アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

光電子増倍管モジュール(PMT)


  • Several Models Cover 185 - 920 nm Wavelength Range
  • Alkali and GaAsP Photocathodes Available
  • SM1 or C-Mount Threads for Filters or Lens Tubes
  • Models Designed for Single- and Multi-Channel
    Detection

PMM02

280 - 850 nm
Multialkali, Standalone

PMT2101

300 - 720 nm
GaAsP, Standalone

PMTSS2

185 - 900 nm
Multialkali, Two Channels

Related Items


Please Wait
PMT Comparison Graph
Click to Enlarge

Click for Logarithmic Plot
グラフは当社PMTモジュールの典型的な放射感度を示しています。PMT2101/Mおよび PMT2102はもっとも高い放射感度を示しますが、高輝度照明の劣化の影響をもっとも受けやすくなっています。PMM01、PMM02、PMT1001(/M)、PMT1002、PMT2101(/M)、PMT2102には、セットアップに組み込みやすいようトランスインピーダンスアンプが内蔵されています。PMM01、PMM02、PMT1001(/M)、PMT2101(/M)にはSM1内ネジと4つの#4-40タップ穴も付いているため、SM1レンズチューブ30 mmケージシステムに直接取り付けられます。

特長

  • 185 nm~920 nm用のバイアルカリ、マルチアルカリおよびGaAsPディテクタ
  • 放射感度(典型値):ピーク波長で67 mA/W~176 mA/W(右のグラフ参照)
  • 筐体に応じて様々な取付け方法をご用意(「セレクションガイド」タブ参照)
    • レンズチューブまたはフィルタ取付け用のSM1またはCマウントネジ
    • ポスト取付け用#8-32またはM6タップ穴
    • テーブル取付け用M6ザグリ穴スロット
    • 30 mmケージシステム用#4-40タップ穴が4つ
  • トランスインピーダンスアンプ内蔵のモデルあり
  • モジュールPMTSS2は拡張可能なマルチチャンネルシステムの構築用として設計

光電子増倍管モジュール(PMT)は、微弱な放射光源からのかすかな光信号を検出するのに使用されます。アバランシェディテクタ(APD)と比較して検出部が非常に大きいため、散乱や非線形効果により拡散する光を捉えるのに適しています。

当社では、UV、可視、近赤外域に感度があるアルカリやGaAsPの検出素子を使用したPMTをご用意しています。その性能はどれくらいの入射光子が光電子に変換されるかを示す量子効率(%)で数値化できます。量子効率と放射感度(mA/W)の関係は、下表の脚注bの式で表わされます。当社のPMTの放射感度は右のグラフでご覧いただけます。

高い内部利得を得るために、PMTの光電陰極で生成された電子はkVオーダの高い電圧により加速され、さらに2次電子を生成する数段のダイノードに衝突します。最終段のダイノードを通過するまで蓄積された光電流は、増幅された信号としてアノードに集められます(詳細については「PMTチュートリアル」タブをご覧ください)。すべてのPMTモジュールには高電圧回路が内蔵されているため、個別に高電圧電源を用意する必要はなく、それによりパッケージの設置面積と感電のリスクも抑制できます。

アノードに集められた光電流は通常トランスインピーダンスアンプに送られ、電圧に変換されると同時に増幅も行われます。モジュールPMM01、PMM02、PMT1001/M、PMT1002、PMT2101/M、PMT2102にはトランスインピーダンスアンプが内蔵されていて、電圧信号が必要な実験装置に直接接続できます。一方でPMTSS、PMTSS2、PMTSS2-SCMにはアンプは内蔵されていません。これらは、当社のトランスインピーダンスアンプTIA60や、別売りのそのほかのトランスインピーダンスアンプにも対応します。

PMT ComparisonaStandaloneMulti-Channel
Item #PMM01PMM02PMTSSPMT1001(/M)
PMT1002
PMT2101(/M)
PMT2102
PMTSS2
PMTSS2-SCM
Photocathode MaterialBialkaliMultialkaliMultialkaliMultialkaliGaAsPMultialkali
Wavelength Range280 - 630 nm280 - 850 nm185 - 900 nm230 - 920 nm300 - 720 nm185 - 900 nm
Radiant Sensitivityb (Typ.)
86 mA/W (at 400 nm)67 mA/W (at 420 nm)105 mA/W (at 450 nm)78 mA/W (at 630 nm)176 mA/W (at 550 nm)105 mA/W (at 450 nm)
Photocathode
Active Area
Ø22 mmØ22 mm3.7 mm × 13.0 mm
(H × V)
Ø8 mmØ5 mm3.7 mm × 13.0 mm
(H × V)
Transimpedance AmplifierYesYesNot Included
(Compatible with TIA60)
YesYesNot Included
(Compatible with TIA60)
  • 詳しい仕様については「仕様」タブをご参照ください。
  • 上のグラフは当社のすべてのPMTモジュールの放射感度の比較です。放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula

単独型アルカリPMT

Item #PMM01PMM02PMTSSPMT1001(/M)PMT1002
Detector Specifications
Wavelength Range280 - 630 nm280 - 850 nm185 - 900 nm230 - 920 nm
Peak Wavelength (λp)400 nm420 nm450 nm630 nm
Radiant Sensitivity at λpa (Typ.)
86 mA/W67 mA/W105 mA/W78 mA/W
Quantum Efficiency at λpa
(Calculated from Radiant Sensitivity)
28%21%>28%>15%
PMT Gain (Max)7.1 × 1063.1 × 106>1.0 × 107
See Graphs Tab for PMT Gain vs. Control Voltage
>3.0 × 106
See Graphs Tab for PMT Gain vs. Control Voltage
HV Control Voltage (Max)0 V to +1.25 Vb+0.25 V to +1.00 V (Recommended)
+0.25 V to +1.20 V (Maxc)
+0.50 V to +1.10 V
Software Controlled
Control Voltage Connector2.5 mm Mono PlugM8 x 1 Power ConnectorUSB Mini
PMT Voltage0 V to -1250 V+250 V to +1000 V (Recommended)
+250 V to +1200 V (Maxc)
+500 V to +1100 V
Photocathode Active AreaØ22 mm3.7 mm × 13.0 mm (H × V)Ø8 mm
Dark Currentd0.3 - 3 nA (at 20 °C)0.5 - 5 nA (at 20 °C)2 nA (Typ.)
10 nA (Max)
10 nA (Typ.)
100 nA (Max)
Dark Count Rated
100 s-1 (at 20 °C)3000 s-1 (at 20 °C)--
Warm-Up Time Before Applying Control Voltaged<10 s30 to 60 Minutes30 to 60 Minutes
Anode Current (Max)e100 µA10 µA100 µA
Photocathode TypeBialkaliMultialkaliMultialkaliMultialkali
Photocathode GeometryHead OnSide OnHead On
WindowBorosilicate, Plano-Concave (n = 1.49)UV-Transmitting Glass
(n = 1.48)
Borosilicate, Flat Window
(n = 1.487)
Transimpedance Amplifier Specifications
Transimpedance GainHigh Z: 1 × 106 V/A
50 Ω: 5 × 105 V/A
No Amplifier Included11000 +1000 / -500 V/A
Amplifier Bandwidth (at 6 dB)fDC to 20 kHzN/ASoftware Configurable
DC to 80 MHz, 2.5 MHz, or 250 kHz
Amplifier Noise (Typ.)2 mV (RMS)N/A5.8 pA / √Hz
(Total Input Noise at DC to 80 MHz Bandwidth)
6.5 pA / √Hz
(Input Current Noise at 1 MHz, Cin = 4 pF)
Amplifier Offset (Typ.)1 mVN/A±103 µV / °Cg
Output Signalh
Output Voltage0 - 10 V (High Z)
0 - 5 V (50 Ω)
N/A±1.5 V (50 Ω)
Output CurrentN/A10 µA (Max)N/A
Rise and Fall Time15 µs1.4 ns0.57 ns (Rise)i
ConnectorSMABNCSMA
Physical Specifications
Module Dimensions3.66" × 1.60" × 2.46"
(92.9 mm × 40.6 mm × 62.5 mm)
5.20" × 1.26" × 2.50"
(132.0 × 32.1 × 63.5 mm)
3.43” × 1.60” × 2.10”
(87.2 mm × 40.6 mm × 53.5 mm)
3.32" × 1.35" × 1.95"
(84.4 mm × 34.3 mm × 49.6 mm)
Power Input
±12 VDC
+12 V Pin: 40 mA Max, +12 V to +15 V
-12 V Pin: 10 mA Max, -12 V to -15 V
(110/230 VAC, 50 - 60 Hz, Switchable)
15 VDC, 7 mA Max5 VDC
+4.5 V to +5.5 V
350 mA Typ., 500 mA Max
Operating Temperature5 to 55 °C15 to 40 °C5 to 50 °C
Storage Temperature-40 to 55 °C-20 to 50 °C-20 to 50 °C
Module Weight
236 g (0.52 lb)0.3 kg (0.66 lb)300 g (0.66 lb)
Mounting Options
Internal SM1 ThreadsYes (In Front of Window)Yes (In Front of Window)-Yes (In Front of Window)-
Internal C-Mount Threads--Yes (In Front of Window)-Yes (In Front of Window)
Mounting HolesThree 8-32 Taps
(8-32 to M4 Adapter Included)
Three 8-32 Taps
(8-32 to M4 Adapter Included)
-1/4"-20 (M6) Tap-
30 mm Cage SystemYes (Four 4-40 Taps)Yes (Four 4-40 Taps)-Yes (Four 4-40 Taps)-
  • 放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula
  • PMTの定格利得を超えない条件下。
  • PMTは最大+1.20 Vの制御電圧まで駆動可能ですが、推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命が短くなる可能性があります。
  • 暗電流とダークカウントの仕様値は、光が無い状態でPMTの電源を投入し、規定のウォームアップ時間内では制御電圧の印加や信号の入射が無いという条件を満たした場合に有効です。
  • PMTは周辺光から遮断するとともに、予測できないスパイク状の信号によりアノード電流が仕様値を超えないよう、制御電圧を慎重に選択する必要があります。アノード電流が最大値を超えるとPMTに修復不可能なダメージを与えます。
  • 出力信号が大きくなると帯域幅が減少します。
  • DC Voltage Drift
  • 信号を飽和させないためには、出力信号が最大値以内おさまるようにする必要があります。SM1またはCマウントネジを使用してNDフィルタを入射窓の前に取り付け、光信号がPMTに入る前に減衰させることができます。
  • これらのPMTに対してはたち下がり時間は規定されていません。

