Cシリーズ 焦電エネルギーセンサー


  • Energy Ranges Covering 10 µJ to 15 J
  • Wavelength Ranges Covering 185 nm to 25 µm
  • Two Coating Options Available
  • Red C-Series Connector Design for Quick Exchange

Sensors with Ceramic Coating
for High Energy Densities

Shown with
Included Isolator

ES220C

ES245C

Sensors with
Standard Coating

ES111C

ES120C

ES145C

Shown with Included Isolator

Related Items


Please Wait
TypeBroadbandCeramic
Energy Range 10 µJ - 2 J500 µJ - 15 J
Wavelength
Range
0.185 - 25 µm0.185 - 25 µm
CoatingBlack Broadband
Coating
Ceramic Coating with High Damage Thresholds
Typical
Application
Wavelength-Independent Energy MeasurementsHigh Energy Densities
Fiber AdaptersNoNo

特長

  • 広い波長範囲とパワー範囲のパルス用途に使用
  • 全品が校正対象となっており、NISTおよびPTBトレーサブルCertificate of Calibration(校正証明書)と一緒に出荷
  • オシロスコープに直接使用できるBNCコネクタ
  • BNC-Cシリーズアダプタを用いて当社のCシリーズパワーメータと接続可能
  • 絶縁ポストアダプタが付属

この焦電エネルギーメーターセンサは、10 µJ~15 Jのエネルギ範囲と185 nm~25 µmの波長範囲をカバーします。広い波長範囲にわたって平坦な応答で、標準的な用途にお使いいただけます。セラミックコーティングが施されたES220CおよびES245Cは、高い損傷閾値を必要とする高エネルギ密度のレーザ向けに特別に設計されています。

Pryoelectric Sensor ConnectorClick to Enlarge
これらの焦電エネルギーセンサはBNCコネクタで終端されています。Cシリーズパワーメータとの接続用に、BNC-Cシリーズ変換アダプタが付属します。

互換性
こちらに掲載されているすべてのセンサは、PM400PM100DPM103シリーズPM100USBと接続できます。なお、PM100Aには適用できません。またこれらのセンサは、BNCコネクタを介して1 MΩの入力抵抗でオシロスコープに直接接続することができます。オシロスコープに接続される場合、高い繰返しレートに対応するために、負荷抵抗を下げることも可能です。抵抗値が1 MΩおよび100 kΩの際の校正値は、センサの校正証明書に示されています。

センサーヘッドの底部には#8-32取付け穴があります。ヘッドは接地ループや電子ノイズに非常に反応しやすいため、付属の絶縁ポストアダプタを装着することをお勧めしています。この絶縁ポストアダプタはØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)ポストに対応しています。この取付けオプションは絶縁ポストアダプタには含まれていませんが、ES120CとES220Cは4つの#4-40ネジで30 mmケージシステムに取り付けることも可能です。

校正
全品が校正対象となっており、NISTおよびPTBトレーサブル校正証明書と一緒に出荷されます。校正や認証に関するデータはBNCコネクタ-Cシリーズ変換アダプタ内に保存されており、接続されたパワーメーターコンソールに自動的にダウンロードされます。

再校正サービス
当社ではパワー&エネルギーセンサとコンソールに対して再校正サービスをご提供しております。当社ではセンサとコンソールをセットで再校正されることをお勧めしておりますが、単体で再校正を行うことも可能です。コンソールのみの再校正も承ります。再校正サービスの詳細につきましては、当社までお問い合わせください。

Item #ES111CES120CES145CES220CES245C
Technical Specs
Detector TypeStandard Pyroelectric Energy SensorHigh Energy Pyroelectric Energy Sensor
Wavelength Range185 nm - 25 µm185 nm - 25 µm
Optical Energy Range10 µJ - 150 mJ100 µJ - 500 mJ500 µJ - 2 J500 µJ - 3 J1 mJ - 15 J
Max Repetition Rate
(@ 1 MΩ Load)
40 Hz30 Hz30 Hz30 Hz30 Hz
Max Power Density
(Pulse Width)
Range
8 MW/cm²
(10 ns Pulse)
185 nm - 25 μm
65 MW/cm²
(7 ns Pulse)
185 nm - 25 μm
65 MW/cm²
(7 ns Pulse)
185 nm - 25 μm
Max Pulse Energy Density
(Pulse Width)
Range
0.15 J/cm²
(1 µs Pulse)
185 nm - 25 μm
0.45 J/cm²
(7 ns Pulse)
185 nm - 25 μm
0.45 J/cm²
(7 ns Pulse)
185 nm - 25 μm
Max Average Powera0.15 W0.15 W0.5 W5 W10 W
Resolutionb100 nJ1 µJ1 µJ25 µJ50 µJ
Linearity±1%±1%
Measurement Uncertainty±5%±5%
Thermal Time Constant20 ms20 ms
 
