アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

Nd:YAGフリースペース型アイソレーター (1020~1100 nm)


  • Center Wavelength of 1064 nm
  • Isolation up to 55 dB
  • Power Densities up to 20 kW/cm²
  • Custom Isolators Available Upon Request

IO-5-1064-HP

IO-3D-1064-VLP

In Saddle

Removed from Saddle

IO-1.2PI-1064-PBB

Polarization-Independent Isolator

IO-2.5-1064-VLP

Related Items


Please Wait
Tunable Isolation Curves
Click to Enlarge

当社の狭帯域波長可変アイソレータは、既定のスペクトル領域内(グラフの網掛け部分)であればどの波長でもピークアイソレーションが最大になるように調整可能です。 詳細は「波長のチューニング」タブをご参照ください。このプロット図はIO-3-1064-HPのデータです。中心波長に合わせた各アイソレータのアイソレーションと透過率のグラフは「グラフ」タブをご参照ください。

カスタムアイソレータ

  • 波長、開口、最大パワー、筐体、偏光子、動作温度のカスタム仕様に対応
  • 多岐にわたる製品組み込み用途(OEM用途)に対応
  • 詳細はカスタムアイソレータのページをご参照ください。また、ご不明な点は当社までお問い合わせください。
Optical Isolator in FiberBench Mount
Click to Enlarge

FiberBenchシステム用の特注マウントに取り付けられたアイソレータ 
Optical Isolator in Saddle
Click to Enlarge

アイソレータIO-3-1064-HPに付属のサドルSM1RC(/M)を取り付け、ベースBA1(/M)と1/4"-20(M6)-8-32(M4)ザグリ穴用アダプタSD1で光学テーブルに取り付けています。

特長

  • 光学系への戻り光を最小限に抑制
  • 自由空間入力と出力ポート
  • 固定波長または可変波長タイプ
  • 中心波長におけるアイソレーション:25~55 dB
  • 最大ビーム径:Ø1.6 mm~Ø9 mm
  • 最大CW出力:200 mW~200 W
  • 偏光無依存型もご用意

当社では、Nd:YAGレーザ(基本波の1064nmで出力)用に設計されたフリースペース型光アイソレータを幅広く在庫しています。ファラデーアイソレー タとしても知られる光アイソレータは磁気光学デバイスで、光を一方向にだけ透過させるので、レーザなどの光源を後方反射から保護する際に使用されます。後方反射は、強度雑音、周波数シフト、モードホッピングなどを引き起こし、レーザ光源を不安定にします。また、後方反射光が大きくなると、光学素子に恒久的な損傷を与える場合があります。ファラデーアイソレータの動作原理は「アイソレーターチュートリアル」タブをご参照ください。

当社では、Nd:YAG波長用に4種類のアイソレータをご用意しています。1つ目のタイプは狭帯域波長固定アイソレータで、設計波長でアイソレーションと透 過率が最大値となるように、出荷前に工場でアライメントされて固定されています。設計波長から外れると、アイソレーションも透過率も劣化します。2つ目の タイプは狭帯域波長可変アイソレータで、お客様に入出力の偏光子をアライメントしていただくタイプです。規定の可変領域内であれば、中心波長を45 nmの範囲内(アイソレータのタイプに依存)で任意の値に設定することができます。3つ目のタイプは、タンデム型の狭帯域アイソレータで、2つの直列の ファラデーローテータで構成されています。透過率は低いものの、55 dBのアイソレーションを達成します。4つ目は偏光無依存型で、入射光の偏光状態にかかわらず、同じ性能特性を示すのでアライメントが非常に簡単です。その他の仕様の詳細や波長ごとのアイソレーションのグラフについては「アイソレータの種類」タブをご覧ください。

Selection Guide for Isolators
(Click Here for Our Full Selection)
Wavelength Range
365 - 385 nm (UV)
390 - 700 nm (Visible)
690 - 1080 nm (NIR)
1064 nm (Nd:YAG)
1110 - 2100 nm (IR)
2.20 - 4.55 µm (MIR)
Broadband
Fiber Isolators
Custom Isolators

IO-D-1064-VLPを除いて、このページでご紹介している各アイソレータの筐体には、伝播の方向を示す矢印が記されています。IO-D-1064-VLPの入力開口は黒色、出力開口は金色に、それぞれシリンダが着色されています。また、IO-D-1064-VLPを含めて、このページに掲載されている全てのアイソレータには入力および出力偏光子のアライメントを示す刻印が付いています。

当社では可視域~赤外波長用のフリースペース用および光ファイバーシステム用アイソレータもご用意しています(左のセレクションガイドの表をご参照ください)。下表、および右図でご紹介しているように、多くの標準品のアイソレータは、当社のFiberBench システム用に設計されたマウントに取り付けた状態でもお届け可能です。標準品の中にご用途に適したアイソレータが見つからない場合は、「カスタムアイソレータ」 のタブをご参照いただき、特注の製品として発注していただくことも可能です。詳細は当社までお問い合わせください。当社はアイソレータの自社製造で25年 以上の実績があり、ご希望の中心波長(244 nm~4.55 µm)にチューニングしたフリースペース用アイソレータをご提供可能です。

グラフの青い網掛け部分は、アイソレータの可変領域内の中心波長を表わしています(詳細は「波長のチューニング」タブ参照)。これらのアイソレータでは、中心波長がシフトするにつれて、アイソレーションと透過率の曲線もシフトします。グラフに青い網掛け部分のないアイソレータは、波長が固定式です。なお、これらのグラフは理論値に基づいて作成されたもので、アイソレーションや透過率の数値はユニット毎に異なります。

また、IO-3-1064- VHP、IO-5-1064-VHP、IO-10-1064-VHPは1064 nmで動作する固定式の狭帯域のアイソレータです。1053 nmの中心波長で動作させたい場合は、製品のご発注前に当社にご相談いただきますようお願いいたします。

 

波長可変狭帯域アイソレータのチューニング

  • チューニング範囲内において同じアイソレーション最大値が達成できるように最適化
  • 主に出射側偏光子を回転するのみの簡単なチューニング手順(下記の説明をご参照ください)
  • 偏光子の回転時にわずかな透過損失あり
Dependence of Transmission on Center Wavelength
Click to Enlarge
アイソレータのチューニングが設計波長から離れるにしたがって、最大透過率が低下します。これは出射側偏光子の透過軸が出射光の偏光方向と一致しなくなるためです。
Tunable Isolation Curves
Click to Enlarge

