アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

高NAアクロマティックコリメータ、マルチモードファイバ用


  • Achromatic Performance Across Visible Spectrum
  • AR Coated for 350 to 700 nm
  • Options for FC/PC or SMA Connectors
  • Ideal for Fiber Photometry Applications

F950SMA-A

SMA905 Multimode Collimator

Front

Front

Back

Back

F950FC-A

FC/PC Multimode Collimator

Our multimode collimators contain a cemented achromatic doublet and a meniscus lens.

Related Items


Please Wait
Zemaxファイル
下の型番横の赤いアイコンをクリックするとZemaxファイルをダウンロードできます。また、こちらからは当社の全てのZemaxファイルを一括してダウンロードできます。

特長

  • マルチモードファイバ用の高NAアクロマティックコリメータ
  • 工場でのアライメント波長:473 nm
  • 有効焦点距離:9.9 mm
  • 有効径:Ø11 mm
  • カプラまたはコリメータとして使用可能
  • FC/PC 2.2 mmワイドキーコネクタ付き、またはSMA905コネクタ付きをご用意
  • 非磁性ステンレススチール製筐体

当社の高NAアクロマティックコリメータは、高NAのマルチモードファイバ用として設計されており、従ってファイバーフォトメトリなどの用途に適しています。これらのトリプレットコリメータにはメニスカスレンズおよびアクロマティック複レンズが採用されており、可視スペクトル域における球面収差を抑えて高い性能を発揮します。レンズの空気/ガラスの境界面には350~700 nm用の広帯域反射防止(AR)コーティングが施され、表面反射による損失は最小限に抑えられています。各コリメータは工場において473 nmでアライメントされています。コリメータの筐体には、FC/PC 2.2 mmワイドキーコネクタまたはSMA905ポートが付いていますが、一般にFC/PCコリメータの結合効率の方が高くなっています。

このマルチモードコリメータはアダプタAD15FおよびAD15NTに取り付けられるため、SM1ネジやØ25.4 mm(Ø1インチ)のネジ無し穴に適合させなければならないセットアップにもご利用いただけます。また、これら以外のコリメータ用アダプタもご用意しております。このコリメータを自由空間用カプラとして使用される場合は、結合効率を良くするには精密なアライメントが必要です。自家蛍光やファイバーフォトメトリにお使いの場合、コリメートされた自由空間光を蛍光イメージングフィルタの方向に向けるには、当社の蛍光フィルターキューブが適しています。 また、あおり調整(チップ&チルト)ができるキネマティックマウントと、XYZ軸調整機能付きのプラットフォームを組み合わせてお使いいただくこともできます(例えばキネマティックV字型マウントKM100V/MとXYZ移動ステージMT3/M)。 これらのコリメータをキネマティックマウント無しで使用した場合、1 dBまたはそれ以上の損失が発生する場合がありますのでご注意ください。

当社ではこれらのコリメータと組み合わせてご使用いただける、様々な種類のマルチモードパッチケーブルをご用意しています。その中には、オプトジェネティクス用の軽量ケーブルやファイバーフォトメトリ用の低自家蛍光マルチモードパッチケーブルなども含まれます。

また、焦点固定型コリメータや調整機能付きFiberPortコリメーターパッケージなど、広い波長範囲でご利用いただける非球面レンズ付きファイバーコリメータも取り扱っております。コリメートおよびカップリング用製品のラインナップについては「コリメーターガイド」タブをご覧ください。

Item #Alignment
Wavelength
Design
Wavelengths
Lens AR CoatingaBeam DiameterbFull-Angle
Divergenceb
Focal
Lengthc
Connector StyleNALd
F950FC-A473 nm486 nm, 588 nm,
656 nm
350 - 700 nm
Ravg < 0.5%
LED Source: 10.0 mm
Laser Source: 4.5 mm
0.5°9.9 mm2.2 mm Wide Key FC/PC0.5428.6 mm (1.13")
F950SMA-ASMA90531.5 mm (1.24")
  • 一面あたり
  • 一般的なビーム径(90/10)および広がり角(全角)については、NA0.39、コア径Ø200 µmのマルチモードファイバを用いて試験しています。出射光の特性値は、400~700 nmの光を入射してコリメータから100 mm以内の距離で測定した典型値です。
  • アライメントを行った波長での計算値
  • コリメータの典型的な長さ