  • この値は、連続発振(CW)光源ではパワー密度のピーク値になりますが、パルスレーザー光源では時間平均のパワーとビームプロファイルから計算されます。
  • S401C以外のセンサは2分の最大露出時間。S401Cは、このパワーでは最大20分の露出時間

センサ対応アダプタ

Dタイプオス

DB9 Male

PinConnection
1+5 V (Drive Max: 50 mA)
2EEPROM Digital I/O
3Pyroelectric Sensor Ground
4Not Used
5Pyroelectric Sensor +
6DGND
7PRESENT [Connect This Pin through a 1 kΩ - 10 kΩ Resistor to Pin 3 (AGND)]
8Not Used
9Not Used

センサーコネクタ

BNCオス

BNC Female

当社では、幅広いパワーメータ&エネルギーメータ用コンソールやパワーセンサ・エネルギーセンサを操作するためのインターフェイスを取り揃えています。 主な仕様は下記でご覧いただけるので、お客様の用途に適したモデルをお選びいただけます。 下記のほかに、センサ内蔵のワイヤレスパワーメータ小型USBパワーメータもご用意しております。

当社のパワーメータ等用のコンソールやインターフェイスは、Cシリーズのセンサとお使いいただく場合は接続したセンサの種類を自動的に認識し、電流値とそれに応じた電圧値を測定します。 Cシリーズのセンサは、コネクタ内に感度特性の校正データが保存されています。 コンソールは、入射波長に対応する感度の値を読み出し、パワーもしくはエネルギの測定値を計算します。

  • フォトダイオードセンサは、入射光の光パワーと波長によって決まる電流を流します。 この電流は、トランスインピーダンスアンプに送られ、このアンプから入力電流に比例した電圧が出力されます。 フォトダイオードの感度は波長に依存するため、正確なパワーの測定値を得るためには、コンソールに正しい波長を入力する必要があります。 コンソールは、接続されたセンサから、入力された波長における感度を読み取り、測定した光電流から光パワーを計算します。
  • サーマルセンサは、入射された光パワーに比例した電圧を送ります。 測定されたセンサの出力電圧とその感度特性に基づいて、コンソールは入射した光パワーを計算します。
  • エネルギーセンサは焦電効果に基づいています。 したがって、エネルギーセンサは、パルスエネルギに比例したピーク電圧を送ります。 エネルギーセンサが認識されると、コンソールはピーク電圧ディテクタを活用し、センサの感度特性からパルスエネルギが計算されます。

