半導体レーザー用温度コントローラー、12 W


  • Low Noise TEC Current: ±2 A
  • Excellent Temperature Stability: ≤0.002 °C
  • Separate P, I, and D-Gain Control

TED200C Front Panel (°C Display when Used with the AD590
Temperature Transducer, kΩ when Used with a Thermistor)

TED200C

CAB420-15

Related Items


Please Wait

特長

  • 対応するセンサ: サーミスタ、 AD590/AD592、LM335
  • TEC出力(低雑音): ± 2 A / 12 W
  • 温度範囲は、-45°C~+145°C(AD590)または10 Ω~200 kΩ(サーミスタ)
  • 温度分解能: 0.01°C(ICセンサ)または1 Ω(サーミスタ)
  • 温度安定性: ≤ 0.002 °C
  • 最短の温度安定時間を実現するために、制御ループのP、I 、Dの値は個別設定可能
  • 定温度動作モード
  • TUNE IN入力を介したアナログ制御
  • 調整可能なTEC電流リミット
  • 間違った温度センサ、温度センサの不在、TEC接続のオープン状態を検知
  • RoHS準拠
  • TED200Cには1.5 mのケーブル1本が付属

用途

  • 干渉、分光に使用する半導体レーザの精密な安定化
  • ノイズ低減の為のディテクタ冷却
  • 非線形結晶の温度安定化
  • 工業用システムの温度安定化
  • 外部入力を介した、アクティブなレーザ波長安定化用の制御温度設定

はじめに
TED200C は±2 Aまでの電流で熱電冷却器(TEC)素子を駆動する高精度な温度コントローラです。ほとんどの一般的な温度センサをサポートしており、異なる熱負荷に対応できます。優れた保護機能、誤作動表示などで、TECや半導体レーザを損傷から保護します。外部デバイスとの接続と制御ループへの統合を容易にするために、TED200はアナログ電圧入力/出力端子で制御することもできます。この製品よりも高い電流値で、±15 A対応の製品をお探しの場合は、温度コントローラTED4000 シリーズの製品をご参照ください。

当社ではこれらのコントローラを24か月ごとに校正することをお勧めしております。当社では再校正サービスを提供しております。詳細は当社までお問い合わせください。

注:最新のTED200Cは、RoHS準拠の設計になっています。この特長以外は旧型番TED200と実質的に同等の製品です。

操作
TED200C の5桁表示のディスプレイでは、実際の温度測定値、設定温度、加熱/冷却用の電流値やTE冷却器の電流リミット値が表示されます。サーミスタセンサと併用する場合、 TED200Cは抵抗値(実際の温度ではなく)を表示します。この数値との相関で温度を計算するための数式は、マニュアルの3.1.3.1に掲載されてい ます。温度の設定値は、広い前面パネルの制御ノブやコントローラ背面のアナログ入力コネクタへの外部入力信号で調整可能です。外部入力は、温度調整により 半導体レーザの波長をロックする制御ループモードでご使用いただけます。

多様な熱負荷への適応性
TED200Cは、 PIDフィードバック回路によって簡単に異なる熱負荷に対応できます。P(比例)利得、I(積分)オフセット制御及びD(微分または差分)レートは、お客様が別々に調整できます。比例利得がフィードバックループの応答時間を最適化し、積分利得が精密なゼロオフセット制御を実行します。微分利得はフィードバックループの動的応答を最適化し、熱負荷の急速な変化に対応します。適切なPIDパラメータ設定がなされていれば、半導体レーザーマウントLM14S2内のバタフライ型パッケージ(サーミスタ内蔵のバタフライパッケージを使用)のレーザにおいて、30°Cから20°Cの温度変化への整定時間は 2秒未満です。PID制御は前面パネルで設定できるので、コントローラの応答を簡単に最適化することができます。

対応可能な温度センサ
温度コントローラTED200Cは、殆どの一般的な温度センサに対応してます。センサ選択スイッチで、最大200 kΩまでのサーミスタ、または温度感知IC(AD590、AD592、LM335) をお選びいただけます。

