CO₂レーザー光ファイバー加工システム


  • CO2 Laser Provides Clean and Uniform Heating
  • Fabricate End-Cap Terminations up to Ø5 mm
  • Automated XY and Rotational Alignment

Application Idea

Splicing of Ø20 µm Core / Ø400 µm Cladding Passive Fiber to Active Fiber

GPX4000LZ

VHF400

Fiber Holder Bottom Transfer Insert

VHT1

Transfer Clamp with Magnetic Lid

Glass Processor Workstations, Inserts, and Accessories All Sold Separately 

Related Items


Please Wait

Click to Enlarge
融着接続時、レーザはファイバ端を均一に加熱するため円環形状のビームを発生します。また、2本のファイバは慎重に押し付けられています。

特長

  • 2種類の加熱モードを有する加工機ワークステーション
    • 40 Wの空冷型CO2レーザを調整可能な円環状ビームシステムに統合(消耗品不要)
    • フィラメントアセンブリを使用して加熱(交換用のフィラメントアセンブリは別売り。下記参照)
  • 標準的なガラス製ファイバを低損失(約0.02 dB)で融着接続(詳細は「仕様」のタブをご覧ください)。
  • シングルモード、マルチモード、偏波保持モード、特殊ファイバに断熱的テーパを加工
  • 最大Ø5 mmまでのエンドキャップで終端処理(さらに大きなエンドキャップをご希望の際は当社までお問い合わせください)
  • 自動XYならびに回転アライメント
  • True Core Imaging®技術による側面・端面イメージングと接続損失の導出
  • 加工プロセス開発用GUIソフトウェアと融着接続プロセスライブラリ(詳細は「ソフトウェア」のタブをご覧ください)
  • ファイバーホルダーインサートや追加オプションを使用してカスタマイズ可能(部品のリストはこちらからご覧いただけます)

GPX4000LZは当社のVytran®加工機ワークステーションの中でも最も高度なガラス成形機能を有しています。GPX4000LZの加熱部では、他のファイバ加工機とは異なり、交換可能な熱源を2つ使用しています。1つ目の40 WのCO2レーザ熱源は大型のエンドキャップ(最大Ø5 mm、下の例参照)や複雑な終端処理などの高度な機能に対応した加工が可能です。パージガスまたは消耗品のフィラメントを使用しないため、メンテナンスの頻度を大幅に低減できます。光学レーザーヘッドは標準的なフィラメント融着部と交換可能なため、GPX4000LZに既存のフィラメントベースのプロセスを使用することができます。この2つのモードを組み合わせることで加工プロセスの柔軟性が高まり、用途に最適な加工プロセスを開発することができます。当社のTrue Core Imaging技術を使用した全自動のXYおよび回転アライメントは、2種類の加熱モードに対応しています。加工機ワークステーション、プロセス開発および駆動ソフトウェアが組み込まれたPC、電源は、ローリングカートン内に配置されているため、作業スペース内での移動が容易にできます。


Click to Enlarge
ファイバへのエンドキャップ取付け例: a) Ø4.0 mmの石英エンドキャップをØ250 µmの石英ファイバ上に融着。b) Ø1.25 mm石英エンドキャップをØ125 µmの石英ファイバ上に融着。

CO2レーザによる熱源は、ファイバ端を直接、均一に加熱できる40 W(CW)のビームを出力し(右の図参照)、ファイバ表面に残留物や汚れを残しません。高性能の円錐レンズを使用して、レーザービームを円環形状(つまりドーナツ型)にしています。レーザービームを集光するための光学ヘッドはワークステーションに付属します。スプライスヘッドは、融着接続およびテーパ加工プロセス用に最適化されており、エンドキャップヘッドは大型のエンドキャップを加熱してファイバ端に融着できるようになっています。

フィラメントベースの熱源には「Ω」文字状のグラファイトまたはイリジウムフィラメントが使用され、同じ加工機で幅広いクラッド径のファイバならびに特殊ファイバに対応できます。ファイバの位置と向きの精密制御により、異種のファイバ同士の低損失融着接続や、断熱的テーパの形成、ファイバの終端処理、または融着型ファイバーカプラの製作まで高度なファイバ加工が可能です。GPX4000LZにはフィラメントが3つ付属します。追加・交換用のフィラメントは下記にて別途ご用意しています。

True Core Imaging
GPX4000LZにはTrue Core Imaging技術が用いられており、ファイバの測定やアライメント用に高解像度の画像が生成されます。ファイバ加工ワークステーションに組み込まれているデジタルCCDカメラとミラータワーにより、ファイバのクラッドとコアの側面ならびに端面の鮮明な画像が得られます。この技術的特長によりファイバの特性(コア・クラッド径、クリーブ角度など)を自動測定できるほか、自動アライメントシステムのフィードバックや、同種・異種ファイバの融着接続時の接続損失を高確度で計算できます。 端面の自動アライメントには上部インサートVHB00またはVHB05(下記参照)が必要です。

オプションとアクセサリ
光ファイバ加工機の使用には、ワークステーションGPX4000LZが1台、上部インサートが2個(別売り。下記参照)、底部インサートが2個(別売り。下記参照)が必要です。融着工程の間、Ø0.95 mm~Ø9.50 mmのエンドキャップを保持するためのエンドキャップホルダも別売りでご用意しています(下記参照)。フィラメント加熱モードで駆動するためには、>99.999%の高純度アルゴンガスタンク(当社ではご用意しておりません)が必要です。GPX4000LZにはフィラメントアセンブリが3つ付属します。追加・交換用のフィラメントは下記にて別途ご用意しています。ファイバの融着接続準備用に、超音波洗浄機も下記に掲載しております。

当社では特殊な用途向けのオプションをいくつかご用意しております。並列用ファイバーホルダ底部インサートは、カプラやコンバイナを作製する際に使用します。このインサートは、加熱の間、2本もしくは3本のファイバを近接して保持できる設計となっています。 液体冷却システムGPXLZWCSは、フィラメント加熱モードでフィラメントを長時間にわたって加熱する場合、加熱部の冷却にご使用いただけます。長いファイバーテーパを作製する際にお勧めします。

Compatible Vytran Fiber Processing Systems
Fiber Preparation Station
(Strip and Clean)
Large-Diameter Fiber CleaversPortable Large-Diameter Fiber CleaversLarge-Diameter Fiber SplicerCO2 Laser Glass Processing System
(Splice and Taper)