センサはセンサが出力する電流や電圧を表示する機能も備えています。 または、測定された電流や電圧をアナログ出力で得ることもできます。

コンソール

Item #PM100APM100DPM400
(Click Photo to Enlarge)PM100APM100DPM400
Key FeaturesAnalog Power MeasurementsDigital Power and Energy MeasurementsDigital Power and Energy Measurements, Touchscreen Control
Compatible SensorsPhotodiode and Thermal PowerPhotodiode and Thermal Power; Pyroelectric
Housing Dimensions
(H x W x D)
7.24" x 4.29" x 1.61"
(184 mm x 109 mm x 41 mm)
7.09" x 4.13" x 1.50"
(180 mm x 105 mm x 38 mm)
5.35" x 3.78" x 1.16"
(136.0 mm x 96.0 mm x 29.5 mm)
Channels1
External Temperature Sensor Input (Sensor not Included)--Instantaneous Readout and Record Temperature Over Time
External Humidity Sensor Input (Sensor not Included)--Instantaneous Readout and Record Humidity Over Time
GPIO Ports-4, Programmable
Source Spectral Correction--Yes!
Attenuation Correction--Yes!
External Trigger Input---
Display
TypeMechanical Needle and LCD Display with Digital Readout320 x 240 Pixel Backlit Graphical LCD DisplayProtected Capacitive Touchscreen with Color Display
DimensionsDigital: 1.9" x 0.5"
(48.2 mm x 13.2 mm)
Analog: 3.54" x 1.65"
(90.0 mm x 42.0 mm)
3.17" x 2.36"
(81.4 mm x 61.0 mm)
3.7" x 2.1"
(95 mm x 54 mm)
Refresh Rate20 Hz10 Hz (Numerical)
25 Hz (Analog Simulation)
Measurement Viewsa
Numericalyesyes
Mechanical Analog Needleyes--
Simulated Analog Needle-yesYes!
Bar Graph-yesYes!
Trend Graph-yesYes!
Histogram-yes-
StatisticsYes!yesYes!
Memory
Type-SD CardNAND Flash
Size-2 GB4 GB
Power
BatteryLiPo 3.7 V 1300 mAhLiPo 3.7 V 2600 mAh
External5 VDC via USB or Included AC Adapter5 VDC via USB
  • これらはコンソールに内蔵されている画面表示メニューです。

インターフェイス

Item #PM101PM102PM103PM101APM102APM103APM101RPM101UPM102UPM103UPM100USB
(Click Photo to Enlarge)PM101PM102PM103PM101APM102APM103APM101RPM101UPM102UPM103UPM100USB
Operation ProtocolUSB, RS232, UART,
and Analog
USB and Analog SMAUSB and
RS232
USB OperationUSB
Sensor Compatibility
Photodiode---
Thermal Power---
Thermal Position & Power--------
Pyroelectric-------
Key Features
C-Series Sensor
DE-9 Connector
USB ConnectorLockableLockableLockableLockableNot Lockable
Serial DE-9 Connector----
SMA Connector(s)-1 Analog Power Output3 Ports: Power, X-Position, and Y-Position3 Ports: AO1, AO2, and
Digital I/O (Configurable as External Trigger Input)
---
DA-15 Universal Connector with
2 Auxiliary I/O Ports
GPIO Ports Also Configurable as Trigger Input (Pin 2) or for Pass/Fail Analysis (Pin 3)----
External Temperature
Sensor Input
(Sensor Not Included)
NTC Thermistor----
Display
TypeNo Built-In Display; Controlled via GUI for PC
Refresh RateaUp to 1000 HzUp to 1000 HzUp to 1000 HzUp to 1000 HzUp to 300 Hz
Measurement Viewsb
NumericalRequires PC
Simulated Analog NeedleRequires PC
Bar GraphRequires PC
Trend GraphRequires PC
HistogramRequires PC
StatisticsRequires PC
Memory
TypeInternal Non-Volatile Memory
for All Settings
Internal Non-Volatile Memory
for All Settings
Internal Non-Volatile Memory for All SettingsInternal Non-Volatile Memory
for All Settings
-
Power
External5 VDC via USB or
5 to 36 VDC via DA-15 Pins 1 and 9
5 VDC via USB5 VDC via USB5 VDC via USB5 VDC via USB
  • PCの設定によります。
  • これらのパワーメータ用インターフェイスにはモニタは内蔵されていません。そのため、すべてのデータ表示は、PC等を用いてソフトウェアOptical Power MonitorのGUIによってご覧いただく形になります。

パルスレーザ:パワーとエネルギーの計算

パルスレーザからの放射光が、使用するデバイスや用途に適合するかどうかを判断する上で、レーザの製造元から提供されていないパラメータを参照しなければならない場合があります。このような場合、一般には入手可能な情報から必要なパラメータを算出することが可能です。次のような場合を含めて、必要な結果を得るには、ピークパルスパワー、平均パワー、パルスエネルギ、その他の関連するパラメータを必要とすることがあります。

  • 生物試料を損傷させないように保護する
  • フォトディテクタなどのセンサにダメージを与えることなくパルスレーザ光を測定する
  • 物質内で蛍光や非線形効果を得るために励起を行う

パルスレーザ光のパラメータは下の図1および表に示します。参照用として、計算式の一覧を以下に示します。資料を ダウンロードしていただくと、これらの計算式のほかに、パルスレーザ光の概要、異なるパラメータ間の関係性、および計算式の適用例がご覧いただけます。

