アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

Vytran®自動光ファイバ加工機、クリーバ内蔵


  • Fabricate Fiber Splices, Tapers, Terminations, Couplers, and Combiners
  • Built-In Fiber Cleaver and Real-Time Fusion Imaging
  • Automated XY and Rotational Alignment
  • Two Models for Optical Fiber Claddings up to Ø1.25 mm or Ø1.7 mm

VHT1

Transfer Clamp

GPX3850

Glass Processor with Built-In Cleaver

VHA10

Fiber Holder Top Insert

VHG300

Graphite V-Groove

FTAV5

Graphite Filament Assembly

Glass Processor Workstations, Filaments, Inserts, and Accessories All Sold Separately

Related Items


Please Wait

特長

  • 融着接続(スプライス)、テーパ加工、終端加工、カプラ作製、コンバイナ作製
  • XYならびに自動回転アライメント
  • ダイヤモンド製クリーブブレード内蔵のスプライスヘッド
  • 融着接続またはテーパ加工中のファイバのリアルタイム画像
  • シングルモード、マルチモード、偏波保持、特殊ファイバに対応
    (使用例については「用途」のタブをご覧ください)
  • 標準的なガラス製ファイバを低損失(約0.02 dB)で融着接続(詳細は「仕様」のタブをご覧ください)
  • 端面イメージングによりファイバの真円度、重心およびコアの偏心を測定
  • 加工プロセス開発用GUIソフトウェアと融着接続プロセスライブラリ(詳細は「ソフトウェア」のタブをご覧ください)

独自のシステムを構築可能(下記のアイテムを選択してください)

  • (必須) 加工機: クラッド径がØ1.25 mmまでのファイバ用加工機(GPX3800)、 またはØ1.7 mmまでのファイバ用加工機(GPX3850)
  • (必須)上部ならびに底部インサート: 各2個必要。詳細は「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください)
  • (必須/オプション) 並列用ファイバーホルダ底部インサート:カプラ/コンバイナの作製に必要
  • (オプション) フィラメントアセンブリ:6種類のグラファイトフィラメントと3種類のイリジウムフィラメントからお選びください(グラファイトフィラメントFTAV4 1個は加工機に付属)
  • (オプション)フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ(特殊カプラまたはコンバイナ製造用)
  • (オプション) テーパ加工用液体冷却システム(GPX3850には1個付属)
  • (オプション) テーパ加工用ソフトウェアとハンドリング治具
  • (オプション)ファイバーコンバイナ加工治具 
Tension and Scribe Method
Click to Enlarge

GPX3800ならびにGPX3850で平坦なクリーブを行うテンション・スクライブ方式の説明図です。クリーブ前にファイバの光軸方向に沿って張力をかけます。次にダイヤモンド製のブレードでファイバをスクライブすると、スクライブは張力をかけた方向と直交するファイバ面全体に広がります。

Click to Enlarge

テーパ線引き工程中に温度の疑似カラーオーバーレイ表示

Click to Enlarge
カメラを使用したファイバ融着工程のリアルタイム画像

当社のVytran®光ファイバ加工機は、融着接続、テーパ加工、カプラ作製、終端処理、コンバイナ作製など、様々なファイバ加工ができるよう設計された多用途のプラットフォームです。こちらのページでご紹介している光ファイバ加工機のスプライスヘッドには特許取得済み(US Patent:9,977,189)の精密クリーバが組み込まれています。また、熱イメージングカメラを用いてスプライス工程をリアルタイムでモニタリングすることや、融着接続前にファイバ端のXY方向やファイバーコアの回転方向を自動でアライメントすることも可能です。これらの特長により、幅広い種類のファイバのテーパ加工や終端加工だけでなく、偏波保持ファイバやコアが微細構造の特殊ファイバのクリーブおよび融着接続にも適用できます。 GPX3800はクラッド径がØ1.25 mmまでのファイバ、より高出力のGPX3850は、クラッド径がØ1.7 mmまでのファイバの加工が可能です。

光ファイバ加工機内のフィラメントベースの加熱アセンブリが、均一かつ精密に制御された高温度の熱源となります。フィラメントは様々な材質とサイズで9種類をご用意しており(下記参照)、簡単に交換可能なため、同じ加工機で幅広いクラッド径のファイバならびに特殊ファイバに対応できます。ファイバの位置と向きの精密制御により、異種のファイバ同士の低損失融着接続や、断熱テーパ加工、ファイバの終端処理、または融着型ファイバーカプラの製作まで高度なファイバ加工が可能です(使用例については「用途」タブをご覧ください)。

スプライスヘッドに内蔵されているファイバークリーバは、LDC401シリーズのファイバークリーバと同様の「テンション・スクライブ」方式を採用しており、クラッド径400 µmまでのファイバに対応できます。右の図のように、ファイバの長さ方向に沿って張力をかけてから、ダイアモンド製のクリーブブレードで自動スクライブを行います。ファイバをブレードでスクライブした後も張力は維持されるので、ファイバの幅全体にスクライブが広がり、クリーブが完了します。 

True Core Imaging®技術と熱イメージング用カメラ
これらのファイバ加工システムにはTrue Core Imaging技術が用いられており、ファイバの測定やアライメント用に高解像度の画像が生成されます。ファイバ加工ワークステーションに組み込まれているデジタルCCDカメラとミラータワーにより、ファイバのクラッドとコアの側面ならびに端面の鮮明な画像が得られます。 この技術的特長によりファイバの特性(コア・クラッド径、クリーブ角度など)を自動測定できるほか、自動アライメントシステムのフィードバックや、同種・異種ファイバの融着接続時の接続損失を正確に計算できます。自動端面アライメントには上部インサートVHB00またはVHB05(下記参照)が必要です。

カメラシステムに組み込まれたNDフィルタによって、融着接続およびテーパ加工中のファイバのリアルタイム画像を取得できます(右の写真参照)。 この高度イメージング機能により、融着接続およびテーパ加工の品質を即座にフィードバックできるため、用途に応じたプロセス開発とパラメータの最適化を素早く行うことができます。

オプションとアクセサリ
光ファイバ加工機の使用には、加工機ワークステーションが1台(下記からお選びください)、上部インサートが2個(別売り。下記参照)、底部インサートが2個(別売り。下記参照)、そして>99.999%の高純度アルゴンガスタンク(当社ではご用意しておりません)が必要です。こちらの加工機には、グラファイトフィラメントFTAV4(クラッド径Ø125~Ø600 µm用)が1個付属しています。グラファイト以外の材質のフィラメント、もしくは他のクラッド径のファイバに対応するフィラメントも別途ご用意しています(下記参照)。

当社では特殊な用途向けのオプションをいくつかご用意しております。液体冷却システムGPXWCSは、フィラメントを長時間にわたって使用する場合、加熱アセンブリの冷却にご使用いただけます。長いファイバーテーパを作製する際にお勧めします。高出力のGPX3850に付属しています。GPX3800は追加機器としてご購入になれます。カプラまたはコンバイナを作製する際に使用する並列用ファイバーホルダ底部インサートは、加熱中に2本または3本のファイバを近接して保持できる設計になっています。また当社ではファイバーテーパ加工用アドオンソフトウェアとハンドリング治具もご用意しております(下記参照)。マイクロテーパ、ナノテーパ、溶融型光ファイバーカプラWDMカプラを再現性良く加工できます。アドオンソフトウェアと治具は、単体、またはキットとしてご購入が可能です。当社ではコンバイナ加工時にファイバーバンドルの取り付けや位置決めをサポートする治具GPXCFXLもご用意しております。

ファイバ加工機に内蔵されているクリーバ用の交換用ブレードもご用意しています(下記をご参照ください)。

対応するVytranファイバ加工システム
Fiber Preparation Station
(Strip and Clean)
Large-Diameter Fiber CleaversLarge-Diameter Fiber SplicerCO2 Laser Glass Processing System
(Splice and Taper)

