アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ


  • 360° Continuous Motorized Rotation
  • Piezo Inertia Drive Ideal for Set-and-Hold Applications
  • 20°/s Maximum Speed with 250 µrad Typical Step Size
  • Backlash-Free Operation

Mounting Ideas

Two options for mounting the rotation stage are shown here: horizontal mounting using ER cage rods and a UBP2 base plate (left) and vertical mounting on a Ø1/2ʺ post (right).

PDR1

Piezo Inertia Rotation Stage

Related Items


Please Wait
Key Specificationsa
Rotation Range360° Continuous
Step Sizeb250 µrad (Typical)
Step Size AdjustabilitycUp to 30%
Maximum Step Frequency2 kHz
Maximum Speed
(Continuous Stepping)d
20°/s (Typical)
Speed Variation Over
Travel Range (Average)d
±10% (Typical)
Horizontal Load Capacity1 kg (2.2 lbs)
Vertical Load Torque Capacitye15 mN•m
Holding Torque25 mN•m
Wobble< 200 µrad
Lifetimef>10 Billion Steps
Cable Lengthg1 m (3.3 ft)
Operating Voltage125 V (Max)
Required ControllerKIM001 or KIM101
  • 仕様の詳細については、仕様」タブをご参照ください。コントローラKIM101を周波数2000 Hz未満、設定電圧85 Vとし、平面度≤20 µmのステージ表面に取り付けて測定
  • この値はコンポーネントのバラツキ、方向の違い、使用条件などによって20%程度変化する可能性があります。
  • ピエゾアクチュエータへの電圧および周波数を変えることで調整できます。詳細についてはコントローラKIM001またはKIM101のマニュアルをご参照ください。
  • ステップ周波数が2 kHzのときの値
  • ステージから15 mmの位置に100 gを負荷することを想定。負荷が大きくなるほど、またはアームが長くなるほどウォブル(wobble)が大きくなり、ステージの故障につながる可能性があります。
  • コントローラKIM101を2000 Hz未満/85 Vで駆動した場合
  • 1.5 mのSMCエクステンションケーブルPAA101およびオス-オスSMCアダプタT5026を使用してケーブルの長さを延長可能

Click to Enlarge

View Imperial Product List
型番数量Description
PDR11ORIC™ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ(インチ規格)
PD1U1上部プレート用アダプタ、厚さ8.5 mm、ピエゾ慣性アクチュエータ付き20 mm直線移動ステージ用(インチ規格)
PD12ORIC™ 20 mm直線移動ステージ、ピエゾ慣性アクチュエータ付き(インチ規格)
UBP21汎用ベースプレート、2.5 x 2.5 x 3/8インチ(インチ規格)
View Metric Product List
型番数量Description
PDR1/M1ORIC™ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ(ミリ規格)
PD1U/M1上部プレート用アダプタ、厚さ8.5 mm、ピエゾ慣性アクチュエータ付き20 mm直線移動ステージ用(ミリ規格)
PD1/M2ORIC™ 20 mm直線移動ステージ、ピエゾ慣性アクチュエータ付き(ミリ規格)
UBP2/M1汎用ベースプレート、65 mm x 65 mm x 10 mm(ミリ規格)
回転ステージPDR1(/M)を2台の20mm直線移動ステージPD1/Mに取り付けてXY + 回転ステージを構築。ステージPD1(/M)の底面をベースUBP2(/M)に取り付けるには、長さ8 mmのM4 x 0.7ネジが2個必要です。

Click to Enlarge

付属のアクセサリを使用して、2台の直線移動ステージPD1/Mを回転ステージPDR1(/M)に取り付けてXY + 回転ステージを構築。この構成では、ステージPD1(/M)から出ているケーブルによって回転が制限されますのでご注意ください。

