm200 mm200 mm
Cover Glass Thickness0.17 mm0.17 mm0.17 mm0 mm0 mm0 mm0 mm
Diameter24.0 mm26.0 mm30.0 mm34.0 mm34.0 mm34.0 mm34.0 mm
Length48.8 mm48.9 mm59.1 mm88.0 mm95.0 mm87.0 mm82.4 mm
ThreadingRMSRMSM25 x 0.75M26 x 0.706M26 x 0.706M26 x 0.706M26 x 0.706
Threading Depth4.5 mm4.5 mm5.1 mm5.0 mm5.0 mm5.0 mm5.0 mm
Wavelength RangeVisibleVisible to NIRUV to NIR240 - 360 nm400 - 1100 nmd436 - 656 nm480 - 1800 nm
Antireflection CoatingProprietaryProprietaryProprietary< 1.5% per Surface
(240 - 360 nm)
Ravg< 1.0%
(400 - 1100 nm)
ProprietaryProprietary
Field of ViewØ0.55 mmØ0.663 mmØ0.625 mmØ0.48 mmØ0.48 mmØ0.48 mmØ0.48 mm
Optical Field Number2226.52524242424
Coverslip Correction CollarNoNoNoNoNoNoNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 対物レンズの分類については「対物レンズのチュートリアル」タブをご覧ください。
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • 軸上色収差補正は436~850 nmの波長域で最適化されています。この範囲外で対物レンズで使用する場合にはフォーカスの再調整が必要です。 

60X - 100X Objective Specifications
Magnificationa60X100X
ManufacturerOlympusNikonMitutoyo
Item #RMS60X-PFCN60X-PFMY100X-806
Objective ClassPlan FluoritePlan FluoritePlan Apochromat
Numerical Aperture (NA)0.90.850.70
Entrance Pupil Diameterb5.4 mm5.7 mm2.8 mm
Effective Focal Length (EFL)3.0 mm3.3 mm2.0 mm
Working Distance0.2 mm0.31 - 0.4 mm6.0 mm
Parfocal Length45.06 mm60 mm95 mm
Design Tube Lens Focal Length180 mm200 mm200 mm
Cover Glass Thickness0.11 - 0.23 mm0.11 - 0.23 mm0 mm
Diameter31.0 mm31.4 mm34.0 mm
Length49.4 mm65.0 mm94.0 mm
ThreadingRMSM25 x 0.75M26 x 0.706
Threading Depth4.7 mm5.0 mm5.0 mm
Wavelength RangeVisible to NIRUV to NIR436 - 656 nm
Antireflection CoatingProprietaryProprietaryProprietary
Field of ViewØ0.44 mmØ0.42 mmØ0.24 mm
Optical Field Number26.52524
Coverslip Correction CollarYesYesNo
  • 各対物レンズ用に設計された焦点距離のチューブレンズと組み合わせて使用した場合
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
Chromatic Aberration Correction per ISO Standard 19012-2
Objective ClassCommon AbbreviationsAxial Focal Shift Tolerancesa
AchromatACH, ACHRO, ACHROMATC' - δF'| ≤ 2 x δob
Semiapochromat
(or Fluorite)
SEMIAPO, FL, FLUC' - δF'| ≤ 2 x δob
F' - δe| ≤ 2.5 x δob
C' - δe| ≤ 2.5 x δob
ApochromatAPOC' - δF'| ≤ 2 x δob
F' - δe| ≤ δob
C' - δe| ≤ δob
Super ApochromatSAPOSee Footnote b
Improved Visible ApochromatVIS+See Footnotes b and c
  • 479.99 nm (e-line)、546.07 nm (F'-line)および643.85 nm (C'-line)のうち2つの波長の焦点距離の差(δ)の測定値と、理論的な焦点距離δobとの比較。理論的な焦点距離はδob = (n*λe)/(2*NA^2)で与えられます。ここでn は物体空間内の媒質の屈折率、NAは対物レンズの開口数、λeは479.99 nm (e-line)です。
  • 現在はISO 19012-2: Microscopes -- Designation of Microscope Objectives -- Chromatic Correctionでは定義されていません。
  • Yueqian Zhang and Herbert Gross, “Systematic design of microscope objectives. Part I: System review and analysis,” Adv. Opt. Techn., Vol. 8, No. 5, pp. 313-347 (2019); doi: 10.1515/aot-2019-0002.

顕微鏡用対物レンズの各部名称
各部名称をクリックすると詳細をご覧いただけます。

Parts of a Microscope ObjectiveThread DepthShoulderCorrection CollarLabel AreaMagnification IdentifierImmersion IdentifierIris RingParfocal Length TextWorking Distance TextRetraction Stopper

上の顕微鏡用対物レンズは1例です。アスタリスク(*)で示されている機構はすべての対物レンズに備わっているわけではありません。必要性や用途に応じて、追加されたり、位置が変更されたり、あるいは削除されたりしています。

対物レンズのチュートリアル

このチュートリアルでは対物レンズの様々な機構や表示、およびそれらが示す対物レンズの性能について説明します。

対物レンズの種類と収差補正

対物レンズは一般にその種類によって分類されています。対物レンズの種類によって、対物レンズがどのようにイメージング収差を補正するかが簡単に分かります。 対物レンズの種類によって示される収差補正には、像面湾曲と色収差の2つがあります。

像面湾曲(またはペッツヴァルの湾曲)は、対物レンズの焦点面が球面状に湾曲している状態を表します。この収差があるレンズでは、像面の中心に焦点を合わせると四隅が焦点から外れてしまうため、ワイドフィールド観察やレーザ走査などが困難になります。種類が「Plan」から始まる対物レンズの場合は、その焦点面が平面になるように補正されています。

また結像に際して色収差が生じる場合があり、そのときには1点から放射された光は波長により分散して1点に焦点を結びません。対物レンズによっては、性能と設計の複雑性の間でバランスをとるために、有限数のターゲット波長においてそれらの収差を補正するものがあります。

5種類の一般的な対物レンズを右表に示します。このうち3種類のみがISO 19012-2: Microscopes -- Designation of Microscope Objectives -- Chromatic Correctionで定義されています。より良い性能を表すために、当社ではISO規格には無い2つの種類を追加しています。 

浸漬方法
詳細についてはそれぞれの対物レンズの画像をクリックしてご覧ください。

Immersion Methods DryDippingImmersion

対物レンズは、イメージングのための光が透過する媒質によって分類することができます。ドライ対物レンズは空気中で使用しますが、液浸(DippingまたはImmersion)対物レンズは対物レンズと試料の間に液体を介在させて使用するように設計されています。

用語解説
後方焦点距離と無限遠補正後方焦点距離は、中間結像面の位置を定義します。最新の対物レンズではこの面が無限遠の位置に置かれ(無限遠補正と呼ばれる)、そのようなレンズには(∞)が記されています。無限遠補正対物レンズは、対物レンズと接眼レンズの間にチューブレンズを挿入して使用するように設計されています。顕微鏡システムの互換性向上に加えて、このような無限遠補正された空間が対物レンズとチューブレンズの間にあることで、ほかのモジュール(ビームスプリッタ、フィルタ、同焦点距離エクステンダなど)を光路内に配置することが可能になります。

なお、旧型の対物レンズや特殊なタイプの対物レンズは、有限の後方焦点距離で設計されている場合があります。当初、有限の後方焦点距離の対物レンズは、顕微鏡の接眼レンズに直接対応するように作られていました。
入射開口対物レンズを適切に機能させるために使用すべきビーム径を表す測定値です。

Entrance Aperture = 2 × NA × Effective Focal Length(入射開口 = 2 × 開口数(NA) × 有効焦点距離)
視野数と視野視野数は、物体空間の視野の直径(mm単位)に対物レンズの倍率を乗じた値です。

Field Number = Field of View Diameter × Magnification(視野数= 視野直径 × 倍率)
倍率対物レンズの倍率(M)はチューブレンズの焦点距離(L)を対物レンズの焦点距離(F)で割った値です。有効焦点距離はEFLと略記されることがあります。

M = L / EFL .