Automated Glass Processing Systems with Integrated Cleaver
(Cleave, Splice, and Taper)
Automated Glass Processing Systems
(Splice and Taper)
Recoaters, Proof Testers,
and Recoaters with Proof Testers
Item #GPX3800GPX3850
Splicing Specifications
Fiber Types (Non PM)Single Mode, Multimode, Photonic Crystal, Large Mode Area, Non-Circulara
Fiber Types (PM)Panda, Elliptical, Bow-Tiea
Fiber Cladding DiameterUp to 1.25 mm (Max)Up to 1.7 mm (Max)
Fusion MethodFilament Fusion
Filament Temperature RangeRoom Temperature to 3000 °C
Splice Loss0.02 dB (Typical)b
Splice Loss EstimationTrue Core Imaging® Technology
Splice Strength>250 kpsi (Typical)c
Strength EnhancementFire Polish
Polarization Cross TalkPanda: >35 dB
Other Fiber Types: >30 dB
Fiber Inspection
Fiber Side ViewingTrue Core Imaging Technology
Fiber End ViewingFacet Inspection and PM Core Alignment
(VHB00 or VHB05 Top Insert Required)
Core / Cladding / Fiber DiameterAutomated Measurement
End Face InspectionInspection via GUI Display
Cleave AngleAutomated Measurement
Fiber and End Face Alignment
Fiber Z-Axis Movement180 mm (Max)
Z-Axis Movement Resolution0.25 µm via Stepper Motor
XY Axis Fiber Positioning Resolution 0.02 µm via Stepper Motor
Rotation AlignmentFully Automated End-View Alignment for Panda, Bow Tie, Elliptical-Core Fibers
External Extinction Ratio Feedback for Automatic Alignment of PM Fiber Types
Rotation Drive Resolution0.02°
Rotation Travel200°
Tapering
Tapering Length ~2 mmd (Min); Up to 150 mmd (Max)
Tapering Ratio (Max)Adiabatic Tapers up to 1:10 (Ratios Up to 1:100 Possible)
Tapering Speed1 mm/s (Typical)e
Adiabatic Tapering Loss<0.01 dB (Typical)
Computer and Software
PC ComputerIncluded
Splice FilesBuilt-In Library for Common Fibers and Processes
Physical
Size16.0" x 12.5" x 6.3" (410 mm x 320 mm x 160 mm)
Weight45 lbs (20 kg)
External Power SupplyUniversal Input: 96 - 260 VAC, 47 - 63 Hz, Single Phase
Glass Processor Input: 12 V and 48 V DC, 10 A
PC Input: 115 or 230 VAC, 47 - 63 Hz, Single Phase
Gas SupplyArgon, >99.999% Purity at 12 psig (Not Included)
Environmental
Operating Temperature15 to 40 °C
Altitude Range0 to 2000 m Above Sea Level
Operating Humidity0 to 75% Relative Humidity (Non-Condensing)
Storage Temperature-20 to 60 °C
Storage Humidity0 to 90% Relative Humidity (Non-Condensing)
  • 記載以外のファイバの種類にも対応します。お持ちのファイバの種類がご使用になれるかどうかについては当社までお問い合わせください。 
  • クラッド径Ø125 µmのシングルモードファイバの場合。
  • LDC401シリーズのクリーバまたは適切なファイバ加工器具を使用して準備したシングルモードファイバの測定値。 
  • テーパの形状に依存します。
  • テーパ加工速度は加工プロセスに大きく依存します。 1 mm/sは標準的なテーパ加工プロセスにおける典型的な速度です。

ファイバーホルダーインサートのセレクションガイド

ファイバーホルダーインサートは、様々なサイズのファイバを加工機内で保持できるよう設計されています。加工機には付属しないため、別途ご購入いただく必要があります。 標準型および移動用底部インサートにはファイバを保持するV溝が付いています。上部インサートには平坦な窪みが付いており、底部インサートのV溝と合わせてファイバを固定します。左側と右側のホールドブロックで保持されているファイバの外径が異なる場合もあるため、上部インサートと底部インサートはそれぞれ別売りとなっています。加工機の作動には最低でも上部インサートが2個、底部インサートが2個必要です。溶融型カプラやコンバイナの作製に使用される複数ファイバ用インサートとの使用にお勧めする上部インサートは下の表に掲載しています。

下の表では上部インサートと底部インサートの組み合わせにより対応するファイバ外径の最大値と最小値が記載されています。また、推奨する上部と底部インサートを組み合わせた場合のファイバのオフセット値も記載されています。なお、使用するファイバの被覆により、この表における外径(diameter)は、ファイバのクラッド径、被覆径、バッファ径のいずれかに該当します。ファイバの片端が切断廃棄される場合、廃棄側は、被覆やバッファ付きの方が望まれる(非円形ファイバなどの)特殊な場合を除き、クラッドでクランプすることをお勧めします。切断廃棄されないファイバ部分はガラスの損傷を防ぐため、常に被覆またはバッファが付いた部分でクランプする必要があります。これにより、左側と右側のホールドブロックで異なる種類のファイバーホルダーインサートを使用する場合があります。高品質な融着接続を実現するためには、左右のオフセット差を最小限に抑えることが重要です。

V-Groove Inserts
V溝は様々なサイズのファイバに対応します。
Legend
 
Best Fit
 
Second Best Fit: Try these options if the best fit does not incorporate your fiber sizes.
 
Third Best Fit: Try these options if the other two categories do not incorporate your fiber sizes.

ファイバーインサートセレクションチャート

  1. まずご使用になるファイバのサイズに1番合う底部インサートを選んでください。
    例: Ø800 µmファイバの場合、少しだけ(50 µm)小さいインサートVHF750が1番適しています。
  2. 下の表で選んだ底部インサートの右側の セルに記載されている最小・最大径の範囲内で上部インサートを選びます。
    :1.のØ800 µmファイバの場合、緑色のついた上部インサートVHA05のセルが最適であることを示しています。緑色のセルに記載されている数字により、このインサートの組み合わせは直径728~963 µmのファイバとなります。Ø800 µmファイバはこの範囲内にありますので、使用に適した組み合わせです。ほかにもいくつかの組み合わせが考えられますが、緑色のセルが1番適した選択であることを示しています。
  3. 各セルの2行目の数字は上部と底部インサートの組み合わせにより予測されるオフセットの範囲です。右と左のファイバーホールドブロックのインサートは、各組み合わせのオフセット差が最小限になるように選択してください。
    :底部インサートとしてVHF750、上部インサートとしてVHA05の750 µm溝を選択した場合、最小でØ728 µmのファイバが使用可能です。このファイバを使用した場合、ファイバの中心は底部インサートの表面から23 µm下に位置することになります。また、最大Ø963 µmのファイバを固定する場合、ファイバの中心は底部インサートの表面から213 µm上に位置することになります。Ø800 µmファイバについてもオフセットを補間することは可能ですが、60°のV溝におけるオフセットは外径の差と等しくなっております。つまり、ファイバは底部インサートの設計ファイバより50 µm大きいため(800 - 750 = 50)、ファイバの中心は底部インサートの表面から50 µm上に位置することになります。
  4. Ø1000 µm未満のファイバ用に設計されたホールドブロックには真空穴が付いており、溝内での小径ファイバのアライメントを補助します。Ø1000 µm以上のファイバ用の底部インサートにはこの穴はありません。光ファイバ加工機にはこの穴を経由して小さな保持力を与えるための真空ポンプが付いており、小径ファイバでも所定の位置に収まります。真空穴付きのインサートは下の表で「d」の脚注が付いています。
Top Insert Item #VHA00a
VHB00b
VHA00aVHA05c
VHB05b
VHA10cVHA15cVHA20cVHA25VHA30
Accepted Diameter (Nominal)≤320 µm400 µm500 µm750 µm1000 µm1250 µm1500 µm1750 µm2000 µm2250 µm2500 µm3000 µm
Bottom
Insert
Item #
Accepted
Diameter
(Nominal)
Min / Max Accepted Diameter (µm)
Min / Max Fiber Offset (µm)
VHF160d,e160 µm112 / 208
-49 / 48
-----------
VHF250d,e
250 µm177 / 320
-73 / 69
275 / 323
23 / 74
----------
VHF400d,e
400 µm279 / 519
-122 / 119
377 / 517
-23 / 117
410 / 519
-9 / 119
---------
VHF500d,e
500 µm346 / 592
-153 / 93
447 / 647
-53 / 147
476 / 711
-24 / 211
560 / 795
61 / 296
--------
VHF750d,e
750 µm516 / 759
-234 / 9
617 / 970
-132 / 221
643 / 878
-107 / 128
728 / 963
-23 / 213
812 / 1047
62 / 297
-------
VHE10c1000 µm--773 / 1008
-172 / 63
858 / 1093
-88 / 147
943 / 1178
-3 / 232
1036 / 1271
90 / 325
------
1250 µm---1034 / 1269
-176 / 59
1119 / 1354
-91 / 144
1212 / 1447
2 / 237
1288 / 1523
78 / 313
-----
VHE15c1500 µm----1280 / 1515
-172 / 63
1373 / 1608
-79 / 156
1449 / 1684
-2 / 233
1534 / 1769
82 / 314
----
1750 µm-----1534 / 1770
-159 / 76
1611 / 1846
-83 / 152
1695 / 1930
2 / 237
1772 / 2007
78 / 313
---
VHE20c2000 µm------1787 / 2022
-171 / 64
1871 / 2106
-86 / 149
1947 / 2183
-10 / 225
2032 / 2267
74 / 309
--
2250 µm-------2033 / 2268
-167 / 68
2109 / 2344
-91 / 144
2193 / 2429
-6 / 229
2278 / 2513
78 / 313
-
VHE252500 µm--------2270 / 2505
-172 / 64
2355 / 2590
-87 / 148
2439 / 2675
-2 / 233
2609 / 2844
167 / 402
VHE303000 µm---------2692 / 2944
-256 / -4
2777 / 3029
-171 / 81
2946 / 3918
-2 / 250
  • VHA00の片面は外径が非常に小さいファイバ向けにクランプ力が加えられるよう平面(溝なし)となっています。
  • 上部インサートVHB00ならびにVHB05にはファイバ端面LED照明用の窪みが付いています。
  • こちらのインサートは異なるファイバの外径にも対応できるよう両面が溝付きとなっています。
  • こちらの底部インサートは真空穴付きで、光ファイバ加工機で使用される小径ファイバのアライメントを補助します。
  • こちらの移動用インサートは長さがあり、VHT1と使用することによりGPXシリーズの光ファイバ加工機、ファイバークリーバLDC401およびLDC401A、そしてファイバ前処理ステーションFPS300間を移動させることができます。

