アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

角度可変プラットフォーム


  • Continuous Adjustment Over 90° or 180° Range
  • Rapid Angular Positioning
  • Locking Mechanism for Stability

Full 90°
Swing

SL20

Articulating Base Stage

AP180

Adjustable Angle Plate

FP90

Adjustable Flip Platform

Related Items


Please Wait

特長

  • 自在な角度で固定可能
  • 調整範囲:合計90°以上
  • プラットフォーム上に取付け穴が配列

こちらの角度可変プラットフォームを使用して、オプトメカニクスのセットアップを角度調整できます。

角度可変ベース
角度可変ベースSL20/Mは垂直軸の周りを360°回転するだけでなく、プラットフォームの位置を水平から垂直方向に90°にわたり調整可能です。この取付けプラットフォームには部品取り付け用にM6タップ穴が25個あり、あらゆる位置に旋回させることができます。

角度調整プレート(1軸)
角度調整プレートAP180/Mを使用して180°の角度調整が可能です。上部プレートは付属のピンを利用すれば、13箇所で位置固定ができます。また、側面の固定ネジを使用して任意の位置で固定することも可能です(3 mm六角レンチ使用)。上部プレートにはM6タップ穴とM6スロットが配列されており、部品を取り付けられるようになっています。

角度調整機能付きフリッププラットフォーム
角度調整機能付きフリッププラットフォームFP90/Mは底部プレート中央にあるM4ザグリ穴、または2つのプレートの側面にあるM4タップ穴のどちらかを使用してØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)またはØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)ポストの上部に取り付け可能です。上部プレートの角度は、取付け方向によって90°または180°の範囲で調整可能です。フリッププラットフォームの上面には部品取り付け用に11個のM4タップ穴があります。


Posted Comments:
Paul M  (posted 2019-05-14 10:43:12.14)
What is the material? Thanks
YLohia  (posted 2019-05-14 02:03:41.0)
Hello, these articulating platforms are made of anodized aluminum.
pmillho  (posted 2018-09-28 15:23:57.35)
What are the dimensions for the hole pattern on the "universal base plate"? The hole pattern on the top is described but not for the base. Thanks
YLohia  (posted 2018-10-02 09:10:46.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. Information on the hole patterns for nearly all of our opto-mechanical products can be found in their corresponding drawings, which can be accessed by clicking the red document icon next to the part number. The universal base plate contains four 1/4-20 (M6) counterbored holes on a 3" square.
grb2116  (posted 2017-09-18 23:12:50.9)
recently ordered this AP180 mount. Terrible terrible stability. The top plate was badly attached to the swinging arm. No way to re-tighten it. The screw threads were rusted. Too much of drift on the swinging fulcrum. The product needs serious thought on innovation for improved performance and acceptable stability. Would be a very useful product to the community if made well.
tfrisch  (posted 2017-09-19 09:19:47.0)
Thank you for contacting Thorlabs. We will certainly accept the AP180 platform back, and I will put you into contact with our RMA team to assist with that. During the assembly process for AP180 the top and bottom plates are attached loosely and then after alignment tightened fully, but it sounds like this final tightening step didn't occur. Furthermore, we do use Loctite on those screws, so even if they weren't fully tightened the screws will be bound up by the Loctite. As for the fulcrum, units that we have tested had an angular deviation of no more than ±0.3°, and if that is suitable for your application, we would also be able to provide you a replacement unit. I will reach out to you directly to discuss this.
dstowell  (posted 2017-02-15 08:56:03.61)
Question; is the SL20 a metal construction?
jlow  (posted 2017-02-16 11:42:40.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: Yes, the SL20 is made from metal.
emma.woolliams  (posted 2014-08-21 13:05:00.767)
We're confused by this. The ball joint is useful, but we can't see how to use the rotational axis. The scale suggests that it should be possible to rotate it while keeping the ball joint locked in place in the cup (i.e. move the cup) - but there is no clear mechanism. We assumed the tiny little screws would do that - took ages to find an allen key that could actually undo them ... and nothing. So we can only rotate it by loosening the lock - and that means the ball can rotate relative to the cup and the scale is meaningless. Oh. Pity. Probably should have bought a straightforward rotation stage and the AP180...
cdaly  (posted 2014-08-21 04:20:42.0)
Response from Chris at Thorlabs: All rotation axis of the platform are achieved by pivoting the ball joint which the stage rest upon. It cannot be rotated in any direction without first unlocking the stage. It should be noted to that the dial and thus the position at which the platform can be made vertical can only be rotated before the platform is locked as well. If any rotation is required after the position is locked, an additional rotation stage would be required.

