ウェビナー(製品紹介デモ)


ウェビナー(製品紹介デモ)


Please Wait

近日開催予定のウェビナー(製品紹介デモ)

Want to be Notified About
Upcoming Demonstrations?

Subscribe to Webinars
Live Webinars

当社製品を紹介するライブデモでは、製品の使用方法、主な機能と仕様、およびそれらの製品を用いて日常的な課題を解決する方法などをご紹介します。ウェビナーに参加登録して、製品やその使い方などを当社の技術者から直接お聞きください。参加できなかった場合でも、ご質問などございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

過去のウェビナーについては「過去の製品デモウェビナー(録画)」タブでご覧いただけます。

Follow Us on Social Media

  
  
  

過去の製品紹介デモウェビナー(録画)

Want to be Notified About
Upcoming Webinars?

Subscribe to Webinars

こちらでは製品紹介デモウェビナーの録画がご覧いただけます。近日開催予定のウェビナーについては「近日開催予定(ライブ)」タブをご覧ください。

スペクトル測定:製品紹介デモ(英語)

当社の光スペクトラムアナライザ開発チームのメンバーが、新しく発売された光スペクトラムアナライザ(OSA305)の製品デモを行います。このライブデモでは、ガス吸収分光の事例、GUIインターフェイスの操作例、カスタマイズのためのオプション、さらにLabVIEW、C++、C#、Python用のソフトウェア開発キットの概要などについてご紹介します。

光スペクトラムアナライザ(OSA305)の製品ページはこちら

講演者: Dr. Carl Borgentun, OSA Research and Development at Thorlabs

大型符号化開口を使用した広視野のラマン分光法(英語)

パターンマスク付きの開口を取り付けた、当社の新しいラマン分光用キットをご紹介します。新しい設計により、高い感度とスペクトル分解能を維持しながら、2 mm²の大きな視野での測定が可能です。

ラマン分光用キットの製品ページはこちら

講演者:Dr. Sönke Oswald, Technical Support Engineer

リアルタイム化学センシング用多変量光学素子(MOE)(英語)

当社の多変量光学素子(MOE)技術を用いた化学センシングの方法を、他の光学素子を用いた分光法と比較しながら説明します。ウェビナーでは数種類のシステム設計例とベンチトップシステムをご紹介します。また2021年における当社のMOE技術の最新情報についてもご紹介します。

紹介ページはこちら

講演者:Adam Fisher, Team Lead, Thorlabs Spectral Works

EXULUS®空間光変調器:その原理と応用(英語)

このウェビナーでは液晶空間光変調器(SLM)についてご紹介します。空間光変調器の原理、構造、用途例のほか、その動作の背後にある理論についても解説します。また当社の空間光変調器EXULUS®シリーズについてもご紹介します。

EXULUS®空間光変調器の製品ページはこちら

講演者:Yat Hei Lo, Liquid Crystal Manager

ORIC®ピエゾ慣性アクチュエータ付きステージ:ナノ~無限の移動(英語)

ピエゾ慣性アクチュエータの動作メカニズムと、そのメカニズムが当社のORIC®シリーズステージにどのように用いられ、ナノメートル~無限の移動に拡張されているかを解説します。また、当社の現行のORICステージと、現在開発中の新しいステージとその機能についてもご紹介します。

Kinesis®ソフトウェア付き垂直電動ステージの製品ページはこちら

講演者:Renlong Gao, Piezo Manager

量子暗号擬似実習用キットのご紹介(英語)

量子技術は、量子計算、量子センシング、量子通信において新しいフェーズに入っており、教育界においても一般的な量子光学、特に量子暗号についての関心が高くなっております。当社の実習用キットを用いると、BB84量子暗号化プロトコルの主要なステップを体験実習することができます。

量子暗号擬似実習用キットの製品ページはこちら

Presented by Jens Küchenmeister, Leader, Thorlabs Educational Products

ガルバノメータによるレーザ走査:設計と応用例(英語)

当社ではガルバノメータ走査システムの製品を拡充しました。このウェビナーでは、当社の1軸および2軸構成の特徴についてご説明いたします。また、ダイナミックフォーカスのためにポストオブジェクティブ走査を用いた、当社の新しい3軸ガルバノメータもご紹介します。そのほか、レーザ加工やイメージングなどの一般的なレーザ走査の応用例、当社製品ラインナップの利点やカスタム・量産能力(OEM)などについてもご紹介します。

ガルバノシステムの製品ページはこちら

講演者:Brian Candiloro, Director of Engineering, Thorlabs Measurement Systems

Follow Us on Social Media

  
  
  

Posted Comments:
No Comments Posted