Automated Glass Processing Systems with Integrated Cleaver
(Cleave, Splice, and Taper)
Automated Glass Processing Systems
(Splice and Taper)
Recoaters, Proof Testers,
and Recoaters with Proof Testers
Heating ModeCO2 Laser ModeFilament Mode
Heat Source Specifications
Laser Wavelength10.55 µm (Minimum)
10.63 µm (Maximum)
N/A
Laser Output Power40 WaN/A
Laser Safety FeaturesMetal Cover with Interlock
Class 1 Enclosure
Automatic Laser Power Cutoff
Triple Redundancy Safety Measures
N/A
Laser Beam ControlClosed-Loop Feedback SystemN/A
Filament Temperature RangeN/ARoom Temperature to 3000 °C
Splicing Specifications
Fiber Types (Non PM)Single Mode, Multimode, Photonic Crystal, Large Mode Area, Non-Circularb
Fiber Types (PM)Panda, Elliptical, Bow-Tieb
Accepted Fiber DiametersSplice: 250 µm Cladding - 2 mm 
End Caps: 250 µm Cladding - 5 mmc
Splice: Up to 1.7 mm (Max)
Splice Loss-d0.02 dB (Typical)e
Splice Loss EstimationTrue Core Imaging® Technology
Splice Strength>250 kpsi (Typical)f
Strength EnhancementN/AFire Polish
Polarization Cross TalkPanda:>35 dB; Other Fiber Types: >30 dB
Fiber Inspection Features
Fiber Side ViewingTrue Core Imaging Technology
Fiber End ViewingFacet Inspection and PM Core Alignment (VHB00 or VHB05 Top Insert Required)
Core / Cladding / Fiber DiameterAutomated Measurement
End Face InspectionInspection via GUI Display
Cleave AngleAutomated Measurement
Fiber and End Face Alignment
Furnace Z-Axis Travel85 mm (Max)180 mm (Max)
Fiber Holding Block (FHB) Z-Axis Movement105 mm (Max)180 mm (Max)
FHB Z-Axis Movement Resolution0.25 µm via Stepper Motor
XY Axis Fiber Positioning Resolution 0.2 µm via Stepper Motor
Rotation AlignmentAutomated End-View Alignment: Panda, Bow Tie, Elliptical-Core Fibers
Automatic Alignment with External Extinction Ratio Feedback: PM Fiber
Rotation Drive Resolution0.02°
Rotation Travel190°
Tapering
Tapering Length Up to 140 mm (Max)gUp to 150 mm (Max)g
Tapering Ratio (Max)Adiabatic Tapers up to 1:10 (Ratios Up to 1:150+ Possible)
Tapering Speed1 mm/s (Typical)h
Adiabatic Tapering Loss<0.2 dB (Typical for Sub-Micron Tapers)
Computer and Software
PC ComputerIncluded
Splice FilesBuilt-In Library for Common Fibers and Processes
Physical
Size36.4" x 31.3" x 44.2" (925 mm x 795 mm x 1123 mm)
Weight300 lbs (136 kg)
Power Input100 - 240 VAC, 47 - 63 Hz, 14.7 A
Gas SupplyfN/AArgon, >99.999% Purity at 12 psig (Not Included)
Environmental
Operating Temperature15 to 40 °C
Altitude Range0 to 2000 m Above Sea Level
Operating Humidity0 to 75% Relative Humidity (Non-Condensing)
Storage Temperature-20 to 60 °C
Storage Humidity0 to 90% Relative Humidity (Non-Condensing)
  • 出力パワーは25 °Cで測定
  • 記載以外のファイバの種類にも対応します。お持ちのファイバの種類がご使用になれるかどうかについては当社までお問い合わせください。
  • 5 mmより大きなエンドキャップをご希望の場合は、当社までご相談ください。
  • 接続損失性能を検証するための測定を現在実施中です。測定結果が出次第、典型値を記載いたします。
  • クラッド径Ø125 µmのシングルモードファイバの場合。
  • LDC-401シリーズのクリーバまたは適切なファイバ加工器具を使用して準備したシングルモードファイバの測定値。
  • テーパの形状に依存します。
  • テーパ加工速度は加工プロセスに大きく依存します。 1 mm/sは標準的なテーパ加工プロセスにおける典型的な速度です。

ファイバーホルダーインサートのセレクションガイド

ファイバーホルダーインサートは、様々なサイズのファイバを加工機内で保持できるよう設計されています。加工機には付属しないため、別途ご購入いただく必要があります。 底部インサートにはファイバを保持するV溝が付いています。上部インサートには平坦な窪みが付いており、底部インサートのV溝と合わせてファイバを固定します。左側と右側のホールドブロックで保持されているファイバの外径が異なる場合もあるため、上部インサートと底部インサートはそれぞれ別売りとなっています。加工機の作動には最低でも上部インサートが2個、底部インサートが2個必要です。溶融型カプラやコンバイナの作製に使用する並列用ファイバーインサート向けに推奨するトップインサートは、Multi-Fiber Inserts(並列用ファイバーインサート)の表に掲載されています。

下の表では上部インサートと底部インサートの組み合わせにより対応するファイバ外径の最大値と最小値が記載されています。また、推奨する上部と底部インサートを組み合わせた場合のファイバのオフセット値も記載されています。なお、使用するファイバの被覆により、この表における外径(diameter)は、ファイバのクラッド径、被覆径、バッファ径のいずれかに該当します。ファイバの片端が切断廃棄される場合、廃棄側は、被覆やバッファ付きの方が望まれる(非円形ファイバなどの)特殊な場合を除き、クラッドでクランプすることをお勧めします。切断廃棄されないファイバ部分はガラスの損傷を防ぐため、常に被覆またはバッファが付いた部分でクランプする必要があります。これにより、左側と右側のホールドブロックで異なる種類のファイバーホルダーインサートを使用する場合があります。高品質な融着接続を実現するためには、左右のオフセット差を最小限に抑えることが重要です。

V-Groove Inserts
V溝は様々なサイズのファイバに対応します。
Legend
 
Best Fit
 
Second Best Fit: Try these options if the best fit does not incorporate your fiber sizes.
 
Third Best Fit: Try these options if the other two categories do not incorporate your fiber sizes.

ファイバーインサートセレクションチャート

  1. まずご使用になるファイバのサイズに1番合う底部インサートを選んでください。
    例: Ø800 µmファイバの場合、少しだけ(50 µm)小さいインサートVHF750が1番適しています。
  2. 下の表で選んだ底部インサートの右側の セルに記載されている最小・最大径の範囲内で上部インサートを選びます。
    :1.のØ800 µmファイバの場合、緑色のついた上部インサートVHA05のセルが最適であることを示しています。緑色のセルに記載されている数字により、このインサートの組み合わせは直径728~963 µmのファイバとなります。Ø800 µmファイバはこの範囲内にありますので、使用に適した組み合わせです。ほかにもいくつかの組み合わせが考えられますが、緑色のセルが1番適した選択であることを示しています。
  3. 各セルの2行目の数字は上部と底部インサートの組み合わせにより予測されるオフセットの範囲です。右と左のファイバーホールドブロックのインサートは、各組み合わせのオフセット差が最小限になるように選択してください。
    :底部インサートとしてVHF750、上部インサートとしてVHA05の750 µm溝を選択した場合、最小でØ728 µmのファイバが使用可能です。このファイバを使用した場合、ファイバの中心は底部インサートの表面から23 µm下に位置することになります。また、最大Ø963 µmのファイバを固定する場合、ファイバの中心は底部インサートの表面から213 µm上に位置することになります。Ø800 µmファイバについてもオフセットを補間することは可能ですが、60°のV溝におけるオフセットは外径の差と等しくなっております。つまり、ファイバは底部インサートの設計ファイバより50 µm大きいため(800 - 750 = 50)、ファイバの中心は底部インサートの表面から50 µm上に位置することになります。
  4. Ø1000 µm未満のファイバ用に設計されたホールドブロックには真空穴が付いており、溝内での小径ファイバのアライメントを補助します。Ø1000 µm以上のファイバ用の底部インサートにはこの穴はありません。光ファイバ加工機にはこの穴を経由して小さな保持力を与えるための真空ポンプが付いており、小径ファイバでも所定の位置に収まります。真空穴付きのインサートは下の表で「d」の脚注が付いています。
Top Insert Item #VHA00a
VHB00b
VHA00aVHA05c
VHB05b
VHA10cVHA15cVHA20cVHA25VHA30
Accepted Diameter (Nominal)≤320 µm400 µm500 µm750 µm1000 µm1250 µm1500 µm1750 µm2000 µm2250 µm2500 µm3000 µm
Bottom
Insert
Item #
Accepted
Diameter
(Nominal)
Min / Max Accepted Diameter (µm)
Min / Max Fiber Offset (µm)
VHF160d,e160 µm112 / 208
-49 / 48
-----------
VHF250d,e
250 µm177 / 320
-73 / 69
275 / 323
23 / 74
----------
VHF400d,e
400 µm279 / 519
-122 / 119
377 / 517
-23 / 117
410 / 519
-9 / 119
---------
VHF500d,e
500 µm346 / 592
-153 / 93
447 / 647
-53 / 147
476 / 711
-24 / 211
560 / 795
61 / 296
--------
VHF750d,e
750 µm516 / 759
-234 / 9
617 / 970
-132 / 221
643 / 878
-107 / 128
728 / 963
-23 / 213
812 / 1047
62 / 297
-------
VHE10c1000 µm--773 / 1008
-172 / 63
858 / 1093
-88 / 147
943 / 1178
-3 / 232
1036 / 1271
90 / 325
------
1250 µm---1034 / 1269
-176 / 59
1119 / 1354
-91 / 144
1212 / 1447
2 / 237
1288 / 1523
78 / 313
-----
VHE15c1500 µm----1280 / 1515
-172 / 63
1373 / 1608
-79 / 156
1449 / 1684
-2 / 233
1534 / 1769
82 / 314
----
1750 µm-----1534 / 1770
-159 / 76
1611 / 1846
-83 / 152
1695 / 1930
2 / 237
1772 / 2007
78 / 313
---
VHE20c2000 µm------1787 / 2022
-171 / 64
1871 / 2106
-86 / 149
1947 / 2183
-10 / 225
2032 / 2267
74 / 309
--
2250 µm-------2033 / 2268
-167 / 68
2109 / 2344
-91 / 144
2193 / 2429
-6 / 229
2278 / 2513
78 / 313
-
VHE252500 µm--------2270 / 2505
-172 / 64
2355 / 2590
-87 / 148
2439 / 2675
-2 / 233
2609 / 2844
167 / 402
VHE303000 µm---------2692 / 2944
-256 / -4
2777 / 3029
-171 / 81
2946 / 3918
-2 / 250
  • VHA00の片面は外径が非常に小さいファイバ向けにクランプ力が加えられるよう平面(溝なし)となっています。
  • 上部インサートVHB00ならびにVHB05にはファイバ端面LED照明用の窪みが付いています。
  • こちらのインサートは異なるファイバの外径にも対応できるよう両面が溝付きとなっています。
  • こちらの底部インサートは真空穴付きで、光ファイバ加工機で使用される小径ファイバのアライメントを補助します。
  • こちらの移動用インサートは長さがあり、VHT1と使用することによりGPXシリーズの光ファイバ加工機、ファイバークリーバLDC401およびLDC401A、そしてファイバ前処理ステーションFPS300間を移動させることができます。
付属の融着接続用ファイル
  • フィラメントFTAV2(V2)のバーンイン、ノーマライズ
  • Ø125 µmシングルモードファイバの融着接続
  • Ø125 µm偏波保持ファイバの融着接続
  • フィラメントFTAV4(V4)のバーンイン、ノーマライズ
  • Ø400 µmファイバの融着接続
  • Ø400 µmからØ200 µmへのテーパ加工