角度可変ベース

Locking Mechanism of the SL20 Super Base
Click to Enlarge

360°の全範囲にわたり2º毎の刻み目が刻印されています。
  • 迅速な角度位置決めと固定が可能
  • 上部プラットフォームは水平から垂直方向まで90º可動
  • 上部プラットフォームには、取付け用のM6ネジ穴が25か所
  • 360º回転のスイベル機構
  • 汎用ベースプレート

角度可変ベース SL20/Mは高精度なボール&ソケットを用いた取付けプラットフォームで、半球全体にわたって自由な球面運動が可能です。角度位置は強力な3/16インチ六角ソケット固定ネジによって安定に保持され(右写真参照)、中心への負荷については50 kgまで、片持ち梁による負荷に対しては27 N·mまで保持できます。柔軟性の必要な検査システム(ビデオや光学顕微鏡)、ターゲットの位置決め、検出システムなどの用途にお使いいただけます。

取付けプラットフォームには中心間距離12.5 mm毎に25個のM6タップ穴があります。テーブル面に対して、最大90°までの任意の位置に傾斜させることができます。ボール&ソケット機構は、垂直軸のまわりで360°回転します。2º毎の刻み目と10º毎の表示が付いた目盛がレーザ刻印されています。ベースプレートのザグリ穴スロットはミリ規格とインチ規格どちらにも対応します。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SL20 Support Documentation
SL20角度可変ベース、高精度ボール&ソケット取付プラットフォーム (インチ規格)
¥41,640
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
SL20/M Support Documentation
SL20/M角度可変ベース、高精度ボール&ソケット取付プラットフォーム (ミリ規格)
¥41,640
Today

角度調整プレート

  • 可動範囲は180°
  • 回転角度の刻み15°、13箇所で位置設定が可能
  • 付属の着脱可能なピンで角度位置を固定
  • 取付け方法や配置は右図の通り

当社の角度調整プレートは180°の全範囲で調整可能で、固定位置の刻みは15°で、精度は±18 arcminとなっています。取付け用のプラットフォームは、付属のピンを利用すれば、13箇所で位置固定ができます。マウントの刻印は、設定可能な位置およびそこに対応するピンの位置を示します。

設定済みの13箇所とは別に、任意の角度にプレートを固定するには、所望の角度で六角穴付き固定ネジをさらに締め付けます。ピンを使用した場合のマウントの最大許容荷重は、60°の入射角で15.8 kgです。ただし、ピンで固定する方法でなければ、耐荷重は最大3.6 kgに制限されます。この角度調整プレートでは、右図で示すように上面板と底面板にそれぞれM6の取付け穴およびM6の取付けスロットが複数配置されています。

任意の角度に設定する場合、マウントの背面にある3 mmの六角穴付き固定ネジをお使いください(下の動画参照)。六角穴付きネジをゆるめ、次に固定用ピンを外してください。上面板のヒンジ部分に刻印されている白い線が、目的とする底面板の角度マークと合致するまで、上面板を回転させてください。次に選択された角度位置を表す数値の横に記されているカッコ付きのアルファベット文字のスロットに、ピンを挿入します。例えば、下図のように、上面板を垂直から45°の位置に固定するには、ピンをAスロットに挿入する必要があります。ピンが確実に挿入されたことを確認して、六角穴付き固定ネジを締めけることで、マウントの位置を完全に固定することができます。

How to change the angle of the AP180
Click to Enlarge

15°毎に刻印された目盛と、それぞれの角度に適したピン用スロットを示すアルファベットが刻印されています。

こちらの動画では、角度調整プレートAP180(/M)を異なる角度で固定する方法をご覧いただけます。
+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
AP180 Support Documentation
AP180角度調整プレート(インチ規格)
¥24,476
3-5 Days
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
AP180/M Support Documentation
AP180/M角度調整プレート(ミリ規格)
¥24,476
Today

角度調整機能付きフリッププラットフォーム


Click to Enlarge

フリッププラットフォームを用いると、セットアップ内の部品を光学テーブル上で再配置することなく、取り付けや取り外しができます。
  • 90°までの角度調整設計
  • 構成によっては最大180°まで調整可能
  • 側面には5 mm六角穴付き固定ネジ(キャップスクリュ)
  • 31.8 mm x 31.8 mmの取付けプラットフォームには11個のM4タップ穴
  • 両プレート側面にはM4タップ穴
  • 底部プレートの4つのM4タップ穴を用いて、さらに部品の取り付けが可能
  • 目盛は15°毎に刻印

角度調整機能付きフリッププラットフォームは当社のØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)またはØ25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)ポストに取り付けるよう設計されており、部品を柔軟に取り付けることができます。フリッププラットフォームは底部プレート中央にあるM4ザグリ穴、または2つのプレートの側面にあるM4タップ穴のどちらかを使用してポストに取り付けます。31.8 mm x 31.8 mmの上部プレートには部品取り付け用に11個のM4タップ穴が付いています。

底部プレートの中央ザグリ穴を使用してポストに取り付けた場合は、上部プレートの角度は光学テーブルに対して0°~90°の範囲で調整できます。側面のM4タップ穴を使用してポストに取り付けた場合は、上部プレートの角度は光学テーブルに対して-90°~+90°の範囲で調整できます。プラットフォームの位置を固定するには、側面のキャップスクリュを5 mmボール(六角)ドライバまたは六角レンチで締め付けます。

フリッププラットフォームは右手系用、左手系用どちらにも変換できます。固定ネジを取り外して上部プレートと底部プレートを分離し、底部プレートを上下逆さにして組み立て直します。この方法により、固定ネジにアクセスする方向が制限されるような実験セットアップにおいて、ネジ位置を選択することができます。

こちらをクリックするとフレクシャ式固定ネジの有効性を示す試験データがご覧いただけます。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
FP90 Support Documentation
FP90角度調整機能付きフリッププラットフォーム、#8-32タップ穴付き
¥9,355
Today
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
FP90/M Support Documentation
FP90/M角度調整機能付きフリッププラットフォーム、M4タップ穴付き
¥9,355
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image