アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

光ファイバーカニューラ用インターコネクタ、スリーブ


BFY32FL1

Dual Core Patch Cable with FC/PC
Connectors on Split Ends and Ø2.5 mm
Stainless Steel Ferrule on Common End

ADAF1

Ceramic Split Mating Sleeve

Ø2.5 mm Dual-Core Stainless Steel Ferrule with Guide Pin

  • Connect Optogenetics Patch Cables and Cannulae
  • Quick-Release Interconnects Allow Simple,
    Low-Force Connections
  • Lightweight Split Mating Sleeves

ADAF2

Interconnect for
Ø2.5 mm Ferrules

ADAF4-5

Ø2.5 mm Phosphor Bronze 
Mating Sleeve (Pack of 5)

ADAL1

Ø1.25 mm Ceramic
Mating Sleeve

ADAL3 Quick-Release Interconnect Mating a Multimode Patch Cable and a Ø1.25 mm Cannula

ADAL3

Interconnect for
Ø1.25 mm Ferrules

Related Items


Please Wait

当社のオプトジェネティクス用パッチケーブルのラインナップと光ファイバーカニューラを接続するインターコネクタとスリーブです。低損失の光結合を実現し、ステンレススチール製ならびにセラミック(ジルコニア)製のどちらのフェルールにも対応します。インターコネクタは埋め込み済みカニューラへの脱着を容易にする設計で、取り外す際にはスリーブを使用する際の20%未満の力で済みます。一方でスリーブは、パッチケーブルとカニューラの接続部分を軽量かつ薄型化する用途に適しています。

in vivo用途向けオプトジェネティクスシステムの概略図

当社ではin vivo用途向けに様々なオプトジェネティクス製品をご提供しております。ラインナップについては上の「OGセレクションガイド」タブよりご覧ください。 

Optogenetics System Schematic

LED DriverLED DriverFiber-Coupled LED Light SourceFiber-Coupled LED Light SourceRotary JointRotary jointRotary JointRotary JointSleeveSleeveFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula

こちらのページではØ1.25 mm、Ø2.5 mmのフェルール付きオプトジェネティクス用パッチケーブルをカニューラに結合する際のインターコネクタの使用方法をまとめています。動画もご参考ください。

パッチケーブルを接続する
パッチケーブルのフェルールをインターコネクタのステンレススチール製止めネジ(セットスクリュ)側から挿入します。パッチケーブルを固定するには、付属の六角レンチ(ADAL3は0.028インチ六角レンチ、ADAF2は1.3 mm六角レンチ)を使用してフェルール上の止めネジを締めます。

  • パッチケーブルのフェルール先端が清潔で埃が付着していないことを確認してください。
  • 最良の結果を得るためには、パッチケーブルを止めネジの位置を越えてインターコネクタのセラミック製部品の半分程度まで差し込む必要があります。

カニューラを接続する
カニューラを接続する際には、インターコネクタを両側から矢印方向に軽く押し、カニューラを開口部からパッチケーブルのフェルールに接触するまで差し込みます。インターコネクタから指を離すとカニューラが固定されます。

  • カニューラのフェルール先端が清潔で埃が付着していないことを確認してください。
  • カニューラが埋め込み済み、もしくは接着剤で位置固定されている場合、必要であれば、フェルール同士が物理的に接触するようケーブル側のフェルールを調節します。
  • デュアルコアのカニューラパッチケーブルをご使用の場合、アライメントのためにパッチケーブルの方向にご注意ください。

カニューラとパッチケーブルを取り外す
カニューラからインターコネクタを取り外す際には、インターコネクタを押し、カニューラから外れるまでインターコネクタを軽く引き抜きます。パッチケーブルは付属の六角レンチを使用し、止めネジを緩めることによって外れます。


Posted Comments:
No Comments Posted

オプトジェネティクスセレクションガイド

当社では、多岐にわたるオプトジェネティクス部品をご用意しております。以下では、標準的な構成における製品の互換性について説明しています。こちらのガイドに記載されていないオプトジェネティクス用カスタム製品などについては、当社までお問い合わせください。

 

単領域刺激

1つの光源を1つのカニューラの埋め込みに使用する場合

試料へin vivoの光刺激を行う最もシンプルな方法は、1つのLED光源に1本のファイバを接続する方法です。1つのLEDドライバで単一波長のLED光源を制御し、パッチケーブルによるファイバ接続を通じて光源からの光を生体組織に埋め込み済みのカニューラから出力します。このセットアップを製作するために必要なパッチケーブルとカニューラについては、下の図および対応表をご参照ください。適切なLEDとドライバをお選びいただくには、下記または製品ページをご覧ください。