光ファイバ加工機ワークステーションには、加工機操作用のGUIソフトウェアがインストール済みのPCならびにモニタが付属しています。右表の一般的な融着接続ならびにテーパ加工手順が書かれた融着接続用ファイルの省略形式ライブラリが含まれます。GUIと融着接続用ライブラリーソフトウェアにより、新しいプロセス用に独自の融着接続ファイルを作成したり、既存のファイルのカスタマイズが可能です。また特殊な用途向けにアプリケーションファイルが含まれたアドオンソフトウェアパッケージも別途ご用意しています(下記参照)。特殊な用途に関するご質問は当社までお問い合わせください。

下記ではソフトウェアGUIでプログラム可能なファイバの融着接続ならびにテーパ加工について説明しています。


Click to Enlarge
図 1. 偏波保持ファイバのアライメント用ウィンドウのスクリーンショット

端面観察アライメント
端面観察アライメントは楕円コアファイバ(PMまたはPZ)などの偏波保持ファイバ、パンダまたはボウタイ型偏波保持ファイバ、あるいはこれらのハイブリッド融着接続に使用されます。これらのファイバは、XYアライメントの他にも、クラッド内の応力領域のアライメントのために回転アライメントが必要です。

端面観察アライメントプロセスは、まずファイバを後ろに引っ張り、2本のファイバの端面の間に端面観察用ミラーを差し込むことから始まります。LEDがファイバのクラッドを照らし、ファイバ端のイメージングが可能となります。ファイバ端面の画像が表示され、2本のファイバーコアの自動アライメントに使用されます。偏波保持ファイバのアライメントパラメータは、右図1の通り各ファイバの種類毎に設定可能です。このウィンドウには4つのパラメータが表示されています。ファイバ径(クラッド径)、ファイバの種類、そして左と右のファイバのPM形状に関する2つのパラメータです。パラメータが未知の場合、ファイバ端面の表示画像を使用して直接測定することができます。


Click to Enlarge
図 2. テーパ形状のカスタマイズウィンドウのスクリーンショット

ファイバーテーパのカスタマイズ
ファイバーテーパの形状は左図2のTaper Propertiesメニューを使用することにより規定できます。

テーパ加工のプロセスでは、3つの領域が作られます。始めにファイバを一定の熱で引き伸ばして細くし、ファイバ径が徐々に小さくなる「ダウンテーパ」領域を作ります。 所望のファイバ径まで細くなったら、一定の伸びを加えてファイバ径が一定に細い領域、ファイバーウェストを作ります。最後に引張力を弱め、元の太さまで戻す「アップテーパ」を作ります。所望するファイバの形状を作るためにフィラメントの温度と引張速度が制御されています。


Click to Enlarge
図 3. テンションモニタと制御システムのスクリーンショット

テンションモニタと制御
テンションモニターシステム(右図3参照)は、すべてのVytran®シリーズの加工機に付いていて、テーパ加工プロセスのフィードバックを行います。ファイバ加熱してテーパ加工プロセスを開始する前に、予め張力を印加(プリテンション)したり、テーパのパラメータを必要に応じて変更するために張力フィードバックを使用することもできます。

例えばØ400からØ200 µmへの標準的なテーパ加工は約20 gのプリテンションが必要です。プリテンションはファイバのホールドブロックの1つを使用し、微細ステップでファイバを引っ張ることにより与えられます。ファイバの張力をモニタすることにより、テーパ加工プロセス中にフィードバックループを設定することが可能です。例えば張力が0あるいはマイナスの値に低下した場合、ガラスが柔らかくなりすぎているので加熱を弱めます。逆に張力が設定値より大きくなった場合、ファイバが十分に柔らかくなっていないのでさらに加熱を強めます。

レーザの安全性とクラス分類

レーザを取り扱う際には、安全に関わる器具や装置を適切に取扱い、使用することが重要です。ヒトの目は損傷しやすく、レーザ光のパワーレベルが非常に低い場合でも障害を引き起こします。当社では豊富な種類の安全に関わるアクセサリをご提供しており、そのような事故や負傷のリスクの低減にお使いいただけます。可視域から近赤外域のスペクトルでのレーザ発光がヒトの網膜に損傷を与えうるリスクは極めて高くなります。これはその帯域の光が目の角膜やレンズを透過し、レンズがレーザーエネルギを、網膜上に集束してしまうことがあるためです。

Laser GlassesLaser CurtainsBlackout Materials
Enclosure SystemsLaser Viewing CardsAlignment Tools
Shutter and ControllersLaser Safety Signs

安全な作業および安全に関わるアクセサリ

  • クラス3または4のレーザを取り扱う場合は、必ずレーザ用保護メガネを装着してください。
  • 当社では、レーザのクラスにかかわらず、安全上無視できないパワーレベルのレーザ光線を取り扱う場合は、ネジ回しなどの金属製の器具が偶然に光の方向を変えて再び目に入ってしまうこともあるので、レーザ用保護メガネを必ずご使用いただくようにお勧めしております。
  • 特定の波長に対応するように設計されたレーザ保護眼鏡は、装着者を想定外のレーザ反射から保護するために、レーザ装置付近では常に装着してください。
  • レーザ保護眼鏡には、保護機能が有効な波長範囲およびその帯域での最小光学濃度が刻印されています。
  • レーザ保護カーテンレーザー安全保護用布は実験室内での高エネルギーレーザの遮光にご使用いただけます。
  • 遮光用マテリアルは、直接光と反射光の両方を実験装置の領域に封じ込めて外に逃しません。
  • 当社の筺体システムは、その内部に光学セットアップを収納し、レーザ光を封じ込めて危険性を最小限に抑えます。
  • ピグテール付き半導体レーザは、他のファイバに接続、もしくは他のファイバとの接続を外す際には、レーザ出力をOFFにしてください。パワーレベルが10 mW以上の場合には特にご注意ください。
  • いかなるビーム光も、テーブルの範囲で終端させる必要があります。また、レーザ使用中には、研究室の扉は必ず閉じていなければなりません。
  • レーザ光の高さは、目線の高さに設定しないでください。
  • 実験は光学テーブル上で、全てのレーザービームが水平を保って直進するように設定してください。
  • ビーム光路の近くで作業する人は、光を反射する不要な装飾品やアクセサリ(指輪、時計など)をはずしてください。
  • レンズや他の光学装置が、入射光の一部を、前面や背面で反射する場合がありますのでご注意ください。
  • あらゆる作業において、レーザは必要最小限のパワーで動作するようにご留意ください。
  • アライメントは、可能な限りレーザの出力パワーを低減して作業を行ってください。
  • ビームパワーを抑えるためにビームシャッタフィルタをお使いください。
  • レーザのセットアップの近くや実験室には、適切なレーザ標識やラベルを掲示してください。
  • クラス3Rやクラス4のレーザ(安全確保用のインターロックが必要となるレーザーレベルの場合)で作業する場合は、警告灯をご用意ください。
  • ビームトラップの代用品としてレーザービュワーカードを使用したりしないでください。

