量子技術


  • Photonics Equipment for Quantum Technologies
  • Next-Day Availability

SPDC810

Correlated Photon-Pair Source

DNVB14

Single-Crystal Diamond with
Nitrogen-Vacancy Centers

SPDMA

Single Photon Detection Module with Adjustable Gain

VC2H2S

UHV Compatible Fiber Feedthrough for Ø2.75" CF Flange

P3-980PMP-1

High-ER PM Patch Cable, 980 nm, FC/APC

Related Items


Please Wait

量子技術に関連する機器

当社では、量子技術やそのアプリケーションに関連する以下のようなフォトニクス機器をご提供しています。

  • 単一光子実験用の光源およびディテクタ
  • 窒素-空孔中心を有する単結晶ダイヤモンド
  • 優れたコモンモード除去比を有する差分ディテクタ
  • 精密でアライメントの長期安定性に優れたPolaris®マウント
  • 偏波保持(PM)パッチケーブル
  • 回折限界性能を有するファイバ結合システムおよびファイバーコリメーターパッケージ
  • ファイバ偏光コントローラ
  • 高真空用ビューポートおよびウィンドウ
  • 超高真空用ファイバーフィードスルー
  • 量子力学的な原理を学習する実験キット

現在の技術界は量子革命の真っ只中にあります。通信、コンピュータ、イメージング、センシング、シミュレーションなどの分野では、不確定性原理、重ね合わせ、エンタングルメントといった直感に反する量子力学的概念を活用した技術が急速に発展し、新しい科学的発見や世界を変革する技術が実現されています。 量子技術の進歩が続く中、当社ではフォトニクスをベースにした量子実験に必要なコンポーネントをご提供しています。カスタマイズに関してご質問等がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

量子実験に適した製品については下表をご覧ください。写真をクリックすると詳しい説明をご覧いただけます。「Publicaitons」タブでは、当社の製品が用いられた量子技術やそれに関連する研究の出版物のリストを掲載しています。

SPDC Electrical and Fiber Connections
Click to Enlarge

シグナル光とアイドラ光の出力用にパッチケーブルP1-780PM-FC-1(付属しています)が接続された光子対光源
SPDC810 Typical Coincidence Histogram
Click to Enlarge

シグナル光子とアイドラ光子間の2次相関関数 [g(2)(τ)]の測定。τ = 0におけるピークにより、光子対の生成が確認できます。

単一光子源

  • 伝令付き単一光子源[g(2)(τ = 0) < 0.1]
  • 自発的パラメトリック下方変換(SPDC)光源(コリニア、タイプII)
  • 810 nmの光子対を生成
  • 405 nmの励起用半導体レーザ内蔵
  • 高効率の伝令比率(Heralding Ratio) > 0.45
  • 光子対生成率 > 450 kHz
  • 放出される光子の波長安定性:±2.5 nm
  • 室温動作

当社の相関光子対光源は、自発的パラメトリック下方変換(SPDC)技術を用いて、エネルギー・時間のもつれた810 nmの光子対を生成します。405 nmの励起レーザが内蔵されたこちらの光源では、光子対生成率 > 450 k、伝令比率(Heralding Ratio) > 0.45が得られます。またこの光源は、2次相関関数の遅延時間ゼロにおける値[g(2) (τ = 0)] として< 0.1が得られるため、量子光学分野の用途に適した高輝度の伝令付き単一光子源としても使用できます。

Housing Features
Click to Enlarge

モジュールSPDMAの利得を最大および最小にしたときのフォトン検出効率(PDE)と、モジュールSPDMHxおよびSPCMxxA(/M)のフォトン検出効率(PDE)の波長依存性を表示しています。動作波長範囲は、SPDMA:350 nm~1100 nm、SPDMHx:400 nm~1000 nm、SPCMxxA(/M):350 nm~900 nmです。

シングルフォトンディテクタ(単一光子検出器)

  • シングルフォトンの検出用または計数用のモジュール
  • 低いダークカウント
  • 4種類の受光面サイズ:Ø20 µm、Ø50 µm、Ø100 µm、Ø500 µm
  • アクティブクエンチング機能および温度安定化機能

当社ではシングルフォトン用の検出モジュールとカウンターモジュールとして、フォトン検出効率(PDE)、ディテクタのサイズ、利得(固定/可変)、波長範囲などの異なる様々な製品をご用意しております。シングルフォトン検出モジュール(SPDMA)の波長域は350~1100 nmで、利得は連続的に調整できます。SMA端子からのTTL出力はオシロスコープや外部カウンタでモニタできます。一方、利得固定型のシングルフォトン検出モジュールSPDMHxの波長域は400~1000 nmですが、右のグラフに示すように近赤外域においてより高いフォトン検出効率(PDE)を有し、また最大ダークカウントレートも低くなっています。TTL出力パルスはLEMOコネクタからモニタできます。シングルフォトンカウンターモジュールSPCMxxA/Mには31ビットのフォトンカウンタが内蔵されており、ディテクタの制御と出力読み取り用のソフトウェアパッケージが付属しています。波長範囲は350~900 nmです。

SPDMA
ディテクタSPDMAの受光面はØ500 μmと大きく、利得の調整が可能です。また、フォトン検出効率(PDE)は近赤外域まで伸びています。
SPDMH3
ディテクタSPDMH3の受光面の大きさはØ100 μmで、自由空間光の検出用として使用可能です。固定利得型でダークカウントレートが低いのが特徴です。
SPDMH2F
ディテクタSPDMH2Fには、受光面との間のアライメントが調整された入力用FC/PCコネクタが付いています。
SPCM50A
カウンターモジュールSPCM50A/Mの受光面の大きさはØ50 μmで、31ビットのフォトンカウンタが内蔵されています。またソフトウェアが付属します。
Nitrogen-Vacancy Centers
Click for Details