サーミスタを選択した場合、温度はサーミスタの抵抗値で表示されます。AD590、AD592、LM335を選択した場合は、温度制御範囲が-45 °Cから+145 °Cとして、温度を摂氏で表示できます。ただし、実施の制御範囲は接続されたICセンサの温度定格に制限されます。

優れたTEC保護機能
TED200CはTEC素子を最大限に保護するために設計されました。TEC出力電流リミットは調整可能なので、コントローラがTEC素子をオーバードライブしないようにできます。この場合、リミット値はコントローラの電流範囲内で設定可能です。

エラー表示
温度センサが間違っている場合、温度センサがない場合、センサとコントローラの間の接続が悪い場合には、LEDの表示や警告音でお知らせします。エラーが発生するとTEC電流は自動的にスイッチOFFされます。

温度モニタリングの出力
TED200Cでは、実際の温度と設定温度の差に比例したモニタリング信号が、背面BNCコネクタから発信されます。この特性によってデバイス温度を長期に渡って記録することができます。

併用をお勧めする製品
半導体レーザ用コントローラLDC200シリーズは、TED200Cとの併用に適しています。当社のTECレーザーマウントと組み合わせると、TED200Cの温度安定性は1 mKを達成できます。この温度安定性は、半導体レーザの波長調整や原子吸光分析法には不可欠です。

接続ケーブル
CAB420-15はTED200Cを 当社の半導体レーザーマウントへ接続する際に必要となります。TED200Cには1.5 mのケーブルが1本付属しています。追加のケーブルは下記でお買い求めいただけます。

ModelTED200C
TEC Current Output
Control Range-2 A to 2 A
Compliance Voltage>6 V
Maximum Output Power12 W
Measurement Resolution1 mA
Accuracy±10 mA
Noise and Ripple (Typ.)< 1 mA
TEC Current Limit
Setting Range0 to >2 A
Measurement Resolution1 mA
Accuracy±20 mA
Thermistor Sensorsa
Control Range10 Ω to 20 kΩ / 100 Ω to 200 kΩ (2 Ranges)
Setting Resolution
(20 kΩ / 200 kΩ Range)
1 Ω / 10 Ω
Measurement Resolution
(20 kΩ / 200 kΩ Range)
1 Ω / 10 Ω
Accuracy (20 kΩ / 200 kΩ Range)±10 Ω / ±100 Ω
Temperature Stability (24 Hours)b
(20 kΩ / 200 kΩ Range)
< 0.5 Ω / <5 Ω
IC Sensors
Supported SensorsAD590, AD592, LM135, LM335
Control Range with AD590, LM135-45 °C to 145 °C
Control Range with AD592-25 °C to 105 °C
Control Range with LM335-40 °C to 100 °C
Setting Resolution0.01 °C
Measurement Resolution0.01 °C
Accuracy (Except LM335)±0.1 °C
Temperature Stability (24 Hours)< 0.002 °C
Temperature Control Input
Input Resistance10 kΩ
Control Voltage-10 V to +10 V
Transmission Coefficient Thermistor
(20 kΩ / 200 kΩ Range)
2 kΩ/V / 20 kΩ/V ± 5%
Transmission Coefficient
IC-Sensors
20°C/V ± 5%
Temperature Control Output
Load Resistance> 10 kΩ
Transmission Coefficient Thermistor
(20 kΩ / 200 kΩ Range)
500 mV/kΩ / 50 mV/kΩ ± 5%
Transmission Coefficient
IC-Sensors
50 mV/°C ± 5%
General Data
Safety FeaturesTEC Current Limit, Short Circuit When TEC Off, No Sensor Protection, Open Circuit Detection, Over Temperature Protection
DisplayLED, 5 Digits
Connector for Sensor, TE Cooler, TEC On Signal15-Pin D-Sub Jack
Connectors for Control Input / OutputBNC
Chassis Ground Connector4 mm Banana Jack
Line Voltage100 V, 115 V, 230 V
+15%/-10% Each
Line Frequency50 to 60 Hz
Maximum Power Consumption60 W
Mains Supply OvervoltageCategory II (Cat II)
Operating Temperature0 to 40 °C
Storage Temperature-40 to 70 °C
Relative HumidityMax. 80% Up to 31 °C, Decreasing to 50% at 40 °C
Pollution Degree (Indoor Use Only)2
Operation Altitude< 2000 m
Warm-up Time for Rated Accuracy10 min
Weight< 3.1 kg
Dimensions (W x H x D) without Operating Elements146 mm x 66 mm x 290 mm
Dimensions (W x H x D) with Operating Elements146 mm x 77 mm x 320 mm
  • サーミスタの温度制御データは、制御対象のパラメータが温度ではなく抵抗値である為、 Ωで表示されています。
  • Ω から °Cへの変換が非線形であるので、°C の値の安定性は動作条件とサーミスタ特性に依存します(例:典型的なサーミスタにおいて設定値が10 kΩ (25 °C)である場合、0.5 Ω の安定性は約1mK の温度安定性に換算できます。 設定値が5 kΩ (38 °C)である場合、安定性は約2 mKです)。

