コアレスターミネーションファイバー


  • Minimizes Back Reflections and Reduces Power Density at Fiber End
  • Ø125 µm, Ø250 µm, and Ø400 µm Versions Available
  • Splice Onto End of Standard Optical Fiber

FG125LA

Ø125 µm Glass Rod

Shown is a comparison between a standard fiber with a core (left) and our coreless termination fiber (right).

Related Items


Please Wait
Fiber Manufacturing

Click to Enlarge
ファイバ端にエンドキャップとしてコアレスファイバを融着接続することにより、パワー密度を低下させ、ファイバを保護します。

特長

  • 石英ロッド、アクリル被覆付き
  • Ø125 µm、Ø250 µm、Ø400 µmのターミネーションファイバ
  • 0.25 mのターミネーションファイバで65 dB以上の反射減衰量
  • 使用していないファイバ分岐部に融着接続し、後方反射を除去
  • ファイバ増幅器や高出力レーザを保護するための便利なエンドキャップの役割

当社のターミネーションファイバは、純粋石英のロッドとアクリル被覆から構成されています。標準的な光ファイバには内部にコアがありますが、コアレスターミネーションファイバにはコアやクラッドがなく、石英ガラス製のロッド部のみとなっております(上の図をご覧ください)。導波路がない構造により、後方反射を減少させたり、高出力用途においてファイバ端面の損傷を防いだりする用途でご使用いただけます。コアレスファイバは、融着接続機(スプライサ)を用いて光ファイバ端に接続することが可能です。

レーザによるファイバの損傷防止
コアレスターミネーションファイバは、高出力のレーザによる損傷を防ぐ用途でファイバの端面に融着接続して(エンドキャップとして)使用する場合もあります。ターミネーションファイバのエンドキャップを付けていない状態では、標準的な光ファイバに結合入射する光のビーム径とコア径を一致させる必要があるため、空気とガラスの界面に高いパワー密度が発生し、ファイバの損傷につながります。 しかし、このターミネーションファイバのエンドキャップには導波路がありません。そのため、光路は閉じ込められません。従って、右図のように光は標準的な光ファイバのコアに集光する前に、より大きなビーム径でターミネーションファイバ内に入射します。 これにより、空気とガラスの界面におけるパワー密度は低下し、ファイバの損傷を防ぐことができます。

ターミネーションファイバのエンドキャップの長さは1 mm程になりますが、適切な長さは波長、光源のパワー、キャップを接続する標準的なファイバの種類によって変わります。後方反射を減少させるため、エンドキャップの非融着面側端面は約8°の角度で研磨することが必要です。さらに、ターミネーションファイバの被覆は光の漏れを最小に抑えるために除去してください。反射減衰量の用途(下記参照)と同様に、ファイバ端にはコネクタを取り付けないようにご注意ください。ピグテールファイバ付きのレーザ光源を標準的なファイバに直接融着させる場合は、空気とガラスの界面が存在しないため、エンドキャップは不要です。

このエンドキャップに関する手法は、フォトニック結晶ファイバに水が入らないようにエアホールを密封する際にもご利用いただけます。


Click to Enlarge

光は自由空間から両端にエンドキャップが融着された標準の光ファイバに入射。図右側では光ファイバのコアへの後方反射の再入射が阻止されています。

後方反射の減少
コアレスファイバは、溶融型光ファイバーカプラなどにおいて、使用しないファイバ分岐部からの後方反射抑えることができます。標準的なファイバの先端に0.25 mのターミネーションファイバを融着接続すると、反射減衰量は65 dB以上に増加します。コアレスファイバの先端に屈折率マッチングジェルを使用すると、短い長さ(0.1~0.25 m)でも同程度の反射減衰量が得られます。