付属の融着接続用ファイル

  • フィラメントFTAV2(V2)のバーンイン、ノーマライズ
  • Ø125 µmシングルモードファイバの融着接続
  • Ø125 µm偏波保持ファイバの融着接続
  • フィラメントFTAV4(V4)のバーンイン、ノーマライズ
  • Ø400 µmファイバの融着接続
  • Ø400 µmからØ200 µmへのテーパ加工

光ファイバ加工機ワークステーションには、加工機操作用のGUIソフトウェアがインストール済みのPCならびにモニタが付属しています。右表の一般的な融着接続ならびにテーパ加工手順が書かれた融着接続用ファイルの省略形式ライブラリが含まれます。GUIと融着接続用ライブラリーソフトウェアにより、新しいプロセス用に独自の融着接続ファイルを作成したり、既存のファイルのカスタマイズが可能です。また特殊な用途向けにアプリケーションファイルが含まれたアドオンソフトウェアパッケージも別途ご用意しています(下記参照)。特殊な用途に関するご質問は当社までお問い合わせください。

下記ではソフトウェアGUIでプログラム可能なファイバの融着接続ならびにテーパ加工について説明しています。


Click to Enlarge
図 1. 偏波保持ファイバのアライメント用ウィンドウのスクリーンショット

端面観察アライメント
端面観察アライメントは楕円コアファイバ(PMまたはPZ)などの偏波保持ファイバ、パンダまたはボウタイ型偏波保持ファイバ、あるいはこれらのハイブリッド融着接続に使用されます。これらのファイバは、XYアライメントの他にも、クラッド内の応力領域のアライメントのために回転アライメントが必要です。

端面観察アライメントプロセスは、まずファイバを後ろに引っ張り、2本のファイバの端面の間に端面観察用ミラーを差し込むことから始まります。LEDがファイバのクラッドを照らし、ファイバ端のイメージングが可能となります。ファイバ端面の画像が表示され、2本のファイバーコアの自動アライメントに使用されます。偏波保持ファイバのアライメントパラメータは、右図1の通り各ファイバの種類毎に設定可能です。このウィンドウには4つのパラメータが表示されています。ファイバ径(クラッド径)、ファイバの種類、そして左と右のファイバのPM形状に関する2つのパラメータです。パラメータが未知の場合、ファイバ端面の表示画像を使用して直接測定することができます。


Click to Enlarge
図 2. テーパ形状のカスタマイズウィンドウのスクリーンショット

ファイバーテーパのカスタマイズ
ファイバーテーパの形状は左図2のTaper Propertiesメニューを使用することにより規定できます。

テーパ加工のプロセスでは、3つの領域が作られます。始めにファイバを一定の熱で引き伸ばして細くし、ファイバ径が徐々に小さくなる「ダウンテーパ」領域を作ります。 所望のファイバ径まで細くなったら、一定の伸びを加えてファイバ径が一定に細い領域、ファイバーウェストを作ります。最後に引張力を弱め、元の太さまで戻す「アップテーパ」を作ります。所望するファイバの形状を作るためにフィラメントの温度と引張速度が制御されています。


Click to Enlarge
図 3. テンションモニタと制御システムのスクリーンショット

テンションモニタと制御
テンションモニターシステム(右図3参照)は、すべてのVytran®シリーズの加工機に付いていて、テーパ加工プロセスのフィードバックを行います。ファイバ加熱してテーパ加工プロセスを開始する前に、予め張力を印加(プリテンション)したり、テーパのパラメータを必要に応じて変更するために張力フィードバックを使用することもできます。

例えばØ400からØ200 µmへの標準的なテーパ加工は約20 gのプリテンションが必要です。プリテンションはファイバのホールドブロックの1つを使用し、微細ステップでファイバを引っ張ることにより与えられます。ファイバの張力をモニタすることにより、テーパ加工プロセス中にフィードバックループを設定することが可能です。例えば張力が0あるいはマイナスの値に低下した場合、ガラスが柔らかくなりすぎているので加熱を弱めます。逆に張力が設定値より大きくなった場合、ファイバが十分に柔らかくなっていないのでさらに加熱を強めます。

当社のVytran®光ファイバ加工機は、高精密かつ低損失の融着接続、テーパ加工、カスタム終端処理が可能なファイバ加工ならびにファイバ融着接続用の統合プラットフォームです。総合的なアプリケーションライブラリが特長で、様々なサイズと種類のファイバを加工できます。ファイバの融着接続と加工用途は下記ならびに右の動画でハイライトでご覧いただけます。

 


Click to Enlarge
2本の異種コアファイバの融着接続前と融着接続後。熱的膨張する前の異種のコアがはっきり見えます。

フィラメントによる融着

融着接続は2本の光ファイバの端面同士を熱によって結合するプロセスです。目標は2本のファイバが融着接続後も光が通った際に接続部で散乱または反射せず、さらに接続部およびその周辺が元のファイバと同等の強度を持つことです。光ファイバ加工機は、グラファイトまたはイリジウムの抵抗加熱フィラメントを使用し、融着に必要な熱を供給します。

融着接続する2本のファイバのアライメント完了後、フィラメントの中心がファイバ端に来るようスプライスヘッドの位置を変えます。それから電力を供給し、フィラメントの温度をファイバが融着接続できる温度、通常約3000 °Cまで上げます。空気中でそのような高温度に上げるとフィラメントは酸化します。そのため、フィラメントによる融着プロセス中はスプライスチャンバ内の酸素が流出するよう高純度のアルゴンガスを使用します。パージガス(当社ではご用意しておりません)が、融着プロセスの間高速でファイバ内を流れることにより、ファイバを清潔に保ち、接続強度を向上させます。 

モードアダプタとNA変換器
ラージモードエリア利得ファイバは多くの用途において、モードフィールド径またはNAが一致しないファイバを結合させなければなりません。光ファイバ加工機は、1本のファイバのモードフィールド径またはNAを他方に合わせるよう変換し、異種ファイバの結合を最適化することができます。これは融着接続やテーパ加工の前に熱を加え、コア径を変換することによって実現します。右の写真では、2本のファイバ(シングルモードファイバとØ20 µmラージモードエリアファイバ)のコアサイズは異なります。下の画像では、コア径が小さい方のファイバをコアドーパントの熱拡散により拡大してから融着接続しています。 

 

ファイバの加工用途


Click to Enlarge
コアØ20 µm、クラッドØ400 µmのラージモードエリア(LMA)ファイバをクラッドØ125 µmまでテーパ加工 

テーパ加工ならびに線引き加工
すべてのVytranシリーズの加工機はテーパ加工(横断面の径を変換)またはファイバの線引き(長さを伸ばす)が可能な構成となっております。フィラメントによりファイバを軟化点まで加熱し、張力を与えてファイバを伸ばし、ファイバの横断面を小さくします。ファイバーホルダにより最大180 mmのZ軸移動が可能なので、長さ150 mmの長いテーパも加工可能です。 このプロセスはGUIでプログラム可能です。所望のテーパの形状的特長をテーパのインターフェイスメニューに入力します(詳細は「ソフトウェア」のタブをご覧ください)。GUIソフトウェアにはテンションモニタと制御機能もあり、テーパの線引き状態を正確にモニタすることができます。

