アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

FiberBench 偏光モジュール


  • Polarization Optics Modules Designed for FiberBench Systems
  • Interchangeable Modules Maintain Optical Axis Height
  • Polarizers Available for Visible through Mid-IR

LPR-1550

Linear Polarization
Reference Module

FBR-LPVIS

Rotating Linear
Polarizer Module

PBB-VIS-10-L

Beam Displacer Module

Application Idea

Variable Optical Attenuator Constructed Within a FiberBench System (See Applications Tab)

Related Items


Please Wait

Download a FiberBench Assembly File

当社のFiberBenchシリーズにお使いいただける偏光モジュールをご用意しています。各モジュールは、ベースに2つの位置決めピンがあり、これによりFiberBench上で精密にアライメントすることができます。回転偏光子モジュールは、回転マウントFBRに取り付けられたナノ粒子フィルム型偏光子で構成されており、偏光状態(SOP)の調整が簡単に行え、500 nm~5.0 µmの波長範囲でご使用いただけます。直線偏光基準モジュールは、PMファイバのアライメント、 偏光分析法、消光比の測定などに適しています。平行分離型偏光ビームスプリッタは、固定マウント用プラットフォーム上に固定されたARコーティング付きの方解石結晶を用いて構成されています。このプリズムは、さまざまな波長範囲で水平方向の偏光成分のビーム位置を移動させるよう設計されています。製品についてご質問やご要望などがございましたら当社までお問い合わせください。

Fiber Polarization Management Selection Guide
Polarization ControllersLinear Polarizers

Paddle OperatedRotatable Fiber SqueezerFree-Space FiberBenchIn-Line PackagePolarizing FiberFree-Space FiberBench Modules
FiberBench Accessories
FiberPortsOptic MountsAlignment ToolsPolarizers
Beamsplitter ModulesMirror ModulesRotating Wave PlatesFiberBenches

回転式直線偏光子モジュール

Item #WavelengthTransmissionExtinction RatioaDamage ThresholdAlignment Accuracy
FBR-LPVIS500 - 720 nm>65%>40 dB (10 000:1)1 W/cm(Continuous Block)
5 W/cm2 (Continuous Pass)
±3° (Typical)
FBR-LPNIR650 - 2000 nm>76%>30 dB (1 000:1)1 W/cm(Continuous Block)
5 W/cm2 (Continuous Pass)
750 - 1800 nm>80%>40 dB (10 000:1)
850 - 1600 nm>82%>50 dB (100 000:1)
FBR-LPMIR1.5 - 5.0 µm>35%>30 dB (1 000:1)10 W/cm(Continuous Block)
25 W/cm2 (Continuous Pass)
2.0 - 4.5 µm>65%>40 dB (10 000:1)

直線偏光基準モジュール

Item #WavelengthTransmissionExtinction Ratioa
LPR-15501500 - 1600 nm>98%>40 dB

方解石ビーム分離プリズムモジュール

Item #WavelengthTransmissionExtinction Ratioa
PBB-VIS-10-L620 - 690 nm>96%>50 dB
PBB-VIS-10-R620 - 690 nm>96%>50 dB
PBB-NIR-10-L770 - 870 nm>97%>50 dB
PBB-NIR-10-R770 - 870 nm>97%>50 dB
PBB-YAG-10-L970 - 1080 nm>97%>50 dB
PBB-YAG-10-R970 - 1080 nm>97%>50 dB
PBB-IR-10-L1280 - 1625 nm>97%>50 dB
PBB-IR-10-R1280 - 1625 nm>97%>50 dB
  • 消光比(ER)は、評価する上で十分な偏光比を有する直線偏光を入射したときに得られる、最大透過率の最小透過率に対する比率です。透過軸と入射偏光が平行な場合、透過率は最大になります。透過率を最小にするには偏光子を90°回転させてください。こちらの偏光子は、帯域幅全体で1000:1以上の消光比を維持します。
Variable Optical Attenuator
Click to Enlarge
可変光学減衰器
Item #aQtyDescription
FB-51W1Single-Axis FiberBench
HCA32FiberBench Wall Plate
-2FiberPort Collimator/Coupler
-1Calcite Beam Displacer (Left-Handed)b
-1Calcite Beam Displacer (Right-Handed)b
-1Rotating Half-Wave Plate
-2SM or PM Fiber Patch Cable
  • ご用途に合わせた部品をお選びください。
  • 当社の平行分離型偏光ビームスプリッタ(下記掲載)は、幅広い波長範囲に対応するARコーティング付きでご提供しています。

