精密回転ステージ


  • Continuous 360° Manual Rotation
  • Micrometer and Vernier Scale Provide 5 arcmin Resolution
  • Mount Horizontally or Vertically

Ø0.94" (Ø23.9 mm) Clear
Aperture with SM1 Threading

PR01

Cube Beamsplitter on
PR01A Adapter Plate,
Held with PM4 Clamping Arm

Related Items


Please Wait
Specifications
Item #PR01(/M)
Coarse Rotation Range360°, Continuous
Fine Adjustment Range±5°
Clear ApertureØ0.94" (Ø23.9 mm)
Horizontal
Load Capacity
Overall: 25 lbs (11.4 kg)
Fine Adjustment: 3.75 lbs (1.7 kg)
Vertical Torque Capacitya8.28 lb-in (0.93 N·m)
Platform DimensionØ2.7" (Ø68.6 mm)
Platform
Mounting Holes
1/4"-20 (M6) (6 Places)
6-32 (M4) (10 Places)
4-40 (4 Places)
Platform Height1.0" (25.3 mm)
Base Dimensions2.75" x 3.5" (69.9 mm x 88.9 mm)
Base Mounting FeaturesMounting Slot for 1/4"-20 (M6)
Cap Screws (4 Places)
1/4"-20 (M6) Taps for Vertical
Mounting (2 Places)
  • ステージのベースを垂直面に取り付ける際に、回転軸に直交する1軸についてに印加できる最大トルク。 その場合、 質量の中心は、回転の中心にできる限り近づける必要があります。

回転ステージPR01(/M)によって、360°の粗動回転と±5°の
微動回転画可能です。

特長

  • 360°の連続粗動回転
  • マイクロメータおよびバーニヤ目盛による ±5°の微調整
  • 1° 毎に目盛をレーザ刻印
  • 標準のオプトメカニクス用タップ穴、30 mmケージシステム用クランプアームまたはロッド
  • 中心穴にはSM1ネジ付き
  • 光学素子、移動ステージ、ゴニオメータ、回転ケージシステム用取付けアダプタ
  • 耐荷重:11.4 kg

当社の精密回転ステージPR01/Mは、大きめの光学素子やオプトメカニクスアセンブリを精密かつ微細に回転させることができます。右の動画のように、スチール製の固定つまみネジが固定されていない状態のときは、ステージを手動で連続的に滑らかに回転させることが可能で、ステージ側面の1°単位の目盛を 使って回転を測定することができます。 つまみネジが固定されている状態のときは、±5ºのマイクロメータにより微調整され、バーニヤ目盛りにより5 arcmin分解能で測定されます。

右でご覧いただけるようにこちらの回転ステージには、標準的なオプトメカニクス、クランプアーム(下記参照)、当社の30 mmケージシステムを取り付けるためのM6、M4ネジ穴やケージロット取付用のネジ穴が付いています。また、4つのM6ザグリ貫通スロットを用いて光学テーブルやブレッドボードに取り付けられます。

アダプタープレート
SM1ネジ切り穴のない回転プラットフォームが必要な用途には、アダプタープレートPR01A/M をお使いください。 回転ステージPR01/Mの上部に取り付け、1軸および2軸ゴニオメータ小型移動ステージへの取付け用にタップ穴を増やすことができます。 また、上部の図のように、クランプアームと一緒に使用して光学素子を保持することも可能です。

30 mmケージシステム用回転アダプタ
このアダプタは2個の30 mmケージロッドを回転軸と垂直な平面内に位置固定することが可能です。 回転ステージPR01/Mと組み合わせると、30 mmケージセグメントを360°フル回転させ、ステージのマイクロメータを利用して精密に位置を調整することが可能です。

Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図1: バーニヤ目盛の読み方の例。 赤い矢印はポインタと呼ばれています。 バーニヤ目盛の10が主目盛の1つと一致しているので、このバーニヤ目盛は75.60と読み取れます(どの単位での測定でも同じです)。