ファイバの終端処理
これらの光ファイバ加工システムは精密なファイバ配置、フィラメントの融着接続プロセス制御、長いテーパ・線引きが組み合わさった統合プラットフォームで、ファイバ素線に複雑な終端処理を追加・加工したい用途に適しています。終端処理の例には、ボールレンズ、ファイバーカテーテル、ファイバープローブなどがあります。

エンドキャップは長さが短い大径コアファイバで、高出力ファイバのビームを拡散させ、ファイバ端面へのダメージを軽減するために使用されます。光ファイバ加工機は、大径コア石英エンドキャップを出力ビーム伝搬用ファイバの端面に融着させるのにも使用できます。エンドキャップを精密な長さに加工するためにはファイバークリーバLDC401またはLDC401A のご使用をお勧めいたします。

カプラとコンバイナ
光ファイバ加工機は、ファイバを並列またはバンドル構成にし、融着することも可能です。このプロセスは溶融型光ファイバーカプラや励起光または出力光用コンバイナの加工にとても重要です。加熱ならびにテーパ状態の精密制御により、用途に応じた非常に低損失のカプラやコンバイナを製造することができます。


Click to Enlarge
ガラス加工機内で2本のシングルモードファイバがテーパ加工され、50/50の結合比で融着。ファイバーコア間の間隔は約15~20 µmです。

Product Demonstrations

Thorlabs has demonstration facilitates for the Vytran® fiber glass processing systems offered on this page within our Morganville, New Jersey and Shanghai, China offices. We invite you to schedule a visit to see these products in operation and to discuss the various options with a fiber processing specialist. Please schedule a demonstration at one of our locations below by contacting technical support. We welcome the opportunity for personal interaction during your visit!

Thorlabs China
Shanghai, China

Room A101, No.100, Lane 2891, South Qilianshan Road
Shanghai 200331
China

Appointment Scheduling and Customer Support

Thorlabs' China Office
Click to Enlarge

Thorlabs Vytran USA
Morganville, New Jersey, USA

1400 Campus Dr
Morganville, NJ 07751
USA

Appointment Scheduling and Customer Support

Thorlabs' Morganville Office
Click to Enlarge


Posted Comments:
christophe.pierre  (posted 2019-02-22 08:19:06.53)
Hello, He have issues with FRAV1 filament. The normalisation programs are pushing this filament to work at up to 15 or 20W. We put down this power down to 10W to be safe but we burn them. we try to work at 5W and increment the power up to 9W, and at 9W, the filaments burn. We burn 2 filament this way. And even at 8W, we cannot use them to normalize or splice silica fibers. We do not have issues with argon. Can you repair/exchange this 2 filaments ? Is that a normal behavior ? Regards, Christophe PIERRE
nbayconich  (posted 2019-02-27 02:25:04.0)
Thank you for contacting Thorlabs. This is not normal behavior for these devices. Yes we can refurbish these filaments. We will need to know more about the settings of your workstation. A techsupport representative will reach out to you directly to help troubleshoot the issue you are seeing.
Vytran® Optical Fiber Glass Processor Selection Guide
Item #GPX3400GPX3600GPX3800GPX3850GPX4000LZ
Fiber Cladding Diameter80 µm to 1000 µmyesyesyesyes-
Up to 1.25 mmyesyesyesyes-
Up to 1.7 mm-yes-yesyesa
250 µm to 2 mm----yesb
250 µm to 5 mm----yesc
Fiber TypeMultimodeyesyesyesyesyes
Single Modeyesyesyesyesyes
Double Cladyesyesyesyesyes
Polarization Maintainingyesyesyesyesyes
Automated Measurement and Alignmentyesyesyesyesyes
End-View Illumination and Imagingbyesyesyesyesyes
Tension Monitor and Control Systemyesyesyesyesyes
Integrated Fiber Cleaver--yesyes-
Real-Time Hot Image Monitoring --yesyesyes
Liquid Cooling SystemOptional Add-OnyesOptional Add-OnyesOptional Add-On
Fused Taper Software Enhancement and Handling FixturesOptional Add-On-
Fiber Combiner Loading FixtureOptional Add-On-
  • フィラメント加熱モードを使用する融着接続の場合。
  • CO2レーザ加熱モードを使用する融着接続の場合。
  • CO2レーザ加熱モードを使用したエンドキャップ作製の場合。
  • LED照明には上部インサートVHB00またはVHB05が必要です。

Vytran光ファイバ加工機ワークステーション(1台必要)

付属品

  • クリーバおよび熱画像用カメラシステムが内蔵された光ファイバ加工機ワークステーション
  • グラファイトフィラメントアセンブリFTAV4(クラッド径Ø125 µm~Ø600 µm用)は取付け済み(追加のフィラメントは下記参照)
  • モニタ、キーボード、マウス付きのPC
  • スプライスのサンプルデータファイル付きソフトウェアインターフェイス
  • ファイバーホルダ底部インサート用の真空ポンプ
  • 電源(詳細は「仕様」タブをご覧ください)
  • アルゴンガスタンクレギュレータ、CGA-580ならびにDIN 477 No.6コネクタ付き
  • アルゴンガス用3.2 mm径PTFEチューブ
  • 9ピン D-Sub RS-232ケーブル
  • 6ピン IEEE-1394 FireWireカメラケーブル
  • フィラメント・インサート交換用六角レンチツールキット
  • 液体冷却システム(GPX3850に付属)

別途ご購入が必要なもの

  • ファイバーホルダ上部インサート(2個必要)
  • ファイバーホルダ底部インサート(2個必要)
  • 移動用クランプとV溝付きグラファイトインサート(移動用インサートに必要)
  • 並列用ファイバーホルダ底部インサート(カプラまたはコンバイナの作製に2個必要)
  • 純度>99.999%のアルゴンガスタンク(当社ではご用意しておりません)

オプション

  • フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ(特殊カプラまたはコンバイナ製造用)
  • 追加のフィラメントアセンブリ
  • 液体冷却システム(GPX3800には付属しないため)
  • ファイバのテーパ加工用アドオンソフトウェアとハンドリング治具
  • ファイバーコンバイナ加工治具
  • 光ファイバ加工機ワークステーションと制御ソフトウェア付きPC
  • 最大Ø1.25 mmのファイバ(GPX3800)またはØ1.7 mmのファイバ(GPX3850)を融着接続またはテーパ加工
  • ダイヤモンド製クリーブブレード内蔵のスプライスヘッド
  • NDフィルタ内蔵のカメラシステムにより融着接続またはテーパ加工時のリアルタイムイメージング
  • 自動XYならびに回転アライメント
  • シングルモード、マルチモード、偏波保持、特殊ファイバに適した製品
  • ファイバのZ軸移動量:180 mm

これらのVytran光ファイバ加工機ワークステーションは、ファイバの自動XYならびに回転アライメントが可能で、スプライスヘッドにはダイヤモンド製のクリーブブレードが内蔵されています。 この複合機能により、各工程ごとに同じファイバの位置や回転を再アライメントせずに、複数の操作を行うことができます。また、カメラシステムにはNDフィルタが付いており、フィラメントが高温の状態でもファイバーエッジをリアルタイムで観察することができるため、融着接続またはテーパ加工品質の素早いフィードバックが得られます。 GPX3800は最大Ø1.25 mm、GPX3850は最大Ø1.7 mmのファイバの融着接続またはテーパ加工が可能です。

精密ファイバーハンドリング治具は、ファイバを0.25 µmの分解能でXY移動、0.02°の分解能で最大200°まで回転させます。クリーブ、融着接続ならびにテーパ加工工程は、付属のGUIソフトウェアを通して自動制御されています。付属のファイバーホルダは、ファイバ軸に沿って180 mm移動可能で、フィラメントで入力ファイバを広い領域で加熱することができます。加熱範囲が広いため、異種ファイバ間の低損失融着接続のためのコアドーパントの熱拡散や、ファイバの長い断熱テーパ加工など様々な用途に適しています。

加工機ワークステーションにはファイバーホルダ、加熱アセンブリ、熱イメージング用NDフィルタ付きCCDカメラ、制御ソフトウェアインストール済みPCならびにモニタ、側面・端面イメージング用ミラータワーが付属します。各加工機ワークステーションには高純度ガス用PTFEチューブと、CGA-580出力ポートとDIN 477 No.6出力ポートが付いたガスレギュレータが付いています。こちらの加工機にはグラファイトフィラメントFTAV4(クラッド径Ø125~Ø600 µm用)が1個付属しており、予め取り付けられていますが、グラファイトもしくはイリジウムフィラメントアセンブリは追加でもご購入可能です。また、ワークステーションの作動にはファイバーホルダ用上部ならびに底部インサートも別途必要です(いずれも下記をご覧ください)。