システムの総合倍率は、対物レンズの倍率に接眼レンズまたはカメラチューブの倍率を乗じて得られます。顕微鏡用対物レンズ筐体に示されている倍率は、その対物レンズに対応する焦点距離のチューブレンズと組み合わせてお使いになる場合にのみ正しい値です。対物レンズには、倍率を示す色のリングが付いています。これは比較的どのメーカでも共通しています。詳細は上の「顕微鏡用対物レンズの各部名称」をご覧ください。
開口数(NA)開口数は、対物レンズの最大受光角を表す無次元量です。一般的には下の式で表されます。

NA = ni × sinθa

ここでθaは対物レンズの最大受光角度の1/2(半角)、niは媒質の屈折率です。典型的な媒質は空気ですが、水や油などほかの物質の場合もあります。
作動距離
作動距離(WD)は対物レンズの設計に依存しており、対物レンズの前面から試料の上部(カバーガラスを使用しない場合)まで、またはカバーガラスの上部までの距離を表します。対物レンズに刻印されているカバーガラスの厚さの仕様値により、カバーガラスを使用すべきかどうかが分かります。

Close

 

このネジにより対物レンズを対物レンズ用ホルダあるいはターレットに取り付けることができます。対物レンズには様々なネジピッチがあります。当社では対物レンズを様々なシステムに取り付けられるよう顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタをご用意しております。

Close

 

対物レンズのネジの座面に位置し、対物レンズを対物レンズ用ホルダや他のマウントに完全にねじ込んだときに、この位置から先の対物レンズ本体が露出します。

Close

 

カバーガラス(カバースリップ)は含水試料の上にのせる薄いガラスで、イメージングするための平面を作ります。

最も一般的な標準のカバーガラス#1.5は、厚さが0.17 mmに設計されています。製造工程により実際の厚さにはばらつきがある場合があります。対物レンズによっては補正環が付いていますが、これは内部の光学素子の相対位置を調整して、カバーガラスの厚さの違いを補正するのに使用されます。なお、多くの対物レンズにはカバーガラスの厚さの違いを補正する機能は無く、その場合には補正環は付いていません。例えば、カバーガラス#1.5専用に設計されている対物レンズなどがございます。補正環は上の図のような上部にではなく、対物レンズの下部にある場合もあります。


Click to Enlarge

上のグラフは、632.8 nmの光を使用したときの、カバーガラスの厚さと球面収差の大きさの関係を示しています。厚さ0.17 mmの一般的なカバーガラスを使用する場合、NA 0.40までの対物レンズではカバーガラスによる球面収差が回折限界を超えることはありません。

Close

 

ラベルの位置は、通常対物レンズ本体の中央部です。このラベルはISO 8578: Microscopes -- Marking of Objectives and Eyepiecesに基づいて記載されていますが、すべてのメーカのラベルがこの基準に厳密に従っているわけではありません。一般的には、下記の情報が記載されています。

  • ブランド名/メーカ名
  • 収差補正(対物レンズの種類)
  • 倍率
  • 開口数(NA)
  • 後方焦点距離(無限遠補正)
  • 適切なカバーガラスの厚さ
  • 作動距離

また、ラベルには対物レンズの仕様波長範囲、特殊な機能、設計特性などが記載されている場合があります。正確な位置やサイズは対物レンズによって異なる場合があります。

Close

 

ほぼすべての顕微鏡用対物レンズの本体には、倍率が素早く識別できるようにカラーリングが付いています。下の表に、各色が表す倍率を示します。

Magnification Identifier Color Ring
Codes per ISO 8578
Black1X or 1.25XLight Green16X or 20X
Grey1.6X or 2XDark Green25X or 32X
Brown2.5X or 3.2XLight Blue40X or 50X
Red4X or 5XDark Blue63X or 80X
Orange6.3X or 8XWhite100X, 125X, or 160X
Yellow10X or 12.5X

Close

 

Immersion Identifier Color Ring Codes
per ISO 8578
NoneDry
BlackOil
WhiteWater
OrangeGlycerol
RedOthers

対物レンズが水浸用あるいは油浸用の場合、倍率カラー表示の下に2つ目のカラーリングが付いている場合があります。水浸用の場合は、このリングは白色です。油浸用の場合は、このリングは黒色です。ドライ対物レンズにはこのリングは付いていません。すべての浸漬カラー表示の意味を右の表に示します。

Close

 

絞りが内蔵されている対物レンズは、暗視野顕微鏡に適しています。暗視野顕微鏡で使用するときには、背景の暗さを維持するために、この絞りは部分的に閉じられるように設計されています。油浸暗視野コンデンサーレンズを使用する場合、高い開口数(1.2以上)の油浸対物レンズには必ず絞りが必要です。通常の明視野観察では、この絞りは完全に開いた状態で使用します。

Close

 

対物レンズのショルダから試料の上部(カバーガラスを使用する対物レンズの場合はカバーガラス)までの距離です。ターレットに取り付けられた複数の対物レンズを用いて作業をするとき、すべての同焦点距離が同じであれば、対物レンズ切り替え時の再フォーカス作業がわずかで済みます。同焦点距離を伸ばしたいときのために、当社では同焦点距離エクステンダをご用意しております。

Close

 

作動距離(WD)は、対物レンズの前面から試料の上部(カバーガラスを使用する対物レンズの場合はカバーガラスの上部)までの距離です。対物レンズに刻印されているカバーガラスの厚さの仕様値により、カバーガラスを使用すべきかどうかが分かります。

Close

 

作動距離が非常に小さい対物レンズの先端にはストッパが付いている場合があります。ここにはバネが組み込まれており、意図せずに試料と衝突してしまった場合でも、この部分が圧縮されてその衝撃が制限されます。

Close

 

Immersion Identifier Color Ring Codes
per ISO 8578
NoneDry
BlackOil
WhiteWater
OrangeGlycerol
RedOthers

ドライ対物レンズは、対物レンズと試料の間にエアギャップがあることを前提に設計されています。

ISO 8578: Microscopes -- Marking of Objectives and Eyepiecesに準拠する対物レンズには、使用すべき浸液がカラーリングで示されています。リングのカラー表示は右表でご覧いただけます。

Close

 

Immersion Identifier Color Ring Codes
per ISO 8578
NoneDry
BlackOil
WhiteWater
OrangeGlycerol
RedOthers

液浸(Dipping)対物レンズは、浸液に浸されている試料による収差を補正するよう設計されています。対物レンズの先端は、一部あるいはすべてが液体に浸されています。

ISO 8578: Microscopes -- Marking of Objectives and Eyepiecesに準拠する対物レンズには、使用すべき浸液がカラーリングで示されています。リングのカラー表示は右表でご覧いただけます。

Close

 

Immersion Identifier Color Ring Codes
per ISO 8578
NoneDry
BlackOil
WhiteWater
OrangeGlycerol
RedOthers

液浸(Immersion)対物レンズは、液浸(Dipping)対物レンズに類似していますが、試料の上にカバーガラスが置かれます。カバーガラスの上に1滴の液体を置き、対物レンズの先端を液体と接触させます。液浸(Immersion)対物レンズにはしばしば補正環が付いており、様々な厚さのカバーガラスに合わせて調整ができるようになっています。浸液には水、油( MOIL-30など)、およびグリセロールがあります。

屈折率の高い浸液を使用することにより、対物レンズの開口数が高く(1.0以上)なります。しかし、浸液の無い状態で液浸対物レンズを使用した場合、像の品質は非常に低くなります。ISO 8578: Microscopes -- Marking of Objectives and Eyepiecesに準拠する対物レンズには、使用すべき浸液がカラーリングで示されています。リングのカラー表示は上表でご覧いただけます。

Widefield Viewing Optical Path
カメラで画像を表示する場合、システム倍率は対物レンズの倍率とカメラチューブの倍率の積です。三眼鏡筒で画像を表示する時のシステム倍率は、対物レンズの倍率と接眼レンズの倍率の積です。
Magnification & FOV Calculator
ManufacturerTube Lens
Focal Length
Leicaf = 200 mm
Mitutoyof = 200 mm
Nikonf = 200 mm
Olympusf = 180 mm
Thorlabsf = 200 mm
Zeissf = 165 mm

緑色の欄のメーカはf = 200 mmのチューブレンズを使用しておりません。

倍率と試料領域の計算方法

倍率

システムの倍率はシステム内の各光学素子の倍率の積で求めます。倍率のある光学素子には右図の通り、対物レンズ、カメラチューブ、そして三眼鏡筒の接眼レンズが含まれます。なお、各製品仕様に記載されている倍率は通常、すべて同じメーカの光学素子を使用した時のみ有効であることにご留意ください。同じメーカの光学素子を使用していない場合、システムの倍率は下記の通り、まず対物レンズの有効倍率を求めたあと算出する必要があります。

下記の例をお手持ちの顕微鏡に応用する場合には、上のMagnification and FOV Calculator(赤いボタンをクリック)をダウンロードしてご使用ください。こちらの計算用エクセルファイルはマクロを使用したスプレッドシートになっています。計算を行う際はマクロを有効にする必要があります。マクロを有効にするには、ファイルを開いて、上部にある黄色いメッセージバー上の「編集を有効にする」ボタンをクリックしてください。