ビーム径と広がり角

レーザまたはLED光源を使用した時の、様々な波長におけるF950シリーズコリメータのビーム径(90/10)および広がり角をシュミレーションした結果。

Laser Source Beam Diameter F950
Click to Enlarge

マルチモードファイバ出力型レーザの出力光を、1 mのマルチモードファイバ (NA0.22)を通して高NAアクロマティックコリメータに入射したときのビーム径(90/10) の典型値。 NA0.22~0.5のファイバでは同様の結果が得られます。
Divergance Graph for All F810 Collimators
Click to Enlarge

マルチモードファイバ出力型LEDの出力光を、1 mのファイバ(NA0.50)を通して高NAアクロマティックコリメータに入射したときのビーム径(90/10)の典型値。
Divergance Graph for All F810 Collimators
Click to Enlarge

マルチモード光源からの光を、1 mのファイバを通して高NAアクロマティックコリメータに入射したときの典型的な広がり角。光源にレーザを使用した場合、NA0.22~0.5のファイバでは同様の結果が得られます。

挿入損失およびARコーティング性能

Beam Diameter vs Distanc Graph for All F810 Collimators
Click to Enlarge

F950シリーズのコリメータ・ペアの挿入損失を、光源SLS201、光スペクトラムアナライザ、およびマルチモードファイバ (NA0.39、コア径Ø200)を用いて測定。青い網掛け領域はコリメータの動作波長範囲を示しています。
Divergance Graph for All F810 Collimators
Click to Enlarge

レンズの空気/ガラスの境界面に施された広帯域反射防止コーティングの一面あたりの反射率 グラフの青色の網掛け領域は、記載された性能仕様が保証されている反射帯域を示しています。この領域以外の性能についてはロット毎に異なり、保証されません。

Posted Comments:
user  (posted 2019-05-27 15:01:04.69)
Is NA 0.54 as stated or 0.45?
YLohia  (posted 2019-05-29 08:59:13.0)
Hello, yes, the NA is 0.54. If you have further questions, please feel free to contact us at techsupport@thorlabs.com.