バーニヤ目盛の読み方

バーニヤ目盛は、一般に物差しの精密さを向上させるために使用される、均一に分割された目盛(当社の回転マウントの目盛など)です。 バーニヤ目盛は多くの精密測定機器に使用されていますが、中でも良く知られているのはノギスやマイクロメータです。 順バーニヤ目盛では、主目盛とバーニヤ目盛の2つの目盛を並べて使用します。 バーニヤ目盛の間隔は若干(主目盛よりも10%)狭くなっています このため、主目盛上のラインはすべてのバーニヤ目盛上のラインとは一致しません。 バーニヤ目盛の1つのラインだけが主目盛の1つのラインとぴったり一致しますが、これがバーニヤ目盛を読むポイントとなります。

図1~3では、バーニヤ目盛の仕組みについて3つの例をあげて説明しています。 各図において、左側が主目盛で右側の小さい方がバーニヤ目盛です。 これらを読むときには、主目盛で大まかな数値を読み取り、バーニヤ目盛で精密な数値を読み取ります。 こうすることで、標準的なルーラやマイクロメータがより精密なものになります。

バーニヤ目盛の0は「ポインタ」(図1~3で赤い矢印で表示)で、主目盛での読取値を示します。 図1でポインタは75.6のラインで主目盛と一致しています。 これ以外に主目盛と一致しているバーニヤ目盛は10だけであることに注目してください。 バーニヤ目盛の0が主目盛の75.6と一致しているので、図1から読み取れる値は75.60となります(どの単位での測定でも同じです)。

これがバーニヤ目盛の読み方の概要です。 バーニヤ目盛を用いることで簡単に測定機器の精度を向上させることができます。 図2では更に詳しくご説明します。 ここではポインタは主目盛と一致しておらず、75.6のわずか上ですが75.7よりも下にあります。この場合の大まかな読取値は75.6です。 主目盛と初めに一致するバーニヤ目盛は5で、青い矢印で示されています。 バーニヤ目盛は精密に読み取れる最小桁を示し、図2では5が主目盛と一致しているので、精密な測定値は75.65となります。

バーニヤ目盛は主目盛よりも10%小さくなっているので、主目盛を1/10移動させると次のバーニヤ目盛が一致します。 ここで、測定値がバーニヤ目盛の1/10の間にきてしまった場合はどうするのか、という疑問が生じます。 図3ではこれについて説明しています。 上述の通り、ポインタのラインは75.6と75.7の間にあるので、大まかな読取値は75.6となります。 よく見ると、バーニヤ目盛の7(水色の矢印で表示)は、主目盛とほぼ一致しているので、精密な測定値は75.67となります。 しかし、バーニヤ目盛の7は主目盛よりもわずかに上にあり、8(7のすぐ上)は主目盛よりもわずかに下にあります。 このことから、図3の目盛は75.673 ± 0.002と読み取れます。 このツールにおいて、読取誤差としての0.002はほぼ適切な値と言えます。

このように、バーニヤ目盛は標準的なスケール測定の精密さを向上させます。 慣れるまでに少々時間がかかりますが、練習すれば非常に簡単に目盛を読めるようになります。 順バーニヤ、逆バーニヤにかかわらず、すべてのバーニヤ目盛は同様の方法で読み取ることができます。

Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図2: バーニヤ目盛の例。 赤い矢印はポインタを示し、青い矢印は主目盛と一致するバーニヤ目盛上のラインを示しています。 この目盛は75.65と読み取れます。
Figure 1: Vernier scale measuring 76.0
Click to Enlarge

図3: バーニヤ目盛の例。 赤い矢印はポインタを示し、青い矢印は主目盛と一致するバーニヤ目盛上のラインを示しています。 これは75.67と読み取れますが、精密には75.673 ± 0.002となります。