例1:カメラの倍率
試料をカメラでイメージングする場合、イメージは対物レンズとカメラチューブによって拡大されます。倍率が20倍のNikon製対物レンズと倍率が0.75倍のNikon製カメラチューブを使用している場合、カメラの倍率は20倍 × 0.75倍 = 15倍となります。

例2:三眼鏡筒の倍率
三眼鏡筒を通して試料をイメージングする場合、イメージは対物レンズの倍率と三眼鏡筒内の接眼レンズによって拡大されます。倍率が20倍のNikon製対物レンズと接眼レンズの倍率が10倍のNikon製三眼鏡筒を使用している場合、接眼レンズでの倍率は20倍 × 10倍 = 200倍となります。なお、右図のように接眼レンズでの像はカメラチューブを通りません。

メーカが異なる対物レンズと顕微鏡を使用する場合

倍率は根源的な値ではなく、特定のチューブレンズの焦点距離を推定して計算し、導き出す値です。右の表のように各顕微鏡メーカはチューブレンズに様々な焦点距離を設定しています。そのため異なるメーカの光学素子を組み合わせる場合、システムの倍率を算出するには対物レンズの有効倍率を計算する必要があります。

対物レンズの有効倍率は式1で求められます。

Equation 1(Eq. 1)

ここでDesign Magnificationは対物レンズに印字されている倍率、fTube Lens in Microscopeは使用する顕微鏡内のチューブレンズの焦点距離、fDesign Tube Lens of ObjectiveはDesign Magnificationを算出するために対物レンズのメーカが使用したチューブレンズの焦点距離です。焦点距離は右表に記載されています。

Leica、Mitutoyo、Nikonならびに当社ではチューブレンズの焦点距離は同じです。これらのメーカの光学素子を組み合わせた場合、倍率の変換は必要ありません。対物レンズの有効倍率が算出されたら、上記のようにシステムの倍率が計算できます。

例3:三眼鏡筒の倍率(異なるメーカを使用)
三眼鏡筒を通して試料をイメージングする場合、イメージは対物レンズの倍率と三眼鏡筒内の接眼レンズによって拡大されます。この例では倍率が20倍のOlympus製対物レンズと接眼レンズの倍率が10倍のNikon製三眼鏡筒を使用します。

式1と右の表によりNikon製顕微鏡内のOlympus製対物レンズの有効倍率を下記の通り計算しました。

Equation 2

Olympus製対物レンズの有効倍率は22.2倍で、三眼鏡筒の接眼レンズの倍率は10倍なので、接眼レンズでの倍率は、22.2倍 × 10倍 = 222倍となります。


Image Area on Camera

カメラでイメージングする試料領域

試料をカメラでイメージングする場合、試料領域の寸法はカメラセンサの寸法とシステム倍率を使用して下の式2で求められます。

Equation 5(Eq. 2)

カメラセンサの寸法はメーカが提供しています。またシステム倍率は対物レンズの倍率とカメラチューブの倍率の積です(例1をご参照ください)。必要に応じ、対物レンズの倍率を例3のように調整します。

倍率が高くなればなるほど分解能も向上しますが、視野は狭くなります。倍率と視野の関係性については右の図でご覧いただけます。

例4:試料領域
当社のサイエンティフィックカメラ1501M-USB内のカメラセンサの寸法は8.98 mm × 6.71 mmです。このカメラを例1のNikon製対物レンズと三眼鏡筒に使用した場合、システム倍率は15倍となります。イメージングの領域は下記の通りになります。

Equation 6

試料領域例

下のマウス腎臓の画像はすべて同じ対物レンズとカメラを使用して取得しました。ただし、カメラチューブのみ違う製品を使用しています。左から右の画像にいくにつれカメラチューブの倍率が下がっていますが、視野が広くなる分、細部も小さくなり見にくくなることが分かります。

Image with 1X Camera Tube
Click to Enlarge

倍率1倍のカメラチューブで取得(型番 WFA4100)
Image with 1X Camera Tube
Click to Enlarge

倍率0.75倍のカメラチューブで取得(型番 WFA4101)
Image with 1X Camera Tube
Click to Enlarge

倍率0.5倍のカメラチューブで取得(型番 WFA4102)