全ての技術データは、23 ± 5°Cで相対湿度45 ±15%の条件下で有効

TED200C前面パネル

CalloutConnectionCalloutConnection
15-Digit LED Display8Display Indicators
2Display Units9Up/Down Display Select
3Interlock Indicators10Selected Sensor Inticators
4TEC Status Indicator11Sensor Select Key
5TEC Current On/Off Switch12Potentiometers for PID Gain Settings
6Supply Power Switch
7Potentiometer for Current Limit Setting13Display Adjustment Knob

TED200C背面パネル

CalloutConnectionCalloutConnection
1Analog Temperature Control Input "Tune In", -10 to 10 V515-pin D-sub Jack for the TEC Element and the Temperature Sensor "TE OUTPUT"
2Analog Temperature Control Output "CTL Out", -10 to 10 V6Serial Number of the Unit
3Cooling Fan7Indicator / Switch for Line Voltage (Included in Fuse Holder)
44 mm Banana Jack for Chassis Ground8Power Connector and Fuse Holder
PinConnectionPinConnection
1Status LED (+) TEC ON/OFF9Not Connected
2Not Connected10Transducer AD 590/592 (-),
LM 135/335 (+)
3Thermistor (-), Ground11Transducer AD 590/592 (+),
LM 135/335 (+)
4Thermistor (+)
5TEC (+)12Not Connected
6TEC (+)13TEC (-)
7TEC (+)14TEC (-)
8AGND LM 135/335 (-),
Status LED (-)
15TEC (-)

温度センサおよびコントローラa

D-type Female

  • このピン配列は、TED200Cの背面にある15ピンコネクタにのみ対応するもので、TED200Cに付属する(および下記掲載の)ケーブルCAB420-15には対応しておりません。CAB420-15のピン配列は下記をご参照ください。
 

アナログ温度制御入力

BNC Female

-10 ... 10 V

アナログ温度制御出力

BNC Female

-10 ... 10 V

筐体のアース

4 mm Banana Jack

TED200CPart
xBenchtop Temperature Controller, ±2A/12 W (TED200C)
xCable for Temperature Controller with 15-pin D-Sub Connector (CAB420-15)
xOperating Manual TED200
xPower Cord

PIDの基礎

PID回路は制御ループフィードバックコントローラとしてよく用いられており、さまざまなサーボ回路として広く使われています。 PIDとは、それぞれ比例(Proportional)、積分(Integral)、微分(Derivative)の頭文字で、PID回路の3つの制御設定を表しています。 サーボ回路の役割は、システムを長時間所定値(目標値)に保持することです。 PID回路は、出力を目標値に保持するため、主に目標値と出力値の差をエラー信号として発生させることにより、システムをアクティブ制御しています。 3つの制御は、時間依存型エラー信号に関連しています; 端的に言うと、次のように考えることができます。 比例は出力値のエラー、積分は過去の累積エラー、微分はエラーの予測によっています。 各制御の結果は、その後回路の電流を調整する加重和にフィードされます(u(t))。 この出力は制御デバイスへ送られ、その値は回路へとフィードバックされ、回路の出力を目標値に到達させ保持するようアクティブ安定化の処理が行われます。 以下のブロック図は、PID回路の動作を簡略化したものです。 システム要求や要件によって、サーボ回路に1つもしくは複数の制御を使用することができます(例: P、I、PI、PD、PID)。