Posted Comments:
Rajeev Sharma  (posted 2021-10-26 14:14:28.27)
Hi, Greetings from Keysight Technologies! There is no RoHS CoC available for this part on your website. Could you please provide RoHS CoC as per directive 2015/863? Thanks! Regards, Rajeev Sharma
YLohia  (posted 2021-12-23 10:50:12.0)
Hello Rajeev, thank you for contacting Thorlabs and bringing this to our attention. I have reached out to you directly with a pdf of the RoHS and we have updated the webpage to include this information.
Edmond Chehura  (posted 2019-07-26 07:31:47.68)
Is it possible to replace the manual micro-adjuster with a motorized actuator? If so, which motorized actuator?
YLohia  (posted 2019-07-26 11:18:01.0)
Thank you for contacting Thorlabs. Unfortunately, this stage cannot be motorized. We recommend using the HDR50 for such applications. If your load is very light, you can use the PRM1Z8.
david.sommitz  (posted 2018-07-25 15:43:54.193)
These are great for making relative angular measurements! Is there any way to adjust the absolute rotation state so that a reading of 0 degrees on the instrument is parallel/perpendicular to one of the three sets of 1/4-20 holes? The absolute position seems arbitrary as is.
llamb  (posted 2018-07-27 05:55:47.0)
Thank you for your feedback. The main rotating body of the PR01 is designed so that the 0°/180° engravings line up with the center line of 1/4"-20 and #6-32 holes. Refer to the PR01(/M) schematic image where the two pairs of holes are aligned vertically and would match the 0°/180° engravings on the side. You can fine adjust your micrometer to your desired "0" position while the PR01(/M) is locked, and then while unlocked you can manually adjust the stage to align the 0 engraving where needed.
chrisb  (posted 2018-07-02 21:59:26.087)
What is the Backlash for this stage?
llamb  (posted 2018-07-13 02:24:59.0)
Thank you for contacting Thorlabs. The PR01(/M) stage will not have any backlash for coarse adjustment, as the mounting platform rotates about an internal ring. Fine adjustment is driven by our 148-206ST micrometer which uses a fine adjustment screw. Because this micrometer's adjustment screw is preloaded by a spring force, fine adjustment will have negligible backlash.
kwon0512  (posted 2017-10-24 16:58:55.843)
Hi, What is difference between CR1 and PR01A
tfrisch  (posted 2017-10-30 02:00:24.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. The biggest functional difference is that CR1 uses a worm gear for travel and a vernier scale to achieve 10arcsec resolution where the PR01 (the stage used with the PR01A top plate) is directly rotated by hand for coarse adjustment and uses a micrometer with 2.4arcsec resolution for the fine adjustment. I will reach out to you directly to discuss these stages further.
skooi  (posted 2017-06-09 10:52:39.85)
Hi, If I put a longer travel distance micrometer on this stage, would I be able to get a greater range of precision angles? I would like a longer that +-5 degrees of high precision travel. Thanks, Steve.
tfrisch  (posted 2017-06-22 04:22:28.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. While PR01 is not compatible with a larger micrometer, the vernier scale can be used to finely measure the position at any point in the rotation of the stage. This will require coarse adjustment between ranges, but the position can then be finely set. I will reach out to you directly to discuss your application.
cadatte  (posted 2015-04-09 15:55:06.82)
Hello, I would like to use the unit outside, even if it is raining. Will the unit support water? Thank you, Cyril
jlow  (posted 2015-04-14 11:30:40.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The rotation mount is not sealed to be waterproofed so water could get into the internal components of the mount. This will degrade the grease used inside and you will probably not get smooth movement. It will also potentially expose the internal components to corrosion.
medmonds  (posted 2015-03-30 18:15:02.957)
Hello, Is there a users manual for this rotational stage? The mounting scheme and the adjustments seem skewed and difficult for some people using this. The zero point seems to be in an odd place. People are wondering whats the standard intended use and setup. Any information is appreciated. Thanks Mike
cdaly  (posted 2015-03-31 01:53:44.0)
Response from Chris at Thorlabs: I'm afraid there is no manual for the PR01(/M), but hopefully this explanation will provide enough clarity. The rotating platform in the middle is free to rotate manually when the thumbscrew is unlocked. Threading down the thumbscrew secures the rotating platform to an interior moving ring. This ring has a small level arm attached which is mounted between a compression spring and linear micrometer. Moving the micrometer in or out will push on this arm, rotating the ring inside. When the thumbscrew is tightened this will in-turn move the rotating platform along with the ring. The location of the zero position when using the micrometer driven fine adjustment is dependent on where the rotating platform was manually positioned before the thumbscrew was locked down. This course adjustment, the manual movement of the platform without the thumbscrew locked down can be done over a continuous 360 degree range, while the fine adjustment can only be used over a +/- 5 degree range.
h.vennekate  (posted 2014-09-12 07:59:04.567)
I'm not quite sure how the calibration of the micrometer's graduations to the vernier scale is gonna work out. Can you give any more detailed advice on that one?
jlow  (posted 2014-09-18 03:58:27.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The angular rotation is not linear with the linear translation of the micrometer. You would have to record the amount of rotation for a number of distances the micrometer has moved and then fit a curve onto the points you recorded. We will contact you directly to discuss more about this.
patrick.hallen  (posted 2014-05-16 11:19:58.073)
We are planning to use the PR01/M in a vertical configuration and want to attach a rather heavy setup to it. What is the torque limit of the PR01/M (i.e. what is the limit for the vertical attachment of heavy/large objects).
cdaly  (posted 2014-05-22 11:53:27.0)
Response from Chris at Thorlabs: The torque limit of the stage is 0.69 foot pounds (0.93 N m). It is intended to have the center of mass as close as possible to the center of rotation.
marek.mikloska  (posted 2014-05-15 16:36:51.173)
Is it possible to use this mount in production environment - CNC machine ? It would be exposed to leaking of coolant - ispoarafinic hydrocarbon spraymist mixed with germanium dust. Is it possible to mount GNL18/M - Large Goniometer on this rotational stage ? Thank you for your answer. Marek
cdaly  (posted 2014-05-22 10:34:03.0)
Response from Chris at Thorlabs: The GNL18/M can be mounted to the metric stage PR01/M. You can use M6 cap screws through the 50 mm separated slots on the goniometer and into any two opposing M6 holes on the platform of the PR01/M. There will only be one screw in each slot, so you will need to align it manually if you want this centered about the axis of rotation. As for the environment, I cannot recommend using this when there is a strong possibility of getting debris into the inner workings of the stage.
petr.hlavenka  (posted 2013-12-02 05:06:03.58)
Please can you specify the wobble (or paralellism) and concentricity over 360deg rotation. Is its the same as for CR1/M-Z7 model? Thanks, Petr
cdaly  (posted 2013-12-05 10:08:21.0)
Response from Chris at Thorlabs: Thank you for using the feedback tool. The worst case parallelism from the mounting surface to the rotation dial is – 0.001”. The worst case potential wobble of the rotation dial to the mounting plate is 2mrad. Worst case concentrically of the dial to the mounting plate would be 0.00075".
Throlabs  (posted 2010-07-23 11:10:25.0)
Response from Javier at Thorlabs to andrgrimes: Thank you very much for your feedback. I will discuss your comments with our mechanics department. We are constantly looking to improve our products, so we will certainly take this into account when designing a new version of the PR01 rotation stage.
andrgrimes  (posted 2010-07-22 12:42:17.0)
This is a very poorly designed product below are a list of faults I saw when trying to use the PR01. 1. The locking screw is in a bad place and too small and cheap feeling, making it very hard to lock this stage in place. 2. This product is listed as a related product in the goniometer section, how ever the awkward mounting dimensions for both of them did not allow for the goniometer and rotation stage to be mounted on the same axis. 3. The micrometer has a substantial amount of wind up making it difficult to make precise adjustments around a point. 4. The mounting slots are at an awkward 2 1/2" x 3" and they are slotted making it difficult to mount vertically. Overall this product leads to many headaches when setting up and disappointment when it is set up you realize that it does not work as expected. The Newport rotation stages are much better in every way possible.

