アカウント作成  |   ログイン

View All »Matching Part Numbers


カートは空です
         

光学テーブル支柱、アクティブ型除振装置付き


  • Excellent Vertical and Horizontal Isolation
  • Extremely Low Resonant Frequency
  • Self-Leveling for Constant Height
  • Heights: 450 mm (17.7"), 600 mm (23.6"), and 700 mm (27.5")

PTS602

600 mm Tall

PTS603

700 mm Tall

PTS601

450 mm Tall

Application Idea

Active Isolation Legs Being Used to Support an Optical Table

Related Items


Please Wait
Key Common Specificationsa
Vertical Resonant Frequency1.25 Hz
Horizontal Resonant Frequency1.0 Hz
Vertical Transmissibility at 10 Hz-32.5 dB (97.5%)
Horizontal Transmissibility at 10 Hz-30 dB (97%)
Maximum Load Capacity (Set of Four)2500 kg (5500 lbs)
  • 伝達率のグラフや仕様の詳細については「仕様」タブをご覧ください。
Vibration Isolation TutorialBrochure of Thorlabs' Workstations
Active Isolators
Click to Enlarge

アクティブ型除振パッドの拡大写真

特長

  • アクティブ型の垂直方向および水平方向除振
  • オイルフリー設計
  • 高耐荷重:2,500 kg
  • 当社の全てのNexus®光学テーブルに対応
  • 自動水平バルブにより短い整定時間で光学テーブルを一定の高さに保持
  • 極めて低い共振周波数
    • 垂直: 1.25 Hz
    • 水平: 1.0 Hz
  • 作業高さ910 mmを維持
    • 厚さ460 mmの光学テーブル対応した450 mm支柱
    • 厚さ310 mmの光学テーブル対応した600 mm支柱
    • 厚さ210 mmの光学テーブル対応した700 mm支柱

当社のアクティブ型除振装置付き光学テーブル支柱は、3~50 Hzの垂直および水平方向の振動から光学テーブルを効率的に除振します。実験環境における大きな振幅の振源は、ほとんどがこの周波数内での振動のため、多くの実験室でお使いいただけます(詳細は「光学テーブルのチュートリアル」ページの「振動」タブをご覧ください)。

このアクティブ型光学テーブル支柱をNexus®シリーズ光学テーブルと組み合わせて静かな環境に設置すれば、干渉法、ホログラフィ、ナノポジショニングなど振動に非常に敏感なフォトニクス実験も実施可能です。さらにこのアクティブ型光学テーブル支柱は、鉄骨建物の上階のような雑音の多い環境に設置された光学テーブルに伝えられる振動を低減させる目的にもお使いいただけます(「セレクションガイド」のタブをご覧ください)。

垂直方向の除振
光学テーブルでの垂直方向の振動に対しては、デュアルチャンバを利用した空圧除振システムが使用されており、エアコンプレッサなどにより圧縮空気を継続的に供給する必要があります。空気の供給が無くなると、光学テーブルの位置が降下して大口径円筒形の光学テーブル支柱上にしっかり静止します。そしてテーブルは床からの振動に対して除振されなくなります。

水平方向の除振
光学テーブルでの水平方向の除振については、3本吊りされた支柱の上に垂直方向の空圧式除振装置を取り付ける構成によって実現しています。この独自の設計により、時間の経過と共に漏れや劣化が生じるオイルベースのダンピングシステムを使う必要はありません。

自動水平バルブ
各光学テーブルの支柱には、3方弁が装着されています。この弁が、空圧除振システム内の圧力を調整して、光学テーブルの高さを制御します。テーブルが垂直方向にずれると、必要に応じて3方弁がデュアルチャンバのエアタンク内の圧力が増減して、光学テーブルは元の高さに戻ります。光学テーブル支柱の機能と構造に関する詳細情報は、「設計」タブ、または「光学テーブルのチュートリアル」の「除振システム」でご覧いただけます。

テーブルトップの高さ
当社の光学テーブルの3種類の厚さ、210 mm、310 mm、460 mmに対応するために、支柱の高さは450 mm、600 mm、700 mmでご用意しております。これらの組み合わせにより作業高さは910 mmとなります。除振機能付き支柱の耐荷重は4本で2500 kgです。取付け方法の説明書が付属しています。さらに大きな荷重向けや長いテーブル、またカスタム設計のジョイント式テーブルシステムには、4本以上の支柱が必要な場合があります。特定の要件についてのご相談は当社までお問い合わせください。