製品のインストールや使用方法のトレーニングについては、当社までお問合せください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPX3800 Support Documentation
GPX3800 Vytran自動ファイバ加工機ワークステーション、クリーバ内蔵、クラッド径最大Ø1.25 mm
CALL
Lead Time
GPX3850 Support Documentation
GPX3850Vytran自動ファイバ加工機ワークステーション、クリーバ内蔵、クラッド径最大Ø1.7 mm
CALL
Lead Time

フィラメントアセンブリ(追加用)

Item #Filament
Material
Cladding Diameter
(Min/Max)
ApplicationaLFS4100
Compatible
FTAV2Graphite80 µm / 250 µmSpliceYes
FTAV4125 µm / 600 µm
FTAV5250 µm / 1000 µm
FTAV6400 µm / 1300 µm
FTAT3250 µm / 1500 µmTaperNo
FTAT4400 µm / 1800 µm
FRAV1Iridium≤200 µmSpliceYes
FRAV3≤400 µm
FRAV5250 µm / 1050 µm
  • この列には各フィラメントアセンブリに適した用途を示していますが、これに限定するものではありません。融着接続用フィラメントはテーパ加工にもご使用になれます。
  • 自動光ファイバ加工機用グラファイトならびにイリジウムフィラメントアセンブリ
  • アセンブリにはフィラメント加熱素子ならびに防護用の枠が付属
  • 融着接続やテーパ加工の用途向けに最適化(詳細は右の表をご覧ください)
  • 融着接続用フィラメントは、融着接続システムLFS4100に対応

フィラメントアセンブリは「Ω」文字状のグラファイトまたはイリジウム抵抗加熱素子が防護用の枠に覆われている構成となっております。 こちらでご紹介しているフィラメントは自動光ファイバ加工機に対応します。右の表の「Application」の列に「Splice」と記載のある製品については融着接続システムLFS4100にも対応します。

クラッドが最大Ø1800 µmまでのファイバ向けにグラファイト製6種類、イリジウム製3種類のアセンブリをご用意しております。グラファイトフィラメントは、他の材質のフィラメントよりもアウトガスが少なく、大径ファイバの融着接続やテーパ加工に必要な高い温度に達することが可能です。一方で、イリジウムフィラメント加熱素子は、グラファイトフィラメントより若干温度が低いですが、柔らかいガラスファイバの作業に適しています。フィラメントの加熱時間は約40分ですが、アルゴンの質、融着接続・テーパ加工時間、光ファイバーガラスの品質等様々な要因によって変わる場合があります。

フィラメントは融着接続またはテーパ加工の用途向けに最適化されていますが、融着接続用フィラメントはテーパ加工にも使用できるため、ここでの記載内容は用途を限定するものではありません。融着接続用フィラメントはアセンブリ本体の上部に開口部がありますが、テーパ加工用フィラメントは汚染物質への露出を最小限にとどめるため、開口部はありません。フィラメントはアセンブリ本体に刻印されているバージョン番号(例えばV2、V6、T3など)によって識別できます。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
FTAV2 Support Documentation
FTAV2グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø80 µm~Ø250 µm
¥48,133
Today
FTAV4 Support Documentation
FTAV4グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø125 µm~Ø600 µm
¥48,133
Today
FTAV5 Support Documentation
FTAV5グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1000 µm
¥48,133
3-5 Days
FTAV6 Support Documentation
FTAV6グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø400 µm~Ø1300 µm
¥48,133
Today
FTAT3 Support Documentation
FTAT3グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1500 µm
¥48,133
3-5 Days
FTAT4 Support Documentation
FTAT4グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø400 µm~Ø1800 µm
¥48,133
3-5 Days
FRAV1 Support Documentation
FRAV1イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 ≤Ø200
¥80,466
3-5 Days
FRAV3 Support Documentation
FRAV3イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 ≤Ø400
¥80,466
3-5 Days
FRAV5 Support Documentation
FRAV5イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1050 µm
¥80,466
3-5 Days

ファイバーホルダ上部インサート(システムに2個必要)

Item #Side 1 Accepted
Diameter (Min/Max)
Side 2 Accepted
Diameter (Min/Max)
VHB00a57 µm / 759 µmb N/A
VHB05a410 µm / 1008 µm560 µm / 1269 µm
VHA0057 µm / 759 µmb275 µm / 970 µm
VHA05410 µm / 1008 µm560 µm / 1269 µm
VHA10812 µm / 1515 µm1036 µm / 1770 µm
VHA151288 µm / 2022 µm1534 µm / 2268 µm
VHA201772 µm / 2505 µm2032 µm / 2944 µm
VHA252278 µm / 3029 µmN/A
VHA302609 µm / 3198 µmN/A
  • 上部インサートにはファイバ端面のLED照明用の窪みがついています。
  • VHA00とVHB00の片面(Side 1)は外径が非常に小さいファイバ向けにクランプ力が加えられるよう平面(溝なし)となっています。

ファイバーホルダーインサートは上部インサートが1個と底部または移動用インサートが1個の構成で、融着接続またはテーパ加工中のファイバを固定するために光ファイバ加工機のファイバーホールドブロック内に配置されます。インサートはファイバのクラッド、バッファ、被覆部分を固定し、最大Ø3.198 mmまでのファイバに対応します。上部と底部インサートの組み合わせの詳細については「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください。

自動光ファイバ加工機に対応する上部インサートは2種類あります。VHAの標準型上部インサートは片面溝付きと両面溝付きがあります。こちらのインサートはLDC401シリーズのファイバークリーバ被覆除去ならびにクリーニングステーションFPS300融着接続システムLFS4100にご使用いただけます。上部インサートVHB00ならびにVHB05には自動光ファイバ加工機ワークステーションからのLED照明用の窪みが付いています。こちらは、端面のイメージングや、偏波保持ファイバと微細構造の特殊ファイバーコアのアライメントに必要となります。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHB00 Support Documentation
VHB00ファイバーホルダ上部インサート、LED照明対応、Ø57 µm~Ø759 µm
¥23,774
3-5 Days
VHB05 Support Documentation
VHB05ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、LED照明対応、Ø410 µm~Ø1269 µm
¥23,774
3-5 Days
VHA00 Support Documentation
VHA00ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø57 µm~Ø970 µm
¥22,368
3-5 Days
VHA05 Support Documentation
VHA05ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø410 µm~Ø1269 µm
¥22,368
Today
VHA10 Support Documentation
VHA10ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø812 µm~Ø1770 µm
¥22,368
3-5 Days
VHA15 Support Documentation
VHA15ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø1288 µm~Ø2268 µm
¥22,368
3-5 Days
VHA20 Support Documentation
VHA20ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø1772 µm~Ø2944 µm
¥22,368
3-5 Days
VHA25 Support Documentation
VHA25ファイバーホルダ上部インサート、Ø2278 µm~Ø3029 µm
¥22,368
3-5 Days
VHA30 Support Documentation
VHA30ファイバーホルダ上部インサート、Ø2609 µm~Ø3198 µm
¥22,368
3-5 Days

ファイバーホルダ底部インサート(システムに2個必要)

Standard and Transfer Inserts
Item #TypeSide 1 Accepted
Diameter (Min/Max)
Side 2 Accepted
Diameter (Min/Max)
Vacuum
Holes
VHF160Transfer112 µm / 208 µmN/AYes
VHF250Transfer177 µm / 320 µmN/AYes
VHF400Transfer279 µm / 519 µmN/AYes
VHF500Transfer346 µm / 795 µmN/AYes
VHF750Transfer516 µm / 1047 µmN/AYes
VHE10Standard773 µm / 1271 µm1034 µm / 1523 µmNo
VHE15Standard1280 µm / 1769 µm1534 µm / 2007 µmNo
VHE20Standard1787 µm / 2267 µm2033 µm / 2513 µmNo
VHE25Standard2270 µm / 2844 µmN/ANo
VHE30Standard2692 µm / 3198 µmN/ANo
  • ファイバーホールドブロック用V溝付き底部インサート
  • 112 µm~3.198 mmのクラッド/被覆径に対応(インサートの選び方は「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください)
  • Vytranシリーズのシステム間でファイバを移動させる移動用インサート
  • 小径(<Ø1047 µm)ファイバのアライメント用真空穴付きV溝インサート

ファイバーホルダーインサートは上部インサートが1個と底部インサートが1個の構成で、融着接続またはテーパ加工中のファイバを固定するために、光ファイバ加工機のファイバーホールドブロック内に設置されます。 底部インサートは光ファイバ加工機または対応するシステムのファイバーホールドブロック内に磁石で保持されます。 底部インサートのV溝は、ファイバがファイバーホルダ内の中心に位置するよう加工されており、様々なV溝のサイズでご用意しております(上部と底部または移動インサートの組み合わせの詳細については「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください)。移動用インサートの底部にある真空穴はV溝内に小径のファイバを保持・アライメントするために使用します。