特長

  • ピエゾ慣性アクチュエータが付いた小型のステンレススチール製ステージ
  • 高分解能の相対位置決めが必要とされる用途に適した製品
  • 有効径Ø9.0 mmのSM05ネジ付き開口を有する回転プラットフォーム
  • 30 mmケージシステムに取り付け可能
  • 2つの側面にポスト取付け用のM4 x 0.7タップ穴
  • 直線移動ステージPD1/Mと組み合わせてXY + 回転ステージの構築が可能(右図参照)
  • ピエゾ慣性アクチュエータ用コントローラKIM001またはKIM101が別途必要(下記参照)

当社のコンパクトなORIC™ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージは、安定な開ループ式のピエゾ制御により回転動作を行います。250 µradのステップサイズ(典型値)において、最大速度20°/sで360°連続回転が可能です。ステップサイズは負荷と駆動電圧に依存するため、ステージを制御するために使用する立ち上がり電圧と立ち下がり電圧を変更することで調整できます。長時間の「連続ステップ」だけでなく、「回転/保持」モードでも使用可能で、そのときの保持トルクは25 mNです。

取付け方法
コンパクトな40.0 mm 40.0 mm x 18.0 mmのステージPDR1/Mは、垂直方向にも水平方向にも取り付けが可能です。また、ERシリーズケージロッドに対応する4隅のØ6 mm貫通穴を使用して、30 mmケージシステムに組み込むこともできます。ロッドは2.0 mmの六角止めネジで固定できます。さらに、ステージの2か所の側面にはØ12 mmおよびØ12.7 mmポスト取り付け用のM4 x 0.7タップ穴が1つずつあります。

ステージの底面にはM4 x 0.7タップ穴が25.0 mm間隔で2つあり、平坦な面に取り付けることができます。また直線移動ステージPD1/Mに取り付けて、XY + 回転ステージを構築することもできます。これらの穴を使用してステージに取り付ける場合、取付け面の平面度は20 µm以下であることが必要です。

このピエゾ慣性アクチュエータ付きステージの上部プレートには、コンポーネントや直線移動ステージPD1/Mなどを取り付けるために、M4 x 0.7タップ穴が4つとØ2 mm位置決めピン用の穴が4つあります。ステージの中心にはØ9 mmの穴が貫通しており、その上部プレート部分にはSM05内ネジが付いています。この貫通穴は光がステージ本体を通過するための光路としてご利用いただけます。

XY + 回転ステージ
回転ステージPDR1/Mを2つの直線移動ステージPD1/Mと組み合わせてXY + 回転ステージを構築できます(右写真参照)。 1つの構成方法は、アダプタープレートPD1Uを用いて、ステージPDR1/MをステージPD1/Mの上部に取り付ける方法です。別の構成方法としては、2本の位置決めピンと長さ5.3 mmのM4 x 0.7キャップスクリュ(どちらもステージPDR1/Mに付属します)を用いて、直線移動ステージPD1/MをステージPDR1/Mの回転プラットフォームに直接取り付ける方法があります。この構成では、直線移動ステージPD1/Mに接続されているワイヤによって回転が制限されますのでご注意ください。

必要なコントローラ
これらのステージの操作には、K-CubeのシングルチャンネルコントローラKIM001または4チャンネルコントローラKIM101(下記参照)が別途必要です。標準的なピエゾコントローラでは、ピエゾ慣性アクチュエータを駆動することはできません。コントローラKIM101の場合、そのバージョンは2019年以降であり、ファームウェアは010004以上がインストールされていなければなりません。それ以前のバージョンのコントローラや古いファームウェアでは適切に機能せず、またステージやコントローラの故障につながる場合があります。旧世代のコントローラTIM101は対応していません。

Inertia Motor Operation
Click to Enlarge

ピエゾ慣性アクチュエータの動作の簡略図
Inertia Motor Operation
「スティック-スリップ」のサイクルは、ピエゾが緩やかに伸びるプロセスと、急速に縮むプロセスから構成されています。