NV中心は、炭素格子における窒素とそれに隣接する空孔がペアになった欠陥です。
NV Diamond
NV中心を有するダイヤモンドDNVB14
Typical Quantum Properties
Item #DNVB1DNVB14
NV Center Density300 ppb4.5 ppm
Spin Coherence Time T2* a1 µs0.5 µs
Spin Coherence Time T2 b200 µs10 µs
  • 不均一な縦方向のスピンコヒーレンス時間
  • スピンエコー法(ハーンエコー)のスピンコヒーレンス時間

窒素-空孔中心(NV中心)を有するダイヤモンド

  • 化学気相成長法(CVD)により生成された量子グレードの
    単結晶ダイヤモンド
  • NV中心の濃度は2種類ご用意
    • DNVB1: 300 ppb
    • DNVB14: 4.5 ppm
  • 寸法(L x W x H): 3.0 mm x 3.0 mm x 0.5 mm(典型値)

こちらの量子グレードダイヤモンドは、Element Six社が特許取得済みプロセスによって製造し、量子研究の発展のために当社から提供されている製品です。窒素-空孔中心(NV中心)の濃度は300 ppbと4.5 ppmでご用意しております。これにより、読み出しや書き込みが可能なスピン量子ビットを伴ったNV中心が作られます。 このスピン量子ビットは室温でも長寿命であり、 ダイヤモンドの構造や強い共有結合に起因する利点も有しています。ダイヤモンドのNVスピン中心の濃度、均一な分布、スピン特性、コンパクトな形状因子により、こちらのダイヤモンドは、AC磁場センシング、RF検出、ジャイロスコープ、メーザ、量子技術のデモンストレーションや研究用途に適しています。

SPDMA Housing Features
PDB210Aは自由空間光の検出用に設計された、大きな受光面(Ø5 mm)のSiディテクタです。2つのディテクタは50.8 mm(2インチ)離れているので、ビームのアライメントも容易です。
Housing Features
PDB450Cは取り外し可能なアダプタを介して、FC/PCまたはFC/APCコネクタ付きファイバからの入力が可能です。出力信号はメス型SMA端子から出力されます。

差分ディテクタ

  • ファイバ出射光または自由空間光の入力を選択可能
  • ディテクタ:SiまたはInGaAs
  • 最大帯域幅2.5 GHzまでのモデルをご用意
  • 波長範囲:320 nm~1700 nm
  • コモンモード除去比:> 35 dB(製品により異なります)

当社の差分フォトディテクタは、2つの光入力信号の差分をとることにより、コモンモード雑音を除去します。これにより、信号経路上の微弱な変化をノイズの中から取り出すことができます。各ディテクタにはよく整合された2つのSiまたはInGaAsの検出器と、超低ノイズのトランスインピーダンス増幅器が用いられています。ファイバ入力型の高速モニタ出力付き差分ディテクタには、FC/PCまたはFC/APCコネクタ用のアダプタが付いています。アダプタの取り外しが可能なタイプもあり、その場合は自由空間光の入力も可能です。また自由空間光用の差分ディテクタもご用意しており、その中には受光面の直径が5 mmの大きなディテクタもございます。

アバランシェフォトダイオードを使ったオートバランスディテクタは、低入力パワーの用途に適しています。このファイバ入力型ディテクタは1300 nmの波長に最適化されており、オートバランス検出モードでは、カットオフ周波数(調整可能)よりも低い周波数で変化する2つの光入力信号の光パワーの差を自動的に補償します。

Polaris® Optic Mount Selection Guide
Optic Retention Method
(Click Image
to Enlarge)
Mount TypeOptic Sizes Available

Side Lock
KinematicØ1/2", Ø19 mm, Ø25 mm, Ø1", Ø1.5", Ø50 mm, Ø2", Ø3"
FixedØ1/2", Ø1", Ø2"

SM Threaded
KinematicØ1/2", Ø1", Ø2"

Low Distortion
KinematicØ1/2", Ø19 mm, Ø25 mm, Ø1", Ø1.5", Ø50 mm, Ø2", Ø4", Ø6"

Glue In
KinematicØ1/2", Ø19 mm, Ø1"
FixedØ1/2", Ø1", Ø2"

Platform Mount
KinematicPlatform Size: 1.80" x 1.80"
(45.7 mm x 45.7 mm)

Polaris®ミラーマウント

  • ビームポインティングの長期安定性を目指した設計
  • 温度によるヒステリシスの最小化
  • クリーンルームおよび真空への対応
  • 対応する光学素子のサイズ:Ø12.7 mm(Ø1/2インチ)~Ø152.4 mm(Ø6インチ)
  • 4種類の光学素子保持方法と6種類のアジャスタをご用意

Polaris®シリーズは、アライメントの長期安定性を要求される量子実験用にお勧めの製品です。PolarisマウントはØ12.7 mm(Ø1/2インチ)~Ø152.4 mm(Ø6インチ)の大きさの光学素子に対応します。固定式とキネマティック式があり、また光学素子の保持方法も様々な方式からお選びいただけます。右のSelection Guideの表をご覧ください。さらに、全てのPolarisマウントと関連するアクセサリは、クリーンルームおよび真空に対応しています。

