アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

多軸フレクシャーステージ用ファイバーローテータ


  • Bare Fiber and Fiber Chuck Rotators
  • Ideal for PM Fibers
  • Compatible with a Wide Range of
    Positioning Stages or Accessories

HFR001

RMS-Threaded
Fiber Chuck Rotator

HFR007

High Precision Fiber Rotator
Quick-Load Bare Fiber

Related Items


Please Wait
Other Bare Fiber Mounts
Post Mountable or SM ThreadedMulti-Axis Stage Compatible
V-MountsClampsChucksRotators

特長

  • PMファイバを精密に回転調整
  • 滑らかな360°連続回転
  • ファイバ素線用とファイバーチャック用の2種類

ファイバ素線用ローテータHFR007ならびにファイバーチャック用ローテータHFR001は、精密な回転調整が必要なセットアップにおいてファイバを連続回転させます。どちらのローテータも当社の多軸フレクシャーステージと組み合わせて方向依存型ファイバ用の入射システムを構築できます。当社では、ファイバ用に構成されたファイバ入射専用の調整システムも取り揃えております。

ファイバ素線用ローテータ
ファイバ素線用ローテータHFR007は、外部クラッド径125 µmのコーティング無しのファイバを簡単に装着できます。ファイバはローテータのV溝に取り付けられ、強力な磁力によりスイングアームがファイバを固定します。目盛り付きのノブにより約2°の確度で精密回転が可能で、底部の3 mmワイドキーによって当社のすべての多軸フレクシャーステージに簡単に取り付けできます。

Ø6.4 mmファイバーチャック用ローテータ
ファイバーチャック用ローテータHFR001はRMSネジ付きで、Ø6.4 mmのファイバーチャックを滑らかに回転させます。3個のナイロンチップ付き止めネジ(セットスクリュ)でファイバーチャックを位置固定します。対物レンズ用マウントHCS013を使用して当社のすべての多軸フレクシャーステージに取り付け可能です。

多軸ステージセレクションガイド


Click to Enlarge

上の使用例では、NanoMaxシリーズの3軸フレクシャーステージを6軸ステージの前に置き、高さ調整アダプタAMA554(/M)を使用してデッキ高112.5 mmに整合させています。

3軸ステージ
当社では3種類の3軸ステージをご用意しております。NanoMaxフレクシャーステージ、MicroBlockコンパクトフレクシャーステージ、RollerBlock長距離移動ステージです。どのステージも公称デッキ高は62.5 mmです。NanoMaxシリーズの3軸ステージでは、内蔵型の閉ループまたは開ループのピエゾアクチュエータのほかに、ステッピングモータや差動アク チュエータ、その他のピエゾアクチュエータなどのモジュール型駆動オプションをご用意しております。MicroBlockステージには、差動マイクロメー ターアクチュエータや精密つまみネジが付いていますが、それらのアクチュエータは取り外しができません。RollerBlockステージのアクチュエータ は、Ø9.5 mmの取付けバレルが付いたアクチュエータであれば交換可能です。

4軸ならびに5軸ステージ
当社の4軸ならびに5軸ステージは、3軸ならびに6軸の高性能アライメントステージと比較した場合、導波路や複雑な光学素子の静的な位置決めにより適しています。5軸ステージの公称高さは、62.5 mmまたは112.5 mmになります。3軸または4軸ステージの高さを5軸MicroBlockあるいは6軸NanoMaxステージに合わせて112.5 mmに上げたい場合には、ライザーブロック(高さ調整ブロック)AMA554(/M)をご使用いただけます。