回転マウント&回転ステージのセレクションガイド

当社では手動式および電動式の回転マウントと回転ステージを豊富にご用意しております。回転マウントの内孔はØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、またはØ50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ) の光学素子取付け用に設計されております*。また回転ステージには、様々な部品やシステムが取り付けられるようにタップ穴が配置されております。電動式は、DCサーボモータ、2相ステッピングモータ、あるいはElliptec™共振ピエゾモータにより駆動されます。いずれも360°の連続回転が可能です。 

*下表のマウントは、Ø12.7 mm、Ø25.4 mm、Ø50.8 mmの光学素子に対して最適設計されています。Ø12.0 mm、Ø25.0 mm、Ø50.0 mmなどの少し小さい光学素子に対してもご使用いただけますが、光学素子の偏心が重要ではない用途でのご使用をお勧めします。

手動回転マウント

Rotation Mounts for Ø1/2" Optics
Item #MRM05(/M)RSP05(/M)CRM05PRM05(/M)aSRM05KS05RSCT104
Click Photo
to Enlarge
FeaturesMini SeriesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Micrometer16 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationCompatible with CT1 Cage Translator Stage and 1/4" Translation Stagesb
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM05GL5/M(回転マウントPRM05/Mと偏光プリズムマウントSM05PM5のセット)に含まれております。
  • CT104は当社のアダプタープレートMS103/Mを用いることで、移動量6.4 mm(1/4インチ)の移動ステージに取り付けられます。
  • CT104は30 mmケージシステム用移動ステージCT1には対応します。

