低自家蛍光マルチモードパッチケーブル


  • Low-Autofluorescence Ideal for Fiber Photometry Applications
  • Ø400 µm Core, 0.50 NA Multimode Fiber
  • Stainless Steel Ferrules
  • Custom Patch Cables Options Available

MAF1L1

Patch Cable with FC/PC Connectors

MAF2L1

Patch Cable with FC/PC Connector and Ø1.25 mm Ferrule

MAF3L1

Patch Cable with FC/PC Connector and Ø2.5 mm Ferrule

Related Items


Please Wait
Patch Cable Fiber Specifications
Fiber TypeFP400URT
Wavelength Rangea
(Click for Plot)
300 - 1200 nm
Core Diameter400 ± 8 µm
Cladding Diameter425 ± 10 μm
Coating Diameter730 ± 30 μm
Numerical Aperture0.50
Max Core Offset7 µm
Bend Radius
(Short Term / Long Term)
16 mm / 32 mm
  • これらのパッチケーブルは、仕様に示す波長範囲の光を透過します。低自家蛍光性は470 nmおよび565 nmで励起して検査しています。
低自家蛍光マルチモードパッチケーブルの殺菌にオートクレーブはご使用いただけませんのでご注意ください。殺菌剤Virkon™が含まれた水性混合物を噴霧して代用できます。

Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。
グラフでは、低自家蛍光パッチケーブルと標準的なパッチケーブルに対して470 nmの光で12時間フォトブリーチングしたのち、それらの自家蛍光の回復の様子を比較しています。励起にはLED M470F3を使用し、525 nmにおける自家蛍光の強度をパッチケーブルからの出力光パワーに対する相対値をとして測定しました。

特長

  • 低自家蛍光パッチケーブル*、コア径Ø400 µm、NA 0.50のマルチモードファイバ
  • GFP(励起光波長:470 nm)およびRFP(励起光波長:565 nm)を用いたファイバーフォトメトリの用途に適した製品
  • コネクタの選択:
    • 試料側:FC/PCコネクタ、Ø1.25 mm(LC)フェルール、またはØ2.5 mm(FC)フェルール
    • 試料の反対側:FC/PCコネクタ
  • 光の漏れを最小限に抑える黒色被覆
  • ケーブル長:1 m
  • パッチケーブルのカスタマイズをご希望の場合は当社までご相談ください。

こちらのマルチモードパッチケーブルには、可視スペクトル域の自家蛍光を低減する部品が使われています。そのため、このパッチケーブルは、試料内の神経活動を示す蛍光の変化を測定するために高い感度を必要とするファイバーフォトメトリの用途に適しています。 このパッチケーブルは、ファイバ素線、フェルールの種類、エポキシなどパッチケーブル用部品の自家蛍光特性について広範な研究を行い、それをベースに設計されています。

各パッチケーブルにはØ400 µm、NA 0.50のマルチモードファイバ(型番: FP400URT)が使用されており、3種類のコネクタ構成がございます。一端にはFC/PCコネクタが付いており、もう一端にはFC/PCコネクタ、Ø1.25 mmステンレススチールフェルール、またはØ2.5 mmステンレススチールフェルールが付いています。こちらのフェルール端の付いたパッチケーブルは、当社の標準的なオプトジェネティクスパッチケーブルと同様にインターコネクタまたはスリーブを使用して光ファイバーカニューラに接続できます(対応する製品については下のセレクションガイドをご覧ください)。

各パッチケーブルには、使用していない時にフェルール端を埃や他の危険から守るための保護キャップが2個付属しています。コネクタやフェルール端用のプラスチック製キャップ、金属製キャップおよびネジ付きキャップは、別売りでもご用意しております(こちらをご参照ください)。ファイバ端に汚れが付着した場合に使用する検査用備品ならびにファイバークリーニング用備品もご用意しております。

フォトブリーチング
実験で最適な性能を得るには、ご使用前に低自家蛍光パッチケーブルをフォトブリーチングする必要があります。これによりファイバおよびパッチケーブル部品の蛍光体が飽和して、自家蛍光が最小限に抑えられます。フォトブリーチングを行ったのち、自家蛍光の強度は最終的に定常値に戻るため(右のグラフ参照)、実験でケーブルを使用する際には毎回この手順を繰り返す必要があります。必要な機器や手順についての詳細は、「フォトブリーチング」タブをご覧ください。