光ファイバ加工機に対応する底部インサートは、移動用底部インサート、標準型底部インサート、並列用底部インサート(下記参照)の3種類です。移動用底部インサート(VHFから始まる型番)は、1本のファイバをアライメント損失を最小に抑えながらLDC401シリーズファイバークリーバ被覆除去ならびにクリーニングステーションFPS300融着接続システムLFS4100間を移動させることが可能です。例えば、ファイバを移動用インサートに入れ、クリーバLDC401でクリーブし、インサートごと融着接続システムLFS4100に設置し、加工することが可能です。このようなプロセスが機能するのは、移動用インサートが各Vytranシステム内に精密に配置可能で、磁性蓋VHT1(下記参照)が、移動中のファイバの軸移動を防ぐからです。移動用インサートには真空穴が付いており、弱い吸引力によりファイバの位置が保たれます。すべての移動用インサートには移動用クランプVHT1(下記参照)が必要です。移動用インサートに外径が550 µmより小さいファイバを使用する場合には、V溝付きグラファイト(下記参照)も必要となります。

ファイバーホルダ用標準型底部インサート(VHEから始まる型番)は大径ファイバにご使用いただけます。こちらのインサートは片面溝付き、または両面溝付きの種類があります。標準型の底部インサートもLDC401シリーズファイバークリーバ被覆除去ならびにクリーニングステーションFPS300融着接続システムLFS4100でご使用いただけます。移動用インサートとは異なり、標準型インサートでシステム間を移動させるとファイバのアライメントは保たれません。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHF160 Support Documentation
VHF160ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø112 µm~Ø208 µm
¥41,640
3-5 Days
VHF250 Support Documentation
VHF250ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø177 µm~Ø320 µm
¥41,640
3-5 Days
VHF400 Support Documentation
VHF400ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø279 µm~Ø519 µm
¥41,640
3-5 Days
VHF500 Support Documentation
VHF500ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø346 µm~Ø795 µm
¥41,640
3-5 Days
VHF750 Support Documentation
VHF750ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø516 µm~Ø1047 µm
¥41,640
3-5 Days
VHE10 Support Documentation
VHE10ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø773 µm~Ø1523 µm
¥27,994
3-5 Days
VHE15 Support Documentation
VHE15ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø1280 µm~Ø2007 µm
¥27,994
3-5 Days
VHE20 Support Documentation
VHE20ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø1787 µm~Ø2513 µm
¥27,994
3-5 Days
VHE25 Support Documentation
VHE25ファイバーホルダ底部インサート、Ø2270 µm~Ø2844 µm
¥27,994
3-5 Days
VHE30 Support Documentation
VHE30ファイバーホルダ底部インサート、Ø2692 µm~Ø3198 µm
¥27,994
3-5 Days

ファイバ移動用クランプとV溝付きグラファイト(VHFシリーズ移動用底部インサートに必要)

Graphite V-Grooves
Item #Accepted Diameter
(Min / Max)
Groove
Length
VHG12580 µm / 125 µm0.313"
VHG125L80 µm / 125 µm0.594"
VHG200150 µm / 200 µm0.313"
VHG250200 µm / 250 µm0.313"
VHG300250 µm / 300 µm0.313"
VHG350300 µm / 350 µm0.313"
VHG400350 µm / 400 µm0.313"
VHG450400 µm / 450 µm0.313"
VHG500450 µm / 500 µm0.313"
VHG550500 µm / 550 µm0.313"

こちらの移動用クランプとV溝付きグラファイトは、上記のVHFシリーズ移動用底部インサートに使用することにより、、ファイバをVytranシステム間で移動させる際、アライメント損失を最小限に抑えます。使用例としては、ファイバを移動用インサートに入れ、ファイバークリーバLDC401を使用してクリーブします。その後ファイバが入っている移動用インサートごとファイバ加工機に移動させ、融着接続することができます。

クランプVHT1に付いている磁性の蓋が移動用インサートを固定し、ファイバの軸移動を防止します。単純にインサートを保持することにより、ファイバを触らずに移動させる用途でも使用できます。 ≤550 µmのファイバにはV溝付きグラファイトをご購入いただき、融着接続の際、ファイバをサポートする必要があります(サイズについては右の表をご覧ください)。V溝付きグラファイトは、2個の止めネジ(セットスクリュ)で移動用インサート内に固定できます。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHT1 Support Documentation
VHT1移動用クランプ、移動用インサート用磁性蓋付き
¥32,356
3-5 Days
VHG125 Support Documentation
VHG125V溝付きグラファイト、Ø80 µm~Ø125 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG125L Support Documentation
VHG125LV溝付きグラファイト、ロングタイプ、Ø80 µm~Ø125 µm、長さ15.09 mm
¥20,118
3-5 Days
VHG200 Support Documentation
VHG200V溝付きグラファイト、Ø150 µm~Ø200 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG250 Support Documentation
VHG250V溝付きグラファイト、Ø200 µm~Ø250 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG300 Support Documentation
VHG300V溝付きグラファイト、Ø250 µm~Ø300 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG350 Support Documentation
VHG350V溝付きグラファイト、Ø300 µm~Ø350 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG400 Support Documentation
VHG400V溝付きグラファイト、Ø350 µm~Ø400 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG450 Support Documentation
VHG450V溝付きグラファイト、Ø400 µm~Ø450 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG500 Support Documentation
VHG500V溝付きグラファイト、Ø450 µm~Ø500 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days
VHG550 Support Documentation
VHG550V溝付きグラファイト、Ø500 µm~Ø550 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
3-5 Days

並列用ファイバーホルダ底部インサート(カプラ/コンバイナの作製に2つ必要)

Multi-Fiber Inserts
Item #Type
(Click for Drawing)
Accepted DiametersRecommended
Top Inserta
VHD125SSide-by-Side125 µm / 125 µmVHA00
VHD250SSide-by-Side250 µm / 250 µm
VHD320SSide-by-Side320 µm / 320 µm
VHD250VDouble-V Slot250 µm / 250 µm
VHD320VDouble-V Slot320 µm / 320 µm
VHD320PDouble-V Slot w/ Pins320 µm / 320 µm
VHS250250Triple-V Slot250 µm / 250 µm / 250 µm
VHS250400Triple-V Slot250 µm / 400 µm / 250 µm
VHS250500Triple-V Slot250 µm / 500 µm / 250 µm
VHS300350Triple-V Slot300 µm / 350 µm / 300 µm
VHS320400Triple-V Slot300 µm / 400 µm / 300 µm
VHS320550Triple-V Slot320 µm / 550 µm / 320 µmVHA05
  • LED照明対応のインサートVHB00やVHB05も使用可能ですが、カプラやコンバイナの作製の際にはLED照明は使用しません。

Click to Enlarge
VHD320Pでは、調整ピンを使用することにより、融着接続の際に2本のファイバを非常に近接して保持することができます。
  • 底部インサートの溝に複数のファイバを固定
  • 溶融型光カプラまたはコンバイナの作製に使用
  • ファイバをV溝またはスロットにアライメントするための真空穴
  • 複数のインサートタイプをご用意(種類については右の表をご参照ください)

並列用インサート(VHDまたはVHSから始まる型番)は、WDMカプラ溶融型光ファイバーカプラ、パワーコンバイナなど2本または3本のファイバを同時にテーパ加工し溶融する必要のある用途向けに設計されています。

並列用インサートにはU溝があり、2本のファイバを平行に保持します。2つのVスロット付きインサートには、同じ側に2つの平行するV溝があり、ファイバをそれぞれの溝に1本ずつ保持します。インサートVHD320Pにはオフセット調整用のピンがあり、融着接続時に2本のファイバを緊密に接触させることができます(左写真参照)。3つのVスロット付きインサートには中央にV溝が1本、その両側にV溝が合わせて2本付いており、信号用ファイバ1本と小さい励起ファイバ2本が溶融できるようになっています。