Posted Comments:
Michele Cotrufo  (posted 2021-11-15 12:04:36.017)
Can you provide the transmission level of the objectives N20X-PF and RMS20X-PF at 1550nm ? Also, do you have the transmission spectra of the objective RMS20X in the visible?
YLohia  (posted 2021-11-23 02:04:22.0)
Thank you for contacting Thorlabs. I have reached out to you directly with more information about these objectives made by Olympus.
user  (posted 2021-08-09 09:17:32.58)
What solvents do you suggest for cleaning the entrance lens of an objective?
YLohia  (posted 2021-08-27 02:51:13.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. We don't have a blanket recommendation for cleaning objective. That being said, Isopropyl alcohol should work fine for our (Thorlabs brand) objectives, but for third-party objectives, we suggest contacting them directly. Is there a part in particular you are looking at?
user  (posted 2021-03-20 15:35:20.147)
Could you please tell me what's the back Focal Length and back work length of the RMS20X objective? Many thanks, Gao
asundararaj  (posted 2021-03-26 08:09:30.0)
Thank you for contacting Thorlabs. The RMS20X is an Olympus objective and all of the specifications provided for the objective can be found in the the data sheet linked here - https://www.olympus-lifescience.com/en/.pdf/en/pdf-export/objectives/?0[DIRECTORY::DirFrontend][itemId]=511706555
Obi-wan Kenobi  (posted 2021-02-27 19:32:43.037)
Hi, Could you please tell me what's the refractive index of the RMS20X objective? Many thanks, Jerry
YLohia  (posted 2021-03-05 10:00:54.0)
Hello Jerry, this objective is manufactured by Olympus and, unfortunately, they don't share refractive index information (since it is considered proprietary) with us.
Ludo Angot  (posted 2020-09-16 04:38:41.34)
Hello, the schematic of your TTL200 recommends a given distance between the objective lens entrance pupil plane and the tube lens. Could you please provide the location of the pupil plane for your TL2X-SAP and TL4X-SAP lenses (for example specified as the distance from the flange)? I'm not sure if the zemax file provides this information but I don't have this software. The pupil distance will also be useful to use these lenses with other tube lenses and to draw more realistic optical diagrams. Thanks!
YLohia  (posted 2020-09-28 08:35:51.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. The pupil on the TL4X and the TL2X are both the first lens surface, so roughly on the flange shoulder. The distance required between the objective and tube lens is not a hard requirement. For example, our TTL200-A can have a pupil distance of 70-140 mm without vignetting or aberrations.
user  (posted 2019-09-29 20:38:24.053)
Hi, I just buy RMS20X for expanding the laser beam (632nm, HeNe Laser). The strange interference fringes (curved and light) happen after passing through the objective lens! I use the camera to observe and when I move the camera the fringes also change. Before enter the objective lens are just laser source and two mirrors. So could you tell me the reason? Thanks.
YLohia  (posted 2019-10-01 09:54:02.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Based on our direct troubleshooting, it has been determined that the interference fringes were being caused by the etalon effect from the thin protective (removable) window on your camera. Please also note that your 6.8mm input diameter beam needs to be carefully aligned to the center of the relatively small (7.2mm) entrance aperture of the RMS20X to prevent other beam defects.
r07941046  (posted 2018-12-24 22:47:26.263)
Are RMS60X-PFC and N60X-PF suitable for 1550 nm wavelength? Thank you.
nbayconich  (posted 2018-12-26 01:08:54.0)
Thank you for contacting Thorlabs. Transmission at 1550nm will be relatively low for both objectives and may not be suitable. Since not all of our vendors provide transmission plots to share I will reach out to you directly to discuss the ideal working range for these products.
deokkihong  (posted 2018-07-30 22:48:15.767)
Hi, I want to analyse a system including objective lens with opitics program like 'Code five' or 'Zemax' . Is there any supplement data of RMS10X and RMS20X for 'Geometric optics program'?
YLohia  (posted 2018-07-31 09:56:33.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. These two objective lenses are made by Olympus and, unfortunately, they do not offer Zemax (or other ray tracing) files.
marc.miousset  (posted 2018-04-02 08:40:00.973)
Hi, Please, I need mount RSM10X, on SMIL1 or other, and they trhead, does'n work. What ring works in the catalog Thorlabs. Thanks Have nice day Marc
YLohia  (posted 2018-04-03 03:27:06.0)
Hello Marc, thank you for leaving feedback on our website. I wasn't able to find anything in our catalog with the part number SMIL1 -- are you referring to SM1L10? If that is the case, you can use the SM1A3 or SM1A3TS adapters to mate the RMS10X to any of our internally SM1-threaded components (for e.g., SM1L10).
vinithamr  (posted 2017-06-12 19:56:18.133)
hello, I want to couple free space laser beam of diameter 1mm into optical fiber P1-780PM-FC(NA 0.12). How to choose the objective lens for that especially NA and EFL. Pls help.
tfrisch  (posted 2017-06-26 02:38:06.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. I will reach out to you about both geometric approximations for fiber coupling as well as equations needed to match the diffraction limited spot size to the mode field diameter. In the latter, I will need to know the wavelength of the source.
libaikui  (posted 2017-02-10 17:19:50.68)
Can the objectives be used in magnetic field ~1T? Is there any effect on the position of the spot, transmission, etc?
tfrisch  (posted 2017-02-16 11:49:16.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. We don't have a way to test these objectives under various magnetic fields, but I will reach out to you directly about your application.
naveedullah1984  (posted 2016-10-07 10:54:40.953)
How can I calculate the spot size for an objective lens. I am using a collimated 635 nm Laser light.
jlow  (posted 2016-10-07 04:42:44.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The focused spot size is going to be dependent on the input beam diameter and how Gaussian your input beam is. For a Gaussian beam (M^2=1), you can use the diffraction limited spot size formula (4*λ*f)/(pi*input beam size) to estimate the spot size.
egorglad  (posted 2016-09-27 07:33:55.527)
Hello. Please need help. I need datashet on a RMS20X. I need data such as dispersion of lens, lenses type, Coating of lens. It's need for calculate my optical systen.
jlow  (posted 2016-09-29 04:17:21.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: I will contact you directly about this.
user  (posted 2016-09-26 16:52:05.52)
Question to tfrisch Posted Date:2016-09-01: In overview tab, you mention "They are designed to have high transmission, particularly at UV wavelengths" give us a hint on how we should understand the description?
tcampbell  (posted 2016-10-12 08:48:43.0)
Response from Tim at Thorlabs: Thank you for your feedback. These objectives have high transmission in the near UV, visible, and near IR wavelength ranges. We have updated the web to be more clear about this.
user  (posted 2016-08-26 18:46:41.743)
Hello, I am looking for a microscope objective to perform spatial filtering. This will be used in conjunction with a 325nm laser. The Nikon N40X-PF, infinity corrected seems to be a suitable option as it is designed for UV applications but I cannot find its transmittance at my wavelength of interest. thank you
tfrisch  (posted 2016-09-01 10:23:07.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Unfortunately, Nikon has not shared transmission data with us. We do give UV transmission curves for our Microspot Objectives here: https://www.thorlabs.com/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=3271&tabname=Graphs
stefano.minardi  (posted 2016-02-23 14:48:52.153)
Dear Sirs, I'm planning to use the objective RMS40X to focus a 10W CW laser beam at a wavelength of 1550 nm. Is the damage threshold of the objective high enough for this application? Thank you and best regards Stefano Minardi
besembeson  (posted 2016-03-08 01:46:43.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: 10W is too high for these objectives. Olympus recommends limiting the power to under 100mW for collimated light.
user  (posted 2015-12-17 11:43:32.007)
Hello, does any one have experience placing these objectives into a cryostat (LN2, 77 K)?
besembeson  (posted 2015-12-18 11:58:31.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: We don't have test data on these objectives under such conditions at this time. I will check if Olympus and Nikon can provide this feedback.
gtn75  (posted 2015-11-19 19:52:07.67)
I want to know where are the principal planes of this objective.
besembeson  (posted 2015-11-20 02:25:21.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: The effective focal length is 20mm, and the working distance of course is 16mm. Nikon doesn't provide the back focal length of the objective.
jesmondhong  (posted 2015-03-25 00:12:16.623)
The working distance of the infinity corrected objective is the distance from the sample to the lens. what about the focal length? Is the focal length measured from the lens as well?
besembeson  (posted 2015-04-21 07:07:29.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: Not really. The working distance is from the surface of the objective. The focal length is from a lens position inside the objective housing, useful for magnification, spacing constraints and numerical aperture calculations.
user  (posted 2015-03-09 15:02:07.91)
Hello, I am interested in the Olympus RMS4X but I need additional information on the field of view, is it possible to get it ? Do you have the Zemax "black-box" design for this objective ? Thank you in advance. Olivier
besembeson  (posted 2015-03-26 01:14:17.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: Olympus doesn't provide such models for these objectives and we don't have a black box design. If there is any specific property you are interested in for this objective, let me know.
c.j.lee  (posted 2015-03-06 11:35:50.093)
Hi, We are making a Raman microscope using the Olympus objectives (4x and 10x). For quite some time, we were trying to eliminate what appeared to be a large spurious signal. On changing the objectives from the ones we purchased to a Leica objective from an old microscope, suddenly, the signal noise reduced substantially. Our conclusion was that the objectives (including the Leica) are emitting autoflourescence. Do you have any recommended objectives for Raman spectroscopy? Ones that are known to use pure fused silica, rather than doped glasses?
besembeson  (posted 2015-03-25 05:04:35.0)
Autofluorescence is possible depending on the excitation wavelengths in your application. The RMS4X and RMS10X have low NA, which may not be suitable for Raman applications, where collection efficiency, spatial resolution and depth of focus all become important. Optimal design is a reflective objective which eliminates all chromatic aberrations with excellent spatial resolution in a broad spectral range. You may consider one of our series of Schwarzschild designed reflective objectives, such as the LMM-40X-UVV which can be found at the following link: http://www.thorlabs.de/newgrouppage9.cfm?objectgroup_ID=6933.
simon.stehle  (posted 2015-02-13 13:51:44.64)
Dear Sir or Madam, we intend to use your "RMS20x" to focus the Laser Light (532 nm, cw). Can you give a statement about the maximum Power acceptable for the RMS20X? Thanks, Simon.
besembeson  (posted 2015-02-26 09:57:38.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: We don't have a maximum acceptable power level but Olympus recommends limiting the power input to <100mW for collimated light and <20mW for focused light.
matthias.beck  (posted 2014-05-20 09:35:51.07)