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #RSP1(/M)LRM1RSP1D(/M)DLM1(/M)CLR1(/M)RSP1X15(/M)RSP1X225(/M)PRM1(/M)a
Click Photo
to Enlarge
LRM1
FeaturesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Adjustable ZeroTwo Independently Rotating CarriagesRotates Optic Within
Fixed Lens Tube System
Continuous 360° Rotation
or 15° Increments
Continuous 360° Rotation
or 22.5° Increments
Micrometer
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM1GL10/M(回転マウントPRM1/Mと偏光プリズムマウントSM1PM10のセット)に含まれております。 

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #LM1-A &
LM1-B(/M)
CRM1(/M)CRM1L(/M)CRM1PT(/M)KS1RSK6XS
Click Photo
to Enlarge
FeaturesOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring30 mm Cage-Compatiblea30 mm Cage-Compatible
for Thick Opticsa
30 mm Cage-Compatible
with Micrometera
±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis
Kinematic Mounta
Additional Details
  • こちらのマウントには回転ダイヤルにM3穴が4つ付いており、プリズム取付け用プラットフォームK6A1/Mを取り付けられます。

Rotation Mounts for Ø2" Optics
Item #RSP2(/M)RSP2D(/M)PRM2(/M)LM2-A &
LM2-B(/M)
LCRM2(/M)KS2RSK6X2
Click Photo to Enlarge
FeaturesStandardAdjustable
Zero
MicrometerOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring60 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis Kinematic Mount
Additional Details

手動回転ステージ

Manual Rotation Stages
Item #RP005(/M)PR005(/M)MSRP01(/M)RP01(/M)RP03(/M)QRP02(/M)
Click Photo
to Enlarge
Continuous Rotation Mount
FeaturesStandardTwo Hard Stops
Additional Details

 

Manual Rotation Stages
Item #XRNR1(/M)XRR1(/M)PR01(/M)CR1(/M)XYR1(/M)OCT-XYR1(/M)
Click Photo
to Enlarge
FeaturesFine Rotation Adjuster and
2" Wide Dovetail Quick Connect
Fine Rotation Adjuster and
3" Wide Dovetail Quick Connect
Fine Rotation Adjuster and
SM1-Threaded Central Aperture
Fine Pitch Worm GearRotation and 1/2" Linear XY Translation
Additional Details
  • ステージをネジスロットで取り付けた場合、75.7 mmアリ溝を使用して他のステージまたはアクセサリに重ねて取り付けた場合よりも高くなります。
  • ステージOCT-XYR1/MにはプレートXYR1Aが付いています。このプレートを取り外すとステージXYR1/Mと同様の取付け機能となります。

電動回転マウント&ステージ

Motorized Rotation Mounts and Stages with Central Clear Apertures
Item #DDR25(/M)PDR1(/M)K10CR1(/M)PRM1Z8(/M)aDDR100(/M)ELL14HDR50(/M)
Click Photo
to Enlarge
ELL14
FeaturesCompatible with
SM05 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM05 Lens Tubes,
30 mm Cage System,
PD1(/M) and PDX1(/M) Linear Stages
Compatible with SM1 Lens Tubes &
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
Open Frame Design for OEM Applications
Compatible with
SM2 Lens Tubes
Additional Details
  • こちらのステージはKPRMTE/M(電動回転ステージPRMTZ8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101)に含まれております。
Motorized Rotation Mounts and Stages with Tapped Platforms
Item #PRMTZ8(/M)aELL18(/M)b
Click Photo
to Enlarge
FeaturesTapped Mounting Platform for Mounting Prisms or Other OpticsTapped Mounting Platform, Open Frame Design for OEM Applications
Additional Details
  • こちらのステージはKPRM1E/M(電動回転ステージPRMT1Z8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101などのセット)に含まれております。
  • こちらのステージはELL18K/M(インターフェイスボード、取付け用ブラケットならびにPC制御用コントローラがセット)に含まれております。