当社の製品試験において、低自家蛍光パッチケーブルと標準的なパッチケーブルの自家蛍光が回復する様子を比較しました。右のグラフは、各パッチケーブルの出力光パワーに対する自家蛍光の相対値を36日間にわたって測定した結果を示しています。低自家蛍光パッチケーブルの自家蛍光の比率はフォトブリーチング直後には小さく、試験期間を通じて自家蛍光の回復が遅いことが分かります。  

スリーブとパッチケーブルの整合性
パッチケーブルとカニューラのフェルール径はインターコネクタあるいはスリーブとの物理的な整合性を決定する重要な要素です。Ø1.25 mm(LC)フェルールを使用しているカニューラとパッチケーブルは、スリーブADAL1またはインターコネクタADAL3に接続できます。Ø2.5 mm(FC)フェルールを使用しているパッチケーブルとカニューラは、スリーブADAF1またはインターコネクタADAF2に対応します。

*低自家蛍光性は470 nmおよび565 nmで励起して検査しています。他の波長で励起したときには性能が異なる場合があります。

Related Fiber Photometry and Optogenetics Products
Light SourcesPatch Cables (Ø400 µm Core)MatingCannulae (Ø400 µm Core)Accessories
Fiber-Coupled LEDs
MM Laser, 473 nm
Standard
Rotary Joint
Low Autofluorescence
Interconnects
Mating Sleeves
StandardImplant Guides
Cannula Holders

Click to Enlarge
低自家蛍光パッチケーブルをフォトブリーチングするためのセットアップ。

フォトブリーチングの手順(例)

ファイバーフォトメトリの実験では、遺伝子操作された細胞からの蛍光を神経活動の指標として測定します。蛍光のわずかな変化を検出するのに必要な感度を得るには、光パッチケーブルなどの他のノイズ源からのノイズを最小限に抑える必要があります。 ファイバーフォトメトリで使用する最も一般的な蛍光色素は緑色蛍光タンパク質(GFP)で、これは470 nm付近の波長で励起します。

フォトブリーチングは、試料または材料内の蛍光色素が励起光の波長の光に対して飽和するプロセスです。これはファイバーフォトメトリの実験を行う前に、パッチケーブル内で生じる自家蛍光を減少させるのに有効な技術になります。実験前に毎回パッチケーブルをフォトブリーチングすることをお勧めいたします。以下に、一般的な手順を示します。

  1. 実験に適した波長と出力光パワーを有するファイバ出力型LEDをお選びください。
  2. 低蛍光パッチケーブルをLEDに接続し、ファイバ出力部にカバーをしてファイバから出力される迷光を減少させます。
  3. LED出力光パワーを最大値に設定します。
  4. パッチケーブルが最低でも8時間連続して光にさらされるようにします(必要な時間はLEDの波長や出力光パワーによって異なります)。

自家蛍光測定用セットアップ

当社の性能テストでは、これらのパッチケーブルから発生する自家蛍光を測定します。使用した実験セットアップは下図の通りです。図の下にあるリンクをクリックすると、波長470 nmで励起して525 nmの自家蛍光を測定するための部品リストをご覧いただけます。


Click to Enlarge
View Product List
型番数量Description
LED Input
LEDD1B1T-Cube LEDドライバ、最大駆動電流1200 mA (電源別売り)
M470F31470 nm, 17.2 mW (Min) Fiber-Coupled LED, 1000 mA, SMA
M76L011ファイバーパッチケーブル、Ø400 µm、NA0.39、長さ1 m、FC/PC-SMA
Dichroic Filter Cube
DFM11キネマティック蛍光フィルターキューブ、30 mmケージ対応、右向き反射、1/4"-20タップ穴(インチ規格)
F240FC-A3FC/PCファイバコリメータパッケージ -543nm -f=8.0mm -NA=0.50
AD12F3SM1アダプタ、Ø12 mmで長さ8.9 mm以上の円筒形部品用
SM1CP21SM1シリーズエンドキャップ、外ネジ付き
MF475-351FETC励起フィルター -CWL=475nm -BW=35nm
MD4981BEPダイクロイックフィルター -反射帯域452-490nm -透過帯域505-800nm
MF525-391GFP蛍光フィルター -CWL=525nm -BW=39nm
Detector
M124L011Ø400 µm, 0.50 NA, Low OH, FC/PC-FC/PC Fiber Patch Cable, 1 m
SM1A291SM1ネジ付きアダプタ、薄型フォトダイオードセンサ用
S120-FC1FC/PCファイバーアダプターキャップ、SM1内ネジ付き、ワイドキー(2.2 mm)
S130C1薄型パワーセンサ、Si、400~1100 nm、500 mW
励起波長470 nm用の自家蛍光測定用セットアップの概略図。

