脳定位固定装置用カニューラホルダーとアダプター


  • Cannula Holders for Ø1.25 mm and Ø2.5 mm Ferrules
  • Ø5 mm and Ø7.9 mm Adapter Arms for Compatibility with Stereotaxic Equipment
  • Adapter Clamp Provides Coarse Height Adjustment

XC7

Ø7.9 mm Adapter Arm

XC5

Ø5 mm Adapter Arm

XCF

Cannula Holder for Ø2.5 mm Ferrules

XCL

Cannula Holder for Ø1.25 mm Ferrules

XC-CLAMP

Adapter Clamp 

 

Application Idea

Related Items


Please Wait
Selection Guide
Fiber Optic Cannulae
Cannula Holders and Adapters
Cannula Implant Guides

2通りの使用方法

XCL Application
Click to Enlarge

カニューラホルダは端にある左回りの#8-32タップ穴を使用することにより、直接アダプターアームに取り付けられます。
XCL Application
Click to Enlarge

または、カニューラホルダとアダプターアームXC7をXC-CLAMPに取り付け、高さを粗調整することも可能です。

特長

  • カニューラホルダは埋め込み中のØ1.25 mmまたはØ2.5 mmファイバーカニューラを固定
  • 少ない力で使用可能なため、試料への負担を軽減
  • Ø5 mmならびにØ7.9 mmアダプターアームはほとんどの脳定位固定装置に対応
  • アダプタークランプはカニューラホルダの高さを粗調整可能
  • 消毒が容易なステンレススチール製

当社のカニューラホルダとアダプタは、脳定位固定装置を使用する埋め込み中のファイバーカニューラをしっかり保持できるよう設計されています。ステンレススチール製のため、消毒が簡単で再利用も可能です。カニューラホルダには、使いやすく、埋め込み中またはカニューラを取り外す際に試料への負担が最小限で済むチャックが付いています(詳細は「使用情報」のタブをご覧ください)。また、当社のØ5 mmならびにØ7.9 mmアダプターアームが取付け可能な#8-32ネジ穴が付いていて、ほとんどの脳定位固定装置に対応します。さらに下記のアダプタークランプを取り付けることにより2つの1/4"-20つまみネジを使用し、カニューラホルダとØ7.9 mmアダプターアームの高さを粗調整することができます。

XCL Application
Click for Details

上の写真のように刻み付きスリーブを赤い矢印の方向に回し、チャックを緩めます。フェルールはしっかり保持できる長さの分だけ差し込み、刻み付きスリーブを刻印されている矢印の方向に回し、チャックを締め付けます。

こちらには脳定位固定装置用カニューラホルダ、アダプターアーム、そしてクランプの使用方法が記載されています。

ホルダにカニューラを差し込む方法
刻み付きスリーブを時計回りに回してチャックを開きます(右の写真参照)。カニューラを開口部中心に差し込み、刻み付きスリーブを反時計回りに回してチャックを締め付けます。チャックのスリーブ部分に刻印されている矢印は締め付ける方向を示しています。 

  • カニューラのフェルールとファイバが清潔で埃が付着していないことをご確認ください。カニューラを取り扱う際には適切な手袋をご使用になることをお勧めします。
  • 適切な結果を得るためには、フェルールがしっかり保持される長さだけチャックに差し込んでください(右の写真参照)。接着、恒久的固定のためにフェルールの露出部を十分残すことをお勧めします。
  • チャックを締め付けすぎると、フェルールが損傷する恐れがありますのでご注意ください。

ホルダからカニューラを取り外す方法
埋め込み後にカニューラを取り外す際には、スリーブを時計回りに回し、緩めます。その後ホルダを引き上げ、カニューラから外します。 

これには脳定位固定装置を使用して行いますが、XC-CLAMPとØ7.9 mmアダプターアームを使用している場合には手動でも取り外しが可能です。 カニューラホルダが直接アダプターアームXC5またはXC7に取り付けられている場合、チャックとホルダの回転方向は逆になっており、カニューラを取り外す際、ホルダが滑らない工夫がされています。


Posted Comments:
user  (posted 2019-05-08 19:13:26.54)
The distance between two hole is two small. It should be compatible to the injector. The most commonly used micro-injector is the one from WPI. So, the distance between two holes (center) should be 40 mm, and then, it will be perfect
YLohia  (posted 2019-05-20 10:34:53.0)
Thank you for contacting Thorlabs. This clamp is specifically designed to interface with our cannula holders. I have reached out to you directly to gather more details about your microinjector from WPI in order to bring this up for further discussion with our design engineers.
Georgia Pierce  (posted 2019-04-24 14:56:33.237)
Please make a 1mm cannula holder that can be used with the 1mm GRIN lenses.
asundararaj  (posted 2019-04-24 05:01:54.0)
Thank you for your feedback. I have posted this on our internal engineering forum. I have reached out to you to discuss your application further.
Akira Yoshii  (posted 2019-04-13 18:32:35.69)
Hi, I am looking for an equipment to hold a head post that is implanted to a mouse for 2-photon imaging. I would like to use a blunted nail with a diameter of 1 or 1.25 mm. Do you think I can repurpose an XCL cannula holder? If you have a bette suggestion, please let me know. Thank you, Akira Yoshii, M.D.Ph.D. Assistant Professor Dept. of Anatomy and Cell Biology University of Illinois at Chicago
YLohia  (posted 2019-04-15 10:48:35.0)
Hi Akira, thank you for contacting Thorlabs. We have reached out to you directly to discuss your application further.