サイドホールドタイプのPolarisマウントの光学素子保持方法には2つのタイプがあります。一つはモノリシック構造のフレクシャーアームが付いた光学素子取付け穴を使うタイプで、これは特許取得済みの方式です。もう一つはフレクシャーバネと止めネジ(セットスクリュ)を組み合わせた方式です。これらの方式では光学歪みを最小限に抑えながら、高い保持力と優れたビームポインティングの安定性が得られます。マウント背面のアジャスタに水平方向からアクセスできないような限られたスペースに配置しなければならない場合には、上部調整機構(アジャスタ)付きのタイプをご利用いただけます。

SMネジ付きマウントの光学素子取付け穴にはSM05、SM1、またはSM2の内ネジが付いており、それらに対応する光学素子を取り付けることができます。

Polaris低歪みキネマティックミラーマウントは、特許取得済みの3点接触プレートを採用しており、光学素子表面の歪みを低く抑えながら、ビームポインティングの安定性を長期的に保つことができます。光学素子と固定リングの間にあるウェーブワッシャは、光学素子の曲げモーメントを排除し、大きな温度変化があっても光学素子に加わる力を一定に保ちます。

接着タイプのミラーマウントにはキネマティック式固定式光学接着剤を用いて光学素子を恒久的に固定する取付けセルがあるのが特徴です。この取付け方法では、従来の止めネジ(セットスクリュ)やフレクシャ機構による取り付け方に比べて光学表面の歪みが非常に小さくなります。

Polarisキネマティックプラットフォームマウントの取付け面は平坦で、オプトメカニクス部品取り付け用にM4タップ穴が9個、M4貫通穴が1個あります。その貫通穴と2個のタップ穴の両側にはアライメントピン用の穴が付いており、位置決めピンを使用して部品を精密に配置することができます。

アクティブなモニタとアライメントの長期安定性が求められる用途には、それに適したピエゾアジャスタ付きのキネマティックマウントがございます。ピエゾアクチュエータの駆動には、当社のベンチトップ型またはKinesis® K-Cube™のピエゾコントローラをお勧めいたします。

カスタム仕様のマウントをご要望の際には当社までお問い合わせください。

Polaris Mount Adjuster Types (Click Image for Details)
Side HoleHexAdjuster KnobsAdjuster
Lock Nuts
Piezo AdjustersVertical-Drive Adjusters
PM Patch Cable Cross Section
Click to Enlarge

当社のPMファイバーパッチケーブルに取り付けられたコネクタキーは、ファイバのスロー軸にアライメントされています。
P3-780PMY-2 Fiber PM Patch Cable
Click to Enlarge

PMパッチケーブルP3-780PMY-2のアライメント波長は780 nm、消光比は22 dB(典型値)です。

偏波保持(PM)ファイバ

  • 対応波長:近紫外(NUV)~近赤外(NIR)域
  • FC/PC、FC/APC、FC/PC-FC/APC変換パッチケーブルをご用意
  • 高消光比(33 dB、典型値)のPMパッチケーブル
  • システム伝送を向上させるARコーティング付きパッチケーブル

FC/PCFC/APCの他に、FC/PC-FC/APCのハイブリッドタイプなど、さまざまなコネクタを取付けた偏波保持(PM)シングルモードファイバーパッチケーブルをご用意しています。標準品としては、設計波長375 nm~2000 nmのパッチケーブルがございます。高ER偏波保持ファイバーパッチケーブルは、当社の標準的な偏波保持ファイバーパッチケーブルに比べて消光比が高く、挿入損失が小さいという特長があります。またARコーティング付き偏波保持ファイバーパッチケーブルもご用意しており、これを用いるとファイバから光を自由空間に出射したり、ファイバに自由空間光を結合したりするときの反射を低減することができます。

TC25FC-1064
Click to Enlarge

TC25FC-1064の特性は、波長を調整したときの焦点距離25.23 mm、NA 0.25、アライメント波長1060 nmです。
Triplet Lens Collimator Cross Section
Click to Enlarge

当社のトリプレットレンズコリメータではエアスペース型設計を採用しており、そのため非球面レンズコリメータと比べてビーム品質に優れ、波面誤差も小さいという特長があります。

ファイバーコリメータ

  • ガウシアンビームに近い出射光が得られるトリプレットまたはクアドラプレットのレンズ構成
  • 回折限界の波面誤差: 典型値λ/8(PV値)
  • ファイバから自由空間へのコリメート光の出射または自由空間からファイバへの光結合

トリプレットレンズのファイバーコリメータ/カプラ

  • 3枚レンズ構成のエアスペース型設計
  • 焦点距離:約6 mm、12 mm、18 mm、25 mm
  • アライメント波長:405 nm~2 μm
  • FC/PCおよびFC/APCレセプタクル

当社のトリプレットファイバーコリメータは、非球面レンズコリメータよりも優れたビーム品質が得られるエアスペース型トリプレットレンズを使用しています。収差の小さいトリプレットを用いることの利点は、M2値として1(理想的なガウシアン)に近い値が得られ、広がり角や波面エラーが小さくなることなどです。標準品のトリプレットファイバーコリメータとして、アライメント波長範囲が405 nm~2 μm、有効焦点距離(EFL)が約6 mm、12 mm、18 mm、25 mm、コネクタのタイプがFC/PCまたはFC/APCの製品をご用意しています。コリメータ内の各レンズには表面反射による光損失を最小限に抑えるよう、広帯域反射防止(AR)コーティングが施されています。これらのトリプレットコリメーターパッケージは、公差の小さなセラミック製スリーブの付いた高精度な2.2 mmワイドキーコネクタを使用しているため、ポインティングの再現性に優れ、またファイバの取り外しや交換も容易です。標準品のトリプレットコリメータの中にご希望の波長の製品が無い場合は、当社までお問い合わせください。