 

レーザ製品のクラス分け

レーザ製品は、目などの損傷を引き起こす可能性に基づいてクラス分けされています。国際電気標準会議(The International Electrotechnical Commission 「IEC」)は、電気、電子工学技術関連分野の国際規格の策定および普及を行う国際機関で、IEC60825-1は、レーザ製品の安全性を規定するIEC規格です。レーザ製品のクラス分けは下記の通りです

ClassDescriptionWarning Label
1ビーム内観察用の光学機器の使用を含む、通常の条件下での使用において、安全とみなされているクラス。このクラスのレーザ製品は、通常の使用範囲内では、人体被害を及ぼすエネルギーレベルのレーザを発光することがないので、最大許容露光量(MPE)を超えることはありません。このクラス1のレーザ製品には、筐体等を開かない限り、作業者がレーザに露光することがないような、完全に囲われた高出力レーザも含まれます。 Class 1
1Mクラス1Mのレーザは、安全であるが、望遠鏡や顕微鏡と併用した場合は危険な製品になり得ます。この分類に入る製品からのレーザ光は、直径の大きな光や拡散光を発光し、ビーム径を小さくするために光を集束する光学素子やイメージング用の光学素子を使わない限り、通常はMPEを超えることはありません。しかし、光を再び集光した場合は被害が増大する可能性があるので、このクラスの製品であっても、別の分類となる場合があります。 Class 1M
2クラス2のレーザ製品は、その出力が最大1 mWの可視域での連続放射光に限定されます。瞬目反射によって露光が0.25秒までに制限されるので、安全と判断されるクラスです。このクラスの光は、可視域(400~700 nm)に限定されます。 Class 2
2Mこのクラスのレーザ製品のビーム光は、瞬目反射があるので、光学機器を通して見ない限り安全であると分類されています。このクラスは、レーザ光の半径が大きい場合や拡散光にも適用されます。 Class 2M
3Rクラス3Rのレーザ製品は、直接および鏡面反射の観察条件下で危険な可視光および不可視光を発生します。特にレンズ等の光学機器を使用しているときにビームを直接見ると、目が損傷を受ける可能性があります。ビーム内観察が行われなければ、このクラスのレーザ製品は安全とみなされます。このクラスでは、MPE値を超える場合がありますが、被害のリスクレベルが低いクラスです。可視域の連続光のレーザの出力パワーは、このレベルでは5 mWまでとされています。 Class 3R
3Bクラス3Bのレーザは、直接ビームを見た場合に危険なクラスです。拡散反射は通常は有害になることはありませんが、高出力のクラス3Bレーザを使用した場合、有害となる場合もあります。このクラスで装置を安全に操作するには、ビームを直接見る可能性のあるときにレーザ保護眼鏡を装着してください。このクラスのレーザ機器にはキースイッチと安全保護装置を設け、さらにレーザ安全表示を使用し、安全照明がONにならない限りレーザがONにならないようにすることが求められます。Class 3Bの上限に近いパワーを出力するレーザ製品は、やけどを引き起こすおそれもあります。 Class 3B
4このクラスのレーザは、皮膚と目の両方に損傷を与える場合があり、これは拡散反射光でも起こりうるとみなされています。このような被害は、ビームが間接的に当たった場合や非鏡面反射でも起こることがあり、艶消し面での反射でも発生することがあります。このレベルのレーザ機器は細心の注意を持って扱われる必要があります。さらに、可燃性の材質を発火させることもあるので、火災のリスクもあるレーザであるとみなされています。クラス4のレーザには、キースイッチと安全保護装置が必要です。 Class 4
全てのクラス2以上のレーザ機器には、上記が規定する標識以外に、この三角の警告標識が表示されていなければいけません。 Warning Symbol

Product Demonstrations

Thorlabs has demonstration facilitates for the Vytran® fiber glass processing systems offered on this page within our Morganville, New Jersey and Shanghai, China offices. We invite you to schedule a visit to see these products in operation and to discuss the various options with a fiber processing specialist. Please schedule a demonstration at one of our locations below by contacting technical support. We welcome the opportunity for personal interaction during your visit!

Thorlabs China
Shanghai, China

Room A101, No.100, Lane 2891, South Qilianshan Road
Shanghai 200331
China

Appointment Scheduling and Customer Support

Thorlabs' China Office
Click to Enlarge

Thorlabs Vytran USA
Morganville, New Jersey, USA

1400 Campus Dr
Morganville, NJ 07751
USA

Appointment Scheduling and Customer Support

Thorlabs' Morganville Office
Click to Enlarge


Posted Comments:
No Comments Posted
Vytran® Optical Fiber Glass Processor Selection Guide
Item #GPX3400GPX3600GPX3800GPX3850GPX4000LZ
Splicing Fiber Cladding Diameter80 µm to 250 µmyesyesyesyesyesa
250 µm to 1.25 mmyesyesyesyesyes
1.25 mm to 1.7 mm-yes-yesyesb
1.7 mm to 2 mm----yesb
End Cap Fiber Diameter250 µm to 2 mm----yesc
250 µm to 5 mm----yesd
Fiber TypeMultimodeyesyesyesyesyes
Single Modeyesyesyesyesyes
Double Cladyesyesyesyesyes
Polarization Maintainingyesyesyesyesyes
Automated Measurement and Alignmentyesyesyesyesyes
End-View Illumination and Imagingeyesyesyesyesyes
Tension Monitor and Control Systemyesyesyesyesyes
Integrated Fiber Cleaver--yesyes-
Real-Time Hot Image Monitoring--yesyesyes
Liquid Cooling SystemOptional Add-OnyesOptional Add-OnyesOptional Add-On
Fused Taper Software Enhancement and Handling FixturesOptional Add-On-
Fiber Combiner Loading FixtureOptional Add-On -
  • フィラメント加熱モードを使用する融着接続の場合
  • CO2 レーザ加熱モードを使用する融着接続の場合
  • ファイバ融着融着接続の場合
  • エンドキャップの融着接続の場合
  • LED照明には上部インサートVHB00またはVHB05が必要です。

CO2レーザ光ファイバ加工機ワークステーション

同梱品

  • ローリングカートに入った光ファイバ加工機ワークステーション
    • 空冷型40 W CO2レーザ
    • 光学スプライスヘッド、エンドキャップヘッド
    • 関連ソフトウェア組込みPC(モニタ、キーボード、マウス付き)
    • 融着接続のアルゴリズムファイルを含むソフトウェアインターフェイス
    • 底部インサート用真空ポンプ
    • 照明用のグースネックライト2個
    • ドロップリーフシェルフ
  • アルゴンガスタンクレギュレータ、CGA-580ならびにDIN 477 No.6コネクタ付き
  • アルゴンガス用3.2 mm径PTFEチューブ
  • フィラメントアセンブリ(型番:FTAV4、FTAV6、FTAT4)
  • 六角レンチ付きツールキット

別途ご購入が必要なもの

オプションのアクセサリと交換用部品

  • 光ファイバ加工機ワークステーションと制御ソフトウェア付きPCで構成
  • CO2レーザ加熱モードならびにフィラメント融着加熱モード
  • 自動XYならびに回転アライメント
  • シングルモード、マルチモード、偏波保持、特殊ファイバに適しています
  • 低運用コスト

CO2レーザ光ファイバ加工機ワークステーションGPX4000LZは、熱部、ファイバーホールドブロック、作動用およびプロセス開発用ソフトウェア付きPC、その他作動に必要な機能部が、ローリングカート内に組み込まれています。