精密回転ステージ

PR01 Mechanical Drawing
Click to Enlarge

精密回転ステージの概略図
  • 360°回転プラットフォーム
  • マイクロメータ1目盛につき2.4 arcminの回転
  • SM1内ネジ付きの中心穴に厚さ17 mmまでのØ25.4 mm(Ø1インチ)光学素子を取り付け可能
  • 耐荷重:11.4 kg(粗調整)、1.7 kg(微調整)
  • 固定リングSM1RRが1個付属

回転ステージPR01/Mは高耐荷重で、光学素子や標準的なオプトメカニクス部品、または30 mmケージシステムのセグメントを精密回転させることができます。 回転プラットフォームには、刻印された1°刻みの目盛と、分解能5 arcminのバーニヤ目盛が付いています。

また、垂直面に取り付けられるようM6ザグリ溝と2つのM6タップ穴も付いています。 さらに安定性が必要な場合は、開口部付き直角ブラケットCAM1/Mをご利用いただくことも可能です。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PR01 Support Documentation
PR01高精度回転ステージ、固定リングSM1RR 1個付属 (インチ規格)
¥46,862
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PR01/M Support Documentation
PR01/M高精度回転ステージ、固定リングSM1RR 1個付属 (ミリ規格)
¥46,862
Lead Time

アダプタープレート

PR01A Mounting Hole Pattern
Click for Details

PR01A(/M)の取付け穴のパターン
  • プリズムやビームスプリッタ、偏光子、その他光学素子用の取付け面
  • タップ穴を用いて小型移動ステージやゴニオメータに直接取付け可能
  • クランプアーム用に6箇所の取付け位置
  • 4個の#4-40キャップスクリュが付属

アダプタープレートPR01A/Mは、4つの#4ザグリ穴を利用して回転ステージPR01/Mの上面に取り付けることができます。小型移動ステージゴニオメータに直接取り付けられるよう、M2 x 0.4タップ穴が8個と#2-56タップ穴が4個開いています。

また、クランプアームPM3(/M)またはPM4(/M)を使用して光学素子をアダプタの上面に取り付け、PR01(/M)の回転軸に沿って回転させることもできます(ページ上の写真をご参照ください)。 クランプアームの取り付けには、外周に沿って開いている6個のM4タップ穴を利用します。 また、M4タップ穴が4つあるのでステンレススチール製クランプアームPM5/Mともお使いいただけます。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PR01A Support Documentation
PR01Aアダプタープレート、PR01用、#4-40キャップスクリュ4個付属(インチ規格)
¥4,147
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PR01A/M Support Documentation
PR01A/Mアダプタープレート、PR01/M用、#4-40キャップスクリュ4個付属(ミリ規格)
¥4,147
Today

クランプアーム

  • プラットフォームマウント用のクランプ
  • ポストの上部にM4ネジ穴、下部にM4ネジ付きスタッド
  • 保持できる光学素子の最大高さ:24.6 mm~41.8 mm
  • 保持できる光学素子の高さを拡大するためのエクステンションポストもご用意
    • PM3SP/M + PM3/M:高さ56.1 mmまでの光学素子を保持
    • PM4SP/M + PM4/M:高さ91.7 mmまでの光学素子を保持

Click to Enlarge

クランプアーム用エクステンションポスト。ミリ規格を示す溝が付いています。

こちらのクランプアームを用いると、キネマティックプラットフォームマウントやV字型クランプに光学素子を固定することができます。PM3/Mは高さ24.6 mmまでの光学素子を保持します。ポストと光学素子固定用のナイロン製先端付き止めネジとの中心間距離は17.5 mmです。PM4/Mは高さ40.9 mmまでの光学素子を保持でき、ポストとナイロン製先端付き止めネジとの中心間距離は29.3 mmです。クランプアームPM3/MならびにPM4/Mに、それぞれエクステンションポストPM3SP/MまたはPM4SP/Mを組み合わせると、保持できる光学素子の高さを拡大することが可能です。これらのエクステンションポストは、クランプアームの部品のポストと同一です。すべてのクランプアームにはM4 x 0.7ネジが付属します。

クランプアームPM5/Mはすべて熱処理済みのステンレススチールから作られているため、温度変動を伴う環境中でも安定した性能を維持し、真空にも対応します。M4 x 0.7タップ穴が1つ以上付いているすべてのプラットフォームマウントにお使いいただけますが、特にPOLARIS-K1M4/Mとのご使用をお勧めしています。PM5/Mは高さ41.8 mmまでの光学素子を保持することが可能で、ポストの中心から光学素子を保持する接触点までの距離は22.8 mmです。