PID Diagram

PID回路の適正な制御設定によって、最小限のオーバーシュート(目標値超過)とリンギング(目標値振動)で、素早い応答速度を実現できます。 ここで半導体レーザの温度安定化に用いられる温度サーボを例にとってみましょう。 PID回路は、最終的には熱電冷却素子(TEC)への電流を自動制御します(多くの場合FET回路上のゲート電圧の制御を通して行われます)。 この例では、電流は操作変数(MV)とします。 サーミスタは半導体レーザの温度モニタとして用いられ、サーミスタにかかる電圧を処理変数(PV)とします。 目標値(SP)の電圧は指定の温度に対応して設定します。 エラー信号e(t)は、SPとPVの差分を表します。 PIDコントローラはエラー信号を発生し、目標値に到達するようMVを変更させます。 例えばもし、e(t)の状態が半導体レーザの過熱を示せば、回路はTECを通してさらに電流を流すよう促します(比例制御) 。 比例制御はe(t)に比例するので、半導体レーザを十分な速度で冷却できないかもしれません。 その場合、累積エラーから判断し、目標値へ到達させようと出力を調整し、回路はTECを介してさらに電流量を増加させます(積分制御)。 SPに到達すると[e(t)が0に近づくと]、回路はSPに達するのを見越してTECを通して電流を減少させます(微分制御)。

PID回路は適切な制御を保証するものではないことにご注意ください。 不適切なPID制御の設定は、回路を著しく振動させたり、制御の不安定を引き起こす可能性があります。 正しい動作は、PIDの適正な調整によって得られます。

PID理論

PID制御回路u(t)の出力を得る方程式は以下となります;

Equation 1

Kp= 比例利得
Ki = 積分利得
Kd =微分利得
e(t)=SP-PV(t)

ここから制御ユニットは数学的定義によって定義づけることができ、個々の制御についてもう少し詳しく考察することができます。 比例制御は、エラー信号に比例します。これは、回路が発生させたエラー信号に対する直接的な応答です:

Equation 2

より大きな比例利得は、より大きな変化をエラーへの応答にもたらし、コントローラがシステムの変化に応答できる速度に影響を与えます。 比例利得の値が高いと回路の応答を素早く行えますが、あまりに高い場合は、SP値に対して振動を引き起こしてしまいます。 値が低すぎる場合は、回路はシステム変更への応答性が悪くなります。

積分制御は、比例利得よりさらに1段階ステップが進み、エラー信号の大きさだけでなく、エラーの期間にも比例しています。

Equation 3

積分制御は、比例制御のみによる定常誤差を除去するとともに、回路の応答速度向上に非常に高い効果をもたらします。 積分制御は、未修正の過去のエラーを合計し、エラーにKiを乗算することで、積分応答を出します。 従ってわずかな継続エラーに対しても、大規模な集積積分応答を実現することが可能です。 しかしながら、積分制御の高速応答に起因して、高い利得値による目標値の著しい超過が生じ、振動と不安定性を引き起こします。 低すぎる場合、回路のシステム変更への応答速度が著しく低下します。

微分制御は、比例制御および積分制御から予測される目標値超過とリンギングを低減させます。 回路が時間の経過とともにどう変化しているか(エラー信号の微分から判断)素早く決定し、Kdを乗算することで微分応答を出します。

Equation 4

比例や積分制御と異なり、微分制御は回路の応答を減速させます。 そのため、積分制御や比例制御によって引き起こされた振動を抑制したり、超過を部分的に補うことができます。 高い利得値は回路の応答性にかなりの減速を生じさせ、ノイズや高周波振動が発生しやすくなります(回路が迅速に応答するには低速すぎるため)。 低すぎると、回路はSP値を超過する傾向にあります。しかしながら、SP値を著しく超過するケースは避けなければならず、そのためより高い微分利得(より低い比例利得とともに)が用いられます。 下記の図は、個々のパラメータの利得の増加による影響を示しています。