底部インサートは光ファイバ加工機または対応するシステムのファイバーホールドブロック内に磁石で保持されます。 インサートのV溝は、ファイバがファイバーホルダ内の中心に位置するよう加工されています。 移動用インサートの底部には真空穴があり、それにより小径ファイバがV溝内にアライメントされるようになっています。それぞれの並列用ファイバーインサートに推奨する上部インサートは右の表でご覧いただけます。これらのインサートをシステム間で移動した場合は、ファイバのアライメントは保持されません。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHD125S Support Documentation
VHD125Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø125 µm / Ø125 µm
¥53,879
3-5 Days
VHD250S Support Documentation
VHD250Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø250 µm / Ø250 µm
¥53,879
3-5 Days
VHD320S Support Documentation
VHD320Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø320 µm / Ø320 µm
¥53,879
3-5 Days
VHD250V Support Documentation
VHD250Vファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、Ø250 µm / Ø250 µm
¥56,271
3-5 Days
VHD320V Support Documentation
VHD320Vファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、Ø320 µm / Ø320 µm
¥56,271
3-5 Days
VHD320P Support Documentation
VHD320Pファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、アライメントピン付き、Ø320 µm / Ø320 µm
¥63,304
3-5 Days
VHS250250 Support Documentation
VHS250250ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø250 µm / Ø250 µm
¥59,788
3-5 Days
VHS250400 Support Documentation
VHS250400ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø400 µm / Ø250 µm
¥59,788
Lead Time
VHS250500 Support Documentation
VHS250500ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø500 µm / Ø250 µm
¥58,614
3-5 Days
VHS300350 Support Documentation
VHS300350ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø300 µm / Ø350 µm / Ø300 µm
¥59,788
3-5 Days
VHS320400 Support Documentation
VHS320400ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø320 µm / Ø400 µm / Ø320 µm
¥59,788
3-5 Days
VHS320550 Support Documentation
VHS320550ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø320 µm / Ø550 µm / Ø320 µm
¥59,788
3-5 Days

ダイヤモンド製クリーブブレード(交換用)

対応するシステム

  • ファイバ前処理ステーションFPC200
  • ファイバークリーバCAC400、CAC400A
  • ファイバークリーバLDC401、LDC401A
  • クリーバ付き光ファイバ自動加工機GPX3800、GPX3850
  • ファイバ前処理および融着接続用ワークステーションFFS2000、FFS2000PT
  • ファイバ前処理、融着接続および強度試験用ワークステーション FFS2000PM、FFS2000WS
  • 旧バージョンのファイバークリーバLDC-200
  • 当社のファイバークリーブシステム(右のリスト参照)用の交換用ブレード
  • 長さ2.0 mmのダイヤモンド製ブレード
  • お客様側で取付け可能
Vytran Replacement Cleave Blade
Click to Enlarge

ブレードは保護カバーを付けて発送します。

ダイヤモンドクリーブブレードACL83は、Vytranファイバ加工システム(右のリスト参照)用の交換用ブレードです。各システムにはブレードが付属しています。

適切なクリーブのパラメータを使用する場合、ブレードの1か所で最大5,000回のクリーブが可能です(クリーブするファイバのクラッド特性に依存します)。クリーブブレードの位置は、交換までに約10回移動するように設計されています(適切なクリーブのパラメータを用いた適切な使用方法により、ブレードに予期せぬ損傷が生じない場合を想定しています)。各システムごとのブレード交換方法はユーザーマニュアル内に記載されています。

注:ブレードに対して垂直に高い応力をかけたり、ファイバをクリーブする際に誤ったパラメータを使用したりすると、ブレードに深刻な損傷を与えることがあります。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
ACL83 Support Documentation
ACL83交換用ダイヤモンド製クリーブブレード
¥86,094
3-5 Days

フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ


Click to Enlarge

キャピラリーチューブで作製した3:1コンバイナの端面画像 
Capillary Tube Dimensions
Item #Inner DiameterOuter DiameterLength
FTB02750 ± 100 µm1500 ± 100 µm170.0 ± 3 mm
FTB03800 ± 40 µm1100 ± 55 µm
FTB011200 ± 60 µm1450 ± 75 µm
  • ファイバーコンバイナ製造用キャピラリーチューブ 
  • 3種類の径でご用意、長さ170 mm
  • GPX3400、GPX3600、GPX3800、GPX3850に対応

フッ素添加石英製キャピラリーチューブは、高出力ファイバーレーザーコンバイナの製造ほか、特殊な用途にお使いいただけます。この工程では、結合されるファイバがキャピラリーチューブ内に挿入され、その後チューブが溶融され、一体のガラス素子となります。溶融ファイバがコアとして、低屈折率のキャピラリーチューブがクラッドとして機能し、一体化されたガラス素子はマルチモードの光導波路となります。つまり、キャピラリーチューブは光を閉じ込める役割を果たします。 

なお、こちらのフッ素添加のチューブを取り扱う際には、必ず手袋をご使用ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
FTB02 Support Documentation
FTB02フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ、内径750 µm、外径1500 µm、長さ170 mm
¥19,500
3-5 Days
FTB03 Support Documentation
FTB03フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ、内径800 µm、外径1100 µm、長さ170 mm
¥13,000
3-5 Days
FTB01 Support Documentation
FTB01フッ素添加溶融石英製キャピラリーチューブ、内径1200 µm、外径1450 µm、長さ170 mm
¥13,000
3-5 Days

液体冷却システム

Liquid Cooling System Specifications
Cooling Capacity590 Wa
Coolant Pump Flow Rate10 Speed Levels up to 4 L/min
Reservoir Capacity157 mL (5.3 fl oz)
RadiatorAluminum; 2 x 120 mm Fans
Power Consumption20 W (Max)
Power Supply12 VDC (via Molex Connector)
100 VAC with Power Adapter 
Weight8.00 lbs (3.63 kg)
  • 周囲温度25 °C時、冷却液の流速4 L/min
  • 光ファイバ加工機ワークステーションGPX3850には付属
  • 光ファイバ加工機ワークステーションGPX3800は追加機器としてご購入可能
  • Vytranシリーズの加工機ならびに融着接続システム用液体冷却システム
  • 長時間加熱操作時(テーパ加工など)の加熱素子の過熱を防止
  • 700 mLの高性能冷却液付属

液体冷却システムGPXWCSは当社のVytran光ファイバ加工機の追加機器として、長時間加熱操作時に加熱素子を冷却します。ファイバのテーパ加工、モードアダプタ、ファイバの終端処理などの長時間使用時にはこの使用をお勧めします。こちらの冷却システムは融着接続システムLFS4100 にも対応しますが、標準的な融着接続プロセスでは冷却は必要ありません。

GPXWCSには157 mLの貯水タンクがあり、高性能の冷却液(700 mLのボトル入りの冷却液が付属)が周囲温度25 °C時、4 L/minの流速、590 Wの冷却能力で循環します。Vytran光ファイバ加工機に接続する際のチューブや取付け器具も付属しています。冷却システムの電源は12 VDCのMolexコネクタ(付属のPCスロットアダプタを介して)、または付属の100 VAC電源アダプタから外部供給します。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPXWCS Support Documentation
GPXWCSVytran光ファイバ加工機用液体冷却システム
¥258,982
3-5 Days

溶融テーパ加工用機能拡張ソフトウェアとハンドリング治具(オプション)

用途
  • 機能拡張ソフトウェアによるアクティブな溶融双円錐形テーパ(FBT)加工
  • 調整可能ファイバーグリッパ付きの治具でファイバーテーパやカプラをパッケージステーションに移動
  • 取り外し可能ファイバーホルダ付きの治具は、その場でのファイバーテーパやカプラのパッケージに便利

こちらのVytran光ファイバ加工機用アドオン製品は、マイクロテーパや溶融型光ファイバーカプラの加工用に提供されています。アドオンのソフトウェアおよび治具は、単体、またはキットとしてご購入が可能です。ソフトウェアパッケージGPXFBT-SFTは、アクティブなFBT加工時に加熱ならびにファイバ引張時のパラメータをより精密に制御するので、良品率の向上と加工毎の高い再現性が実現します。

追加治具は2種類ご用意しております。調整可能テーパーファイバーグリッパGPXFBT-FXTAは、特定の部品の長さに応じて安定的なベースとなりますので、パッケージステーションへ移動させる際に使用できます。ファイバーグリッパは調整機能付きで長さが0~80 mmのテーパに対応します。取り外し可能テーパーファイバーホルダGPXFBT-FXTBは、持ち上げて取り外しが可能なため、加工済みのテーパやカプラを安全かつ確実に次の加工場所に移動させたり、その場でパッケージを行う際に便利です。治具に付属するステージの移動量はXY軸ともに25.4 mmです。±2.5°のロール調整、±5°のヨー調整も可能です。GPX3800ならびにGPX3850に追加治具を使用する場合、クリーブヘッドは治具を取り付ける前に取り外してください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPXFBT-SFT Support Documentation
GPXFBT-SFT溶融双円錐形テーパ(FBT)加工用拡張ソフトウェア
¥863,746
Lead Time
GPXFBT-FXTA Support Documentation
GPXFBT-FXTA調整可能グリッパ付き治具、Vytran光ファイバ加工機用
¥792,003
3-5 Days
GPXFBT-FXTB Support Documentation
GPXFBT-FXTB取外し可能ファイバーホルダ付き治具、Vytran光ファイバ加工機用
¥792,003
3-5 Days
GPXFBT-KITA Support Documentation
GPXFBT-KITA拡張ソフトウェア&調整可能グリッパ付き治具
¥1,367,363
Lead Time
GPXFBT-KITB Support Documentation
GPXFBT-KITB拡張ソフトウェア&取外し可能ファイバーホルダ付き治具
¥1,367,363
Lead Time