 

計算式

周期と繰り返し周波数は逆数の関係:   and 
平均パワーから算出するパルスエネルギ:      
パルスエネルギーから算出する平均パワー:       
パルスエネルギーから概算するピークパルスパワー:           

平均パワーから算出するピークパワー、ピークパワーから算出する平均パワー :
 and
平均パワーおよびデューティーサイクルから算出するピークパワー*:
*デューティーサイクル() はレーザのパルス光が放射されている時間の割合です。
Pulsed Laser Emission Parameters
Click to Enlarge

図1: パルスレーザ光の特性を記述するためのパラメータを、上のグラフと下の表に示します。パルスエネルギ (E)は、パルス曲線の下側の黄色の領域の面積に対応します。このパルスエネルギは斜線で表された領域の面積とも一致します。

パラメータシンボル単位説明
パルスエネルギEジュール[J]レーザの1周期中に放射される1パルスの全放射エネルギ。
パルスエネルギはグラフの黄色の領域の面積に等しく、
これは斜線部分の面積とも一致します。
周期Δt 秒 [s] 1つのパルスの開始から次のパルスの開始までの時間
平均パワーPavgワット[W]パルスとして放射されたエネルギが、1周期にわたって
均一に広がっていたと仮定したときの、
光パワーの大きさ(光パワー軸上の高さ)
瞬時パワーPワット[W]特定の時点における光パワー
ピークパワーPpeakワット [W]レーザから出力される最大の瞬時パワー
パルス幅秒 [s]パルスの開始から終了までの時間。一般的にはパルス形状の
半値全幅(FWHM)を基準にしています。
パルス持続時間とも呼ばれます。
繰り返し周波数 frepヘルツ [Hz]パルス光が放射される頻度を周波数で表示した量。
周期とは逆数の関係です。

計算例

下記のパルスレーザ光を測定するのに、最大入力ピークパワーが75 mW 
のディテクタを使用するのは安全かどうかを計算してみます。

  • 平均パワー: 1 mW
  • 繰り返し周波数: 85 MHz
  • パルス幅: 10 fs

1パルスあたりのエネルギは、

と低いようですが、ピークパワーは、

となります。このピークパワーはディテクタの
最大入力ピークパワーよりも5桁ほど大きく、
従って、上記のパルスレーザ光を測定するのに
このディテクタを使用するのは安全ではありません