このセットアップでは、ダイクロイックフィルターキューブDFM1にファイバーコリメータおよびイメージングフィルタを装着し、低自家蛍光パッチケーブルに対して光を入出射させます。ファイバ結合型のLEDからの励起光は、ダイクロイックキューブによって低自家蛍光パッチケーブルに導きます。この時、パッチケーブルにはキャップを付けずオープンにしておきます。 パッチケーブル内の自家蛍光による525 nmの光は、ファイバおよびダイクロイックフィルタを通ってディテクタS130Cに入ります。

このセットアップを用いて、フォトブリーチングプロセス中(左下のグラフ)およびフォトブリーチング後の自家蛍光回復時(右下のグラフ)における、出力光パワーに対する自家蛍光量を測定しました。 この結果から、一晩(8時間以上)の露光でパッチケーブルの自家蛍光量は大幅に減少し、低自家蛍光パッチケーブルの回復は標準的なパッチケーブルよりも遅いことが分かります。


Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。
グラフでは、低自家蛍光パッチケーブルと標準的なパッチケーブルに対して470 nmの光で12時間フォトブリーチングしたのち、それらの自家蛍光の回復の様子を比較しています。励起にはLED M470F3を使用し、525 nmにおける自家蛍光の強度をパッチケーブルからの出力光パワーに対する相対値をとして測定しました。

Click to Enlarge

生データはこちらからダウンロードいただけます。
470 nmでのフォトブリーチング時間に対する525 nmの自家蛍光を示したグラフ。パッチケーブルMAF1L1に対して、ファイバ結合型LED M470F3を最大出力光パワーで駆動してフォトブリーチングしました。フォトブリーチングおよび測定のためのセットアップは右図をご覧ください。

Posted Comments:
user  (posted 2020-10-06 07:06:01.357)
Hi, I am writing to ask a clarification regarding the low-autofluorescence fibers and a product request. a. Regarding autofluorescence: Is this aspect different from solarization? What I mean is that once you "photobleach" the fiber, you are inducing solarization to the fiber, so the light power emmited is reduced, so I assume also the recorded fluoresence in the photoreceiver. Have you controlled for this aspect in these quantifications? b. Beyond using the FP400URT fiber, which other aspects have been improved to make this construct "low-autofluorescence"? c. Do you have a 200um version of the fiber available? Thank you in advance. Kind regards.
YLohia  (posted 2020-10-09 04:52:52.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. A) Solarization refers to the formation of color centers within a fiber that lead to transmission degradation. These color centers form when exposed to light below 300 nm. Since we photobleach at 470nm, it won’t cause photodarkening. The fiber transmission will not drop due to photobleach. B) Other than the FP400URT fiber, we also use low-fluorescence epoxy and a stainless steel ferrule. C) Custom fiber patch cables can be requested by emailing techsupport@thorlabs.com or by clicking on the "Request Quote" button above. We will discuss the feasibility of offering this directly.
Emmanuel Labrada  (posted 2019-10-21 14:07:59.413)
Hi, we just got one of those to replace a broken cable and it's excellent, however we may need one longer, about 2 m long, probably we are ordering a custom one (actually a quote would be great), but would be better to have the option to just put it into the car. Thank you! Emmanuel
YLohia  (posted 2019-10-21 04:16:46.0)
Hello Emmanuel, thank you for your feedback. We are happy to hear that our Low-Autofluorescence Multimode Patch Cables are working well in your setup. Custom item quotes can be requested by emailing techsupport@thorlabs.com. I have reached out to you directly regarding your request.

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
MAF1L1 Support Documentation
MAF1L1Customer Inspired! Ø400 µm Core, 0.50 NA FC/PC Low-Autofluorescence Patch Cable, 1 m Long
¥24,816
5-8 Days
MAF2L1 Support Documentation
MAF2L1Customer Inspired! Ø400 µm Core, 0.50 NA FC/PC to Ø1.25 mm Ferrule Low-Autofluorescence Patch Cable, 1 m Long
¥25,377
5-8 Days
MAF3L1 Support Documentation
MAF3L1Customer Inspired! Ø400 µm Core, 0.50 NA FC/PC to Ø2.5 mm Ferrule Low-Autofluorescence Patch Cable, 1 m Long
¥25,515
5-8 Days