6軸ステージ
当社のNanoMax 6軸ナノポジショナは複雑な多軸ポジショニングシステムに適しており、公称デッキ高は112.5 mmです。こちらのステージは共通の回転中心を有しています。また特許取得済みの平行フレクシャ設計により、すべてのアクチュエータがベースに直接結合 し、システム内の不要な動きを最小限に抑えています。ピエゾ素子はオプションで閉ループでも開ループでも組み込めます。モジュール型設計のためアクチュ エータを交換することができ、すべての軸で手動式、またはピエゾ素子による電動式にすることが可能です。アクチュエータが付属しないタイプについては、右 手系、左手系のどちらの構成でもご用意しております。 3軸ステージの高さを112.5 mmに上げたい場合には、右の写真のように高さ調整アダプタAMA554(/M)のご使用をお勧めいたします。

当社の多軸ステージのラインナップならびに比較は下の表でご覧ください。

 

3軸ステージ

Item #MAX313DMAX312DMAX311DMAX383MAX381MAX303MAX302MAX301MBT602MBT616DRB13MRBL13D
Stage TypeNanoMax Flexure StagesMicroBlock Compact
Flexure Stages
RollerBlock Long Travel Stages
Included DrivesDRV3 Differential MicrometersDRV208 Stepper Motor ActuatorsN/AFine Thread ThumbscrewsDifferential Micrometers148-801ST
Micrometer Drives
DRV304
Differential Micrometers
Built-in PiezosN/AOpen
Loop
Closed LoopN/AClosed LoopN/AOpen LoopClosed LoopN/AN/A
Travel (X, Y, Z)4 mm (0.16")13 mm (0.51")
Deck Height (Nominal)62.5 mm (2.46")
Optical Axis Height (Nominal)75 mm (2.95")
Load Capacity (Max)1 kg (2.2 lbs)4.4 kg (9.7 lbs)
Thermal Stability1 µm/°C-
Weight1.00 kg (2.20 lbs)0.64 kg (1.40 lbs)0.59 kg (1.30 lbs)

4軸ステージ

Item #MBT401D
MBT401D/M
MBT402D
MBT402D/M
Stage Type4-Axis Thin-Profile MicroBlock Device Stage4-Axis Low-Profile MicroBlock Device Stage
Included DrivesDifferential Micrometers
Built-in PiezosN/A
TravelHorizontal Axis (Y)a13 mm (0.51")
Vertical Axis (Z)6 mm (0.24")
Pitch (θy)±5°
Yaw (θz)±5°
Deck Height (Nominal)62.5 mm (2.46")
Optical Axis Height (Nominal)75 mm (2.95")
Load Capacity (Max)0.5 kg (1.1 lbs)
  • 光軸(X)に対して垂直

5軸ステージ

Item #MBT401D (MBT401D/M) or
MBT402D (MBT402D/M) with
MBT501
PY005
Stage Type5-Axis MicroBlock Device Platform SystemCompact 5-Axis Platform
Included DrivesDifferential Micrometers100 TPI Actuators
Built-in PiezosN/A
TravelOptical Axis (X)13 mm (0.51")3 mm (0.12")
Horizontal Axis (Y)13 mm (0.51")3 mm (0.12")
Vertical Axis (Z)6 mm (0.24")3 mm (0.12")
Pitch (θy)±5°±3.5°
Yaw (θz)±5°±5°
Deck Height (Nominal)112.5 mm (4.43")62.5 mm (2.46")a
Optical Axis Height (Nominal)125 mm (4.92")75 mm (2.95")a
Load Capacity (Max)0.5 kg (1.1 lbs)0.23 kg (0.5 lbs)
  • 公称デッキ高は62.5 mmと光軸高さ75 mmを得るには高さ調整アダプタPY005A2(/M)ならびに取付けプレートMMP1(/M)を使用してください。