Posted Comments:
John Linden  (posted 2021-08-15 22:37:02.877)
I am looking for an energy meter to measure the profile and energy of a pulse from CO2 high power laser , 10.6um wavelength. Can this product ES245C measure this? or it this the same as measuring total power as a S322C and then I would need a PDAVJ10 for profile sensing. Would I be able to then connect the power/energy meters to the PM400? Appreciate you advice. -John
soswald  (posted 2021-08-18 07:50:06.0)
Dear John, thank you for your feedback. If the pulse energy of your laser does not exceed the 1 mJ - 15 J range the ES245C can measure the pulse energy instead of the average power which the S332C measures. Please keep the maximum repetition rate of 30 Hz and the maximum power density of 65 MW/cm² and maximum pulse energy of 0.45 J/cm² in mind. The ES245C is compatible with our PM400 power meter console. I have contacted you directly to discuss your application in more detail.
启元 吴  (posted 2020-11-16 13:59:35.863)
工程师您好,我们于今年九月份购买了贵公司的ES245C型号的热释电能量探头,用于对脉冲激光能量的测试。但是收到的探头序号和我们之前的不一样,一个是C552,一个是C730。使用这两个不同的探头测得的数据也是不一样的。我们安装旧的探头的时候,量程选择为100mj、1J等。但是用新的探头的时候,量程选择是140mj、1.4j等,使用新的探头测量得到的数据是老的探头的1.4倍。所以想请教一下这个问题到底是为什么、该怎么进行校准?
wskopalik  (posted 2020-11-16 06:26:50.0)
Thank you very much for your inquiry! The energy ranges which are shown on the power meter display will be slightly different for each sensor. It depends on the exact responsivity of the attached sensor which is determined in the calibration procedure. The shown range will e.g. also change, if the wavelength is changed. The measured values should however be the same on all attached sensors. We will contact you directly to provide further assistance.
Vladimir Makarov  (posted 2020-08-26 14:21:40.587)
Hi, I am using the ES220C to measure laser energy. I am using a pulsed laser at 1000 Hz frequency. On the oscilloscope the signal from ES220C looks like a sawtooth wave where the signal never reaches 0V, but goes up/down with the firing of each pulse in the pulse-train. I understand this setup exceeds the repetition rate spec of 30Hz of this sensor. Can you explain if the total energy detected would be inaccurate? It seems the laser keeps adding heat/energy to the meter at a high frequency, so the meter should still integrate this energy, correct? Best, Vlad M
dpossin  (posted 2020-08-28 05:04:35.0)
Dear Vladimir, Thank you for your feedback. Well, the fact that pyroelectric sensors can only see signal changes, the measurement of higher repetition rates leads to wrong energy measurements. The energy is measured via the the time it takes between an incoming pulse exceeding the set trigger level and reaching the peak. In case the repetition rate of the laser source exceeds the sampling rate of the detector, the detector stays armed all the time which most leads to wrong measurements. I am reaching out to you in order to provide further support.
song wei  (posted 2019-03-22 15:15:05.84)
ES220C能量计接到PM100D表头上怎么使用?为什么用了几次没有读数? How to use the ES220C with PM100D? Why there is no respondance during my measurements?
swick  (posted 2019-03-28 06:28:23.0)
This is a response from Sebastian at Thorlabs. Thank you for the inquiry. Usage of ES220C with PM100D is Plug&Play. If you get no energy reading please check settings energy range and trigger level. I contacted you directly for troubleshooting.
Jack Grigor  (posted 2019-03-15 11:29:57.383)
can you tell me the relevance of the absorption graph shown for the ceramic coated ES245C detector? The specification quotes a measurement uncertainty of+/- 5% from 185 nm to 25 um, how does the absorption of the ceramic coating affect that when it drops by about 20% shortly after 1000nm? Does the detector responsivity not change at those longer wavelengths? Thanks in advance.
nreusch  (posted 2019-03-19 06:02:23.0)
This is a response from Nicola at Thorlabs. Thank you for your inquiry! Generally speaking, a low responsivity of a detector system for certain wavelength ranges can lead to a reduced accuracy in this range. This is, however, only relevant if the responsivity is reduced by a lager factor. For e.g. our photodiode sensors, we specify different uncertainties for different wavelength ranges (3%, 5% or 7%). The 5% measurement uncertainty for ES245C is valid across the whole wavelength range.
Bruce Melcher  (posted 2019-03-13 10:24:47.53)
Is the ES220C sensor fast enough to respond to a single 7ns pulse at a 6mJ power level? We are firing a single shot, 7ns, 6mJ, 1570nm Laser pulse into the ES220C sensor. We "appear" to get nothing but noise as an output (less than 1 mV).
nreusch  (posted 2019-03-19 08:24:22.0)
This is a response from Nicola at Thorlabs. Thank you for your inquiry. Pyroelectric sensors can resolve single pulses as long as the pulse energy is within the specified range. Please double check that the trigger level and the energy range are set correctly. We will contact you directly to provide further assistance.
j.t.m.dehaas  (posted 2016-08-04 08:53:32.52)
What is the input resistance of the BNC to DB9 mating adapter? In other words what is the max. repetition rates of the sensor + the adapter? Best regards Johan
swick  (posted 2016-08-04 06:00:28.0)
This is a response from Sebastian at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry. The input resistance of the BNC-DB9 adapter is quite low and has no measurable effect on the repetition rate. The load resistance of our power meter consoles is 1MOhm, so with our power meter consoles (PM200, PM100D, PM100USB and PM320) and ES111C the maximum achievable repetition rate is 40Hz. If the signal from ES111C is recorded with an other device than our power meter consoles, the maximum repetition rate (with 50kOhm) would be 100Hz.
yuansuochao  (posted 2014-04-29 15:25:49.493)
ES120C和145C能量计接到PM200表头上怎么使用?为什么用了几次没有读数? How to use the ES120C with PM200? Why there is no respondance during my measurements?
shallwig  (posted 2014-04-30 07:06:48.0)
This is a response from Stefan at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry. I am really sorry that you are experiencing difficulty with our ES120C sensor in combination with the PM200 power meter. These two units work together, perhaps the settings of the trigger level are not correct. If it is set too high the pulses will not be recognized by the device. On page 31 in the manual http://www.thorlabs.com/thorcat/19300/PM200-Manual.pdf we describe how to change this setting. In order to troubleshoot where your measurement problems come from and how to solve them I will contact you directly.
sergii.yakunin  (posted 2013-10-16 09:19:32.03)
Will ES111C head work with optically chopped CW light?
tschalk  (posted 2013-10-16 11:18:00.0)
This is a response from Thomas at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry. An energy Sensor is not designed to work with a chopped light source. Therefore photo diodes or thermal sensors would be a better solution. I will contact you directly to discuss your application.
julien  (posted 2011-01-28 04:50:28.0)
A response from Julien at Thorlabs: Thank you for your feedback. The specification of the pulse length for the 150mJ/cm2 value is wrong and will be changed immediately. This max energy density corresponds to the maximum energy for long pulses (>1µs). Above this value the heat increase will bring the sensor above its Curie temperature and thus hamper its proper functioning. The curve in the spec sheet corresponds to the damage threshold of the adsorber surface. When damaged, the absorption of this surface will change and the responsivity of the sensor will be modified accordingly.
matthew.bergkoetter  (posted 2011-01-26 16:26:55.0)
The max pulse energy density for the ES111C is specified here on the webpage as 0.15J/cm2 for a 10ns pulse at 1064nm, however the PDF spec sheet seems to contradict this. Based on the plot titled "Pulse Energy Ratings and Damage Thresholds", the max energy density for a 10ns pulse would be more like 2mJ/cm2 - a discrepancy of two orders of magnitude. Which is correct?
user  (posted 2010-09-21 05:45:39.0)
Answer from Angelika at Thorlabs: The specification "max repetition rate" refers to the maximum data acquisition rate of the sensor. It is defined by the time constant of the sensor (time required to reach the initial sensor properties after a pulse).
user  (posted 2010-09-10 06:44:52.0)
Does the maximum repetition rate for the ES111C of 40Hz refer to the maximum data acquisition rate of the sensor or the maximum repetition rate of the laser to avoid damage to the sensor?
julien  (posted 2010-08-11 12:30:55.0)
A response from Julien at Thorlabs: the wavelength dependence of the damage threshold is related to absorption of the surface coating. As can be seen in the tab absorption graph, the absorption of the ES100 series is almost wavelength independent. The damage threshold specified can be thus used over the whole wavelength range of those sensors.
user  (posted 2010-08-10 23:32:52.0)
the Max Pulse Energy Density of ES111C is specified with 7ns pulse but at what wavelength?
Handheld Power Meter with iPad
Click to Enlarge