当社の波長可変狭帯域アイソレータでは、狭いスペクトル範囲(網掛け部分)内の任意の波長でアイソレーションの最大値が達成できます。

 


Click to Enlarge

設計波長以外の光は部分的に透過

Click to Enlarge

設計波長の光は伝搬しません

光学アイソレータの動作原理
当社の波長可変狭帯域アイソレータでは、30~40 nmの調整範囲において同じ値のアイソレーションの最大値が達成できる設計になっています。 内部には設計波長で光の偏光面が45°回転するように工場出荷時に調整されたファラデーローテータがあります。 アイソレータ内を逆に伝搬する光は、出射側偏光子によって偏光面が45°(入射側偏光子を基準)の成分のみが透過し、ファラデーローテータによって偏光面がさらに45°回転するので、入射側偏光子の透過軸に対して偏光面が90°の角度をなすことになります。 したがってアイソレータは逆方向からの光を伝搬できません。 光路の概略図は「アイソレータのチュートリアル」のタブ内にありますので、ご参照ください。

ファラデーローテータによって生じる回転の大きさは波長に依存します。 つまり、設計波長以外の波長では、光の偏光面の回転は45°ではなくなります。 例えば980 nmの光の偏光面が45°回転する場合(設計波長が980 nmのとき)、975 nmの光では偏光面の回転が45.6°となります。975 nmの光が設計波長980 nmのアイソレータを逆方向に伝搬するとき、調整をしなければ、入力側偏光子の軸に対する偏光面の回転角度の合計は、45° + 45.6° = 90.6°となります。 出力側から入射された偏光成分のうち、入力側偏光子の軸に平行な光の偏光成分は透過されるので、アイソレーションの値が大きく低減します。

高いアイソレーション値を達成するには、偏光面の回転の合計が90°になることが必要なので、ファラデーアイソレータによって生じる余分な回転を補償するために、出射側の偏光子を回転する必要があります。 上記の場合、偏光子の新たな角度は90° - 45.6° = 44.4°となります。 この調整でアイソレーション値が増大して、設計波長での値が達成できるようになります。

波長チューニング後に得られる結果
しかしながら、出射側の偏光子を回転すると、直接的な結果として順方向への最大透過値が減少します。 順方向に伝搬する975 nmの光の偏光面は入射側偏光子で0°の回転となり、ファラデーローテータで45.6°回転することになります。しかし出射側偏光子での角度は44.4°となります。 この場合の透過率の低下はマリュスの法則で定量化できます。

Malus's Law
マリュスの法則(Malus' Law)

この数式において、θはファラデーローテータを伝搬した後の光の偏光面と偏光子の透過軸が形成する角度で、I0は入射強度、そしてIは透過強度です。 中心波長からのズレが小さい場合は、透過率の低減はわずかですが、ズレが大きくなると低減量が目立ってきます。 この例では(設計波長と使用波長の差が5 nmであるとき)、θ = 45.6° - 44.4° = 1.2°であるのでI = 0.9996 I0となります。 このケースでのグラフが上図です。

実際の使用例では、チューニングによる透過率の低下は、その結果得られるアイソレーション値の大幅な改善と比べて問題とならない場合がほとんどです。 例えば、上のグラフで示されている設計波長が980 nmのアイソレータに、チューニングを行わずに965 nmの光を入射した場合、透過率の違いは僅かとなりますが、アイソレーション値は29 dB(元々36 dB)と悪化します。この例も上のグラフで示されています。

当社のアイソレータの筺体は、出射側アイソレータを回転しても、アイソレータの他の部分に影響を与えない設計です。 当社ではカスタムアイソレータを製造するサービスを提供しており(「カスタムアイソレータ」のタブをご参照ください)、特定の中心波長に対応する設計のアイソレータも製造できます。 カスタムアイソレータをご利用いただくことで、チューニングレンジの両端で起こる透過率の低減を排除、軽減することができます。 これらのカスタムアイソレータは標準品の同等品と同じ価格でご提供しております。 詳細については、当社までお問い合わせください。


チューニング手順の図解

チューニング可能な範囲で、アイソレーション曲線を特定の波長に対して最適化するには、下記で説明する簡単な手順で出射側偏光子のアライメントを調整します。 数ナノメートル単位の範囲内ではわずかな調整しか必要ありません。 手順はアイソレータの筺体の形によって多少異なりますが、当社のアイソレータの手順は基本的に類似しており、モデルごとのチューニング手順はアイソレータと共に出荷される取扱説明書に細かく記載してあります。

 

ステップ1:
ビームに対してアイソレータを反対側に向けます(矢印は光の伝搬方向に対して逆向きとなります)。 アイソレータの後ろに低パワーで高感度のパワーメータを配置します。

付属の六角レンチを使用してアイソレータをサドル部分から取り外します。

 

ステップ2:
アイソレータの両側をつまんで、サドルから注意深く引き出します。 アイソレータを引き出す際には、左図のように上面にある止めネジ(セットスクリュ)が見える範囲までにします。

 

ステップ3:
付属の六角レンチを使って締め付けて、アイソレータを再びサドルの中に戻しますが、止めネジが見える状態のままとします。

アイソレータを過度に前進させなければ、この位置でアイソレータは機械的に安定した状態にあります (左図の引き出し状態ではまだ数ミリの範囲で余裕があります)。 したがってチューニング手順の終わりにアイソレータを再び挿入する必要はありません。

 

ステップ 4:
付属の六角レンチを使って露出した止めネジを緩めてください。 この時点で出射側偏光子は自由に回転できる状態にあります。

 

ステップ 5:
出射側偏光子を回転して、パワーメータの光パワーの値が最小となるようにします。 ご希望の中心波長にもよりますが、上でもご説明しているように必要な調整はごく僅かです。最適化が達成された位置で止めネジを締め付けます。

ステップ 2の段階でアイソレータが過度に引き出されていなければ、これでアイソレータは機械的に安定した状態にあることになります。 この時点でアイソレータを再び挿入しようとした場合、ミスアライメントが起こることがあります。