C40FC-C Application Idea
Click to Enlarge

スリップリングSM1RC(/M)を用いてØ12.7 mm(Ø1/2インチ)ポストに取り付けられたコリメータC40FC-C

焦点調整可能な大口径ビーム用アクロマティックファイバーコリメータ

  • 長い有効焦点距離:20 mm、40 mm、または80 mm
  • 4枚レンズ構成のエアスペース型設計
  • FC/PC、FC/APCまたはSMAコネクタ
  • 3種類のARコーティングをご用意

当社の焦点調整可能なアクロマティックファイバーコリメータの有効焦点距離(EFL)は、20 mm、40 mmまたは80 mmです。 4枚のレンズを使用したエアスペース型の設計であるため、非球面レンズを用いたコリメータと比べてビーム品質に優れ(1に近いM2)、波面誤差も小さくなっています。集光距離は、筐体中央の赤いリングを回転させて無限遠から最短の集光距離まで調整できます。そのため、自由空間光をファイバに結合する際の結合効率を容易に最適化できます。標準品として、400~650 nm、650 nm~1050 nm、1050 nm~1650 nmの3種類の波長範囲に対応するARコーティング付きのコリメーターパッケージをご用意しております。特定の波長を中心波長とするレーザーライン用のARコーティングをご希望の場合は、当社までお問い合わせください。有効焦点距離が40 mmおよび80 mmのコリメータの自由空間結合端には、それぞれSM1およびSM2の外ネジが付いており、有効焦点距離が20 mmのコリメータにはSM05内ネジとSM1外ネジが付いています。これらを用いて、コリメータの自由空間結合端にレンズチューブを取り付けることができます。

Image Rotation by Prism Angle
Click to Enlarge

ファイバ偏光コントローラFPC032では、3枚のパドルを回転させて出射光の偏光を調整できます。3枚目のパドルのファスト軸とスロー軸が表示されています。
Controller Mounting
Click to Enlarge

Ø900 µm被覆付きFC/PCパッチケーブルを取り付けたコントローラMPC220。接続されたUSBケーブルは電源供給と、Kinesisソフトウェアとの通信に使用されます。

ファイバ用偏光コントローラ(偏波コントローラ)

パドル型偏光コントローラ

  • 偏光状態(直線、円、楕円)の変換
  • Ø900 µm被覆付きファイバが使用可能
  • 2パドル型と3パドル型の手動または電動コントローラをご用意

当社では手動および電動の2パドル型および3パドル型ファイバ偏光コントローラをご用意しています。これらはファイバ内の応力によって誘起される複屈折性を利用して、出射光の偏光状態を操作します。各パドルは独立した波長板として動作し、個々のパドルを回転させることでスプール面内にあるファイバのファスト軸を変化させます。それにより、偏光状態をポアンカレ球全体にわたって調整することができます。手動型ファイバ偏光コントローラは、6種類のファイバのうちの1つが予め取り付けられているタイプと、お手持ちのØ900 µm被覆付きシングルモードファイバを取り付けられるファイバ無しのタイプがございます。電動型ファイバ偏光コントローラはファイバ無しのタイプで、操作は当社のKinesis®ソフトウェアパッケージで行うことができます。

小型ファイバ偏光コントローラ

  • ファイバースクイザを用いたファイバ可変波長板
  • コンパクトな設置面積
  • Ø250 µmファイバ素線用またはØ900 µmタイトバッファーファイバ用

当社のコンパクトなインライン型偏光コントローラは、ファイバを機械的に圧迫することによってSMファイバ内に応力誘起複屈折を発生させます。それにより、バビネソレイユ補償板に似た連続回転式可変波長板のように機能します。これらのコントローラはØ250 µmファイバ素線またはØ900 µmタイトバッファーファイバを用いるように設計されており、また両端をセットアップから外さずにデバイス内に挿入することができます。

CPC900 Polarization Controller
Click to Enlarge

コンパクトなインライン型偏光コントローラの概観
FiberBench With and Without Cover
Click to Enlarge

FiberBench偏光コントローラキットは、2つのFiberPort、2枚の回転式1/4波長板、1枚の回転式1/2波長板、および1つのダストカバーで構成されています。

 

FiberBench偏光コントローラ

  • 一意的に決定可能な偏光制御
  • 機械的、熱的に安定
  • FC/PCおよびFC/APCコネクタの両方に対応
  • 動作波長範囲:700~1050 nmまたは1100~1620 nm

当社のFiberBench偏光コントローラーキットを用いると、任意の偏光状態の入射光を任意の偏光状態の出射光に変換することができます。FiberBench製品を用いて組立てられた全ステンレススチールの構造体は、熱的および機械的な安定性に優れています。1軸FiberBenchを用いた偏光コントローラーキットは、2つのFiberPorts、2枚の回転式1/4波長板、1枚の回転式1/2波長板などで構成されており、その動作波長範囲は700~1050 nm(PC-FFB-780)または1100~1620 nm(PC-FFB-1550)です。これらのキットは、出射光の偏光状態を繰返し一意的に決定することができます。また、偏光ビームスプリッターキューブを使用して偏光の垂直成分と水平成分を分岐させる、分岐比可変偏光ビームスプリッターキットもご用意しています。これらのキットには3つのFiberPort、1つの偏光ビームスプリッタ、1枚の1/2波長板が含まれており、その動作波長範囲は700~1000 nm(PFS-FFT-1X2-780)または1200~1600 nm(PFS-FFT-1X2-1550)です。当社のすべてのFiberBench偏光コントローラーキットは、FC/PCとFC/APCのどちらのコネクタにも対応します。