可変光学減衰器

連続可変光学減衰器は、右表に記載のFiberBench部品を使用して組み立てられます。さまざまなARコーティングならびにコネクタをご提供可能なため、それぞれの用途に合った部品の選択をお勧めします。

FiberPortは、SMまたはPMファイバからのビームをコリメートし、その後このコリメート光は、方解石ビーム分離プリズム(walk-off偏光子)を透過することで、直交した2つの直線偏光(P偏光とS偏光)ビームに分離されます。波長板の回転により2つビームの偏光方向を変え、各ビームのP偏光成分とS偏光成分のエネルギを制御します。これにより必要な減衰量を調整することができます。次にビームは、逆に設置したビーム分離プリズムに入射されて、再結合されるか、さらに分離されます。出力ファイバに結合されるエネルギは、中心軸の信号だけになります。その後中心ビームは、出力PAF FiberPortで集光されてファイバに入射されます。

Zero Attenuation
Click to Enlarge

出力ビームが1本となるように、1/2波長板を回転させています。つまり入射時と出射時の偏光状態が同じとなります。
Partial Attenuation
Click to Enlarge

出力ビームが3本となるように1/2波長板を回転させます。波長板の回転方向によって、3つのビームのそれぞれのエネルギが変わります。中心ビームのエネルギのみが光ファイバに結合されます。減衰量は1~40 dBの任意の値に設定できます。
Full Attenuation
Click to Enlarge

出力ビームが、中心に対して左右対称形の2本となる(真ん中のビームが消える)ように、1/2波長板を回転させます。この位置では結合効率は最小となり、最大減衰量は40 dBとなります。


Click to Enlarge

偏光ビームスプリッタ

偏光スプリッタ

偏光スプリッタは、下表に掲載の部品を使用して組み立てられます。さまざまなARコーティング、コネクタ、そして構成が可能なため、それぞれの用途に合った部品の選択をお勧めします。

オフセット(ピックオフ)ミラーは、方解石ビーム分離プリズム(Walk-Off偏光子)からの変位ビームを90°に反射可能な位置にあります。この組み合わせで反射ビームを透過ビームから分離するため、複雑なシステムのアライメントもシンプルになり、反射ビームの独立した調整ができます。Walk-Offやピックオフの組み合わせではシステムのアライメントが重要です。ビームが大きすぎたり、中心の位置にないとクリッピングが起こる可能性があるからです。

Item #aQtyDescription
FT-51X601Multi-Axis FiberBench
HCA32bFiberBench Wall Plate
-2bFiberPort Collimator/Couplerc
-1Calcite Beam Displacer Module
FBT-P011Adjustable Offset Mirror Module
-2bSM or PM Fiber Patch Cable
  • ご用途に合わせた部品をお選びください。
  • 用途に応じて1~3個のウォールプレート、FiberPort、ならびにパッチケーブルのご使用となります。
  • 変位しないビームが2枚のオフセットミラーの間を通るには出力ビームウェスト径が<1 mmのFiberPortのご使用をお勧めします。