Parameter IncreasedRise TimeOvershootSettling TimeSteady-State ErrorStability
KpDecreaseIncreaseSmall ChangeDecreaseDegrade
KiDecreaseIncreaseIncreaseDecrease SignificantlyDegrade
KdMinor DecreaseMinor DecreaseMinor DecreaseNo EffectImprove (for small Kd)

チューニング

通常、適切なサーボ制御を得るために、P、I、Dの利得値は個々で調整する必要があります。 どのシステムに対してもどの値にするべき、といった決まった一連のルールがあるわけではありませんが、基本手順に沿ったチューニングは各々のシステムや環境に合わせるのに役立ちます。 概して、PID回路はSP値の超過をわずかに起こし、その後SP値に到達させるため素早く減衰するようにします。

手動による利得設定のチューニングは、PID制御設定において最もシンプルな方法です。 しかしながらこの手順はアクティブで行われ(PIDコントローラがオンとなり、システムに正しく接続されている)、完全に設定するには多少の経験を要します。 PIDコントローラを手動で調整するには、まず始めに積分および微分利得を0に設定します。 出力に振動が現れるまで、比例利得を上げてください。 比例利得はこの値の約半分の値に設定します。 比例ゲイン利得設定後は、任意のオフセットがシステムに合わせた適切なタイムスケールに修正されるまで積分利得を上げてください。 上げすぎた場合は、SP値の著しい超過と回路の不安定性が引き起こされます。 積分利得が設定されたら、次に微分利得を上げてください。 微分利得はオーバーシュートを軽減し、システムを迅速にSP値へ収束させます。 微分利得を上げすぎると、大幅な超過が生じます(回路の応答が低速すぎるため)。利得設定を試行することにより、システムが変化へ素早く応答し、SP値の振動を効率よく減衰させるといった、PID回路の性能を最大限にすることができます。

Control TypeKpKiKd
P0.50 Ku--
PI0.45 Ku1.2 Kp/Pu-
PID0.60 Ku2 Kp/PuKpPu/8

手動によるチューニングは非常に効果的なPID回路の設定方法ですが、ある程度の経験とPID回路および応答についての理解を必要とします。 PIDチューニングのためのZiegler-Nicholsメソッドは、もう少し体系的な手引きとなっています。 再び、積分利得と微分利得をゼロ値にセットしてください。 比例利得を回路が振動するまで上げます。 この利得をレベルKuと呼びます。 振動はPuの期間です。 個々の制御回路の各利得は右の表に示しています。