すべての仕様値は特記が無い限り25 °Cで有効です。

GaAsP PMT

Item #PMT2101(/M)PMT2102
Detector Specifications
Wavelength Range300 - 720 nm
Peak Wavelength (λp)580 nm
Radiant Sensitivitya (Typ.)176 mA/W at 550 nm
108 mA/W at 420 nm
Quantum Efficiencya
(Calculated from
Radiant Sensitivity)
39% at 550 nm (Typical)b
32% at 420 nm (Typical)b
PMT Gain (Max)>1.0 × 106
Control Voltage+0.50 V to +0.80 V (Recommended)
+0.5 V to +1.0 V (Maxc)
Software Controlled
Control Voltage ConnectorUSB Mini
PMT Voltage+500 V to +800 V (Recommended)
+500 V to +1000 V (Max)
Photocathode Active AreaØ5 mm
Dark Count Rated, e
6000 s-1 (at 25 °C, Typical)
18000 s-1 (at 25 °C, Maximum)
Warm-Up Time Before
Applying Control Voltagee
30 to 60 minutes (at 25 °C)
Anode Current (Max)f500 µA
Photocathode TypeGaAsP
Photocathode GeometryHead On
WindowBorosilicate, Flat Window
Transimpedance Amplifier Specifications
Transimpedance Gain11000 +1000 / -500 V/A
Amplifier Bandwidth
(at 6 dB)g, h
Software Configurable
DC to 80 MHz, 2.5 MHz, or 250 kHz
Amplifier Noiseh (Typ.)5.8 pA / √Hz (Total Input Noise at DC to 80 MHz Bandwidth)
6.5 pA / √Hz (Input Current Noise at 1 MHz, Cin = 4 pF)
Amplifier DC Offset Drift (Typ.)±103 µV / °C
Maximum Inputi±500 μA
Output Signalj
Output Voltage±1.5 V (50 Ω)
Output CurrentN/A
Rise Timek1.00 ns
ConnectorSMA
Physical Specifications
Module Dimensions3.43” × 1.60” × 2.10”
(87.2 × 40.6 × 53.5 mm)
3.32" × 1.35" × 1.95"
(84.4 × 34.3 × 49.6 mm
Power Input
5 VDC (+4.5 V to +5.5 V)
350 mA Typ., 500 mA Max
Operating Temperature5 to 35 °C
Storage Temperature-20 to 50 °C
Module Weight
300 g (0.66 lb)
Mounting Options
Internal SM1 ThreadsYes (In Front of Window)-
Internal C-Mount Threads-Yes (In Front of Window)
Mounting Holes1/4"-20 (M6) Tap-
30 mm Cage SystemYes (Four 4-40 Taps)-
  • 放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula
  • 量子効率はPMT毎に異なる可能性があります。
  • PMTは最大+1.0 Vの制御電圧まで駆動可能ですが、推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命が短くなる可能性があります。
  • 光がない状態で30分保管した後に測定。
  • ダークカウントの仕様は光がない状態でPMTの電源を入れ、規定のウォームアップ時間内の制御電圧が印加されない、そして規定のウォームアップ時間内に信号が入射されないときに有効です。
  • PMTは周辺光から遮断するとともに、予測できないスパイク状の信号によりアノード電流が仕様値を超えないよう、制御電圧を慎重に選択する必要があります。アノード電流が最大値を超えるとPMTに修復不可能なダメージを与えます。
  • 出力信号が大きくなると帯域幅が減少します。
  • 増幅器の帯域幅ならびに等価入力電流ノイズは典型値であり、電源の電気容量に依存します。帯域幅とノイズ性能を最善の状態にするには、増幅器の入力部に短いケーブルを使用して電源の電気容量を低減させてください。
  • この仕様値を超えての動作は増幅器に恒久的な損傷を与える可能性があります。
  • 信号を飽和させないためには、出力信号が最大値以内おさまるようにする必要があります。SM1またはCマウントネジを使用してNDフィルタを入射窓の前に取り付け、光信号がPMTに入る前に減衰させることができます。
  • 値は+0.8 Vの制御電圧、25 °Cでの測定値です。

すべての仕様値は特記が無い限り25 °Cで有効です。

マルチチャンネルPMT

Item #PMTSS2PMTSS2-SCM
Detector Specifications
Wavelength Range185 - 900 nm
Peak Wavelength (λp)450 nm
Radiant Sensitivity at λpa (Typ.)
105 mA/W
Quantum Efficiency at λpa
(Calculated from
Radiant Sensitivity)
>28%
PMT Gain (Max)>1.0 × 107
See Graphs Tab for PMT Gain vs. Control Voltage
Control Voltage+0.25 V to +1.00 V (Recommended)
+0.25 V to +1.20 V (Maxb)
Control Voltage ConnectorM8 x 1 Power Connector
PMT Voltage+250 V to +1000 V (Recommended)
+250 V to +1200 V (Maxb)
Photocathode Active Area3.7 mm × 13.0 mm (H × V)
Dark Currentc2 nA (Typ.)
10 nA (Max)
Dark Count Ratec
-
Warm-Up Time Before
Applying Control Voltagec
30 to 60 Minutes
Anode Current (Max)d10 µA
Photocathode TypeMultialkali
Photocathode GeometrySide On
WindowUV-Transmitting Glass (n = 1.48)
Transimpedance Amplifier Specifications
Transimpedance GainNo Amplifier Included
Amplifier Bandwidth
(at 6 dB)e
N/A
Amplifier Noise (Typ.)N/A
Amplifier Offset (Typ.)N/A
Output Signalf
Output VoltageN/A
Output Current10 µA (Max)
Rise and Fall Time1.4 ns
ConnectorBNC
Physical Specifications
Module Dimensions10.18" × 8.09" × 3.40"
(258.5 × 205.5 × 86.4 mm)
8.09" × 2.43" × 3.40"
(205.5 × 61.8 × 86.4 mm)
Power Input
15 VDC, 7 mA Max
Operating Temperature15 to 40 °C
Storage Temperature-20 to 50 °C
Module Weight
1.4 kg (3.08 lb)0.9 kg (1.98 lb)
Mounting Options
Internal SM1 ThreadsYes (On Input Port and
Filter Cube)
Yes (On Input Port and
Filter Cube)
Internal C-Mount ThreadsYes (In Front of Windowg)Yes (In Front of Windowg)
Mounting Holes1/4" (M6) Counterbored Slots1/4" (M6) Counterbored Slots
30 mm Cage System--
  • 放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula
  • PMTは最大+1.20 Vの制御電圧まで駆動可能ですが、推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命が短くなる可能性があります。
  • 暗電流とダークカウントの仕様値は、光が無い状態でPMTの電源を投入し、規定のウォームアップ時間内では制御電圧の印加や信号の入射が無いという条件を満たした場合に有効です。
  • PMTは周辺光から遮断するとともに、予測できないスパイク状の信号によりアノード電流が仕様値を超えないよう、制御電圧を慎重に選択する必要があります。アノード電流が最大値を超えるとPMTに修復不可能なダメージを与えます。
  • 出力信号が大きくなると帯域幅が減少します。
  • 信号を飽和させないためには、出力信号が最大値以内おさまるようにする必要があります。SM1またはCマウントネジを使用してNDフィルタを入射窓の前に取り付け、光信号がPMTに入る前に減衰させることができます。
  • これらのCマウントネジは、フィルターキューブアセンブリからPMTモジュールを取り外さないとアクセスできません。