Click to Enlarge

ビーム分離プリズム(右)ならびにオフセットミラー(左)を使用した偏光スプリッタの略図

Posted Comments:
Mohamed S. Mohamed  (posted 2019-11-25 14:46:22.983)
Do you have a rotating linear polarizer fiber bench module with optimized transmission at a wavelength of 475 nm?
nbayconich  (posted 2019-11-27 09:52:37.0)
Thank you for contacting Thorlabs. We do not have a stock module for this wavelength at the moment however we could provide a custom version. I will reach out to you directly to discuss our custom capabilities.
user  (posted 2013-06-25 14:59:10.19)
How can I clean the PCB-2.5-1550 polarizer without damaging it?
jlow  (posted 2013-06-25 12:35:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: Dust and other loose contaminants can be usually be blown off using canned air. We also have an optic cleaning tutorial available at http://www.thorlabs.com/tutorials.cfm?tabID=26066 that details other cleaning methods as well.
jjurado  (posted 2011-03-31 17:57:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to Benjamin: Thank you for contacting us. The fiber bench components are attached to the bench through a slip fit of the dowel pins into the mounting holes. The diameter of the dowel pins is 0.125" and the mounting hole diameter is 0.126" (+0.001"/-0.000"), which provides a tight fit between these mating parts. As a result, our fiber tables provide a stable support for polarizer modules and a variety of other optical components, and is also suitable for interferometry applications.
benju  (posted 2011-03-31 14:46:38.0)
How are items fastened/secured to the fiber table? Do they just slot in? Does that provide sufficient stability for interferometry applications? Thanks, Benjamin

回転式直線偏光モジュール

用途
  • 当社の平行分離型偏光ビームスプリッタとの併用による、可変ビームスプリッタの構築
  • 偏光状態のモニタに適しており、特に時間の経過に伴って偏光が変化する場合(温度変化によって偏光状態が変化する場合など)、偏光子を回転することにより変化を補償できるので便利
  • 偏光消光比測定
  • 偏光分析法
  • ナノ粒子フィルム型偏光子
  • 消光比:>10 000:1
  • 360°連続回転
  • 2°単位の目盛が刻印
  • FBR-LPVISおよびFBR-LPNIR用はØ2.5 mmの開口
  • FBR-LPMIR用はØ4.0 mmの開口

このFiberBench回転式直線偏光モジュールでは、回転マウントFBRに取り付けられた薄膜のケイ酸ナトリウム偏光子を使用しています。このモジュールは偏光子の透過軸に合っていない光を吸収するタイプで、500~720 nm、650~2000 nm、1.5~5.0 µmの波長範囲でお使いいただけます。仕様のほぼ全波長範囲において>10 000:1という優れた消光比を示します(詳細は「仕様」タブをご参照ください)。

この偏光子のマウントにはローレット(ナーリング)加工されたエッジと、2°単位の目盛が360°レーザ刻印された回転セルが付いており、精密かつ再現性の高い位置決めと微細な角度調整が可能です。上部には止めネジ(0.05インチ六角ボルト、レンチは付属しません)が付いているので、ステージの回転位置を固定することができます。透過軸は、偏光子セルの前面に刻印されています。 他の用途でお使いの際には、マウントFBRをポスト取付け可能なアダプタFBA/Mと組み合わせてお使いいただけます。

マウントはSM05ネジ付きです。偏光子セルは、Ø12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)光学素子用のSM05固定リング(SM05RR)でマウントに固定されていますが、取外しも可能です。このモジュールの偏光子セルは、他のØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)光学素子用マウントにもお使いいただけます。マウントの偏光子を交換する際には、偏光子の刻印が目盛の0°に一致するように取付けてください。偏光子の薄膜はとても繊細なので触れないようにご注意ください。

LPMIR Data
Click to Enlarge
(透過率データにはフレネル反射が含まれています)
LPNIR Data
Click to Enlarge
(透過率データにはフレネル反射が含まれています)
LPVIS Data
Click to Enlarge
(透過率データにはフレネル反射が含まれています)
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
FBR-LPVIS Support Documentation
FBR-LPVIS回転式直線偏光子モジュール、開口Ø2.5 mm、500~720 nm
¥25,744
3-5 Days
FBR-LPNIR Support Documentation
FBR-LPNIR回転式直線偏光子モジュール、開口Ø2.5 mm、650~2000 nm
¥25,744
Today
FBR-LPMIR Support Documentation
FBR-LPMIR回転式直線偏光子モジュール、開口Ø4.0 mm、1.5~5.0 µm
¥41,360
3-5 Days