ワイヤレスパワーメータPM160とiPad mini(付属していません)。PM160はApple社のモバイルデバイスを使ってリモート操作が可能です。

こちらでは当社のパワーセンサおよびエネルギーセンサのラインナップをご紹介しています。対応するパワーメーターコンソールとインターフェイスについては右下の表をご覧ください。

下記のパワーセンサおよびエネルギーセンサのラインナップのほかに、当社ではフォトダイオードまたはサーマルセンサのどちらかを内蔵するオールインワン型のワイヤレス機能付きパワーメータ小型USBパワーメータ、およびコンソール、センサーヘッド、ポスト取付け用のアクセサリを含むパワーメーターキットもご用意しております。

当社では4種類のセンサをご用意しております:

  • フォトダイオードセンサ: フォトダイオードセンサは感度が波長に依存するので、単色光源もしくは単色に近い光源のパワー測定用に設計されています。このセンサから出力される電流は、入射光パワーと波長によって決まります。この電流はトランスインピーダンスアンプにより、入力電流に比例した電圧を出力します。
  • サーマルセンサ: サーモパイルセンサは、広い波長範囲で比較的平坦な応答特性を持つ材料から作られているので、LEDやSLDなどの広帯域光源のパワー測定に適しています。このセンサは、入射光パワーに比例した電圧を出力します。
  • サーマル位置&パワーセンサ:これらのセンサでは4つのサーモパイルセンサが正方形の4象限に配置されています。ユニットは各象限からの出力電圧を比較してビームの位置を算出します。
  • 焦電エネルギーセンサ:焦電センサは焦電効果を通じて出力電圧を発生しパルス光源の測定に適しています(ディテクタの時定数によって繰返し周波数は制限されます)。このセンサは、入力パルスエネルギに比例したピーク電圧を出力します。
Console Compatibility
Console Item #PM100APM100DPM400PM101
Series
PM102
Series
PM103
Series
PM100USB
Photodiode Power-
Thermal Power-
Thermal Position-----
Pyroelectric Energy---