Fixed Narrowband Isolation

固定狭帯域アイソレータ

このアイソレータは設計波長で偏光回転角が45°になるように設定されています。偏光子は調整不可で、設計波長でアイソレーションが最大になるように設計されています。波長が変わるにつれてアイソレーションは低下します。グラフは代表的な特性を示しています。

  • 固定型回転子、固定型偏光子
  • 偏光依存型
  • 小型で低価格
  • チューニングなし
 

Adjustable Narrowband Isolation

可変狭帯域アイソレータ

アイソレータは設計波長で偏光回転角が45°になるように設定されています。使用する波長を変え るとファラデ回転角も変わるので、アイソレーションが低下します。再度最大アイソレーションを得るには、出射側偏光子を再度「曲線の中心」になるように回転させますこの回転は順方向での透過損失を招きます。この損失は、使用波長と設計波長間の差に従って大きくなります。

  • 固定型回転子、可変型偏光子
  • 偏光依存型
  • 汎用アイソレータ
 

Adjustable Broadband Isolation

可変広帯域アイソレータ

アイソレ―タは設計波長で偏光回転角が45°になるように設定されています。アイソレータ上には チューニングリングがあり、内部の磁石に挿入されて いるファラデ回転子の長さを調整します。使用する波長を変えるとファラデ回転角も変わるので、アイソレーションが低下します。最大アイソレーションは、回転角が 45°になるようにチューニングリングを調節することによって得ることができます。

  • 可変型回転子、固定型偏光子
  • 偏光依存型
  • チューニングが簡単
  • 可変狭帯域アイソレータよりも広いチューニング範囲
 

Fixed Broadband

固定広帯域アイソレータ

45° のファラデ回転子は45°結晶石英回転子と組み合わされて、出力光では合計で90°になります。この回転子の材料は2つとも波長に依存するので平坦なアイ ソレーションが得られます。このアイソレータは設計帯域幅で動作する場合は、チューニングや調整を行なう必要がありません。

  • 固定型回転子、固定型偏光子
  • 偏光依存型
  • 最大のアイソレーションバンド幅
  • チューニングが不要
 

Tandem Isolators

タンデム型アイソレータ

タンデム型アイソレータは、中央の1つの偏光子を共有する2つの直列のファラデ回転子で構成されています。2つの回転子が互い相殺しあうため、出力光の最終的な回転は0°になります。当社のタンデム型設計では、狭帯域で固定型または可変型のアイソレータとなっています。

  • 最大60 dBのアイソレーション
  • 偏光依存型
  • 当社製品の中でもっとも高いアイソレーション
  • 固定型または可変型

偏光子の種類、サイズおよび光パワー限界

当社では何種類かの偏光子の設計と製造を行っており、その偏光子は当社の様々なアイソレータで使用されています。設計特性の詳細は下記の通りです。アイソレータの型番の末尾の文字は、内部で使用されている偏光子の種類を示します。

偏光子の比較
種類概略図
(Click to Enlarge)
最大パワー密度詳細
超低パワー
(C)
VLP Polarizer

10 W/cm2 (CW、ブロック)
25 W/cm2 (CW、透過)

超低パワー吸収フィルム偏光子は自由空間ビームにお使いいただける製品の中でも小型です。偏光子の透過軸に対して垂直な偏光の最大パワー密度は10 W/cm2、平行な偏光の最大パワー密度は25 W/cm2となります。
超低パワー
(VLP)
VLP Polarizer25 W/cm2 (CW、ブロック)
100 W/cm2 (CW、透過)
こちらの偏光子も超低パワーの光源に使用されますが、上記Cの偏光子とは材質が異なります。それにより最大パワー密度が上記よりも高くなります。偏光子の透過軸に対して垂直な偏光の最大パワー密度は25 W/cm2、平行な偏光の最大パワー密度は100 W/cm2になります。
ワイヤーグリッド
(WG)
VLP Polarizer25 W/cm2 (CW)ワイヤーグリッド偏光子は、当社の中赤外域アイソレータの一部の製品に使用されています。これらの偏光子は、ARコーティング付きのシリコン基板上に蒸着された、一定間隔で並べられたワイヤーグリッドパターンで構成されています。
偏光ビームスプリッタ
(PBS)
PBS Polarizer13 ~ 50 W/cm2 (CW)偏光ビームスプリッターキューブは一般的に低パワー用途で使用され、モニタや注入同期の用途に適したエスケープウィンドウが付いています。
α-BBO
グランレーザ
(GLB)
GLB Polarizer100 W/cm2 (CW)当社のα-BBOグランレーザ偏光子は、すべて波長範囲210~450 nmの高品質の複屈折α-BBO結晶がベースになっています。α-BBOの複屈折構造により、結晶中を移動する直交した2つの偏波の間に位相遅延が生じます。この偏光子はハイパワー(HP)偏光子に似ていますが、エスケープ角度が異なります。
低パワー
(LP)
LP Polarizer250 W/cm2 (CW)
25 MW/cm2 (Pulsed)
当社の低パワー偏光子は、グランタイプ結晶偏光子で、VLPやPBS偏光子よりも大きな筺体となりますが、透過率やパワー密度は高くなります。
中程度のパワー
(MP)
MP Polarizer100 W/cm2 (CW)
50 MW/cm2 (Pulsed)
中程度のパワーに対応する偏光子は、グランタイプ結晶偏光子で、より高いパワーに対応します。反射光は、内部で散乱されるので、最大パワー密度が低くなりますが、迷光除去はできます。
ハイパワー
(HP)
HP Polarizer500 W/cm2 (CW)
150 MW/cm2 (Pulsed)
ハイパワー偏光子はグランタイプ結晶偏光子で、大きさや透過率はMP偏光子と似ていますが、より高いパワーに対応します。注入同期の用途に適したエスケープウィンドウが付いています。
オルトバナジン酸イットリウム
(YV)
HP Polarizer25 W/cm2 (CW)YV偏光子は中程度のパワー(MP)のグランタイプ結晶偏光子に類似していますが、方解石ではなくオルトバナジン酸イットリウム(YVO4)を使用することによって、2.0~3.4 µmの範囲にお使いいただけます。反射光は内部で散乱されるので、最大パワー密度が低くなりますが、迷光を除去することができます。
超ハイパワー
(VHP)
VHP Polarizer20 kW/cm2 (CW)
2 GW/cm2 (Pulsed)
当社の超ハイパワー偏光子は、ブリュースターウィンドウをベースにしており、当社の製品では最も高いパワーに対応します。これらの偏光子のパッケージはハイパワー対応製品よりも大きくなりますが、経済性に優れています。VHPタイプの偏光子にはすべてエスケープウィンドウが付いています。