コアレスファイバの被覆はガラスロッドよりも高い屈折率を有しているので、下の写真のように光の減衰は被覆が存在している場所で生じています。そのため、後方反射を最小限に抑えるには、融着の際に可能な限り被覆を残す必要があります。適切な結果を得るために、ターミネーションファイバの先端はハサミで切断し、コネクタは接続はしないでください。この用途では、ファイバ接続部の保護に当社のスプライス保護スリーブもしくはファイバーリコータをお使いいただくと便利です。

コーティングによる後方反射の減少効果
左の写真は、反射減衰量を向上させるために標準的な光ファイバを融着させたコアレスのファイバの一部です。コアレスファイバの被覆が除去された部分は光の漏れは小さいですが、被覆が存在する部分ではより多くの光が漏れています(漏れた光が光って見えます)。


Posted Comments:
Luo Xing  (posted 2019-11-15 09:45:43.107)
Dear Sir/Madam, May I ask you a technical question? If my want to splice a short piece of FG125LA core-less fiber to a piece of SMF-28 as the endcap of the laser source, how can I control the length of the core-less fiber? For example, if I need a piece of core-less fiber with length of 500um, How can I get it ? Do you have any solutions ?Thanks a lot. Best Regards Luo Xing
YLohia  (posted 2019-11-16 11:24:04.0)
Hello Luo, thank you for contacting Thorlabs. We fusion splice a long piece of coreless fiber in a connector, just inside the ferrule. Then, we cleave and polish the connector to yield a small piece. I will reach out to you directly to discuss this further.
Jonas Hedman  (posted 2019-10-02 09:52:51.24)
Hi! the following is written in the product description: "Since the coating on the coreless fiber has a higher index of refraction than the glass rod, much of the loss occurs where the coating is left intact, as shown by the image below. Thus, for minimizing back reflections, as much of the coating as possible should be retained during splicing." I was hoping for a clarification regarding this, will the loss of light in the fiber be higher with the polymer coating intact but the back reflection reduced?
YLohia  (posted 2019-10-07 10:51:28.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Yes, that's correct. The back reflections are reduced when the coating is left on, but there is more light leakage along the length of the fiber due to the higher index of refraction of the coating.
sabine.tiedeken  (posted 2015-11-27 10:43:35.11)
Hello, for a special application we need to know the refractive index of the coreless fiber at 1550nm.
besembeson  (posted 2015-12-02 01:06:20.0)
Response from Bweh at Thorlabs USA: The refractive index is 1.444 at 1550nm.
lee.cairns  (posted 2014-10-29 10:18:00.85)
Hi, Could you also do 250um termination fiber?
jlow  (posted 2014-10-30 01:42:17.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: We could do custom draw of the fiber. I will contact you directly for more details.

Item # Wavelength
Range
Glass
Diameter
Coating
Diameter
Coating
Material
Glass
Refractive Index
Return Loss Operating
Temperature
Proof Test
Level
Stripping
Tool
FG125LA 400 - 2400 nm 125 ± 1 µm 250 µm ± 12.5 µm Acrylate 1.467287 @ 436 nm
1.458965 @ 589.3 nm
1.450703 @1020 nm
1.444 @1550 nm
>65 dB with 0.25 m
End Cap
-40 to 85 °C >100 kpsi T06S13
FTS4
FG250LA 250 ± 10 µm 400 ± 20 µm T12S16
FG400LA 400 ± 15 µm 550 ± 20 µm T18S25
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
FG125LA Support Documentation
FG125LACoreless Termination Fiber, Ø125 µm Glass Rod
¥718
Per Meter
Volume Pricing
5-8 Days
FG250LA Support Documentation
FG250LACoreless Termination Fiber, Ø250 µm Glass Rod
¥1,035
Per Meter
Volume Pricing
5-8 Days
FG400LA Support Documentation
FG400LACoreless Termination Fiber, Ø400 µm Glass Rod
¥1,379
Per Meter
Volume Pricing
5-8 Days
Last Edited: Jun 13, 2014 Author: Lori Stover