各部品をクリックすると詳細がご覧いただけます。

LED DriverLED DriverFiber-Coupled LEDFiber-Coupled LEDSMA to Ferrule Patch Cable with Optional Rotary JointSMA to Ferrule Patch Cable with Optional Rotary JointADAF2 InterconnectADAF2 InterconnectFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula



 

両側同時刺激

試料内の複数の場所に正確かつ同時に光を導く機能は、多様なオプトジェネティクス実験に求められています。例えば、同時刺激の技術は一般に空間的に離れた2つの領域にあるニューロンに要求された行動を引き起こさせるために使用されます。ニューロンの同時阻害や同時刺激を含むより複雑な実験では、2つの異なる単一波長の光を近接した場所に照射することで複数のカニューラを挿入する必要がなくなり、試料に与えるストレスを減らすことができます。

両側刺激は実験内容に応じてそれぞれ異なる構成で行われます。以下では当社のオプトジェネティクス製品を使用した種々の構成例をご覧いただけます。


オプション1:ロータリージョイントスプリッタを用いて、1つの光源を2つのカニューラのインプラントに使用する場合

当社の1x2 ロータリージョイントスプリッタRJ2はオプトジェネティクス用に設計されており、1つの入力光を2つの出力光に均等に分岐します。ロータリージョイントのインターフェース部分は、接続されたパッチケーブルが自由に回転できる構造になっているため、被験動物の動きによるファイバ損傷のリスクが低減します。このセットアップを構築するために必要なケーブルとカニューラについては、下の図および対応表をご参照ください。LEDとドライバについての詳細は、下記または 製品ページをご参照ください。.

LED DriverFiber-Coupled LEDHybrid Patch Cable1x2 Rotary Joint SplitterOG Patch CableOG Patch CableADAF2 InterconnectADAF2 InterconnectFiber Optic CannulaFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula

オプション2:1つまたは2つの光源を2つのカニューラの埋め込みに使用する場合

試料を2つの出力で刺激する実験(2つのカニューラの埋め込み)には、2種類の方法があります。1つの光源を2つのカニューラに接続して光を同時制御する場合、2分岐ファイバーバンドルを用いてLEDからの光をそれぞれのカニューラに分岐させることができます。デュアル波長による光刺激(2種類の波長をそれぞれのカニューラから出力)を行う場合、またはカニューラ間の分岐比を制御したい場合は、マルチモードカプラを用いて1つまたは2つのLED光源をカニューラに接続します。1つのケーブル端しか使用しなかった場合、未使用のカプラのケーブル端にライトトラップを取り付けることができます。このセットアップを構築するために必要なケーブルとカニューラについては、下の図および対応表をご参照ください。 LEDとドライバについての詳細は、下記または製品ページをご参照ください。

各部品をクリックすると詳細がご覧いただけます。

LED DriverLED DriverFiber-Coupled LEDFiber-Coupled LEDPatch CabletextY-CableMating SleeveMating SleeveMating SleeveMating SleeveFiber Optic CannulaFiber Optic CannulaFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula

LED Driver2nd LED DriverLED Driver textFiber-Coupled LED2nd Fiber-Coupled LEDFiber-Coupled LED textMultimode CouplerMultimode Coupler TextADAF2 InterconnectADAF2 Interconnect TextADAF2 InterconnectADAF2 Interconnect TextFiber Optic CannulaFiber Optic CannulaFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula

 

2つの光源を1つのデュアルコアカニューラの埋め込みに使用する場合

試料を両側から同時に刺激する用途では、2つのカニューラを近接(約1 mm)して設置する必要があります。当社では、このような特殊な用途に適したデュアルコアパッチケーブルならびにカニューラをご用意しております。各コアは別々の光源によって駆動するため、試料の同じ領域内の神経細胞を同時に刺激、抑制することができます。このセットアップを製作するために必要なケーブルとカニューラについては、下の図および対応表をご参照ください。LEDとドライバについての詳細は、下記または製品ページをご参照ください。

LED Driver2nd LED DriverLED Driver TextFiber-Coupled LED2nd Fiber-Coupled LEDFiber-Coupled LEDsDual-Core Patch CableDual-Core Patch CableADAF2 InterconnectADAF2 InterconnectFiber Optic CannulaFiber Optic Cannula

Click on Each Component for More Information

Part Selection Table (Click Links for Item Description Popup)
Common Fiber Properties
Core Diameter200 µm
Wavelength Range400 - 2200 nm
NA0.39
Fiber TypeFT200EMT
Ferrule StyleaFC (Ø2.5 mm)
Dual-Core Patch CableFC/PC InputBFY32FL1
SMA905 InputBFY32SL1
Compatible Mating Sleeve/InterconnectADAF1
ADAF2
ADAF4-5
Dual-Core Fiber Optic CannulaecStainless SteelCFM32L10
CFM32L20
  • FCタイプはØ2.5 mmフェルール付きです。
  • デュアル光源を1つのカニューラの埋め込みに使用する用途に適したパッチケーブルは、緑で色づけされています。お手持ちの光源と入力部が同じパッチケーブルをお選びください。
  • ご使用可能なカニューラはオレンジで色づけされています。同じ欄にあるカニューラは交換可能です。