6軸ステージ

Item #MAX601D
MAX601D/M
MAX602D
MAX602D/M
MAX603D
MAX603D/M
MAX681
MAX681/M
MAX682
MAX682/M
MAX683
MAX683/M
MAX607
MAX607/M
MAX607La
MAX607L/Ma
MAX608
MAX608/M
MAX608La
MAX608L/Ma
MAX609
MAX609/M
MAX609La
MAX609L/Ma
Stage Type6-Axis NanoMax Flexure Stage
Included DrivesDRV3 Differential MicrometersDRV208 Stepper Motor ActuatorsN/A
Built-in PiezosN/AOpen LoopClosed LoopN/AOpen LoopClosed LoopN/AOpen LoopClosed Loop
TravelX, Y, Z4 mm (0.16")
θx, θy, θz
Deck Height (Nominal)112.5 mm (4.43")
Optical Axis Height (Nominal)125 mm (4.92")
Load Capacity (Max)1.0 kg (2.2 lbs)
  • 左手系のバージョン

Posted Comments:
Yang Yu  (posted 2019-11-27 15:28:56.627)
I am come from Shanghai University. 关于这个旋转器,他只能用于包层是125um的嘛?有没有适合夹持更大直径光纤的旋转器呢?
nbayconich  (posted 2019-12-02 08:52:18.0)
Thank you for contacting Thorlabs. We do not have another bare fiber rotator at the moment similar to the HFR007 designed for larger fibers, however the HFR001 can be used with the HFC005 for Ø200µm diameter cladded fibers.
jmills  (posted 2008-09-17 13:19:43.0)
Half of these rotation stages requires fiber chucks which arent included. It owuld be really helpful if those options were listed on the page next to the compatible rotation stages

ファイバ素線用高精度ローテータ


Click to Enlarge
典型的な光ファイバの構造
HFR007_Knob
Click to Enlarge

HFR007が360°回転した時の
最大偏心は±5 µmとなります。
  • 360°回転範囲にわたって最大10 µmの偏心
  • 目盛付きノブ(5°刻み)
  • ファイバを装着しやすいV溝設計
  • 磁力で保持するスイングアーム
  • オフセット誤差を最小に抑えるためにファイバークラッドで保持
  • クラッド径Ø125 µm(バッファ除去後)のファイバに対応
  • 回転ロック用止めネジ

ファイバーローテータHFR007によって、シングルモードファイバをファイバのコアを中心に360°にわたって10µm以内の偏心で回転させることができます。ファイバは、ファイバーローテータ上のV溝に簡単に装着でき、磁性スイングアームを下げることで素早く位置を固定できます。ファイバに対する保持力は調整可能なので、応力による複屈折は制御することができます。この精密ファイバーローテータによって、ファイバを上部から装着し、360°にわたって滑らかな連続回転が可能です。

ノブには5°刻みの目盛が刻印されていて、約2°の確度で角度位置の設定が可能です。位置を設定した後、固定ネジによりファイバーコアの角度位置を固定できます。

この精密ファイバーローテータは、クラッドの外径が125 µmのファイバ(バッファコーティング除去後)用にあらかじめ調整されています。バッファとも呼ばれるコーティングは、ファイバに損傷をもたらす微粒子をファイバに付着しないようにガラスファイバのクラッドを保護するためのものです。特殊ファイバのコーティングは、光学特性を有し、第2のクラッド層としても機能します。 この場合、コーティング層を除去する前にファイバの光学特性を考慮する必要があります。

HFR007のベースには、3 mm幅のキーがあるので、当社のフレクシャーステージロール、ピッチ&ヨープラットフォーム固定式プラットフォームおよびブラケットの全製品とお使いいただけます。また、ファイバ素線用クランプおよびチャック、その他のファイバーオプトメカニクスもご用意しております。フレクシャーステージの上部プレートには、ステージの1軸または2軸に沿って中央キー溝が付いています。このキー溝によって、フレクシャーステージのアクセサリをステージの中央軸に沿って精密に固定することができるので、アクセサリを取り外して交換する場合に微調整を行なうだけでシステムの光学アライメントが可能です。