光アイソレータのチュートリアル

機能
光アイソレータはパッシブ型の磁気光学デバイスで、1方向にしか光を透過しません。 アイソレータの後方(下流)で生じる後方反射や信号から光源を保護するために使われます。 後方反射によって、レーザ光源の損傷や、モードホップや振幅変調、周波数シフトが生じる場合があります。 高パワーの用途では、後方反射が、光学系を不安定にし、出力スパイクを発生させる可能性があります。

光アイソレータの1方向性は、ファラデ 効果により実現されます。 1842年にMichael Faradayは、光が磁場にさらされたガラス(または別の材質)を透過すると、偏光面が回転するということを発見しました。 回転の向きは光の伝播方向ではなく、磁場の方位によって決まります。したがって回転は非相反的です。 回転量βはV x B x dで表されます。ここでV、B、dはそれぞれ下記のように定義されます。

 

Faraday Effect in an Isolator Drawing
図1. ファラデーローテータの直線偏光への影響

ファラデ回転

β = V x B x d

V:ベルデ定数。光学物質の特性でradian/T • mで表される。 

B:磁束密度でテスラで表される。

d:光学物質を通過する光路の長さで、mで表される。

光アイソレータは、入射側偏光子、マグネット付きファラデーローテータ、出射側偏光子から構成されます。 入射側偏光子は、直線偏光だけをファラデーローテータに透過するフィルタとして機能します ファラデ素子によって入射光の偏光面は45°回転させられて、その後に光はもう1つの直線偏光子から出射します。 そこで入射信号に対して出射光は45°回転していることになります。 逆方向では、ファラデ回転子は順方向においてと同じ方向に光の偏光面を回転し続けるので、光の偏光面は入射信号に対して 90°回転していることになります。 光の偏光面は、この時点で入射側偏光子の透過軸に対して垂直となり、光エネルギーは偏光子の種類によって反射または吸収されます。

 

Drawing of Light Propagation Through an Isolator
図2.1段型の偏光依存型アイソレータ。逆方向に伝搬する光は、入力側偏光子によって遮断されます。

偏光依存型アイソレータ

順方向モード
この例では、入力側偏光子の軸は垂直です( 図2では0°)。 レーザ光は偏光に関係なく、入射偏光子に入ると直線偏光に切り出されます。 その後、ファラデーローテータによって、ロッドは偏光面 (POP)を同じ方向に45°回転させます。 最終的に、光は軸45°の出射側偏光子から出力されます。 そのため、光は45°のPOPでアイソレータを離れます。

2段型のアイソレータでは、出射側偏光子から出力された光がさらにファラデーローテータと偏光子を通るため、1段型のアイソレータよりもアイソレーションが高くなります。

逆方向モード
アイソレータを逆方向に進む光は最初に出射側偏光子に入ります。出射側偏光子により、光を入射側偏光子に対して45°の直線偏光に切り出されます。 この光がファラデーローテータのロッドに入るとロッドは偏光面(POP)を同じ方向に45°回転させるので、入射側偏光子に対して全部で90°回転することになり、光の偏光面はこの時点で入射側偏光子の透過軸に対して垂直なので、光は偏光子によって反射または吸収されます。

 

Light Propagation Through a Polarization-Independent IsolatorClick for Details
図3.1段型の偏光無依存型アイソレータ。 逆方向からの光は入力ポートには結合せず、筐体で散乱・吸収されます。

偏光無依存型ファイバーアイソレータ

順方向モード
偏光無依存型ファイバーアイソレータでは、入射光は複屈折性結晶によって2つに分岐します(図3参照)。 分岐した2本の光は、ファラデーローテータと1/2波長板によって偏光回転され、2つ目の複屈折性結晶により再結合されます。

2段型のアイソレータでは、1段型のアイソレータに加え、さらにファラデーローテータ、1/2波長板、複屈折性ビーム分離プリズムが追加されており、光はこれらの素子を通ってコリメートレンズに出射されるため、1段型のアイソレータよりもアイソレーションが高くなります。

逆方向モード
後方反射光などの逆方向から入力する光は、2つ目の複屈折性結晶に入射し、2本のビームに分岐します。 逆方向に進行する光では1/2波長板による偏光回転はファラデーローテータによる偏光回転により相殺されます。2本の光はいずれも、入射側の複屈折性ビーム分離プリズムから出力後、入力ポートに結合されず、アイソレータ筐体の壁に当たり散乱・吸収されます。これによって、逆方向からの光は入力側ファイバに伝搬しません。

 

一般情報

損傷閾値
当社のアイソレータは、市場に出ている従来のアイソレータと比べて高い透過率とアイソレーションを持っています。 さらに、25年の実績と5つの米国特許に裏打ちされ、同じ開口数の他社製品よりも小型で高性能な製品が揃っています。可視域からYAGレーザ波長までのアイソレータには、ファラデーローテータ 結晶としてTGG (テルビウムガリウムガーネット)を使用しています。TGGは光学品質、ベルデ定数、高出力レーザ耐力において極めて優れています。 当社のTGGアイソレーターロッドは、1064nmにおいての損傷閾値は15nsパルス(1.5GW/cm2)で22.5J/cm2、CWレーザで 20kW/cm2という試験結果となっています。 しかしながら、ビームのホットスポットによって引き起こされるレーザーパワーによる損傷に関しては当社が保証できないことにご留意ください。

Dispersion Measurement of Isolator IO-5-780-HP
図4. アイソレータ IO-5-780-HP入射前と出射後のパルス分散測定値

