安定化重水素ランプUV光源


  • 200 - 700 nm Output with Continuous UV Spectrum from 200 - 400 nm
  • Long 2000 Hour Lifespan
  • SMA905 Fiber-Coupled Output
  • Compatible with SM1 Components and 30 mm Cage Systems

SLS204

Deuterium Light Source

Application Idea

SLS204 Shown with Included M114L01 Solarization-Resistant Patch Cable

SLS254B

Replacement Deuterium Bulb (Not to Scale)

Related Items


Please Wait
deuterium lamp front
Click to Enlarge
SLS204は、出力ポートのファイバーアダプタとダストキャップを取り外して、30 mmケージシステムの部品SM1ネジ付きのコンポーネントを取り付けることができます。
deuterium lamp front
Click to Enlarge
SLS204のスペクトルパワー分布の測定値。青い網掛け部分はこの光源の波長範囲を示しています。生データはこちらからダウンロードいただけます。

特長

  • 200~700 nm用の重水素ランプ光源
  • ライトバルブの出力強度:30 W(閉ループフィードバックで安定化)
  • 出力パワーのドリフト:0.02%/hr、0.1%/°C
  • 出力部はSMA905によるファイバ結合(ダストカバー付き)
  • 開口部にはSM1内ネジ付き
  • 30 mmケージシステムØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)レンズチューブに対応
  • 交換用のライトバルブを別売りでご用意
  • 電源ケーブル(日本国内用)が付属

当社の重水素ランプ光源SLS204は、波長範囲200 nm~700 nmの安定な照明として使用することができます。 短いUV波長(200~400 nm)に強い連続スペクトルがあるため、UV分光法の用途に適しています。30 Wのライトバルブは閉ループフィードバックシステムで安定化されており、その出力はファイバーパッチケーブルを接続するためのバルクヘッドSMA905に結合されています。低騒音ファンで光源とライトバルブを冷却することにより、50時間以上の連続動作を可能にしています(光源の経時的な安定性については「グラフ」タブをご覧ください)。SLS204には日本国内用の電源ケーブルが付属しています。

SLS204には耐ソラリゼーションのマルチモードファイバーパッチケーブルM114L01が付属しています。 この付属のパッチケーブルを使用した時のファイバからの出力パワーは0.1 mW(典型値)、自由空間に直接出力した時のパワーは2 mW(典型値)です。

こちらの光源の筐体内には、重水素バルブと、そこから放出された光をファイバーポートに集光するための複数のUV溶融石英(UVFS)レンズが収められています。バルブ内に生成されたアーク放電によりガス状の重水素が励起され、その分子からUV域の連続スペクトルが放射されます。ほかに486 nmおよび656 nmにも大きなスペクトルのピークが現れます。SLS204内の重水素バルブの寿命は2000時間です。交換用のライトバルブを別売りでご用意しております。交換方法については「ライトバルブの交換」タブをご覧ください。

SLS204の出力開口部には、ファイバーアダプタSMA905とヒンジ付きのダストキャップが付いています。アダプタを取り外してSM1内ネジを露出させると、SM1外ネジ付きファイバーアダプタを取り付けることができます。ダストキャップも、付属の2 mmの六角レンチまたはボールドライバで取り外すことができます。それにより30 mmケージロッド用の4個の#4-40タップ穴のうちの残りの2個にもアクセスできるようになり、30 mmケージシステム部品の取付けが可能になります。ケージシステムを使用することで、様々な光学マウントをこの光源の光学系の中心に沿って組み込むことができます(上の写真参照)。

SLS204は高強度のUV光を発生しますのでご注意ください。適切な保護メガネを使用し、動作中は出力光を直接見ないようにしてください。また、手や体の一部をビーム光路に入れないでください。