ピエゾ慣性「スティック-スリップ」モータ

ピエゾ慣性モータは、フレクシャ機構と結合したピエゾアクチュエータ、摩擦要素、および回転プラットフォームの3つの主要パーツから構成されています。時計回りの回転の場合、サイクルの「スティック」の期間では、ピエゾはランプ関数の電圧波形に従って緩やかに伸び、摩擦要素と回転プラットフォームを同時に前方に押します。「スリップ」の期間では、駆動電圧が急速に低下するのに合わせて、ピエゾ素子は摩擦要素を「スリップ」させながら最初の長さに戻ります。回転プラットフォームの慣性と、摩擦要素とプラットフォーム表面間の動摩擦係数が小さいことにより、このプロセス中に回転プラットフォームが逆回転することはありません。右のグラフは「スティック-スリップ」の1サイクルにおけるピエゾ駆動電圧を示しています。

このサイクルを繰り返すことにより、ステージは時計回りに連続的に回転します。逆回転させるには、ピエゾが急速に伸びて緩やかに縮む(すなわち「スリップ-スティック」)ための、逆の電圧パターンが必要です。

使用条件やピエゾ素子のヒステリシス、コンポーネントのバラツキ、軸方向の負荷などの様々な要因によってステップサイズは変化し、また再現性もありません。この変化を解消するには、外部フィードバックシステムが必要になります。

 

全ての仕様は、4チャンネルK-Cubeピエゾ慣性モーターコントローラKIM101を周波数2000 Hz未満、設定電圧85 Vで使用し、ステージを平面度≤20 µmの表面に取り付けて測定しています。

PDR1(/M) Specifications
Rotation Range360° Continuous
Step Size250 µrad (Typical)a;
< 350 µrad (Max)b
Step Size AdjustabilitybUp to 30%
Maximum Step Frequency2 kHz
Maximum Speed (Continuous Stepping)c20°/s (Typical)
Speed Variation Over Travel Range (Average)c±10% (Typical)
Horizontal Load Capacity1 kg (2.2 lbs)
Vertical Load Torque Capacityd15 mN•m
Holding Torque25 mN•m
Wobble< 200 µrad
Lifetimee> 10 Billion Steps
Connector TypeSMC Female
Cable Length1 m (3.3 ft)f
Piezo Capacitance170 nF
Operating Voltage125 V (Max)
Operating Temperature10 to 40 °C
Dimensions40.0 mm x 40.0 mm x 18.0 mm
(1.57" x 1.57" x 0.71")
Weight (Including Cable)151 g (5.33 oz)
Required ControllerKIM001 or KIM101
  • この値はコンポーネントのバラツキ、方向の違い、使用条件などによって20%程度変化する可能性があります。
  • ピエゾアクチュエータへの電圧および周波数を変えることで調整できます。詳細についてはコントローラKIM001またはKIM101のマニュアルをご参照ください。
  • ステップ周波数が2 kHzのときの値。
  • ステージから15 mmの位置に100 gを負荷することを想定。負荷が大きくなるほど、またはアームが長くなるほどウォブル(wobble)が大きくなり、ステージの故障につながる可能性があります。
  • コントローラKIM101を2000 Hz未満/85 Vで駆動した場合
  • ケーブルは、オス-オスSMCアダプタT5026と1.5 mのSMC延長ケーブルPAA101を用いて延長することができます。 ケーブルの静電容量のため、制御ケーブルの全長は2.5 mを超えないようにご注意ください。

注:KIM001にはKinesisソフトウェアを使用します。KIM101には、Kinesisソフトウェア、従来のAPTソフトウェアのどちらもご使用いただけます。

当社では幅広い種類のモーションコントローラを駆動できるよう、Kinesis® ソフトウェアパッケージと従来のAPT™(Advanced Positioning Technology)ソフトウェアパッケージの2種類のプラットフォームをご用意しております。どちらのパッケージも小型で低出力のシングルチャンネルドライバ(K-Cube™やT-Cube™など)から高出力でマルチチャンネルのモジュール式19インチラックナノポジショニングシステム(APTラックシステム)まで幅広い種類のモーションコントローラをカバーするKinesisシリーズのデバイスを制御できます。