ファイバーコリメーターセレクションガイド

コリメータのタイプまたは画像をクリックすると、各コリメータの詳細がご覧いただけます。 

Type Description
固定型FC、APC、SMAコネクタ付きファイバーコリメータFixed SMA Fiber Collimatorこのファイバーコリメーターパッケージは、FC/PC、FC/APC、またはSMAコネクタ付きファイバからの光をコリメートするようアライメント済みです。 各コリメーターパッケージは、405 nm~4.55 µmの波長で回折限界までアライメントされています。 規定の波長以外でコリメータを使用することも可能ですが、球面レンズの有効焦点距離の波長依存によって引き起こされる色収差により、最適動作は設計波長のみです。
エアスペース型複レンズ、大径ビームコリメータAir-Spaced Doublet Fiber Collimator大径ビーム(Ø5.3 mm~Ø8.5 mm)用FC/PC、SMA、FC/APCエアスペース型複レンズコリメータをご用意しています。 このコリメーターパッケージは、FCやSMAコネクタ付きファイバの先端からの出力光をコリメートし、設計波長で回折限界性能を発揮するよう、製造時にアライメントを済ませてご提供いたします。
トリプレットコリメータTriplet Fiber Collimator当社の高品質なトリプレットコリメーターパッケージは、エアスペーストリプレットレンズを使用し、非球面レンズコリメータと比べて優れたビーム品質が得られます。収差の小さいトリプレットデザインの利点は、1に近いM2値(ガウス)と、広がり角や波面エラーが小さくなることなどです。
マルチモードファイバ用アクロマティックコリメータTriplet Fiber Collimator当社の高NAアクロマティックコリメータは、メニスカスレンズとアクロマティック複レンズを組み合わせることで、可視スペクトル域において球面収差の少ない優れた性能を発揮します。高NAのマルチモードファイバ用に設計されているため、オプトジェネティクスやファイバーフォトメトリの用途に適しています。
反射型コリメータReflective Fiber Collimator当社の金属コーティング反射型コリメータは90°軸外パラボリックミラーをベースにしています。レンズと違い、ミラーは広い波長範囲にわたり焦点距離を維持します。この固有の特性により、パラボリックミラーコリメータは幅広い光波長に合わせた調整が不要で、多色光用途に適しています。当社の反射型コリメータはシングルモードファイバに適しています。
FiberPortFiberport Fiber Collimatorこちらのコンパクトかつ超安定型のFiberPortマイクロポジショナは、FC/PC、FC/APCまたはSMAコネクタ付き光ファイバからの光を入出力するための、安定で使いやすいプラットフォームです。 シングルモード、マルチモードまたは偏波保持(PM)ファイバと一緒に使え、ポストやステージ、プラットフォーム、またはレーザへ取り付けることができます。 組み込まれている非球面またはアクロマティックレンズは、ARコーティングを3種類から選択でき、5軸のアライメント調整(3つの移動調整と2つの角度調整)が可能です。 コンパクトでアライメントの長時間安定性を実現しているFiberPortは、ファイバへの光の入射やコリメート、またはOEM用途に適しています。
調整可能ファイバーコリメータAdjustable Fiber Collimatorこのコリメータは、FC/PCやFC/APCコネクタに接続するよう設計され、またARコーティング付き非球面レンズが含まれています。 非球面レンズとFCコネクタ付きファイバ端との距離は、焦点距離変化の補正や、要求される距離や波長での再コリメートに合わせて調整できます。
大径ビームファイバーコリメータlarge beam collimators当社の大径ビームファイバーコリメータは3種類の波長範囲にわたって40 mmまたは80 mmの有効焦点距離(EFL) を有し、FC/PCまたはFC/APCコネクタ付きでご用意しています。4つのレンズを使用したエアスペース型設計により、非球面レンズを用いたコリメータと比べてビーム品質は高く(1に近いM2)、波面誤差は小さくなります。このように、こちらのコリメータは調整幅が大きいため、自由空間用コリメータまたはカプラとしてご使用いただけます。2個セットで使用すると、自由空間光のビームウェストを調整できるため、長距離通信の用途に役立ちます。 
ズーム機能付きファイバーコリメータZoom Fiber Collimatorこちらのコリメータは、ビームをコリメートしたまま、6~18 mmの範囲で焦点距離を変えることができます。 その結果、コリメートしたままビームサイズの変更が可能です。 このデバイスは、用途に適した固定のファイバーコリメータを探す手間を省けるという利点に加え、1つで様々な幅広い用途に対応することができます。 FC/PC、FC/APCまたはSMA905コネクタ付きで、3種類の反射防止コーティングでご用意しております。
ピグテール付きコリメータPigtailed Fiber Collimator1メートルのシングルモードまたはマルチモードファイバ付きのピグテール付きコリメータは、ファイバとステンレススチール製筐体にしっかり埋め込まれたARコーティング付き非球面レンズを備え、532、830、1030、1064、1310、1550 nmの6波長のいずれかで適切なコリメートとなります。コーティング範囲内のどの波長でもコリメートできますが、設計波長からずれると結合損失が増加します。 
GRINレンズコリメータGRIN Fiber Collimator当社のGRINレンズファイバーコリメータは、630~1550 nm のいずれかにアライメントされ、FCまたはAPCコネクタ付きもしくはコネクタ無しをお選びいただけます。 開口Ø1.8 mmのGRINレンズコリメータは、ファイバへの入射の後方反射を抑えるARコーティングが施され、標準シングルモードファイバまたはグレーデッドインデックス(GI)マルチモードファイバへ結合されています。
GRINレンズGRIN Lensこの630、830、1060、1300、1560 nm用のARコーティングが施された屈折率分布型(GRIN)レンズは、光ファイバから出力された光が、自由空間を通って、再度別のファイバへ入射する用途に使用されます。 また半導体レーザからのファイバへの入射光の結合や、ファイバから出射してディテクタへ集光したり、レーザ光をコリメートする際にも適しています。このGRINレンズは当社のピグテール付きガラスフェルールやGRINレンズ/フェルール用スリーブとお使いいただけます。

高NAアクロマティックコリメータ、マルチモードファイバ用

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
F950FC-A Support Documentation
F950FC-A473 nm, NA = 0.54, f = 9.9 mm, FC/PC Multimode Collimator
¥25,870
3-5 Days
F950SMA-A Support Documentation
F950SMA-A473 nm, NA = 0.54, f = 9.9 mm, SMA905 Multimode Collimator
¥25,870
Lead Time
ログイン  |   マイアカウント  |   Contact Us  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2019 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image