パワー&エネルギーセンサのセレクションガイド

当社のパワー&エネルギーセンサの仕様を比較する際には、2種類の選択をします。下の表(展開します)では、当社のセンサを種類別に分類して(フォトダイオード、サーマル、焦電)、主な仕様を記載しています。

またその下のセレクションガイドのグラフでは、当社のフォトダイオードならびにサーマルパワーセンサの全ラインナップを波長範囲(左)そしてパワー範囲 (右)で比較できるようになっています。枠内には型番とセンサの仕様の範囲が記載されています。グラフにより、特定の波長範囲またはパワー範囲に適したセンサーヘッドが特定しやすくなっております。

Photodiode Power Sensors
Thermal Power Sensors
Thermal Position & Power Sensors
Pyroelectric Energy Sensors
  • フォトダイオードセンサの応答時間。これらのセンサを使用した際の、実際のパワーメータの応答時間は、お使いのパワーメーターコンソールの更新速度によって制限されます。
  • センサ固有の応答時間の典型値(0~95%)。当社のパワーメーターコンソールは、センサ固有の応答時間がおよそ1 s以上の場合、本来の応答時間よりも短い時間スケール(通常1秒未満)で光パワーの推定値を表示することができます。S415C、S425C、S425C-Lの固有の応答時間は十分早いため、このような測定表示の高速化によるメリットは無く、この機能は使用できません。詳細は、こちらの「動作」タブをご参照ください。
  • 断続的な使用の場合(最大露光時間はS401Cでは20分、その他は2分)。
  • 全ての焦電センサは20 msの熱時定数、τを有します。この値は1パルスからの回復にどの位の長さを要するかを示しています。正しいエネルギーレベルを検出するには、パルスは0.1τより短く、ご使用になる光源の繰返し周波数は1/τよりも低くなくてはなりません。

センサのラインナップ
(波長範囲)

Sensors by Wavelength

センサのラインナップ
(パワー範囲)

Sensors by Power

Sensor Key

焦電エネルギーセンサ

ES220C with a 30 mm Cage System
Click to Enlarge

30 mmケージシステムに取り付けたセンサES220C
  • 汎用および高エネルギの光パルス測定用
  • 広い波長範囲で平坦な応答性のある黒色の広帯域コーティング
  • 高エネルギ密度レーザ用に高い損傷閾値のセラミックコーティング
  • 開口サイズ:Ø11 mm~Ø45 mm
  • オシロスコープ用のBNCコネクタ
  • 当社のコンソールと使用可能なCシリーズのコネクターアダプタが付属(下表参照)

汎用、高エネルギ焦電センサESxxxCシリーズは、コヒーレントパルスおよびインコヒーレントパルス光源の測定用に設計されています。焦電センサは、光パルスのエネルギを電圧パルスに変換する測定用式であるため、CW測定には適しません。黒色広帯域コーティングまたはセラミックコーティングは、それぞれ低パワーまたは高パワーでの測定に適します。開口サイズがØ11 mm~Ø45 mmと広いため、アライメントが容易です。エネルギーセンサには、オシロスコープ用BNCコネクタ、およびNISTまたはPTBトレーサブルな校正データが入っている標準のパワーメーターコネクタが付属します。