HFR007_Open
Click to Enlarge

ファイバ素線を固定するHFR007(左)とアライメント用のV溝(右)。

Click to Enlarge
ファイバ素線用高精度ローテータ
HFR007には
目盛付きのノブが付いています。
SpecificationValue
Rotation Range360°
Compatible FiberØ125 µm Cladding
(with Buffer Removed)
Maximum Eccentricity10 µm
Adjustment Accuracy~ 2°
Graduated Scale Increment
HFR007_Knob
Click to Enlarge

ファイバ入射装置内の
フレクシャーステージMBT616D(/M)
取り付けた
ファイバーローテータHFR007。
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
HFR007 Support Documentation
HFR007ファイバーローテータ、125μmファイバ用
¥30,527
Today

Ø6.4 mmファイバーチャック用ローテータ、RMSネジ付き

Fiber Chuck Rotator
Click to Enlarge
View Imperial Product List
型番数量Description
MBT616D1MicroBlock 3軸ポジショニングシステム、差動マイクロメータ付き (インチ規格)
AMA0091固定式大型取付けブラケット、長さ56 mm (インチ規格)
HCS0132L字型RMSネジ付きフレクシャーステージマウント
RMS4X1顕微鏡用対物レンズ(4X、RMSネジ規格、0.10 NA、18.5 mm WD)
HFR0011ファイバーチャックローテータ
HFC0051標準ファイバーチャック、Ø200µm被覆除去済ファイバ用
View Metric Product List
型番数量Description
MBT616D/M1MicroBlock 3軸ポジショニングシステム、差動マイクロメータ付き (ミリ規格)
AMA009/M1固定式大型取付けブラケット、長さ56 mm (ミリ規格)
HCS0132L字型RMSネジ付きフレクシャーステージマウント
RMS4X1顕微鏡用対物レンズ(4X、RMSネジ規格、0.10 NA、18.5 mm WD)
HFR0011ファイバーチャックローテータ
HFC0051標準ファイバーチャック、Ø200µm被覆除去済ファイバ用
ファイバーチャック用ローテータHFR001を、ファイバ入射調整用に構成したフレクシャーステージMBT616D(/M)
SpecificationValue
Rotation Range360°
Maximum Eccentricity<20 µm
Mounting ThreadRMS
Compatible Objective MountsHCS013
  • 滑らかで低摩擦の回転機構
  • Ø6.4 mmファイバーチャック
  • RMSネジにより既存のマウントへの組み込みが可能
  • 3個のナイロンチップ付き止めネジ(セットスクリュ)でファイバーチャックを固定

ファイバーチャック用ローテータHFR001は、HFC005のような標準的なØ6.4 mmファイバーチャックを360°連続回転させます。このローテータにはRMS外ネジが付いているため、顕微鏡対物レンズマウントHCS013に取り付けることができます。それにより、多軸フレクシャーステージまたは固定式ブラケットの上部プレートに固定できます。

ファイバーチャック用ローテータのリン青銅およびPTFE製ベアリングにより、滑らかで低摩擦の回転を行ない、偏波保持ファイバの回転角度を精密に調整します。回転時の横方向オフセットの典型値は20μm 未満です。また、HFR001はロール&ピッチプラットフォーム(例えば、AMA027/M)と併用すると、偏波保持ファイバの入射システムを構成することもできます。この組合せにより、360°の回転(coarse)と8°の精密回転(fine)が可能になっています。

右の写真は一般的な使用例です。ファイバーチャック用ローテータに保持されたファイバからの出射光は、固定式ブラケット上の顕微鏡対物レンズに対してアライメントされています。HFR001は対物レンズホルダHCS013 に装着され、3軸フレクシャーステージに取り付けられます。

なお、ファイバーチャックHFC007は、ローテータ内にファイバを装着した際、回転を防ぐほどのクランプ力がないためファイバーチャックローテータHFR001への使用はお勧めできませんのでご注意ください。

+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
HFR001 Support Documentation
HFR001ファイバーチャックローテータ
¥31,793
Today
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright © 1999-2020 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image