磁石
アイソレータのサイズと性能を決定する時、磁石は主要な要素となります。 磁石のサイズは、磁場強度だけではなく機械的設計によっても左右されます。当社の磁石の多くは単品ではなく複数の部品を組み合わせたものです。 当社独自のモデリングシステムによって、サイズ、光路長、回転、磁場の均一性に影響を与える 多くのパラメータを最適化しています。 当社の米国特許4,856,878 には、複数のYAGレーザ用の大口径アイソレータで採用されている設計に関して説明されています。 これらのアイソレータのまわりには強力な磁場があるので、5cm以内に鉄や磁性体を近づけないようにしてください。

温度
磁石およびファラデーローテータは、温度に依存性があります。温度が上昇するにつれ、磁場強度とベルデ定数は減少します。 使用温度が室温との間に±10 °C以上差がある場合には、当社までご相談ください。

パルス分散
屈折率が1を超える材質内を、パルスが伝播するとパルス幅は拡がります。 この分散はパルス幅に反比例するため、超高速レーザではこの傾向が顕著になります。

τ: アイソレータ入射前のパルス幅

τ(z): アイソレータ出射後のパルス幅

例:
t = 197 fs results in t(z) = 306 fs  (右写真)
t = 120 fs results in t(z) = 186 fs

Optical Isolator in FiberBench Mount
Click to Enlarge

カスタムアイソレータの例
カスタム仕様狭帯域波長可変アイソレータ。異なる入力偏光子と出力偏光子で波長650 nm、温度40 °C用に最適化

カスタムアプリケーションサービス例

  • レーザーヘッドアセンブリとの組み合わせ
  • ファイバーカップリングデバイスとの組み合わせ
  • パッケージの小型化
  • フィルタとの統合
  • 温度のアクティブ制御とモニタ
  • フィードバックのためのモニタとの統合
  • 環境条件
  • ラベリング
  • ITARに準拠した組立て

非標準のカスタム品

お客様のご要望に最大限にお応えするため、ご希望の多いフリースペース型とファイバーアイソレータを標準品としてご用意しております。現在では90種類を超えるアイソレータを標準品としてラインナップしています。当社ではさらに、開口サイズ、波長範囲、パッケージサイズ、偏光子の異なる非標準品のアイソレータもカスタム品としてご提供しております。また、特定の動作温度にチューニングしたアイソレータや、発熱素子や冷却素子とサーミスタを内蔵したアイソレータを製造することも可能です。 非標準品のアイソレータのお見積りにつきましては、下記フォームを当社に送信していただくか、または当社までご連絡ください。

アイソレータにつきましては、当社では長年カスタム対応を行っており、様々な組み込み製品、研究機関のご要望にお応えして製品をご提供してきた実績があり、特別な設計要求仕様に合わせた製品をお届けすることができます。さらに、カスタム仕様のアイソレータのご提供とは別に、お客様のご用途に合わせた様々なカスタムアプリケーションサービスもご提供しています(上のカスタムアプリケーションサービス例をご参照ください)。

 

ParameterRange
Wavelength RangeFrom 244 - 4550 nma
Aperture Sizes Up to Ø15 mm
Polarization DependenceDependent or Independent
Max PowerbUp to 2 GW/cm²
IsolationUp to 60 dB (Tandem Units)
Operating Temperature10 - 70 °C
  • 244~5000 nmで使用するカスタム仕様のファラデーローテータもご用意しております。
  • 最大パワーの仕様値は、順方向と逆方向を合計した最大パワーを示しています。そのため、順方向と逆方向で同時に入力される場合、両パワーの合計が最大パワーの仕様値を超えることはできません。

フリースペース型アイソレータ

当社では標準品以外のフリースペース型アイソレータをニーズに柔軟に対応して製造しております。お客様のニーズに対応するため、当社の標準的な製品仕様に関しては、ほぼ全ての組み合わせで対応いたします。右の表には、ご提供可能な仕様の範囲が記載されています。

狭帯域波長と広帯域波長のいずれの製品仕様も選択可能です。製品のサイズは、必要とされる最大パワー値と開口サイズによって決まりますので、特別なご要望があれば、当社までお問い合わせください。

 

ファラデーローテータ

ファラデーローテータは、532 nm~1550 nmの中心波長でご用意しております。当社のアイソレータに内蔵されている部品と同じ製品で、入射偏光を45°回転させます。偏光回転角度や中心波長の異なるファラデーローテータをご希望の場合には当社までご連絡ください。

 

ParameterRange
Wavelength RangeFrom 633 - 2050 nma
Polarization DependenceDependent or Independent
Max Powerb (Fiber to Free-Space)30 W
Max Powerb (Fiber to Fiber)20 W
Operating Temperature10 - 70 °C
  • 波長633 nm以下でご利用の場合は、フリースペース型アイソレータをFiberBenchと組み合わせて、ファイバ結合コンポーネントを構成していただくことをお勧めしています。詳細については当社にお問い合わせください。
  • 最大パワーの仕様値は、順方向と逆方向を合計した最大パワーを示しています。そのため、順方向と逆方向で同時に入力される場合、両パワーの合計が最大パワーの仕様値を超えることはできません。

ファイバーアイソレータ

当社は、光学素子、ファイバ結合デバイスやアイソレータの経験を活かし、ファイバーアイソレータに関して、総合的なソリューションをご提供しています。広範囲の仕様をカバーするために、柔軟な製品設計を行なっています。現在は、1064 nm近辺の波長で、ファイバーアイソレータの最大パワー値を高める方向で設計・開発を進めています。またASEフィルタやタップを統合したモデルもご提供可能です。当社で対応可能な仕様の範囲については、右表をご参照ください。

多くの場合、ファイバの仕様がアイソレータの対応できる最大パワーを決定します。当社は組み込み製品、研究機関などで標準的なシングルモード、マルチモード、偏波保持(PM)ファイバ、ダブル、またはトリプルクラッドファイバに加え、10 µm~30 µmのLMAファイバやPM LMAファイバなど特殊なファイバの製造でもカスタム品の実績を積んでいます。

波長633 nm以下でご利用の場合は、フリースペース型アイソレータをFiberBenchと組み合わせて、ファイバ結合コンポーネントを構成していただくことをお勧めしています。FiberBenchシステムは、良好な結合効率でフリースペース型光学素子を光ファイバーシステムとしてお使いいただけるように設計された小型ベンチタイプのモジュールです。ご要望に応じて、下の写真のように、アイソレータを2個の位置決めピンが付いた光学マウントに取り付けた状態でお届けすることも可能です。