Kinesisソフトウェアには、最新のC#、Visual Basic、LabVIEW™またはその他の.NETに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、.NETコントロールが付属しています。また、.NETフレームワークを使用しない用途向けに低級言語用のDLLライブラリも付いています。センターシーケンスマネージャが、当社の全てのモーションコントロールハードウェアの統合と同期をサポートします。

Kinesis Software
KinesisのGUIスクリーン
APT Software
APTのGUIスクリーン

当社従来のAPTシステムソフトウェアプラットフォームは、C#、Visual Basic、LabVIEWまたはその他のActive-Xに対応する言語を使用してカスタムプログラムを作成するサードパーティの開発者向けに、ActiveXをベースとしたコントロールが付属しています。また、ハードウェア無しでカスタムプログラムの開発を行うためのシミュレーターモードも付いています。

これらの共通のソフトウェアプラットフォームにより、あらゆるKinesisとAPTコントローラをシングルアプリケーションに簡単に組み込むことができます。ソフトウェアツールは1セット習得するだけで共通した操作が可能です。シングルチャンネルシステムからマルチチャンネルシステムまで、あらゆるコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが実現可能です。

このソフトウェアパッケージを使用するには2つの手段があります。GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティを使用したコントローラとの直接対話ならびに「out of the box」コントロール、またはご選択の開発言語でカスタム統合の位置決めやアライメントソリューションを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

APTシステムソフトウェアをよりご理解いただけるために様々なチュートリアルビデオもご用意しております。ビデオではソフトウェアの概要とAPT Configユーティリティをご説明しています。また、ソフトウェアのシミュレーターモードを利用すると、コントローラを接続しないでソフトウェアを試すことができます。その方法を説明したビデオもあります。これらのビデオは「APTチュートリアル」タブ内のリンクからご覧いただけます。

ソフトウェア

Kinesis バージョン 1.14.23

このKinesisソフトウェアパッケージには、当社のKinesisならびにAPT™システムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

ソフトウェア

APT バージョン 3.21.4

このAPTソフトウェアパッケージには、当社のAPT™およびKinesisシステムコントローラを制御するためのGUIが含まれています。

下記もご用意しております:

  • 通信プロトコル
Software Download

Kinesis®ソフトウェアでは新しい.NETコントロールが使用でき、最新の最新のC#, Visual Basic, LabVIEW™、ほかの.NET対応言語を使用する開発者がカスタムにプログラムを作成することもできます。

C#
このプログラミング言語はマルチプログラミングパラダイムやマルチプログラミング言語が使用可能となるよう設計されているため、複雑な問題が簡単かつ効率的に解決できます。型付け、命令型、宣言型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向、そしてコンポーネント指向が含まれます。 この共通のソフトウェアプラットフォームにより、1セットのソフトウェアツールを習得するだけで、あらゆるKinesisコントローラを簡単に組み合わせることができます。このようにして1軸システムのコントローラから多軸システムのコントローラまで、様々なコントローラを組み合わせ、全てを1台のPCのソフトウェアインターフェイスから制御することが可能となりました。

Kinesisシステムソフトウェアを使用するには2つの手段があります。コントローラを直接つないで制御を行なう付属のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)ユーティリティ、またはご希望の開発言語でカスタム仕様の位置決めやアライメントを簡単にプログラムできる一連のプログラミングインターフェイスです。

Kinesisモーションコントロールライブラリの構築の参考となる実行可能なプロジェクト機能拡張例については下のリンクをクリックしてください。なお、Quick Startのプロジェクト例の実行には別の統合開発環境(IDE)(Microsoft Visual Studioなど)が必要です。C#のプロジェクト例はKinesisソフトウェアパッケージに付属する.NETコントロールで実行可能です(詳細は「Kinesisソフトウェア」タブをご覧ください)。