このワークステーションはファイバの自動XYおよび回転アライメントが特長で、特に偏波保持ファイバや微細構造のコアを有する特殊ファイバをTrue Core Imaging技術を使用して加工するように設計されています。精密ファイバーハンドリング治具は、ファイバを0.25 µmの分解能でXY移動、0.02°の分解能で最大190°回転できます。付属のファイバーホルダは、CO2レーザまたはフィラメント加熱モードでファイバ軸に沿って105 mmまたは180 mm移動可能です。 加熱部がファイバ入射部の広い範囲を加熱できるため、異種ファイバを低損失に融着接続するためのコアドーパントの熱拡散や、ファイバの長い断熱的テーパの作製など様々な用途に適しています。

加工機ワークステーションにはファイバーホルダ、光学ヘッド、加熱部、イメージング用CCDカメラ、制御ソフトウェアインストール済みPCならびにモニタ、側面・端面イメージング用ミラータワーが含まれています。フィラメント加熱モードでの作動用に、各加工機ワークステーションには高純度PTFEガス管と取付継手CGA-580が付いたガスレギュレータが付いています。DIN 477 No.6コネクタも付属します。交換用のフィラメントは別売りです。下記をご参照ください。

ワークステーションの作動にはファイバーホルダ用上部ならびに底部インサートが別途必要です。こちらも下記に掲載しております。カプラやコンバイナ作製用の並列用ファイバーホルダ底部インサートも下記にオプションでご用意しています。また、エンドキャップ加工をお考えの場合、ファイバ加工機ワークステーションに使用されているファイバーホールドブロック対応のエンドキャップ用ホルダもお買い求めいただけます。

製品のインストールや使用方法のトレーニングについては、当社までお問合せください。

:本製品は、お客様が電波法に則り「高周波利用設備の通信設備以外の設備」として、総務省管轄の各総合通信局へ「許可申請」を提出する必要があります。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPX4000LZ Support Documentation
GPX4000LZCO2レーザ光ファイバ加工機ワークステーション
CALL
Lead Time

ファイバーホルダ上部インサート(システムに2個必要)

Item #Side 1 Accepted
Diameter (Min/Max)
Side 2 Accepted
Diameter (Min/Max)
VHB00a57 µm / 759 µmb N/A
VHB05a410 µm / 1008 µm560 µm / 1269 µm
VHA0057 µm / 759 µmb275 µm / 970 µm
VHA05410 µm / 1008 µm560 µm / 1269 µm
VHA10812 µm / 1515 µm1036 µm / 1770 µm
VHA151288 µm / 2022 µm1534 µm / 2268 µm
VHA201772 µm / 2505 µm2032 µm / 2944 µm
VHA252278 µm / 3029 µmN/A
VHA302609 µm / 3198 µmN/A
  • 上部インサートにはファイバ端面のLED照明用の窪みがついています。
  • VHA00とVHB00の片面(Side 1)は外径が非常に小さいファイバ向けにクランプ力が加えられるよう平面(溝なし)となっています。

ファイバーホルダーインサートは上部インサートが1個と底部または移動用インサートが1個の構成で、融着接続またはテーパ加工中のファイバを固定するために光ファイバ加工機のファイバーホールドブロック内に配置されます。インサートはファイバのクラッド、バッファ、被覆部分を固定し、最大Ø3.198 mmまでのファイバに対応します。上部と底部インサートの組み合わせの詳細については「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください。

GPX4000LZに対応する丈夫インサートには2種類ございます。 VHAの標準型上部インサートは片面溝付きと両面溝付きがあります。こちらのインサートは自動ファイバ加工機LDC401シリーズファイバークリーバ被覆除去ならびにクリーニングステーションFPS301融着接続システムLFS4100にご使用いただけます。上部インサートVHB00ならびにVHB05には自動光ファイバ加工機ワークステーションからのLED照明用の窪みが付いており、端面のイメージングや、偏波保持ファイバと微細構造の特殊ファイバーコアのアライメントに必要です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHA00 Support Documentation
VHA00ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø57 µm~Ø970 µm
¥22,368
Today
VHA05 Support Documentation
VHA05ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø410 µm~Ø1269 µm
¥22,368
5-8 Days
VHA10 Support Documentation
VHA10ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø812 µm~Ø1770 µm
¥22,368
5-8 Days
VHA15 Support Documentation
VHA15ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø1288 µm~Ø2268 µm
¥22,368
5-8 Days
VHA20 Support Documentation
VHA20ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、Ø1772 µm~Ø2944 µm
¥22,368
5-8 Days
VHA25 Support Documentation
VHA25ファイバーホルダ上部インサート、Ø2278 µm~Ø3029 µm
¥22,368
5-8 Days
VHA30 Support Documentation
VHA30ファイバーホルダ上部インサート、Ø2609 µm~Ø3198 µm
¥22,368
5-8 Days
VHB00 Support Documentation
VHB00ファイバーホルダ上部インサート、LED照明対応、Ø57 µm~Ø759 µm
¥23,774
5-8 Days
VHB05 Support Documentation
VHB05ファイバーホルダ上部インサート、両面溝付き、LED照明対応、Ø410 µm~Ø1269 µm
¥23,774
5-8 Days

ファイバーホルダ底部インサート(2個必要)

Standard and Transfer Inserts
Item #TypeSide 1 Accepted
Diameter (Min/Max)
Side 2 Accepted
Diameter (Min/Max)
Vacuum
Holes
VHF160Transfer112 µm / 208 µmN/AYes
VHF250Transfer177 µm / 320 µmN/AYes
VHF400Transfer279 µm / 519 µmN/AYes
VHF500Transfer346 µm / 795 µmN/AYes
VHF750Transfer516 µm / 1047 µmN/AYes
VHE10Standard773 µm / 1271 µm1034 µm / 1523 µmNo
VHE15Standard1280 µm / 1769 µm1534 µm / 2007 µmNo
VHE20Standard1787 µm / 2267 µm2033 µm / 2513 µmNo
VHE25Standard2270 µm / 2844 µmN/ANo
VHE30Standard2692 µm / 3198 µmN/ANo
  • ファイバーホールドブロック用V溝付き底部インサート
  • 112 µm~3.198 mmのクラッド/被覆径に対応(インサートの選び方は「ファイバーホルダーインサート」のタブ参照)
  • Vytranシリーズのシステム間でファイバを移動させる移動用インサート
  • 小径(<Ø1047 µm)ファイバのアライメント用真空穴付きV溝インサート

ファイバーホルダーインサートは上部インサートが1個と底部インサートが1個の構成で、融着接続またはテーパ加工中のファイバを固定するために、光ファイバ加工機のファイバーホールドブロック内に設置されます。 底部インサートは光ファイバ加工機または対応するシステムのファイバーホールドブロック内に磁石で保持されます。 底部インサートのV溝は、ファイバがファイバーホルダ内の中心に位置するよう加工されており、様々なV溝のサイズでご用意しております(上部と底部または標準と移動インサートの組み合わせの詳細については「ファイバーホルダーインサート」のタブをご覧ください)。移動用インサートの底部には真空穴があり、それにより小径ファイバがV溝内にアライメントされるようになっています。

光ファイバ加工機に対応する底部インサートは、移動用底部インサート、標準型底部インサート、並列用底部インサート(下記掲載)の3種類です。移動用底部インサート(VHFから始まる型番)は、1本のファイバをアライメント損失を最小に抑えながらLDC401シリーズのファイバークリーバ被覆除去&クリーニングステーションFPS301、CO2融着接続システムGPX4000LZ間を移動させることが可能です。例えば、ファイバを移動用インサートに入れ、クリーバLDC401でクリーブし、インサートごと融着接続システムLFS4100に設置し、加工することが可能です。このようなプロセスが機能するのは、移動用インサートが各Vytranシステム内に精密に配置可能で、移動用クランプVHT1(下記参照)が、移動中のファイバの軸移動を防ぐからです。移動用インサートには真空穴が付いており、弱い吸引力によりファイバの位置が保たれます。すべての移動用インサートには移動用クランプVHT1(下記参照)が必要です。移動用インサートに外径が550 µmより小さいファイバを使用する場合には、V溝付きグラファイト(下記参照)も必要となります。