直線偏光基準モジュール


Click for Details

4つの方向を選択可能(写真では4番目の方向は表示されていません)
用途
  • 偏光消光比測定
  • 偏光分析法
  • PMファイバのアライメント
  • 「用途」タブもご参照ください。
  • 精密な直線偏光基準
  • 0°、45°、90°、135°の方向
  • 角度公差:<30 arcmin
  • 磁石を用いた再現性の高い位置決め機能
  • 波長範囲:1510~1590 nm

この直線偏光基準モジュールは、保持ケージの中に直線偏光子が納められた構造になっています。偏光子はモジュール前面の銀白色のホイール内に入っており(左写真参照)、0.035インチ六角レンチで止めネジ(セットスクリュ)を調整して回転させることができます。 

このモジュールを使用するには、前面を光源に向けてケージに取り付け、「1」が上にくるようにセットします。 次に、前面のホイールを回転させて光源の偏光状態と一致させ、「2」の左側の面にある止めネジを0.035インチ六角レンチで締め付けます。この位置が入射偏光に対して0°の回転角度を示します。モジュールはここから簡単に「2」、「3」、「4」の位置に設定できます。これらの数字は入射偏光に対して時計回りにそれぞれ90°、45°、135°だけシフトすることに対応します。 「4」の位置にするには、モジュールを裏返します。筐体の裏面にあるホイールでは偏光子を回転させることはできませんが、基準として使用するために調整することはできます。

この直線偏光基準モジュールは1/4波長板は内蔵しておりません。ご要望に応じて、他の波長に対応した製品や1/4波長板を内蔵したユニット(手動の偏光計として機能)もお買い求めいただけます。詳細は当社までお問い合わせください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
LPR-1550 Support Documentation
LPR-1550直線偏光基準モジュール、1510~1590 nm
¥120,840
3-5 Days

平行分離型偏光ビームスプリッタ

用途
  • 複数レベルの光学システムを作製
  • カスタム仕様の光学システムで変位したビームを選別するためにミラーモジュールと一緒に使用
  • 可変光減衰器
  • 偏光スプリッタ
  • 用途」タブも参照
  • AR コーティング付き方解石偏光子
  • 消光比 100 000:1
  • 広帯域動作
  • 開口: 6.0 mm x 3.5 mm
  • 最大パワー:500 W/cm2
  • 入射ビーム径: 1 mm(最大)
  • ビーム偏移: 1 mm
  • 表面品質:スクラッチ&ディグ40-20
  • 詳細は「仕様」タブ参照

各平行分離型偏光ビームスプリッタは固定プラットフォームにマウントされたARコーティング付きの方解石結晶でできており、FiberBenchのセットアップに正しい高さで挿入できます。 これは主に水平偏光状態を1 mm変位させられるように設計されています。下記の偏光子は異なる波長用(可視、近赤外、YAG、赤外)に設計されており、右回り/左回りの両方をご用意 しています。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
PBB-VIS-10-L Support Documentation
PBB-VIS-10-L平行分離型偏光ビームスプリッタ、620~690mm、左回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-VIS-10-R Support Documentation
PBB-VIS-10-R平行分離型偏光ビームスプリッタ、620~690mm、右回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-NIR-10-L Support Documentation
PBB-NIR-10-L平行分離型偏光ビームスプリッタ、770~870mm、左回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-NIR-10-R Support Documentation
PBB-NIR-10-R平行分離型偏光ビームスプリッタ、770~870mm、右回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-YAG-10-L Support Documentation
PBB-YAG-10-L平行分離型偏光ビームスプリッタ、970~1080mm、左回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-YAG-10-R Support Documentation
PBB-YAG-10-R平行分離型偏光ビームスプリッタ、970~1080mm、右回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-IR-10-L Support Documentation
PBB-IR-10-L平行分離型偏光ビームスプリッタ、1280~1625mm、左回り
¥29,402
3-5 Days
PBB-IR-10-R Support Documentation
PBB-IR-10-R平行分離型偏光ビームスプリッタ、1280~1625mm、右回り
¥29,402
3-5 Days
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image