Posted Comments:
Petar Bojovic  (posted 2020-09-24 10:33:14.037)
Dear Thorlabs, we are happily using many of your temperature and current controllers and I am writing you with the suggestion how to slightly improve them. In our case, the big tuning knobs can be quite annoying because they turn too easily. For example, when we are touching some electronics above the optical table even the lightest touch with the sleeve would turn the knob and change the current or the set temperature of the laser - often resulting in an unlocked laser. Or when we are tuning the D parameter on temperature controller we always unintentionally change the set temperature (because the knobs are so close). We've solved the problem by gluing the plastic tube around the knobs, but there are plenty of elegant and smart solutions. I hope you will consider fixing this "knob problem" in your future designs. :) Thank you and best regards, Petar Bojovic
MKiess  (posted 2020-09-25 07:32:46.0)
Dear Petar, thank you very much for this feedback. We are always looking forward to your suggestions to improve our products and make them better. Such feedback helps us significantly to realize this. Thanks a lot for your feedback.
jhenhan99  (posted 2018-09-12 15:54:24.577)
Dear supporter, I'm hoping to use the I share of PID control to stabilize the temperature, but I found that even the lowest level of I share is too much for my laser. Is there any way to get I values below the minimum?
wskopalik  (posted 2018-09-18 03:06:40.0)
This is a response from Wolfgang at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry! Unfortunately, it isn't possible to decrease the I share even further on the TED200C if the potentiometer is already in the lowest position. You could only switch the I share off completely. Usually it is best to use the P, I and D share together to stabilize the temperature to a constant level. There are instructions in the manual how to find the best settings for a particular setup and I will contact you directly to provide further assistance.
cihadgltkn  (posted 2018-01-29 08:58:59.897)
Dear supporter, your product TED200C show that "no sensor" could you please share some way to solve the problem? best regards Cihad
wskopalik  (posted 2018-01-29 10:09:03.0)
This is a response from Wolfgang at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry! The "NO SENSOR" LED indicates that either no temperature sensor or an incompatible temperature sensor is connected. The TED200C supports thermistors between 10 Ohm - 200kOhm and IC sensors of type AD590, AD592, LM335. I will contact you directly so we can discuss the issue in more detail.
francois.mondain  (posted 2018-01-03 16:08:35.77)
Dear Sir/Madam For us it is really important to remove the integrate share of the PID loop. I read that we can do it by pressing the key f25. In this way, is it physically removed, or just "software" removed? Is there any jumper, wire, that we can disconnect to be sure that there is no integrated share anymore?
wskopalik  (posted 2018-01-08 08:11:51.0)
This is a response from Wolfgang at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry! The procedure described in the manual (i.e. pressing the button "F25" for more than 1 second) is the only way to disable the integral I share of the PID loop completely. This function disables the circuitry responsible for the I share on the control board, so it is not a software function. In comparison turning the I share potentiometer ("F23") to the lowest position would still leave the I share enabled at a low level. I will contact you directly with more detailed information.
nzhang  (posted 2016-08-03 19:34:00.673)
Dear Sir/Madam, I'm interested in your product TED200C. Could you tell me whether this product can be applied to a process control, instead of temperature control. I noticed that there are PID loop in TED200C, so can this PID loop be used in other control systems rather than temperature control. Thank you. Best regards
swick  (posted 2016-08-03 08:30:41.0)
This is a response from Sebastian at Thorlabs. Thank you very much for contacting us. I have contacted you directly to discuss your application in detail.
tbeom  (posted 2013-11-11 11:09:34.477)
we have an TED 200C. It was working satisfactory for long time. Suddenly I got an "err06" on display. Please let me know what is "err06" and how to fix it here without returning it. Thanks. Taebong.
jlow  (posted 2013-11-11 10:52:36.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The err06 means that the firmware needs to be updated. We will have to take the unit back to have the firmware updated. We will contact you on sending this back for the firmware update.
labonte  (posted 2013-09-24 10:14:24.367)
I am using TED200C with a transducer AD590 and a heater. I'm interested by exporting both the temperature Tact and the currnt Itec. I used the "CTL output" to control the Tact. Is it possible to export the current (i.e Itec) from the temperature controller to the heater which is displayed at the front panel ? Many thanks. Laurent
tschalk  (posted 2013-09-24 12:04:00.0)
This is a response from Thomas at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry. Unfortunately there is no possibility to export the actual current value. Therefore you could use a TED4000-Series Controller which is equipped with an USB port. I will contact you directly with more detailed information.
tschalk  (posted 2012-12-10 11:49:00.0)
This is a response from Thomas at Thorlabs. Thank you very much for your inquiry. The LM14S2 does not contain any temperature sensor or TEC element. Those are normally integrated in the butterfly package. The temperature sensitivity of the integrated temperature sensor should be specified in the data sheet of the laser diode. I will contact you directly for more detailed information. Best Regards, Thomas
bslalit  (posted 2012-12-10 01:17:53.377)
I am using LM14S2 mount(for NEL laser diode NLK1S5GAAA) with TED200C controller. I am not able to select AD590 sensor as mentioned by apalmentieri below. Can you please send me resistance vs temperature curve for LM14S2.