当社では現在、光ファイバーアイソレータを可視領域まで拡張する開発に取り組んでいます。詳細については、当社までお問い合わせください。

カスタム仕様光ファイバーアイソレータ

カスタム仕様フリースペース型アイソレータ、波長633 nm以下

Optical Isolator in FiberBench Mount
Click to Enlarge

2個のスチール製ピンがFiberBenchに差し込まれています
Optical Isolator in FiberBench Mount
Click to Enlarge

マウント済みアイソレータ
Polarization Independent Fiber
Polarization Maintaining Fiber

 

受注オプション

下の表では、当社が過去に製造したアイソレータやローテータの特注品に関する情報を掲載しています。当社では製造したカスタム仕様アイソレータの部品のほとんどを在庫しています。 お見積りをご希望の場合には下記のNon-Stock Isolator Worksheetをご使用ください。

Adjustable Narrowband Isolators
Faraday Rotators
Fixed Narrowband Isolators
Fixed Broadband Isolators

 

カスタム品注文書

カスタム仕様のアイソレータのお見積りをご希望の場合は、下記を入力して送信するか、当社まで直接ご連絡ください。

Non-Stock Isolator Worksheet:
Please select your input type:   Free-Space Input  |    Fiber Input
Is this an ITAR request?:   Yes  |    No     Not sure?
Close [X]

ITAR (International Traffic in Arms Regulation) is a United States Government regulation controlling the import and export of defense-related articles on the United States Munitions List (USML). Information and material pertaining to military and defense related technology may only be shared with U.S. Persons unless authorization from the Department of State is received or a special exemption is used.
Free-Space Input
Wavelength or Wavelength Range (nm):
Power (W):
Max 1/e2 Beam Diameter (mm):
Isolation (dB):
% Transmission:
Notes:
Fiber Input
Wavelength or Wavelength Range (nm):
Power (W):
Polarization Sensitivity:  Dependent   |     Indepentent
Isolation (dB):
% Transmission:
Fiber:
Fiber Connector:   FC/PC   |     FC/APC   |     Other
Output:   Fiber   |     Free-Space
Notes:

Customer Information:
*:
*:
ご所属団体名*:
番地(例:2-23-2)*:
*:
郵便番号〒*:
地区町村*

(例:豊島区、大阪市中央区):

町名(例:東池袋)*:
都道府県*:
TEL*:
FAX:
Email*:

大文字/小文字の区別をしていますClick for Details

Click for a new code.



Posted Comments:
Yosuke Minowa  (posted 2019-06-20 03:03:15.937)
Can I know the refractive index of the magneto-optic material? Also, I'd like to know the size of the magneto-optic material, in particular the length of the material along the propagation direction.
YLohia  (posted 2019-06-19 04:48:55.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. The Faraday rotator in the IO-3D-1064-VLP is made of a 12.7mm long TGG piece, which has a refractive index of 1.954 at 1064 nm.
thonas.liebig  (posted 2016-09-19 16:00:36.877)
What are the pulse damage threshold specifications for the VLP designated isolators? Is there also a pulse energy threshold?
jlow  (posted 2016-09-19 02:17:25.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The pulsed peak power should be <300kW/cm^2 for the -VLP isolators to avoid damage.
tenner  (posted 2014-12-12 16:06:59.003)
Can the IO-5-1064-HO get mounted on a FB-76W?
jlow  (posted 2014-12-17 10:51:47.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The IO-5-1064-VHP does not have a standard mounting method for the FiberBench. Due to its size, the optical center would be well above the center line of the end brackets on the FiberBench. We can make a high power version which can be fitted onto the FiberBench. We will contact you directly about this.
jdi000001ster  (posted 2014-09-09 18:31:41.133)
Does it come with a holder? Is there a waveplate and/or polarizer before and/or after the Faraday rotator?
jlow  (posted 2014-09-18 10:44:51.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: There are polarizers both before and after the Faraday rotator. The mount included with each isolator depends on the exact model but we have other mounts or adapters available.
antti.harkonen  (posted 2014-05-07 15:28:19.363)
Dear Sir/Madam, I just wanted to ask if you have considered volume pricing for the 1064 nm mini isolator? These components could be incorporated into a number of devices, but the standard price is very high compared to the competition competitors for example for the amount of 5 pcs. Therefore, it would be nice if you could have lower prices for higher volume. The competitive advantage that Thorlabs has is the fast delivery time, which is nice.
jlow  (posted 2014-05-07 11:31:52.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We will contact you directly about your need and volume pricing.
jjurado  (posted 2011-06-01 12:00:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to last poster: Thank you very much for contacting us. All of the optic components are rated to be able to handle this power level; however, we have not yet tested the effects of heating on the device. Please contact us at techsupport@thorlabs.com to further discuss your application.
user  (posted 2011-05-31 15:46:00.0)
Do you guarantee all the specifications of IO-10-1064-VHP if we use it with 200W CW laser at room temp? We are concerned that the 200W laser makes the isolator heat-up, and the specified parameters (isolation) are not achievable...
jjurado  (posted 2011-03-10 11:24:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to Rolando Espindola: Thank you for submitting your inquiry. Below are the damage threshold specifications for our freespace isolators: For the VHP versions, the spec is 20 kilowatts/cm^2 CW and 1 GW/cm^2 pulsed. For the HP the spec is 500Watts/cm^2 CW and 150 MW/cm^2 pulsed. For the LP the spec is 100Watts/cm^2 CW and 25 MW/cm^2 pulsed. These power specifications apply to all isolators that have the VHP or HP or LP polarizer designations.
rolando.espindola  (posted 2011-03-08 19:09:19.0)
What is the damage threshold for use with a pulsed laser? 160 uJ energy, 1 ns pulse width.