脳定位固定装置用カニューラホルダ


カニューラホルダのチャックのネジは標準的な右回りのネジですが、ホルダの反対側の先端には下記に別売りでご用意しているアダプタアームに取り付けられる左回りのネジを使用しています。右回りと左回りのそれぞれのネジを使用することで、アダプターアームに固定されているカニューラホルダを緩めずに、チャックを緩めてカニューラを取り外すことができます。
  • 使用が簡単なチャックにより、埋め込み後もカニューラから簡単に取り外し可能
  • Ø1.25 mmとØ2.5 mmカニューラ用をご用意
  • ステンレススチール製ならびにセラミック製フェルールに対応
  • 消毒が容易なステンレススチール製
  • 左回りの#8-32タップ穴により下記のアダプターアームが取り付け可能

脳定位固定装置用カニューラホルダXCLならびにXCFは、それぞれØ1.25 mmまたはØ2.5 mmファイバーカニューラを脳定位固定装置を使用して埋め込む際に、しっかり保持するよう設計されています。ホルダとチャックはすべてステンレススチール製のため、消毒が簡単で再利用も可能です。チャックはセラミック製ならびにステンレススチール製フェルール付きのカニューラに対応しており、埋め込み中に滑らない設計となっております。刻み付きスリーブを回すことにより締め付けたり緩めたりすることができます。刻印されている矢印は締め付ける方向を示しています(詳細は「使用情報」のタブをご覧ください)。

カニューラホルダの柄の側面にはØ2.7 mmの穴があり、必要に応じてボール(六角)ドライバでトルクをかけることが可能です。カニューラホルダの端には左回りの#8-32タップ穴が付いており、下記のØ5 mmまたはØ7.9 mmアダプターアームが取り付けられます。左回りの設計によりカニューラホルダを緩めなくてもカニューラが取り外し可能となっています。このような設計と取り外す際に必要な1.1 Nという小さな力により、埋め込んだカニューラからカニューラホルダを取り外す際の試料への負担が最小限で済みます。

これらのカニューラホルダは端にある左回りの#8-32タップ穴を使用することにより、直接アダプターアーム(下記参照)に取り付けられます。 または、カニューラホルダとアダプターアームXC7をXC-CLAMP(下記参照)に取り付け、高さを粗調整することも可能です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
XCL Support Documentation
XCLCustomer Inspired! Stereotaxic Cannula Holder, Ø1.25 mm Ferrules
¥45,309
Today
XCF Support Documentation
XCFCustomer Inspired! Stereotaxic Cannula Holder, Ø2.5 mm Ferrules
¥45,309
7-10 Days

カニューラホルダ用アダプターアームとクランプ

XC-CLAMP Application
Click to Enlarge

アダプタークランプはØ7.9 mmアダプターアームとXCLまたはXCFを取り付けている際、高さの粗調整が可能になります。
  • 脳定位固定装置用カニューラホルダ用Ø5 mmならびにØ7.9 mmアダプターアーム
  • Ø7.9 mmアダプターアームは繋げて取り付け可能
  • ボール(六角)ドライバまたは六角レンチで3/16インチ六角つまみネジを締め付け可能
  • 消毒が容易なステンレススチール製

カニューラホルダ用アダプターアームは、当社のカニューラホルダと業界標準のØ5 mmまたはØ7.9 mmカニューラホルダ対応脳定位固定装置を接続します。アダプターアームは消毒が容易なステンレススチール製で、カニューラホルダXCLならびにXCFが取り付け可能な左回り#8-32スタッド(外ネジ)が付いています。アダプターアームの柄の側面にはØ2.7 mmの穴が1つ以上あり、必要に応じてボールドライバでトルクをかけることが可能です。

Ø7.9 mmアダプターアームXC7には左回り#8-32スタッドの反対側の端に左回りの#8-32タップ穴も付いており、Ø7.9 mmアダプターアームをさらに取り付けてアームを長くすることが可能です。

XC-CLAMPはステンレススチール製のクランプでカニューラホルダXCLまたはXCFとアダプターアームXC7を間接的に取り付けます。右の写真の通り、クランプのつまみネジを使用するとカニューラホルダとアダプターアームの高さを調整することができます。このクランプは傷がつかないフレクシャ設計で、つまみネジがアダプターアームに接触していません。つまみネジは3/16インチボールドライバまたは六角レンチを使用しても締め付けが可能です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
XC5 Support Documentation
XC5Customer Inspired! Cannula Holder Adapter Arm, Ø5 mm, External 8-32 LH Stud
¥6,633
7-10 Days
XC7 Support Documentation
XC7Customer Inspired! Cannula Holder Adapter Arm, Ø7.9 mm, External 8-32 LH Stud
¥6,633
Today
XC-CLAMP Support Documentation
XC-CLAMPCustomer Inspired! Adapter Clamp for Cannula Holder and Ø7.9 mm Adapter Arm
¥12,509
Today