jlow  (posted 2012-07-31 14:59:00.0)
A response from Jeremy at Thorlabs: The rate of heating/cooling can be found from the spec sheet for the TEC that is being used. For the TEC3-2.5, you can find the performance curve at http://www.thorlabs.com/Thorcat/4800/TEC3-2.5-SpecSheet.pdf, on page 2. The heat transfer rate would not be constant at constant current because of the temperature change.
jvigroux  (posted 2012-07-30 06:08:00.0)
A response from Julien at Thorlabs: ERR06 is an internal error message that indicates that the EEPROM within the TED200C could not be accessed. This type of error usually occurs when a hardware component is damaged. I would thus recommend returning the device for inspection. I will contact you directly to see how we could solve this problem as fast as possible.
yinon  (posted 2012-07-30 10:27:47.0)
we have an TED 200C temperature controler,working satisfactory for long time. Suddenly we received an "err06" on display. After few days not working it recovered and look ordinary. Pls. advise what is "err06". Thanks and rgds Yinon Barak
silviutpopescu  (posted 2012-07-25 03:55:24.0)
Hi, How can I find the rate of heating, temperature(time), at constant current (for example if I have current limit of 1A) . I'm using a TEC3-2.5 Peltier heater and a 20k Thermistor as a sensor. Is the rate of heating constant at constant current ?
jjurado  (posted 2011-02-03 17:00:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to karl-alexandre.jahjah: Thank you very much for submitting your inquiry. Err.06 indicates that there is a problem in the EEPROM of the unit, which can caused by many different factors. In order to fix this, we need to upgrade the firmware of the controller. We will add this information to the TED200C manual. I will also contact you directly to set up the return authorization.
karl-alexandre.jahjah.1  (posted 2011-02-03 14:56:06.0)
Hi, I have been using the TED200C for over a year without any problems. Today, the TED200C displayed err.06. Nothing is said about this error code in the manual. What is going on? Please reply fast, thanks in advance!
julien  (posted 2010-04-23 17:57:22.0)
a response form Julien at Thorlabs: The voltage compliance listed in the specs (6V) corresponds to an absolute voltage compliance. There is indeed a small variation of the compliance with the load but it is far from being sufficient to multiply the compliance by 6. This applies to both the TED200C and the TD350. I will contact you directly to see if another solution can be found to obtain the result you need.
jean-michel.melkonian  (posted 2010-04-23 09:31:02.0)
Hi, What is the maximum compliance voltage of this controller for the TEC element, independently of the maximum power? In other words, is it possible to drive 6 TEC in series at 4*6=24V with 0.5A? I have the same question for the discontinued TD350 (40W). Thank you.
apalmentieri  (posted 2010-01-11 09:06:03.0)
A response from Adam at Thorlabs to tswang: The sensors that are selectable depend on the mounts your are using to hold the photodiode. If you are using our TCLDM9, LDM21, or LM14S2 mounts then the AD590 sensor should be selectable. If you are not using these mounts, it may not be selectable. If you are using our TCLDM9, LDM21, or LM14S2 mounts, then the resistance, R(0), is 10KOhms +/- 3% and the temperature, T(0), is 298K. The Energy Constant, Bval, is 3977K +/- .75%. The TCLDM9 manual contains a temperature vs. Resistance curve, which can be found on page 10. I will send you a copy of the curve via email.
tswang  (posted 2010-01-09 23:48:04.0)
hi Thorlabs, A new TED200C just arrived at our FOL lab in CREOL of UCF. 1)I can not select the thermal sensor of "AD590" by pressing F25 key. Do I must pay extra money for the AD590 temperature sensor? 2)The formula describing the dependence of resistance on temperature is given in the operation manual. I need some of parameters, such as R_0(Thermistor nominal resistance at termperaure T_0) and B_val(Energy constant) to derive the temperature value reversely. Unfortunately, there is no the data sheet of the thermistor available. Please send me on copy. Thanks!(My name is Tian^_^)
leichner  (posted 2009-10-20 17:07:23.0)
A response from Lou at Thorlabs to pmorton: Our typical TEC controllers sense only the resistance (and its change) which is typically good enough for laser diode stabilization. These models do not have a uController to control the operation. Our higher end models have the ability to convert the thermistor values to degree. Our TED8xxx models can do (you can enter individual NTC parameters), ITC8xxx models as well, and the new TED4015 can do the same. All other models w/o a CPU (TED350, TED200) cannot.
pmorton  (posted 2009-10-19 11:46:30.0)
Why do your two temperature controllers (12W and 40W) not provide a temperature readout when using a thermistor sensor? Without that they are not very useful - I want to control and readout temperature not resistance. I would purchase one of the units if they did so! Paul
Laurie  (posted 2008-05-19 09:41:22.0)
Response from Laurie at Thorlabs to Danny: Thank you for your feedback. When using the TED200C with thermistor sensor, the TED200C (by design) will indicate resitance as opposed to temperature. Correlated temperature can be calculated manually using the equation found in section 3.1.3.1 of the manual. Please note that in general, thermistor-specific data (such as R0, beta, or Steinhart-hart coefficients) cannot be recognized electronically. If you should have further questions, please do not hesitate to contact our technical support staff by dialing 973-300-3000 and asking to speak to an applications engineer.
danny.shushan  (posted 2008-05-18 06:05:12.0)
How does the TED200C, refer to different values of the thermistor beta ? ,how does the TED200C regocnize the spesific beta of my thermistor? I intend to set a working temperature of my TEC to +70 deg C, can the TED200C do this with my thermistor 10kOhm: "FH10-6Q103FC, beta(k)(25/50 deg C) = 3410"