ファイバーコンバイナ加工用治具(オプション) 

Combiner Fixture Specifications
Degrees of FreedomFive (X, Y, Z, Pitch, Yaw)
Y-Axis Travel (Coarse)300 mm
X-Axis Travela0.44" (11.2 mm)
Z-Axis Travela0.20" (5.1 mm)
Platform Flatness±0.005"
Platform Thickness6 mm
Platform MaterialMic-6 Aluminum
Bottom Insert
(One Required)
VHS, VHD, VHE, or VHF Series
  • 内蔵のステージT12XZを使用
Combiner Fixture Top View
Click to Enlarge
ファイバーホールドブロックのアセンブリはレールに沿ってY軸の位置決めをします。
  • コンバイナ加工用にファイバーバンドルの位置決めをサポート
  • 5つの自由度: X、Y、Z、ピッチ、ヨー
  • ファイバーフィード軸に沿った粗移動:300 mm
  • ファイバーバンドルの仕分け用に作業プラットフォームを最大90°まで折りたたみ可能 
  • 底部インサートが別途必要です。
  • 加工機の右側に取り付ける必要がある場合は、当社までお問い合わせください。 

ファイバーコンバイナ加工治具GPXCFXLは、当社のGPX3000シリーズファイバ加工機用のアドオンオプションで、ファイバーコンバイナの加工中にファイバーバンドルを保持し、5軸位置決めが可能です。この多軸アセンブリによりファイバーバンドルを割れやすいテーパーキャピラリーチューブに直接挿入することができます。ファイバ加工機内にあるキャピラリーチューブへのバンドルの挿入を制御することにより、チューブが割れるリスクを低減します。

ファイバーバンドルはアセンブリのファイバーホールドブロック内に取りけた底部インサート(別売り、上記参照)に取り付けます。XZ移動は内蔵のステージT12XZによって行われ、Y移動(ファイバーフィード方向への移動)はレールに取り付けられたサポートアセンブリにより行われます。バンドルのアライメントの補助として、ピッチとヨーの粗調整は、固定が可能なボールピボット機構によって可能です。なお、この機構により、移動と結合した軸外のローリングも可能です。レールに沿ったステージの移動(Y軸)も固定できます。 

治具は加工機の左側に取付け、個々のニーズに適した様々なインサートを支持します。作業プラットフォームは、作業面に隙間がないようダブルヒンジ付きとなっています。また空気バネと垂直および水平方向の位置決めを行うピンロックにより最大90°まで折りたたみが可能です。ファイバ加工機の右側に取り付ける必要がある場合は、当社までお問い合わせください。 

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPXCFXL Support Documentation
GPXCFXLファイバーコンバイナ加工用治具、Vytranファイバ加工機用、左側設置用
¥401,700
3-5 Days

Ultrasonic Cleaner - Optional


Click to Enlarge

USC2 Ultrasonic Cleaner and USC2NVT Nest for Vytran Transfer Bottom Inserts

Click to Enlarge

The cleaning intensity and duration controls are located on the rear of the cleaner.
USC2 Ultrasonic Cleaner Specifications
Supported Fiber Diametera 125 - 600 µm
Tank Capacity 100 mL
Tank Dimensions Ø1.7" x 2.8" Deep
(Ø43 mm x 71 mm Deep)
Cleaning Duration
(Max Setting)
>1 Minute
Peak Output Frequency 75.2 - 76.4 kHz
Transducer Power (Max) 6 W
Operating Power 36 W
Operating Current 1.5 A
Input Voltageb 100 - 240 VAC @ 47 - 63 Hz
Overall Dimensionsa
6.95" x 4.78" x 4.13"
(176.5 mm x 121.5 mm x 104.8 mm)
Mass 1.28 kg (2.82 lbs)
  • With Included Nest for Bare Fiber Installed
  • Location-Specific Power Cord Included

Click for Details
View Product List
型番数量Description
USC21Ultrasonic Fiber Cleaner with Bare Fiber Holder Nest(日本では販売しておりません)
USC2NVT1Ultrasonic Cleaner Nest for Vytran Bottom Inserts
USC2Y15115 mm Spacer for Vytran Nest
VHF7501ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø516 µm~Ø1047 µm
VHT11移動用クランプ、移動用インサート用磁性蓋付き
The USC2NVT Nest adds support for Vytran transfer bottom inserts.
  • Easy-to-Adjust Immersion Depth, Cleaning Duration, and Power Level
  • Bare Fiber Nest with Magnetic Clamp Included
  • Nest for Vytran Transfer Bottom Inserts Sold Separately (Item # USC2NVT)
  • Compatible Solvents: Acetone or Isopropanol (Isopropyl Alcohol)
  • Spout for Easy Fluid Disposal; Slotted Shield for Reduced Solvent Evaporation

Thorlabs' Vytran® USC2 Ultrasonic Fiber Cleaner is designed for volume processing of bare fiber. Adjustment knobs for cleaning intensity and cleaning duration allow the user to easily set repeatable cleaning parameters. The dunking jig offers adjustable immersion depth and is compatible with interchangeable fiber holder nests (each sold separately). A red LED indicates when the cleaning cycle is active. The 100 mL solvent tank is only suitable for use with acetone or isopropyl alcohol.

Tilting the dunking jig submerges the fiber in the tank and initiates the ultrasonic cleaning process. The ultrasonic agitation ceases after the chosen cleaning duration. The height of the fiber holder above the solvent tank can be changed over a 0.5" (12.7 mm) range using the knurled adjuster on the side of the dunking jig, visible in the photo above.

The knurled adjuster can also be reversed to disengage the bare fiber nest and switch it out for another fiber holder nest. Each cleaner is shipped with a bare fiber nest installed in the dunking jig. The USC2NVT Nest (sold separately) is designed for use with Vytran transfer bottom inserts. Accessories are available for the Vytran fiber nest to support a wider range of usage scenarios, including a clamp for standard bottom inserts and spacers for recessing inserts farther from the solvent tank. We also offer nests for Fujikura® and Fitel® fiber holders (each sold separately). Please see the complete product presentation for more information.

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
USC2 Support Documentation
USC2Ultrasonic Fiber Cleaner with Bare Fiber Holder Nest(日本では販売しておりません)
CALL
3-5 Days
USC2NVT Support Documentation
USC2NVTUltrasonic Cleaner Nest for Vytran Bottom Inserts
¥26,894
3-5 Days

Mountable Gooseneck Light - Optional

GPXL1 Gooseneck Light Specifications
Lamp Electrical Power 1 W
Color Rendering Index (CRI) 80
Lamp Lifetime 30 000 h
Lamp Luminous Flux 100 lm
Lamp Luminous Efficiency 80 lm/W
Operating Temperature -25 to 45 °C
Light Color Neutral White
Input Voltage 12 VDC
Goosneck Light
Click to Enlarge
The GPXL1 can be attached on either the right or left side of the glass processor workstation
  • Attaches to Either Side of Workstation 
  • Illuminate Fiber Ends or Light General Work Area
  • 12 VDC Power Supply (Sold Separately) Includes Region-Specific Power Cord

The GPXL1 Gooseneck Light is a lamp that can be used to couple light into a fiber combiner for end-view illumination or for general lighting of the workstation during alignment. The lamp features an on/off switch and a dimmer knob to control brightness. The flexible neck allows the lamp head to be easily positioned near a fiber or furnace.

Mount the GPXL1 on either side of the workstation using the mounting holes on the workstation (as seen in the image to the right). Two 10-32 mounting screws and a 5/32" hex key are included. 

Users must also purchase a GPXL1PS 12 VDC Power Supply along with the GPXL1. The power supply includes a region-specific power cord which must be used with an 85 - 265 VAC, 47 - 63 Hz power source. 

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPXL1 Support Documentation
GPXL1Mountable Gooseneck Light for GPX Glass Processors(販売準備中)
¥16,550
3-5 Days
GPXL1PS Support Documentation
GPXL1PSPower Supply for GPXL1 Gooseneck Light, 12 VDC(販売準備中)
¥9,378
3-5 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image