 Active Vibration Isolator Specificationsa
Item #PTS601PTS602PTS603
Leg Height450 mm
(17.7")
600 mm
(23.6")
700 mm
(27.5")
Vertical Resonant Frequency1.25 Hz
Horizontal Resonant Frequency1.0 Hz
Vertical Transmissibility at Resonance10 dB
Horizontal Transmissibility at Resonance12 dB
Vertical Transmissibility at 5 Hz-20 dB (90% Isolation)
Vertical Transmissibility at 10 Hz-32.5 dB (97.5% Isolation)
Horizontal Transmissibility at 5 Hz-24 dB (94% Isolation)
Horizontal Transmissibility at 10 Hz-30 dB (97% Isolation)
Maximum Load Capacity (set of four)2500 kg (5500 lbs)
Height Adjustment Range-13 mm, +5 mm (-0.51", +0.2")
Self Leveling Repeatability0.5 mm (±0.02")
Air Pressure (Maximum)80 psi (551 kPa)
FinishBlack Paint
  • 上記は、荷重600kg(最大荷重の24%)で測定されました。
Vibration Sources and Their Approximate Contributions
TypesFrequency (Hz)Typical Amplitude (inches)
Air Compressors4 – 2010-2
Handling Equipment5 – 4010-3
Pumps5 – 2510-3
Building Services7 – 4010-4
Foot Traffic0.5 – 610-5
ElevatorsUp to 4010-3 to 10-5
Building Motion46/Height in meters10-1
Building Pressure Waves1 – 510-5
Railroada5 - 20+/-0.15g dB
Highway Traffica5 - 100+/-0.001g dB
  • 重力を基準加速度として、振幅はdBで表記されています。

垂直方向への振動伝達率





























振動伝達率

光学テーブルシステムは、研究室の床からの衝撃振動に常時さらされます。 これらの振動は、建物内の大型機械、風や交通によって引き起こされる建物の共振(揺れ)が原因である場合もあります。 伝達率とは、これらの振動を減衰する除振装置の効率を測定したもので、駆動振動の振幅に対する伝達振動の振幅で定義されます。

この比を表現する他の一般的な方法は下記の通りです。:
除振動率 = (1 - 伝達比) x 100 あるいは
dB単位の除振動率 = 20 x log(伝達比)

なお共振領域に入っている時には、システムが入力される振動を増幅するので、振動伝達率は1を超えることになります。 伝達率はいくつかの要素に依存します。例えば、その比は除振装置上の負荷に影響を受けるという現象があります。 ご留意いただきたい点は、除振装置がダンピングするのは床からフレームの脚が伝達する振動だけで、しばしば作業面を振動させる大きな原因となるのは、実は空調設備から空気が伝達する振動であることです。 振動に敏感な用途での使用が想定される場合、除振装置の選択に入る前に、環境条件の評価が重要になります。 詳細については、 除振チュートリアルをご参照ください。

Adobe Systems

特長設計
垂直方向除振デュアルチャンバ減衰空気バネ: デュアルチャンバ減衰空気バネを使用することで、垂直方向減衰を行うことができます。 テーブルはこれらのチャンバ内の空気圧に支えられています。 テーブルの底に固定されたピストンは、回転式ゴム製ダイヤフラム付きのチャンバ上部に密封されており、ピストンとチャンバの間に実質上、摩擦のない動きを可能にしています。 床またはテーブルトップの動きにより、空気は層流ダンパを通じて、あるチャンバからもう一方のチャンバへと流し込まれます。 この気流に対する制限は、床とテーブル間の振動運動を弱め、整定時間を大幅に減らします。 チャンバの体積比は、当社の全種類のテーブルトップのダンピング性能を最大化する一方で、光学テーブル支柱の共振周波数を最小化するために最適化されています。
水平方向除振3本支柱サスペンションシステム: 水平振動は、3本吊りされた垂直振動除振システムによって減衰できます。この革新的な振り子設計は重力を用いて、水平方向の外乱後の復元力を与えます。 システムの共振周波数における水平方向の振動は、オイルフリーの振動吸収ダンパによって垂直アイソレータの底面を外筒と組み合わせることで減衰されます。
自動調整構造3方空気弁: 荷重分布の変化に対応するために、アクティブ型除振光学テーブル支柱には、システムの静止時に垂直除振を損なわない精密3方弁に基づく自動調整システムが付いています。 これらの弁はテーブルトップの動きによって作動するため、システムは外乱後、当初のレベル位置±0.5 mm(0.02インチ)以内に戻ります。 さらに、このシステムにより18 mm(0.7インチ)の範囲でテーブルの高さを調整できます。また平坦でない床を補うためにも使用できます。これらのアイソレータは一定の空気供給を必要とします。空気供給がなくなると、テーブルトップは安全に脚の上で静止し、除振システムは無効化されます。
安定した支柱大口径円筒形の設計: 大口径の独立型光学テーブル支柱は、支柱構造にさらなる共振を与える面倒なタイバを使う必要なく、最大の安定性と安全性をもたらします。 この独自の設計により、時間の経過とともに漏れたり劣化したりすることのある液体を使う必要がない一方で、これらの円筒形アイソレータの垂直および水平方向の低伝達率は、テーブルトップ上の相対的な動きを最小限に抑えます。
高さ円筒形スチール製支柱: 当社の光学テーブルの厚さ 210 mmと310 mm(8.3インチと12.2インチ)に対応しているこの除振システムは、高さ600 mmと700 mm(23.6インチまたは27.5インチ)をご用意しており、作業高さは910 mmとなります。