 

Popular Fiber-Coupled LEDs for Optogenetics
Item #M470F3M590F3
Center Wavelength470 nm590 nm
Bandwidth (FWHM)20 nm16 nm
Typical Output Spectrum
(Click to Enlarge)
M470 IconM470 Icon
Ø200 µm Core Fiber Output (Typ.)a
7.0 mW1.5 mW
Ø400 µm Core Fiber Output (Typ.)b
21.8 mW4.6 mW
CW Drive Current (Max)1.0 A1.0 A
LED Forward Voltage3.1 V2.6 V
Typical Lifetime>50,000 Hours>10,000 Hours
  • コア径Ø200 µm、NA 0.22のマルチモードファイバ(FG200UCC)を使用して試験を実施。
  • コア径Ø400 µm、NA 0.39のマルチモードファイバ(FT400EMT)を使用して試験を実施。

照明

ファイバ出力型LEDとドライバ

当社のファイバ出力型LEDは、オプトジェネティクス用途にも適しています。幅広い波長のラインナップと機構部のオプトジェネティクスパッチケーブルへの簡便な接続が特長の製品となっております。当社のファイバ出力型LEDは、280 nm~1050 nmの公称波長範囲でご用意しています。右の表では、オプトジェネティクスの用途によく使用される波長のLEDを記載しています。下のリンクをクリックすると対応するLEDドライバがご覧いただけます。

簡単脱着インターコネクタ


簡単脱着インターコネクタの使用方法

Click to Enlarge
片手で操作可能
  • Ø1.25 mmまたはØ2.5 mmフェルール対応の簡単脱着インターコネクタ
  • 片手で押すだけでフェルールを簡単に固定、取り外し
  • 小さい力で取り外し可能なため試料へのストレスも軽減
  • 非磁性材質を使用
  • 遮光筐体で光の漏れを防止
  • 軽量(≤1 g)

簡単脱着インターコネクタは、オプトジェネティクス用パッチケーブルカニューラを結合する簡単で信頼性の高いソリューションです。こちらの製品の挿入損失は<1.0 dB (<21%)です。また遮光筐体により接続部分での光の漏れが最小限に抑えられるため、試料への迷光を防ぎます。インターコネクタは簡単脱着式の機構により、スリーブ使用時と比較して20%未満の力で接続、取り外しが可能です。よってパッチケーブルに結合する際の試料へのストレスを大幅に軽減できます。左の写真でご覧いただけるようにインターコネクタは片手で操作可能です。よって埋め込み済みのカニューラにも簡単に結合できます。 


Click to Enlarge
インターコネクタには挿入したカニューラを固定する止めネジが付いています。

右の動画では、インターコネクタの片側が表面にダメージを与えないくぼみ先の止めネジ(セットスクリュ)でパッチケーブルのフェルールを保持する様子と、もう片側では簡単脱着機構によりカニューラを保持する様子がご覧いただけます。まず、インターコネクタにパッチケーブルのフェルールを差し込み、付属の六角レンチで止めネジを締めてフェルールを固定します。次に簡単脱着レバーを両側から押し、カニューラをフェルールに物理的に接触するまで差し込みます。最後にレバーから指を離し、カニューラの位置を固定します。圧力をかける箇所はインターコネクタに刻印されています。カニューラを取り外す(または埋め込み済みカニューラから外す)には、簡単脱着レバーを両側から押し、インターコネクタをカニューラから引き抜きます。インターコネクタの引き抜きにはわずかな力しか必要ありません。詳細は「インターコネクタ使用方法」のタブをご覧ください。

インターコネクタは、当社のオプトジェネティクス用パッチケーブルとカニューラ用に設計されており、標準的なコネクタ付きのパッチケーブル用ではありません。

Item #Compatible
Ferrule Size
Insertion LossLengthWeightDisconnect Forcea
ADAL31.25 mm Outer Diameter< 1.0 dB Typical Loss (Multimode)b9.4 mm0.4 g< 0.89 N (< 0.2 lbf) Typicalc
ADAF22.5 mm Outer Diameter< 1.0 dB Typical Loss (Multimode)d13.6 mm1 g< 4.4 N (< 1.0 lbf) Typicale
  • 簡単脱着式機構が作動する場合フェルールを取り外す際に必要な力 
  • 試験にはコア径Ø200 µm、NA0.22のマルチモードファイバとLED光源を532 nmで使用
  • 試験にはLCタイプのフェルールを使用
  • 試験にはコア径Ø400 µm、NA0.39のマルチモードファイバとLED光源を532 nmで使用
  • 試験にはFCタイプのフェルールを使用
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
ADAL3 Support Documentation
ADAL3Customer Inspired! 簡単脱着インターコネクタ、Ø1.25 mmフェルール用
¥4,326
3-5 Days
ADAF2 Support Documentation
ADAF2Customer Inspired! 簡単脱着インターコネクタ、Ø2.5 mmフェルール用
¥4,326
Today

