Products Home Products Home  /  光学素子  /  レンズ  /  球面単レンズ  /  平凹球面レンズ

平凹球面レンズ

平凹レンズは、コリメートビームを発散させるレンズで、通常ガリレイ式ビームエキスパンダで使われています。負の焦点距離と負の球面収差を有しているため、システム内で他のレンズと組み合わせ、収差を相殺することができます。当社では、N-BK7、N-SF11、UV溶融石英(UVFS)、フッ化カルシウム(CaF2)、セレン化亜鉛(ZnSe)製の平凹レンズをご用意しています。N-SF11の波長範囲はN-BK7と比べるとわずかに赤色(長波長)側にシフトしていますが、N-SF11ガラスの方がアッベ数が低いため、N-BK7よりも分散が大きくなります。これらの基板についての詳細はこちらをご参照ください。