これらのキットのほかにも、直線偏光基準モジュールや精密回転式直線偏光モジュールのような、独立した単体のFiberBench偏光モジュールもございます。

Polarization Maintaining PBC
Click to Enlarge

この図は、当社の3つのPMポート付き偏光ビームコンバイナ/スプリッタにおける偏光方向と、組み込まれている方解石プリズムを示しています。

光ファイバ融着型偏光コンバイナ/偏光スプリッタ

  • 直交した偏光の合波・合流または分波・分岐
  • 中心波長: 780 nm~1550 nm
  • ファイバの端末:コネクタ無し、2.0 mmナローキーのFC/PCまたはFC/APCコネクタ

当社では、中心波長780~1550 nmのファイバを融着接合し、それを用いて直交する直線偏光成分を合波・合流または分波・分岐するファイバ融着型偏光コンバイナ/スプリッタをご用意しています。偏光を2つのPMポートから1つのSMポートに結合するタイプ1つのSMポートから2つのPMポーに分岐するタイプ、および3つのPMポートを有するタイプからお選びいただけます。

Fused PBC Diagram
Click to Enlarge

コネクタ付きの光ファイバ融着型偏光コンバイナ/スプリッタの結合方向

Click to Enlarge

FiberPortが取り付けられたフランジVC22FL
(取付けネジSH2S019は別売りです)

Click to Enlarge

レンズチューブSM1L10が取り付けられたフランジVC22FL

Click to Enlarge

ケージロッドとケージプレートCP33が取り付けられたフランジVC22FL

真空用コンポーネント

  • 高真空用Ø2.75インチCFフランジビューポートおよびウィンドウ
  • 超高真空用Ø2.75インチCFフランジファイバーフィードスルー
  • Ø25.4 mm(Ø1インチ)のフラットウィンドウ、Ø38.1 mm(Ø1.5インチ)のフラットまたはウェッジ付きウィンドウから選択可能
  • 当社のオプトメカニクス部品に対応

当社では高真空対応のCF(コンフラット)ビューポート、フランジ、それらに関連する部品やハードウェアのラインナップを拡大しています。高真空(HV)システムは10-8 Torrまでの真空を保持できます。当社のØ2.75インチの高真空用CFビューポートは、金属とガラス間をシールするのにバイトンOリングを使用しており、その最高ベーキング温度は150 °C、最大加熱速度は20 °C/minです。Ø25.4 mm(Ø1インチ)ウィンドウ用のビューポートは、標準品として3種類の素材(サファイア(150 nm~4.5 μm)、CaF2 (180 nm~8.0 μm)、UVFS (185 nm~2.1 μm))からお選びいただけます。いずれもコーティングはされていません。付属のウィンドウは、当社の厚さ4.9~5.15 mmのØ25.4 mm(Ø1インチ)フラットウィンドウと交換することも可能です。Ø38.1 mm(Ø1.5インチ)のフラットウィンドウまたはØ38.1 mm(Ø1.5インチ)のウェッジ付きウィンドウのビューポートもございます。これらのビューポートとしてはUVFSウィンドウ付きの製品をご用意しておりますが、コーティング無しのタイプ、または4種類の標準的な低損失広帯域反射防止コーティングの中の1種類を両面に施したタイプからお選びいただけます。

当社のオプトメカニクスに対応するØ2.75インチの高真空用CFビューポートもございます。4つの#4-40取付け穴を用いて30 mmケージシステムを取り付けることができ、またSM内ネジを用いてレンズチューブシステムを取付けることもできます。また、 Ø25.4 mm(Ø1インチ)ウィンドウ用ビューポートには#2-56取付け穴が4つあり、これらを用いてFiberPortコリメータを直接ビューポートに取り付けることができます。


Click to Enlarge
Click for Data
超高真空用CFフランジのフィードスルーに使用されているファイバの損失特性データ(計算値)
Ultra-High Vacuum Fiber Feedthrough CF Flange Cross-Section
Click to Enlarge

超高真空用ファイバーフィードスルーCFフランジの断面図

当社ではØ2.75インチファイバーフィードスルーCFフランジもご提供しており、 これを用いると10-10 Torrまでの超高真空(UHV)システム内の光学系との光結合が可能になります。フィードスルーにはハーメチックシールされたステップインデックスマルチモードファイバがステンレススチール製シェル内に組み込まれています。挿入損失は≤2.3 dBと小さく、最大入射光パワーは1 W、最高ベーキング温度は250 °Cです。フィードスルーとして、コア径はØ100 μm、Ø200 μm、Ø400 μm、Ø600 μm、波長範囲は高OHの200~1200 nm用と低OHの400~2400 nm用のファイバをご用意しています。ファイバーフィードスルーの両端にはオス型SMA905コネクタが付いています。ファイバーパッチケーブルを接続するために、アダプタをご使用いただくことができます。 フィードスルーの真空側では、真空対応のパッチケーブルを接続するために真空対応SMA-SMAアダプタADASMAVをご使用いただけます。

Ø2.75インチCFフランジ用の銅製ガスケットや取付け用部品セットもご用意しています。

GC19100-I Vapor Reference Cell
Click to Enlarge

The GC19100-I quartz vapor reference cell contains iodine (I) vapor and has wedged UVFS windows to eliminate etalon effects.
GC25075-RB Vapor Reference Cell
Click to Enlarge

The GC25075-RB vapor reference cell contains rubidium (Rb) and is fabricated from borosilicate glass, a rugged material known to resist chipping and cracking.