すべての仕様値は特記が無い限り25 °Cで有効です。

Radiant SensitivityClick to Enlarge
放射感度曲線(典型値):線形グラフ

Radiant SensitivityClick to Enlarge
放射感度曲線(典型値):対数グラフ

アルカリPMT

Relative Response
Click to Enlarge

モジュールPMM01ならびにPMM02の相対的応答性
Gain
Click to Enlarge

モジュールPMTSS、PMTSS2ならびにPMTSS2-SCMの利得
PMTは最大+1.20 Vの制御電圧で駆動可能です。推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命を下げる可能性があります。

Amplifier Frequency Response
Click to Enlarge

PMT1001/MとPMT1002の増幅器の周波数特性

Gain
Click to Enlarge

PMT1001/MとPMT1002の利得

GaAsP PMT

Amplifier Frequency Response
Click to Enlarge

PMT2101/MとPMT2102の増幅器の周波数特性
Gain
Click to Enlarge

PMT2101/MとPMT2102の利得
PMTは最大+1.0 Vの制御電圧で駆動可能です。推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命を下げる可能性があります。

Noise
Click to Enlarge

PMT2101/MおよびPMT2102の入力電流ノイズ密度

単独型アルカリPMT

PMM01 and PMM02 Dimensions
Click to Enlarge
PMM01ならびにPMM02
PMT1001(/M) Dimensions
Click to Enlarge
PMT1001(/M)

GaAsP PMT

PMT2101(/M) Dimensions
Click to Enlarge
PMT2101(/M)


マルチチャンネル検出用PMT

モジュールPMM01ならびにPMM02

こちらのPMTモジュールは制御電圧用のYケーブルと電源(6ピンヒロセ-2.5 mmモノジャックならびに3ピンLumberg電源コネクタ)が付属します。ケーブルの写真は「発送リスト」のタブをご覧ください。

PMTモジュールのコネクタ

電源コネクタ

6ピンヒロセ

HiRose

PinAssignment
1Power Supply Input (+12 VDC to +15 VDC)
2Power Supply Input (-12 VDC to -15 VDC)
30 V
40 V
5No Connection
6制御電圧
(0 V to +1.25 V)

出力信号

SMAメス型

 SMA Female

出力電圧:
0~5 V (50 Ω)
0~10 V (High Z)

Yケーブルのコネクタ

電源接続

3ピン Lumberg RKMC-3

3-Pin Lumberg

PinAssignment
1Power Supply Input (+12 VDC to +15 VDC)
2Ground
3Power Supply Input (-12 VDC to -15 VDC)

制御電圧

2.5 mmモノプラグ

3-Pin Lumberg

チップ:グラウンド
バレル:0~+1.25 VDC


モジュールPMT1001/M、PMT1002、PMT2101/M、PMT2102

こちらのPMTモジュールにはSMA-SMBケーブルとMini USB-USB Aケーブルが付属します。これらのケーブルの写真は「発送リスト」タブに掲載されています。

電源コネクタ

USB Mini

 USB Mini

入力電圧:
+0.50 V~+1.10 V (PMT1001/M&PMT1002)
+0.50 V~+0.80 V
(PMT2101/M&PMT2102の推奨範囲)

出力信号

SMAメス型

 SMA Female

出力電圧:
±1.5 V (50 Ω)


モジュールPMTSS、PMTSS2、PMTSS2-SCM

こちらのPMTモジュールには色ワイヤーリード付きのオス型M8 x 1コネクタが付属します。コネクタの写真は「発送リスト」のタブをご覧ください。

電源コネクタ

M8 x 1メス型

 M8 x 1 Connector

PinAssignmentWire Colora
1Power Supply Input (+15 VDC)Brown
2制御電圧
(Recommended: +0.25 V to +1.00 V;
Maxb: +0.25 V to +1.20 V)
White
3No ConnectionBlue
4Power Supply Return (Ground)Black
  • 付属ケーブルに関する記載
  • PMTは最大+1.20 Vの制御電圧で駆動可能ですが、推奨する制御電圧以上ではPMTの動作寿命が短くなる可能性があります。

出力信号

BNCメス型

BNC Connector

出力電流:10 µA(最大値)

PMM01 and PMM02 Accessories
Click to Enlarge

PMM01およびPMM02

PMM01、PMM02

型番PMM01およびPMM02の内容

  • PMTモジュール
  • 固定リングSM1RR
  • M4 - #8-32ネジアダプタAS4M8E
  • 制御電圧用Yケーブルと電源(6ピンヒロセ-2.5 mmモノジャックならびに3ピンLumberg電源コネクタ)
  • 2.5 mmモノプラグ
  • 電源と電源コードLDS1212-JP(日本国内用)

PMT1001(/M) and Accessories
Click to Enlarge

PMT1001(/M)

PMT1001(/M)

型番PMT1001/Mの内容

  • PMTモジュール
  • USB 2.0ケーブル(A - Mini)
  • SMA - SMBケーブル
  • SM1用エンドキャップ(代替品 型番SM1EC2)

PMT1002

型番PMT1002の内容

  • PMTモジュール
  • USB 2.0ケーブル (A - Mini)
  • SMA - SMBケーブル
  • C-Mount用レンズキャップ(代替品 型番CMCP2)

PMTSS

型番PMTSSの内容

  • PMTモジュール
  • カラーリード線付きオス型M8 x 1コネクタ
  • M8 x 1延長コード
  • Cマウント用キャップ(代替品 型番CMCP2)

PMT2101(/M) and Accessories
Click to Enlarge

PMT2101(/M)

PMT2101(/M)

型番PMT2101(/M)の内容

  • PMTモジュール
  • USB 2.0ケーブル (A - Mini)
  • SMA - SMBケーブル
  • SM1用エンドキャップ(代替品 型番SM1EC2)

PMT2102

型番PMT2102の内容

  • PMTモジュール
  • USB 2.0ケーブル (A to Mini)
  • SMA - SMBケーブル
  • C-Mount用レンズキャップ(代替品 型番CMCP2)

PMTSS2

型番PMTSS2の内容

  • 取外し可能なPMTモジュール(2台)
  • フィルターキューブトップDFM1T1
  • SMA905付きファイバーコリメーターアセンブリと、アドオン式モジュールPMTSS2-SCMとの
    接続用のオス型アリ溝の付いた筐体
  • カラーリード線付きオス型M8 x 1コネクタ(2個)
  • M8 x 1延長コード 2本
  • コア径Ø910 µm、NA0.22、SMA905コネクタ付きファイバーパッチケーブル、250~1200 nm用

PMTSS2-SCM

型番PMTSS2-SCMの内容

  • 脱着式PMTモジュール
  • フィルターキューブトップDFM1T1
  • PMTSS2と接続するためのメス型アリ溝と、PMTSS2-SCMを追加するための
    オス型アリ溝の付いた筐体
  • カラーリード線付きオス型M8 x 1コネクタ
  • M8 x 1延長コード

PMT1001/M、PMT1002、PMT2101/M、PMT2102は当社のソフトウェアで制御可能です。 ソフトウェアのダウンロードページには、GUIインターフェイスへのリンクの他、ソフトウェア開発キット(SDK)へのリンクもあり、カスタム仕様のイメージングソフトウェアでPMTを制御することも可能になります。また、PMT用の最新のファームウェアもご用意しています。

ソフトウェア

Version 3.1 (May 4, 2017)

こちらのPMT1001/M、PMT1002、PMT2101/M、PMT2102用のソフトウェアパッケージには、GUIインターフェイス、SDK、および最新のファームウェアのインストールファイルも含まれています。ソフトウェアはWindows®7(64ビット)に対応しています。

Software Download

お客様の用途に合わせた光電子増倍管の選択

はじめに
光電子増倍管(PMT)が最初に 市販化されたのが1940年代初頭ということもあり、PMTは高速反応と高感度が求められる実験に適した検出器とされてきました。今日ではPMTは、分析化学、素粒子物理学、医学的イメージング、工場における工程管理、天文学そして原子・分子物理学など多岐に渡る研究分野で欠かせないものとなっています。このチュートリアルでは、使用用途に適切なPMTを選ぶ上で参考となる基本原理と重要な仕様についてご説明します。