Posted Comments:
karen.guevarra  (posted 2018-01-04 02:29:30.213)
Hi, I would like to inquire also for PTS603- Optical Table Supports: Active Vibration Isolation, 1pc. only. Thank you so much! Regards, Karen Purchasing Assistant NSB Engineering Design and Fabrication #309 Manuel L. Quezon St., Lower Bicutan, Taguig City Philippines
tfrisch  (posted 2018-01-04 11:42:42.0)
Hello, thank you for contacting Thorlabs. I have sent your request to our Sales team (Sales@Thorlabs.com). They will contact you about a formal quote or order.
j.degallaix  (posted 2016-12-16 10:09:47.883)
Dear ThorLabs officer, We are having an issue on a Melles Griot self leveling isolator foot (ref 07 OTI 35). Melles Griot stopped producing those feet but the Thorlabs ones are amazing close in term of performance and size. So first, could you sell only one piece from the set of the 4 feet ? Second do you reckon your system is compatible with the previous Melles Griot one ? Thanks in advance for your answer, best regards
bhallewell  (posted 2016-12-22 05:45:59.0)
Response from Ben at Thorlabs: Thank you for your question. I will contact you directly to discuss this.
dconnell  (posted 2013-06-11 09:41:05.63)
The price for a set of four isolators is about $3000 and the price for a bench with isolators like PFA51505 is $2600. Is there a significant difference in the type of isolators used in the bench just that cost is less?
jlow  (posted 2013-06-11 11:16:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The isolators used in the PFA series frame is a smaller version of the ones used in the PTS series legs. There are some slight differences with the specifications because of that.
jlow  (posted 2012-11-07 11:26:00.0)
Response from Jeremy at Thorlabs: The majority of the components used in the isolator are magnetic. Therefore, making this would be quite a challenge. I will get in contact with you to discuss about this.
bdeng  (posted 2012-11-06 16:53:07.61)
Please quote a set of 4 nonmagnetic active vibration isolators with self leveling, 600 mm tall. Thank you. Bihe Deng Tri Alpha Energy, Inc. 949-830-2117 ext. 117
tcohen  (posted 2012-04-04 15:43:00.0)
Response from Tim at Thorlabs: Thank you for your interest in our tables. We have contacted you directly with some transmissibility data and information on the performance you can expect from our table supports.
bala  (posted 2012-04-02 06:14:45.0)
We are building our lab on a separate slab in the basement of the building. The typical specs are VC-E curve or VC-C curve(RMS velocity Vs.1/3 Octave band centre frequency) for the lab. Is it possible to define a similar spec for your best design optical tabletops with ultra-series isolation features? How it will perform if such optical table is installed in our VC-E lab Vs.VC-C lab? Thanks
jjurado  (posted 2011-03-24 10:48:00.0)
Response from Javier at Thorlabs to yangruitao: Thank you very much for contacting us. There are a couple of options for compensating for uneven surfaces when using the active isolator supports. It is recommended to maintain a gap of 12 mm between the outer tube of the isolators and the bottom of the optical table; however, this height can be varied by using the the leveler included with each isolator. We have detailed information about this procedure on page 10 of the manual for these isolators: http://www.thorlabs.com/Thorcat/17700/17717-D02.pdf Alternatively, you can place sorbothane sheets between the isolators and the optical table to compensate for the uneven floor. Please visit the link below for our SB12A and SB12B 12" x 12" sorbothane sheets: http://www.thorlabs.com/NewGroupPage9.cfm?ObjectGroup_ID=1867 The performance of the active system is not compromised when following either option. I will contact you directly for further assistance.