C Sharp IconClick Here for the Kinesis with C# Quick Start Guide
Click Here for C# Example Projects
Click Here for Quick Start Device Control Examples
C Sharp Icon

LabVIEW
LabVIEWは、.Netコントロールを介してKinesisまたはAPTベースのコントローラとの通信に使用できます。LabVIEWでは、ツールとオブジェクトでフロントパネルとして知られるユーザーインターフェイスを構築した後、グラフィカル表記の関数を使ってコードを追加し、フロントパネルのオブジェクトを制御します。下記のLabVIEWチュートリアルでは.Netコントロールを使用してLabVIEW内KinesisまたはAPT駆動デバイス用の制御GUIを作成するための情報をご提供しています。 LabVIEWでコントローラを制御する基本的な方法や、LabVIEW GUIを用いてデバイスを操作する前に行うべき設定の手順についても解説しています。

Labview IconClick Here to View the LabVIEW Guide
Click Here to View the Kinesis with LabVIEW Overview Page
Labview Icon

これらのビデオでは、プログラミングおよび非プログラミングの両方の点から、APTシステムソフトウェアの使用法の基礎をご説明しています。付属のAPTユーティリティの使用法を示したビデオもあるので、箱から出してすぐにAPTコントローラを制御できます。また、Visual Basic、LabView、Visual C++を使うカスタムソフトウェア用のプログラミングの基礎を説明した多くのビデオもありますのでご覧ください。

 Click here to view the video tutorial 

更に、プログラマの方のためにLabViewを用いてAPTソフトウェアをプログラムするためのガイドもございます。

Labview IconClick here to view the LabView guideLabview Icon

Posted Comments:
Mark Saffman  (posted 2020-07-18 16:37:55.52)
A question about the PDR1. The product page says the stages emit a high pitched noise and generate heat when they rotate. DO the stages cause vibration when rotating? I am concerned about vibrations affecting laser locks.
YLohia  (posted 2020-07-21 10:21:56.0)
Thank you for contacting Thorlabs. PDR1 utilizes a piezoelectric inertia drive that is driven by signals of frequencies up to 2 kHz. These frequencies are audible to humans as high pitch noise. The influence of this 2 kHz vibration is much smaller than the overall wobble of the device.

回転マウント&回転ステージのセレクションガイド

当社では手動式および電動式の回転マウントと回転ステージを豊富にご用意しております。回転マウントの内孔はØ12 mm~Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)Ø25 mm~Ø25.4 mm(Ø1インチ)、またはØ50 mm~Ø50.8 mm(Ø2インチ) の光学素子取付け用に設計されております*。また回転ステージには、様々な部品やシステムが取り付けられるようにタップ穴が配置されております。電動式は、DCサーボモータ、2相ステッピングモータ、あるいはElliptec™共振ピエゾモータにより駆動されます。いずれも360°の連続回転が可能です。 

*下表のマウントは、Ø12.7 mm、Ø25.4 mm、Ø50.8 mmの光学素子に対して最適設計されています。Ø12.0 mm、Ø25.0 mm、Ø50.0 mmなどの少し小さい光学素子に対してもご使用いただけますが、光学素子の偏心が重要ではない用途でのご使用をお勧めします。

手動回転マウント

Rotation Mounts for Ø1/2" Optics
Item #MRM05(/M)RSP05(/M)CRM05PRM05(/M)aSRM05KS05RSCT104
Click Photo
to Enlarge
FeaturesMini SeriesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Micrometer16 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationCompatible with CT1 Cage Translator Stage and 1/4" Translation Stagesb
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM05GL5/M(回転マウントPRM05/Mと偏光プリズムマウントSM05PM5のセット)に含まれております。
  • CT104は当社のアダプタープレートMS103/Mを用いることで、移動量6.4 mm(1/4インチ)の移動ステージに取り付けられます。
  • CT104は30 mmケージシステム用移動ステージCT1には対応します。