半導体レーザ用温度コントローラ、12 W

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
TED200C Support Documentation
TED200Cベンチトップ型TECコントローラ、±2A、12W
¥138,987
Today

温度コントローラ用ケーブルCAB420-15

左および中央の表は、当社の半導体レーザ用温度コントローラおよびマウントの製品シリーズで一般に使用されているピン配列を示しています。右の表は、ケーブルCAB420-15の15ピンおよび9ピンの物理的なピン接続を示しています。

CAB420-15 15 Pin Diagram
1Status LED (+) (for TEC On/Off Indication)a
2TEC Voltage Measurementb
3Thermistor (-), Ground
4Thermistor (+)
5TEC (+)
6TEC (+)
7TEC (+)
8LM 135/335 (-), Grounda
9TEC Voltage Measurementb
10Transducer AD 590/592 (-), LM 135/335 (+)
11Transducer AD 590/592 (+), LM 135/335 (+)
12No Connection
13TEC (-), Status LED (-)
14TEC (-), Status LED (-)
15TEC (-), Status LED (-)
  • TTC001: 接続無し
  • TED200CシリーズおよびTTC001: 接続無し
CAB420-15 9 Pin Diagram
1Status LED (+) (for TEC On/Off Indication)a
2Thermistor (+)
3Thermistor (-), Ground
4TEC (+)
5TEC (-), Status LED (-)
6No Connection
7Transducer AD 590/592 (-), LM 135/335 (+)
8LM 135/335 (-), Grounda
9Transducer AD 590/592 (+), LM 135/335 (+)
  • TTC001: 接続無し
Pin Connections
15-Pin Side9-Pin Side
11
24
33
42
54
64
7No Connection
88
95
107
119
12No Connection
135
145
15No Connection
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CAB420-15 Support Documentation
CAB420-15温度コントローラ用ケーブル、Dサブ15ピンコネクタ、1.5 m
¥10,340
Today

Recalibration Service for the TED200C Temperature Controller

Thorlabs offers a recalibration service for the TED200C Benchtop Temperature Controller. To ensure accurate measurements, we recommend recalibrating the devices every 24 months. Please enter the Part # and Serial # of the temperature controller that requires recalibration prior to selecting Add to Cart.

Please Note: To ensure your item being returned for calibration is routed appropriately once it arrives at our facility, please do not ship it prior to being provided an RMA Number and return instructions by a member of our team.
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
CAL-TED2 Support Documentation
CAL-TED2Recalibration Service for the TED200C Benchtop Temperature Controller
Part Number:  Serial Number:
CALL
Lead Time