Item #SLS204
Wavelength Range200 - 700 nm
Bulb Electrical Power30 W
Output FiberM114L01 Patch Cable (Included)
Ø600 µm, 0.22 NA, SMA905 Connectors
Fiber-Coupled Output Powera0.1 mW (Typical)
Free-Space Output Powerb2 mW (Typical)
Output Power Drift0.02% Per Hour (Typical)
0.1% Per °C (Typical)
Output Power Stabilityc<0.06%
Bulb Lifetimed2000 h
Power Supply100 - 240 VAC, 50 - 60 Hz
Operating Temperature0 - 40 °C
Storage Temperature-15 - 70 °C
Dimensions (L x W x H)246.3 mm x 170.0 mm x 129.8 mm
(9.70" x 6.69" x 5.11")
  • ライトバルブの使用開始直後、ファイバーパッチケーブルM114L01を使用して測定。
  • ライトバルブの使用開始直後、出力ポートからファイバーアダプタを取り外して測定。
  • 45分のウォームアップ後、室温にて1 Hzのサンプリングレートで1時間測定した光パワーの標準偏差。
  • 230 nmにおいて、ライトバルブの出力する光パワーが初期値の50%まで下がる時間で定義。
SLS204 Front Panel
Click to Enlarge
SLS204の前面パネル
SLS204 Front Panel
Click to Enlarge
SLS204の背面パネル
Patch Cable Item #Wavelength RangeNACore DiameterCladding DiameterCoating DiameterBend Radius (Short Term)Bend Radius (Long Term)
M114L01180 - 1200 nm0.22600 ± 12 µm660 ± 6 µm750 ± 20 µm53 mm106 mm
Spectrum
Click to Enlarge
光源SLS204のスペクトルパワー分布の測定値。青い網掛け部分はこの光源の波長範囲を示しています。重水素ランプ光源の連続スペクトルは200 nm~400 nmに及びます。300~400 nmおよび225 nm未満で出力光強度が小さくなっているのは、ディテクタによって制限されているためです。
Spectrum
Click to Enlarge
SLS204を50時間連続動作させたときの出力の安定性。光源を点灯してから出力が安定化されるまでの45分のウォームアップ期間は、このグラフには含まれていません。
Bulb Handling
Click to Enlarge

ライトバルブを扱うときは、手袋を着用して金属部分を持つようにしてください。ライトバルブのエンベロープ部には直接触れないようご注意ください。

ライトバルブの取り扱い

重水素ランプ光源に使用されているバルブは、動作中は大変高温になります。不適切な取り扱いは大変危険で、重大な傷害につながる可能性があります。取り扱う際には、安全に関する指示事項を守ることが重要です。

下記ガイドラインではライトバルブの正しい取り扱い方を説明しています。

  • ライトバルブについた埃や油脂などはライトバルブのエンベロープ部に欠陥を生じさせ、破裂する可能性が高くなります。ライトバルブに付着した汚れ、油、糸くずなどはアルコールとリントフリーの布またはティッシュで拭きとってください。
  • ぶつけたり、落としたり、過度の力を加えたりしないでください。また、ライトバルブに傷をつけないようご注意ください。ライトバルブが破裂する恐れがあります。
  • ライトバルブを運ぶ際には付属の防護ケースに入れ、取り付けるまではカバーをかけてください。
  • 防護ケースやカバー、および包装資材(箱)は、使用済みライトバルブを入れるために保管するために残しておいてください。
  • ライトバルブを取り扱う際には常に手袋を着用し、エンベロープ部は決して持たないようにしてください(右写真参照)。当社ではライトバルブを取り扱う際にご使用いただける手袋もご用意しております。
  • ライトバルブからは非常に高強度のUV光が放射されます。動作中は、適切な保護メガネを着用してください。
  • 動作中のライトバルブは非常に熱くなります。ライトバルブの取り扱いは、動作終了後10分以上経過し、バルブの温度が下がってから行ってください。
  • ライトバルブを取り扱う際には静電気(ESD)防止をすることもお勧めいたします。

 

SLS204 Bulb Installation
Click to Enlarge
ステップ3:クランプを押してコネクタを引き抜きます。
SLS204 Bulb Installation
Click to Enlarge
ステップ 2:バルブカバーを取り外します。
SLS204 Bulb Installation
Click to Enlarge
ステップ1:パネルのネジを緩めます。
SLS204 Bulb Installation
Click for Details
ステップ6:新しいライトバルブと交換します。
SLS204 Bulb Installation
Click to Enlarge
ステップ5:ライトバルブをホルダから取り外します。
SLS204 Bulb Installation
Click to Enlarge
ステップ4:ライトバルブのネジを緩めます。