yangruitao5  (posted 2011-03-24 05:05:12.0)
The floor we want to put this optical table is not even. The slope is about 4mm in 2meters. What can I do to compensate this uneven? Just adjust the valves or underlay the legs? If the table is leveled by adjusting the valves, will the isolation characteristic be the same with normal operating condition? Thanks
klee  (posted 2009-10-26 09:19:45.0)
A response from Ken at Thorlabs to lchienjung: The weight is for 4 legs. Please keep in mind thatt those are the shipping weights. The net weights are ~120kgs for the PTS603 and ~550kgs for the PTR52505.
lchienjung  (posted 2009-10-26 02:31:28.0)
The PTS603 is 132kg. =>one leg or 4 legs?
klee  (posted 2009-10-23 18:29:06.0)
A response from Ken at Thorlabs to lchienjung : The shipping weight for the PTS603 is 132 kg and the shipping weight for the PTR52505 is 597 kg.
lchienjung  (posted 2009-10-23 07:59:42.0)
One question How many PTR52505+PTS603 weight is? Part Number PTS603 is Active Vibration Isolation Part number PTR52505 is UltraPlus Series of Optical Tables THANKS!
klee  (posted 2009-10-08 10:19:51.0)
A response from Ken at Thorlabs to jh: Each set has 4 legs.
jh  (posted 2009-10-07 21:12:30.0)
How many vibration isolators are there in a "set". The price is specifed for a set but does not tell you how many. Jeroen Heymans +61 293724806 Anglo australian Observatory
klee  (posted 2009-09-08 08:52:24.0)
A response from Ken at Thorlabs to jason.frye: What we mean by "active" is "actively self-leveling". I apologize for the confusion. We are looking into changing it.
jason.frye  (posted 2009-09-02 20:19:30.0)
Why are you calling these isolators "active" when they are not? These are merely pneumatic isolators with leveling valves. Marketing these as active is simply wrong.
 当社光学テーブル支柱の比較表
Support LegsActive Vibration Isolation SupportsStandard Passive
Vibration Isolation Supports
Heavy-Duty Passive
Vibration Isolation Supports
Rigid, Non-Isolating
Supports
Vertical Resonant Frequencya1.25 Hz4.5 Hz4.5 HzN/A
Vertical Transmissibility at Resonancea10 dB22 dB22 dBN/A
Vertical Transmissibility at 10 Hza97.5%74%74%N/A
Isolation TypeActivePassivePassiveNoneb
Load Capacity (Set of 4)2500 kg (5500 lbs)275 - 1100 kg (600 - 2425 lbs)550 - 2400 kg (1200 - 5280 lbs)2500 kg (5500 lbs)
  • 仕様は、最大許容値の55%の熱負荷で測定されています。これよりも熱負荷が高い場合、共振周波数(Resonant Frequency)は低減し、10 Hzにおける除振効率(Isolation Efficiency)は上昇します。
  • アップグレードキットPWA076を使用することで、パッシブ型へのアップグレードが可能です。
+1 数量 資料 型番 - ユニバーサル規格 定価(税抜) 出荷予定日
PTS601 Support Documentation
PTS601アクティブ型支柱、4本セット、高さ450 mm
¥580,043
In Stock Overseas
PTS602 Support Documentation
PTS602アクティブ型支柱、4本セット、高さ600 mm
¥580,043
In Stock Overseas
PTS603 Support Documentation
PTS603アクティブ型支柱、4本セット、高さ700 mm
¥580,043
In Stock Overseas
ログイン  |   マイアカウント  |   Contacts  |   Careers  |   個人情報保護方針  |   ホーム  |   FAQ  |   Site Index
Regional Websites:East Coast US | West Coast US | Europe | Asia | China
Copyright 1999-2019 Thorlabs, Inc.
Sales: +81-3-6915-7701
Tech Supports: +81-3-6915-7701


High Quality Thorlabs Logo 1000px:Save this Image