Dear Sir/Madam, i would like to ask for further specifications with regard to the microscope objective lense 20X Olympus Plan Achromat Objective, 0.4 NA, 1.2 mm WD. It is written, that the transmission is in the visible range. What kind of glass is the lense made of and how long is the glass. (I am interested in the dispersion added to a short laser pulse). Further, how far does the transmission range reach with regard to upper and lower end of the visible wavelength range, i.e. is the lense suitable for a wavelength range 500 nm - 1400 nm, or will there be severe cutoff in the IR range. I would appreciat if you could send me some specs / data. Regards, M. Beck
besembeson  (posted 2014-05-21 04:41:48.0)
A response from Bweh Esembeson at Thorlabs USA. Thanks for contacting us. The RMS20X is manufactured by Olympus and at this time, we have limited information about detail specifications. For example we know that the transmission at 834nm is about 67% but we don't have data about the transmission up to 1400nm or the thickness of the lenses. You may consider contacting Olympus for more detail information. I hope this helps and let me know please if I can further assist you.
bill.wilson  (posted 2014-05-11 19:48:32.7)
At UWA have many microscopes - Nikon, Leica and Olympus, looking for optics for a variety of purposes. Very painful being treated as new buyer each time you go on line. I know what I want. Open your catalogue for experienced microscopists. We are the people who know what we want and will be spending money. You will not snare a new buyer on-line. My staff would be sacked if they fell for online tricks!
besembeson  (posted 2014-05-15 09:21:50.0)
Response from Bweh E at Thorlabs: Thanks for contacting Thorlabs. We have all of our products online and our prices are posted. If there is a system that you are interested in and you would like to receive more information or pricing, please feel free to contact me directly and I can assist you in this. We recently started a special catalog for Life Science researchers. This is can be found at the following link, including our V21 catalog: http://www.thorlabs.com/support.cfm?section=7&viewTab=4&catalogGroup=LS Let me know if there are any questions. If you need someone to call you to discuss your interests further, provide me with a phone number and a convenient time to call and I will do that for you.
samavial  (posted 2014-03-25 21:18:49.553)
Which is (or how could I calculate it) the maximun possible entrance NA for the RMS40X if I use a condenser lens before it (focaliced at the WD)? And, which lens would fix the best for that if my light (colimated) beam has a diameter of about 8mm? Thanks. Sara.
besembeson  (posted 2014-03-27 04:35:55.0)
Response from Bweh E at Thorlabs: Thanks for contacting Thorlabs. The numerical aperture of this objective is 0.65 and the working distance is 0.6mm. So it is best to use a condenser with a matching or smaller numerical aperture to get most signal through the objective. I will send you separate email about your application to discuss the second part of your question.
basili  (posted 2014-01-28 06:49:57.283)
I would like know the beam spot size from achromatic objective RMS4X, when 3.6mm collimated beam is injected to it a 638nm wavelength. Or which exactly formula that can be applied to calculate beam spot size generated by RMS4X?
jlow  (posted 2014-01-28 08:09:15.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The RMS4X is diffraction limited at 638nm so you can use the diffraction limited spot size calculation to estimate the focused spot size. Focused spot size = (4*wavelength*focal length)/(pi*input beam diameter). This assumes a well collimated round Gaussian beam.
dlaminiphumla.p  (posted 2013-10-11 02:14:43.87)
what is the attenuation (power loss in dB) of the RMS4X
tcohen  (posted 2013-10-14 11:44:00.0)
Response from Tim at Thorlabs: Because it’s a multi-lens system, the losses from the AR coated optics will compound to make the attenuation more wavelength dependent than a single lens with a BBAR coating. A sample transmission plot shows 80% at 400nm, rising to >95% at 500-700nm and back down to 80% at ~850nm. I’ll contact you to discuss your particular wavelengths and provide a sample curve.
basili  (posted 2013-06-24 07:11:22.883)
Would you please let me know the effective focal length of RMS4X achromatic objective.
sharrell  (posted 2013-06-24 10:25:00.0)
Response from Sean at Thorlabs: Thank you for using our feedback tool. The effective focal length of the RMS4X objective is 45 mm. This specification and others may be found by clicking on the Specs tab on the page. I’ll look to see how we might make this information more prominent.
tcohen  (posted 2012-06-21 15:54:00.0)
Response from Tim at Thorlabs: Thank you for your interest in our objectives! We currently do not have operating temperature specs for these objectives. I will contact you to find out which objective you are interested in data for so that we may provide more information.
elizabethdoesphysics  (posted 2012-06-19 13:34:42.0)
Are there specs stating the operable temperature range for these objectives? We are considering heating a sample and viewing it with an objective. However, the objective may get hot during the process (it takes about 1.5 days at a temperature of about 50 to 60 degrees C). Would these microscope objectives tolerate such use?
bdada  (posted 2012-01-23 09:56:00.0)
Response from Buki at Thorlabs: Thank you for using our feedback forum. An objective with 10, 20, 40X, etc and no Focal Length designation will typically have an EFL equal to the "Tube Length" divided by the magnification. Typical tube length is 200mm so for a 10X objective the EFL is 200/10 = 20mm EFL. This is the approximate EFL and NOT the working distance. Working distance for a 10X objective would be somewhere around 15mm. There are other common tube lengths but the more common ones are 200mm and 160mm. Please contact TechSupport@thorlabs.com if you have any questions.
david.szwer  (posted 2012-01-20 13:09:43.0)
Dear ThorLabs, I am considering buying one of the infinity-corrected microscope objectives for use as an output collimator for an optical fibre. The output beam radius is very important, and I can calculate it using the fibre's numerical aperture, and the objective's effective focal length. However, I can't find details of the effective focal lengths for these objectives. Is there another way to calculate the beam size using the information you give? Best regards, David.
jjurado  (posted 2011-03-18 10:35:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to Lehmann: Thank you for contacting us with your request. The entrance aperture for these microscope objectives can be calculated using the following formula: EA = 2 * EFL * tan [arcsin(NA)]. So, for an objective like the RMS4X, the entrance aperture is 9.1 mm. I will contact you directly for further support.
Lehmann  (posted 2011-03-17 13:05:06.0)
I have a question about these microscope objectives. I need to focus a laser to a certain spot size. The given values for the NA is based, I assume, that one fills the input lens. In order to calculate the effective NA for an input TEM00 beam, I must know the input size corresponding to the limiting aperture, but I do not see this listed. Perhaps this the effective focal length times the listed NA. Please pass along information that will allow me to calculate the focal spot size from the wavelength and input beam diameter, assuming a TEM00 beam.
Thorlabs  (posted 2010-07-27 17:55:26.0)
Response from Javier at Thorlabs to kearly500: Thank you for your feedback. We do not have concise values for the damage threshold of these lenses. However, as a guideline, Olympus recommends limiting the power input to <20mW for focused light and <100mW for collimated light.
kearly500  (posted 2010-07-27 11:40:40.0)
Hi, Im wondering what the damage threshold is for the RMS40X. Were using it to fiber couple a 2W solid state laser at 532 nm, and I wanted to know if we need to attenuate beforehand.
Adam  (posted 2010-04-15 09:32:19.0)
A response from Adam at Thorlabs to Albert: While it is possible to use the RMS threaded objectives with the DCC1645C, I think we need more information about your application before we confirm. We would need to know information about your object size and distance. I will email you directly to get this information. On a side note, to connect the RMS threaded objective to the DCC1645C, one would need to use a SM1A3(SM1 to RMS threaded adapater), and a SM1A9(SM1 to C-mount threaded adapter).
albert  (posted 2010-04-15 06:14:07.0)
Dear Sirs, We are going to develop a digital microscopic imaging system by using your DCC1645C, MAX203, BSC102 and objective lens(RMS Series). I would like to know if it is possible to install RMS lens to DCC1645C and get the microscopic image. If the answer is not, how we can integrate such kind of imaging systm by using your existing products. Look forward to getting your advice ASAP. Albert Lin Unique Instruments Co., Ltd. 6F., No.15, Lane 12, Xingzhong Rd., Nangang District, Taipei City 115, Taiwan (R.O.C.) Web: www.unii.com.tw email: albert@unii.com.tw Tel:+886-2-2654-6101 Fax:+886-2-2654-6102
Adam  (posted 2010-03-24 11:35:49.0)
A response from Adam at Thorlabs: At this time, Olympus does not provide us with information on the focal shift of these lenses. Since we cannot get this information from Olympus, we cannot provide concrete numbers. The RMS40X is designed more for red and blue wavelengths, so the shift from 650-750nm will be slightly larger than that of a typical objective, 3-4um. The focal shift of the C340TME-B lens is 20um over the range of 650-750nm. I noticed that an email address was not provided. If you have further questions, please feel free to respond to the feedback or send an email to techsupport@thorlabs.com.
user  (posted 2010-03-23 11:23:28.0)
I am interested in the typical focal shift around 650-750nm. In addition I would like to know the maximum diffraction limited range around 700nm. I am thinking about this objective or the C340TME-B lens, to collect light from a point like ligth source in the above mentionned wavelength regime. Thanks
klee  (posted 2009-10-19 18:26:23.0)
A response from Ken at Thorlabs to plouis: These objectives are primarily designed for blue and red region. However, they still have about 83% transmittance at 800nm so they should work.
plouis  (posted 2009-10-19 16:45:10.0)
I would like to know if it possible to use these lenses for coupling 830 nm light (photons from SPDC) into SM (and MM) fibers using your fiber launch system.
technicalmarketing  (posted 2009-03-22 08:33:38.0)
Response to jbao from Inge at Thorlabs: These microscope objectives can be mounted to our lens tubes using an SM1A3 adapter.
jbao  (posted 2009-03-21 17:07:00.0)
do you have tube lens for these objectives?
technicalmarketing  (posted 2008-02-07 09:14:45.0)
In response to dutertes inquiry, we have contacted our optics department. Unfortunately, Olympus does not provide us with transmission curves for their objectives. I apologize that we cannot be of more help to you. Perhaps Olympus would be willing to provide that information if you contacted then directly.
duterte  (posted 2008-02-05 04:40:14.0)
Could you please tell me what are the transmissions for the infinity-corrected microscope objectives UIS2 : - 4X Microscope Objective, 18.5 mm WD - 10X Microscope Objective, 10.6 mm WD - 20X Microscope Objective, 0.4 NA, 1.2 mm WD - 40X Microscope Objective, 0.65 NA, 0.6 mm WD At 1064 nm and if it’s possible at 1550 nm. With best regards, Charles DUTERTE
technicalmarketing  (posted 2007-10-25 15:12:01.0)
We are currently in the process of updating this page to inlcude new items. A link to microscopy tools will appear in the family image shortly.
acable  (posted 2007-10-25 14:32:36.0)
It would be nice to link the Microscopy Tools section to this product page.