ライトバルブの取付け方法

重水素ランプ光源SLS204内のライトバルブを交換する際の推奨手順を右に写真付きで説明しています。ライトバルブおよびユニットが高温の間は、この交換作業は行わないでください。光源の電源をオフにした後、10分以上経過してからライトバルブの交換を始めてください。

ライトバルブを交換する際には、皮脂がバルブに付着しないように、手袋をはめて実施することを強くお勧めします。ライトバルブに汚れが付着している可能性がある場合には、電源を接続する前にアルコールで汚れを落としてください。

光源の筐体を開ける

  1. 付属の2 mm六角レンチで光源の側面パネルのネジを緩めます。
  2. バルブカバーを引き出し、取り外します。

古いライトバルブの取り外し

  1. コネクタ側面の2つのクランプを同時に押し、コネクタをソケットから引き抜いてライトバルブを電源から切り離します。
  2. 2 mm六角レンチを使用して、光源内でライトバルブを固定している2個のキャップスクリュを取り外します。
  3. 金属製の部分を持ってバルブを引き抜きます。その際、ライトバルブのエンベロープ部に触れないようにしてください。

新しいライトバルブの取り付け

  1. 新しいライトバルブのベース部分にある溝とバルブホルダの前側にあるピンを合わせて、光源内に設置します。六角レンチで2個のキャップスクリュを締め付けたのち、黒いコネクタを差し込んでバルブを接続します。最後に、側面パネルを元に戻してパネルのネジを六角レンチで締め付けます。

Posted Comments:
Raymond Garcia  (posted 2023-12-18 17:37:57.87)
to whom it may concern: can you tell me it this product, SLS204, is UL-listed? Thank you. ray
ksosnowski  (posted 2023-12-21 09:24:51.0)
Thank you for contacting Thorlabs. The SLS204 is not UL-listed.
Chih-Chun Hsu  (posted 2022-01-19 03:40:40.417)
Hello sir, We bought a SLS204 last December However the intensity of the output light is changing through time. Is there anything we may check? Or may I turn off the light corrections? Thank you Best wishes Jim
YLohia  (posted 2022-01-20 03:20:56.0)
Thank you for contacting Thorlabs. The SLS204 is equipped with an internal feedback loop to ensure a constant output intensity. Please allow 45 minutes to 1 hour for the light source to stabilize and reach a state of equilibrium. It is not possible to turn off this correction feature. The measured power fluctuations are usually dependent on the measurement method used. We will contact you directly to discuss this further.
user  (posted 2021-01-28 12:08:30.307)
The describtion for the SLS204 says that a "series of UV fused silica lenses to focus the emitted light on the fiber port" and that the fiber port can be dismounted and Ø1" optics can be used instead. My question is what sort of lenses is needed to create a Ø1" or Ø1/2" collimated beam? Kind regards, Jesper Skottfelt
YLohia  (posted 2021-02-01 10:07:53.0)
Thank you for contacting Thorlabs. With the fiber adapter removed, this can operate as a free-space light source. The NA of the source is roughly 0.50, which would make it quite hard to properly collimate and you will need an even higher NA lens in order to do so. We recommend these high NA UV Fused Silica aspheric lenses for collimating the Dt light source (https://www.thorlabs.com/newgrouppage9.cfm?objectgroup_id=14329). Please note that the output beam cannot be perfectly collimated, since it is a lamp and not a laser.
masonkn608  (posted 2019-01-02 16:24:20.267)
Can you advise a filter to remove the visible lines from the deuterium lamp SLS204, but still passs 200-400nm? Regards, Ken Mason
YLohia  (posted 2019-01-03 09:13:37.0)
Hello Ken, thank you for contacting Thorlabs. Unfortunately, we currently do not offer a short pass filter that passes the UV region and blocks the visible light. I have posted your request on our internal engineering forum for further consideration.
ktothejw  (posted 2018-07-16 22:11:31.62)
Unlike the equipment spec, the intensity is greatly reduced around 275 nm (using CCS200). If you give me mail, I will send the data together. Best regard.
YLohia  (posted 2018-07-17 08:42:59.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. In general, you can reach us via email at techsupport@thorlabs.com. That being said, this attenuation is to be expected when using the CCS200. For one, amplitude correction is not available below 380nm, so the spectrum curves will not be true. To add to that, a large difference in the relative response of the system from the UV to the visible inhibits reliable power readings in the UV when performing broadband measurements. Features in the UV may still be visible with the use of a bandpass or shortpass filter to prevent saturation at longer wavelengths.