各クランプアームはフレクシャ機構でポストに取り付けられますが、その固定には2 mmのボール(六角)ドライバまたは六角レンチを使用します。クランプアーム上部の止めネジで光学素子を固定する際も、2 mmのボールドライバまたは六角レンチを使用します。ポストにはトルクを加えてポストを締め付けるときに使用する貫通穴も付いています。詳細については上の図面をご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PM3 Support Documentation
PM3小型クランプアーム、調整機能付き、#6-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥2,653
7-10 Days
PM3SP Support Documentation
PM3SPCustomer Inspired! クランプアームPM3用エクステンションポスト、#6-32ネジ付き(インチ規格)
¥736
7-10 Days
PM4 Support Documentation
PM4大型クランプアーム、調整機能付き、#6-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥3,245
Today
PM4SP Support Documentation
PM4SPCustomer Inspired! クランプアームPM4用エクステンションポスト、#6-32ネジ付き(インチ規格)
¥736
7-10 Days
PM5 Support Documentation
PM5ステンレススチール製調整機能付きクランプアーム、#8-32ネジ付きポスト(インチ規格)
¥8,057
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PM3/M Support Documentation
PM3/M小型クランプアーム、調整機能付き、M4 x 0.7ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥2,653
Today
PM3SP/M Support Documentation
PM3SP/MCustomer Inspired! クランプアームPM3/M用エクステンションポスト、M4 x 0.7ネジ付き(ミリ規格)
¥736
Today
PM4/M Support Documentation
PM4/M大型クランプアーム、調整機能付き、M4 x 0.7ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥3,245
Today
PM4SP/M Support Documentation
PM4SP/MCustomer Inspired! クランプアームPM4/M用エクステンションポスト、M4 x 0.7ネジ付き(ミリ規格)
¥736
Today
PM5/M Support Documentation
PM5/Mステンレススチール製クランプアーム、調整機能付き、M4ネジ付きポスト(ミリ規格)
¥8,057
Today

30 mmケージ回転アダプタ

CRA30
Click to Enlarge
View Imperial Product List
型番数量Description
PR011高精度回転ステージ、固定リングSM1RR 1個付属 (インチ規格)
CRA30130 mmケージ対応回転アダプタ、PR01用 (インチ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入り
CRM1P1マイクロメータードライブ付きケージ用高精度回転マウント、Ø1インチ光学素子用、#8-32タップ穴付き(インチ規格)
CXY1130 mmケージシステム用XY移動マウント、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子用
View Metric Product List
型番数量Description
PR01/M1高精度回転ステージ、固定リングSM1RR 1個付属 (ミリ規格)
CRA30/M130 mmケージ対応回転アダプタ、PR01/M用 (ミリ規格)
ER4-P41Ø6 mm ケージアセンブリーロッド、長さ 101.6 mm、4個入り
CRM1P/M1マイクロメータードライブ付きケージ用高精度回転マウント、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子用、M4タップ穴付き(ミリ規格)
CXY1130 mmケージシステム用XY移動マウント、Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)光学素子用
アダプタCRA30(/M)を使って回転ステージPR01(/M)に取付けられた30 mmケージシステム
  • 30 mmケージシステムを360°連続回転
  • 組立済の30 mmケージシステムを分解せずに取り付け可能
  • ネジ1個でクランプの位置をしっかり固定
  • 4個の#4-40キャップスクリュが付属

ケージ回転アダプタCRA30/Mは、30 mmケージシステムと回転ステージ PR01/Mを接続し、ステージのマイクロメータを利用してケージシステムを精密にアライメントできます。 このアダプタは、ネジ1個でクランプの位置をしっかり固定できるシステムになっており、30 mmケージシステム内の2本のケージロッドを同時につかむように締め付けることができます。 組立済のケージシステムを開いたクランプ内に置くだけで良いので、ケージロッドをアダプタに通す必要がありません。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
CRA30 Support Documentation
CRA3030 mmケージ対応回転アダプタ、PR01用 (インチ規格)
¥11,500
7-10 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
CRA30/M Support Documentation
CRA30/M30 mmケージ対応回転アダプタ、PR01/M用 (ミリ規格)
¥11,500
7-10 Days