基本原理
光電子増倍管(PMT)は、高感度で高利得のデバイスで、入射光に比例した電流を出力します。PMTは、フォトカソードと呼ばれる光電子放出材料を収納する ガラス製真空管、ダイノードと呼ばれる8から14個の2次放出電極、そしてアノードと呼ばれる電子収集電極から構成されています。エネルギ値が十分に高い光子(エネルギ値がフォトカソード材料の結合エネルギより大きい場合)がフォトカソードに入射すると、吸収されて、光電効果により電子が放出されます。最初のダイノードが、陰極と比べて高い電位で維持されるので(したがって2つの素子の間に電位差が生じます)、放出された電子は加速的にダイノードに 向かって衝突し、2次電子放出が起こります。通常このプロセスにおいては、3~5個の2次電子が放出され、各電子は同様に2つ目のダイノードに向けて加速、衝突し、さらに3~5個の電子が放出されます。このプロセスは、一連のダイノード全てにおいて順番に起こり、電 子が3~5ずつ増えます。通常ではダイノードは、前の電位と比較して100~200 V 高い電位を保持します。ダイノードチェーンの終わりでは、カソードが電子を集めて電流パルスが出力されます。しかしながら、パルスの数量化には、ボルトへの変換が必要となります。これを行う最も簡単な方法は、カソードとグラウンドの間で低い負荷抵抗を接続することです。当社がご提供する2つのPMTでは、カソードから出力されるナノアンペアまたはマイクロアンペアレベルの電流を、それぞれミリボルトまたはボルト単位の電圧にトランスインピーダンス増幅器 (TIA)を用いて変換します。

例えば、下図のようにPMTに8つのダイノードがあって、1つの電子が4つの2次電子を生成すると、全てのダイノードを通過した後の電流の増幅は最終的に48 ≈ 66,000となります。このPMTの例では、各光電子はアノードでQ = 48eの電子なだれを起こします。Cがアノード(接続部を含む)の静電容量である時、それに対応する電圧パルスは V = Q/C = 48e /CTとなります。静電容量が5 pFの時、出力電圧パルスは2.1 mVとなります。

PMT dynode chain figure

スぺクトル感度
使用目的に合わせてPMTを選択したい場合、フォトカソードの材料が目的の用途に適したものである必要があります。一般的には、長波長のカットオフはフォトカソードで決まります。一方で短波長のカットオフはウィンドウ材料で決まります。PMTは、深紫外域から赤外域までの波長用に製造されていますが、フォトカソードが入射光子を電子に変換する決め手となるので、使用される波長で効率の良く変換されるかが最重要ポイントとなります。フォトカソードには幅広い種類の材料が使用されていますが、材料によって仕事関数は異なり、また使用されるスペクトル範囲も異なります。

量子効率(QE)の仕様値は通常百分率で表記され、入射光子を検出可能な電子に変換するPMTの能力と関連付けられます。例えば、QE値が20%である場合、フォトカソードに衝突する5つの光子のうち1つが光電子を生成することを意味します。光子計数では、QE値の高いPMTを使用することが望ましいと言えます。QEは波長に依存するので、対象となる波長での量子効率が適切なPMTを選ぶことが重要です。特記すべきは、可視光用のフォトカソードのQE値が通常は30%未満であることです。

PMTのQE値は、スペクトル感度プロット( PMM01と PMM02のスペクトル感度プロットは「グラフ」タブ内にあります)を参照しながら下記の数式を使えば計算できます:

Quantum Efficiency Equation

放射感度SがA/W単位で、波長λがnm単位である時。

形状
PMTは主に2つの異なる形状でご提供しています。ヘッドオン型(フォトカソードが真空管のいずれかの先端に有る)とサイドオン型(フォトカソード素子が真空管 の側面に有る)があります。ヘッドオン型のPMTには半透明のフォトカソードがあり、集光面が広いのが特徴で、空間均一性に優れており、青と緑のスペクトル領域で優れた性能を発揮します。分光法など広いスペクトル領域における用途では、ヘッドオン型配列が推奨されます。反対にサイドオン型PMTには、不透明なフォトカソードがあり、UVおよび赤外域での使用に向きます。この構成はヘッドオン型より低コストで、分光計やシンチレーション計数等の効率的な光学カップリングや高いQE値が要求される用途で広く使われています。

8~14個からなるダイノード配列として、線形または円形配列が採用されています。線形ダイノードアレイ(上の図の配列)は、反応が速く、時間分解能が良く、パルスの直線性が非常に優れているので、一般的に採用されています。円形タイプのアレイは、全てのサイド オン型のPMTと一部のヘッドオン型PMTで採用されています。これはコンパクトで高速反応の構成です。

利得
PMTの特長は、フォトカソードが生成した非常に弱い信号を、実質的にノイズなしで、読み出し回路ノイズを超える検出可能なレベルまで増幅できる点です。 PMTでは、ダイノードにより利得が得られます。利得は印加電圧に高く依存しています。PMTは、メーカーの推奨値をはるかに超えた電圧で動作することが 可能で、仕様の数値の10から100倍の利得を生み出すことがあります。通常アノード電流が定格値より十分に下回って抑制されていれば、このことがPMT に致命的な影響を与えることはありません。当社がご提供する2つのPMTでは、ヘッドオン型フォトカソード形状と円形のダイノードチェーンが両立されています。

暗電流
フォトカソードで生成される全ての信号が、チューブへの入射光で生成された電流に 起因することが理想ですが、現実にはPMTは光の有無に関係なく電流を生成します。光がない状態で発生する信号は暗電流と呼ばれ、これがPMTの信号とノ イズの比率を悪化させます。暗電流は、主にフォトカソードからの電子放出と最初の数個のダイノードに大きく左右されますが、非常に微小ながら宇宙線や放射 性崩壊の影響も受けます。一般的には、赤色のスペクトル用に設計されたチューブでは、赤色感知のフォトカソードの結合エネルギが低いので、他の場合より多くの暗電流が検知されます。暗電流の主なる原因がフォトカソードからの熱電子放出と予想される場合は、暗電流計数率は下記の数式で求められます:

Dark Counts Equation

熱電子放出は温度とフォトカソードの仕事関数に大きく依存するので、PMTを冷却すれば暗電流計数を大幅に削減できます。熱電冷却器付のPMTにより20oC から0oC に冷却すると、暗電流は最大で1/10に減らすことができます。熱電冷却器を使う場合は、ウィンドウ部分で結露が起こらないように留意する必要があります。結露が生じると、水分によりフォトカソードへの光の入射量が減少します。さらに過剰な冷却も逆効果になりえるので避けなければなりません。逆効果の例としては、カソードの薄膜の抵抗値が温度に反比例することで起こるカソード全体の電圧降下や信号減少があります。

立ち上がり時間
高い時間分解能が要求される実験では、短い立ち上がり時間は不可欠です。PMTの時間反応特性値として最も一般的に取り上げられるのは、アノードパルス立ち 上がり時間です。アノードパルス立ち上がり時間とは、フォトカソードが十分に照射されたとき、PMTの出力がそのピーク振幅の10%から90%に上昇する までにかかる時間と定義されます。典型的な陽極立ち上がり時間は、0.5 から20 nsの範囲内です。最終的には、パルス立ち上がり時間は、異なる電子の移動時間の広がりで決定されます。このような時間のばらつきがあるのにはいくつかの理由があります。まず、2次電子がダイノード材料の異なる深度から放出されるので2次電子の初速にばらつきがあることが第1の理由です。一部の電子がダイノードからの放出段階で初期エネルギを全く持たない状態であるのに対し、非ゼロの初期エネルギを保持する電子もあります。つまり後者の方が前者と比較 して短時間で次のダイノードに到達するわけです。また、電子が最初に放出された時の速度のバラツキに加えて、通過時間の広がりには、電子軌道の長さのバラツキの影響もあります。このような原因で、アノー ドパルスは、電圧が上昇するにつれてV-1/2数値で減少します。

他の検討事項
検討すべき重要な事項は他にもあります。まず、PMTと共に使用する電子部品の選択には注意が必要です。カソードからアノードに向けて付加される高電圧の変化は小さなものであっても、出力結果を大幅に変えることがあります。次に、実験環境がPMTの性能に影響を与える可能性も勘案してください。振動はもちろん、温度や湿度の変化も全てチューブの性能を損ないます。チューブの筐体も大事です。筐体はチューブを外部光や無関係な光から遮断するだけではなく、外部の磁場の影響も抑制します。磁界の影響は数ガウスであっても、利得を格段に減少させますが、このような悪影響は高透磁性の材料で作られた磁気シールドを用いれば最小限に抑えられます。


Please Give Us Your Feedback
 
Email Feedback On
(Optional)
Contact Me:
Your email address will NOT be displayed.
 