下のセレクションガイドは、当社のフリースペース型アイソレータの全ての製品が掲載されています。波長域ごとの該当製品や仕様、アイソレータの種類についての詳細は、下のカラーバーをクリックするとご覧いただけます。なお、当社ではファイバーアイソレータカスタムアイソレータもご提供しております。

Optical Isolators

偏光依存型アイソレータ、1064 nm (低出力)

Click Image for DetailsIO-D-1064-VLPIO-2.5-1064-VLPIO-3D-1064-VLPIOT-5-1064-VLPIOT-5-1064-VLP
Item #IO-D-1064-VLPa,bIO-2.5-1064-VLPb,cIO-3D-1064-VLPbIO-5-1064-VLPdIOT-5-1064-VLPd
TypeFixed NarrowbandFixed NarrowbandFixed NarrowbandAdjustable NarrowbandTandem Adjustable Narrowband
Center Wavelength1064 nm1064 nm1064 nm1064 nm1064 nm
Tuning RangeN/AN/AN/A1042 - 1087 nm1042 - 1087 nm
Operating Range1058 - 1084 nm1058 - 1084 nm1044 - 1084 nm1020 - 1100 nm1020 - 1100 nm
Transmission75%75%92%92%85%
Isolation36 dB (Min)
40 dB (Typ.)
34 dB (Min)
40 dB (Typ.)
38 dB (Min)
44 dB (Typ.)
35 dB (Min)55 dB (Min)
Performance Graph
(Click for Details)
Click to ViewClick to ViewClick to ViewClick to ViewClick to View
Max Beam Diametere1.6 mm2.3 mm2.7 mm4.7 mm4.7 mm
Max Powerf200 mW300 mW700 mW1.7 W1.7 W
Max Power Density10 W/cm210 W/cm2Blocking:g 25 W/cm2
Transmission:g 100 W/cm2
Blocking:g 25 W/cm2
Transmission:g 100 W/cm2
Blocking:g 25 W/cm2
Transmission:g 100 W/cm2
Compatible Mounting
Adaptersh
N/ACP36
SM1RCi (SM1RC/M)
SM1TC
SM2A21
SM3B2
C2RC (C2RC/M)
  • 入力開口はシリンダの黒色側、出力開口は金色側です。
  • このアイソレータは、当社のFiberBench用光学マウントに取り付けた状態でもお届けできます。ご希望の場合は、ご注文前に当社までご相談ください。
  • M4ネジ規格の取付け用サドルもございます。詳細は当社までご連絡ください。
  • このアイソレータの筐体はサドル内で自由に回転させることができませんが、 筐体にあるタップ穴によって、偏光軸がマウントのベースに対して平行または垂直になるように取り付けることができます。 お使いの光学系で自由に回転させる必要がある場合は、アダプタSM3B2またはC2RC/Mのご使用をお勧めします(詳細は下記参照)。
  • ビームエネルギ100 %の範囲と定義
  • 最大パワーの仕様値は、順方向と逆方向を合計した最大パワーを示しています。そのため、順方向と逆方向で同時に入力される場合、両パワーの合計が最大パワーの仕様値を超えることはできません。
  • 阻止(blocking)される光線は偏光子の透過軸に垂直な偏光と一致し、透過(transmission)光線は偏光子の透過軸に平行な偏光と一致します。
  • 詳細は下記をご参照ください。
  • このアイソレータ本体にはSM1RC(#8-32タップ穴付き)が取り付けられていますが、付属のSM1RC/Mに付け替えることにより、M4ネジへの取付けが可能になります。
+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
IO-2.5-1064-VLP Support Documentation
IO-2.5-1064-VLPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ2.3mm、最大300mW
¥97,770
5-8 Days
IO-3D-1064-VLP Support Documentation
IO-3D-1064-VLPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ2.7mm、最大700mW
¥235,209
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
IO-D-1064-VLP Support Documentation
IO-D-1064-VLPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ1.6mm、最大200mW
¥65,273
5-8 Days
IO-5-1064-VLP Support Documentation
IO-5-1064-VLPCustomer Inspired! フリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ4.7mm、最大1.7W
¥280,508
5-8 Days
IOT-5-1064-VLP Support Documentation
IOT-5-1064-VLPフリースペースタンデム型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ4.7mm、最大1.7W
¥503,477
5-8 Days

偏光依存型アイソレータ、1064 nm (高出力)

Click Image for DetailsIO-3-1064-HPIO-3-1064-VHPIO-5-1064-HPIO-5-1064-VHPIO-8-1064-HPIO-10-1064-VHP
Item #IO-3-1064-HPaIO-3-1064-VHPaIO-5-1064-HPbIO-5-1064-VHPbIO-8-1064-HPbIO-10-1064-VHPb
TypeAdjustable NarrowbandFixed NarrowbandAdjustable NarrowbandFixed NarrowbandAdjustable NarrowbandFixed Narrowband
Center Wavelength1064 nm1064 nm1064 nm1064 nm1064 nm1064 nm
Tuning Range1042 - 1087 nmN/A1042 - 1087 nmN/A1042 - 1087 nmN/A
Operating Range1020 - 1100 nm1059 - 1069 nmc1020 - 1100 nm1059 - 1069 nmc1020 - 1100 nm1059 - 1069 nmc
Transmission93%91%93%91%90%92%
Isolation38 dB (Min)
44 dB (Typ.)
35 dB (Min)
44 dB (Typ.)
38 dB (Min)
44 dB (Typ.)
35 dB (Min)
44 dB (Typ.)
35 dB (Min)
44 dB (Typ.)
33 dB (Min)
40 dB (Typ.)
Performance Graph
(Click for Details)
Click to ViewClick to ViewClick to ViewClick to ViewClick to ViewClick to View
Max Beam Diameterd2.7 mm2.7 mm4.7 mm4.7 mm7 mm9 mm
Max Powere15 W30 W60 W100 W75 W200 W
Max Power Density500 W/cm220 kW/cm2500 W/cm220 kW/cm2500 W/cm220 kW/cm2
Compatible Mounting
Adaptersf
CP36
SM1RCg (SM1RC/M)
SM1TC
SM2A21
SM3B2
C2RC (C2RC/M)
  • このアイソレータには、透過しない光用に出力ポートが2つあります。安全のため、ビームトラップは適切に選択し、配置してください。
  • このアイソレータの筐体はサドル内で自由に回転させることができませんが、 筐体にあるタップ穴によって、偏光軸がマウントのベースに対して平行または垂直になるように取り付けることができます。 お使いの光学系で自由に回転させる必要がある場合は、アダプタSM3B2またはC2RC/Mのご使用をお勧めします(詳細は下記参照)。
  • IO-3-1064-VHP、IO-5-1064-VHP、IO-10-1064-VHPは1064 nmでお使いいただく狭帯域波長固定アイソレータです。 中心波長1053 nmでの動作については、ご注文前に当社までお問い合わせください。
  • ビームエネルギ100 %の範囲と定義
  • 最大パワーの仕様値は、順方向と逆方向を合計した最大パワーを示しています。そのため、順方向と逆方向で同時に入力される場合、両パワーの合計が最大パワーの仕様値を超えることはできません。
  • 詳細は下記をご参照ください。
  • このアイソレータ本体にはSM1RC(#8-32タップ穴付き)が取り付けられていますが、付属のSM1RC/Mに付け替えることにより、M4ネジへの取付けが可能になります。
+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
IO-3-1064-HP Support Documentation
IO-3-1064-HPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ2.7mm、最大15W
¥272,628
5-8 Days
IO-3-1064-VHP Support Documentation
IO-3-1064-VHPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ2.7mm、最大30W
¥240,977
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
IO-5-1064-HP Support Documentation
IO-5-1064-HPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ4.7mm、最大60W
¥350,281
5-8 Days
IO-5-1064-VHP Support Documentation
IO-5-1064-VHPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ4.7mm、最大100W
¥353,939
5-8 Days
IO-8-1064-HP Support Documentation
IO-8-1064-HPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ7mm、最大75W
¥519,373
5-8 Days
IO-10-1064-VHP Support Documentation
IO-10-1064-VHPフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ9mm、最大200W
¥673,975
5-8 Days