下記は、当社のすべての白色広帯域照明用光源(ランプ)のセレクションガイドです。これらの光源以外に、マウント無し白色LEDマウント付き白色LEDファイバ出力型白色LEDSolis®高出力白色LEDもございます。

Broadband Light Source Selection Guide
Item #(Click to
Enlarge;
Not to Scale)
Emitter TypeWavelength
Range
(Click for Plot)
Output CouplingOutput PowerBulb
Electrical
Power
Color
Temperature
Bulb
Lifetime
Replacement
Bulb
SLS204Deuterium200 - 700 nmFree Space or
Fiber Coupled (SMA)
2 mWa
0.1 mWb
(Typ.)
30 WN/A2000 hcSLS254B
SLS205Xenon Arc240 - 1200 nmFree Space or
Fiber Coupled (SMA)
290 mWa
5 mWd
(Typ.)
75 W5800 Ka
5400 Kd
2000 hcSLS255B
SLS401Xenon Arc240 - 2400 nmFree Spacee>1.3 Wa150 W5800 K2000 hcSLS401Bf
or SLS402B
SLS402Mercury-Xenon Arc240 - 2400 nmFree Spacee>1.3 Wa150 W6000 K2000 hcSLS401B
or SLS402Bf
SLS302Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 2500 nmFree Spacee>10 Wa150 W3400 K1000 hgSLS301B
SLS201L(/M)Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 2600 nmFree Spacee or
Fiber Coupled (SMA)
500 mWa
10 mWh
9 W2796 K10 000 hSLS251
SLS301Quartz
Tungsten-Halogen
360 - 3800 nmFree Spacee>1.6 Wa150 W3400 K1000 hgSLS301B
OSL2Quartz
Tungsten-Halogen
400 - 1600 nm
(Typical)
Fiber Bundle1.4 Wi150 W3200 K1000 hcOSL2Bf,
OSL2B2,
or OSL2BIR
OSL2IRQuartz
Tungsten-Halogen
400 - 1750 nm
(Typical)
Fiber Bundle3.8 Wi150 W3200 K200 hcOSL2B,
OSL2B2,
or OSL2BIRf
QTH10(/M)Quartz
Tungsten-Halogen
400 - 2200 nmFree Space50 mW (Typ.)10 W2800 Kj (Typ.)2000 hQTH10B
SLS202L(/M)Tungsten450 nm - 5.5 µmFree Spacee or
Fiber Coupled (SMA)
700 mWa
1.5 mWk
7.2 W1900 K10 000 hSLS252
SLS203L(/M)Silicon Carbide Globar500 nm - 9 µmFree Space>1.5 Wa24 W1500 K10 000 hSLS253
SLS303Silicon Nitride Globar550 nm - 15 µmFree Space4.5 Wa70 W1200 K5000 hgSLS303B
  • アダプタ無し、ライトバルブの使用開始直後測定された自由空間への光出力パワー 
  • ライトバルブの使用開始直後、耐ソラリゼーションパッチケーブルM114L01を接続して測定
  • 最大出力光パワーが使用開始時の50%に低下するまでの合計動作時間 
  • ライトバルブの使用開始直後、耐ソラリゼーションパッチケーブル M111L01を接続して測定
  • 自由空間出力を液体ライトガイド(LLG)に結合するアダプタ(別売り)をご用意しております。
  • このライトバルブは光源に付属するライトバルブと同じです。
  • コントローラがライトバルブの出力パワーを安定させるまでの合計動作時間
  • ライトバルブの使用開始直後、付属のファイバーパッチケーブルを接続して測定したファイバ出力光のパワー
  • 最大バルブ出力強度におけるファイバ端でのパワー 
  • 色温度はユニットにより異なります。
  • ライトバルブの使用開始直後、当社のZrF4 MIRパッチケーブルMZ41L1を接続して測定

安定化重水素ランプUV光源

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
SLS204 Support Documentation
SLS204Customer Inspired! Stabilized Deuterium Light Source, 200 - 700 nm
¥446,752
Today
SLS254B Support Documentation
SLS254BReplacement Deuterium Bulb for the SLS204
¥86,748
7-10 Days