 
Please type the following key into the field to submit this form:
Click Here if you can not read the security code.
This code is to prevent automated spamming of our site
Thank you for your understanding.
  
 
Would this product be useful to you?   Little Use  1234Very Useful

Enter Comments Below:
 
Characters remaining  8000   
Posted Comments:
Poster:kuw1024
Posted Date:2017-08-07 23:57:30.45
This is Ui whan Kim in South Korea. I bought five swt of PMTSS and TIA60. But there was no power. I figure out when I open the box. Please let me know proper power for both items. I can only find the TIA60 power. I need the power immediately for my experiment so please contact me with short time by my email. Thank you very much. Best regards.
Poster:kuw4214
Posted Date:2017-08-07 20:24:11.97
Dear Sir/Madam This is Ui-Whan,Kim in South Korea I Bought five set of PMTSS and TIA60 for measurement of OH signal. But today I figure out that I dont have proper power. Please let me know the proper power model number for each products that I bought . Then I will buy immediately for my experiment. Please contact by an email. Thank you very much.
Poster:pwyen
Posted Date:2016-12-08 10:47:44.503
Hi, this is PW from Taiwan. I can't fine the figure of the control gain voltage with the PMM01 control gain. Could you kindly send me that figure? Thank you.
Poster:tfrisch
Posted Date:2016-12-15 01:22:31.0
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Please reference page 5 of the manual here: https://www.thorlabs.com/drawings/1de4aa08f64cd423-1D709DCD-5056-0103-792BFB6CE1C63899/PMM01-Manual.pdf
Poster:lleclair
Posted Date:2016-08-05 06:35:37.237
It would be very useful to me if I could do single photon counting/timing. But with a rise time of 15 µs that's out of questions. Do you offer one without the amplifier so I can attach my own high speed amp for time-of-flight measurements? What is the rise time straight out of the PMT?
Poster:devin.pugh-thomas
Posted Date:2015-09-15 15:31:52.85
Can you provide a recommended variable power supply for use with the PMM02?
Poster:besembeson
Posted Date:2015-10-01 11:45:57.0
Response from Bweh at Thorlabs USA: Any basic adjustable power supply will work, 0 - 1.25VDc, <1mA. Many common laboratory variable power supplies will work too. You can also make one, by using, for example another LDS1212 (power supply that is supplied with PM tube), add suitable potentiometer and resistor in series (between +12V and ground) to scale the voltage down to 0-2V and limit current to 1mA.
Poster:ribou
Posted Date:2015-04-14 14:42:50.4
I could not found on your description of the pmm01 the time rise of the anode, neither the electron transit time. I would be grateful if you could send the information to me. Thanks
Poster:jlow
Posted Date:2015-04-16 02:58:43.0
Response from Jeremy at Thorlabs: The response time for the PMM01 and PMM02 PMT are limited by the amplifier used. The rise and fall time is about 15µs, which is orders of magnitude higher than the anode rise time and electron transit time. I will contact you directly to discuss more about this.
Poster:johanna.tragardh
Posted Date:2015-02-12 17:19:39.533
What length should the 2.5 mm Mono plug controlling the HV for the PMT PMM01 have? If it is not a standard length - do you sell this as a spare part? Thanks.
Poster:cdaly
Posted Date:2015-02-24 03:58:54.0
Response from Chris at Thorlabs: The required 2.5mm mono plug will be a standard length, 11.0mm overall if I am not mistaken. A spare male 2.5mm mono connector is included so that a third part power supply can easily be made compatible.
Poster:iec_cortesm
Posted Date:2013-05-07 19:42:31.093
one year ago I bought a PMT PMM02, unfortunately my +/-12V power supply doesn't work anymore... I try to use a conventional power supply and plug this in the Hirose-3 conector in the interface conector wire, in this conector there are labeled 3 and 1 two pines, can you tell me which pin is for each voltaje?
Poster:jlow
Posted Date:2013-08-02 15:58:00.0
Response from Jeremy at Thorlabs: Pin 1 should be for +12V and pin 3 should be for -12V. The other pin is ground.
Poster:jlow
Posted Date:2012-07-31 14:30:00.0
A response from Jeremy at Thorlabs: Most basic adjustable source will work fine. The 100uA mentioned in the manual is just the input current spec for the device. Basically the supply required needs to be able to supply 100uA of current. This is more of a control line than a supply line. This voltage is used to set the level of the tube bias voltage. The reason the supply is specified this way is so that a potentiometer can be used to control this signal line. You want to choose your potentiometer resistances so that the 100uA load current does not significantly affect the voltage setting. The current through the pot. should be 10x or more larger than the 100uA. Below is an example. Ex. - Use a resistor and potentiometer in series between the +12V PMM001 supply and the ground. The wiper would be connected to the control line. The resistor is used to scale the range of the control pot over 0 – 2V. If we set the resistor to 10kOhms and the pot to 2kOhms (12kOhm total resistance) the current will be 12V/12kOhms or 1mA. This is much larger than the 100uA input current so there should be a minimal effect on the input voltage due to the resistive network. Other supplies that can be used are lab bench top adjustable power supplies, computer controlled DAQ cards, etc.
Poster:jb693
Posted Date:2012-07-26 10:14:24.0
I have recently purchased the PMM02 photon multiplier tube. What power supply would you recommend I purchase for the 0-1.8V tube control voltage?
Poster:tcohen
Posted Date:2012-06-13 12:04:00.0
Response from Tim at Thorlabs: Thank you for your feedback. These may be dark counts, but I would like to see your scope shots to further troubleshoot. I have contacted you for more information and to continue this conversation.
Poster:wpar022
Posted Date:2012-06-13 01:33:56.0
Hi there, We have been using a PMM01 and notice with on all power supplies we use with it there is a strong pulse signal at ~200Hz. Increasing PMT gain merely inverts signal around the background level. Increasing gain/optical input power results in pulse signal changing to a semi-sawtooth signal. Observed signal is independant of input signal - input pulses will not result in a corresponding output pulse. Mean signal level is ~10 mV for 50 Ohm termination, and 1-2 V for high impedance. We suspect that our power supplies (all TLabs supplied, with other equiptment, running on 230V) may be damaging the PMT, but are unable to rule out other laboratory sources. Gain control voltage does not exceed 1.4 V. Any insight you may be able to provide would be greatly appreciated!
Poster:bdada
Posted Date:2012-01-19 16:05:00.0
Response from Buki at Thorlabs: Thank you for your feedback and we are sorry it took a while for you to get the PMT working. We will look into improving the instructions in our manual. We did test the PMT and found it to respond to ambient light. When we shone a high power LED against the pinhole in the black tape, the PMT responsed. We have contacted you to discuss this matter further.Please contact TechSupport@thorlabs.com if you have any questions.
Poster:ji-yi
Posted Date:2012-01-19 09:59:41.0
Dear Thorlabs, we would like to make a comment on the product (pmm02) and the manual. As in my last post, we had problems on making the PMT work. It turned out the polarity of the gain control voltage should be reversed and now it is working fine. We strongly recommend the manual description and the usage tutorial to be revised. What is very confusing is that in the manual it states that the control voltage is a positive value 0-1.8v. And the cable inputting the control voltage is colored red and black. According to conventional usage of the cable color without specific notation, the black is ground and the red is positive. So what we have tried is always put a positive voltage through the red cable, which should have been the other way around to make it work. We spent a great deal of time on figuring out the problem and I am sure we will not be the last to be confused. Please be more specific on the manual description or on the website especially on how to correctly connect the gain control voltage and I strongly recommend to switch the color of the cable for gain control voltage. Thank you!
Poster:ji-yi
Posted Date:2012-01-17 10:31:44.0