ファイバーホルダ用標準型底部インサート(VHEから始まる型番)は大径ファイバにご使用いただけます。こちらのインサートは片面溝付き、または両面溝付きの種類があります。標準型の底部インサートはLDC401シリーズのファイバークリーバ被覆除去ならびにクリーニングステーションFPS301自動ファイバ加工機融着接続機LFS4100でご使用いただけます。移動用インサートとは異なり、標準型インサートでシステム間を移動させるとファイバのアライメントは保たれません。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHF160 Support Documentation
VHF160ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø112 µm~Ø208 µm
¥41,640
5-8 Days
VHF250 Support Documentation
VHF250ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø177 µm~Ø320 µm
¥41,640
Today
VHF400 Support Documentation
VHF400ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø279 µm~Ø519 µm
¥41,640
5-8 Days
VHF500 Support Documentation
VHF500ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø346 µm~Ø795 µm
¥41,640
5-8 Days
VHF750 Support Documentation
VHF750ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø516 µm~Ø1047 µm
¥41,640
5-8 Days
VHE10 Support Documentation
VHE10ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø773 µm~Ø1523 µm
¥27,994
5-8 Days
VHE15 Support Documentation
VHE15ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø1280 µm~Ø2007 µm
¥27,994
5-8 Days
VHE20 Support Documentation
VHE20ファイバーホルダ底部インサート、両面溝付き、Ø1787 µm~Ø2513 µm
¥27,994
5-8 Days
VHE25 Support Documentation
VHE25ファイバーホルダ底部インサート、Ø2270 µm~Ø2844 µm
¥27,994
5-8 Days
VHE30 Support Documentation
VHE30ファイバーホルダ底部インサート、Ø2692 µm~Ø3198 µm
¥27,994
5-8 Days

ファイバ移動用クランプとV溝付きグラファイトチップ(VHFシリーズ移動用底部インサートに必要)

Item #Accepted Diameter
(Min/Max)
LengthHeating
Mode
VHG12580 µm / 125 µm0.313"Filament
VHG125L80 µm / 125 µm0.594"Filament
VHG200150 µm / 200 µm0.313"Filament
VHG250200 µm / 250 µm0.313"Filament
VHG250XLa200 µm / 300 µm1.094"CO2 Laser
VHG300250 µm / 300 µm0.313"Filament
VHG350300 µm / 350 µm0.313"Filament
VHG400350 µm / 400 µm0.313"Filament
VHG400XLa300 µm / 400 µm1.094"CO2 Laser
VHG450400 µm / 450 µm0.313"Filament
VHG500450 µm / 500 µm0.313"Filament
VHG500XLa400 µm / 500 µm1.094"CO2 Laser
VHG550500 µm / 550 µm0.313"Filament
  • これらのインサートは長い距離にわたってファイバを支えられるよう、他の製品よりも長くなっています。

こちらの移動用クランプとV溝付きチップは、上記のVHFシリーズ移動用底部インサートと一緒に使用され、ファイバをVytranシステム間を移動させる際、再アライメントを最小限に抑えます。使用例としては、ファイバを移動用インサートに入れ、ファイバークリーバLDC401を使用してクリーブし、その後、(クリーバとは別の)光ファイバ加工機で融着接続する際に、ファイバが入っている移動用インサートごと移動することができます。

クランプVHT1は磁性筐体であるため、磁力で固定され、ファイバの軸ズレが防止されます。単純に、ファイバを移動させる際にインサートを保持するという用途でも使用できます。

≤550 µmのファイバにはV溝付きグラファイトをご購入いただき、融着接続の際、ファイバをサポートする必要があります(サイズについては右の表をご覧ください)。長さ27.79 mmのV溝は、GPX4000LZのCO2レーザ加熱モードにのみ対応し、長さ7.95 mmおよび15.09 mmのV溝はフィラメント加熱モードに対応します。 V溝付きグラファイトは、2個の止めネジ(セットスクリュ)で移動用インサート内に固定できます。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHT1 Support Documentation
VHT1移動用クランプ、移動用インサート用磁性蓋付き
¥32,356
Today
VHG125 Support Documentation
VHG125V溝付きグラファイト、Ø80 µm~Ø125 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG125L Support Documentation
VHG125LV溝付きグラファイト、ロングタイプ、Ø80 µm~Ø125 µm、長さ15.09 mm
¥20,118
Today
VHG200 Support Documentation
VHG200V溝付きグラファイト、Ø150 µm~Ø200 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG250 Support Documentation
VHG250V溝付きグラファイト、Ø200 µm~Ø250 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG250XL Support Documentation
VHG250XLV溝付きグラファイト、Ø200 µm~Ø300 µm、長さ27.8 mm
¥22,066
Lead Time
VHG300 Support Documentation
VHG300V溝付きグラファイト、Ø250 µm~Ø300 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG350 Support Documentation
VHG350V溝付きグラファイト、Ø300 µm~Ø350 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG400 Support Documentation
VHG400V溝付きグラファイト、Ø350 µm~Ø400 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG400XL Support Documentation
VHG400XLV溝付きグラファイト、Ø300 µm~Ø400 µm、長さ27.8 mm
¥22,066
Lead Time
VHG450 Support Documentation
VHG450V溝付きグラファイト、Ø400 µm~Ø450 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG500 Support Documentation
VHG500V溝付きグラファイト、Ø450 µm~Ø500 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days
VHG500XL Support Documentation
VHG500XLV溝付きグラファイト、Ø400 µm~Ø500 µm、長さ27.8 mm
¥22,066
Lead Time
VHG550 Support Documentation
VHG550V溝付きグラファイト、Ø500 µm~Ø550 µm、長さ7.95 mm
¥18,710
5-8 Days

並列用ファイバーホルダ底部インサート(カプラ/コンバイナの作製に2つ必要)

Multi-Fiber Inserts
Item #Type
(Click for Drawing)
Accepted DiametersRecommended
Top Inserta
VHD125SSide-by-Side125 µm / 125 µmVHA00
VHD250SSide-by-Side250 µm / 250 µm
VHD320SSide-by-Side320 µm / 320 µm
VHD250VDouble-V Slot250 µm / 250 µm
VHD320VDouble-V Slot320 µm / 320 µm
VHD320PDouble-V Slot w/ Pins320 µm / 320 µm
VHS250250Triple-V Slot250 µm / 250 µm / 250 µm
VHS250400Triple-V Slot250 µm / 400 µm / 250 µm
VHS250500Triple-V Slot250 µm / 500 µm / 250 µm
VHS300350Triple-V Slot300 µm / 350 µm / 300 µm
VHS320400Triple-V Slot300 µm / 400 µm / 300 µm
VHS320550Triple-V Slot320 µm / 550 µm / 320 µmVHA05
  • LED照明対応のインサートVHB00やVHB05も使用可能ですが、カプラやコンバイナの作製の際にはLED照明は使用しません。

Click to Enlarge
VHD320Pでは、調整ピンを使用することにより、融着接続の際に2本のファイバを非常に近接して保持することができます。
  • 底部インサートの溝に複数のファイバを固定
  • 溶融型光カプラまたはコンバイナの作製に使用
  • ファイバをV溝またはスロットにアライメントするための真空穴
  • 複数のインサートタイプをご用意(種類については右の表をご参照ください)

並列用インサート(VHDまたはVHSから始まる型番)は、WDMカプラ溶融型光ファイバーカプラ、パワーコンバイナなど2本または3本のファイバを同時にテーパ加工し溶融する必要のある用途向けに設計されています。

並列用インサートにはU溝があり、2本のファイバを平行に保持します。2つのVスロット付きインサートには、同じ側に2つの平行するV溝があり、ファイバをそれぞれの溝に1本ずつ保持します。インサートVHD320Pにはオフセット調整用のピンがあり、融着接続時に2本のファイバを緊密に接触させることができます(左写真参照)。3つのVスロット付きインサートには中央にV溝が1本、その両側にV溝が合わせて2本付いており、信号用ファイバ1本と小さい励起ファイバ2本が溶融できるようになっています。