Thorlabs社製スーパーアポクロマート対物レンズ

Protective Accessories
ObjectiveObjective Case
TL1X-SAPLid: OC2M25
Canister: OC24
TL2X-SAPLid: OC2M25
Canister: OC22
TL4X-SAP
TL10X-2PLid: OC2M32
Canister: OC24

Click to Enlarge

対物レンズTL1X-SAPには取り外し可能な波長板が付属しており、これを対物レンズの筒の先に磁石で取り付けることができます。筐体の先端の白いマークと波長板上の黒い点は、波長板を回転させるときのガイドとなります。
  • 無限遠補正、スーパーアポクロマート補正
  • イメージングやレーザ光の集光に適した製品
  • M25 x 0.75またはM32 x 0.75ネジ付き
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズ用に設計
  • 詳細はこちらの製品紹介ページをご覧ください。

当社では、倍率が1倍、2倍、4倍または10倍の顕微鏡用スーパーアポクロマート対物レンズをご用意しています。対物レンズでは、ビネットを発生させずに広い視野全体で軸上色収差を補正できる設計です。各対物レンズは焦点距離200 mmのチューブレンズ用に設計されており、透過率向上のためにARコーティングされた光学素子が用いられています。対物レンズについての詳細は、下の青いInfoアイコン()をクリックするかこちらの製品情報ページをご覧ください。

Customer-Inspired製品のご紹介:
スーパーアポクロマート対物レンズTL10X-2P

倍率が1倍のテレセントリック対物レンズはマシンビジョンに適しており、付属の取り外し可能な波長板を落射照明系で使用すると、後方反射を抑えてコントラストを向上させることができます(右の写真参照)。倍率が2倍および4倍の対物レンズは 開口数(NA)が大きいため、ワイドフィールド観察に適しています。また倍率が10倍の対物レンズは2光子イメージング用に設計されており、1300 nmまで優れた透過特性を持ちます。

すべての対物レンズは対物レンズ用ケース(蓋と容器)に入れて発送いたします。各対物レンズに対応する交換用ケースについては右表をご覧ください。対物レンズの筐体には、製品型番、倍率、NA、波長範囲、作動距離が刻印されています。これらの筐体は焦点距離200 mmのチューブレンズ用に設計されています。対物レンズTL1X-SAP、TL2X-SAP、TL4X-SAPはM25 x 0.75外ネジ付き、TL10X-2PはM32 x 0.75外ネジ付きとなっています。異なるネジ規格の対物レンズをご使用になる場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタのページをご覧ください。

TL1X-SAP、TL2X-SAPおよびTL10X-2Pの同焦点距離は95 mm、TL4X-SAPは60 mmとなっています(詳細については「仕様」タブをご覧ください)。こちらを一緒に使用するには同焦点距離エクステンダPLE351を使用すると、TL4X-SAPの同焦点距離を60 mmから95 mmに延長できます。

Item #Wavelength RangeMaWDEFLNAEPbOFNPFLCover Glass
Thickness
Performance
Graphs
AR Coating
Reflectance
Pulsed
Damage Threshold
Objective
Threading
TL1X-SAP420 - 700 nm1X8.0 mmc200 mm0.0312 mm2295 mmc0 - 5.0 mminfoRavg < 0.5%
(420 - 700 nm)
-M25 x 0.75;
3.8 mm Depth
TL2X-SAP350 - 700 nm2X56.3 mm100 mm0.120 mm95 mm0 - 5.0 mminfoRavg < 0.5%
(350 - 700 nm)
M25 x 0.75;
3.2 mm Depth
TL4X-SAP350 - 700 nm4X17.0 mm50 mm0.260 mm0 - 5.0 mminfoM25 x 0.75;
3.6 mm Depth
TL10X-2P400 - 1300 nm10X7.77 mm20 mm0.595 mm0 - 2.6 mmdinfoRabs < 2.5%
(400 - 450 nm)
Rabs < 1.75%
(450 - 1300 nm)
M32 x 0.75;
3.2 mm Depth
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • 波長板を付けた状態での値
  • この対物レンズには、表に記載されている範囲内の厚さのカバーガラスを補正するための補正環が付いています。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
TL1X-SAP Support Documentation
TL1X-SAP1X Super Apochromatic Microscope Objective, 0.03 NA, 8.0 mm WD
¥254,410
Lead Time
TL2X-SAP Support Documentation
TL2X-SAP2X Super Apochromatic Microscope Objective, 0.1 NA, 56.3 mm WD
¥157,556
Today
TL4X-SAP Support Documentation
TL4X-SAP4X Super Apochromatic Microscope Objective, 0.2 NA, 17.0 mm WD
¥273,333
Lead Time
TL10X-2P Support Documentation
TL10X-2PCustomer Inspired! 10X Super Apochromatic Microscope Objective, 0.5 NA, 7.77 mm WD
¥950,690
Lead Time

Microspot®UV集光対物レンズ、アクロマート

Percent Focal Length Shift
Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。
  • ARコーティング:240~360 nm
  • レーザ集光、UVイメージングなどの用途に適しています。
  • 回折限界性能
  • 焦点距離が200 mmのチューブレンズ用に設計
  • 倍率:10、20、50倍

当社のMicroSpot対物レンズは、軸上焦点シフトを小さくしつつ、長い作動距離を得ることができます。光学設計はUV波長範囲用に最適化されています。有効径全体にわたり回折限界性能が保証されています。これらの対物レンズはレーザ切断、手術用レーザの集光、分光などの用途に適しています。これらはまた、狭帯域のUVレーザを照射して取得する明視野イメージングのような、レーザ走査やマイクロイメージングの用途にも使用することができます。対物レンズは個別に対物レンズ用ケース(蓋OC2M26と容器OC24)に入れて発送いたします。

各対物レンズには分類、倍率、開口数、「0」(カバーガラス無しで試料をイメージングする設計であること示す)、および視野数が刻印されています。これらの定義については「対物レンズチュートリアル」をご覧ください。

当社ではこれらの対物レンズにカスタム仕様のARコーティングを施すことも可能ですので、ご希望があれば当社までお問い合わせください。オプションとしてはブロードバンドNUV(325 nm~500 nm)、デュアルバンド(266と532 nm)、およびレーザーライン (248 nm、266 nm、355 nm、532 nm)がございます。また、UV域のほか、可視域や近赤外域のレーザ集光用にご使用いただけるMicroSpot対物レンズもご用意しております。

Item #Wavelength
Range
MaWDEFLNAEPbSpot
Sizec
Typical
Transmission
OFNPFLCover Glass
Thickness
AR Coating
Reflectanced
Pulsed
Damage Threshold
Objective
Threading
LMUL-10X-UVB240 - 360 nm10X20.0 mm20 mm0.2510.0 mm1.4 µmIcon
Raw Data
2495.0 mm0 mm< 1.5% per Surface
(240 - 360 nm)
5.0 J/cm2
(355 nm, 10 ns,
20 Hz, Ø0.342 mm)
M26 x 0.706;
5 mm Depth
LMUL-20X-UVB20X15.3 mm10 mm0.367.2 mm1.0 µmIcon
Raw Data
LMUL-50X-UVB50X12.0 mm4 mm0.423.4 mm0.7 µmIcon
Raw Data
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • スポットサイズは中心波長で計算しており、入射開口は満たされた状態で入射ビームプロファイルはガウシアンであると仮定しています。
  • これらの対物レンズをARコーティングの仕様範囲外で使用すると、表面反射によりゴースト画像が発生したり、光学素子全体の透過率が著しく低下したりするため、そのような使い方はお勧めしておりません。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
LMUL-10X-UVB Support Documentation
LMUL-10X-UVBLong Working Distance MicroSpot Focusing Objective, 10X, 240 - 360 nm, NA = 0.25
¥1,151,608
7-10 Days
LMUL-20X-UVB Support Documentation
LMUL-20X-UVBCustomer Inspired! Long Working Distance MicroSpot Focusing Objective, 20X, 240 - 360 nm, NA = 0.36
¥1,654,038
7-10 Days
LMUL-50X-UVB Support Documentation
LMUL-50X-UVBLong Working Distance MicroSpot Focusing Objective, 50X, 240 - 360 nm, NA = 0.42
¥1,677,767
7-10 Days

Thorlabs社製高分解能プランアポクロマートVIS+対物レンズ

Protective Accessories
CaseLid: OC2M26
Canister: OC24
  • 400~1100 nm用ARコーティング付き
  • 436~850 nmで軸上色収差補正
  • レーザ光の集光、明視野・暗視野・蛍光顕微鏡、2光子イメージングなどに適した製品
  • 焦点距離が200 mmのチューブレンズ用に設計
  • 倍率:50倍