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #RSP1(/M)LRM1RSP1D(/M)DLM1(/M)CLR1(/M)RSP1X15(/M)RSP1X225(/M)PRM1(/M)a
Click Photo
to Enlarge
LRM1
FeaturesStandardExternal SM1
(1.035"-40) Threads
Adjustable ZeroTwo Independently Rotating CarriagesRotates Optic Within
Fixed Lens Tube System
Continuous 360° Rotation
or 15° Increments
Continuous 360° Rotation
or 22.5° Increments
Micrometer
Additional Details
  • こちらのマウントはPRM1GL10/M(回転マウントPRM1/Mと偏光プリズムマウントSM1PM10のセット)に含まれております。 

Rotation Mounts for Ø1" Optics
Item #LM1-A &
LM1-B(/M)
CRM1(/M)CRM1L(/M)CRM1PKS1RSK6XS
Click Photo
to Enlarge
FeaturesOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring30 mm Cage-Compatiblea30 mm Cage-Compatible
for Thick Opticsa
30 mm Cage-Compatible
with Micrometera
±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis
Kinematic Mounta
Additional Details
  • こちらのマウントには回転ダイヤルにM3穴が4つ付いており、プリズム取付け用プラットフォームK6A1/Mを取り付けられます。

Rotation Mounts for Ø2" Optics
Item #RSP2(/M)RSP2D(/M)PRM2(/M)LM2-A &
LM2-B(/M)
LCRM2(/M)KS2RSK6X2
Click Photo to Enlarge
FeaturesStandardAdjustable
Zero
MicrometerOptic Carriage Rotates Within Mounting Ring60 mm Cage-Compatible±4° Kinematic Tip/Tilt Adjustment Plus RotationSix-Axis Kinematic Mount
Additional Details

手動回転ステージ

Manual Rotation Stages
Item #RP005(/M)PR005(/M)MSRP01(/M)RP01(/M)RP03(/M)QRP02(/M)
Click Photo
to Enlarge
Continuous Rotation Mount
FeaturesStandardTwo Hard Stops
Additional Details

 

Manual Rotation Stages
Item #XRR1(/M)PR01(/M)CR1(/M)XYR1(/M)OCT-XYR1(/M)
Click Photo
to Enlarge
FeaturesFine Rotation Adjuster and
3" Wide Dovetail Quick Connect
Fine Rotation Adjuster and
SM1-Threaded Central Aperture
Fine Pitch Worm GearRotation and 1/2" Linear XY Translation
Additional Details
  • ステージをネジスロットで取り付けた場合、75.7 mmアリ溝を使用して他のステージまたはアクセサリに重ねて取り付けた場合よりも高くなります。
  • ステージOCT-XYR1/MにはプレートXYR1Aが付いています。このプレートを取り外すとステージXYR1/Mと同様の取付け機能となります。

電動回転マウント&ステージ

Motorized Rotation Mounts and Stages with Central Clear Apertures
Item #DDR25(/M)PDR1(/M)K10CR1(/M)PRM1Z8(/M)aDDR100(/M)ELL14HDR50(/M)
Click Photo
to Enlarge
ELL14
FeaturesCompatible with
SM05 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM05 Lens Tubes,
30 mm Cage System,
PD1(/M) Linear Stages
Compatible with SM1 Lens Tubes &
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
16 mm Cage System,
30 mm Cage System
Compatible with
SM1 Lens Tubes,
Open Frame Design for OEM Applications
Compatible with
SM2 Lens Tubes
Additional Details
  • こちらのステージはKPRMTE/M(電動回転ステージPRMTZ8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101)に含まれております。
Motorized Rotation Mounts and Stages with Tapped Platforms
Item #PRMTZ8(/M)aELL18(/M)b
Click Photo
to Enlarge
FeaturesTapped Mounting Platform for Mounting Prisms or Other OpticsTapped Mounting Platform, Open Frame Design for OEM Applications
Additional Details
  • こちらのステージはKPRM1E/M(電動回転ステージPRMT1Z8/MとK-Cube DCサーボモーターコントローラ KDC101などのセット)に含まれております。
  • こちらのステージはELL18K/M(インターフェイスボード、取付け用ブラケットならびにPC制御用コントローラがセット)に含まれております。

ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ


Click for Details

ミリ規格ステージの図面

Click for Details

インチ規格ステージの図面
  • 最大速度20°/sで360°連続回転が可能
  • ステップサイズ(典型値):250 µrad
  • プラットフォームのサイズ:Ø1.34" (34.0 mm)
    • SM05内ネジ付き
    • 有効径Ø0.35" (Ø9.0 mm)の開口
    • 4つのM4 x 0.7ネジ穴
  • プラットフォームの高さ:18.0 mm
  • コンパクトな設置面積:40.0 mm x 40.0 mm
  • SMCメス型コネクタの付いた長さ1 mのケーブル付き

こちらの開ループ式ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージは、最大速度20°/sでバックラッシュのない動作が可能で、ステップサイズは250 µrad(典型値)です。また、システム停止時やピエゾ素子に電源が供給されていない時には自動的に固定されます。これらの特徴により、ミリラジアン以下の分解能とアライメントの長期安定性が要求される場合には、ステージPDR1/Mはその位置決め・保持用として適しています。

各ステージには1.0 mのケーブルが付いていますが、1.5 mのSMCエクステンションケーブルPAA101およびオス-オスSMCアダプタT5026を使用してケーブルの長さを延長することもできます。ケーブルの静電容量のため、制御ケーブルの全長は2.5 mを超えないようにご注意ください。

注:動作中のステージではハイピッチのノイズが発生し、またある程度の熱が発生する場合があります。これはデバイスの正常な動作で、故障ではありません。

+1 数量 資料 型番 - インチ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PDR1 Support Documentation
PDR1NEW!ORIC™ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ(インチ規格)
¥111,800
Lead Time
+1 数量 資料 型番 - ミリ規格 定価(税抜) 出荷予定日
PDR1/M Support Documentation
PDR1/MNEW!ORIC™ピエゾ慣性アクチュエータ付き回転ステージ(ミリ規格)
¥111,800
3-5 Days

K-Cube™コントローラ、ピエゾ慣性ステージおよびアクチュエータ用

Key Specificationsa
Item #KIM001KIM101
Piezoelectric Outputs (SMC Male)OneFour
Piezo Output Voltage85 to 125 VDC85 to 125 VDC per Channel
Top Panel ControlsScroll WheelDual-Axis Joystick
External Input
(SMA Female)
±10 V ± 2%
Input Power+15 VDC @ 2 A
Housing Dimensionsb
(W x D x H)
60.0 mm x 60.0 mm x 47.0 mm
(2.36" x 2.36" x 1.85")
121.0 mm x 60.0 mm x 47.0 mm
(4.76" x 2.36" x 1.85")
Compatible SoftwareKinesisKinesis & Legacy APT
  • 詳細な仕様については下の赤いドキュメントアイコン()をクリックしてマニュアルをご覧ください。
  • 取付けプレートは含みません。
  • コンパクトな設置サイズ
  • 出力電圧の調整範囲:85 V~125 V
  • 1チャンネルおよび4チャンネルのタイプをご用意
  • 上面のコントロールパネルとディスプレイ画面による単体での操作、またはUSB接続によるPC制御が可能

こちらのコンパクトなK-Cubeコントローラを用いると、当社のピエゾ慣性ステージ、ピエゾ慣性アクチュエータ、ピエゾ慣性アジャスタ付き光学マウントなどに対して、簡単なマニュアルやPC制御が可能になります。出力電圧の調整範囲は85 V~125 Vです。上面パネルのディスプレイ画面を使用すれば、PCに接続しなくても、ユニットの電源をONにするだけですぐに操作を開始できます。また、どちらのコントローラもUSB接続によるプラグアンドプレイで、当社のKinesis®ソフトウェアパッケージ(付属します)を用いたPC制御が可能になります。コントローラKIM101は、当社の従来のAPT™ソフトウェアパッケージを使用して操作することもできます。