Vapor Reference Cells

  • Sealed Glass Cells with Vapors of Specific Elements
  • Borosilicate Glass Reference Cells
    • Cesium (Cs)
    • Potassium (K)
    • Sodium (Na)
    • Rubidium (Rb)
  • Quartz Glass Reference Cells
    • Cesium (Cs)
    • Iodine (I)
    • Rubidium (Rb)
    • Enhanced Rubidium 87 (87Rb)
Please note: These reference cells are subject to hazardous goods regulations and must be shipped separately using specifically regulated shipping methods and may require special shipping and handling charges. Next day delivery is not available. All orders will ship from our US warehouse regardless of destination and cannot be returned. Due to hazardous materials shipping regulations, we are currently unable to ship our reference cells to Brazil, China, or Uruguay.

Thorlabs offers sealed glass reference cells that contain vapors of specific atomic elements or molecular compounds, each of which has a well-defined absorption spectrum. These cells may be used for the stabilization of laser frequencies, in quantum memory systems, and in magnetometry. They also have spectroscopic applications such as tunable diode laser calibration, the calibration of wavelength meters, and as elements in magneto-optical traps for atomic cooling. Both borosilicate and quartz reference cells are available with a range of standard fill materials. All of the cells that we offer are baked and evacuated to
10-8 Torr in order to remove contaminants prior to filling. Additionally, each cell is helium leak checked to ensure the longevity of the vapor cell. Custom reference cells can be manufactured upon request.

Our borosilicate glass reference cells are available from stock with cesium (Cs), potassium (K), sodium (Na), or rubidium (Rb) vapor. These cells are tested to ensure that the transmission through the cell exceeds 84% for light in the 350 nm to 2.2 μm range. The cells are 71.8 mm (2.83") long and have an outer diameter of 25.4 mm (1.00") with a >20.0 mm (>0.79") clear aperture.

Quartz reference cells are available from stock with cesium (Cs), iodine (I), rubidium (Rb), or enhanced rubidium 87 (87Rb) vapor. These cells feature UV fused silica windows for superior transmission in the UV spectral range. The windows, which are angled to compensate for beam offset, are designed with a 2 degree wedge so as to eliminate etalon effects. The outer diameter of the cells is 19.0 mm (0.75"). Cesium, rubidium and enhanced rubidium cells have a length of 75.0 mm (2.95"), while the iodine reference cell has a length of 100.0 mm (3.94").

Quantum Eraser Demonstration
Click for Details

Quantum Eraser実験用の光学コンポーネントとビーム経路

教育用キット

  • 教育、実習、授業用
  • 基本的な量子光学現象の模擬実験
  • 全てのハードウェアに加えて、詳細なマニュアルと教材が含まれたキット
  • 組み立て・使用方法が簡単

教育用実験キットシリーズは、多くの古典的な実験、新しい研究分野および量子技術からテーマを取り上げ、物理学、光学、フォトニクスなどの学習や研究を促進することを目的としています。いずれの教育キットにも必要なコンポーネントが全て含まれており、詳しいセットアップの手順だけでなく教育内容も盛り込まれたマニュアルが付属します。これらのキットの価格は含まれるコンポーネントの合計金額で設定されており、付属の教材は無料でご提供しています。 製品購入前あるいは購入後にかかわらず、技術的サポートが必要な場合は当社までご相談ください。

量子消しゴム(Quantum Eraser)実習キット
Quantum Eraser実習キットは、量子力学的な原理である相補性、経路情報、重ね合わせといった諸側面を現実に示します。この量子力学実験では、まず単一光子をマッハツェンダ干渉計に入射します。次に直線偏光子を用いて光子が水平・垂直のどちらの偏光状態にあるかを「マーキング」しますが、これは光子が干渉計のどちら側を通ったかを示すことになります。干渉パターン(波動性)と経路情報(粒子性)は同時に観測できないため、このように経路情報を観測すると干渉パターンは消失します。3つ目の直線偏光子を2つのビームを重ねた後に置くと、経路情報が「消去」されるため干渉パターンが復活します。本来のQuantum Eraser実験では単一光子が使われますが、キットEDU-QE1/Mでは緑色の連続発振(CW)レーザ光源を使用しているのでビームの経路が裸眼で見えます。実験結果は光の偏光の古典的特性で説明できますが、その量子力学的説明は単一光子実験のアナロジーになっています。

量子暗号疑似実習用キット
このキットでは、様々な実験を通して量子暗号および暗号化プロトコルBB84の基本事項を実習することを目指しています。これらの実験で、学生は偏光状態を利用してメッセージをバイナリにエンコードし、BB84プロトコルで暗号化する方法を学びます。なお、量子暗号疑似実習用キットEDU-QCRY1/Mでは、パルスレーザ光、つまり古典的な光を使用しています。プロトコルのシーケンスは本物の量子暗号化システムと全く同じですが、実際に完全な暗号システムとしてご使用いただけるわけではありません。

Quantum Cryptography Kit
当社の量子暗号疑似実習用キットは、量子暗号および暗号化プロトコルBB84の基本事項を例示します。

Select Publications

2022

 

Y. Bloom, I. Fields, A. Maslennikov, and G.G. Rozenman, "Quantum Cryptography—A Simplified Undergraduate Experiment and Simulation," Physics 4, 104-123 (2022)
» Products Cited: EDU-QCRY1(/M)