当社の400~1100 nm用の高分解能プランアポクロマート可視域強化型(APO VIS+)顕微鏡用対物レンズは、ビネットを生じさせずに視野全体にわたって軸上色収差を補正します。一般的なアポクロマート対物レンズでは通常436 nm(g-line)~656 nm(C-line)で軸上色収差が補正されるのに対し、当社のPLAN APO VIS+対物レンズでは補正される波長範囲が436 nm(g-line)~850 nmに拡大されます。この対物レンズは焦点距離200 mmのチューブレンズ用に設計されており、使用されている光学素子には400 nm ~1100 nmで透過率を向上させるためのARコーティングが施されています。対物レンズについての詳細は、下の青いInfoアイコン()をクリックしてご覧ください。倍率が50倍の対物レンズは、その開口数(NA)が0.75と大きいため、レーザ光の集光、明視野・暗視野・蛍光顕微鏡、2光子イメージングなどの高分解能を求められる用途に適しています。対物レンズが入ったケースを紛失あるいは破損した場合のために、当社では交換用のケースを別途ご用意しております(型番 OC2M26およびOC24)。

こちらの対物レンズには分類、倍率、開口数、「0」(カバーガラス無しで試料をイメージングする設計であること示す)、および視野数が刻印されています。これらの定義については「対物レンズのチュートリアル」タブをご覧ください。

Item #AR Coating Wavelength RangeaMbWDEFLNAEPcSpot
Sized
Performance GraphsOFNPFLAR Coating
Reflectancee
Pulsed
Damage Threshold
Objective
Threading
HPA50XAB400 - 1100 nm50X5.0 mm4 mm0.756.0 mmØ0.9 µminfo2495.0 mmRavg < 1.0%
(400 - 1100 nm)
1.0 J/cm2
(532 nm, 10 ns, 10 Hz, Ø0.408 mm)
M26 x 0.706;
5 mm Depth
  • 軸上色収差補正は436~850 nmの波長域で最適化されています。この範囲外で対物レンズで使用する場合にはフォーカスの再調整が必要です。
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • スポットサイズは550 nmで計算していますが、光は入射瞳全体に均一に入射し、かつSpot Size=1.22*λ/NAで計算できると仮定しています。
  • これらの対物レンズをARコーティングの仕様範囲外で使用することは、表面反射によりゴースト画像が発生したり、光学素子全体の透過率が著しく低下したりするため、お勧めしておりません。

M=倍率
WD=作動距離
EFL=有効焦点距離
PFL=同焦点距離

NA=開口数
EP=瞳径
OFN=光学視野数

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
HPA50XAB Support Documentation
HPA50XABNEW!50X High-Resolution Plan Apochromat VIS+ Objective, 400 - 1100 nm, 0.75 NA, 5.0 mm WD
¥936,000
7-10 Days

Olympus製プランアクロマート対物レンズ

Protective Accessories
CaseLid: OC2RMS
Canister: OC22
Aluminum CapRMSCP1
  • 無限遠補正されたプランアクロマート設計
  • イメージングやレーザ光の集光に適した製品
  • RMSネジ規格
  • 焦点距離180 mmのチューブレンズ用に設計
  • 同焦点距離45.06 mm

無限遠補正された可視域用顕微鏡対物レンズとして、4倍、10倍、20倍、40倍の倍率をご用意しています。高い開口数(NA)と大きな倍率を持つため、レーザ光の集光やコリメートに適しています。これらのOlympus製の対物レンズは、可視域全体にわたって回折限界の性能であることが要求されるイメージング用途への使用に最適です。また、光を回折限界のスポットサイズに集光することが可能なため、単色や広帯域の光を導波路やファイバに高効率でカップリングさせる用途にも使用できます。こちらでご紹介している対物レンズは明視野顕微鏡にお使いいただけます。また、RMS10X、RMS20X、RMS40Xは暗視野顕微鏡でも優れた性能を発揮します。

プランアクロマートレンズは平坦な視野を持ち、可視域内の2つの異なる波長に対して収差が補正されるよう設計されています。これによって、球面収差と色収差が補正され、視野の平坦度がより実現されます。これらのアクロマート対物レンズには超広帯域ARコーティングが施されており、標準のRMSネジが付いています。こちらの対物レンズを他のネジ規格でご使用の場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタのページをご覧ください。

Item #Wavelength RangeMaWDEFLNAEPbOFNPFLCover Glass
Thickness
Performance
Graphs
AR Coating
Reflectance
Pulsed
Damage Threshold
Objective
Threading
RMS4XVisible4X18.5 mm45 mm0.109 mm2245.06 mm0 - 0.17 mmProprietaryProprietary-RMS;
4.5 mm Depth
RMS10X10X10.6 mm18 mm0.259 mm
RMS20X20X1.2 mm9 mm0.47.2 mm0.17 mmRMS;
4.8 mm Depth
RMS40X40X0.6 mm4.5 mm0.655.9 mm0.17 mmRMS;
4.5 mm Depth
  • 焦点距離180 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

*価格について - こちらの製品は新設研究室サポートプログラムをはじめとするすべてのお値引きの対象外となります。予めご了承ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
RMS4X Support Documentation
RMS4X4X Olympus Plan Achromat Objective, 0.10 NA, 18.5 mm WD
¥18,944
Today
RMS10X Support Documentation
RMS10X10X Olympus Plan Achromat Objective, 0.25 NA, 10.6 mm WD
¥49,706
Today
RMS20X Support Documentation
RMS20X20X Olympus Plan Achromat Objective, 0.4 NA, 1.2 mm WD
¥61,334
Today
RMS40X Support Documentation
RMS40X40X Olympus Plan Achromat Objective, 0.65 NA, 0.6 mm WD
¥91,156
Today

Olympus製プランフルオール(プランフルオリート)対物レンズ

Protective Accessories
CaseLid: OC2RMS
Canister: OC22
Aluminum CapRMSCP1
  • 無限補正されたプランフルオール設計
  • イメージングやレーザ光の集光に適した製品
  • RMSネジ規格
  • 焦点距離180 mmのチューブレンズ用
  • 同焦点距離45.06 mm

無限遠補正された可視~近赤外域用顕微鏡対物レンズとして、4倍、10倍、20倍、40倍、60倍をご用意しています。プランフルオール対物レンズは、プランセミアポクロマートまたはプランフルオリートとも呼ばれますが、4色に対して補正されています。この対物レンズはカラー顕微鏡写真撮影に使用されると効果的です。RMS60X-PFCには、カバーガラス用の補正機能が付いています。回転式補正カラー(リング)を使用して対物レンズの光学素子間の距離を変えることによって、0.11 mm~0.23 mmの間でカバーガラスの厚さの誤差を補正することができます。

こちらでご紹介している対物レンズは明視野顕微鏡にお使いいただけます。また、RMS10X-PF、RMS20X-PF、RMS40-PF、RMS60X-PFCはDIC顕微鏡でも優れた性能を発揮します。こちらの対物レンズは標準のRMSネジ規格です。こちらの対物レンズを他のネジ規格でご使用の場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタのページをご覧ください。

Item #Wavelength RangeMaWDEFLNAEPbOFNPFLCover Glass
Thickness
Performance
Graphs
AR Coating
Reflectance
Pulsed
Damage 
Threshold
Objective
Threading
RMS4X-PFVisible to NIR4X17 mm45 mm0.1311.7 mm26.545.06 mm0 - 0.17 mmProprietaryProprietary-RMS;
4.5 mm Depth
RMS10X-PF10X10 mm18 mm0.310.8 mm0 - 0.17 mm
RMS20X-PF20X2.1 mm9 mm0.59 mm0.17 mm
RMS40X-PF40X0.51 mm4.5 mm0.756.8 mm0.17 mm
RMS60X-PFC60X0.2 mm3 mm0.95.4 mm0.11 - 0.23 mmcRMS;
4.7 mm Depth
  • 焦点距離180 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • この対物レンズには、表に記載されている範囲内の厚さのカバーガラスを補正するための補正環が付いています。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

*価格について - こちらの製品は新設研究室サポートプログラムをはじめとするすべてのお値引きの対象外となります。予めご了承ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
RMS4X-PF Support Documentation
RMS4X-PF4X Olympus Plan Fluorite Objective, 0.13 NA, 17 mm WD
¥81,778
7-10 Days
RMS10X-PF Support Documentation
RMS10X-PF10X Olympus Plan Fluorite Objective, 0.3 NA, 10 mm WD
¥146,115
7-10 Days
RMS20X-PF Support Documentation
RMS20X-PF20X Olympus Plan Fluorite Objective, 0.5 NA, 2.1 mm WD
¥173,498
Today
RMS40X-PF Support Documentation
RMS40X-PF40X Olympus Plan Fluorite Objective, 0.75 NA, 0.51 mm WD
¥189,818
7-10 Days
RMS60X-PFC Support Documentation
RMS60X-PFC60X Olympus Plan Fluorite Objective with Correction Collar, 0.9 NA, 0.2 mm WD
¥511,308
7-10 Days