底部インサートは光ファイバ加工機または対応するシステムのファイバーホールドブロック内に磁石で保持されます。 インサートのV溝は、ファイバがファイバーホルダ内の中心に位置するよう加工されています。 移動用インサートの底部には真空穴があり、それにより小径ファイバがV溝内にアライメントされるようになっています。それぞれの並列用ファイバーインサートに推奨する上部インサートは右の表でご覧いただけます。これらのインサートをシステム間で移動した場合は、ファイバのアライメントは保持されません。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
VHD125S Support Documentation
VHD125Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø125 µm / Ø125 µm
¥53,879
5-8 Days
VHD250S Support Documentation
VHD250Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø250 µm / Ø250 µm
¥53,879
5-8 Days
VHD320S Support Documentation
VHD320Sファイバーホルダ底部インサート、並列用、Ø320 µm / Ø320 µm
¥53,879
5-8 Days
VHD250V Support Documentation
VHD250Vファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、Ø250 µm / Ø250 µm
¥56,271
5-8 Days
VHD320V Support Documentation
VHD320Vファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、Ø320 µm / Ø320 µm
¥56,271
5-8 Days
VHD320P Support Documentation
VHD320Pファイバーホルダ底部インサート、Vスロット2つ、アライメントピン付き、Ø320 µm / Ø320 µm
¥63,304
5-8 Days
VHS250250 Support Documentation
VHS250250ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø250 µm / Ø250 µm
¥59,788
5-8 Days
VHS250400 Support Documentation
VHS250400ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø400 µm / Ø250 µm
¥59,788
Lead Time
VHS250500 Support Documentation
VHS250500ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø250 µm / Ø500 µm / Ø250 µm
¥58,614
5-8 Days
VHS300350 Support Documentation
VHS300350ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø300 µm / Ø350 µm / Ø300 µm
¥59,788
Lead Time
VHS320400 Support Documentation
VHS320400ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø320 µm / Ø400 µm / Ø320 µm
¥59,788
5-8 Days
VHS320550 Support Documentation
VHS320550ファイバーホルダ底部インサート、Vスロット3つ、Ø320 µm / Ø550 µm / Ø320 µm
¥59,788
5-8 Days

エンドキャップ用ホルダ(オプション)

Item #TypeAccepted
Length
Accepted Diameter
Min.Typ.Max
ECH1VaVacuum2.5 mm - 5.0 mm0.95 mm1.0 mm1.05 mm
ECH15Va1.45 mm1.5 mm1.55 mm
ECH2Va1.95 mm2.0 mm2.05 mm
ECH4CFlexure Clamp2.5 mm - 10 mm3.8 mm4.0 mm4.08 mm
ECH5C4.8 mm5.0 mm5.08 mm
ECH8C7.8 mm8.0 mm8.08 mm
ECH8LMagnetic Lid2.5 mm - 10 mm7.6 mm8.0 mm9.50 mm
  • このホルダをファイバーホールドブロック内に固定するためには、上部インサートVHA20と底部インサートVHE20の両方が必要です。
End Cap Holder
Click to Enlarge
ECH8Cのフロントクランプ内に固定されたØ1 mmのリードイン付きØ8 mmエンドキャップ
  • Ø0.95 mm~Ø9.50 mmのエンドキャップを融着接続時に保持
  • 真空吸引式、フレクシャークランプ式、磁性蓋式をご用意
  • 光ファイバ加工機ワークステーションのファイバーホールドブロックに対応

こちらのホルダは、融着プロセス時にエンドキャップを光ファイバ加工機ワークステーション内に設置し固定します。外径Ø0.95 mm~Ø9.50のエンドキャップに対応したホルダをご用意しております。クランプタイプおよび磁性蓋付きのホルダがございます。

真空吸引式ホルダ
エンドキャップホルダECH1V、ECH15V、ECH2Vは、吸引力を利用して小型のエンドキャップ(それぞれØ1.0 mm、Ø1.5 mm、Ø2.0 mm)をスチール製のチューブホルダ内に保持します。ワークステーション背面の「VACUUM」と表示された真空ラインに接続されたコネクタから伸縮性のあるチューブを介して吸引が行われます。エンドキャップはピンセットを使用してホルダ内に設置します。エンドキャップを保持するスチール製のチューブには内部に段が付いており、エンドキャップがチューブ内に引き込まれないようになっています。真空タイプのホルダは、2つのファイバーホールドブロックインサート(VHA20およびVHE20、どちらも別売り)の間に設置します。

フレクシャークランプ式ホルダ
エンドキャップホルダECH4C、ECH5C、ECH8Cは、フレクシャークランプを利用するため、駆動時に真空を必要としません。また、そのため、エンドキャップを加熱部に近接して設置することができます。これらのホルダは2クランプシステムを使用しており、ホルダのフレクシャークランプの位置を調整して長さ2.5 mm~10 mmまでのエンドキャップを取り付けられるようになっています。最良の性能を得るには、0.05インチ(1.3 mm)の六角ビットを取り付けたトルクドライバを用いて0.04 N·mのトルクでネジを締め付けます。 こちらのホルダはファイバーホールドブロックに直接取り付けることができ、ファイバーホールドブロック内の底部インサートの代わりに使用します。

磁性蓋式ホルダ
エンドキャップホルダECH8Lには、Ø9.50 mmまでのエンドキャップを固定するためのヒンジ付きの磁性蓋および先端がナイロン製の止めネジ(セットスクリュ)が付いています。使用するには、エンドキャップをV溝に設置し、0.05インチ(1.3 mm)六角レンチまたはボールドライバ(どちらも別売り)で止めネジをゆっくりと締め付けます。止めネジを締めすぎると蓋が外れてエンドキャップの保持力が低下します。こちらのホルダはファイバーホールドブロックに直接取り付けることができ、ファイバーホールドブロック内の底部インサートの代わりに使用します。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
ECH1V Support Documentation
ECH1VNEW!Ø1.0 mmエンドキャップ用ホルダ、真空吸引式
¥34,450
5-8 Days
ECH15V Support Documentation
ECH15VNEW!Ø1.5 mmエンドキャップ用ホルダ、真空吸引式
¥34,450
5-8 Days
ECH2V Support Documentation
ECH2VØ2.0 mmエンドキャップ用ホルダ、真空吸引式
¥34,480
5-8 Days
ECH4C Support Documentation
ECH4CØ4.0 mmエンドキャップ用ホルダ、フレクシャークランプ式
¥41,375
5-8 Days
ECH5C Support Documentation
ECH5CØ5.0 mmエンドキャップ用ホルダ、フレクシャークランプ式
¥41,375
5-8 Days
ECH8C Support Documentation
ECH8CØ8.0 mmエンドキャップ用ホルダ、フレクシャークランプ式
¥41,375
5-8 Days
ECH8L Support Documentation
ECH8LØ8.0 mmエンドキャップ用ホルダ、磁性蓋式
¥41,375
5-8 Days

液体冷却システム(オプション)

Liquid Cooling System Specifications
Cooling Capacity590 Wa
Coolant Pump Flow Rate10 Speed Levels up to 4 L/min
Reservoir Capacity157 mL (5.3 fl-oz)
RadiatorAluminum; 2 x 120 mm Fans
Power Consumption20 W (Max)
Power Supply12 VDC (via Molex Connector)
100 VAC with Power Adapter 
Weight8.00 lbs (3.63 kg)
  • 周囲温度25 °C、冷却液の流速4 L/minの時
  • 光ファイバ加工機GPX4000LZのフィラメント加熱モード用オプション冷却システム
  • 長時間加熱操作時(テーパ加工など)の加熱部の過熱を防止
  • 700 mLの高性能冷却液付属

液体冷却システムGPXLZWCSは、当社の光ファイバ加工機GPX4000LZの追加機器として、フィラメント加熱モードを使用した長時間の加熱操作時に加熱部を冷却します。ファイバのテーパ加工、モードアダプタ、ファイバの終端処理などの長時間使用時にはこの使用をお勧めします。光ファイバ加工機GPX4000LZと同時にGPXLZWCSをご注文いただく場合、予め工場で組み込んだ形で出荷させていただくことも可能です。

GPXLZWCSには157 mLのタンクがあり、高性能の冷却液(700 mLのボトル入りの冷却液が付属)が周囲温度25 °C時、4 L/minの流速、590 Wの冷却能力で循環します。MSDS製品安全シートはこちらからダウンロードいただけます。GPX4000LZに取り付けるためのチューブや継ぎ手は付属しています。冷却システムの電源は12 VDCのMolexコネクタ(付属のPCスロットアダプタを介して)、または付属の100 VAC電源アダプタから外部供給します。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GPXLZWCS Support Documentation
GPXLZWCS液体冷却システム、Vytran CO2 レーザ光ファイバ加工機用
¥275,834
Lead Time

交換用フィラメントアセンブリ(オプション)