2021

 

P. Bevington, R. Gartman, and W. Chalupczak , "Object detection with an alkali-metal spin maser", J. Appl. Phys. 130, 214501 (2021)
» Products Cited: PDB150A

S. Lee, S.-B. Lee, S.E. Park, H.-G. Hong, M.-S. Heo, S. Seo, J. Jeong, T.Y. Kwon, and G. Moon, "Compact modulation transfer spectroscopy module for highly stable laser frequency," Opt. Lasers Eng. 146, 106698 (2021)
» Products Cited: PDA10A2, POLARIS-K05S1, POLARIS-K1-2AH

J.S. Stuart, M. Hedges, R. Ahlefeldt, and M. Sellars, "Initialization protocol for efficient quantum memories using resolved hyperfine structure," Phys. Rev. Res. 3, L032054 (2021)
» Products Cited: FPL1009S

D. Main, T.M. Hird, S. Gao, E. Oguz, D.J. Saunders, I.A. Walmsley, and P.M. Ledingham, "Preparing narrow velocity distributions for quantum memories in room-temperature alkali-metal vapors," Phys. Rev. A 103, 043105 (2021)
» Products Cited: APD120

P.C. Fariña, B. Merkel, N.H. Valencia, P. Yu, A. Ulanowski, and A. Reiserer, "Coherent Control in the Ground and Optically Excited States of an Ensemble of Erbium Dopants," Phys. Rev. Appl. 15, 064028 (2021)
» Products Cited: PDB570C, GRIN2915, SMPF0215

J. Shi, W. Sun, H. Utzat, A. Farahvash, F.Y. Gao, Z. Zhang, U. Barotov, A.P. Willard, K.A. Nelson and M.G. Bawendi, "All-optical fluorescence blinking control in quantum dots with ultrafast mid-infrared pulses," Nat. Nanotechnol. 16, 1355-1361 (2021)
» Products Cited: WP25H-K

F.M. Stürner, A. Brennis, T. Buck, J. Kassel, R. Rölver, T. Fuchs, A. Savitsky, D. Suter, J. Grimmel, S. Hengesbach, M. Förtsch, K. Nakamura, H. Sumiya, S. Onoda, J. Isoya, and F. Jelezko, "Integrated and Portable Magnetometer Based on Nitrogen-Vacancy Ensembles in Diamond," Adv. Quantum Technol. 4, 2000111 (2021)
» Products Cited: PM-S405-XP

S. Kanthak, M. Gebbe, M. Gersemann, S. Abend, E.M. Rasel, M. Krutzik, "Time-domain optics for atomic quantum matter," New J. Phys. 23, 093002 (2021)
» Products Cited: IO-5-1064-VHP, TC25FC-1064

2020

 

R.L. Patel, L.Q. Zhou, A.C. Frangeskou, G.A. Stimpson, B.G. Breeze, A. Nikitin, M.W. Dale, E.C. Nichols, W. Thornley, B.L. Green, M.E. Newton, A.M. Edmonds, M.L. Markham, D.J. Twitchen, and G.W. Morley, "Subnanotesla Magnetometry with a Fiber-Coupled Diamond Sensor", Phys. Rev. Applied 14, 044058 (2020)
» Products Cited: PDB450A, BSF10-A, FG400AEA, SM1NR05, C171TMD-B, C330TMD-B

H. Zheng, Z. Sun, G. Chatzidrosos, C. Zhang, K. Nakamura, H. Sumiya, T. Ohshima, J. Isoya, J. Wrachtrup, A. Wickenbrock, and D. Budker, "Microwave-Free Vector Magnetometry with Nitrogen-Vacancy Centers along a Single Axis in Diamond," Phys. Rev. Applied 13, 044023 (2020)
» Products Cited: PDA36A, PT3-Z8 (PT3/M-Z8), NR360S

S. Kulkarni, A. Uminska, J. Gleason, S. Barke, R. Ferguson, J. Sanjuán, P. Fulda, and G. Mueller, "Ultrastable optical components using adjustable commercial mirror mounts anchored in a ULE spacer," Appl. Opt. 59, 6999-7003 (2020)
» Products Cited: POLARIS-K1T1

S. Prabhakar, T. Shields, A.C. Dada, M. Ebrahim, G.G. Taylor, D. Morozov, K. Erotokritou, S. Miki, M. Yabuno, H. Terai, C. Gawith, M. Kues, L. Caspani, R.H. Hadfield, and M. Clerici, "Two-photon quantum interference and entanglement at 2.1 µm," Sci. Adv. 6, eaay5195 (2020)
» Products Cited: PDA10DT(-EC)

M. Kutas, B. Haase, P. Bickert, F. Riexinger, D. Molter, and G. von Freymann, "Terahertz quantum sensing," Sci. Adv. 6, eaaz8065 (2020)
» Products Cited: CS2100M-USB

2019

 

S. Ecker, F. Bouchard, L. Bulla, F. Brandt, O. Kohout, F. Steinlechner, R. Fickler, M. Malik, Y. Guryanova, R. Ursin, and M. Huber, "Overcoming Noise in Entanglement Distribution," Phys. Rev. X 9, 041042 (2019)
» Products Cited: DET10A(/M)

2018

 

J.A. Zielinska and M.W. Mitchell, "Atom-resonant squeezed light from a tunable monolithic ppRKTP parametric amplifier," Opt. Lett. 43, 643-646 (2018)
» Products Cited: PDB450A