Dear Thorlabs, we recently purchased PMM02 and have difficulty to make it work. We used a DC power supply for the 0-1.8V gain control and a oscilloscope to monitor the voltage output(connected with a coaxes cable). The PMT inlet was sealed with a black tape with a tiny pinhole on it. We were not able to see any voltage change when we swept a flash light over the pinhole. When we increased the gain voltage to 0.6v, there is a constant DC voltage increment. But still no response to the light stimuli. Please advise how to trouble shoot. This is actually the second PMT we tested. The same problem persists. Thank you!
Poster:bdada
Posted Date:2011-12-26 09:30:00.0
Response from Buki at Thorlabs: The +/-12VDC power supply is included in the PMM02 photomultiplier module. If you want to purchase extra power supplies, the part number is LDS1212-1 and they can be purchased by calling or emailing our Sales Office at 973 300 3000 or sales@thorlabs.com. We do not sell the variable power supply, but they are available in electronics stores. Please contact TechSupport@thorlabs.com if you have any questions.
Poster:lobanov
Posted Date:2011-12-23 10:14:58.0
Please send a quote and delivery conditions for 1) power supply +-12V for photomultiplier module PMM02 2)Variable 0-18 VDC power supply for photomultiplier module PMM02
Poster:jjurado
Posted Date:2011-06-23 10:55:00.0
Response from Javier at Thorlabs to jsmarkson: Thank you very much for contacting us. We will contact you directly to troubleshoot your application.
Poster:jsmarkson
Posted Date:2011-06-17 02:15:02.0
We have purchased two PMM01 modules recently and have experienced sudden, dramatic loss of sensitivity after a few months of use. We use the modules to detect bioluminescence emitted from cells passing through a transparent glass tube. The system is very well insulated from outside light, and we adjust the initial gain (~1000V) so that readings never max out(usually they are in the 0V to 4 V range). However, after several months use, the signal suddenly drops > 100-fold, and increasing the gain to 1500V improves the signal only a few fold at best. I have heard that PMTs should have lifetimes on the scale of many years even under harsh conditions, but we are experiencing a lifetime of at most a few months in mild conditions (a warm room at 30C @ 40% relative humidity; system is powered on continuously for 1 week and then left off for 1-4 weeks). We once took apart the module and tried replacing the PMT tube itself with a similar one from a third-party supplier. This improved sensitivity for a very short while (weeks?) before we again experienced a 100-fold drop in signal. Do you know what could be causing this reliability problem and how to fix it? The reliability problem has ruined several experiments already, and we are considering switching to the much more expensive modules from Hamamatsu. We would strongly prefer to stick with ThorLabs if you can help us trace the problem and fix it.
Poster:jjurado
Posted Date:2011-02-14 18:03:00.0
Response from Javier at Thorlabs to last poster: Thank you very much for submitting your inquiry. The output from our photomultiplier tubes does not require the use of specialized software for data collection and analysis. You could use a data acquisition card and a program such as LabVIEW in order to analyze the output. Please contact us at techsupport@thorlabs.com if you have any further questions.
Poster:
Posted Date:2011-02-14 14:13:39.0
Do you have any recommendations for software to analyze the PMTs output? Thanks.
Poster:apalmentieri
Posted Date:2010-03-03 08:36:28.0
A response from Adam at Thorlabs to mbvincent: There are tubes available that cover the wavelengths that you are interested in. We could offer these as custom options. We do not normally offer complete modules for these tubes for a couple of reasons. Please note there are problems associated with operation of a complete system in the vacuum UV range. Either the complete detector has to be in the vacuum system or the input window of the detector has to form part of the vacuum containment system. These modules are not designed for use under vacuum are likely to outgas and breakdown. The reason outgassing and breakdown may occur is due to the electronics used. UV tubes can be operated in pulse counting mode including photon counting. The electronics required would be an amplifier discriminator and a simple timer counter.
Poster:apalmentieri
Posted Date:2010-02-19 15:39:10.0
A response from Adam at Thorlabs to Melsscal: Currently, we only offer a PMT with a 15us rise time. We may be able to offer this version as a custom option, but we would like to get more information about your application. There may be other devices that would also work like our avalanche photo detectors, APD110A.
Poster:melsscal
Posted Date:2010-02-19 03:33:42.0
We are looking for a rise time of at least 50ns whereas the PMM01/PMM02 offers only 15 microseconds.Can we get a custom made part with 50ns rise time ?
Poster:mbvincent
Posted Date:2009-12-14 13:18:47.0
Dear Thor Labs, Do you offer a PMT module that covers 115-320 nm (wider range welcome) with a minimum 13 mm diameter active area? What associated electronics are required to operate the PMT in pulse counting mode? The application is FUV calibration of mirrors and microchannel plate detectors. The PMT will be located within a vacuum chamber (<10-6 Torr). Regards, -Mark B. Vincent Staff Research Associate IV Dept. of Applied Science 3001 Engineering III University of California One Shields Ave Davis, CA. 95616-8254 Phone: (530) 752-3747 E-mail: mbvincent@ucdavis.edu
Poster:klee
Posted Date:2009-12-08 17:50:36.0
A response from Ken at Thorlabs to moweirong: The max current is very small (<1mA), so the power supply does not need much current capability. I would recommend using a linear supply. Almost any bench top supply that is adjustable from 0 to at least 1.8V will work. Something like this will work just fine: http://www.powersupplydepot.com/productview.asp?product=14600+PS
Poster:moweirong
Posted Date:2009-12-08 00:20:32.0
Could you please advise what requirements for the user-provided 1.8V control voltage? how much is the max input current, the ripple noise, and the stability? any recommendations of this control voltage unit? thanks
Poster:klee
Posted Date:2009-12-07 18:20:55.0
A response from Ken at Thorlabs to moweirong: A 12VDC power supply is included with the PMM02.
Poster:moweirong
Posted Date:2009-12-07 17:47:09.0
Same question as melsscal. Does Thorlab provide power supply unit for hirose cable to connect the PMM02?
Poster:Tyler
Posted Date:2009-01-26 13:46:00.0
A response from Tyler at Thorlabs to melsscal: The PMT modules are 120 and 230 V compatible. I updated clarified this point in the web presentation. I also changed the specs tab table to have the weight of the power supply and the weight of the PMT head listed separately. The cable needed to connect the power supply to the PMT head is included with the purchase of the PMT. If you have any further questions, please post them and thank you for helping us improve the clarity of the web presentation.
Poster:melsscal
Posted Date:2009-01-26 06:34:28.0
The ordering part no. PMM01-EC(230v ) version is not shwon on website .is it available on ordering ?WHAT DOES ITS MEANS BY WEIGHT OF MODULE & TOTAL WEIGHT ?Similarly there is no part no. as PMM02-EC displayed on website.Do u have a pwoer supply /cable for the 6 pin hirose connector ?
Standalone PMTs Selection Guidea
Item #PMM01PMM02PMTSSPMT1001(/M)PMT1002PMT2101(/M)PMT2102
Photo
(Click to Enlarge)
SM1 Bialkali PMTSM1 Multialkali PMTC-Mount Multialkali PMTRed Multialkali PMTRed Multialkali PMTSM1-Threaded GaAsP PMTC-Mount GaAsP PMT
Photocathode MaterialBialkaliMultialkaliMultialkaliMultialkaliGaAsP
Wavelength Range280 - 630 nm280 - 850 nm185 - 900 nm230 - 920 nm300 - 720 nm
Peak Wavelength (λp)400 nm420 nm450 nm630 nm580 nm
Radiant Sensitivityb (Typical)86 mA/W (at λp)67 mA/W (at λp)105 mA/W (at λp)78 mA/W (at λp)176 mA/W (at 550 nm)
PMT Gain (Max)7.1 × 1063.1 × 106>1.0 × 107>3.0 × 106>1.0 × 106
Photocathode Active AreaØ22 mmØ22 mm3.7 mm × 13.0 mm
(H × V)
Ø8 mmØ5 mm
Transimpedance AmplifierYesYesNot Included
(Compatible with TIA60)
YesYesYesYes
Mechanical FeaturesInternal SM1 Threads
Three 8-32 Taps for Posts
(8-32 to M4 Adapter Included)
Four 4-40 Taps for 30 mm Cage System
Internal C-Mount ThreadsInternal SM1 Threads
1/4"-20 (M6) Tap for Posts
Four 4-40 Taps for
30 mm Cage System
Internal C-Mount ThreadsInternal SM1 Threads
1/4"-20 (M6) Tap for Posts
Four 4-40 Taps for
30 mm Cage System
Internal C-Mount Threads
  • 詳しい仕様については「仕様」タブをご参照ください。
  • 放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula

Multi-Channel PMTs Selection Guidea
Item #PMTSS2PMTSS2-SCM
Photo (Click to Enlarge)Dual-Channel PMT Extra PMT Detection Channel
Number of Channels21
Photocathode MaterialMultialkali
Wavelength Range185 - 900 nm
Peak Wavelength (λp)450 nm
Radiant Sensitivity at λpb
105 mA/W
PMT Gain (Max)>1.0 × 107
Photocathode Active Area3.7 mm × 13.0 mm
(H × V)
Transimpedance AmplifierNot Included
(Compatible with TIA60)
Mechanical FeaturesSMA905 Fiber Coupler
Internal SM1 Threads (by Disconnecting Fiber Coupler)
1/4" (M6) Counterbored Slots for Table Mounting
Interlocking Dovetails Optically Align Additional Channels
  • 詳しい仕様については「仕様」タブをご参照ください。
  • 放射感度(RS)と量子効率(QE)の関係は下記の式で表わされます。
    QE Formula

単独型シングルチャンネルアルカリPMT

Cage-Mounted PMTSS
Click to Enlarge

View Imperial Product List
型番数量Description
CF1251クランプフォーク、31.5mm(1.24インチ)ザグリ溝付き(ミリ&インチ規格共用)
RS3P8E1Ø1.0インチ台座付きピラーポスト、#8-32タップ、高さ3インチ(インチ規格)
CP02F1SM1ネジ切付き30 mmケージプレート、厚さ0.35インチ、固定リング2個付属(インチ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入りパック
SM1T21SM1カプラ、外ネジ付き、長さ12.7 mm
SM1A91SM1内ネジ&Cマウント外ネジ付きアダプタ
PMTSS11チャンネルPMTモジュール、185~900 nm、Cマウントネジ
View Metric Product List
型番数量Description
CF1251クランプフォーク、31.5mm(1.24インチ)ザグリ溝付き(ミリ&インチ規格共用)
RS3P4M1Ø25 mm台座付きピラーポスト、M4タップ、高さ75 mm(ミリ規格)
CP02F/M1SM1ネジ切付き30 mmケージプレート、厚さ8.9 mm、固定リング2個付属(ミリ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入りパック
SM1T21SM1カプラ、外ネジ付き、長さ12.7 mm
SM1A91SM1内ネジ&Cマウント外ネジ付きアダプタ
PMTSS11チャンネルPMTモジュール、185~900 nm、Cマウントネジ
モジュールPMTSSをポストや30 mmケージシステム、あるいはSM1レンズチューブに取り付ける場合、Cマウント-SM1ネジアダプタSM1A9とレンズチューブカプラSM1T2を用いると、当社の多くの30 mmケージプレートがご利用可能になります。
PMM02 on Optical Table
Click to Enlarge

View Imperial Product List
型番数量Description
RS3P8E1Ø1.0インチ台座付きピラーポスト、#8-32タップ、高さ3インチ(インチ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入りパック
SM1L301SM1レンズチューブ、ネジ深さ76.2 mm、固定リング1個付属
FBH660-101Premium Bandpass Filter, Ø25 mm, CWL = 660 nm, FWHM = 10 nm
SM1RR1SM1固定リング、Ø25 mm~Ø25.4 mmレンズチューブおよびマウント用
PMM021光電子増倍管、マルチアルカリ、280~850 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応
View Metric Product List
型番数量Description
RS3P4M1Ø25 mm台座付きピラーポスト、M4タップ、高さ75 mm(ミリ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入りパック
SM1L301SM1レンズチューブ、ネジ深さ76.2 mm、固定リング1個付属
FBH660-101Premium Bandpass Filter, Ø25 mm, CWL = 660 nm, FWHM = 10 nm
SM1RR1SM1固定リング、Ø25 mm~Ø25.4 mmレンズチューブおよびマウント用
PMM021光電子増倍管、マルチアルカリ、280~850 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応
モジュールPMM01およびPMM02には、ポスト取付け用の3つの#8-32タップ穴、30 mmケージシステム用の4つの#4-40タップ穴に加えて、レンズチューブやフィルタ取付け用のSM1内ネジがあります。
  • PMM01:280~630 nm用PMT、電圧出力(アンプ内蔵)、SM1ネジ付き、30 mmケージシステムに対応
  • PMM02:280~850 nm用PMT、電圧出力(アンプ内蔵)、SM1ネジ付き、30 mmケージシステムに対応
  • PMT1001/M:230~920 nm用PMT、電圧出力(アンプ内蔵)、SM1ネジ付き、30 mmケージシステムに対応
  • PMT1002:230~920 nm用PMT、電圧出力(アンプ内蔵)、Cマウントネジ付き
  • PMTSS:185~900 nm用PMT、電流出力、Cマウントネジ付き

当社では単独型アルカリPMTを4種類のパッケージでご用意しております。パッケージによって出力信号と取付け方法が異なります。「グラフ」のタブでは各PMTの放射感度を比較したプロット図がご覧いただけます。放射感度は量子効率に密接に関係しています。詳しい仕様については上の「仕様」タブをご覧ください。

PMM01、PMM02
こちらのPMTモジュールの検出部はØ22 mmです。トランスインピーダンスアンプが内蔵されているため、SMAコネクタから電圧信号を直接出力します。PMTのバイアス用制御電圧は2.5 mmモノジャックから供給します。バイアス制御には、+1.25 Vまで供給できる可変電圧電源が必要です。各モジュールには、ご自身で適切な低ノイズ電圧電源に接続できるよう、2.5 mmモノプラグが付属します。

光電陰極はSM1内ネジの奥にあります。SM1内ネジを利用すればPMTをSM1レンズチューブに取り付けられ、不要な光源からの散乱光が光電陰極に入るのを防いだり、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)のNDまたはバンドパスフィルタを取り付けたりすることができます。フィルタを直接取り付けることは入射窓に接触することになりますのでお勧めしません。また、当社の30 mmケージシステム用に4つの#4-40タップ穴も付いています。筐体の3つの側面には、Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)ならびにØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)のポストへの取付け用に、#8-32タップ穴が付いています。ミリ規格のセットアップ用にM4 - #8-32ネジアダプタ(型番 AS4M8E)が付属しています。

こちらのPMTモジュールには電源LDS1212-JPと国内対応の電源コードが付属します。交換用の電源については下記をご参照ください。

PMT1001/M、PMT1002
こちらのPMTの光電陰極の検出部はØ8 mmです。トランスインピーダンスアンプが内蔵されているため、SMAコネクタから電圧信号を直接出力します。PMTの動作には4.5~5.5 V DC、350 mA(典型値)の電源が必要ですが、これはUSB 2.0のミニポートから供給することができ、標準のA型USBポートに接続して使用することができます。当社のソフトウェア(「ソフトウェア」タブ参照)を動作させているPCで制御することも可能で、PC接続用のUSB 2.0アダプターケーブル(A-miniタイプ)も付属しています。

こちらのPMTは、2種類のパッケージでご用意しており、幅広い取り付けオプションを実現しています。 PMT1001/MはSM1内ネジ付きで、SM1レンズチューブに接続できます。 また、4つの#4-40タップ穴を使用して30 mmケージシステムに取り付けたり、M6タップ穴を使用して当社のØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)ポストなどに取り付けたりすることもできます。PMT1002はCマウント内ネジ付きで、Cマウントエクステンションチューブに接続できます。

お手持ちの当社の共焦点および多光子システムへの組み込みをご希望の場合は、当社までご相談ください。

PMTSS
こちらのPMTモジュールの検出部は3.7 mm × 13.0 mm (H × V)です。BNCコネクタからは電流信号が出力されます。モジュールPMM01やPMM02とは異なりトランスインピーダンスアンプは内蔵されていませんが、当社ではトランスインピーダンスアンプTIA60を別途ご用意しております。PMTにバイアスをかけるための制御電圧は、メス型M8 x 1コネクタから供給します。バイアス制御には+1.20 Vまで供給できる可変電圧電源が必要です(詳細は「グラフ」タブをご覧ください)。各モジュールにはリード線付きのオス型M8 x 1コネクタが付属しているので、ご自身で適切な低ノイズ電圧電源を接続できます。

光電陰極はCマウント内ネジの奥にあります。このCマウント内ネジによりPMTをCマウントエクステンションチューブに接続することができ、それにより不要な光源からの散乱光が光電陰極に入るのを防いだり、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)のNDまたはバンドパスフィルタを取り付けたりすることができます。PMTモジュールのネジは、固定リングを使ってフィルタを直接取り付けられるほどの深さはありません。

こちらのPMTモジュールには電源は付属しません。付属のオス型M8 x 1コネクタに付いているリード線は、電流リミット値を7 mAに設定した+15 VDC電源に接続してください。詳細については「ピン配列」ならびに「発送リスト」のタブをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PMT1001 Support Documentation
PMT1001光電子増倍管、マルチアルカリ、230~920 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥454,610
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
PMM01 Support Documentation
PMM01光電子増倍管、バイアルカリ、280~630 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応
¥280,540
3-5 Days
PMM02 Support Documentation
PMM02光電子増倍管、マルチアルカリ、280~850 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応
¥320,450
3-5 Days
PMT1002 Support Documentation
PMT1002光電子増倍管、マルチアルカリ、230~920 nm、Cマウントネジ
¥454,610
3-5 Days
PMTSS Support Documentation
PMTSS1チャンネルPMTモジュール、185~900 nm、Cマウントネジ
¥299,130
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PMT1001/M Support Documentation
PMT1001/M光電子増倍管、マルチアルカリ、230~920 nm、SM1ネジ、30 mmケージ対応、M6タップ穴(ミリ規格)
¥454,610
3-5 Days