サイズは小型で、ベースプレートのM6ザグリ穴スロットを使用すれば光学テーブルに直接取り付けることができます。このコントローラは小型であるため電動システムの近くに設置することもでき、これは上面パネルのコントロールを用いてモータの位置を手動で調整する際には便利です。また、テーブル上で操作することで駆動ケーブルの長さが短くなり、ケーブルの管理も楽になります。

このコントローラには電源が付属しませんのでご注意ください。対応可能な電源は下記でご紹介しています。

シングルチャンネルコントローラKIM001
シングルチャンネルピエゾ慣性コントローラは、1台のピエゾ慣性ステージまたはピエゾ慣性アクチュエータ用の電圧を出力します。上面パネルにはバネ式のスクロールホイールが付いており、ステージまたはアクチュエータを操作したりメニューを選択したりできます。

4チャンネルコントローラKIM101
4チャンネルコントローラには、ピエゾ慣性デバイスを駆動するためのSMC出力端子が4つ付いています。これらのチャンネルは、上面パネルの2軸ジョイスティックを使用してそれぞれ単独あるいはペアで操作できます。コントローラは、最大4台までのPDシリーズピエゾ慣性ステージまたはPIAシリーズピエゾ慣性アクチュエータ、あるいは2台までのPIMシリーズピエゾ慣性光学マウントを操作するように設定できます。1台のKIM101では、コントローラのメニュー選択において同じ「Select Stage」を選択するデバイス以外は、同時に駆動することはできません(詳細はマニュアルに記載されています)。

詳しい内容については、製品紹介ページをご参照ください。

動作
こちらのステージを駆動する前に、コントローラKIM001またはKIM101のステージ設定を「PD(R)」に設定してください。「Selecet Stage」を選択し、「PIA」を「PD(R)」に変更してからコントローラを再起動してください。ディスプレイに「Stage is PD(R)」と表示され、ステージPD1/Mを駆動できるように設定が変更されます。その他の前面パネルでの設定の詳細については、下の赤いアイコン()をクリックしてコントローラKIM001またはKIM101のマニュアルをご覧ください。このドライバには鋸歯状波形の電圧信号発生器が内蔵されており、振幅を85 V~125 Vの範囲で調整できるサブミリ秒幅のパルス(刻み幅)を出力できます。

電源
モーターコントローラKIM001およびKIM101には、電源は付属していません。対応する電源KPS101(下記参照)を別途ご提供しています。

注:設計上の特性、および非線形の高周波スイッチング技術を使用していることにより、KIM001およびKIM101はUSBコントローラハブ&電源KCH301およびKCH601には対応していません。ご使用いただける電源はKPS101のみです。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
KIM001 Support Documentation
KIM001Customer Inspired! シングルチャンネルK-Cube慣性モーターコントローラ(電源別売り)
¥97,110
3-5 Days
KIM101 Support Documentation
KIM1014チャンネルK-Cube慣性モーターコントローラ(電源別売り)
¥137,641
Today

使用可能な電源

  • モーターコントローラKIM001およびKIM101に対応
  • AC入力電圧範囲90~264 VAC
  • 日本国内向けのアダプタープラグが付属

電源KPS101の出力電圧は+15 VDC、最大電流は2.4 Aで、3.5 mmジャックで1台のK-CubeまたはT-Cubeに電力を供給します。標準的な壁コンセントに接続して使用します。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
KPS101 Support Documentation
KPS101K-Cube&T-Cube単体用電源、15 V、2.4 A、3.5 mmジャック付き(日本国内用KPS101-JP)
¥4,597
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image