S. Wei, D. Wang, J. Lin, and X. Yuan., "Demonstration of orbital angular momentum channel healing using a Fabry-Pérot cavity," Opto-Electron. Adv. 1, 180006 (2018)
» Products Cited: SA200-5B, SA201(-EC), MDT694B

P.-J. Tsai, and Y.-C. Chen, "Ultrabright, narrow-band photon-pair source for atomic quantum memories," Quantum Sci. Technol. 3, 034005 (2018)
» Products Cited: SA200-8B, PDA100A(-EC)

S. Tamura, K. Ikeda, K. Okamura, K. Yoshii, F.-L. Hong, T. Horikiri, and H. Kosaka, "Two-step frequency conversion for connecting distant quantum memories by transmission through an optical fiber," Jpn. J. Appl. Phys. 57, 062801 (2018)
» Products Cited: HL63142DG

P. Vernaz-Gris, K. Huang, M. Cao, A.S. Sheremet, and J. Laurat, "Highly-efficient quantum memory for polarization qubits in a spatially-multiplexed cold atomic ensemble," Nat. Commun. 9, 363 (2018)
» Products Cited: BD40

A. Dréau, A. Tchebotareva, A. El Mahdaoui, C. Bonato, and R. Hanson, "Quantum Frequency Conversion of Single Photons from a Nitrogen-Vacancy Center in Diamond to Telecommunication Wavelengths," Phys. Rev. Appl. 9, 064031 (2018)
» Products Cited: S122C

2017

 

B. Docters, J. Wrachtrup, and I. Gerhardt, "Two Step Excitation in Hot Atomic Sodium Vapor," Sci. Rep. 7, 11760 (2017)
» Products Cited: C220TME-A, PM200, S130C, PDA36A(-EC)

K.I. Gerasimov, M.M. Minnegaliev, S.A. Moissev, R.V. Urmancheev, T. Chanelière, and A. Louchet-Chauvet, "Quantum memory in an orthogonal geometry of silenced echo retrieval," Opt. Spectrosc. 123, 211-216 (2017)
» Products Cited: DET100A(/M), APD102A(/M)

2016

 

A. Kinos, Q. Li, L. Rippe, and S. Kröll, "Development and characterization of high suppression and high étendue narrowband spectral filters," Appl. Opt. 55, 10442-10448 (2016)
» Products Cited: PDB150A

S.L. Portalupi, M. Widmann, C. Nawrath, M. Jetter, P. Michler, J. Wrachtup, and I. Gerhardt, "Simultaneous Faraday filtering of the Mollow triplet sidebands with the Cs-D1 clock transition," Nat. Commun. 7, 13632 (2016)
» Products Cited: GT10-B

R.A. Jensen, I.-C. Huang, O. Chen, J.T. Choy, T.S. Bischof, M. Loncar, and M.G. Bawendi, "Optical Trapping and Two-Photon Excitation of Colloidal Quantum Dots Using Bowtie Apertures," ACS Photonics 3 (3), 423-427, (2016)
» Products Cited: MAX301(/M), DET50B(/M)

B. Sotillo, V. Bharadwaj, J.P. Hadden, M. Sakakura, A. Chiappini, T.T. Fernandez, S. Longhi, O. Jedrkiewicz, Y. Shimotsuma, L. Criante, R. Osellame, G. Galzerano, M. Ferrari, K. Miura, R. Ramponi, P.E. Barclay, and S.M. Eaton, "Diamond photonics platform enabled by femtosecond laser writing," Sci. Rep. 6, 35566 (2016)
» Products Cited: MBT401D(/M), S1FC808, TLS001-635

A. Sipahigil, R.E. Evans, D.D. Sukachev, M.J. Burek, J. Borregaard, M.K. Bhaskar, C.T. Nguyen, J.L. Pacheco, H.A. Atikian, C. Meuwly, R.M. Camacho, F. Jelezko, E. Bielejec, H. Park, M. Loncar, and M.D. Lukin, "An integrated diamond nanophotonics platform for quantum-optical networks," Science 354, 847-850 (2016)
» Products Cited: PDA100A(-EC), LCC3112H/M, LP705-SF15, GVS012(/M)

2014

 

I.I. Vlasov, A.A. Shiryaev, T. Rendler, S. Steinert, S.-Y. Lee, D. Antonov, M. Vörös, F. Jelezko, A.V. Fisenko, L.F. Semjonova, J. Biskupek, U. Kaiser, O.I. Lebedev, I. Sildos, P.R. Hemmer, V.I. Konov, A. Gali and J. Wrachtrup, "Molecular-sized fluorescent nanodiamonds," Nat. Nanotechnol. 9, 54-58 (2014)
» Products Cited: HL6548FG, HL6738MG

2013

 

M. Sabooni, S. Tornibue Kometa, A. Thuresson, S. Kröll, and L. Rippe, "Cavity-enhanced storage—preparing for high-efficiency quantum memories," New J. Phys. 15, 035025 (2013)
» Products Cited: PDB150A

2012

 

K.F. Reim, J. Nunn, X.-M. Jin, P.S. Michelberger, T.F.M. Champion, D.G. England, K.C. Lee, W.S. Kolthammer, N.K. Langford, and I.A. Walmsley, "Multipulse Addressing of a Raman Quantum Memory: Configurable Beam Splitting and Efficient Readout," Phys. Rev. Lett. 108, 263602 (2012)
» Products Cited: APD210

2009

 

A. Walther, A. Amari, S. Kröll, and A. Kalachev, "Experimental superradiance and slow-light effects for quantum memories," Phys. Rev. A 80, 012317 (2009)
» Products Cited: PDB150A


Posted Comments:
No Comments Posted