セラミック製またはリン青銅製スリーブ

Fiber Optic Cannula and Interconnect
Click for Details

上の写真では、ADAF1を用いて、2.5 mmフェルール付きカニューラをパッチケーブルM81L01のフェルール端に接続しています。
Mating Sleeve with Optogenetics Patch Cable
Click to Enlarge
スリーブADAF1で接続したオプトジェネティクス用パッチケーブルとカニューラ
  • Ø1.25 mmおよびØ2.5 mmフェルール用の割スリーブ
  • セラミック(ジルコニア)またはリン青銅製
  • オプトジェネティクス用パッチケーブルとカニューラを結合
  • 割スリーブは非常に軽量(≤0.26 g)
  • 単品、または5個入りパックでご提供

当社のスリーブは、当社のフェルールコネクタ付きオプトジェネティクスパッチケーブルインプラント用光ファイバーカニューラに接続するための(右の写真をご覧ください)ロープロファイルの選択肢です。また、フェルール径がØ1.25 mmまたはØ2.5 mmのLC/PC、FC/PC、ST®/PC、SC/PC、MU/PCなどのコネクタ付きファイバの接続にも使用できます。

これらのスリーブは、ステンレススチール製およびセラミック製のどちらのパッチケーブルやカニューラにも取り付け可能です。フェルールの材質が異なるカニューラとパッチケーブルを組み合わせて接続した場合でも、信号損失が目立って大きくなることはありません。

セラミック製スリーブは単品または5個入りパックでご用意しております。リン青銅製スリーブは5個入りパックでご用意しております。セラミックはオートクレーブでのクリーニングは容易ですが、リン青銅は若干可鍛性があり、下のグラフのようにセラミック製スリーブよりも弱い力で取外しが可能です。

Item # PrefixCompatible Ferrule SizeInsertion LossLengthWeightDisconnect ForceComparison GraphsMaterial
ADAL11.25 mm Outer Diameter< 0.5 dB Typical (SM)a
< 1.0 dB Typical (MM)b
6.8 mm0.05 g14.5 N (3.3 lbf) TypicalcCeramic (Zirconia)
ADAL40.06 g7.1 N (1.6 lbf) TypicalcPhosphor Bronze
ADAF12.5 mm Outer Diameter< 0.2 dB Typical (SM)d
< 1.0 dB Typical (MM)e
11.4 mm0.18 g15.8 N (3.5 lbf) TypicalfCeramic (Zirconia)
ADAF40.26 g14.4 N (3.2 lbf) TypicalfPhosphor Bronze
  • LC/PCコネクタ付きファイバSM600を用いて、波長635 nmで試験
  • コア径Ø200 µm、NA 0.39のLC/PCコネクタ付きマルチモードファイバ、および波長617 nmのLED光源を用いて試験
  • LCタイプのフェルールを用いて試験
  • FC/PCコネクタ付きファイバSMF28を用いて、波長1550 nmで試験
  • コア径Ø200 µm、NA 0.39のFC/PCコネクタ付きマルチモードファイバ、および波長617 nmのLED光源を用いて試験
  • FCタイプのフェルールを用いて試験
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
ADAL1 Support Documentation
ADAL1セラミック製割スリーブ、Ø1.25 mm フェルール(LC/PC)用
¥645
Lead Time
ADAL1-5 Support Documentation
ADAL1-5セラミック製割スリーブ、Ø1.25 mm フェルール(LC/PC)用、5個入りパック
¥2,583
Lead Time
ADAL4-5 Support Documentation
ADAL4-5Customer Inspired! リン青銅製割スリーブ、Ø1.25 mmフェルール(LC/PC)用、5個入りパック
¥1,690
3-5 Days
ADAF1 Support Documentation
ADAF1セラミック製割スリーブ、Ø2.5 mmフェルール(FC/PC、ST®/PC、SC/PC)用
¥718
3-5 Days
ADAF1-5 Support Documentation
ADAF1-5セラミック製割スリーブ、Ø2.5 mmフェルール(FC/PC、ST®/PC、SC/PC)用、5個入りパック
¥2,869
Today
ADAF4-5 Support Documentation
ADAF4-5Customer Inspired! リン青銅製割スリーブ、Ø2.5 mmフェルール(FC/PC、ST®/PC、SC/PC) 用、5個入りパック
¥1,430
3-5 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image