偏光無依存型アイソレータ、1064 nm

Click Image to EnlargeIO-1.2PI-1064-PBB
Item #IO-1.2PI-1064-PBB
TypeFixed Narrowband
Center Wavelength1064 nm
Tuning RangeN/A
Bandwidth (25 dB)1054 - 1074 nm
Max Beam Diametera1.2 mm
Transmission93%
Isolation25 dB (Min)
33 dB (Typ.)
Max Powerb30 W (CW)
10 kW (Peak)
Max Power Density1320 W/cm2 (CW)
  • ビームエネルギ100 %の範囲と定義
  • 最大パワーの仕様値は、順方向と逆方向を合計した最大パワーを示しています。そのため、順方向と逆方向で同時に入力される場合、両パワーの合計が最大パワーの仕様値を超えることはできません。
  • 偏光無依存
  • コンパクトな筐体:71.1 mm x 31.8 mm x 32.6 mm (L x W x H)
  • 光ファイバーアイソレータ方式

このIO-1.2PI-1064-PBBは、光ファイバと結合するために設計された偏光無依存型の光アイソレータです。 このページの他のフリースペース型アイソレータとは異なり、入力光の偏光に依存しません。このため、入力光の偏光状態がわからなかったり、変化する用途に適しています。

このアイソレータは、新しいファイバーレーザーシステムの開発や試験に適しています。アイソレータの偏光無依存性によって、ファイバーレーザーシステムの中でパワーレベルの上昇に応じて別のコリメータやカプラに変えた実験が可能となります。

光ファイバとフリースペース型アイソレータの結合については、Nd:YAG光ファイバーアイソレータのページをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
IO-1.2PI-1064-PBB Support Documentation
IO-1.2PI-1064-PBBフリースペース型アイソレータ、1064nm、最大ビームØ1.2mm、最大30W
¥288,525
5-8 Days

アイソレータ取付け用アダプタ

このアダプタをお使いいただくことで、当社のアイソレータの本体をSM1レンズチューブSM2レンズチューブSM3レンズチューブ30 mmケージシステムØ12 mmおよび12.7 mmポストや、当社のFiberBenchシステムに取り付けることができます。

Mounted Isolator
Click for Details

30 mmケージプレートCP36に取り付けたIO-5-532-HP
Click Image to EnlargeCP36SM1RCSM1TCSM2A21SM3B2C2RC
Item #CP36SM1RC(/M)SM1TCSM2A21SM3B2C2RC(/M)
Isolator Diameter1.2"1.2"1.2"1.2"2.0"2.0"
Mounting Options30 mm Cage SystemsØ1/2" PostsØ1/2" PostsSM2 Lens Tubes or Mechanics with Ø2" BoreSM3 Lens TubesØ1/2" Posts or
Ø1" Posts
Compatible IsolatorsIO-3D-1064-VLP
IO-3-1064-VLP
IO-3-1064-VHP
IO-5-1064-VLP
IOT-5-1064-VLP
IO-5-1064-HP
IO-5-1064-VHP
IO-8-1064-HP
IO-10-1064-VHP
Limited Stock Icon

型番SM3B2は在庫がなくなり次第、販売終了となり代替品はございません。こちらの製品をライン生産でお使いの場合は当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SM1RC Support Documentation
SM1RCSM1レンズチューブおよびCマウントエクステンションチューブ用スリップリング、#8-32タップ穴(インチ規格)
¥3,263
Today
C2RC Support Documentation
C2RCØ2インチ用スリップリング、#8-32タップ穴(インチ規格)
¥5,312
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CP36 Support Documentation
CP3630 mmケージプレート、SM1およびCマウントレンズチューブ用Ø30.5 mm(Ø1.2インチ)内孔(2重穴構造)付き
¥2,869
5-8 Days
SM1TC Support Documentation
SM1TCSM1レンズチューブおよびCマウントエクステンションチューブ用クランプ
¥5,944
Today
SM2A21 Support Documentation
SM2A21外径Ø50.8 mm(Ø2インチ)取付けアダプタ、SM2外ネジ&Ø30.5 mm(Ø1.20インチ)内孔付き
¥6,366
5-8 Days
SM3B2 Support Documentation
SM3B2Ø50.8 mm(Ø2インチ)アイソレータ用SM3アダプタ
¥5,064
5-8 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SM1RC/M Support Documentation
SM1RC/MSM1レンズチューブおよびCマウントエクステンションチューブ用スリップリング、M4タップ穴(ミリ規格)
¥3,263
Today
C2RC/M Support Documentation
C2RC/MØ50.8 mm用スリップリング、M4タップ穴(ミリ規格)
¥5,312
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2021 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image