単独型シングルチャンネルGaAsP PMT

Collection Angle of PMT2100 Series
Click to Enlarge

PMT2100シリーズの集光角度
  • スペクトル範囲: 300~720 nm
  • トランスインピーダンスアンプによる電圧出力
  • PMT2101(/M):SM1ネジ付き、30 mmケージキューブに対応、ポスト取付け用のM6タップ穴付き
  • PMT2102:Cマウントネジ付き

蛍光実験などで低強度の信号を検出するために、検出部がØ5 mmのGaAsP PMTモジュールをご用意しています。 GaAsP光電陰極は可視スペクトルで高い量子効率を持つため、アルカリ金属の光電陰極に比べて入射光への感度が大きくなります(放射感度のグラフは「概要」タブをご覧ください。放射感度は量子効率に比例します)。また、こちらのPMTモジュールは集光角度が広いため、さらに光検出感度が向上します(右図参照)。ただし、高強度の入射光にさらされた場合、アルカリPMTに比べて感度が劣化しやすいのでご注意ください。

こちらのPMTはトランスインピーダンスアンプを内蔵しているため、SMAコネクタからは電圧信号が出力されます。 USB 2.0ミニポートから電力を供給することも可能です。4.5~5.5 V DC、350 mA(典型値)の電源で動作するため、標準のUSBポートをご使用いただけます。当社のソフトウェア(「ソフトウェア」タブ参照)を動作させているPCで制御することも可能で、PC接続用のUSB 2.0アダプターケーブル(A-miniタイプ)も付属しています。

こちらのPMTは、2種類のパッケージでご用意しており、幅広い取り付けオプションを実現しています。 PMT2101/MはSM1内ネジ付きで、SM1レンズチューブに接続できます。 また、4つの#4-40タップ穴を使用して30 mmケージシステムに取り付けたり、M6タップ穴を使用して当社のØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)ポストなどに取り付けたりすることもできます。PMT2102はCマウント内ネジ付きで、Cマウントエクステンションチューブに接続できます。

お手持ちの当社の共焦点および多光子システムへの組み込みをご希望の場合は、当社までご相談ください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PMT2101 Support Documentation
PMT2101光電子増倍管、GaAsP、 300~720 nm、SM1ネジ付き、30 mmケージ対応、1/4”-20タップ穴(インチ規格)
¥806,000
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
PMT2102 Support Documentation
PMT2102光電子増倍管、GaAsP、 300~720 nm、Cマウントネジ付き
¥806,000
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PMT2101/M Support Documentation
PMT2101/M光電子増倍管、GaAsP、 300~720 nm、SM1ネジ付き、30 mmケージ対応、M6タップ穴(ミリ規格)
¥806,000
Lead Time

マルチチャンネル検出用PMT

Adding a PMT Channel
Click to Enlarge

追加チャンネルを簡単に接続可能なインターロック式のアリ溝
Fluorescence Filter Cubes
Click to Enlarge

ダイクロイックミラーやバンドパスフィルタを保持するための取外し可能なフィルターキューブトップ
モジュールPMTSS2とPMTSS2-SCMを使用して3チャンネルの検出システムを構築
  • PMTSS2:2チャンネルPMTモジュール、交換可能な蛍光フィルターキューブインサート付き
  • PMTSS2-SCM:追加用1チャンネルPMTモジュール、機械的ならびに光学的アライメント用のアリ溝付き
  • SMA905コネクタ付きファイバや自由空間からの入力に対応
  • 追加用のフィルターキューブインサートを別途ご用意

2チャンネルモジュールPMTSS2ならびにアドオン式モジュールPMTSS2-SCMは、複数のスペクトルチャンネルに渡る信号の検出が簡単にできるように設計されています。モジュールPMTSS2はPMT(型番PMTSS、詳細は上記参照)が2台と、フィルターキューブトップDFM1T1が組み込まれています。フィルターキューブトップには、1枚のダイクロイックミラー(25 mm x 36 mm)と1枚のバンドパスフィルタ(Ø25 mm)を各光電陰極の前に保持できるため、PMTが検出する波長の選択が可能です。また交換が簡単にきるように、磁石による保持機構が付いています。PMTSS2-SCMは、PMTSS2にアドオンが可能な1チャンネルのモジュールで、PMTが1台と追加のフィルターキューブトップDFM1T1が組み込まれています。

モジュールPMTSS2の入力ポートにはSMA905コネクタ付きのファイバーコリメーターアセンブリが付いており、マルチモードファイバーパッチケーブルまたはバンドルに結合された信号を入力できます。250~1200 nm用のコア径Ø910 µm、NA0.22のSMA905コネクタ付きパッチケーブル(ファイバ素線型番 FG910UEC)がモジュールに付属しています。必要であれば、コリメーターアセンブリを取り外し、モジュールに自由空間の信号を入力することもできます。アセンブリのネジを取り外すと、SM1内ネジが露出し、当社のØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)レンズチューブを取り付けられるようになります。アドオン式モジュールPMTSS2-SCMにはファイバーコリメーターアセンブリは付属しておりませんが、PMTSS2に付属しているアセンブリを取り付けることが可能です。

PMTSS2-SCMを既存のPMTSS2セットアップに追加できるようにするため、筐体にはインターロック式のアリ溝があり、それによって機械的および光学的なアライメントを行います。取り付け手順は右の動画をご覧ください。取り付けには、2 mmボール(六角)ドライバまたは六角レンチが必要です。付属のファイバ入力アセンブリを使用する場合、ビームが拡散して信号の検出効率を低下させないよう、最大でも8チャンネルまでのご使用をお勧めいたします。自由空間信号を使用する場合、各光電陰極の検出部は3.7 mm × 13.0 mm(H × V)です。

各PMTの出力電流はBNCコネクタから出力されます。トランスインピーダンスアンプは付属しておりませんが、当社ではトランスインピーダンスアンプTIA60を別途ご用意しております。各PMTにはそれぞれ別の制御電圧が必要ですが、それらはメス型M8 x 1コネクタより供給します。バイアス制御には+1.20 Vまで供給できる可変電圧電源が必要です(詳細は「グラフ」タブをご覧ください)。モジュールPMTSS2にはリード線付きのオス型M8 x 1コネクタが2つ付属しており、お客様ご自身で適切な低ノイズ電圧電源に接続可能です。アドオン式モジュールPMTSS2-SCMにはコネクタが1つ付属します。

各モジュールには光学テーブルまたはワークステーション取付け用のM6ザグリ穴スロットが付いています。モジュールの重量が大きいので、直接テーブルに取り付けることを推奨しています。PMTは止めネジ(セットスクリュ)を2 mmボールドライバまたは六角レンチで緩めることにより、モジュールのほかの部分から取り外すことができます。

こちらのPMTモジュールには電源は付属しておりません。付属のオス型M8 x 1コネクタに付いているリード線は、電流リミット値を7 mAに設定した+15 VDC電源に接続してください。詳細については「ピン配列」ならびに「発送リスト」のタブをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
PMTSS2 Support Documentation
PMTSS22チャンネルPMTモジュール、標準感度
¥812,500
3-5 Days
PMTSS2-SCM Support Documentation
PMTSS2-SCM1チャンネル追加用PMTモジュール、標準感度
¥425,360
3-5 Days
DFM1T1 Support Documentation
DFM1T1キネマティックケージキューブトップ、蛍光フィルターセット用
¥29,380
3-5 Days

交換用電源、モジュールPMM01およびPMM02用

  • モジュールPMM01、PMM02の交換用電源
  • 日本国内ではAC100 Vに最適化されたLDS1212-JPをご提供
  • ±12 VDC出力
  • ケーブル長は2 m、LUMBERG製オス型コネクタRSMV3-657/2M付き

LDS1212-JPは±12 VDC出力の安定化電源で、当社のモジュールPMM01およびPMM02にご使用いただけます。LED付きのOn/Offスイッチがあり、入力電圧を100 VACまたは230 VACに切り替えることが可能です。コード長は2 mで、コネクタはグランド用、+12 V用、-12 V用の3ピンです(右図参照)。この電源には日本国内仕様の電源コードが付属します。

この電源は当社のPDAシリーズの増幅フォトディテクタPDBシリーズの差分フォトディテクタ(バランスディテクタ)APDシリーズのアバランシェフォトディテクタにも対応しています。

+1 数量 資料 型番 - Universal 定価(税抜) 出荷予定日
LDS1212 Support Documentation
LDS121212 VDC安定化電源、6W、100/230 VAC (日本国内用LDS1212-JP)
¥10,238
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   Home  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2017 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-5979-8889
Tech Support: +81-3-5979-8889


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image