Nikon製プランフルオール(プランフルオリート)対物レンズ

Protective Accessories
CaseLid: OC2M25
Canister: OC22 (4X & 10X)
OC24 (20X, 40X, & 60X)
  • 無限補正されたプランフルオール設計
  • イメージングやレーザ光の集光に適した製品
  • M25 x 0.75ネジ付き
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズ用
  • 同焦点距離60 mm

Nikon製のプランフルオール(プランフルオリート)対物レンズは、4倍、10倍、20倍、40倍、60倍の倍率をご用意しています。この対物レンズはUV域~近赤外域の波長範囲で透過率が高く、視野に渡って平坦な画像が得られる設計です。多目的にご使用可能で、明視野顕微鏡、蛍光顕微鏡、および偏光に敏感な観察用途にお使いいただけます。また、N10X-PF、N20X-PF、N40X-PF、N60X-PFは暗視野顕微鏡およびDIC顕微鏡にも適しています。

各対物レンズは焦点距離が200 mmのチューブレンズ用に設計されており、当社のDIY Cerna® Systemsシステムシステムに取付け可能です。M25 x 0.75を使用しています。こちらの対物レンズを異なるネジ規格の製品と組み合わせてご使用になる場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタのページをご覧ください。

尚、こちらの対物レンズは-18 °C~60 °Cでのご使用向けに設計されており、極端な温度環境での使用はお勧めいたしません。

Item #Wavelength RangeMaWDEFLNAEPbOFNPFLCover Glass
Thickness
Performance
Graphs
AR Coating
Reflectance
Pulsed
Damage Threshold
Objective
Threading
N4X-PFUV to NIR4X17.2 mm50 mm0.1313 mmNot Available60 mm0 - 0.17 mmProprietaryProprietary-M25 x 0.75;
3.6 mm Depth
N10X-PF10X16 mm20 mm0.312 mm250.17 mmM25 x 0.75;
5 mm Depth
N20X-PF20X2.1 mm10 mm0.5010 mmNot Available0.17 mm
N40X-PF40X0.66 mm5 mm0.757.5 mm250.17 mmM25 x 0.75;
5.1 mm Depth
N60X-PF60X0.31 - 0.4 mm3.3 mm0.855.7 mm250.11 - 0.23 mmcM25 x 0.75;
5 mm Depth
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • この対物レンズには、表に記載されている範囲内の厚さのカバーガラスを補正するための補正環が付いています。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

*価格について - こちらの製品は新設研究室サポートプログラムをはじめとするすべてのお値引きの対象外となります。予めご了承ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
N4X-PF Support Documentation
N4X-PF4X Nikon Plan Fluorite Imaging Objective, 0.13 NA, 17.2 mm WD
¥75,966
7-10 Days
N10X-PF Support Documentation
N10X-PF10X Nikon Plan Fluorite Imaging Objective, 0.3 NA, 16 mm WD
¥138,038
Lead Time
N20X-PF Support Documentation
N20X-PF20X Nikon Plan Fluorite Imaging Objective, 0.50 NA, 2.1 mm WD
¥152,984
7-10 Days
N40X-PF Support Documentation
N40X-PF40X Nikon Plan Fluorite Imaging Objective, 0.75 NA, 0.66 mm WD
¥174,261
7-10 Days
N60X-PF Support Documentation
N60X-PF60X Nikon Plan Fluorite Imaging Objective with Correction Collar, 0.85 NA, 0.31 - 0.4 mm WD
¥410,419
7-10 Days

Mitutoyo製プランアポクロマート対物レンズ

Protective Accessories
CaseLid: OC2M26
Canister: OC24
  • 大きな作動距離
  • 無限遠補正されたプランアクロマート設計
  • M26 x 0.706ネジ
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズ用に設計
  • 同焦点距離95 mm

当社では、倍率が5X、7.5X、10X、20X、50X、100倍のMitutoyo製プランアポクロマート対物レンズをご用意しています。これらの対物レンズは、436 nm~656 nmまたは480 nm~1800 nmの動作波長域でフラットな焦点面が得られ、色収差も補正されています。作動距離が長いためレンズ面と物体との間に広いスペースが確保でき、マシンビジョン用として適しています。各対物レンズには分類、倍率、開口数、「0」(カバーガラス無しで試料をイメージングする設計であることを示す)、表記された倍率が得られるチューブレンズの焦点距離が刻印されています。これらの定義については「対物レンズチュートリアル」をご覧ください。対物レンズの発送時に付属していた容器を紛失や破損した場合、対物レンズ用ケース(型番OC2M26およびOC24)を交換品としてお求めいただくことができます。

これらの対物レンズにはM26 x 0.706外ネジ加工が施されています。他のネジ規格でご使用の場合は、顕微鏡対物レンズ用ネジアダプタのページをご覧ください。これらの対物レンズには、カバーガラスの厚さに応じて補正を調整する機能は付いていないため、カバースリップ無しでご使用ください。

Item #Wavelength RangeMaWDEFLNAEPbSpot
Sizec
Typical TransmissionOFNPFLCover Glass
Thickness
AR Coating
Reflectance
Pulsed
Damage
Threshold
Objective
Threading
MY5X-802436 - 656 nm5X34.0 mm40 mm0.1411.2 mm2.5 µmTransmission Icon2495 mm0 mmProprietary-M26 x 0.706;
5 mm Depth
MY7X-8077.5X35.0 mm26.7 mm0.2111.2 mm1.7 µmProprietary
MY10X-80310X34.0 mm20 mm0.2811.2 mm1.3 µmTransmission Icon
MY20X-80420X20.0 mm10 mm0.428.4 mm0.8 µmTransmission Icon
MY50X-80550X13.0 mm4 mm0.554.4 mm0.6 µmTransmission Icon
MY100X-806100X6.0 mm2 mm0.702.8 mm0.5 µmTransmission Icon
MY5X-822480 - 1800 nm5X37.5 mm40 mm0.1411.2 mm2.5 µmTransmission Icon
MY10X-82310X30.5 mm20 mm0.2610.4 mm1.3 µmTransmission Icon
MY20X-82420X20.0 mm10 mm0.408.0 mm0.9 µmTransmission Icon
MY50X-82550X17.0 mm4 mm0.423.4 mm0.8 µmTransmission Icon
  • 焦点距離200 mmのチューブレンズを使用した時
  • 瞳径(EP)は対物レンズの後方開口部で定義され、EP=2*NA*EFLで求められます。
  • スポットサイズは、550 nmにおいて入射開口は満たされた状態で、入射ビームプロファイルはガウシアンであると仮定して計算しています。

M = 倍率
WD = 作動距離
EFL = 有効焦点距離
NA = 開口数

EP = 瞳径
OFN = 光学視野数
PFL = 同焦点距離

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MY5X-802 Support Documentation
MY5X-802Customer Inspired! 5X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.14 NA, 34 mm WD
¥97,770
Today
MY7X-807 Support Documentation
MY7X-807Customer Inspired! 7.5X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.21 NA, 35 mm WD
¥179,426
7-10 Days
MY10X-803 Support Documentation
MY10X-803Customer Inspired! 10X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.28 NA, 34 mm WD
¥122,810
Today
MY20X-804 Support Documentation
MY20X-804Customer Inspired! 20X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.42 NA, 20 mm WD
¥289,228
7-10 Days
MY50X-805 Support Documentation
MY50X-805Customer Inspired! 50X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.55 NA, 13 mm WD
¥360,191
7-10 Days
MY100X-806 Support Documentation
MY100X-806Customer Inspired! 100X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 436 - 656 nm, 0.70 NA, 6 mm WD
¥487,721
Today
MY5X-822 Support Documentation
MY5X-8225X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 480 - 1800 nm, 0.14 NA, 37.5 mm WD
¥215,579
7-10 Days
MY10X-823 Support Documentation
MY10X-82310X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 480 - 1800 nm, 0.26 NA, 30.5 mm WD
¥246,376
7-10 Days
MY20X-824 Support Documentation
MY20X-82420X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 480 - 1800 nm, 0.40 NA, 20.0 mm WD
¥443,209
Lead Time
MY50X-825 Support Documentation
MY50X-82550X Mitutoyo Plan Apochromat Objective, 480 - 1800 nm, 0.42 NA, 17.0 mm WD
¥544,973
7-10 Days