Item #Filament
Material
Cladding
Diameter
(Min/Max)
ApplicationaLFS4100
Compatible
FTAV2Graphite80 µm / 250 µmSpliceYes
FTAV4125 µm / 600 µm
FTAV5250 µm / 1000 µm
FTAV6400 µm / 1300 µm
FTAT3250 µm / 1500 µmTaperNo
FTAT4400 µm / 1800 µm
FRAV1Iridium≤200 µmSpliceYes
FRAV3≤400 µm
FRAV5250 µm / 1050 µm
  • この列には各フィラメントアセンブリに適した用途を示していますが、これに限定するものではありません。例えば、融着接続用フィラメントはテーパ加工にもご使用になれます。
  • CO2レーザ 光ファイバ加工機用の交換用グラファイトならびにイリジウムフィラメントアセンブリ
  • アセンブリにはフィラメント加熱素子ならびに防護用の枠が付属
  • 融着接続やテーパ加工の用途向けに最適化(詳細は右の表をご覧ください)
  • 融着接続用フィラメントは融着接続機LFS4100にも対応

フィラメントアセンブリは「Ω」文字状のグラファイトまたはイリジウム抵抗加熱素子が防護用の枠に覆われている構成となっております。 こちらでご紹介しているフィラメントは自動光ファイバ加工機に対応します。右の表の「Application」の列に「Splice」と記載のある製品については融着接続機LFS4100およびGPXシリーズの自動光ファイバ加工機にも対応します。

クラッドが最大Ø1800 µmまでのファイバ向けにグラファイト製6種類、イリジウム製3種類のアセンブリをご用意しております。グラファイトフィラメントは、他の材質のフィラメントよりもアウトガスが少なく、大径ファイバの融着接続やテーパ加工に必要な高い温度に達することが可能です。一方で、イリジウムフィラメント加熱素子は、グラファイトフィラメントより若干温度が低いですが、柔らかいガラスファイバの作業に適しています。フィラメントの加熱寿命は約40分ですが、アルゴンの質、融着接続/テーパ加工時間、光ファイバーガラスの品質など様々な要因によって変わる場合があります。

フィラメントは融着接続またはテーパ加工の用途向けに最適化されていますが、融着接続用フィラメントはテーパ加工にも使用できるため、ここでの記載内容は用途を限定するものではありません。融着接続用フィラメントはアセンブリ本体の上部に開口部がありますが、テーパ加工用フィラメントは汚染物質への露出を最小限にとどめるため、開口部はありません。フィラメントはアセンブリ本体に刻印されているバージョン番号(例えばV2、V6、T3など)によって識別できます。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
FRAV1 Support Documentation
FRAV1イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 ≤Ø200
¥80,466
5-8 Days
FRAV3 Support Documentation
FRAV3イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 ≤Ø400
¥80,466
5-8 Days
FRAV5 Support Documentation
FRAV5イリジウムフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1050 µm
¥80,466
5-8 Days
FTAT3 Support Documentation
FTAT3グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1500 µm
¥48,133
5-8 Days
FTAT4 Support Documentation
FTAT4グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø400 µm~Ø1800 µm
¥48,133
5-8 Days
FTAV2 Support Documentation
FTAV2グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø80 µm~Ø250 µm
¥48,133
5-8 Days
FTAV4 Support Documentation
FTAV4グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø125 µm~Ø600 µm
¥48,133
Today
FTAV5 Support Documentation
FTAV5グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø250 µm~Ø1000 µm
¥48,133
5-8 Days
FTAV6 Support Documentation
FTAV6グラファイトフィラメントアセンブリ、クラッド径 Ø400 µm~Ø1300 µm
¥48,133
Today

ドロップリーフシェルフ(追加用) 

  • レーザ光ファイバ加工システムGPX4000LZ用追加または交換用シェルフ
  • 最大耐荷重: 45 kg
  • 取付用部品(Tナット、ボルト、3/16六角レンチ)が付属

ドロップリーフシェルフGLZDは、当社の光ファイバ加工システムGPX4000LZならびにGLZ4001ECに取り付け可能です。シェルフには取付用部品が付属し、システムの両側面に取り付けられます。シェルフを展開すると、支柱は自動的に固定されます。なお、GPX4000LZのシステムにはシェルフGLZDが1個付属しています。各システムの筐体には両側面に1個ずつ、合計2個のシェルフが取り付け可能です。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
GLZD Support Documentation
GLZDドロップリーフシェルフ、ワークステーションGPX4000LZまたはGLZ4001EC用
¥68,250
5-8 Days

超音波洗浄機(オプション)


Click to Enlarge

超音波洗浄機USC2およびVytran移動用底部インサート用ネストUSC2NVT

Click to Enlarge

洗浄強度と洗浄時間は洗浄機背面のコントローラで制御できます。
USC2 Ultrasonic Cleaner Specifications
Supported Fiber Diametera125 - 600 µm
Tank Capacity100 mL
Tank DimensionsØ1.7" x 2.8" Deep
(Ø43 mm x 71 mm Deep)
Cleaning Duration
(Max Setting)
> 1 Minute
Peak Output Frequency75.2 - 76.4 kHz
Transducer Power (Max)6 W
Operating Power36 W
Operating Current1.5 A
Input Voltageb100 - 240 VAC @ 47 - 63 Hz
Overall Dimensionsa
6.95" x 4.78" x 4.13"
(176.5 mm x 121.5 mm x 104.8 mm)
Mass1.28 kg (2.82 lbs)
  • 付属のファイバ素線用ネストの場合
  • 電源ケーブル(日本国内用)が付属

Click for Details
View Product List
型番数量Description
USC21超音波ファイバ洗浄機、ファイバ素線用ネスト付き
USC2NVT1超音波洗浄機用ネスト、Vytran底部インサート用
USC2Y15115 mmスペーサ、Vytranネスト用
VHF7501ファイバーホルダ底部インサート、移動用、Ø516 µm~Ø1047 µm
VHT11移動用クランプ、移動用インサート用磁性蓋付き
Vytran移動用底部インサートをサポートするネストUSC2NVT
  • 浸漬深さ、洗浄時間、パワーレベルを容易に調整可能
  • 磁性クランプ付きのファイバ素線用ネストが付属
  • Vytran移動用底部インサートに対応するネスト(型番USC2NVT)も別売りでご用意
  • 使用可能な溶剤:アセトンまたはイソプロパノール(イソプロピルアルコール)
  • 液体の廃棄が容易な注ぎ口:溶剤の蒸発を低減するスロット付きシールド

当社のVytran® USC2は、ファイバ素線を大量処理できるよう設計されています。洗浄強度および洗浄時間の調整ノブを使用して、繰り返し可能な洗浄パラメータを簡単に設定できます。液浸治具により浸漬深さが調整でき、治具はファイバーホルダーネスト(別売り)と交換可能です。洗浄サイクルがアクティブの時は赤色のLEDが点灯します。100 mLの溶剤タンクにはアセトンまたはイソプロピルアルコールのみご使用いただけます。

液浸治具を傾けるとファイバが液体に沈み、超音波洗浄プロセスが開始します。設定された洗浄時間を過ぎると超音波攪拌が停止します。溶剤タンク上のファイバーホルダの高さは、液浸治具の側面にあるローレット付きアジャスタで12.7 mmの範囲にわたって変更可能です(上写真参照)。

ローレット付きアジャスタを逆方向に回してファイバ素線用ネストを取り外し、別のファイバーホルダーネストと交換することもできます。各洗浄機は、液浸治具内にファイバ素線用ネストが取り付けられた状態で出荷されます。ネストUSC2NVT(別売り)はVytran移動用底部インサートに対応します。インサートと溶剤タンクの距離を広げるためのスペーサや非磁性の底部インサート用クランプなど、幅広い用途にお使いいただけるVytranファイバーネスト用アクセサリもございます。また、Fujikura®およびFitel®ファイバーホルダ用のネストもご用意しています(どちらも別売り) 詳細は製品の紹介ページをご覧ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
USC2 Support Documentation
USC2超音波ファイバ洗浄機、ファイバ素線用ネスト付き
¥275,145
5-8 Days
USC2NVT Support Documentation
USC2NVT超音波洗浄機用ネスト、Vytran底部インサート用
¥26,894
5-8 Days