当社ではこれらのセンサに対して再校正サービスをご提供しております。詳細については当社までお問い合わせください。

Item #aES111CES120CES145CES220CES245C
Sensor Image
(Click the Image to Enlarge)
ES111CES120CES145CES220CES245C
Input Aperture SizeØ11 mmØ20 mmØ45 mmØ20 mmØ45 mm
Wavelength Range0.185 - 25 µm
Energy Range10 µJ - 150 mJ100 µJ - 500 mJ500 µJ - 2 J500 µJ - 3 J1 mJ - 15 J
Detector TypePyroelectric Energy Sensor with Black Broadband CoatingPyroelectric Energy Sensor with Ceramic Coating
Resolution100 nJ1 µJ1 µJ25 µJ50 µJ
Linearity±1%
Measurement Uncertainty±5% @ 0.185 - 25 µm
Housing DimensionsØ36 mm x 16 mmØ50 mm x 18 mmØ75 mm x 21 mmØ50 mm x 18 mmØ75 mm x 21 mm
Active Detector Area95.0 mm2314.2 mm21590.4 mm2314.2 mm21590.4 mm2
Cable Length1.5 m
Post Mounting8-32 Mounting Thread, 8-32 and M4 Insulating Adapters Included
Cage MountingN/AFour 4-40 Threadings for
30 mm Cage Systems
N/AFour 4-40 Threadings for
30 mm Cage Systems
N/A
Compatible ConsolesPM400, and PM100D
Compatible InterfacesPM103, PM103A, PM103U, and PM100USB
  • より詳しい仕様については、「仕様 」タブをご参照ください。
  • センサの開口は、センサの検出部と同じ。
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
ES111C Support Documentation
ES111C焦電エネルギーセンサ、広帯域コーティング付き、0.185~25 µm、150 mJ
¥178,376
Today
ES120C Support Documentation
ES120C焦電エネルギーセンサ、広帯域コーティング付き、0.185~25 µm、500 mJ
¥185,691
Today
ES145C Support Documentation
ES145C焦電エネルギーセンサ、広帯域コーティング付き、0.185~25 µm、2 J
¥214,388
7-10 Days
ES220C Support Documentation
ES220C焦電エネルギーセンサ、セラミックコーティング付き、0.185~25 µm、3 J
¥222,971
Today
ES245C Support Documentation
ES245C焦電エネルギーセンサ、セラミックコーティング付き、0.185~25 µm、15 J
¥258,982
7-10 Days

Recalibration Service for Thermal Power and Pyroelectric Energy Sensors

※パワーセンサ校正について - 当社のパワーセンサ校正は自動で行われており、測定と同時にセンサ内のメモリにある補正データを書き換えます(出力されるデータは校正前の感度と校正後の感度になります)。また、センサ面(NDフィルタ)が汚れ等で正常に感度測定ができないと判断された場合には、フィルタ交換(無償)してから校正される場合がございますので、ご了承ください。この場合は校正前の感度は測定できません。測定と校正を別々に実施する場合には、事前のご連絡が必要です。また、校正のみの場合とは金額および期間が異なりますのでご注意ください。

Sensor TypeSensor Item #s
Thermal PowerS175C, S302Ca, S305Ca, S310Ca, S314Ca,S322C, S350C, S370C, S401C, S405C, S415C, S425C, S425C-L, S470C, PM160T, PM160T-HP, PM16-401, PM16-405
Pyroelectric EnergyES111C, ES120C, ES145C, ES220C, ES245C
  • This former catalog item is now offered as a special.

Thorlabs offers recalibration services for our Thermal Power and Pyroelectric Energy Sensors. To ensure accurate measurements, we recommend recalibrating the sensors annually. Recalibration of a single-channel power and/or energy meter console or interface is included with the recalibration of a sensor at no additional cost.

Please note that the CAL-THPY recalibration service cannot be used for our Thermal Position & Power Sensors; recalibration for these sensors can be requested by contacting Tech Support.

The table to the upper right lists the sensors for which the CAL-THPY recalibration service is available. Please enter the Part # and Serial # of the sensor that requires recalibration prior to selecting Add to Cart.

Please Note: To ensure your item being returned for calibration is routed appropriately once it arrives at our facility, please do not ship it prior to being provided an RMA Number and return instructions by a member of our team. Pyroelectric energy sensors returned for recalibration or servicing must include the separate BNC to DB9 adapter, which contains the sensor EEPROM.
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CAL-THPY Support Documentation
CAL-THPYRecalibration Service for Thermal Power and Pyroelectric Energy Sensors at 1064 nm
Part Number:  Serial Number:
CALL
Lead Time